タトロンのライトボディ 2

ライトボディ第8レベル ~ 大きな変化

Archangel Metatron

Lady Eleanor

ウイルス性の症状が非常によく見られます。この第8レベルでは、月に一度風邪にかかったかもしれません。他の症状としては頭痛(目の後ろ)がします。これは光に反応する視神経のスイッチが入り松果体が動き出していることによります。多分耳が痛くなり、聴覚神経系が光の信号を読み解ける構造に再配線しているのです。多量の発汗や下痢が起こり体の細胞から重たいものを落とします。

このような変化は、DNAに3本目の鎖ができつつあるということを物語っています。スピリットが降下するので体が重くなろうとすることに抵抗を示しているのです。摩擦や抵抗する症状は体重が増えることです。人の体はスピリチュアルなものを容れるためにますます体を大きくすることによって降下に対処しようとする傾向があります。体重増加を食い止める効果的な方法は、体重が増え始めたら、エクササイズをすることです。ウェイトリフティングやサイクリング、ランニング、水泳など少々ハードなトレーニングです。筋肉増強が必要です。筋肉をつけると神経系が守られます。体の中に入るエネルギーは降下の度に強すぎて今までの神経系では対応しきれないのです。

神経系がオーバーフローを起こして脂肪組織では筋肉よりも神経を守れません。脂肪は “揚がって”しまいます。その結果、細胞内のインスリン受容体にダメージを与えます。これが新陳代謝のアンバランスを生むことになり(メタボリズム)、更に体重増加に繋がります。エクササイズで増強した筋肉組織は神経系の過負荷を軽減します。そして体の意識にスピリットを受入れるに十分なほど「大きい」と思わせるのです。体の中のスクリーンに光のフラッシュが走り始めたり、幾何学図形が心によぎったり、何かブーンという音がしたりします。これは翻訳能力がつき始めていることで、光のコードを認知的に理解することが可能になり出すということです。地球のグリッドは永続的に地球の生命体にメッセージを発信しています。このメッセージはいわゆる「光のパケット」という形でやって来ます。

このパケット情報は解読され、意識的な思考に変換されなくてはなりません。そうして理解が進み、日常使えるようになります。このメッセージは指示を与える仕組みになっていて高い次元の周波数のエネルギーとして生まれることについて説明します。低い音に敏感な人は、それについてガイドに聞いてください。ガイドは光のコードを受け取りやすくするのを助けようとします。しかし、あなたが反応するまではその音を聞いてもそれが何かを教えることはできません。ガイドは音のボリュームや音である光のコードの周波数を大きくしようとします。それもあなたが反応してからのことです。低い音である光のコードは、非常にうるさく、肉体に不快感を与えます。

もしこの症状を経験している場合、ガイドにボリュームを下げてもらい、周波数を変えてもらってください。そうすれば神経に触ることも気を散らせることもないでしょう。この第8レベルの変化は2年間くらい続くこともあります。地球は3年間かかりました。第9レベルは第7レベルから続くスピリチュアル変化と普段の生活で現れた第8レベルの肉体変化を統合することです。第9レベルでは人間関係が皆さんの焦点です。人間関係を通じて自分と自分の中で起きた変化をテストするのです。人をコントロールしたり操ろうとしたりする関係は、耐え難いことが分かります。多くの人間関係がこの段階で終わります。新しい自分らしさ、自分とはこうだというものが新しくなると働き方が変わります。第9レベルのライトボディの虚空は非常に痛みを伴うことがあります。人間関係にこころ砕いた後では、最終的に自分一人になることが必要です。結局、自分との関係が一番重要な関係になるのです。そうですね。第9レベルはかなり大量の降下で終わります(始まることもあります)。自分の変化を統合する一環として別の人間関係に入ります。

