(浜の足跡)

 ある夜、私は一人でロード(主)と砂浜を歩いている夢を見ました。

空を見上げると人生の数々のシーンが走馬灯のように空に表れました。

その人生の一つ一つのシーンが、この砂浜についた足跡と同じだと思いました。

2つの足跡の時もありました。1つの足跡の時もありました。

その時、1つだけの足跡を見て苦しい気分になりました。

その時は人生で落ち込んでいて、激しく苦悶し、悲しみに襲われ、打ちのめされる、非常に苦しんでいた時だったのです。

どうしても1つの足跡しか見えませんでしたので、ロードに言いました。

「ロード、私があなたに付いて行けばいつも一緒に歩いてくれると約束しましたね。

でも、人生で一番どん底にいた時、砂には1つの足跡しかありませんでした。

私が一番必要としていた時期に、なぜあなたはわたしのためにいてくれなかったのですか?」

ロードはそれに返事をしました。

「息子よ、あなたが1つの足跡しか見えなかった時は、私があなたを背負っていたのです。」

~メアリー・スティーヴンソン

        ……………………………………………

 砂浜の足跡

 大天使メタトロン ロード・オブ・ライト

 James Tyberonn 2013-4-7

親愛なる皆さん、私はメタトロン、ロード・オブ・ライトLord of Lightです。お集まり頂きありがとうございます。

今年はアセンデッド・プラネット・アース元年です。このような地球時間の特例とも言える段階では、自分を振り返り一人静かになる格好の機会があります。

特に7年周期の第7サイクルに当たる49才以上のマスターの皆さんの中には、孤独な人が多くいます。伴侶に先立たれたり、夫婦関係が解消したり、結婚生活が終了したり、多くの人が一人で生きています。もちろんその人生は極めて孤独で辛く、「不自然」と感じることが多々ありますが、そこには、隔絶するという意味合いがあります。孤独の時は自分に鞭打たなくてはならない一方で、スピリットに心を開けます。この過程で天使界の門が開いて、スピリットはあなたを大切に抱きしめるのです。あなたは本当に一人ぼっちではありません。孤立は辛いことであっても、邪魔されることなく自分自身を深く見つめることができます。そして、事実、進んだ魂にとってそれは本当に必要不可欠なことなのです。

だからこの機会を賢く使って、孤独でいることを受け留めてください。素晴らしい卒業の時を間近に控えているのです。

宗教本には繰り返し出てくる言葉があります。「すべてに一つの季節がある。天国のもとでは、すべての目的に合った時がある」と。

聖なる孤独は高貴な条件です。その深い目的を知って理解できた時には大きな成長、飛躍が生まれます。聖なる自己は、最終的に孤独の状態で最大の力を求めていくのです。魂が一人で地球に入り、スピリットはたった一人地球を離れます。地球にいたアセンデッド・マスターは、地球に何度も生まれてその何千年もの間、マスターの域に達する前に孤独を求めました。今、多くの皆さんもその状態にあるのです。

皆さん、今孤独にいる人は最後のパートナーを見つけなければと思っていますね。ツインフレームである「ソウルメイト」を探そうとしています。でも、進んだ魂の場合、孤独であるケーが多いのです。自分でそう決めたのです。特別で、尊い計画です。それが、聖なる孤独です。

マスターの道を追求する魂の、人生の4回のうちの1回は、計画的に人生を一から出直し向上させて、マスターの道を集中的に追求するために聖なる孤独の状態になります。

孤独は、清い光、いわゆる「悟りに捧げた道」を追求する人にとっては、人生の中の特別な期間、孤独になるように選びます。ですから、いつも孤独でいるということではありません。「自分だけに集中して取り組む」、自分を愛するための期間を選ぶということです。

「自己愛」というのは、キリスト教出身の人たちにとっては訳の分からない状態です。もともと人間には罪がある、欠陥があるというキリスト教の教えがあり、許しを請うことが必要でした。生涯をかけて自分自身でいることに許しを乞うてきました。自分の神聖さを失い、受け取るのではなく与えることが簡単でした。バランスをとる力は没収されたのです。

また、行いや過ちから自責の念を抱く人もいます。そういう時に、罪の意識や価値がないという意識を持つようにプログラムしたのです。自分を愛せないというのは、自分を拒否し否定することでした。どんなことをしてもこの誤った信念に行き着くので自分を許すことは出来ないのです。その結果、人間関係は壊れました。先ず自分を愛せないと本当に他の人を愛せないのは大きな真実です。自分には価値がないという信念を持つ限り、否定し、拒否する行動に出ます。

