ユーテ 2012年12月1日

私達の神なる自己からのメッセージ:皆さんは、私の水の中で光り輝く波

By ユート・ポゼッガ・ルーデルSATURDAY, DECEMBER 1, 2012

MESSAGE FROM OUR GOD-SELF: YOU ARE A RADIANT WAVE IN MY

WATER
By Ute Posegga-Rudel

 

2012年8月21日付の更新記事も読んでください。(※訳注:翻訳はここにあります)

Youtubeもご覧下さい(推奨)

親愛なる皆さん、

銀河の整列に向けて、どんな準備をしているでしょうか? 偉大な瞬間が間近であ

り、正確な時間枠が狭まっていて、残すところ後数分です。この瞬間、そしてこの

高揚点へと誘っている時間を、どのようにしたら最大限に生かすことができるでし

ょうか?

私達のシステムは、この最も影響力のある変容のエネルギーおよび光と情報を受け

取るべく開こうと準備する必要があります。この惑星はそのために幾千年も準備し

てきました。私達が自分の中心を保っている時のみ十分に受け取ることができます

。また、中心にいることで、私達は自らのコア存在と接触しなくてはなりません。

私達が行うこと全ての基礎として、フィーリング・ハート(感性の心)での愛を訓

練しなくてはなりません。

このような動揺した困難な時期では、多くの人は本当の平静さを知りません。なぜ

なら、人々は自らの聖なる源を信頼していないからです。そしてそのために、人々

は自分自身を真に信頼できていません。

何世紀にも亘って、私達は神に関する間違ったメッセージに欺かれてきました。そ

れは、私達が屈服や服従させられている「他の」存在に対して、「神」が復讐心に

燃えて私達の前に現れる、というものです。

この狂気の刻印は、西洋文明における大半の遺伝的遺産において今や根深くあり

(しばしば無意識的でさえありますが)、そのために多くの人々が自らの真の源

との関係に大きな障害を来たしています。

この私達の神なる自己、聖なる現実、すなわち人類の根源領域からのメッセージ

は皆さんを力づけるために、また皆さんの心を癒すために、そして皆さん自身の

最も深い起源との関係を修復するために与えられています。

多くの祝福を、
ユート

 

私達の神なる自己は語ります:

皆さんはわたしを忘れているかもしれません。しかし、たとえ皆さんがわたしに

気がつかなくても、わたしはいつでも皆さんの傍にいます。それが愛であり、わ

たしなのです。

わたしが皆さんのことを忘れるのではないかという考えは、どんな理由から皆さ

んがそう考えるにしても、皆さんが想像する分離という幻想を皆さんに意識させ

ます。

まるで源と創造と創造の対象との間に何らかの他者がいて、何らかの分離がある

かのようですね! ちょっと海の波を考えてみて下さい! 波と波、海と波との

間に分離が存在するでしょうか? それらの間に何か他のものが存在するでしょ

う?

