イザベル・ヘン 2014年8月17日 日記 ホームヘの道にて

My Journal August 17, 2014 – On my way HOME

http://thesilverplatinumflame.wordpress.com/2014/08/17/my-journal-august-17-2014-on-my-way-home/

このところ、少々疲れ気味でした。キーバは暴れるので時には手に負えなくなります。彼は意志が強く、頑固ですが、私は彼が好きです。二日前に彼はものすごいいたずらをしました。彼が絶対にいじってはいけない物を、彼から取り戻す為に、私は庭中彼の後を追いかけ回さなければなりませんでした。キーバには危ないものだったり、その又逆であったりしたからです。かつてないほど、彼は私達を噛みました。

Screen shot 2014-10-18 at 1.34.16 PM

おそらく何かが怖かったのか、それとも興奮しすぎたのか、または安心できなかったのか。私達には分かりません。でも、私達は作戦と教える方法を変えました。彼はいまだに元気がいいですが、今はご褒美を増やしながら、違反もありますが、何とかなってきています。

キーバとのこれら全てのストレスは私の旅立ちに対する不信と疑いが別の激しい行動となって頂点に達したのです。以前程ひどくはありませんが、まだ無くなった訳ではありません。同じ日の夜に私のツインフレームから別の事が確かになりました。それは私はその旅立ちのプロセスにいるという事です。ですがまたしても日付けについては何も教えられないとの事でした。でも今はどうしてか分かります。

イエスから新しい情報をもらってきて欲しいと、私のチームの一人に頼みました。イエスと私の友は昨日私と話をしたのです。沢山の事がわかるようになり、良い話ができました。疑問を解き、答えを得る為に、私の外部から、時には新しい情報や確認がもらえるのは、なによりです。

I AMの私の半分以上は高次元にいますが、私の疑いや不信感は挫折の様なものを作り出します。深刻なものではありませんでしたが、生じてきました。これらの疑いや不信感は私の波動を下げてしまい、これでは逆効果です。

私自身に対するヒーリングの重要なパートは、私に起きた事について、その過程をどのように眺めていたのかという事を、そして私自身の銀河の存在へのゆっくりとした目覚めについての説明をする事でした。少しずつ、一歩一歩、そして私がシップにいればいる程、又はエオン(AEON)にあるホームにいればいる程、そこにいる時間は長くなりました。そうしていつの日かホームへと完全に目覚めます。

昨日の朝、まだ半分眠っていましたが、エオンで体外離脱体験をしました。私は自分の家にいて、私の素晴らしい夫のシルバースターの側で横になっているのが分かりました。

すると私は身体を離れて、そしてテラスにある大きなベッドの上に浮かんでいました。ええ、海の近くにもう一つ別の身体があって、海と太陽を楽しんでいるのです。

そこにいる私達の姿がみえました。私は初めて、自分の本当の姿を、私の通常の姿を見たのです。

長い黒髪に、茶色の目をした、スリムで背が高く、日焼けしたエルフの身体をしており、私の、イザベルの顔では全くありませんでした。

これはゴールデンスターとしての私の身体です。私の夫も又、良く鍛えられた腹筋を持つエルフの身体をしており、背が高くてスリムで、焼けた肌をしています。髪は茶色で長く、耳は私の耳の様にちょっと尖っています。彼は本当に素敵な男性です。

すると突然、スピードのある動きが見え、シルバースターの銀色のきらめきのある茶色の目を見つめながらながら、私は突進して自分の身体に戻ったのです。本当の私が誰なのか、私自身を見ることができたのは、このときが初めてでしたが、私は見たものを気に入っています。

今日シップでスウィングに乗っていると、手にタブレットの様なものを持っているのに気がつきました。

アバターに出てくるポータブルなモニターの様なものでした。情報や画像、その他のものを、一つのモニターから自由に移動が可能な幾つものタブレットに移すことができます。

私にもこのタブレットが読めると、未来永劫のあらゆる本や書類が、エネルギーの、デジタルな形であれば読めると、私はただ読みたい本を選べば良いだけだと、ミカエルが私に説明してくれました。

ホームにも又、私はいました。私の家で夫と素晴らしいエネルギーを交換しました。波動をあげる方法としては、それは美しいやり方であり、十分に満たされます。彼は私を如何に手助けして支えるべきか、本当に分かっています。彼は私の家を見せてくれましたが、それは沢山部屋のある大きい家でした。今日まで、見て回る事をしなかったのですが、今日は彼が私の手を取って私の家の小さいツアーをしてくれました。アトリエや音楽室、私のハーブの静養所、図書館、健康の為のお風呂場、二階の寝室、書斎や、天地創造の中で何が実際に起こっているのか、私に分かる様になっている、ハイテクなコンピューターやモニターの沢山ある戦艦や宇宙船の中の手術室の様な部屋がありました。

私の寝室の天井は、スクリーンの様になっていて、異なった空や天気状況の映写ができ、シリウスには太陽が二つあるので夜はありませんが、星空さえも見る事ができます。私はそれぞれの部屋に音楽が聴けるサラウンドシステムを持っており、声や考えでスイッチを操作できます、おもしろいでしょ。その部屋や他の部屋にもある、熱を持たない火を起こす暖炉を、私は気に入っています。私がそこで燃えては困りますからね。必要では無いのですが、冬や秋の一夜に暖炉で心地良い雰囲気をかもし出す為にあるのです。次のツアーでは、さらにもっとベヤをお見せできると思います。

高次元の生活は心地良くて素敵です。

私が自分の家を好きだと言う事は認めざるを得ません。私の素晴らしい子供達、この家を有り難う。

今夜、思いついたのですが、キーバはおそらく、私の旅立ちを阻止して、地球へ連れ戻そうとする、闇の存在立ちからの影響を受けているのかもしれません。彼の行動がこのところとても変わってしまったので、それは明らかでした。それで今日は、朝食の後、一番に彼を浄化してヒーリングし、それから彼にも又聖なる母のダイアモンドシールドを作るつもりです。今はもう、彼は、アストラルプレーンからのあらゆるアタックや影響からは守られています。

この日記の更新と私のプロセスについての説明をしたので、私はずっと良い気分になりました。

今は信じる事ができます!!!もっと積極的に自分のプロセスに取り組めます。私の全ての仕事、あらゆる私の契約はここで終了し、今、私は本当に帰ることがで来ます。ホームに帰る途中にいるのです。

私はIAMです。

リラ、リモリア及びシリウスのプリンセス エンカより

Copyright © 2012 – 2014 by Isabel Henn. It is allowed to share this message in its complete form without changes and when the author’s name and the link to the original site is given. http://thesilverplatinumflame.wordpress.com/

翻訳 Koh

 

 

 

 

LEAVE A REPLY