皆さんは、自分が神聖であり、神聖で、傷ひとつない神が自分の中にあるということを学ぶまでは、繰り返し自分を追放し、自分を責め続けていきます。この大いなる叡智を認める時に人生が変わります。そして人生を創り出していきます。しかし自己愛は必要条件です。愛は感情ではありません。波動なのです。愛は獲得できるものではなく、愛は道であるのです。皆さん、このことを悟るには、何回もの人生を孤独に過ごす必要があるかもしれません。人生は厳しい、それは本当ですが、その時は、安穏とした状態ではなく、困難に直面せざるを得ない時、それを乗り越える時に厳しいのです。

今、新生地球は完全に2013年以降クリスタライン時代に変わり、地球のエネルギーが広がり、次元は拡大します。二極性・極性の影響は減少し、皆さんは3次元を超えていくことを選びます。

孤独か伴侶のいる状態のどちらが魂に大きな進歩をもたらすのかを考えるかもしれません。その問題はアセンションの幕開けのこの時、多くの人にとって時宜に適った質問です。簡単に言えば、カップルでいることも孤独でいることもどちらも神聖な目的があります。

多くの人が悟りの道の最後の段階に差し掛かっている時に孤独であるのは何ら間違いではありません。今がアセンション到来の前触れです。もし独り身であるなら、多分、それは適切なことです。多分、それでいいのです。あなたがそう計画したのだと分かります。でも、孤独はあまりに耐え難く、パートナーを、それも理解し難いツインフレームを探さなくてはという気持ちになります。皆さん、ツインフレームやソウルメイトという言葉にはいろいろな混乱があります。また、自分をマスターする時の最大のパートナーシップの役割と性質についても混乱が起きています。

孤独でいる時は、自分を特別に敬う期間にするという目的があります。この次元の人生経験は、あなた自身の創造、個人の信念が織り上げられた生きたタペストリーです。孤独の中で魂は自分を見つめることができ、その時、自分の中の深い流れの中に飛び込む時なのです。自分という海を泳ぐため、そうして自分の愛を再発見し、明るく輝くあなた自身の神のスパークを知るためなのです。人から離れるには一人で自分を探求し、内なる地平を知ることが必要です。それによって本来の自分自身になります。自分が主人公になることは、マスターの域に達する生まれ持った強力な力です。

依存し合わない二人の関係には、互いに依存しあう二人よりももっと大きなバランスや創造性、持続性があります。分かるでしょうか? 最終的に、各魂はマスターするために自分というものを明確にしなければなりません。自分をマスターすることは計画通り人と離れている期間に現実的に進むのです。そういう時期に、非の打ち所がなくなるのです。

皆さん、何事にも円満で、欠点がなくなることは、セルフ・マスタリーを進む時には必要なことなのです。それは、多次元的な旅における修正地点です。何にも頼ることなく不屈の精神と自分が主人公であるビジョンを探求する、空虚でミステリーに満ちた旅に入るのです。その過程で、自分が崇高で完全であること、自己完結していることを発見します。この意味を誤解しないでください。カップルになることは素晴らしいことです。ソウルメイトとしての自然な性質です。

しかし、最終的に人から離れてマスターへの道を歩みます。肉体を超えることを学ぶ時に悟りの域に入ります。ここで言う「非の打ち所がない」状態に入る努力をしなければなりません。非の打ち所がないとは、魂の具体的顕現です。それはマスターするために必要な徳です。それには、依存心を捨て、神聖でいるために不要なものを捨てることが必要です。それが、あなたという存在を再起動し、再プログラムすることです。

高次元の織物は神聖幾何学であるとお話しました。欠点がないとは、魂のマインドがはっきりと幾何学状に表れた状態です。非の打ち所がなくなることがはっきりすると、人は透明感溢れ(クリスタライン)、コヒーラントな高次元の幾何学的光の中の聖なる意識を持つことができます。それは、本当の自分が誰か、何を信じるかを決めることによって、その状態で生きることによってだけ達成出来ます。自分の真実を知り、完全にその真実に重なることによって成し遂げられます。

 

Q: 結婚とかの恋愛関係は最終的な合一(融合)ではないということですか?

メタトロン 高次元では皆さんは聖なるワンネスにあります。神聖な一なる存在の一部に当たります。だから二極性の中では、その質問には、はい、とお答えします。この世界では、「その通りです!」。マスターの皆さん、高次元ではあなた方は統合した(一つになった)複数の意識なのです。

直線的な二極性の関係は目的に対する手段です。恋愛関係は、セルフ・マスタリーを成し遂げる神聖で喜びのある手段ですが、最終的に魂の旅には自分だけが主権を握るまで(主人公になる)まで成長を遂げます。自分が主人公になることが完全な自己であり他のものに何も依存する必要がない状態です。依存という考え方はマスタリーには邪魔になります。

