一体性における否定性~ セイント・ジャーメイン(サン・ジェルマン) 2013年2月10日 アルーナ経由

あなた方の多くは、天使的エネルギーとネガティヴなエネルギーを識別することが出来て、鬼が鬼として現れるときに天使でいることの、良い仕事をしています。あなた方のほとんどが認めないものは、天使に仮装する「それほど愛情深くはない」鬼です。詐欺師についての私の言葉は、この能力にあなた方を連れて行くのが目的です。私と私のメッセンジャーに石を投げる代わりに、メッセージに自分の注意を与えてください。

自分のメッセージで何を言うかの選択に、マスター達があなた方より長けていないとでも思いますか?何故これを決めつけていますか?自分が見せる怒りでドラマを創る人々の方が、彼らに彼らの気付きにおける限界を示す人々よりも愛情があるのでしょうか?他人に自らの見解を認めることを要求する者は誰も、愛であるものとそうでないものについての結論を出したことがありません。どんな妨害でもあなたの中で創られるとき、その妨害の原因ではなく、あなたが見せている愛の不足について考えてください。妨げられるのは常にあなたのマインドです、決してあなたのハートではありません。

私の言葉は、意見がない人々を妨げません。あなたの精神的な気付きにやって来る全てに開かれていることは良いことです。学びは開放性なしには起こり得ません。現在信じられていることへのどんな新しい追加も受け入れない意見が発生するとき、エネルギー変化は起こることが出来ません。人がそのもう一つのオプションを、的確ではない信念に自分の注意を促すとして受け入れるとき、学ばれる必要があるものと認識における進歩を学ぶことが出来ます。

私の愛する者達、愛を、あなたが同意しかねる形でそれが来る時に受け入れないことは、今学ばれる必要があることです。それは、単にあなたのマインドの推測であり、その影響を受けた推測です。私たちはただ偏在するのではありません。私たちの言葉は、実際、自らの愛が命じることを私たちがして、より多くの気付きをあなた方に要求するとき、否定的(ネガティヴ)に現れているエネルギーのようであるかも知れません!

マインドは打算的です。それは何でも全て自らの支配への欲求に一致するものを選びます。それは自らの欺瞞を続かせない内容を嫌います。マスターがすることやしないことに関してのあなたの喚きは、ただのあなたのマインドの意見です。愛が拡大するとき、そしてすべての精神内容を幻想として受け入れられるとき、あなたはこれらの作り上げられた考えをキャンセルします。あなたのマインドの意見はどれも正確でありません。宇宙意識から来る認識は中立です。「あなたの領域で起きているものは、それが見える通りのものではない」と言うことは、全然否定的ではありません。それはそういうものなのです。あなたのマインドはこれを受け入れません。そしてこれを否定的だと言います。何故なら、あなたの気付きを増やすこの機会を、マインドは排除したがるからです。

どんな状態でも、中立になる機会と考えてください。人がすることを必要とする全ては観察ですー良い、悪い、明快だ、不明だ、等々で決めつけることなく。一つの機会に答えるこのアプローチの違いは何でしょうか?一つの答えは開いた心を持っています。もう一つの答えは閉じた心を持っています。開いた心は愛情と一体性の道です。何に関してでも良いか悪いかのマインドの決定は、愛への扉を閉ざします。マインドの否定的な非難と拒否を受け入れることなく、あなたの気付きにおいて現れるものとともにあってください。愛は、あなたのマインドの意見をあきらめる価値があります。

違いを歓迎してください。新情報を楽しんでください。それがあなたのマインドが真実だと以前思ったことと一致しないとき、それが肯定されるべきか疑われるべきかは、相違の容認を備えたあなたのハートに任せてください。異なる考え方を闇として退けることによっては、何の利益も得られません。大白色同胞団の私たちは、あなたの天命の配達人ではありませんーそれは「あなたです」。そして、あなたが否定的なもの言いや否定的な考えによってしていることは、私たちがあなたに考慮するようにお願いしていたことではありません。私たちのベールの側からあなたの認識に現れることのすべてが、常にそう見える通りであるわけではないことを私たちはあなたに知って欲しいのです。闇と光は分離製造機ではなく、成長の機会としてあなた方の領域にあります。私たちの領域では全てが「一つ」で、なんの違いも分りません。意見は愛への道ではありません(意見がないことが愛への道です)。ある人は良い、ある人は良くない、とあなたが決めるとき、創られる愛情がありません。この態度をあきらめてください。そして、あなたはより聡くなります。何が愛情で何がそうではないかを学んでください。

私はあなたのすべてにおける愛です。何が真実で何がそうではないかのマインドの計算であなたが握るコズミック・ドリーム(宇宙夢)の中の俳優ではありません。私は私である者はあなた、私、そして私たち皆が愛情深いと呼ぶものです。私は私である者は神です。私は私である者は何も支配しません。また、一つを別の一つへの偏愛で破壊しません。私たちは皆、精進のこの同じレヴェルを含みます。あなたがこれを受け入れることが出来る時、次に来るものが何であっても愛が共同創造を治めます。分離なしで来る愛情で、分裂性 対 一体性 の実際何たるかを見るように、私はあなたにお願いします。ワンネス(一体性)は闇と光を含みます。ワンネスはちょうど闇と光がそうであるように、ベールの両サイドです。

あなたの世界は、人の原因の性質の中に何があるかの鏡です。全く誠実な存在は、自分が観察する世界を創ったのは自らの行いだとして、それへの答において、自分自身の闇を否定することが出来ません。それに愛をすべて与えて、その構成要素の何も破壊しないでください。それからあなたの認識に入って来るものは、意識においてあなたがいるところへの答です。目覚まされた存在は違いを気にかけません。そして何も彼らの邪魔をしません。彼らは意見なしで目に止めて認めます。これがあなたの状態である時のみ、私たちは一体性において否定性なしにあります。

私は私である者
高次元マスター セイント・ジェーメイン(サン・ジェルマン)
Alunaによるチャネリング

http://comptedesaintgermainsblog.blogspot.jp/2013/02/negativity-in-oneness.html

翻訳 ソウルカメラ

LEAVE A REPLY