自己ヒーリングの方法をご紹介します。

まずは、自分が光を取り入れることができる、光のソウルであるかどうかを判定します。
ペンジュラム(ひものついたかぎ束、ひも又は鎖の先にぶら下げた五円玉、ジュエリーショップで1000円で購入できる(高価である必要なし)既成の振り子など)のひも又はくさりを重りから5センチほどの長さのところで、親指と人差し指で軽くつまみます。肩、肘、手首、ペンジュラムが自由に動くように、ペンジュラムをぶら下げます。”私は女性ですか?(ペンジュラムを持っている人が男性なら、もちろん、私は男性ですか?)”と答えが明確な質問をします。ペンジュラムの先の動き方が、あなたにとって得られるYESの動きです。私の場合は右回転です。YESの動き方として、右、または左斜めの動きなどもあります。次に、”私は光を取り込むことができますか?”と、高次元のソウルに尋ねます。ここでYESという答えなら、あなたは光のソウルで、以下の自己ヒーリングを行うことができます。光のソウルの自己ヒーリングでは、疲労、頭痛、筋肉痛、胃痛、成長痛、肩こり、心の悩みなどを解消できます。風邪、病気、歯痛、捻挫などの解消をすることはできません。方法は次のとおりです。”セントラルサンの光エネルギーをアジナチャクラから体内に取り込み、ハートチャクラから一旦体外に出し、のどのチャクラから再び体内に取り込む。”お試しください。私の場合は携帯のゲームやりすぎによる、肩こりが治りました。

Taki

LEAVE A REPLY