Screen shot 2014-12-31 at 12.08.23 AM

メルチゼデックの週間メッセージ・・・2014年 12月28日 内側のパラダイムシフトの始まり

http://lightworkers.org/channeling/208837/starting-internal-paradigm-shift

Starting an Internal Paradigm Shift

Melchizedek’s Weekly Message ~ December 28 – January 4, 2014

received by Julie Miller

December 28, 2014

今週の質 問付きのメッセージをお伝えしましょう。あなた方は、問題がある状況に直面した時に、背景にある原因ではなくて現象にだけ捕らわれる ようなことがあることを反省を込めて認識しているでしょうか?状況の現象だけに捕らわれる事は苦痛、不快、或いは不安といった感情が 消え去るまで無視というマスクをかぶり続けるようなものです。

動き出す気がしない時、暮らしに満足出来ない時に はその感情の裏に必ず理由があることを知って下さい。いくつかの関係がもはや深み或いは情熱を感じられないと目覚めた時にはその基礎にな る原因があります。これはあなた方が突然パートナーを変え、友人を捨て、キャリア或いは仕事を変えることがあなた方が抱いている不安や、 満たされない気分の一時的な解消をするかもしれませんが、そうしなければならないことを意味するのではありません。このような変化は背景 にある原因を解消をしてくれるわけではありません。

もちろ ん、暫定的な解消の方向に動けば、最初は物事が大いに改善されたと感じ、考えられるかもしれません。しかし、この好ましい感情と思考 が不満や満たされない感情に遮られた時には何が起きるでしょう?その時にはあなた方は背景に原因が隠れていて動きたくなく、暮らしに 満足できない感情の原因があるに違いないと認める用意が出来ているでしょうか?

あなた方に、不満や、輝きがなく、満たされていな いという気分が再び起きてくる理由は単に個人的な責任として片付ける何かを含んでいるので、多くのソウルが無視する選択をするという基本 的な真実があります。結局、時は経過し、あなた方は進化し、多くの専門分野を拡張し、成長させても、個人的な責任だという考えによって打 ちのめされない貴重で勇敢なソウルの数は多くはありません。

背景に潜 む原因に焦点を当ててみると魔法のように症状が解消されます。問題の姿が明らかになると、何かが起き起きます。一時的な解決をはかる ためにバランスの欠如をとりあげようとせずに無視することが十分にあり得ます。不満や不満足という問題を解消出来る唯一の者はあなた 方だけなのです。

親愛なる 皆さん、あなた方がどこに向かおうと、因果律としてのカルマもついてくるということを覚えておくのは大切なことです。あなた方の道を 遮る状況からあなた方が感じるあらゆる症状は原因ではなく、効果にすぎません。ほとんどの場合には、あらゆる状況に対してあなた方が 見いだす主要な原因は内的なものです。内的な問題がある場合には、感情の不安定さをもたらす原因があり、動きたくない場合には満足の 欠如があります。時間をとって内なる問題が何かを描き出し、その解消を図れば、外的な暮らしも良い方向に変わります。

バランス を失し、動きたくないと思ったら、あらゆる内的な問題の緩和によって内的な調和を図る事が出来ます。あなた方が時間をとって、自分が 実際にはどのような者なのか、自分の真の姿を発見すれば、あなた方は今、ここにおいて自分の旅の正しい方向に推し進めてくれるパラダ イムシフトを創り出します。

あなた方 は既にあらゆる内なる嵐と紛争を解決するために必要なことを行っています。あなた方の核となる価値を見いだすようにお勧めします。あ なた方にとって大切な全ての暮らしの分野で善悪、正邪の境界からどのくらい離れているのかを判定して下さい。あなた方の深奥にある核 の価値の区画を助ける境界線を明確にし、思い出すのに助けになるのだったらそれを書き留め、判断に利用して下さい。核になる価値に反 することがあれば、内的な戦争が始まるので、誰をも内的な問題に介入させないと言う決意をするかどうかはあなた方自身の問題です。

自分が情 熱を持っていることを見失ったり、忘れたりしたとしたら、これを思い出す時間をとって、自分の核となる価値のリストと比較してみて下 さい。自分の情熱が核となる価値にそぐわなければ、この自覚を無視することが不適当であることが分かるでしょう。自分の核となる価値 との間の不一致を探る必要があれば、内的な調和を維持するために何がやる気をださせるのか、何を入れ替える必要があるのか判定して下 さい。

自分の暮 らしに目標を定めることはあなた方を忙しくし、暮らしのあらゆる側面を満たすでしょう。あなた方が抱いているゴールのいくつかはもっ と儀式的なものです。起き、衣装をつけ、コーヒーか紅茶を飲み、食事をし、なども小さいゴールです。しかし5ないし10年の内に自分 の暮らしの個人的、職業的、及びスピリチュアルな側面で何を望んでいるのか考えたことがあるでしょうか?自分の暮らしの各面について 優先度が高い方から3つまで達成したいと思うゴールのリストを作り、書き出して見て下さい。

これから 先数年間に達成したいと思うゴールのリストから、これらのゴールの追求を望む理由を見いだす特別な時間を取ってみて下さい。それぞれ のゴールについての基本的な理由は何でしょうか?それから動機について考え、それが自分の核となる価値と合致しているか確かめて下さ い。あなたの内的な問題があるかどうかを判定出来ます。自分のゴールと核となる価値との間の内的な葛藤があるとすれば、特定のゴール のに達するための障害になるでしょう。

不満とい う感情の主要原因を克服する時間を取った時に、真の自分を知り、つねに真の自分と言う立場から作業をすることが、素晴らしい調和に至 る平和的な内的環境の醸成を助けるでしょう。内なる自分との調和をとって暮らせば、外部的な自己は良い方向に向かい、調和の内に暮ら す事があなた方の感知を変え、かつては困惑の元であったことを明確化するでしょう。

バランス をとって、自分の核となる価値との同調がとれれば、あらゆるレベルで暮らしはより良く感じられ、より満たされ、満足できるようになる でしょう。自分が誰なのか、自分にとって何が大切かを知ることがやる気を出させ、同時に安心感を抱かせます。あなた方のエネルギーが より完全に近づき、自分が起こそうとしているポジティブな変化とのバランスが取れるようになり、暮らしにおける対応方法がより安定し てくると、自分の暮らしのあらゆる側面について個人的な責任がとれる備えが出来た事になります。

自分の結 果に力を持たせるのはあなた方自身であり、他の誰でもありません。この力は本質的に自分の真の自己のままでいて、バランスが取れた暮 らしをすることから導き出されます。ゴールからそれて成功には至らなかった結果になった時を覚えているでしょうか?今は自分の奥底の 核からの自分を描き出す時ではないでしょうか?

あなた方 が追加の支援と導きがいる時には、私たちはいつもあなた方のためにここにいます。如何なる障害があなた方の道に現れようとも、神はい つも価値ある同伴者なのです。あなた方が自分の道を歩まねばならず、一歩一歩が自分の歩みであるとしても、あなた方は決して一人では ありません。

メルチゼ デックより。

翻訳 Taki

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here