Screen Shot 2015-04-10 at 08.02.10

内部地球ネットワークラジオ放送要旨  2015 年6月28日

ゾラ

ニブルなどの天体が2015年9月から1月にかけ て地球に衝突するというのは、闇の者たちによる恐れ掻き立ての戦略で、全くの嘘である。第三次世界大戦も起こらない。これらは人間の振動 を下げようとの企みである。

今や空気、水などは浄化され、きれいになってい る。

地球は銀河連合によって完全に守られていて、闇の 者たちには地球の破壊という自由意志はもはやゆるされていない。

シンクホールの目的は、内部地球の人々との再会の ための緊急通路形成なのだ。

悪天候、地震、津波などは人間の思考次第である。

地球は拡大の過程にある。有る時点で地表に圧力が かかるので、割れ目が生じたりする。このための地震は起きる。しかし、これはあらかじめ予告されるので、退避の時間が十分にある。

このために津波は、起きない。人間、地球は完全に 保護されている。

闇の者たちは寿命が短くなっているので恐れてい る。

地球上の人間は全てが嵐を鎮める力を持っている。 外に出て母なる地球と一体になりなさい。地表に直接触れて一体になり、歩行すれば、嵐を鎮めることが出来る。自分でそれを実践しなさい。 人間は神であり、その力を持っている。

内部地球は表面の人間の居住場所を作り、到着を 待っている。創造主はそのための準備をしているが、時期はRV,告知、デスクロージャーの後である。その後創造主は移転のために人間を集 合させる。RVは6月の月末までに起きる。

振動を上げ、保ち続けなさい。

翻訳 Taki

LEAVE A REPLY