事実、皆さんはもう一方の自分と一緒になることで主人公になります。魂のもう一方は二極性では別れました。それぞれ男性と女性です。もう一方とは、高次元に行く前に統合した聖なる自己でひとつになります。そうやって必要な融合を果たしますが、2013年に入った今、多くの人にそれが起きています。

ソウルメイトとツインフレームは同じだと考える人が多くいます。言葉は似ていますが、意味は違います。ツインフレームは同じ魂が二極性で分離した方の半分を指します。この2つの魂が肉体で出会うことは非常に稀です。ソウルメイトは、別の魂のことで、この物質次元で共に成長するために契約を交わした人たちです。同じ目的に向かって他の魂と愛を育み、愛を探求するための手段として出会います。

この関係において一見矛盾するような点は、ソウルメイトは2つの独立した魂が関係を持ち、依存しあう関係では得られない、もっと大きな喜びとバランス、成長するための神聖で素晴らしい機会にする関係であるということです。分かりますか?

この2013年の今、多くの人が実際にエーテル体のツインフレームと一つになろうとしています。そして新生地球のクリスタライン次元に入るために完全に肉体にいたまま一つに統合された神聖な存在になろうとしています。

多くの場合、このように魂が結びつくことは孤独の状態や依存しない関係の中で成し遂げられます。だから、自分本来である孤独の期間を選んだことを受け留めて頂きたいと思います。それは、魂がクリスタライン・マカナレベル(訳注:ライトボディ)のマスタリーの域に入ろうとする合図なのです。

この人生では、多くの女性が地球のバランスを取る役目を果たしてきました。何千年もの間、地球は家父長的なエネルギーに支配され過ぎバランスを失っていたのは事実ですね。

こういうわけで「ニューエイジ」に惹かれる人の大半が女性であるのです。聖なる女性性をアンカーしています。女性は「弱い性」と決めつけられ縛られてきました。そのようなものからは何も生まれません!

女性の中には独身でいる人がいますが、パートナーを見つけねばという感じに囚われている人がいます。再度言いますが、一人でいることを受け入れてください。あなたが選んだのです。あなたが選んだ道に敬意を表します。地球の理想は、女性か男性、そのどちらかでいるのではなく、両性の完璧なバランスがとれた状態ですが、まだ今の段階は、家父長的、族長的な状態にありバランスを欠いています。

女性に生まれた人を尊敬します。皆さんの強さで、バランスが育まれ、バランスが大きく育っています。オーバーソウルは男性女性を内に持っています。自己完結型です。それは、男女の愛は魂の波動の基盤ではないという意味ではありません。まさに愛は最高の波動です。それは、アセンションした魂が宇宙に生み出した振動です。また、それが、全体が愛のハーモニーになって反響し合います。

ソウルメイト同士の役割を演じてきた人が、個性を発揮して異なる喜びを持つようになる時があります。

最高の力を得た進化した魂は完全に自己充足するようになります。そうやってすべてに対して無条件の愛を放っていきます。それで十分申し分なく、そうならなければなりません。そうやって皆さんはアセンションします。魂の最後の段階は、ペアを組むことではありません。大いなるすべてに対して宇宙レベルで調和する神聖な自己の内部で行われます。分かりますか?

これが、自己を量子的クリスタラインフィールドに聖なる共振を起こすことです。分離状態は最終的な全体の再結合前に起こらなければなりません。最終的に大いなるすべてと一つになるようなアルケミー的現象が起こります。それが、あなたなのです。それが、私(I AM that I AM)です。それは皆さん全員が選んだ、運命付けられた道です。

まとめると、今、孤独の状態でいる場合、その目的を知ってください。関係を持っていればそれを素晴らしく磨き上げて、依存し合わない素晴らしい愛に育ててください。間違いなく愛が大きくなり関係はもっと適切な関係になります。依存し合わない輝く関係になります。バランスのない関係が分かったら、依存は一方通行であり、やがて失敗し壊れます。

自分が主人になる時、人間は全体の中で動いていることが分かり、パートナーの所有物や他の誰かの “連れ合い” にもなりません。それぞれの人が統合した一つの自己になりながら、しっかりしたエネルギーの関係の流れになりますが、そういう意味で今あまりそのような例は見られません。

何か変化が起きて関係が終わるとしても、事前に自由に選択して関係を変えるポイントがいくつかあります。自立した個人は、適当に妥協せずにベストな状態、ベストなことをシェアします。その人たちは、新しい考え方で見込みを付け選択できるようにします。しかし、やり方を修正したり、振り返る時もあるでしょう。

