母/父なる神・・・2013年6月17日 ”私は存在である”、との共存
http://www.whoneedslight.org/index.html?entry=part-170-living-your-i
Part 170, Living Your I AM Presence, Together
by Kathryn E. May, PsyD on 06/17/13

親愛なる皆さん、最近、物事は急速に動いていて、息をつく暇もないほどです。今はわくわくする時ですよね!?全てのポジティブな変化があっても、私たちの愛のエネルギーがこれまでの感情的な設定や暮らしの哲学を揺るがしているので、多分ある人たちは不安定になってきていることが分かるでしょう。あまり頑強でもなく、支配力もない者たちにとってはこれは大きな問題であり得ます。彼らは、何かが壊れるまで、古いやり方にしがみついて戦おうとしています。彼らは、戦うのを止め、新しい振動を楽に感じ、あるいは、不快の原因を他者のせいにして逃げ出すか、です。この場合には、壊れるのは、彼らの関係であるかも知れません。いずれにしても、彼らは水平線が広がっているのに気がつきますが、全ての人には、新しく、全く異なる暮らし方への機会が与えられています。

この変化にあなた方はどのように対処するのでしょうか。あなた方は疲労を感じ、あまりにもエネルギーが高いので、夜眠りにつくのが難しいですか?友人や、近所の人たちと今まで感じたことがない恋に陥る自分がいる事に気がつく、というようなことはありませんか?野生動物さえもがそばに寄ってきて、あなたと知り合いになりたいといってくるような経験はありますか?あなた方は、このような動物を暖かく、恐れ無しに迎え入れますか?そうであれば、あなた方は自分と全ての生けるものとのつながりを確認したことになり、母なる自然はあなた方に微笑みかけるでしょう。

ハートを開く時には、全ての世界はあなた方の暖かさを感じ、あなた方に会おうとしてビームを照射するでしょう。このアトラクションの重要性を小さく見ないようにしてください。それは、”私は存在である”者としてのあなた方を通して光が照射される時に感じられる、私たちの愛の存在のますます大きくなりつつある証拠です。愛の流れが頭頂のチャクラから、頭脳の中を貫通して、第三の目の中心を通り、喉のチャクラを経由して、ハートの中心に届くのを感じてください。頭脳の中心とハートの中心の間の強力な繋がりが感じられるように、ハートの中心に愛の流れを定着させてください。それから、愛の流れを下部のチャクラを経由して地球の中に浸透させてください。母なる地球はあなた方の愛のエネルギーを感じ、反応するでしょう。

あなた方が一度”私は存在である”のエネルギーをマインドとハートの中に定着させると、あなた方の暮らしは、非常に異なる形になるでしょう。一日をだめにしていた困り事は取るに足らぬことになり、ほとんど気がつきもしなくなるでしょう。あなた方を気も狂わんばかりにさせていたことは極端な場合にのみ少し面白い程度のものになるでしょう。あなた方はもはやそれまでは欲しくてたまらなかった物質に依存しなくなり、実際、今までは副次的なこととして考えも及ばなかった、創造的なことや社会的交流に専念したくなるかも知れません。あなた方は新車や高価な玩具について話をしている人たちの話を聞くと、嫌悪感さえ感じるようになるかもしれません。

何年もかけて築いてきた、あれほど欲しがっていた、ビジネス、キャリア、銀行口座など、成功のしるしとしだと思っていたものを手放し、より簡素な生き方を始たとしても不思議はありません。それは熱狂に対する愛への普通の対応なのです。あなた方は愛のエネルギーに犯されたと言うかも知れませんし、あなた方が計画していたあらゆることを全て駆逐した後で、後のものとして取っておく真の深い満足の経験に少しくすぐられているのかもしれません。

期待していたことが何も実現しなかったとしたらどうでしょう?ある朝ドアから外に出て、世界全体があなた方に微笑みかけ、あなた方のすることはまさに完璧で、必要な物が全て入手でき、あなた方に対抗するものは見当たらないとしたらどうでしょう?これが新しい時代なのであり、あなた方はまさに今年、この時代に生まれたと感じることでしょう。これは貧困の終焉や欲望の終焉です。新しい時代は、物質の所有に対する無限の欲望が愛の不足の為の誤まった満足であったために、もはやそれを作り出しません。

目前のニーズがないとしたら人々は何をするのでしょうか?もちろん、人々がもしも、周囲の真の変化に備えていなかったとしたら、古い時代からのシステムに根ざしたままの信念や感情に基づいて、自分の為の新しい暮らしを築くでしょう。あなた方は、他のすべての人たちが、風化した者のように、古い構造を、もっと古い構造に置き換えるようにしている時に、道を示す先駆者であり、指導者なのです。あなた方の才能や訓練が貴重なものになるでしょう。自分には不適切だと思っていた教育さえもが、うまく役に立つようになるでしょう。

