Screen shot 2014-12-31 at 12.33.27 AM

ベンジャミン・フルフォードニュース 2015年10月19日  世界政府は必然だが、ファシストであってはならない

World government is inevitable but it must never be fascist
October 20, 2015
Author: Benjamin Fulford

過去数年の間の政治的 なイベントは無情にもある種の世界政府の樹立を目指している。四組のブラッドムーンの最後の満月の9月28日の第70回国連設立 記念日に世界のリーダーのほとんどが集まり、ほとんど同じ文章から採ったあいまいな言葉をンべた。世界のほとんどのリーダーたち の間では、企業体の犯罪シンジケートに殺人と強奪によってこの惑星を破壊させないようにするには、世界政府が唯一の道だというこ とで一致している。今の戦いはどのような種類の政府になるかということに関するものである。

ナチオニストたちはい まだに同じ古くからの血統の者が支配する、全体主義、ファシストによる新世界秩序を推進している。白竜会(WDS)とその連合は村落の長 老による博愛の集いのようなものを主張している。イルミナティ、ペンタゴン及びイタリアのP2分派はスタートレック 的未来と呼ぶ第三の代替案を用意している。このビジョンはペンタゴン、ヴァチカンまたは中国共産党政府のラインに沿ったものに よって運営される能力主義組織が指導する世界である。

世界政府に反対の者た ちはナイーブな者か、人間の権利を害することなく、自然あるいは法の保護の下にこの惑星の略奪を続けたがっている企業のために働 いている者かいずれかである。

この惑星地球の将来の主な戦場は、金融システムの支配戦争であ り続ける。今最も問題になっているは彼らの未来に対する見方のために実際に戦う用意がある、銃を持った者たちに支払いをする金融シス テムのことだ。その意味では、この惑星の未来の支配についての闘争は、中東のオイル関係の闘い、不法なドラッグマネーの争奪戦争、FRBの支配に関する闘争が中心なっている。

これらの前線の全てで 多くのことが起きている。FRBが国営になったとの先 週のこのニュースレターでのレポートについて多くの討論が行われた。このレポートは、FRBのホームページのアド レスが、.org から.gov に変わったことがFRBが政府の一部になった という(あるものには気にさわる)考えに基づいている。このレポートは米軍の諜報部門から知らされた情報に基づくものである。い ずれにしても、事実は、電話帳は直ちには変更できないので、Fedは政府機関としては掲 載されていない。将来は米国の電話帳もそれなりに変更されるだろう。

ペンタゴンのソースが言うにはFedは今政府支配のもとに置かれているので、間もなく老朽化したイ ンフラストラクチャーの大規模改修プログラムについて政府に金利ゼロで資金を供給し始めるだろう、とのことである。国営化されたFedの資金は大学奨学金、科学研究、自然保護、米軍の国内作戦など 多くのことに投入されるだろう。これらは今や負債も課税もなしに行えるようになっている。米国の産業再建のために使える資産の裏付け がある貨幣も発行されるだろう。

ブッシュ/クリントン 犯罪シンジケートはいまだに法規を超越しているかのように振舞っているので、米国内部の闘いはまだ完全に終了したわけではない。 これは先週共和党大統領候補のドナルド・トランプがブッシュシニアを911の責任者として名指しをした事実に見られる。ドナル ド・トランプに対しては伝えたいことがある。”ブッシュ、ナタニヤフと仲間のナチオニストを911を企て実行した者として暗殺を 恐れずに非難してほしい。あなたが表に出てこれを口にし、事実を指摘すると、彼らに脅迫されるだろう。その後、もしもそれでも彼 らがあなたを殺そうとすれば、彼ら全てはウサギのように狩り倒されるだろうが、これは確かなことだ。”

いずれにしても、残る全てのナチオニストの資金の遮断のための 大規模な作戦は続いている。アフガニスタンのタリバンはヘロインビジネスを閉鎖しようとしている。南米のドラッグの大立者たちはもは やナチオニストに資金を供給していない、とはヴァチカンのソースが言うことである。これらの目に見える証拠は、先週ブッシュ一派とナ チオニストの頂点に立つホンジュラスにいるジェイム・ロゼンタールが財務省によって、ドラッグマネーのロンダリングの罪で告訴された ことに表れている。
http://www.justice.gov/usao-sdny/pr/manhattan-us-attorney-announces-charges-against-four-prominent-honduran-businessmen

ホンジュラス政府も彼 の資産を差し押さえた。キューバとコロンビア政府もナチオニストのドラッグに対抗する作戦での協力を強化している。ペンタゴンとCIAのホワイトハットであ るソースが言うには、シティーバンクとバンク・オブ・アメリカの両方がブッシュのCIAマネーのロンダリング で”取り調べを受ける”だろうとのことである。