そうやって、自分というものをもっと知ることができます。それによって障害になっているものを予め回避し、上手く行かなくなった結婚生活のあり方を縮小し、離婚や訴訟を回避します。生涯にわたって関係を続けるカップルもいるでしょうし、そうでないカップルもいるでしょう。しかし、自立のモデルは、選択と相互の同意に基づいて共にサポートし合うことです。そのように自立した関係は喜びになり、一方が主導的になったり、考えや価値観を押し付けたりすることはなく、相手を支配することもなくなります。

今、全体として人類は本当に自分の魂、神聖な自己を知りません。神聖な自己は、集合意識によって不運にも個人のエゴに縛られています。地球は今、かつてないほど光の割合が高い状態になり目覚めています。

新しい宗教は個性的でなければならず、自分というものが神聖な自己の本質なのだということを知らなければなりません。

今、地球の宗教はこの問題に対して何も答えません。宇宙のETについても多次元についても何も宗教は認めません。

大宗教は地球の人間の本当の歴史を正確に伝えることができません。だから、地球に本当の宗教はないのです。ほとんどが既存の枠の中で売買の対象になっています。皆さんは神の道を知りたい、神に通じる道を進める道を歩きたいと思いますが、どの宗教も何もしません。それぞれの宗教はドグマがあります。職階制度を持ち恐怖を押し付けて操ろうとし、狂信家になるように煽ります。

今、地球ではかつてないほど情熱をかけて神を探そうとしています。その事自体に光をもたらす可能性が潜んでいます。多分、宗教界の中には本当の教師、学者は極々わずかでしょう。本当の教師ではありません。他のものは、形而上学とか、 “ニューエイジ” を標榜しても山師です

誠心誠意でなければ本当のスピリットには繋がれません。人間でいると、負けて道を外れ、裏と表が違ってきます。アセンションの道は、自分のハイヤーセルフのレベルに上がることです。内面を見つめ、ハートの中にある神聖さを見出すことです。グルや福音伝道者、チャネラー、スピリチュアルなリーダーなどに盲目的に従うことではなく、「自己」に従うことです。

真実を見分けて心に響くものを受け入れてください、皆さん。他のものに自分の力を明け渡さないでください。皆、それぞれ自分のハイヤーセルフをチャネリングできるし、そうしなければなりません。研究し、体験し、耳を傾け、真実を見極め、振り返り、心に響くものを受け入れてください。マスターの皆さん、神聖なるものに至る方法は自分が自立し、主人公になることです。アセンションでは、ハイヤーセルフに繋がる方法は、自分を知り、神の性質を探していくことです。皆さんの魂の中にはその願いが埋め込まれています。研究し、求め、やってください! 無気力ややる気のない態度でいては進歩する望みもありません。努力が二極性を超えて上昇する必須条件です。常にそうでした。

皆さんは、知らないことを知るためにここにいるのです! そのことに取り組んでください! 二極性の世界の光の戦士になってください。本当の戦いは自分をマスターする中にあるのです。その道は簡単ではありませんが、マスターするには、前に進むエネルギーが必要です。そして、皆さんがアセンションするその上にも更に別のレベルがあります。意識は永遠に拡大し続けています。静止した状態に落ち着こうとしません。ハイヤーセルフは共同墓地に「平和のうちに眠る」という碑文を見て面白がっています。喜びは、ダイナミックな状態にあるのです!

あなた自身の道を発見してください。自分に気づいてください。あなた自身を愛してください。お互いに愛しあってください。あなたとお互いの中にある神聖なものを愛してください! 魂の多次元的な性質を知ってください。それが、孤独の崇高なところです。道は険しく寂しい時がありますが、それが二極性を超えるためにチャレンジする経験です。あなたは完全で足りないところは何もないのです。マスターの皆さん、高次元ではあなたは一つになった完全で豊かな至福という聖なるところにいるのです。

私たちは皆さんとずっと一緒にいます。無条件の愛をお送りします。どうか、お互いに愛の心で、尊敬の念を持って育みあってください。皆さんを尊敬しています!

私はメタトロン、ロード・オブ・ライトです。以上の真実をお話しました! あなた方は愛されています。

そして、その通りです。

…And so it is.

The above channel is copyrighted © James Tyberonn All Rights Reserved http://www.Earth-Keeper.com

The 3d copyrights of this Metatron message via James Tyberonn are the exclusive copyrights of Earth-Keeper publishing. We offer this message in love. It may be shared online with expressed permission from EK Admin, as long as you do not charge for it, do not alter , abridge or edit it any way, credit the website & 3d author receivor and include this entire copyright notice . It may not be posted on U-Tube or printed in books or magazines without expressed written permission from Earth-Keeper Admin. For authorization contact Anne at Tyberonn@hotmail.com

翻訳 ライトワーカー・マイク

http://lightworkermike.wordpress.com/2013/04/08/footprintsonthesandbymetatron/

 

 

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here