第10レベルの最初で、人生は新しく感じられます。生まれ変わったような、非常に優しく穏やかに感じられます。第10レベルは精神的覚醒の開始です。自分の力をマスターし、スピリチュアルマスターとその達人に仕立て上げる段階です。エネルギーがクリアになるに従い、能力やスピリットのギフトはますます強くなります。第10レベルの中心テーマは、スピリチュアルなギフトを現実にすることです。それからギフト(才能)を開花させて日常生活に生かすことです。中でもあなたの一番素晴らしいスピリチュアルな才能が最初に開くのが、この第10レベルです。そしてスピリットの他のギフトは徐々にその後で開花していきます。

自分のスピリチュアルなギフトに従って生きることが求められます。あなたがクレアボヤント(透視能力者)であれば、物質的物理的にではなく、透視によって感じる通りに物事を決めなければなりません。あなたの透視能力は、第10レベルの間、まさに物理的視力を凌ぎます。ある時、縁石と歩道が三重になってはっきり見えているかもしれません。どこに足を置けばいいか戸惑ってしまいます。物質的な縁石・歩道とエーテルレベルのそれ、更には4次元の縁石と歩道が見えるのです(三重)。物理レベルではなく自分の透視能力を信じるなら、どこに足を置けば分かるでしょう。肉眼に頼れば、人前でよろけるかもしれません。

そのうち、このような視力の扱い方に慣れて分かるようになります。クリアになるプロセスは、感情体とメンタル体に溜まったエネルギーを手放して、そのエネルギーをスピリチュアル体に移すのです。そこで活用することが出来、そうすると奇跡が起こります。アバターと普通の人の唯一の違いは、幾つものエネルギー体の中にあるエネルギーの場所なのです。普通の人はすべてのエネルギーが感情体の中にある感情や記憶、それにメンタル体の中にある信念や思考などに閉じ込められています。普通の人はスピリチュアル体が平です。感情や思考が強要するためにエネルギーの入る余地がないのです。

アバターの感情体とメンタル体はクリアで透明です。アバターの微細なエネルギー体のエネルギーはすべてスピリチュアルボディにあります。感情に伴うエネルギーは、スピリチュアル体から瞬時に感情体に流れます。そして感情的刺激が止むとすぐにスピリチュアル体に放たれます。思考に伴うエネルギーはスピリチュアル体からメンタル体に流れます。それから、思考が終わるとスピリチュアル体に流れます。こうやってアバターのエネルギーは自分の意志を使って開放され自由になります。そのようにスピリチュアルなエネルギーを利用することがアバターには可能なのです。思考や信念、感情や記憶にエネルギーが使われることがないのです。

このエネルギー構造が、ライトボディの第10、第11レベルで皆さん一人ひとりが自分のエネルギー体で創りださなければならないものです。それによって考えたことが物理的現実になるというような奇跡を生むことが可能になります。ライトボディの第11レベルは、第10から自然に推移します。この移行は多くの場合とても楽です。シフトしているのか分かりません。スピリチュアルな能力は大きくなり、肉体の見かけは変わり始めます。肉体は輝きを増し非常に美しくなります。突然友人が若返ったね、よく分からないけど変わったね、と言われるでしょう。

第11レベルは感情的な問題についてもっと深い変化が起こります。このレベルでは、死と喪失に関する自分の信念や考え方に向きあわなければなりません。幻滅したり、非常に深い恐怖感を日常生活に感じたりしたかもしれません。だから、そういうことを経験することによって完全に浄化できるのです。感情体やメンタル体に溜まったエネルギーは、第10レベルが終わった後は、第11レベルでスピリチュアル体に解き放たなければなりません。第10レベルの時にこの問題に対処していないと、第11の時に日常の中でこの問題が現実に表れます。しかし、第11レベルのライトボディの期間中に恐怖そのもの以外本当に怖れるものがなくなります。

http://www.7thmysteryschool.com/messages.htm

 

翻訳 ライトワーカー マイク

http://lightworkermike.wordpress.com/2012/10/22/lightbodyofmetatron2/

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here