http://www.in5d.com/world-bank-whistleblower.html#.Uf0mogBETkM.twitter
World Bank Whistleblower: All Currency Is On The Brink Of Collapse
Last updated on August 1, 2013 at 9:00 pm EDT by in5d Alternative News
by Gregg Prescott, M.S.

世界銀行の内部告発者の法律家であるカレン・ヒューズ氏は、全ての紙幣は完全な崩壊の瀬戸際にあり、世界のリーダーたちは、新通貨システムへの可能な限り滑らかで迅速な移行を行おうと奔走している、と語った。

ヒューズ氏はプロジェクトキャメロットのケリー・キャシディーとのインタビューで次のように語った。

世界銀行の法務部門に20年に亘って勤務した後に、ヒューズ氏は内部告発をしようと決めた。彼女は、第三次世界大戦を引き起こそうとする陰険な企てと共に、多くの隠蔽が行われていることを発見した。

発見のうちの一つには証券市場の操作がある。”彼らが行っていたことは証券市場を支配していたグループに同一の役員を任命し、全証券市場を、ゲームの場にする、ということだった。この馴れ合いが、LIBORの金利操作を生んだ。”

世界銀行からの内部告発によって、ヒューズ氏は、世界銀行によるこれらの操作を確認し、証券交換市場の役員と連邦準備銀行(FRB)の役員は、最近では、パニックモードに陥っている。

”このシステムは秘密が機能している時にのみ有効であるが、いまや秘密は漏れてしまった。現在、彼らは、ゴキブリのように走り回っている。”

ヒューズ氏の情報は、フォーチュン500のビジネスマンである、ビックス・ウエア氏による、”世界のリーダーとして許されているあらゆる負債は、実物資産ベースの通貨に統合されようとしている。”との情報公開の後に明らかになった
(この情報については、http://www.in5d.com/all-debts-to-be-erased.htmlを参照のこと。)

ヒューズ氏にとると、”お金を支配している者は、第三次世界大戦を引き起こそうとしている。なぜなら、銀行屋は戦争が起きれば常に儲かるからだ。彼女は、又、”主な目的は私たちを服従させることである、”と付け加えた。

これらのプランがあるにもかかわらず、ヒューズ氏は第三次世界大戦を望まず、法の遵守を好む株主に語りかけたと言っている。

人間に対する犯罪に加担した者は自分たちの行動に責任を取るべきである。

”私たちはまっすぐに世界銀行に戻って歩みを進める内部告発者について言っており、世界の人質として人々に対する抑圧に慣らされてきたと言う情報の全てについて話をしているのであって、それには彼らに責任があるのだ。”

キャシディーは尋ねた。”この時点にどの位近づいているのか?”

ヒューズ : ”非常に近づいている。私たちにも最終期限があるので、数日かもしれない。永久の金価格下落と呼ばれる何かが起きる。これが銀行屋が大量に印刷によってひねり出している通貨についての全てであり、人々は、紙幣を発行する事によって作り出す財産に興味はあるものの、通貨に対する信頼を失いつつある。”

金や銀などの貴金属に関しては、ヒューズ氏はもうすぐ、紙の通貨は価値を失うようになるので、貴金属を買うことができないだろうと述べた。”人々は、紙の通貨、不換通貨が価値を失うことを恐れているので、金に群がり始めるだろう。”

現在の金融システムの問題を克服するために、ヒューズ氏が勧めることは、現在の不換紙幣の発行を中止する組織的な方法の採用と共に、貴金属、又は他に価値がある商品の裏づけがある通貨の発行が必要だということである。

一つの問題はこれをパニックが起きないように実施することである。

この全てにおける主要な出演者は、バチカン、特にジェスイットである。

”バチカンは、頂点に立っており、IRSによる資金は彼らに流れ込んでいる。それは邪悪な連合である。この時点で、私たちは彼らを排除した。彼らは混乱している。彼らは道に迷っている。彼らは支配権を失った。”世界銀行の内部告発者として、ヒューズ氏が言うことは、全ての通貨は崩壊の瀬戸際にあり、特に、バチカンはバンク・オブ・アメリカを所有しておらず、ジェスイットが所有している、と。

ヒューズ氏の理解によれば、実質的にあらゆるIRSの収入はバチカンに、少量が英国銀行に流れ、米国に向けて流れる資金はゼロなので、各州とワシントンDCの企業は崩壊している、と言うことである。

ヒューズ氏は、米国における不換通貨に急速に終止符を打つことになる、資産ベースの通貨を発行する州立銀行が増加し、米国財務省は、FEDの日は数えられるほどしか残っていない、と付け加えながら、再びFRB紙幣の代わりのUSドルを始める、と期待している。これら全ての事は非常に、非常に急速に進行しつつある。私たちはこれらの銀行をどのようにして引退させるかについて考えなければならない。私たちは遷移を円滑にする方法を見出さなければならない。

in5Dで以前述べたように、銀行崩壊が近い将来に起きるかどうかは、まだ分からない。既にわかっていることは、現在のシステムがもたないことと、その崩壊が避けがたいことである。これは時間の問題なのだ。

http://www.youtube.com/watch?v=dGCvZuzShSc&feature=player_embedded

 

翻訳 Taki

LEAVE A REPLY