目撃:当局者は、ボストンの爆発のまえに、”演習”だと宣言していた 2013年4月15日
http://www.prisonplanet.com/eyewitness-authorities-announced-drill-before-boston-explosions.html
Eyewitness: Authorities Announced “Drill” Before Boston Explosions

UMコーチが言うには、”爆弾探知犬がまさに実働直前で、列を作っていたのは奇妙だった。”
Paul Joseph Watson
Prison Planet.com
April 15, 2013

ボストンマラソンでの今日の爆発の目撃者は、今日、爆発が起きる前に、”演習だ!”と繰り返し宣告され、爆弾探知犬が爆発の前に配置についていたのは、奇妙に思えた、と言った。

モバイル大学のクロスカントリーコーチである、アリ・スチーブンソンは、現地の15のニュース局に対して、”彼らはラウドスピーカーで、単なる演習であり、心配の必要は無い。”と放送し続けていた。”まるで、脅威があるような言い方だったが、彼らは単に演習だといい続けていた。”と言った。

ニュース局も、スチーブンソンが”爆弾探知犬が動く構えをして、列を作っていたのは、奇妙だった”、と語ったとの報道をしている。

スチーブンソンは、爆発音を聞いた時は、現場から離れてマラソンのゴールを終えたときだった、と言っている。

もしもこの報道が正確なら、二人の人を殺し、少なくとも23人の人を負傷させた爆発についてあらかじめある程度知っていた者がいた可能性があることを示している。

(訳者注:別のユーチューブには、事件の二日前に、事件の犠牲者を悼むフェースブック記事が見られる、という動画が示されている。
Interpretor’s note: the YouTube below shows the incident notice two days before on facebook.  
http://www.youtube.com/watch?v=n4l9yK6vtCU&feature=player_embedded

爆発に先立って”演習”だという放送があったということは、別の恐ろしい事件である、7/7ロンドン爆弾事件を彷彿とさせる。

ニューヨークタイムズが最近、最近のほとんどの米国国内恐怖事件は、F.B.Iが作り出したものだという記事を書いているが、今日のボストンでの爆発もこの作戦の一部だった可能性がある。

メディアとオバマ政権がこの事件について誰を責任者に祭り上げるかは見ものである。しかし、ラーム・エマニュエルの”重大危機を無駄にするな”と言う忠告がまさに現実のものになっている。

翻訳 Taki

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here