マクロビオティック

 

  • 玄米雑穀全粒粉の小麦製品などを主食とする。

  • 野菜、穀物、豆類などの農産物、海草類を食べる。有機農産物自然農法による食品が望ましい。

  • なるべく近隣の地域で収穫された、季節ごとの食べものを食べるのが望ましい。

  • 砂糖を使用しない。甘味は米飴甘酒甜菜糖・メープルシロップなどで代用する。

  • 鰹節煮干しなど魚の出汁、うま味調味料は使用しない。出汁としては、主に昆布椎茸を用いる。

  • なるべく天然由来の食品添加物を用いる。塩はにがりを含んだ自然塩を用いる。

  • 類や乳製品は用いない。ただし、卵は病気回復に使用する場合もある。

  • 厳格性を追求しない場合には、白身の魚や、人の手で捕れる程度の小魚は、少量は食べてよいとする場合もある。

  • 皮や根も捨てずに用いて、一つの食品は丸ごと摂取することが望ましい。

  • 食品のアクも取り除かない。

  • コーヒーは身体を冷やすので避ける

正食協会

https://www.macrobiotic.gr.jp/about/

マクロビオティック 日本 CI協会

http://www.ci-kyokai.jp/macrobiotique.html

マクロビオティックweb

https://macrobioticweb.com/about/about.shtml

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.