ヘブンレターズ(神は申されました) 2013年1月12日 手と手を握って

Like Holding Hands

Heavenletter #4432 Published on: January 12, 2013

http://www.heavenletters.org/like-holding-hands.html

 

神は申されました。

 

あなた方の目で私に話しかけてください。美しい存在達、私がいると思うところを 見上て下さい。私がいないと思う所も 見上げて下さい。あなた方が何処を見ようとも私はそこにいるからです。私は、隠れたりはしません。以前のあなた方である他の人間達の姿を通して私のところに来るのでなければ、私の体は見えません。実際、その者達の体は皆、あなた方であるわけなのですが、、、。

肉体はほんのスズメの涙に過ぎません、そして、あなた方も肉体以上のものがある事がわかっていると思います。あなたが永遠であるように、私も永遠です。ですが、あなた方の体は、永遠ではありません。あなた方の体はあなた方が既によくわかっている事を知る為のつなぎとして、暫くの間入っている些細な物にすぎません。あなた方は私の事をよくわかっていると思います、そして私があなた方の向かいにいること、それだけを考えれば良い事をあなた方自身もよくわかっています。

人類の体は美しいものです。それは一時的なものです。ですが、あなた方の現実は、永遠です。そこでは、私達の精神も同じく永遠です。もしソウル達が鷲であったならば、私達は鷲なのです。とにかく、ソウルは飛ぶことができます。宇宙には制限がないので到達するというようなことはないのですが、人類のソウルに手の届かないところは無いのです。

私の事を一つのソウルとして考えるならば、私達のソウルは動く事も出きます。私達はお互いに、触れ合う事もできます。私達のソウルは愛しあい、愛はワンネス(一つである事)を意味します。ワンネスの幻想ではありません。ワンネスは真実です。いろいろな物が多くあること、多様性は、幻想です。

そして、一つの神という表現は一つの新しい意味を持つようになります。

しかし、一体、幻想の何を私達は気にしているのでしょうか?幻想も愛されているのに、なぜ幻想を牽制、と考えるのですか?どうか、私達に容易くあなた方の愛を気づかせて下さい、そうすれば私達は幻想に気づく事ができるし、幻想をも又愛します。

あなた方は私を慰めてくれます。あなた方の事を考えると私は元気づけられます。あなた方が私の事を思う事で元気づけられるのなら、私の事を考える事はあなた方への慰めとなります。私はあなた方に、安堵を与えます。私は一体あなた方の何を慰めるのでしょうか?私を知る事は カプセルに入れられたような人間の覆いよりあなた方にはもっと沢山の事がある事を あなた方に思い出させます。あなた方の中の私の存在と、私を知ることにより、あなた方は、あなた方の存在を遥かに超えるものであることを、思い出します。これを自覚する事によって、あなた方は私達との結束を思い出すでしょう。これはくつろいだ人生の存在する、物理的な事を越えたフィールドが存在するというまさしくそれを思い出させるものです。これこそが、人生の本当のフィールドです。あなた方が見ている物は、急いで描かれたスケッチなのです。あなた方が本当に住んでいる本当のフィールドは、急いでは描かれません。

もし良ければ、地球での生活が、人間の装いをした、夢のなかでの冒険のようなものだと、あなた方は考えることもできます。でも夢というものは、全く本当のように思えます。それは本当のようにはみえますが、あなた方がワンネス(一つである事)ではなくオールネス(完璧)で、 全部一緒と考えるときは、それはわずかな夢の断片でしかありません。

私が語る人生の夢の中では、あなた方はゆっくり起きます。少し時間がかかりますが、それでも、少しずつ、あなた方は肉体を越えて生命の不変の証拠に目覚めます。現実を知っているハートの向こうにハートがあります、そして、このハートは完全に現実の生活をおくります。

あなた方には、ソウルがあります。あなた方のソウルは、あなた方の真のレーダーです。あなた方のソウルのしばしば見落とされた現実や、ソウルが本当に住む天国への旅など、人類の生活のあらゆる事に容易く合図が送られます。

あなた方は、天国の存在です。しかし、肉体はあなたの注意を引こうとします。それは、あなた方のソウルの本質から、あなたの注意をそらします。あなた方のソウルの生命は、物質よりは遥かに上のものです。あなた方のソウルの人生は、あなた方の人生でもあります。あなた方のソウルは、あなたの本質なのです。私は、あなた方のソウルを私のハートの奥底に、しっかりとつかみます。私たちは離れる事はできません。私達のソウルは出会い、私達のワンネスは愛しあいます。

これが、あなた方の人生の物語です。

いわば、我々のソウルは手と手を握りあっているようなものです。

私達は手と手を握りあうのが好きですから。

 

 

翻訳 Koh

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here