2012年12月27日(木曜日)

私達の神なる自己(神我)からのメッセージ:向上への内在的な探求

By ユート ポゼッガ・ルーデル

THURSDAY, DECEMBER 27, 2012 MESSAGE FROM OUR GOD-SELF: THE IN

TRINSIC SEARCH FOR BETTERMENT By Ute Posegga-Rudel

2012年8月21日付の更新記事も読んでください。(※訳注:翻訳はここにあります)

VIDEOもご覧下さい(推奨)

 

親愛なる皆さんへ、

人類としての壮大な銀河の整列は終わりましたが、皆さんの心には何が残っているで

しょうか?

どんな方法で皆さんが探求しようと、わたしが皆さんの真実です。皆さんが考えたり

感じたりすること全てが、皆さん自身の神聖な自己という、わたしであることの始ま

りに過ぎません。

人類は長きに亘って自らを制限してきました。存在の本当の源を忘れ、知ることもな

く。それゆえに、皆さんは範囲の限られた幻想~皆さんが「世界」や「宇宙」と呼ぶ

もの~の現れにおける制限の中で探索してきました。

皆さんは自分のインスピレーションの目にブラインドを掛けて、幽閉されたマインド

を鈍感にさせています。想像力の制限によって閉じ込めているのです。
実際、皆さん

は、存在の真の外縁に到達するためにはマインドの想像力を必要とする、と真面目に

信じています。

この努力の中で皆さんは何度も道を失ってきましたが、ある人々はマインドを使って

真実を見つけようと試みたために、文字通り「気が狂って」しまいました。マインド

は思い付く有限性の制約の中で尺度となるだけなのです。

どうぞ理解して下さい。そういうものとしてマインドは、その向上を求める中で、こ

れまで創造の螺旋を進化させてきましたし、それには終わりがありません。この点に

関しては、それ自体の中で進化が終わることはなく、それ自体にゴールもありません

。それは、よりよくなるために、存在の子宮の中で展開し続ける現実という無限の動

きなのです。

それぞれの展開している現実は、特定の内在的な教条と理解の法則に縛られています

。どのようにこれらの現実が、あるいは世界と呼ぶものが現れるのかについて、語ら

れていない無限の可能性があります。そしてそれぞれに固有の一組の法と規則によっ

て、それら一つ一つが定着しています。そのため、この世界に加わっている各自は、

その努力に合致して成功するために、これらのルールに従わなければなりません。彼

らは、その特定の現実もしくは世界のいわゆる共同創造者であり、ある一連のパラメ

ーターに従って創造しているのです。

そのようにして彼らはこれまで創り出されてきて、そして今も創り出されていて、こ

れからも無数に、それぞれ独自のルールと法に則って、より多くの世界と現実を創り

出していくのでしょう。

ルールと法が独自の境界を持つ、皆さんに特有の現実や世界の中で、皆さんがさらに

理解を深めるためにマインドを広げたがるので、わたしはこのことを皆さんに説明し

ています。皆さんが考えたり創り出しているものは、皆さん独自の世界における、こ

うした法や境界の中にあるに過ぎません。

次いで、無限大と考える一方で、特定の現実のルールに制限されたマインドの極性の

性質が皆さんに明らかになるはずであり、その独自の境界の中でのみ機能するとの認

識ゆえに謙虚になるに違いありません・・・そのような現実や世界のユニークな創造

に従って、完全に異なる法とパラメーターを備えつつ、固有の制約を持ったそれぞれ

の、終わることのないさらに多くの現実があると知ることによって、です。

皆さんは今、マインドの性質~その監禁されている性質~を把握し始めているでしょ

うか?

ただし、皆さんはマインドではないとわたしは告げます。皆さんは、進化する現実の

各部屋を備えた巨大な創造物ではありません。

皆さんがそういうものではないのは、それが皆さんの内側にあることだからです! 

しかし、皆さんの中にあることだとするよりも、それが皆さんであると考えることで

、計り知れない期間、皆さんは自己認識を誤ってきたのです。

今、それは皆さんを悟らせるでしょう。思考されるものではなく、ただ存在するもの

に違いないのだと。それはどんなサイズや、どんな形状なのでしょうか?

思い浮かべることができますか? わたしが先に説明したこと全てを、尺度として利

用して下さい! もう一度、皆さんに尋ねます。思い浮かべることができますか?

今、皆さんのマインドを最も遠く最も広くに向けて応力を加え、想像し得る以上のも

のを考えてみて下さい。マインドを輪ゴムのように無限に引き伸ばして下さい! は

ち切れてしまうでしょうか?

もしそれがはち切れてしまうとしたら――思考と世界と創造のノイズがなくて静寂が

ある皆さんのフィーリング・ハートにおいて、今この瞬間、あらゆる場所に存在して

、一斉に、明瞭に、他なき一なるものの爆発の中で、何が急にパッと光って膨らむの

でしょうか?

