天使リエル 

思いやる・優しさを実践する

Jennifer Hoffman 2013-8-21

心の広い思いやるこころは、地上で優しさや親切心として表れる魂の特性です。魂の特質は3次元では感情として表れます。その感情が表に出る時は、その出し方を誤る時があります。低い次元で思いやりの感情が生まれる時は哀れみになります。それは優しさでも役に立つことでもなく、人が弱く無力であることに頷いているのです。思いやりのエネルギーを持ち続けると、他の人との関わりの中で自然にその周波数になり、あなたはその光になります。

他の人に優しくする時には、受容と愛、思いやりというギフトを相手に差し出しているのです。優しさは相手にとって素敵なことだけでなく、それは、スピリチュアルな面でよく気がついている状態であり、その時にはスピリットが輝いて周りの人の人生を照らし出します。優しくなることを心がけると、あなたの光は周りの暗いところを益々明るく照らし出します。

どんな状況でも周りの人に優しくなってください。自分自身でいながら周りとの関わり方を選択するようにしてください。思いやって優しくなると、裁きや不安、恐れ、無理だという思いはなくなり絶えず無条件で許していける道筋を創り出します。

優しくなるというのは、穏やかな心地で他の人といる、他の人を慮る、役に立つということを意味しますが、それは、気の毒にとか同情し憐れむ気持ちになることではありません。優しいことをする時には通常の状況や、自分がやりかけている目先のことから離れることが必要な時もあります。自分の人生にとって一番だと思うことや、心穏やかに愛の心でいられ、楽しくいられると思うことを選ぶ時には、自分に優しくなります。

優しくいようとする時には、他の人との関係のカルマを生むことはありません。なぜなら、許していることになるからです。優しい行為は、相手のスピリチュアルな成長や理解力、相手にどういう影響を与えるかなど他の人のことをよく考えることが必要になります。

他の人に優しくなる時は、相手に繋がるエネルギーを生み出します。優しさはそのようにして自分に対して優しいエネルギーを引き寄せます。他の人に優しい時は、あなたのスピリチュアルなギフトを他の人と分かち合います。相手は、その人次第でそれを受け取りもしますし、そうでないこともあります。相手がどのような態度であっても重要なことではありません。あなたの優しさというギフトは、対立や不安のない新しい関係の扉を開きます。

他の人に対して優しい波動を選ぶ時には、自分自身を癒し、相手にも癒しのギフトを差し出します。また、周りと地球に優しい波動を生み出しながらあなたの行動はこの世界に強力に、大きく広がります。お互いが優しくなったとしたらこの世界はどうなるかを想像してみてください。

自分にも他の人のためにもなる、そういう何かを創り出します。そういうビジョンをしっかり持ってください。地球と人類が今現在経験しているヒーリングプロセスにとって優しい行為が大切であることを覚えておいてください。お互いに優しくなるというのは、思いやりという魂の特質を表す方法として、日々自分にも他の人にも与えることができるギフトなのです。

Copyright (c) 2013 by Jennifer Hoffman. All rights reserved.  You may quote, translate, reprint or refer to this message if you mention the author name and include a working link to http://enlighteninglife.com

翻訳 ライトワーカー・マイク

http://lightworkermike.wordpress.com/2013/08/22/diary-2013-08/

http://enlighteninglife.com/be-compassion-practice-kindness/

 

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here