あなた方一人一人は、成長に際して批判されて、気づくことさえ控えていた特別な才能を持っています。あなた方はそれを自覚せずに、これらの才能の価値を増すための情報やスキルを集めていました。差として明らかなことは、より多くのお金を稼ぐためのスキルは価値を失い、古いシステムの中では見過ごされていたことに大きい価値があることです。例えば、チョーク一本の使い方を知っているからという意味ではなく、良い教師には大きな価値があります。ギリシャの黄金時代を思い出してください。町の中を放浪しながら、人々に難しいパズルを示したり、モラルについての質問を出したりするソクラテスに教えてもらうほうが、貧乏ゆすりをしながら、退屈な大学の200人用大教室の中で講義を聞くよりも良いのではないでしょうか?

自分を深く観察してください。どのくらい多くの、実際には逃避的な行動として行っていたことに気がつきますか。これらの事はある日、あるいは年に、やりたくないことをすることから逃れるために役に立ちました。例えばテレビを見るのは、本当にはリラックス出来る事ではなく、暗示をかけられるためのものです。床掃除よりは良いかもしれませんが、魂を育てられるものではありません。同じことは行き付けの場所と言う類の分類に合う娯楽についても同じです。それにはマインドを変性させることが含まれていて、病気の症状であり、暮らしに対する不満の表れですが、その維持には、おそらく防衛的になっていることでしょう。もちろんあなた方がそれに当てはまります。それは悲惨な時を逃れるのに少しは役に立つでしょう。息苦しくなく、正しく重んじられていると感じられれば、このような活動は何も必要がなくなるでしょう。

子供の時には、何をしたかったのでしょうか?小川の中で遊んだり、部屋の中でクレヨンで絵を描いたり、自分で豆を育てたりしたことの価値を低く見てはいけません。自分から始めたあらゆることは、内側からもたらされた動機に基づくものであり、現在の文化によって趣味としての位置に貶められている人間の素晴らしい特色なのです。新しい時代に盛んになる機会があることは、この内側からのエネルギーによるものなのです。

あなた方が変化に圧倒されたり、完全に方向を見失ったりしないように、私たちは、あなた方に考え、期待するイメージやアイディアを与えているのです。自分の創造の中で変化とともに流れることを学んでください。そうすれば、あなた方は現実にそれを実行できるでしょう。この素晴らしい変化に対して、私たちは、少しずつ、何年もかけて一緒に準備をしてきました。過去5年間を振り返ってみてください。そうすればあなた方はいかに進化したかがわかるでしょう。一つの変化といえども、明らかなものはないかもしれませんが、学習の累積は、暮らしを変えるほどの影響をもたらしたのではないでしょうか?10年前には、母/父なる神からのチャネリングメッセーには、今程興味を示さなかったのではないでしょうか?どの位の数の人が、”有難う!でもまだ十分ではありませんが!”と言ってくれるでしょうか?

真実に対するあなた方の餓えにはうれしいものがあります。独断専横的な宗教から離れましたが、多くの人が私たちとの真の繋がりを欲している、魂を満足させるもの無しでは、舵が切れないと感じています。誰か神の言葉を解釈して伝えてくれる媒介者を必要としていると、あなた方は教えられてきたのです。あなた方一人一人は、自分の中に私たちの存在を感じ、直感を聞いて、それに従う能力、この愛すべきチャネラーが持っているように、私たちの声を聞く能力さえ持っているのです。

いつも変わらない愛と光の状態として、私たちとのつながりを得る必要があることを私たちは教えています。これは、このメッセージの初めであなた方に与えた訓練です。これがあなた方の全体システムを貫通して流れる垂直光線です。頭脳の中心(光のチャネル)に届くように教えるセンタリングエクササイズをあなた方の標準手順としてそれに加えてください。そうすれば、あなた方の愛とサービスの暮らしに対する備えは万全になります。

わかりますか、愛、光、及び奉仕は、分かちがたいものです。それが私たちがしていることであり、あなた方が日々実践する時に、自分の中に見出すことです。愛をもって私たちに加わってください、親愛なる子供たちよ。あなた方があらゆる点において全ての者にとっての恩恵となる新しい社会を築いているのですから、他に代わるものはありません。

あなた方の全ての歩みにおめでとうと申し上げます。
私たちは光の軍団を伴う、あなた方をこよなく愛する母/父なる神です。

翻訳 Taki  

LEAVE A REPLY