のメッセージ「ヘブン・レター」(Heavenletter#4554) 

神のDNAを持つ子供

Gloria Wendroff  2013-5-15

もちろん、皆さんはあまりに多くのことを考え過ぎる時があります。また、全く考えない時もあります!私のDNAをもつ子供の皆さん、いろいろな時がありますね。

考え過ぎは、パン生地を捏ねすぎるのに似ています。それ以上やっても意味が無い時や、生産的でないばかりか、むしろ逆効果になる時というものがあります。過ぎる、ということはマイナスにもあります。

あれこれと考えるべき、完璧な時間の長さが前もって分かる、ということではありません。全く考えなくてもいい場合もあるかもしれないし、考えることを見直してみてもいいかもしれません。あなたの中には、あなたに考えることを迫らない源というものがあります。あなたの中のこの源は、あなたが源に関わらなくても、ずっと上手くやっています。考える作業は、あなたが思うほど必要ではないのです。だからといって、特に他の人との関わり方について、考えなくていいということではありません。

あなたのこの特別なパワーはいろいろな名前があります。洞察とか本能とか、直感、本質、生まれついた力などです。考えは答えがやって来るのを待っており、最初の一文字が浮かんでから表れます。何かくさい(臭いがする)とか、虫の知らせと呼ぶものの後に答えがやってきます。あるいは、導かれる、合図がある、偶然、運命などと呼ばれることもあります。どこからともなく指示が飛んできて、あなたはそれに捕まればいいのです。

あなたの心を騒がせるものに耳を傾け、じっと見て、それが何かを知ることはとても大切です。何かを見たり聞いたりして、心の中が動き出します。その答えは常にあなたの中にあります。その答えを探す必要はないかもしれません。それ自体が解決や指示を含んでいることもあるでしょう。

このことを金脈を探すことに例えることができます。金脈を探していろいろなところを掘ります、あるいは、偶々そこにぶつかることもあります。でも、あなたはそれに当たったという手応えがほしいのです。その気配や感覚を見逃してしまう人もいます。多分、見逃していた時もあるでしょう。

つまり、明らかにあなたはベッドに横になってそれが起こるのを待っていたりしません。起き上がって外に出るわけです。あなたは受け身ではありません。誰かが自分の家を立ててくれるのを待つのではありません。また、侵略したり、一日でローマを造ったり、何もない荒野に家を建てる必要もありません。自分が望むものが自分のところに来たがっていると前もって知ることができます。四苦八苦してやろうとしない時に、自然に答えがやって来ることがよくあります。

大体、素晴らしい発明は力んで生まれたことはありません。ひょっこり現れるのです。人間は金脈を発見して来ましたが、探していたのではないのかもしれません。労働からいいものは生まれますが、もがき苦しむことから発見は生まれません。解決策はあなたの所にやって来ます。人生は楽に、簡単になりえるのです。探しているものをひねり出す必要はないのです。

あなたのハートの中には大きな鉱脈があります。ハートはたくさんのことを知っています。いろいろなレベルのことを知っています。自分のハートの事を忘れないでください。あなたのハートはトントンとあなたを叩いて気づかせてくれます。探していることは何でも、まだ知らないけれどもこれからで探そうとすることもトントン叩いて教えてくれます。

宇宙の仕組みはあなたが考えていることからあなたの望みを拾い出し、リストにします。それから、宇宙はそのリストに従ってあなたのためにショッピングに出かけます。

時々、奇妙な格好をした箱に入ったギフトがあなたに届けられます。でもせっかち過ぎてその機会を見逃したくありません。ハートと目は開いていなければなりません。どうか、予期しないことにも絶えずマインドのドアを開けておいてください。いろいろな通路を開けたままにしておいてください。あなたが望んでいるものは、裏口で待っているかもしれませんし、視界の陰に隠れているかもしれません。もう既にあなたの目の前にあるかも知れないのに、あなたは特定の方向からやって来ると思い込んで探していることが多いのです。私のDNAをもつ子供の皆さん、目を覚ましてください。

Copyright © 1999-Now Heavenletters™

Although Heavenletters are copyrighted, you are invited to share them, send them to friends, add to your newsletter, use as a signature, make bumper stickers, skywrite with them – whatever you like, and please include the Source! http://www.heavenletters.org. And, of course, do not charge for them!

 

翻訳 ライトワーカー・マイク

http://lightworkermike.wordpress.com/2013/05/19/diary-2013-05/

 

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here