ご存知の通り――この静寂は、あらゆる世界と概念と創造とを構成するものです。そ

れは時間と空間の幻想~有限の幻想、動きの幻想~を明らかにします。全てはわたし

の遊びであり、わたしという意識の、わたしという単純なる存在の、わたしという在

り方の、わたしという認識の、わたしという目撃者の遊びとして、です。そこには向

上という考えすら存在しません。

それに、なおも――わたしは全世界と一体であり、あらゆる空間や時間、動作と一体

です。わたしはマインドとも一体ですが、わたしなしでは皆さんは巨大な創造の無限

の庭の中で迷子になってしまいます。

わたしはハートの中に見出される一なる者です。もし皆さんがわたし~わたしのハー

ト~を知りたいと望むのなら――皆さんの側から、わたしのハートは皆さんのハート

に始まって、皆さんのボディ・マインドの個人的な制約を超えて拡大します。そのた

め、わたしであるもの~わたしのハート~が取り囲んでいますし、なおかつ、皆さん

のボディ・マインドに浸透しています。しかし、わたしはその中には含まれません。

皆さんのボディ・マインドというのは、皆さんの現実世界の構成要素である具体的な

一式の法則、規則やパラダイムに委ねられた無限の創造物の内の一つだからです。

わたしは皆さんの現実世界や、皆さんが努力を試みようとするマインドの伸縮の全て

を超えています。

わたしは感じられるだけです。フィーリングの領域においては境界線はありません。

だからこそ、わたしはフィーリングというツールを皆さんに授けているのです。もし

純粋で阻害されていなければ、それはマインドや言語で表現され得ないことに何もか

も委ねることに合致します。全世界、全創造物を超越するもの、至福さえも超えるも

のに何もかも委ねることと同じです。しかしそれは同時に至福と一体であり、愛と一

体です。そして愛を超えたものであると同時に、愛として存在するのです。完全に、

すっかり、それのみで。

フィーリングの領域に入って下さい。そこは神聖さを伴うユニティ(一つであること

)であり、フィーリングでのみ理解できるものです。皆さんのプレーン(平面)上で

は、それは無限に向かう女性的な戸口です。男性の反対として理解されるのではなく

、性質として理解される女性性。マインドを明け渡すことと無限に対する受容性が、

その特徴です。

わたしなしでは、皆さんの小さなマインドの遊びは、皆さんをどこにも導きません、

愛する者たちよ。全て、わたし自身の遊び場で遊ぶのでなければなりません。わたし

なしでは皆さんは、終わりなき創造の螺旋の風の中で舞い踊る、一枚の途方に暮れた

葉っぱです。でも、わたしと共にあれば、創造の螺旋の風は夢として現れます。なぜ

なら、皆さんが楽しむ者としての主権を持って存在している間、単純にそれらを煌く

喜びの素晴らしい現われとして楽しみながら、夢から目覚めているからです・・・創

造の中に包まれた無数の経験者として存在の子宮の中で遊ぶのではなく。

いつか、わたし自身が疲れて、進化していく創造物の螺旋コースから出て休息を取り

たいと思った時、わたしは自分自身の中にそれら全てを引き込むでしょう。そうなる

と、そこにあるのは広大な静寂と存在だけになります。そこには皆さんが楽しんだ(

経験した)全ての根源領域があるだけになります。そしてわたしが、皆さん及び私自

身のために再び夢を見始めるまで、皆さんは完全に、純然たるわたしになるのです。

たとえ皆さんが気がつかないとしても、わたしはいつでも皆さんです。けれど、皆さ

んにとってわたしになることは、皆さんのボディ・マインドの制限を越えていくこと

であり、一時の間、思考を止めなくてはならず、わたしが皆さんを有限性の被膜から

引っ張り出すことを認めて、わたしの無限なる神聖な力が皆さんを洗礼して染み込む

のを許さなくてはなりません。わたし自身へと皆さんを変容させて解放するためにで

す。

これはそうなることが不可欠です。なぜなら、皆さんはわたしを思考することができ

ないからです。わたしは、わたしのフィーリングが存在するところから始まります。

そしてフィーリングが順当に、本当に全てが感じられて、どんな制約も密度も超える

時、わたしへの乗り物のドアが開きます・・・皆さんがわたしになるために乗り込む

ようにと。

わたしが皆さんを愛しているということは、皆さんが愛であるということなのです。

わたしは、皆さんの神としての自己(神我)です!

ユートによって伝えられたメッセージ


http://radiantlyhappy.blogspot.com.au/2012/12/message-from-our-god-

self-intrinsic.html
_________________________________________________________________________________

Copyright© 2012. All rights reserved: Ute Posegga-Rudel, http://radiantly

happy.blogspot.com
Sharing of this message is only allo

wed together with this information and without changes, including the t

itle. If you have questions, please contact me via transformation33@gma

il.com. Thank you.
_________________________________________________________________________________

Posted by Ute Posegga-Rudel at 8:33:00 PM

– Translation: C.I. 

LEAVE A REPLY