母/父なる神・・・2013年3月30日 内にある闇の実体の打倒 136号
http://www.whoneedslight.org/index.html?entry=part-135-defeating-dark-entities
Part 135, Defeating Dark Entities Within
by Kathryn E. May, PsyD on 03/30/13

親愛なる皆さん、こんにちは、私たちはあなた方の惑星の進歩についての最新のニュースをお伝えできることに喜びを感じます。私たちの観点は、あなた方からの観点とは大幅に異なる事に気が付いています。地上では、あなた方はあらゆる場所で闇と戦っています。あなた方が振動のレベルを着実に上昇させている時、闇の勢力は凶悪なエネルギーで抵抗を示しています。あなた方は勇気を持って、前進を続け、あなた方が選んだ仕事をし、いかに困難でも、他者の暮らしに光をもたらしました。

いくらかの人たちは多くの面から攻撃を受けましたが、あなた方の愛する惑星に対する闇の勢力への勝利宣言が近づくにつれて、その攻撃は減少しています。あなた方の魂の兄弟、姉妹たちをより良い将来へと導くために闇の者たちの道筋に立ちはだかることは、ガイアの上の人間と言う種族の光への遷移のための戦いにおけるライトワーカーとしての運命でした。あなた方はバランスを崩し、人間の形をした私たちの天使たちは、希望が失われたと思われる時にさえあなた方を支えるためにマスターやガイドたちの助けを借りて、倦むことなく働きました。

私たちの親愛なるジーサズ・サナダはあなた方のためにそこにいて、ハートを癒し、疲れたライトワーカーのマインドを楽にし、あなた方が地球の最も難しい隅へと光を持ち込んだ時にはお互いに連絡が取り合えるように助け、虐待者たちの魔の手から子供たちを救い、医療が欠落している場所で病気を治し、読み書きや、退行的宗教の鞭からの独立を教えました。同時に、闇の者たちは絶望し、不合理になり、力にしがみつくために半狂乱になりましたが、悪のプログラム、抑圧的行動、人間の価値を無視する行動の推進のためにますます自分たちのおろかさを見せるようになりました。

ある人たちは、次元上昇をしたマスターや天使たちと協力して、直接闇の者たちの打倒法を学ぶようになりました。親愛なる皆さん、闇の者たちに侵略された者の体の内側の隠れ場所から闇の者たちを追い出すことは可能なことです。彼らは地上で双極性の乱れとして現れる場所、あるいは、不合理な誤まった行動から苦しみを受けている多くの人たちの内側に安全な避難場所を見つけていました。この難儀は、現代の世界では、罪の無いホストの刑事訴追、精神病治療勢力による大量の投薬事件として処理されています。”科学的”な様相を呈する努力の中で、あなた方は闇の実体が罪の無いホストの体を乗っ取るという現実を否定してきたのです。このような現象は、目標とされた人が感情的なトラウマ、ドラッグの濫用、あるいは絶望という脆弱な状態にある時に最も起こりやすいのです。

侵略してくる闇の実体は、通常は、堕落した天使の魂であり、あなた方の文化が”憑依”と言うアイディアを受け入れなくなっているので、見つけられることがありません。あなた方はこのような人たちを黒魔術についての古い迷信に治療を任せてしまいました。この救済のプロセスは魔術ではなく、非常に実際的なのです。このチャネラーである、キャサリンを含むいくらかの人たちは、ホストを開放し、最終的にマインドの平和と幸福を取り戻させるためにこのような実体を追放する方法を教えられています。このプロセスは難しいものではなく、過激なドラマのようなものでもなく、呪文を唱えるようなものでもなく、あるいはそのほかの異常な方法を取らなくても実施できるものです。

私たちはこのチャネラーに協力してもらい、彼女が実行している簡単な処方を作ろうとしていますが、これにういては、他の人たちもヒーリングプロセスの中で発見したことでもあります。私たちは、これが人の内部に憑依した闇の者たちの打倒が可能であるばかりでなく、すばやく、永久に、闇の者たちを私たちのところに戻し、光の者として歓迎出来ることを保証します。彼らの内のある者については、このようなカルマ的事象と、その治療、及び変化を始めて経験するのです。彼らは高次元の愛と光を経験することなく、悪の力に捕らわれているのです。光へと戻ってくる全てのソウルについては、あなた方が言う、救済が行われますが、このプロセスにおいて、悲惨な事態に陥り、誤まって導かれた罪の無い犠牲者も又救済されるのです。

あなた方の理解からかけ離れたこれらの手順の真実を説明しましょう。彼らの肉体の死の後の、転生による光への回帰が絶望的だと思われた時に、この生涯において、ソースへの回帰の前に、自分の肉体を、破壊的で、殺人的な多くの行動を取る可能性のある闇の者たちに完全に乗っ取られるかも知れない、他者へのサービスをすることを知っているホストの肉体を乗っ取ることは、闇の者たちにとってはごく普通のことなのです。このような英雄的なホストは、ライトワーカーの忍び姿なのです。彼らは非常にしばしば心理的な病を得ているように見られ、あるいは闇の実体が降下して、犯罪者として狂気に陥っているように見られます。彼らは実際は、別の人格、あなた方の肉体の中の別のソウルの力によって、残りの人たちの暮らしの苦悩を救済する者なのです。今はこのような者の救済の時であり、あなた方一人一人を長い間の苦悩の犠牲から開放する時です。これはこれらの勇気あるソウルたちが人間への奉仕の形での重荷を担う契約の一部だったのです。

