Screen Shot 2015-09-24 at 09.30.22

マーク・ディセレス・・・2015年9月23日 第一波

http://lightworkers.org/channeling/216736/first-wave-messages-md
First Wave – The Messages (MD)
23 September 2015 – 10:00pm | mark of the one
Channeler:
Marc Decelles

これは数 日前に私が投稿した詩についてのものですが、今回はメッセージ付きで投稿します。まずは、この詩について・・・
—————————————————
これは私 が1999年の8月に最初に書き始めた詩です。半分まで進んだところで、将来について不安を起こすので、続ける気がしなくなり中断し ました。正確に一年後に読み直したところ、残りの半分を書いても良いという気になりました。これは前半と後半とで一年の時間差があ る、二つの部分から成っています。

繰り返しますが、この詩はタイミングにずれがありますが、これを読む とあらゆる所に印が見られることに関係していることがわかるでしょう。正直にいうと15/16年前に書いたものなのに、今こういうタ イミングで書き直すというのは奇妙なことです。何もしないよりもタイミングをずらせてでも投稿する方が良いでしょう。

            第一波
知識の種 から
友であろうと敵であろうと
知らなかった真実を
知る必要 があるようになっている

そのうちに
位置ずれが起き
物語は韻を踏んで
語り継がれ
使命の変 化を促す

振動は表面を溶かす
その 壁が厚かろうと薄かろうと
……………………………………………………8/99

この全ては意図して行われ
歯の無い 妖精が魔法の杖を振る

昇る海がその手を振り
まるで彼等がこの砂のような時間を終わらせ
輝かしい未来に向けて目標を作り直しながら
海を迎えるかのように

土地は震え、地鳴り、転動し
膝は震え始め
恐れを穴の中に引き戻し
ハートとマインドは繋がり
時計は聖 なる寺院にまで巻き戻る
…………………………………………………..8/00

信じようと信じまいと、新しいメッセージは天の父からのものです。正 直に言うと、天の父からこれほど真剣な様子のメッセージを貰うのと言うことは普通ではありません。普通は天の父はもっとユーモラスで す。このメッセージを受け取った時の真剣さを取り上げたかっただけです。これには二つの理由があると思います。

一つは私 たちが存在している今という時の重要さが確認されるということです。二つ目は天の父が天の母について語っていることであり、私たち全 ての中にある天の女性性との繋がりを取り直す必要があるということです。この”第一波”という表題の詩の中から得られるメッセージを 読むとき、天の母に対する天の父の深い愛を感じて下さい。
————————————————–

01 – 梟はまず真実を友にし、それから尻尾をライムの木の中にさしこんだ
  人の 中の振動の変化を促しながら
  妖精はこの砂のような時間を終わらせて羽根を 打ち振るわせ

  輝く 光を目指し

  彼女 とフォースは再びハートとマインドを聖なる寺院と繋がらせる

02 – 知識の波がやってくるだろう

  これは私たちに向かい
  意志 の壁に面し

  彼女 の魔法が現れる
  彼女 を迎える努力をしなさい

  その うちに目覚めた者は彼女の歌をきくことになるだろう

03 – 理由があっての行いが必要で

   使命には全て目的があり
彼女 の手をとって
  未来の設定をやり直せば
未来 は私たちのもの(未来は今・・・私たちのもの)

04 – 宿の位置には更に多くのことがやってくる
一つ になろう
みん な一緒に宿に行こう

05 – 全ては一つと知れ

06 – ハートに点火を (ウーフ!)

07 – 敵は黒装束
08 – 神に留意せよ・・・欠乏は終わる
09 – 信頼を取りもどせ

10 – 役割を見直せ
11a – 私 は・・・
11b – ロッ ク・オンだ

新しい メッセージが”未来は今”と題する私の以前のチャネリングメッセージの続きとして始まりました。私は意図してこうしたわけではないこ とを強調したいと思います。少々不自然ですが、この以前のチャネリングメッセージは以下の三番目の部分として再掲します。

13 – 行動の最初の部分
   一羽の(賢い)梟が狼と一緒に踊り、火で子供の羽を誕生させる
  弱々 しく暗い分派が終わりになるので、”再生”が起きる
—————————-

さてみん な、これがメッセージだ。みんな、時は来た。終わりが11:11になっていることに注意!

これが信 じられるかな?

大いなる 愛をもって。

翻訳 Taki

LEAVE A REPLY