gl5abrie 

大天使ガブリエル

Daily Message ~ Saturday November 30, 2013

励ましは素晴らしい愛のエネルギーです。しかし悟りへと進む過程でこの言葉を聞くことはあまりありません。が、励ましは他の人が前に進めるようにする本当に素晴らしい方法なのです。

スピリチュアルな道の特にはじめの段階では勇気が必要になります。変わろうとする勇気、未知の世界を歩いて行く勇気、自分を癒やす勇気、自分の力を手にする勇気、ただそこにいて十分であると知る勇気。励まし (意図して勇気を注ぐ: in – courage- meant)はその勇気を大きくさせてくれます。成長し自分を大きくする手助けになります。

皆さん、お互いに助けあってください! お互いに高め合ってください! 自分が輝いていることを認め向上しあってください。すぐにできることです。それでいながら他の人に大きな力になります。皆さんはそうすることでパワフルな教師になるのです。ですが、「私がやれたのだから、あなたにも出来ます」、相手にそういう時は、もっとパワフルになります。

~Archangel Gabriel thru Shelley Young

Namaste Shelley

 

大天使ガブリエル

Daily Message ~ Tuesday December 10, 2013

他の人が自分で出来ることをあなたが先にしてやろうとしていますか? 頼まれていないのに割って入って “何とかして” やろうとしますか? 物事がきちんとなるようにあなたがしなければいけないと感じますか? 人が自分を必要としなくなるのでは、困っていることがなくなれば自分という人間は不要になる、そんなふうに恐れていますか? 愛は自分を犠牲にして何かを相手にしてあげることだと思いますか?

皆さん、あなたが手助けをしなければ相手は上手くやれないと考えているとしたら、あなたは相手の自力、自分でやれる力を軽く見ています。経験させないで成長を妨げているのです。更に、条件に関係なくあなたのことが好きで愛があることを表す機会も奪っています。そうだとしたら、それはあなたが相手にしてあげなければ自分のことを認めてくれない、好きになってくれないという思惑が前提になっています。ひっきりなしに他の人を救ってやろうとすることは、相手をコントロールしていることなのです。相手の弱みを助長し被害者意識を大きくさせます。

他方、相手を受け入れ任せながら励ますと、自分の力を信じて成長し自信が持てます。あなたは必要な時に私はそばにいますよ、ということを知っていてもらい、自ら高めるようにさせてあげてください。そして相手は自分で思うようにやっていくことが出来るということを信頼してください。頼まれた時に力を貸してください。宇宙はその場で一人ひとりを手助けする、そのことに安心してください。その宇宙のやり方は地球上のどの魂にも同じように働きます。皆さんはそれぞれのユニークな道で成長して開花できる力を持っています。

 ~Archangel Gabriel thru Shelley Young

Namaste Shelley

 

大天使ガブリエル

Daily Message ~ Thursday December 12, 2013

日頃人と接して、誰に対してもあなたが気に入った点を意識的に見つけるとしたらどうですか? 多くの人間が、比較し、自分の価値観や判断で自分に気に入らない点を探そうとします。積極的にあなたが好きだという相手の良い点を探してください。

一日それをやるようにしてください。相手の笑顔であったり、丁寧な物腰であったり、よく気がつくところや心が広い所、優しさ、相手が輝いていて素敵な所などどこでも探してください。他の人の素晴らしい点、美しい点、純粋なところを認めると、もっと愛を感じていきます。他の人といることがますます楽しくなります。一体感を感じ、人に関わることが楽しくなります。なぜなら、あなたが注意を向けるものが、あなたに返ってくる、あなたが受け取るものだからです。

相手の一つ一つを褒めると、いい気分でいられます。逆に自分の状態が良くない場合は相手の良い点も分からない時があるでしょう。だから褒めることを新しい癖にしてください。他の人の長所も、同じように自分の輝く素晴らしい所も常にそこを見るようにしてください。皆が持っている清く素晴らしい点を喜べる人になってください! 皆さん、それが無条件の愛とユニティ・コンシャスネスの前提条件です。

~Archangel Gabriel thru Shelley Young

Namaste Shelley

翻訳 ライトワーカー・マイク

http://lightworkermike.wordpress.com/2013/12/08/diary-2013-12/

 

LEAVE A REPLY