ヘブンレターズ(神は申されました)2013年1月27日

あなた方の不快感指数  Your Annoyance Quotient

Heavenletter #4447 Published on: January 27, 2013

http://www.heavenletters.org/your-annoyance-quotient.html

神は申されました

困難というものは大きかったり小さかったりサイズはまちまちですが、あなた方の反応はそれをもっと悲惨にしています。あなた方がイライラするときは特大サイズでイライラしています。そうではありませんか?ほんの小さな物事にもまるで大問題があった時と同じように動揺するようです。大きくても小さくても動揺は動揺なのですが、、、。あなた方がに合う一つのサイズにするにはどうしたらよいでしょう?

あなた方の動揺の殆どは大した事ではないほんの些細な事に関してであり、あなた方は小さな物を大災害にも仕立て上げます。それはまるであなた方がどんなサイズのトラブルをも滑り込ますことができる穴のついた溝(販売機などのコインを挿入する為の穴の付いた溝のようなもの)を持っているようなものです。愛する皆さんこれが、あなた方が大きくしてしまっている小さい物の大きさなのです。時には、あなた方は自ら不快指数を充満させているようにも思われます。愛する皆さんは、怒りの炎なしにはいったいどうするのでしょう?もしあなた方を怒らせる物が何も無かったら、全てのエネルギーをあなた方は一体どうするのでしょうか?とにかく不快感は大きいと小さいとに関わらずあなた方の所にやってきて、あなた方を逆撫でします。、あなた方は不快感に耐えられません、それらは全く何でも無い事なのですが。

すぐにあなたの不快感のサイズを小さくして下さい。他の人には現世に於いて別の道があります。そして彼らは自分の道をあなた方に強要しようとします。どんなに小さいことでさえあなた方を挑発するには充分な事をあなた方も認めなければなりません。実際のところ、あなた方は、何をするべきか、または、どのようにそれをするべきかなどとは誰にも言われたくないのです。あなた方が尋ねない限りは言われたくもないし、たとえ言われたとしても聞きたくもないのです。

たとえ、他の人々があなたがたを彼等の方に合わせて踊らせようと企んでいても、ああ、愛する皆さん、もう、誰かがあなた方の曲に合わせて踊ってくれるだろうなどとはもはや期待しないで下さ。いずれにせよ、どうして細かい事にそんなにこだわるのですか?わかろうとする人々にはわかるようになります。なるようにさせておいてください。あなた方が彼等を変えたりはしません。彼等の方があなた方を変えられると思うかもしれません。もし彼等がそうできたとしても、彼等は何を手に入れるのでしょうか? 彼等は一体何を手に入れたと思うのでしょうか?彼等が正しくてあなた方は間違っているとでもいう承認でも欲しいのでしょうか?

本当に問題とすべき事は、「あなたにとっては何が、重要なのか?」 、そして、当然「他の人には何が重要なのか?」ということになります。「あなた方のリストでは何がその重要な物の第一番目を占めており、他の人のリストには何が重要な物の第一番目になっているのでしょうか?」これがそのポイントだと思いませんか?

ある人は仕方なく身ぎれいにせねばならず、そして、片方の人は 仕方なく仕事をします。どちらも正しくありません、そして、どちらも間違ってはいません。誰も正しくは無く、そして、誰も間違っているわけではないのです。にも関わらす、どんな小さな事にでも批判が前面に押し分けて進みます。どんなささいな事にも一つぐらいは良い事があるものですが、批判については、良い事はまったくありません。批判などというものは 捨て去るべきで、あってはならない物なのです。批判を押し付ける権利などもありはしません。たとえ相手がそうは来なくても、あなた方は「干渉しない」 という事をモットーとして下さい。

他の人々がしてはいけない事は、あなた方もしてはなりません。ですが誰かがあなた方に意見をすれば、あなた方は傲慢になり、そしてそれを理由に彼等に意見をします。あなた方はあなた自身の自由奔放なスペースを望みます。しかし誰かがあなた方の領域に足を踏み入れました。彼らは、境界を超えたのです。  そうして、あなた方の心は、境界の巻き添えになってしまいます。

多くの場合不快感というものは、次のようなものです:あなた方はフェンスを赤く塗りたいとします。それは、あなたのフェンスですから、あなた方は、それをあなた方が好きなどんな色にでも塗ります。あなた方はペンキを買い、塗り始めます。すると、誰かが、フェンスは緑か白に塗るべきだとあなた方にいってきます。そしてあなた方は、他の誰かのコメントを請け負ってしまいます。 –詰りはこう言うことなのです。 コメントを 、狼狽したあなた方に彼らのコメントを投げかけさせるのはあなた方です。彼らは、あなた方に同意しなければなりませんか?それともあなた方が、彼らに同意しなければなりませんか?いいえ、そんな必要はありません。彼等はわかってないかもしれませんが、あなた方ははそれがわかっているはずです。あなた方は自由に道を選び、他の人には彼等のしたいように自由にさせておいて下さい。あなた方が好きなようにフェンスを塗装することは、わかっていることです。ですからあなた方は、そのことを大きく発表する必要はないのです。

あなた方は、悩まされること無しに生活したいでしょう? そう、それなら、愛する皆さん、悩まされ無いで生活して下さい。

そして悩まされる代わりに、微笑んでみてはどうでしょうか?

 

 

翻訳 Koh

LEAVE A REPLY