5,6次元の集合体・・・2016年6月2日 ライトワーカーへのメッセージ

http://pleiadedolphininfos.blogspot.jp/2016/06/caroline-oceana-ryan-message-to.html
Caroline Oceana Ryan ~ A Message to Lightworkers – June 1, 2016

今週は集合体は下記のようなライトワーカーからの質問にお答えします。:
ライトワーカーのある者はごく最近になってようやく私たちのより高い次元の真実に目覚めました。天の光の者としての私たちのアイデンティティーと”普通の”人間のアイデンティティーとの間の内側での戦いが私たちの中で常に行われています。

本当のふるさとを必死になって求め、いつも故郷に戻れるよう祈り、求めている、見知らぬ惑星に取り残されている異邦人のように、自分だけは”違う”と感じ、あらゆることに違和感を感じ、時にはいたたまれないと感じている人達、・・・

この問題となる段階を通過しつつある私たちが3次元(まもなく5次元になる、実際は、6月2日をもって5次元の波動になった)の地上での光の者としての暮らしに慣熟できるようにし、ここに果たしに来たミッションを完遂するために、集合体はどのようなアドバイスを伝えられるのでしょうか?

集合体:
こんにちは、親愛なるみなさん!
これは優れた質問であり、ぴったり合う表現を形にできないとしても、すべてのライトワーカーが日々感じ、直観的に導きを求めていることです。

これについては二つのレベルで現れている問題があります。あなた方は実により高い次元のアイデンティティーに目覚めつつあり、今はあなた方にとって、またあなた方の光を経験している人間にとって、祝福の、奇跡的な時です。でもまだあなた方は中間的であり、気が付いていても、気が付いていなくても、地球に流れ込んできていて、地球と人間の意識により高い次元の形式を定着させつつあるますます強力なレベルと量のより高い次元のエネルギーを吸収しています。

ですから、もしもあなた方が異様に、別種であり、場違いで、真のふるさとを懐かしいとは感じないとしたら、それこそおかしいのだ、と申しあげましょう。なぜならこの種のミッションを遂行している人にとってある日ふるさとの文化からはじき出され、あなた方を連れてきた宇宙船が地球から離陸してあなた方を置き去りにして去っていった、と感じるのは当然だからです。

そしておそらくはあなた方はある日非常に孤独で、地球生活における状況の厳しさには気が付かないまま自分の孤立を感じるのです。

Screen Shot 2016-06-04 at 17.10.40

或いは彼らには、あなた方が苦悩し、孤独に感じ、ほかの者とは全くことなるのに、あなた方を故郷に連れて帰る力を持っているという事実を見逃し、あなた方を奇妙で冷たく、美しく感情に欠け、かなりの暴力と混乱があるこの場所に残して行ったことが分かっています。

私たちも彼らもあなた方には、捨てられたのではなく、忘れられているのでもないことをわかってほしいと思っています。

さらに、あなた方は無限に違和感を感じ疎外されたと感じるような立場におかれているのはなく、ほかの世界、ほかの銀河文化、方向についての話、光の者の銀河間コミュニティーのメンバーとして自分が見られるような心開かれた目覚めたスピリットについての話という、まさにその事実の中にいるのです。

あなた方が途上にいるこの旅はあなた方の再覚醒、その覚醒プロセス得られるソウルレベルでの成長であり、今回は人間の肉体にはいったままでの覚醒に関するものなのです。なぜならあなた方が肉体から離れればつねに覚醒が得られるからです。つねにあなた方が住みたい次元、惑星、太陽系を含み、自分が本当にはだれなのか、どのようにして宇宙を動き回るかに戻り、目覚める道があります。

それでも、この特定の覚醒は、あなた方が最低の、もっとも高密度の、この宇宙の物理的な形としては最も脆弱な、3次元という物理性の表現での人間の体の中に入っている間に起きつつあります。

あなた方はこの驚くべき旅に、新しい探検をする強力な探検家として、大いなる意気込みと新しい展望を抱いて、喜び勇んで出かけてきたのです。誰もあなた方を思いとどまらせることはできませんでした。

あなた方が愛するソウルファミリーは、3次元から5次元へのこの現実の動きが起きている時に、肉体をもって地球上に存在するというあなた方の経験を殆どうらやましくさえ思っています。

彼らはあなた方の勇敢な、輝かしい力と不屈の精神に魅惑され、心から称賛しています。

Screen Shot 2016-06-04 at 17.10.54

彼らはあなた方を、いかに風が強くても、凍るような冷たい雨で目が見えなくなっても、海の怪物が吠えるようにつかみかかってきても、信頼する仲間や船員があなた方の操舵能力を疑い、或いは船を捨てても、操舵倫を決して手放さない者とみています。

あなた方のソウルファミリーはちょうど頭上をホバリングしている者の中にいて、あなた方が担っている仕事の大きさを感じ、あらゆる勇気づけをし、できる限りのサポートをしています。あなた方は、ここに転生してくる前に、この惑星やその上の人達にはできない次元上昇プロセスという制約の中で提供されるこの仕事をあなた方は完遂できると言ったのです。

そこで見てください、友よ!如何に多くのことを成し遂げたか、あなた方が驚くほど短時間の地球生活の間に如何に驚異的に、強力に進化したかを振り返ってください!

