天使リエル 

カルマの終焉と新時代の創造

ジェニファー・ホフマン 2013-6-18

 

カルマはこのアセンションの過程の当初から地球と人間が辿る道でした。それが3次元のパラダイム(世界)の基盤です。その過程で、恐怖を愛に変え、限界を広げ、苦しみを喜びに変えて高い次元の存在へとアセンションする進化が約束されています。人間がこのアセンションを果たす見込みを実際のものにするには、許しによってカルマの道を完了させなければなりません、カルマを終了させるには許しが必要なのです。数多くの生涯と苦しみがあなた自身のカルマを決めたのでこれらの課題は恩恵でありかつ最大の挑戦です。皆さんはカルマを救済することだと考えて来ましたが、それは、ただ、与えられた運命とそれを癒すカルマの道程から、神聖な人間、ワンネス、繋がり、意図的にエネルギーを流す、創造の道へと切り替えることなのです。そのような選択をすれば、その時点でカルマの道は終わったことになるのです。

創造という新時代は後一歩のところです。許しがそこにたどり着く橋渡しをします。しかしこれは小さな問題ではありません。一旦創造の時代に至る橋を渡ると、もうカルマの次元の世界に引き返すことはできません。これまでの自分自身の数々の生涯と人類のカルマという2つの道を同時に歩くので難しい選択になる人もいます。

すべてのライトワーカー、教師、多種多様なヒーラーとして、皆さんは全体のカルマを癒す力を持っていました。自分のカルマについては、他の人から痛みと苦しみを受けて、それも自分の責任として引き受けたカルマも含まれています。その結果、その影響が多くの人に及びました。それを未然に防ぐ力もなく、それが人類全体のカルマの一部になったのですが、皆さんは全体のカルマが癒されるまでこのカルマのサイクルに居続けることを選択肢ました。そのような責任が含まれていたために、皆さんはカルマのサイクルを完了させることを遅らせたのです。それも、皆さんは喜んでそうしたのです。しかし、もうその必要はなくなりました。

そのようなカルマの性質を甘んじて受け入れていると、別の所を癒すことも終了出来ませんが、それが返って、カルマのない新生地球に向かういろいろな考え方を生み出すことになります。しかし、カルマは消えない、魂の約束と契約を果たせなくなる、源に対する義務を果たせなくなる、カルマを取り除くことに失敗するなどと怖れる場合、その恐れによって自分に関わりのないカルマのサイクルに留まってしまうことになります。

調和という癒しのギフトを受け入れることができますか?源があなたに与えている許す力を認めることができますか? あなたは全体を癒す力を持っていますが、そのギフトや力を受け入れることによってあなたは全体のカルマから開放されるのです。

あなたは全体を癒すためのエネルギーや癒していこうと意図を持つことができますが、もうそれは必要ないのです。必要なことは、カルマを超えた平和と喜び、愛という新しいパラダイムであり、それがカルマの癒しを成就するのです。それが、皆さんが高い次元に進化しアセンションすることです。それが、あなたの世界全体に対するギフトです。自分の癒しを終えてください。調和するというギフトを受け取ってください。そのことによってあなた個人と世界のカルマ的な責務からあなたを開放し、喜びと自由、平和、無条件の愛の世界に入れるのです。それが、新時代を創造する時の恩恵なのです。

Copyright (c) 2013 by Jennifer Hoffman. All rights reserved. You may translate, quote, and link to this article, in its entirety, only on free, non-commercial websites, as long as you include the author’s name and a working link back to this website. All other uses are strictly and expressly prohibited. - See more at: http://enlighteninglife.com/the-end-of-karma-the-new-era-of-creation/#sthash.7aiVqEik.dpuf

翻訳 ライトワーカー・マイク

http://lightworkermike.wordpress.com/2013/06/21/カルマの終焉と新時代の創造%E3%80%80by%E3%80%80大天使ウリエル/

 

 

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here