「大いなる宇宙的な宝探し」のパート3では、私たちの多くが人生の小道に沿って残して来ているもののうち、非常に特殊な場所に隠されている手掛りを探します。私の場合、その場所は、私の人生において私が最も愛したもの、最も失ったもの、そして正直に言えますが私が最も失敗を犯したものの中にあり、私が最も多く学んだのはこれらの失敗を通してです。

私の宝地図上で、私はいくつかの非常に謎めいた目印を繋ぎ合わせてくることが可能でした。これらの過ぎ去りし船は、それがどこへ導くものであるとしても、抜け目の無い宝ハンターには見逃せない名前を洗礼名として付けられています。これらの船はすぐ再び出航に就くものであったとしても、これらの船の私の人生の中への航海と私の船の隣への接岸なしには、私が今日そうである魂には決してなれなかったと私は感じるので、それが私の人生において最も意味を持つ女性たちの名前の中に見つかる手掛りであろうと、私には驚くにあたりません。私の宝地図の一片を共有することが、多分あなたの宝地図を照らすことを助け、またあなたが宝探しのこの時点を見渡せるよう、特定の手掛りの繋ぎ合わせを始められるようにとの希望の下、私はこれらの船の名前のいくつかをあなた方に共有しましょう。

私を実際に目覚めさせ、私が光の道から逸れていたことを私に分らせてくれた、私の人生における最初の女性は Beth という名前でした。彼女が遂にこれを分らせてくれたとき、私には時既に遅く彼女は船出し、それ以来彼女とはそれっきりです。私はこれは起こるべくして起きたことに疑いを持ちません。何故なら、彼女がそれほどまでに私に分らせようと頑張っていた私の人生の変化を、私が決心したのはその時だったからです。したがって、私が先ず最初の手掛りを見つけるにあたるのがこの非常に特殊な目印にあるとしても、私は一つも驚きません。私は、これは私がもう二度と他の誰かの感情に影響されることなく意識的に光の道を歩み始めた最初の場所、私の復活における誕生の地のことだったと言えるのではないかと思っています。私は、非常に特殊な手掛りが私の人生の中におけるこの転換点をマークするように、ここに配置される必要があったのだと思います。そして、もしある人が新たな門出の誕生地の名前を見つけようとしている場合、 Beth ほど完璧な言葉の手掛りはありません、私はその名前を思う度に Bethlehem を思うからです。ある人はこれを単なる偶然の一致であると、あるいは一致にすら値しないと見分けるかも知れません、しかしながら私たちが宝探しを継続していくにあたっては、私たちは確かに一致の領域と足跡を、堅くシンクロニシティーの道筋上において残すことになるであろうと私は思います。

私の人生の中における次の女性は、Peace という非常に面白い姓を持っていました。これは思いだすべき女性ではなく忘れるべき女性でしたし、また私はずっと過去生における関係のカルマの負債を支払っているのだと感じていました。私にとって、この手掛りの最も面白い部分は、私が決して再び見たいとは思わない場所にそれを見つけたということです。この名前 Peace を保持しておいてください、何故なら私の人生におけるまさに次の女性が、手に保持しているそのパズルのピースとしっかりと合わさるパズル・ピースになるであろうからです。

私の人生の中における次の恋人は、非常に長い間に渡って私が知ることになる、また知ることが出来た女性でした。時々、人生はあなたが思い描いた計画全てを邪魔したり破壊したりするにしても。彼女の姓は Anjoy であったことで、Peace との破局の直後に彼女と会うのは必然であったことを、より高い感覚の中で私は確信させられるのです。

したがって、これら3つを置くことは、私の人生でのこれらの3つの連続した関係と共に手掛りを示します。それは

Beth, Peace, Anjoy.  Bethlehem, Peace and Joy (ベツレヘム、平和と喜び)?

