こんにちは皆さん。「光の銀河連合から」、として私がメッセージを共有してきていた者達と、私はさらに2~3の会話を持ちました。私は、後に彼らを ‘私が形式的にメッセージを共有していた者達’ と呼んで来ていたものですが、GFL(光の銀河連合)は、彼らの連合が信頼されることができないように私が他の者達に助言している、と感じていることを私に伝えてきました。彼らはさらに、彼らはこの状況を好まないことを私に知らせると同時に、これに関して彼らができることは何であろうと私に訊ねて来ました。

恐らく、私が彼らをこの名前で呼ぶことを差し控えることがいくつかを誤解せることになっており、私がこの連合を信頼されないように提案していたと彼らが感じていたかも知れないので、このため、今私は彼らを光の銀河連合と呼ぶことにしましょう。これに関して私が感じていることは、私は全く彼らの確かな公式名称が何であるかを知ることが出来なかったのであり、ですから、何故、彼らが私に共有し私を通してあなた方に共有してきたいくつかの物事が確かに実現していないと、何でも当然のようにものごとをこの時点で捉えるのでしょうか。また、少なくとも私が信じるいくつかはそうではないでしょうし、彼らは既に自らこれを話しています。

私は、彼らが私たちと嘘を共有することによるある指導方法を実行し、これらのレッスンを通して私たちが自分自身を見ることを学ぶことは私たちの責任であることを実証したように、私たちは彼らの言うことを全て額面通りに取れるとは限らないということを私はただ思うことを、指摘したいと思います。これが全てであり、また、彼らは私たちをなんであれ害したがっている、あるいは彼らは背後に秘めた動機を持っている、といったことを私は述べていませんし、かつて述べたこともありません。私たちはこの全てに関していかにしても確かに知ることは出来ないのだから、これは確かにありえるかも知れないと私は言ったにしても。また、私はそれは単に私たち全員があるレベルの識別力を実行するための思慮深さであると思います。

そのように、もし、彼らが私に呼んでもらいたいと望む名前で彼らを呼ぶのを私が差し控えることが、不適当な混乱を起こし、彼らは一つの組織として信頼出来たものではないといった私のポリシーとして信じてしまう方向に、少なくともいくばくか導いてしまうのであれば、私は再び、彼らが確かに自らを呼ぶかも知れない名前で彼らを呼ぶことにしましょう。

加えて、GFLはさらに、コメントの緩和を始める方向に私のブログにおけるポリシーを変えたことで、私について感じていることを共有してくれました。GFLは、私がこれらのダークの者達からのコメントを許可しないことで私は ‘ 私のブログの後ろに隠れている ‘ のだと彼らは信じていると述べました。これは彼らの実際の言葉でした。他者及び彼らの意見や見解を尊重することを学んでいない個人達からのコメントを私は許可していなかった、とは彼らは言いませんでした、違っていました。彼らはとりわけ殊に、’ダーク’ からのコメントを許可しない私のポリシーには賛成出来ないと言いました。私はそれは非常に面白いと感じました。私はあなた方友人に言いますが、私がそれをどうしたものか自分自身本当に分ってはいないように、あなた方もそれをどうとでもしたいようにしてください。それが何を意味するにしても、私はそれは実に非常に面白いと感じます。恐らく私のブログでずっとコメントしてきているダークの者達がいて、それは、確かにそのように時々見えますね?私は、しかしながら、少なくとも今のところは、私の新しいポリシーに密着するでしょう。また私は、単純に他の者の視点が自分のとは異なるかも知れないからという理由で他者を侮辱しようとしたり叱りつけたりしようとし続ける者達からのコメントを、許可することはないでしょう。

GFLのメンバー達が私に共有した別のポイント、私はそれをちょっと面白いと感じ、さらに私は刺激的と言うでしょう。わたしは彼らが話したことに留意するでしょうが、もはや私は自分が見るまでは何ものも絶対的な事実として認めるつもりはありません。そして私はあなた方全員に言いますが、もしこれが起きたら、私たちすべてはそれに非常に興奮するでしょうし、それを非常に楽しむでしょう。完全に正直なところで、彼らが私に明らかにしたものを私があなた方に明らかにすることが出来ないことを私は残念に思います。私は、私がこれをあなた方全員と共有するよう彼らが望むのは違うか、彼らに尋ねようとは思いませんでした。知っての通り、私は彼らのプライヴァシーの権利と彼らの境界、そして彼らが必要とするかも知れない機密性のいかなる領域をも尊敬し尊重します。しかしながら、わたしの友だち全員にプレゼントとして少しのヒントを、それは何か私たち全員が非常に楽しみにしてきたもの、またさらにかなり長い間期待してきたものだと私は言うでしょう。また、もう少しポットのお茶を甘くするために、私は言いましょう、この’ 出来事 ‘はそれに公式な色合いを持つであろうと。

これに関してより多くの情報をあなた方と共有する着手許可を取り受ければ、私は確かに躊躇しないでしょう。いつとは彼らは言いませんが、彼らが過去に確かに実現するかも知れないと話した非常に刺激的な一つのイヴェントのことを彼らは私に共有したことを、まさに私は言うでしょう。そのイヴェントは私たち全員にとって確かに非常に刺激的で愉快ものになることでしょう。そして個人的見解において、私はそれは完全な妥当性であり確かに夢想ではないと見る、と言いましょう。私たちは単に成り行きを見なければならないでしょう、そして、再び、彼らが私に共有したことをあなた方へ共有する着手許可を取り受ければ、私は,
得る最初の機会でそれを確かに行ないましょう。

今日のところは以上です。そして私はあなた方全員が今日この美しい日曜の午後をとても調子良く過ごしているであろうと望みます。あなたの友人、グレッグ。

グレッグ・ジャイルズ

http://www.ascensionearth2012.org/2012/10/discussion-with-galactic-federation-of.html
(翻訳:ソウルカメラ)

LEAVE A REPLY