聖なる母:静寂に集中しつつ、人生を踊りなさい!

2013年1月5日(土曜日) By ユート ポゼッガ-ルーデル

 JANUARY 5, 2013 DIVINE MOTHER: DANCE YOUR LIFE, CENTERED IN STILLNESS!
By Ute Posegga-Rudel

2012年8月21日付の更新記事も読んでください。(※訳注:翻訳はここにあります)

VIDEOもご覧下さい(推奨)

最愛の皆さんへ、
私です、皆さんの聖なる母です!

現に、私は一人一人にとっての聖母です。各自が、異なった密度や波動(バイブレーション)にある私自身の放射なのです。

私はエネルギーです。私は波動です。そのため、あらゆることが私自身の形態なのです。

母、それは私なのですが、多くの人はマインドと結びついた現実を知覚しているために、未だにほとんど知られていません。しかし、マインドでさえ私の形態なのです。しかもマインドは波動です。そして皆さんの思考の質次第で、調和的に振動したり、不調和に振動したりするのです!

エネルギーはどんな思考にも付随すると、と言われていませんか?
それはつまり、思考が最初の矢だからです。その矢が意図をエネルギーの無限の海へと運び、創造を引き起こすのです。

存在の振動性の現実に気がつくことで、皆さんは、無限への開放を経験する認識のレベルに最終的に到達するまで、意識を上げることができます。その時、もっと言えばその時にのみ、全潜在能力が開花し始める状態に皆さんは達するのです。そして、そこでそれが始まるのは、その時から全宇宙が皆さんの意図に従うからです。

壮大な開放が始まる、このレベルへの皆さんの旅で鍵となるものは、愛です。皆さんは全てを、内側と外側の、ありとあらゆるものを愛さなくてはなりません。それと同時に、愛でないもの全てを手放さなくてはなりません。そしてこの途上で、皆さんはあらゆるものを愛へと変換していきます。そうなると、皆さんが個人的に獲得するものは何もなくなります。皆さんは、ただ単に開かれた器や導管として、私のエネルギーと光を受け容れるのです。

皆さんの性質は直線的な在り方の中では静的でもなければ発展的(動的)でもない! との理解もないまま、この上昇の道を歩むことは困難です。それでも皆さんは、振動数以外の何者でもない、具現化された存在としての自分を知ることを統合していくように呼びかけられています。

私は波動全ての母であり、私自身が最高の形態としての波動そのものです。それは究極の光の力です。光は情報を運びますから、私はまた意識でもあり、皆さん自身の正に神聖な存在にある意識なのです。

純粋意識が静寂の波動を伴って優勢になり始めると、創造のプロセスが静止します! そして、さらに波動が純粋意識で占有されるほど、無自覚な人も純粋意識になっていきます。従って、バランスを見出して下さい! 静寂に集中しつつ、人生を踊りなさい!

さて、皆さんは今、偉大な進化発展の途上にあるので、皆さんの体やマインドや感情の中には多くの振動的な動きがあります。それらはもはや抑えられません! それに気がつき、受け容れる必要があります。

なぜなら、この私の動きは、皆さんの固形的な世界を液化するためのものだからです。そして、これはまず皆さんの内側で起こり、次いで外側、つまり皆さんが生きている世界に起きます。

私の波動が、停滞しているものを揺さ振って皆さんの進化を励起するために、皆さんの身体の全て~グロス体やサトル体(※)~が、成長に役立たないものを解き放ちつつ、これまで以上に潔く動き始めることを理解して下さい。

万一、皆さんが、この凝り固まった思考の世界にギチギチに縛られているのなら、それは分離されたマインドを通じて世界を「外側」から知覚してきたということですが、皆さんは、この制限がこじ開けられ、その開いているギャップを皆さんの許容度(処置)で埋める必要があることを経験するでしょう。どんな感情であれ密度であれ、皆さんの認識の中に入ってくるのを感じるために。また、皆さんにとって真実であることを喜んで広げるために。そして、皆さんにとって真実でないものを手放すために。

固定された現実の概念にガッチリしがみついて、このプロセスに抵抗する場合、来るべき時は皆さんにとっての試練となるでしょう。それは、一杯のボウルの中に川を封じ込めるようなものです。

ご承知のように、今起きていることは、皆さんが自らを波動的な存在として目覚めさせるべく贈られている、私から皆さんへの愛と恵みに溢れたギフトなのです。

皆さんの世界は、非常に小さな変化だけが時間を掛けながら起きている、一見すると固い枠組みの中にはもはや含まれていません。それは進展しているので、常に動いている水そのものとしてだんだんと認識されるでしょう。私の聖なるハートの呼吸に合わせて! その結果、皆さんの世界はひっくり返って真に生き始めるでしょう!