ここでの過去のすべての生涯とは違っていかに大きく目覚めたか、そして今回は地球の次元上昇を助けたかを見てください。あなた方がかつてよりも討論をし、防衛をし、判断をし、犠牲になり、自分の善にもはや役立たないことを捨て去らねばならない時に損失とは考えないようにエゴを捨てることにおいて、いかに強くなったかを見てください。

直面している外部の状況の如何にかかわらず、あなた方がハートマインドとそのあらゆる美と深さを重んじ、暮らしの中の喜びを受け入れ、それを見出すという決意を持つに至ったかを見てください。

あなた方にとって、非常に強力で、賢明な天使の守護者、スピリットガイド、ハイアーセルフが、まるで部屋の中にいる友人のように、あなた方に話しかけてくるので、これらのサポートチームにますます気が付くようになってきています。あなた方が3次元の地球に残っている密度の深みにおいてさえ、大きい意味で自分がだれなのか、自分の魂の仕事とアイデンティティーが何なのか、天使、妖精、エレメンタル、惑星王国、あなた方がより高い次元において友人、仲間と考えている次元上昇したマスターたちとのより高い次元におけるつながりを思い出し始めているのがわかるでしょう。

リスクがあるからといってだれかに思いとどまさせられましたか?いいえ、多くの者が試みましたが、それは不可能なことでした。

殆どの者たちが、地球が助けを求めて叫びをあげているといるので、助けの手を差し伸べなければならないという緊急度に対するあなた方の感情を理解しました。そして地球の人達は今や長い間の抑圧の鎖を切り捨て、再びその尊厳を主張する準備ができています。

そこであなた方は、そうです、愛する者たち、文化、音楽、ダンス、美しい星、惑星、次元、ツインフレーム、およびソウルファミリー、あるいは少なくともそれらの外見を後にして出てきました。

Screen Shot 2016-06-04 at 17.11.13

この時点で単にこの地球の上に存在することによってあなた方が作り出した奇跡は前例のない、この惑星全体が3次元から5次元へと移行する以外の何事でもないことのためのプラットフォームの創造だったのです。

これはあなた方の宇宙がほかのいかなる場所でも見たことがないことなのです。それでも地球の人々とこれらの人々を支援するために来ている光の者たちの勇敢さのために、今それはこの3次元の惑星のあらゆる場所で起きることでしょう。

ですから、自分が孤独で、故郷に帰りたいと思い、あなた方にとってのあらゆる真実と貴重なことから切り離されていると考える時、この奇跡の輝きを考え、ここはあなた方の真のふるさとではないことに気付いてください。これが次元上昇の特性とプロセスなのであり、これに気付けば、あなた方は今示している勇敢さ、強さ、および驚くべき辛抱で、圧力に耐えることができるでしょう。

事実、あなた方が愛しているすべての者はあなた方から離れておらず、離れようもないのです。彼らはいつもあなた方と共にいます、いつもです。

あなた方の真のふるさとはあなた方のハートの中にあるので、それを呼び出せば、故郷の暮らしという奇跡があなた方自身のスピリットの中に、美しく、力強く現れるでしょう。

あなた方はまた、この地球上でこれらの故郷の者たち、銀河の種族と会い、自分の文化を見て、自分のソウルミッションを知ることもできます。

Screen Shot 2016-06-04 at 17.11.28

自分の内側でこの者たちを呼び出し、サポートチームに日常の暮らしの中でいつでも可能な時に自分とつながり、自分のソウルファミリーとツインフレームともっと十分なつながりを持てば、彼らの美しい、愛の存在を日夜感じられるようになるでしょう。

親愛なるみなさん、あとはここから移行するだけです。より大きい喜び、自分の力と適応性、完全な美とパワー、自分のミッションの必要性、それをいつも強化している愛の自覚へと。

ナマステ!友よ!今までになかったように知ってほしいと思います。あなた方が決して一人ではないことを。

翻訳 Taki

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here