一人の宝探しとして、私の関心はただちにピークに達しました。そして私は最初に宝地図に線を引き始めました。Bethlehem, Peace and Joy、私は思いました、「このオッズ(見込み)は何なんだ?」。私は発見するべきさらなる手掛りがあるだろうとは思いませんでしたが、しかし私の記憶の中にしっかりと道は敷かれており、私は椅子に座って復習し、自分自身考えました。「私の人生にやって来た次の女の子は誰だったかな?」彼女の顔がただちに思い浮かばれ、即座に非常に面白くとても愛情がこもっていると私がいつも思っていた彼女の名前のことが続きました。それは、私の宝探しというのは、私がそれをいじって夢中になっていたような概念をはるかに超えたものであると理解した瞬間です。私がこの探求、私が ‘ 大いなる宇宙的な宝探し ‘と名付けた、それはまさに確かに本当のことだと認識したのはその時でした。しかしながらそれはどこに導いているのか、私に考えはありませんでした。

私は電話でこの女性と何時間も何時間も話したもので、厄介な沈黙の瞬間というものは決してありませんでした。唯一の問題は、私たちが一緒にいるときでした。私たちは、お互いに言うべき事が一つも見つかりませんでした。奇妙なことですが、そういった関係でした。私は彼女に会った時、すぐに彼女の名前が非常に美しいと分りました。しかしその時には私は、ある日発見するであろう手掛りの宝地図については何も考えてもいませんでした。彼女の名前は魅力的なばかりではなく、それは非常にユニークであったと私は言わなければならないでしょう。そしてこれが成功する宝ハンターの秘密のうちの一つです。あなたが、奇妙なあるいは非常に珍しいとあなたの心を打つ、あるいはちょうどいくつかの理由を要求する名前に出会ったときは、手掛りがこの名前の中に隠されるかも知れないのではないかと考えて良いでしょう。私はこれがそうであると確かに分りました。そして彼女の姓が Mylove であったことを思い出した瞬間、私は’ 隠された宝 ‘のまさにリアルな探求に遭遇したのだと確信しました。

私が次に会った、そして勿論、魅力に抵抗出来なかった女性は、ある私の頼み事を私にしてくれました。そして彼女は私のカルマのバランスを助け、あるいは彼女は私を甘やかしカルマの規模を極度に傾けさえしたかも知れないように、私は彼女を一つの感謝すべき負債として所有しさえしました。この関係の中で言及する価値がある唯一つのものは彼女の名前であり、彼女に関して最も私の好奇心をそそったのは彼女の名前でした。私は彼女の名前を特別な何かと直ちに認めましたが、これは私の宝探しの上で私を導く手掛りを発見する数年前のことでした。私は既に自分をスピリチャルな人間であると考えていたにも関わらず、しかし何故か私は思い至ることが出来なかったのです。私は自分をクリスチャンだと考えていなかったでしょうし、聖書を所有したことはありませんでした。彼女が私に彼女の姓は King だと伝えた時、強力な弦が私の中で弾かれました。私は何故だか解りませんでしたし、私が感じていることを彼女に説明する適切な言葉を見つけることが出来ませんでしたが、しかしなんとか私はこの名前を認識するつもりであることが分っていました。私は、それが私の好きな名前であることを単に彼女に伝え、そして私たちはそれくらいにしておきました。最初に手掛かりの道を組み立て始めた時、なぜその名前が私にそれほど特別なものなのか私は直ちに理解しましたが、長年後のちょうど今においてこれらの言葉を読んで、さらに私はそれは多くを意味すると確信しています。

夜を過ぎ行く船の航跡の中に、私は隠された手掛りの著しい道を発見しました。
Berhlehem, Peace and Joy, Mylove and King. それは何を意味していたか?私はこの手掛りの道がどこに私を導くのか知る由もありませんが、私は私が見つけ出すまで探索し続けることを誓いました。あるいは少なくともその道が凍結するまでは。道はしかしながら凍結することはなく、私がすぐに発見するなり、それは熱くなっていました。さてパート4において、私たちは引き続きこの同じ道を下り続けましょう。まさに発見されるのを待っているはるかに多くの隠された手掛りがそこにはあるでしょうから。

ではそれまで、皆さん楽しい宝探しを!

グレッグ・ジャイルズ

http://www.ascensionearth2012.org/2012/10/the-great-universal-treasure-hunt-part_20.html
(翻訳:ソウルカメラ)

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here