他の人たちを犠牲にしてまで闇の者たちを解放しないことを保証しながら、闇の実体を安全に排除するプロセスは、ホストの許しを得、闇の実体に打ち勝ち、最終的には、彼らを光へと戻す力を持つ、ジーザスとそのヒーラーチームとの共同作業によって行われます。これは共同作業であり、常に、一人又はそれ以上の転生したライトワーカーの協力を得ながら、ホストの役割を見定め、ホストのソウルにこのプロセスに対しての準備をさせ、必要になるヒーリングプロセスについて教育を受けさせることによって行われます。これによって、安全な避難場所を求めている闇の実体の再来を防止します。ホストにとって最も大切なことは、ホストを苦しめる者の排除が永遠のものであり、交渉の余地がないものであるとの理解です。捕らえられた闇の実体が、苦悩を引き起こすために元に戻ることは許されませんが、犠牲者は自分自身を取り返すことを学ばなければならず、文字通り自分の肉体の所有権、自己に対する命令権を再確立しなければなりません。

ホストが闇の実体に憑依されたときの症状は、次の通りです。彼らは普通は非友好的、又は破壊的な行動が、”自分ではない”と感じますが、自分を変えたり、制御できないことに苛立ちを感じます。精神病用の薬剤は苦悩を少しは和らげますが、この人を野菜のようにし勝ちであり、闇の実体の追放にはいたりませんし、実際には闇の実体との戦いの能力を削ぎます。これが闇の実体の、ライトワーカーを乗っ取り、よい仕事をさせないようにするテクニックです。第二の症状は、ある個人の人格的特性が極度に振れることであり、優しく、寛容で、親切であり、愛すべき人格から、悪意のある人格まで、その中間の無い振れを示します。ホストが自分自身のソウルの強さによって闇の者に対する支配権を得た時には、ホストは如何に申し訳なく思い、自分の行動に如何に心が痛むかと言い、自分の行為を制御する力が無かったかと言うでしょう。これは本当ですが、友人や親戚の者にとっては、依然として闇の者を内に宿したままでいる事が如何に危険なことであるかを理解することが大切です。

ある場合には、地球に転生して来た、このチャネラーの著書の中に見られる、いわゆる暴力的傾向を持つ精神病質者や社会病質者である闇の実体と、闇の実体に乗っ取られ、闇のエネルギーと共に暮らしている光のソウルとの間の差を見分ける専門的な鑑識眼も必要になります。あなた方には、苦しんでいる、あなた方の愛する者、友人、及び知人の目を覗き込めるような知識を増すためにこのチャネラーが書いた本を読み、これらの助けを行う人たち、あるいはこれらの深い意味を持ち、命を助ける行為を出来るようになる訓練を受ける人である、ライトワーカーの戦士になるよう要請します。

カルトのような魔術的な儀式、又はわめき、失神し、奇妙な身なりをした参加者の大きな集まりのようなイメージを抱かないようにしてください。このようなことは不要であり、勧められません。これは誇示やドラマではなく、エゴを抑え、他者に奉仕することができる人に対する深い信頼によってのみ可能なプロセスなのです。これは、上述の判別が必要であるための訓練を必要とするので、心理学者、診療ソーシャルワーカー、及びそのほかの高度なスキルを持つ心理療法者のみにできるヒーリングワークのプロセスなのです。しかし、信頼できる判定のスキルは、学問的な訓練に基づくものではなく、共感とハートを中心とする観察の意思、そして何よりも、自我を捨てた他者への奉仕の精神が必要なのです。

このことに留意して、私たちはこのチャネラー、キャスリンの仕事にもう一つの任務を加えるように要請します。これは国中に出張して、ワークショップを開催し、多くの人が効果的なヒーラーになれるように、又、自分たちの家族や友人のヒーリングができるようになるように、闇の者の憑依から新たに開放された犠牲者に対する強力なヒーリングテクニックであり、回復用のツールである、ビジュアルセンタリングと、闇の実体の追放プロセスの実験的な訓練を実施することです。

私たちは世界中の必要と思われる地域で、キャサリンと共に行うワークショップ開催スケジュールを
作り、キャサリンはあなた方と共にこれらのイベントを行います。どうか、キャサリンが過去において喜んで行ったようには、あなた方の長々しい個人的なアドバイスのや感情的支援の要求には応えられないことを理解してください。キャサリンを自由にするために、個人的なメールへの応答を減らす必要があります。キャサリンと共に学びのプロセスに参加し、私たちのラジオショーを聞き、ワークショップと会議の開催を支援してください。このプロセスの中であなた方の質問に応えるので、ニーズは満たされるでしょう。特別な質問をする前に、どうかこの文章をお読みください。

私たちはあなた方がする全ての事を注視していますので、あなた方の夢に注意してください。又、目覚めている時にはハートとマインドを開いていれば、私たちの光の道の歩みに参加できるでしょう。

母/父なる神より。

翻訳 Taki 

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here