ひとたび違法のドラッ グマネーローンダリングが不能になるとドラッグは合法化され、規制と課税を受ける。”ドラッグ戦争”はこうして終わりを告げるだ ろう。

カナダでもまた、今日 の選挙では腐敗したブッシュのナチオニストのエージェントであるステファン・ハーパーが政府から排除されると思われる。カナダ議 会の投票の性質からして、40%以下の支持しか得られていなかったにもかかわらず、 ハーパーは10年間に渡って居座り続けることができた。最近の世論調査では、カナダ人の61%がハーパーは犯罪捜査の対象とされ るべきだと考えていることが示された。
http://thinkpol.ca/2015/10/11/subject-harper-to-rcmp-criminal-investigation-over-offshore-tax-haven-scandal-3-out-of-5-canadians-say/

カナダがこのような憎 むべきモンスターに牛耳られていたという恥をついに脱ぎ捨てられるかどうかは、旨い賭けの対象になるだろう。

一方、中東では、もう 一つのナチオニストの資金源である、盗難オイルからの収入が遮断されようとしている。シリアとイラクを基地にするブッシュのCIAとISISのドラッグ、武器、及 び奴隷ビジネスは石油施設の没収と同時に破壊され続けている。これはペンタゴン、イラン、ロシア、シリア及びイエーメンなどの協 力作業の結果である。法王フランシスもシリアに軍勢を送って、仲間のクリスチャンを迫害から救うようにキューバを説得した。

一方、米国の特殊部隊 はクルドの連合と共に、トルコのカリフであるエルドガンへのオイルを遮断し続けている。ペンタゴンのソースは、エルドガンがシリ アの人々に起こした悲惨さの代償として、間もなく彼に対するクーデターが起きるだろうと言っている。

悪魔的なサウジアラビ ア政権も解体され続けている。新しいボディーガードを雇おうとの試みをロシアのウラジミル・プーティンとペンタゴンにすげなく断 られ、サウジは海軍長官を中国に派遣した。中国は、”彼に旨い口約束”をした、とはペンタゴンのソースが言うことである。この後 に中国はサウジのような悪魔的な中東のナチオニストを始末する進行中の作戦をどのように支援できるかを考えるためにイランに、力 がある軍事代表団を送った。浄化は続いていて、先週にはミサイルで17機のサウジのF15戦闘機と、9機のア パッチヘリコプターが撃墜されて66人の高位の士官が死亡し、300人が負傷した。
http://english.farsnews.com/newstext.aspx?nn=13940724000334

サウジの王族に対する 良いアドバイスがある。:降伏しなければ、残されるものはラクダしかないのだから、ラクダに投資をしなさい。

この作戦の継続に従っ て、統合幕僚本部議長のジョセフ・ダンフォード少将は、”ロシアとヴァチカンへの静かな圧力”を加えるために戦争犯罪人であるイ スラエル首相のベンジャミン・ナタニヤフのもとに送られ、彼に、”イスラエルが911を実行したのでこれ以上の支援、武器供与あ るいは戦争支援を望まないという米国の納税者が増加した、”と伝えた、とペンタゴンのソースは言っている。彼はまた、NATOもイスラエルを保護で きない、と伝えた。さらに、彼にはイスラエルはゴラン高原を返還すると伝えられたとのことである。

これが全てではなく、 もしもイスラエル政府が中東で荒れ狂っている熱狂的な悪漢共を逮捕し始めなければ、イスラエル自体が世界のコミュニティーから保 護されなくなるだろう。好ましいとっかかりはプレスティナ人を殺害した犯罪者たちの逮捕であり、殺害のためにナイフを携えるパレ スティナ人は自己防衛とみなされるだろう。
http://www.presstv.ir/Detail/2015/10/17/433846/Israel-Palestinian-alkhalil-Hebron-West-Bank

ベンジャミン・ナタニ ヤフのような大量殺害者に率いられている限りは、イスラエル人は平和または安全を知ることがないだろう。事実は米国が役割を放棄 し、この悪の国家に基本的な変化が起きなければロシアは踏み込みはしないので、イスラエルは自国に対する極く安全な保護を失った のだ。

洗脳したヨーロッパ人 を中東に送り込もうとのたちの悪いプロジェクトの大元であるロスチャイルドファミリーはすでに船から飛び降りて、中国にすり寄る のに忙しくしている。

中国の習金平主席は今英国訪問中で、103発の礼砲による歓迎 を受け、バッキンガム宮殿で女王に面会しようとしている。英国は中国元と中国の産業人をロンドンの金融街に迎え入れるのがシティーの 主要金融センターとしての将来を保証する最善の手段だということを早くも悟っている。

ヴァチカン、中国、英帝国、及びペンタゴンは国際取引に使われ ているUSドルのナチオニスト支配の継続に反対することで一致していて、残るは、どのような通貨で代替するかだけになっている。

米国外での交易に用い られているドルが中国元を含む通貨と商品のバスケットとリンクし続けることに、スマートマネーは賭けている。これから決定しなけ ればならないことはこの世界通貨を誰が発行し、制御する権利を持つか、である。最もそれらしい答えは貧困、環境破壊、及び戦争の ような世界のコミュニティー問題を監視する村の長の委員会である、ということだ。今回答を要する問題は、”だれが人間の将来を決 めるのか?”だ。

翻訳 Taki

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.