Screen Shot 2016-08-10 at 17.45.20

宇宙評議会のジャイコムメイヤス/近い将来地球に起きる事象 2016年8月9日
チャネラー: ちのたき

私は、宇宙評議会のジャイコムメイヤスです。地球に転生しておられるライトワーカー皆さん、私にとって、ここでこのように皆さんとお話ができることを無上の喜びとするものです。

宇宙評議会は、この宇宙、およびその他の全ての宇宙に起きる事象を見守り、管理している評議会です。

今、地球は次元上昇の只中にあります。2016年7月27日には、地球は3次元の波動から脱して5次元の波動で振動するようになりました。これによって、皆さんの中で波動上昇、次元上昇の備えができた人達は、地球の5次元波動に同調して振動しています。そうではない人達については、地球の5次元波動には同調せず、従来通り3次元の波動に同調しているので、周囲の雰囲気に違和感と混乱を感じているものと思われます。この非同調の期間は長くはなく、3次元にとどまる選択をされた人達は、いずれ遠くない将来に、地球以外の3次元の惑星に移住することになりますので、違和感、混乱も、それまでのことになるでしょう。

しかし、近い将来、以下のような、地球に関する災厄的な事象が起きる可能性が高いので、皆さんには、あらかじめそれらについてお知らせをし、注意を喚起したいと思います。

1  地軸の揺らぎ
2016年8月19、20日の二日間で、天体同士の引力の影響により、10分間に0.1度の角度の大きさと速度の地軸の揺らぎが合計20回程起きるでしょう。この事象は一回だけではなく、10月半ばまでの間、何回か起きるでしょう。

0.1度は、地表の距離11Kmに相当します。この揺れが10分間で起きるのですが、最高速度は時速66Kmに相当するので、遅くはありません。特にこの速度にまで達する加速度が問題です。人が倒れたりするような急激な加速ではありませんが、建設中の構造物に被害が及ぶような事故が起きる可能性があります。人や動物がパニック状態になることも考えねばなりません。

2  地球の直径の拡大
12月末以降、地球の直径の拡大が進み始め、地表には大きい割れ目が生じ、火山活動が活発化し、大きい地震が発生する可能性があります。

来年4月以降8月末までの間の4ヶ月間で、地球の直径は12%拡大するでしょう。大亀裂、それに伴う大地震、大津波が発生するでしょう。地表の割れ目に海水が流れ込み、大海峡が構成されることでしょう。各大陸には数本ずつの大亀裂が形成され、それぞれに海水が流れ込むので、大陸は、細かく分割されることになるでしょう。道路、鉄道は分断されることになるでしょう。

Earth events anticipated to occur in the very near future
Jaicommeias/Council of the Universe
9 August, 2016
Chaneller:Taki Chino

I am Jaicommeiyas from the Council of the Universe which watches and controls of the events in all of the Universes. It is great pleasure for me to talk with you, lightworkers incarnated on the Earth.

The Earth is now just in the process of Ascension. From July 27, 2016, the Earth has been vibrating at the 5 th dimensional frequency exiting from the 3 rd dimensional vibration. This new vibration frequency is higher than the old one and those who still vibrate at the old frequency must be feeling discomfort. The period of this discomfort cannot be too long and these people will shift from the existing Earth to another 3 rd dimensional planet in the not far future.

However, you are requested to take note that the below following troublesome events might be caused in the very near future.

1  Wobbling of the Earth axis
During two days, August 19 and 20, 2016, wobbling of the Earth axis caused by the drawing forces among planets. The frequency of the wobbling will amount up to 20 times within two days. The magnitude of the wobbling will be 0.1degree within 10minutes. These events will happen not only once but several times until the end of October 2016.

0.1degree corresponds to 11Km on the Earth surface. This wobbling will be caused within 10 minutes. This means that the maximum additional surface speed reaches to 66Km/hour and not very slow. Particularly acceleration might be problematic. It would not be too dangerous and people would be able to keep balanced . The buildings during construction must be taken care not resulting in corruption. Human and animals could fall into panic.

2 Earth diameter expansion
After December 2016, expansion of the Earth diameter will proceed and large cracks will be formed on the Earth surface, with increasing volcanic activities and earthquakes.

During four months between April and August 2017, the diameter of the Earth will expand by as much as 12%. As a result, very big cracks will be formed on the Earth surface with accompanying big earthquakes and serious Tsunamis. Sea water will flow into these cracks dividing the continents into several lands. Roads and rails will be separated.

LEAVE A REPLY