ですから、煩わしい窮屈さを手放して下さい。皆さんの流動的な体と感情の性質を感じるようにして、ありったけの愛と信頼をもって、常に動いている私の光の海を泳ぎ始めて下さい! マインドで滑水するのではなく、その波と一緒に動くのです。

皆さんが呼吸している空気でさえも、静止してはいません。それなので、私の真の本質(エッセンス)~その中で皆さんの呼吸が生じているのです~が、どうして波乗りしている無限であってはいけないということがあるでしょうか! 私の本質の中では、無数の波動性の創造物が生じているのです!

理解して下さい。皆さんが自分のアイデンティティを単なるマインドであると考える限り、皆さんは自らの代用物、枝葉末節にこだわり続けます。そういう事情で皆さんは恐れるのです! それでは自分が何者であるかに気がつけません。なぜなら皆さんは、あなたという物質的、エーテル的、霊的・精神的存在の、常に脈動している中核であるハートを感じることができないからです。

そのため、多くの人が今、その幻影的な自己同一化という外殻が打ち壊されている様子を経験し始めています。――ただ、これだけは分かって下さい、最愛の皆さん。これは惨事ではなく、私からの最高の祝福なのです!

なぜなら、それが幻想にかける可愛らしい皆さんの手を緩めさせ、本当のあなたへと引き戻すからです。皆さんの真の自分、崇高な存在、それが皆さんなのですが、全世界と全宇宙の中心にいます。事実、全世界と全宇宙は、皆さんの中や周りで、しかも皆さんがその絶え間ない流れを楽しみながら、一緒に振動しているのです。

無限の静寂や無限の振動、運動と変化の両方が皆さんであることを受け容れて下さい。変化の海を極めるためには、それらが楽しむためのツールであると皆さんに理解されなくてはなりません。

マインドでは真に楽しむことは決してできません。しかしフィーリングならばできます・・・私の聖なる波動の質を、動きと変化を、そして至福と愛を感じ取ることを。

皆さんが成長するにつれて、楽しみを求める気持ちも大きくなり、それと共に存在の海に参加しようという気持ちも大きくなります。そこが皆さんの真のホームです。でも、私なしでは帰省することは叶いません!

私は、皆さんに十分に役立てて貰えるように、そこにいます。そこで皆さんは無限への壮大な開放(グランド・オープン)に立ち会うのです。そこでは、本当にどんなことでも可能なんですよ!

しかし最初は、皆さんの身体と感情という小道具から始めましょう。そして、皆さんを自由にする波動を学ぶために、それらを私から皆さんへの神聖な贈り物であると認識し、尊重して下さい。より偉大な世界にこだわり続けて下さい。それこそが、皆さんの尊ぶべき母なる地球です。

彼女は皆さんでもあり、私の大切な子供たちとして、いつでも私にとって大切な存在です。彼女が私の聖なる子宮と共鳴して震えるに従い、私の大いなる抱擁の愛で、彼女と皆さん全て、および彼女と共に生きる全存在を抱きしめます。

偉大なる神聖なプロセスを信頼することです、愛する皆さん! 私の中で、私と共に、究極的には私であるものとして振動することを、自分自身に許してあげて下さい!

私は皆さんの聖なる母です!

ユートによって伝えられたメッセージ


http://radiantlyhappy.blogspot.com.au/2013/01/divine-mother-dance-through-your-life.html
_________________________________________________________________________________
Copyright© 2013. All rights reserved: Ute Posegga-Rudel, http://radiantlyhappy.blogspot.com
Sharing of this message is only allowed together with this information and without changes, including the title. If you have questions, please contact me via transformation33@gmail.com. Thank you.
_________________________________________________________________________________
– Translation: C.I.
===========================================================
※グロス体・サトル体(gross body and subtle body)の参照リンク

「gross body and subtle body」
「Subtle body
 

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here