母/父なる神・・・2013年4月13日 142号 ルシファーはいなくなり、光は永遠である
http://www.whoneedslight.org/index.html?entry=part-142-lucifer-is-gone
Part 142, LUCIFER IS GONE – LONG LIVE THE LIGHT!
by Kathryn E. May, PsyD on 04/13/13

まず始めに、ちょうど昨日、ガイアの上に起きた、ガイア全体を変化させる大きいイベントについてお知らせしたいと思います。私たちが知らせなければ、あなた方はその効果を感じはしても、直接にはそれに気がつくことは無かったでしょう。あなた方は今から、分からない、というに違いありませんから、不思議に思い、信じられずに頭をかく用意をして下さい。

スピリチュアルな光の教えを学び、知るに至った人たちはしばしば、闇の側を覗き込まないようにするのが最善だという意見をもっていますが、この惑星上の恐ろしい病気を治すものとして、光に集中し続けてください。これは助けになり、光を保つのには大切なことですが、同時に、直接闇を打ち負かす意図を持って、闇に恐れずに近づく人がいるに違いありません。このような出来事が起きたのです。

今日この情報を明らかにするということを前もって知らなかった、このチャネラーのキャスリンは、闇の実体を排除するように彼女に頼んだことを実行することによって、この闇の実体がもはや惑星上の人間を悩ますことがなくなる、大きな変化を起こす者の一部になりました。

まずは、あなた方があまり良く知らない小さい歴史についてお話をします。アトランティスが発電機を武器として用い、ガイアに大きな障害を与えたので、ガイアに、傷を癒し、人間の子供たちの母親としてのサービスに戻るために大きな努力を必要にさせました。爆発、火災、雷発生の時点で、全地球はその核まで揺さぶられましたが、銀河の勢力からの熱心な救助によって、回転する惑星としての状態をかろうじて維持しました。

ガイアが最も脆弱な時に、多くの人が知っている、レプティリアンとグレイの侵略が行われました。彼らはガイアの体の傷の間に隠れ、ガイアの回復と共に人口を増し始めた人間に宿りました。それでも多くの人間がより偉大なソウルと私たちとの深いつながりのために闇の勢力に対する免疫を持って何とか生き残り、繁栄しました。人間は、闇の勢力の大きい危険にさらされる三次元プレーンにあえて踏み込んだ人間の保護者として奉仕することに喜びを覚える天使の軍団に要請し、保護を受けました。

人口の増加につれて、悪は力であり、神に背を向けることが知と独立の行動であると多くの者を信じさせた闇の勢力の力も増しました。彼らは科学、経済、政治、及び宗教を、策略に奔走する欲しがりやたちを分割し、征服するために、冷徹な強欲、戦争の挑発、人種間の憎悪を政策の背景に利用しました。

彼らは又、人の脆弱性を利用して体内に入り込み、体内の第二の意見勢力として、文字通り住処を奪い取りました。この人たちは反対の、葛藤的な感情表現をするに至りました。すなわち、悪意ある怒りと純粋の親切、嫉妬の怒りと暖かい受容、貪欲と寛容など、同じ人の中に驚くべく相反する表現が混在するのです。これらは闇の実体に乗っ取られた症状です。人の中には、悪意ある、制御不能な振れに犯されている者がいます。

中には、大きい犠牲を払った人たちがいます。この人たちはこの生涯を闇のエネルギーの宿主として闇のエネルギーを制御して損害を最小のものにすることによって他者を保護するために転生してきています。今はこの人たちがついにその恐ろしい負荷から解放されて前面に躍り出す時です。この人たちは、あなた方の次元上昇の開始ができるように、全ての人の振動を上昇させるのに十分なだけ、闇の者たちを制御し続けるのに成功しました。この人たちは光を保持した人たちと同様にあらゆる点で英雄的です。お分かりのように、これが全宇宙であなた方が賞賛される理由なのです。多くの人たちは厄介、失礼、敵対的なのは、実際は、自分たちのために重荷を背負うことだと見ているのです。

さて、話を元に戻しましょう。ガイアの多くの人たちに、特に近年影響力を持つと主張する闇の実体は、この惑星上の恐怖のレベルに影響を与え、闇の勢力の絶対的な力と危険性を信じさせるように働きかけました。あなた方は全ての者の中で最も強力な悪魔、ルシファー、堕天使についての話をいつも続けて聞かされるようになりました。人々が、彼らの恐ろしく強力な影響について考え、信じるようになればなるほど、彼らの力も増大しました。ルシファーは人間が作り出した概念です。彼は私たちが創造した者の子供ではありません。

