Screen Shot 2015-02-09 at 14.34.57

牧好成さんによる対面セッションの結果報告   2015年4月12日

Report about the spiritual session by Kousei Maki
12 April 2015

今日、私、千野たきが、4月12日(日)に牧 好 成さんの対面セッションを受けてきました。好成さんの快諾を得て、この内で、皆さんに是非公開したい部分を記述しますので、ご参考にな さって下さい。

1)   次元上昇の概念
次元上昇に於いては意識の向上、波動の上昇が必要 な条件であり、これなくしては次元上昇はできない。全ての生命体の共存、共栄を図る、という概念を前面に押し出すことが大切。
エゴという感覚、我慾を持ったままでいると次元上 昇は難しい。エゴを振り捨てて無条件の愛、無償の愛、と言う立場に立つことによって初めて次元上昇が可能になる。
(AENA呼吸法を実践している人達はAENA呼吸によって無償で無限の愛を使い呼吸をすること、そしてその愛というものは自分に留め置くものではなく周りの者たち と共有すべきものである。次元上昇というこの絶好の機会に際して無条件の愛を学び取ることが非常に大切である。)

次元上昇をすると、肉体の中の構造はクリスタル化 する。

今の所、次元上昇可能な者は、人間、樹木、動物を 含む全ての生命体の中の10%にも満たない、と言われている。

2)  次元上昇によって世界は変化するのか?
全ての生命体の90%以上の、次元上昇から取り残 された者にとって、世界は何一つ変化しない。次元上昇をした者からは意識をもった魂だけが抜け出る。その後に残された肉体は、その者の頭 脳、ハートに加えられていた以前からのプログラムをそのまま持った、いわばロボットのような状態になる。残された者にとってこのロボット の様な物体は、以前のその者と全く同じに見える。この物体が次元上昇をした人の代わりに用意されることになる。

3)  地球を助けるための方策
地球を助ける為には全ての生命体を光に変える必要 がある。中心になる人物の周囲の目の届く範囲の者を光へと変えるという情報を伝えることによって、助かりの輪が出来る。このような人物を 地球上に旨く配置して地球全体を光で包むことが肝要である。

4)  エネルギーの伝え方
エネルギーの起源は大宇宙である。大宇宙のエネル ギーは人智が及ばないほどの巧妙さを持っていて、無条件の愛、無償の愛を基礎にしている。エネルギーを伝える為には受け手の善のために送 るとの心構えが大切である。エネルギーを受ける者は無心であって良く、アファーメーションの必要はない。

エネルギーを送る者は手からエネルギーのパイプが 受け手に向かって延びているとイメージすればエネルギーは一人一人に確実に伝わる。

自分がやってあげている、と言う感覚では絶対にだ めで、大宇宙から伝えられるエネルギーを伝えさせていただいているという無条件の愛、他者に善いものを伝えたい、より多くの人を高みへ上 げたいとの慈悲心が必要である。

大宇宙からのエネルギーを頂いて、地球のコアに届 かせれば地球は守られ、宇宙の無限の愛で地球は癒される。人間一人一人の力を強化し、心の力、愛の力によって地球を助けるようにすること が大切である。

5)  オバマ、アシュタール、イエス、マリア、 ブッダなどの人達によるデスクロージャーについては、これによる変化が平和と調和をもたらすようにとの大勢の人による祈りを加えることが 重要になる。

人々の心がより良いものになるように、我慾を無く し、悲しみ、ねたみ、苦しみなどのネガティブな感情を捨て、心の平穏を保つようにすることが大切になる。これらのネガティブな感情は学び の為の手段だったとして感謝しながら放棄し、光をしっかり掴むようにすること。

このディスクロージャーによって得られるポジティ ブなイメージを明確にすることが大切。うっかりネガティブなイメージを抱いたら直ちに取り消すこと。思ったことを口に出すと現実化する可 能性があるので注意が必要。

6)  肉体を適度な状態に保つエクササイズが必 要。これは次元上昇後にも、地球に対する感謝の気持ちをもって、優れた肉体を残して行くために必要なことである。

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here