オリオンの高等評議会〜内なる動機付け 2013年6月28日

ホーキンス・マーウッド経由

Channeled by Holly Hawkins Marwood
Transcribed by Paul Marwood

こんにちは、親愛なる皆さん、我々はオリオンの高等評議会です。

今日我々は、動機付け(モチベーション/やる気)、及び外部の動機付け対内なる動機付けという、この考えについてお話ししたく思います。そしてそれは、何かをすることについての欲求かエネルギー、という自分の感覚を意味する動機付けではなく、言うなれば、自分の能力をスパークさせるものは何か、ということについてです。動きなさい、変わりなさい、理解しなさい、行いなさい、など、心理学の領域において、外因的な動機付けに対して内在的な動機付けのことを言うかも知れません。しかし、世間一般には多くの、スピリチュアルな努力に励む人々(人生を変化させること、及び変容すること、アセンションの理解、ヨガ、ダイエットその他を通した身体の支援、などに活発に取り組む人達)がいます。

世間一般の人々は、先駆者によって書かれた本をよく吟味して、良書を読んでいます、そして、我々が今日あなた方に奨励するつもりなのは、次のことを理解することです、「その外部の情報は、全てそれが新しい物事に対して自分の心と経験を開くので、その一点で、素晴らしい」。あなたは精神を高揚させる本を読んで、人生に新しい情報、従ってエネルギーを取り入れることが出来て、それは、あなたが人生を違った風に見て、考えて、行動して、現わすことを可能にします。

したがってその全ては良く、また、これまでなかった栄養学の情報、あるいはこれまでなかったビジネス・モデルの情報に関して情報を受け取って、自分の気付きを拡大するためにそれを人生にもたらすことは、完璧です。しかし、この情報を統合することの背後の動機付けは、他所の誰かか、何かか、あるいはなんらかのシステムがあなたにとっての究極的な答えを持っていると決定することに関してではありません。あなたにとっての究極的な答えは、常にあなたの内なる動機付けからやって来ます。

入って来る情報(自分が「そうだ」と言うもの)をあなたが眺め始めると、あなたは「共鳴するのを感じる内容だ、読んで勉強して人生に取り込みたいな」と思います。あなたは、まだ常にそれに注意を払っていることでしょう、言うなれば、自分が本当に誰であるかのバロメーターに背いてです、そして自分が「いいえ、私の領域にそれはいりません」と言うような物事でさえ、あなたは常にそれに注意を払っています、完璧である「自分である者」というバロメーターに背いて。

しかし、同時にあなたは、情報と理解が自分に入って来るのを許したくはあるが常にそれを取り入れたいわけではなく、他の誰かの考え、思考、及び現れに自分自身を引き渡すことがないように、常に自分の魂レベルの真実に対する視力を保ちたくあります。というのは究極的には、あなたが運転手であり、あなたが、自分の魂レベルの真実からの、人生のモチベイター(誘因となる者)であるからです。

もし、新しい考えがしっくり来る場合、新しい思考方法がしっくり来る場合、自分の人生における新しい欲求がしっくり来て、それを人生に取り入れることにポジティブに引き付けられるのを感じる場合、自分の個人的な提携のレベルを感じるために、常に自分自身と一緒にチェック・インしつつあってください。

もしなんらかの理由で、何か変な感じがするか、締め付けるような、あるいは不確かな、あるいは当惑する感じがする、もしくは恐れが含まれている感じがする、即ち何であれ不安定な感じがする場合、人は、「ええと、それは私が、その外部の真実と、自分があるべきようには提携されていないからだな」と容易く言うことが出来ます。それは、そのシステムかその考えを完全に受け入れることがあなたにとって完全にはふさわしくないかも知れないということを、あなたが分ることができそうな情報をあなたの内なる真実があなたに与えているとしたら、どうでしょうか。

あなたが外部の真実対内なる真実を査定するために情報として入って来ている、締め付けか制約のどんな感覚でもしっかり見るならば、その時あなたは、その流れをもっとよく感じます、混乱かフラストレーションか制約を理解するに至って、その経験を特に自分用に調節あるいは微調整することが出来ます。

それというのも、あなた独特の個性的な魂としてのあなたが、体心霊(ボディー、マインド、スピリット)という点で心から持ち込みたい如何なるものも、世間一般のシステムにはありません。常に、自分に絶好な面と、そのプログラム乃至システムのそうではない面が、ありそうです。

あなたにピッタリ共鳴しそうな銀の弾丸(秘薬)の魔法の一服など、世間一般にはありません、何故ならば、あなたはある意味で自分独自の一服を調合するようになるように、ユニークであるからです。あなたは、自分と共鳴する情報と体験を抱き合わせるようになります、そしてなたは、楽を感じ、喜びを感じ、興奮を感じ、幸福を感じ、前進するにあたって適正な何かを感じるので、それが自分と共鳴するということを知っています。

人生の誘因として自分の内なる案内に従う許可が自分にはあり、世間一般にあるものは全て一括で提供されているのでそれを全部取り入れる必要を持つことなく、それのうちで自分が共鳴する最高のものを取り入れることが出来ることを、自分自身に許す刺激的な時です。

あなたの内なる動機付けは、あなたの、セルフ・エンパワーメント(自己権利拡大)の最大のソースです、そして、人生で、多分あなたが不快であると感じる、より些細な体験においてそれで遊んでください、そうすれば、あなたはその瞬間を自分自身と一緒にチェック・インすることに費やします。「ふむふむ、なるほどなるほど、ちょっと不快に感じてるぞ」、その瞬間を自己査定に取ってください、そしてそれが何であるかを見てください、「何が私を不快にさせているのだろうか」と。「それは、私が自分の真実、自分の内なる動機付けとの提携から外れているからだ、何故なら私は、このちょっとした不快を感じている」、そしてそれとチェック・インしてください、そうすれば間もなくあなたは、自分の内なる真実、自分の内なる提携を見つけ始めます、そして次にあなたは、再び流れにあって楽にある感覚に自分を戻す、そうした改善の変化をつくる機会を持ちます。

それは、自分の内なる動機付けに応答することによって自分の内なる真実を通して自分の人生を送る、美しい場所です。

幸せであれ。

我々はオリオンの高等評議会です。

© 2013 Copyright Holly Hawkins Family Trust

This channeled message may be reproduced in it’s entirety provided it is kept in it’s original form and not altered or changed in any way, with the Author and a link to www.AkashaHealingStudio.com clearly displayed as shown below.

Author: Holly Hawkins Marwood           www.AkashaHealingStudio.com

 

http://www.akashahealingstudio.com/high-council-of-orion-channeled-message-28th-june-2013/

翻訳 ソウルカメラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1 COMMENT

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here