いいえ、それらは全てまさしく同じ物質で作られているのです。つまり、海の水

です。それは例えば風のように惑星の影響だとか、あるいは月のように宇宙の影

響といった特定の状況が、異なる波のフォームを形成しているということに過ぎ

ないのです。それらは全て一つであり、一つの水であり、一つの物質であり、一

つの元素なのです。

わたしは水であり、意識です。私の波のたった一つでも忘れることは、この波が

存在から完全に消滅するということを意味します。しかし、お分かりかと思いま

すが、何ものも消え去ることはありません。それはきっと形状や化学組成や色を

変えたに過ぎないのです。水は蒸発して水蒸気になったり、雨になったりします。

しかし意識とエネルギーの量は常に同量に保たれており、たとえ物事がその姿を

変えたとしても、決して減少することありません。

ですから、「わたしはいつもあなたの傍にいます」とわたしが言う時、それはわ

たし達にとっての不滅の関係を象徴しているのです。小さな波が蒸発する際には

、太陽光線の熱のために海も時々は忘れっぽくなるかもしれませんが、それでも

わたし、たった一つの意識の存在としては、決して忘れることはありません。全

ては一つです。この真理は皆さんの自然科学者たちによっても今では受け入れら

れています。でも皆さんは、感情および分離した存在のように見えるものと同一

化して幻想の中に生きているので、皆さんにとってわたしは「他者」になってい

ます。

従って、皆さんは理解しなくてはなりません。わたしから皆さん自身を分離させ

がちなのは、他ならぬ皆さんなのです! もちろん実際はそれは事実ではなく、

単に皆さんの想像に過ぎません。間違った方向に流れてしまったマインドでは、

皆さんはわたしから分離していると考えたり、わたしが皆さんを無視しているの

だと考えてしまいます。しかし無視してしまっているのは、わたしを忘れてしま

っているのは、わたしの中で皆さん自身の振る舞いを見ているのは、実は皆さん

なのです。なぜなら、皆さんだけが理解したいと望む事柄を見ることができるか

らです。

皆さんが自分のマインドの幅を狭めるほど、物の見方や視点は狭くなり、皆さん

が把握したり理解したりするわたしの部分は、より小さくなります。

そのため、わたしはみなさんに求めます。わたしから引き離れてしまうことに対

して、いつでも、まず最初に皆さん自身を観察して下さい。また、たとえ皆さん

が、わたしが皆さんから遠く離れたどこか「上の方に」いると考えたとしても、

すぐに思い出さなくてはなりません。皆さん自身との親密な繋がりを見捨てたの

は皆さんである、ということを。それは、皆さん自身、その真髄、フィーリング

・ハートの遥か彼方に切り離されて、肉体のどこか上の方を漂っているのです。

だから、皆さんは被害者ではなく、皆さんはわたしにとっての忘れられた息子や

娘なのです。ただ、皆さんは分離の世界での意欲的な活動家であり、自分がどん

な風にそれをしているのか、その理解に到達しなくてはなりません。

わたしは皆さんが、例外なくわたしに信頼を寄せてくれることを、わたしの永遠

なる愛に信を置いてくれることを、また、わたし達は分離されておらず一つであ

ると信じてくれることを望んでいます。皆さん自身の行為の絶え間ない観察者で

あるだけでなくて! わたしは決して皆さんを裏切らないので、それについては

確実に安心して頂けますが、その一方で、皆さんは自らの裏切りに気がつかなけ

ればなりません! わたしという鏡に反射したり、この鏡の助けを得て皆さんが

見ている自らの全行為は、皆さん自身で知ることができるのですから。

わたしは常に満たされているので、わたしの愛は絶対に衰えることはありません

。このことを知って下さい! 私の愛はどんな時も変わりませんが、皆さんはご

自身が愛と呼ぶものに対して異なった態度を取っています。そしてそのために皆

さんは、わたしには愛に欠けたところがあると見てしまうのです。

源の意識の中で自由になるために、また、わたしのエネルギーと光に浸るために

、わたしという鏡を上手に使ったり、世界という鏡を活用することで、皆さんの

傾向やパターンを認識して下さい。それが、「わたしを忘れてしまった世界」に

皆さんを縛りつけています。それらを手放して下さい。

わたしの愛情を感じて下さい。それはどんな時でも皆さんのものなのです! わ

たしのハートは、わたし達の真実に気がついてもらおうと、いつでも皆さんのハ

ートを抱擁しています。わたしはいつも皆さんを愛しています。でも、わたしの

この愛が分からないとしたら、皆さんは愛せていないのだということを知るべき

です。

ですから、自分自身を知って、わたしから皆さんを分離させる行いの全てを手放

して下さい! わたしから切り離されていく振る舞いを止める(放棄する)ため

に皆さんが行う一つ一つの小さなステップにより、急激にわたしが近づいてくる

ことが分かるでしょう。なぜなら、皆さんが一歩を踏み出せば、わたしは千歩、

歩み寄るからです。

そのようにして、わたしはわたし自身のために全創造物を目覚めさせるのです。

なぜならば、皆さんがわたしを知ることが、わたしの望みであるからです。

わたし達は密接に繋がっています。常にです。皆さんはこの真理に対して贖うこ

とができるでしょうか?

全ては人間にとって、そして究極的には神の意識にとってのプロセスであり、超

えてゆくことに目覚めるべく全ては意識的に自覚されなくてはなりません。だか

ら、この自覚するプロセスをこれまで以上に頻繁に行って下さい・・・わたしか

らの分離をもたらす皆さんの振る舞い全てを、わたしに明け渡すまで。

この偉大なプロセスの中では、成功しないことでの絶望はあり得ません。という

のも、わたしは常に勝利者だからです! 仮に皆さんがわたしに抵抗しても、最

終的にはわたしは、皆さんという小自己のため、皆さんをきつく縛りつけては締

め付けるものを解き放つべく、皆さんを揺り動かしては目覚めさせるでしょう。

皆さんがわたしを受け入れ、意識において再びわたしと一つになるために、その

全存在を開いてもらえるように、また、叡智と神聖さで満たされることで解放さ

れた身体が、皆さんの本当の姿――わたしという神聖な水の中で光り輝く波であ

ることを理解してもらえるように、わたしは皆さんを目覚めさせるでしょう。

わたしは皆さんの神なる自己(神我)です!

[ユートによって伝えられたメッセージ]

http://radiantlyhappy.blogspot.com.au/2012/12/message-from-our-

god-self-you-are.html_________________________________________________________________________________

Copyright© 2012. All rights reserved: Ute Posegga-Rudel, http://radiantlyhappy.blogspot.com
Sharing of this message is only a

llowed together with this information and without changes. If you ha

ve questions, please contact me via transformation33@gmail.com. Th

ank you.
_________________________________________________________________________________

Translated by C.I.

LEAVE A REPLY