私たちが闇と光、上と下、左と右の、三次元のマインドの理解に基づく二元性の感覚の世界を創造したのは事実ですが、あなた方自身の思考形態、あなた方自身、地球上のあらゆる世界の存在としての堕天使を直接考え出してはいません。そのほかの幻想上の実体についてあなた方が語り始めると、この実体の性格が考え出され、時には、あなた方の忠誠心や恐れが付け加えられ、この実体は他のものと同じように形を成してきました。そこでルシファーが誕生し、大きく成長しました。

地球の時間で約30年前に、私たち、母/父なる神は、あなた方自身が作り出した結果からあなた方を保護するためにルシファーを捕らえ拘留しようとして介入しました。あなた方が如何に強力であるか、自分で作り出した闇があなた方の周辺に如何にはびこっているかを、自分では知らなかったことは分かります。その時に、ライオンの知性と勇気を持つ母なる神であるセクメは、ルシファーと戦い、そのリーダーシップの下で、強力な闇の勢力の妨害なしに最終的に次元上昇を起こさせるために、地上に人間の形で転生しました。

そこで、創造主である神であることをおぼろげにしか知らなかった若い女性は、ルシファーと呼ばれる者と生死をかけた戦いに入りました。あなた方が次元上昇の時として定めた冬至の時点で始まったこの闘争の間、セクメは闇の者たちを自分の体に入らせました。実際は、彼女はルシファーを捉え、拘留するために彼らをわなにかけたのです。それからほぼ4ヶ月、ガイアと人間の住民たちが、気づかないままビジネスを続けている間に、セクメはルシファーの力を封じていました。

この期間、この若い女性は、引っ掻かれ、打撲され、ある時には自らの手で太陽叢を開き、医療処置を受けるまで長い一夜を、傷口を開いたまま過ごし、その後、傷を治すための処置を受けました。彼女はその後、心療病院に移され、薬剤治療を受け、戦い続けました。

先週、この勇敢な若い女性は、闇の実態についてのメッセージを読み、キャサリン博士に手紙を送り、博士は直ちに彼女との面会を手配しました。昨日、彼らは半日を費やして闇の実体を排除し、その後催眠セッションを行った結果、彼女の養名であるシラは、記憶を取り戻し、母、アイシス、ラーのパートナーとしての長い過去について語りました。彼女は自分の経験を書き下ろしたので、特別なメッセージとしてそれをあなた方にやがては公開するでしょう。

したがって、あなた方は解放されました、親愛なる皆さん。大天使ミカエル、サナダ、サン・ジャルマン、大天使ガブリエル、及び多くのそのほかの者たちが見守っています。アルクトゥルス人にはルシファーを捕らえて光にさらす任務が与えられました。集められた闇のエッセンスは、吸収され、分散されます。ガブリエルはトランペットを地球全体に鳴らし、栄えあるイベントを告知し、天の軍団は歓喜の涙を流しえ喜び合いました。

残るわずかな闇の実体は、信じられず、完全な混乱に陥っています。彼らは悪は力であり、ルシファーは神に勝つ、という嘘を信じ込んでいましたしが、今は、最後の戦いで、強力な女性性の光のエネルギーが勝利を収め、反キリストを破壊しました。彼らには今は、光に吸収されるというより魅力的な選択肢が残されていますが、この最後の敗北の結果として、多くの者がこれを採ろうとしています。

今、闇の将軍、主任建築技師が排除されたので、あなた方全てには、悪魔はもういない、と言うメッセージを広げて欲しいと思います。悪魔を再生させないようにし、ルシファーであった悪夢の中に命を吹き込まないようにしてください。あなた方は、今学んだように、観察されており、おそらくは分かっていないでしょうが、支援を受けているのです。

あなた方の周辺の空気の軽さと自由を喜んでください。私たちが飛び上がって喜ぶのに加わり、お互いにハグし合ってください。今は真に新しい時代であり、惑星地球上に生命と光が昇るドラマの幕開けの時です。私たちは、これから先の次元上昇の加速を期待しています。

全ての人に光をもたらす作業を続けてください。闇の実体の排除作業に従事している人たちは仕事が今までよりも速く進むと感じるでしょう。ヒーラーの皆さん、あなた方の間で私たちとのつながりを拒んでいる欲しがりやたちの再訓練と回復支援の用意をして下さい。古いあり方が消失してゆくので、真の道である親切、共感、真実、正義、平等、及び愛という単純なレッスンを教える用意をして下さい。

親愛なる皆さん、私たちはあなた方を言葉に尽くせないほど愛しています。
私たちは、母/父なる神、私である者です。

翻訳 Taki 

LEAVE A REPLY