次元上昇について  2017年12月24日

24次元における宇宙年齢50億歳のソウルの集合より

2017年12月28日の15時になると、地球は宇宙の中心部の特殊な領域に突入します。
この領域には、多くの反クォーク粒子が満ちていて、これらの反粒子が次元上昇用のDNAを活性化します。
次元上昇のDNAの活性化によって、人間の肉体は、3次元のそれから、各ソウルの波動レベルによって定まるより高い次元のそれへと変容すると同時に、存在の場所もより高い次元の惑星上へと変化します。
従って、3次元の地球上には、当該ソウルの肉体の存在の痕跡としての遺骨は残りません。その代わりに新たな肉体がより高い次元の惑星上に忽然として現れることになります。
より高い次元の惑星上の新たな肉体は、かつて次元降下前にそこに存在していたソウルと肉体の継続であり、当該ソウルは、昔からの生物、物理的な事象に関する記憶を継承するとともに、それまで次元降下をしていた、という意識を持つことになりますが、次元降下中の事象に関する記憶は失われます。

Ascension
24 December, 2017
A message from Soul Group with Cosmic Age of  5 Billion on the 24 th dimension

At 15 O’clock of 28 th of December, 2017, the earth will go into a special cosmic region where big amount of anti-quark particles are filled up. These anti-quark particles will activate DNAs for the Ascension.
Due to the activation of the DNAs for the Ascension, human body will transform from the three dimensional one into the higher dimensional one which is stipulated by the frequency level of the soul. At the same time the place of the existence will change from the three dimensional Earth to the higher dimensional planet which corresponds to the frequency level of the soul.
Accordingly, no vestigium of the soul will be found on the three dimensional Earth.  Instead, a new body will be formed on that higher dimensional planet.
That new body on the higher dimensional planet is the continuation of the former one on that planet before Descension. The soul will possess memories with regard to the biological and physical events from the initiation of the soul except for concrete memories about the events on the Earth.

Taki

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here