上昇する地球のためのエネルギーになる

大天使リエル

ジェニファー・ホフマン 2013-7-15

3次元のエネルギーは動いており、それを「感じ」て動いていると分かります。それはまた地球のエネルギーでもあります。地球は感情エネルギーを集めて火山や火、竜巻、雷・稲妻、美しさ、静寂、混沌などとして表します。人間のファミリーとして、皆さんは3次元の体でこの感情エネルギーを取り入れ表します。自分がアセンションする中で、地球のアセンションを助けようとしている今、エネルギー体の中に古い感情の痕跡を抱えているので、その感情エネルギーを解放し、アセンションに適した新しい周波数の通り道を整備しているところです。皆さんと地球はアセンションの旅で一緒なのです。感情エネルギーのあらゆる所が今変わろうとしています。

もう多次元の意識を持ち多次元でいられる力を持つ今、感情エネルギーがそれぞれ違う周波数を持ちレベルや波動も違うことを強く知っています。意識として体でエネルギーを “感じる” ので、はっきりした原因もないのに非常に悲しくなったり泣いたり、嘆いたり、怒りを覚えたりすることがあります。これは、長い間地球のエネルギー場に滞留していた感情の痕跡なのです。今それが新しいエネルギーが流れてかき回されています。皆さんは、多次元の意識状態になってあらゆる周波数や波動を知ることができます。皆さんとそのエネルギーの間には緩衝地帯も壁もありません。それにはある目的と理由があります。

アセンションは高い周波数と波動に移行する旅です。それには、低いエネルギーを高い周波数と波動に変換する必要があります。それが人生ですること、地球のためにすることです。それは人類のファミリーとして、地球とパートナーを組む皆さんにしか出来ません。あなたは違う種類の感情を感じており、だからそれを今度は全体がアセンションする一翼を担う形で変えることができるのです。

皆さんが高い周波数に変換できるように地球はグリッドからこのエネルギーを放出します。自分自身のエネルギーを高くしようとする意図を持つ時に変換できます。悲しみを感じる時は意図的に楽しもうとし、不安になる時は、勇気と愛、信じようと意図するのです。怒りがある時は許して癒し、手放して穏やかになろうとするのです。地球がエネルギーグリッドからこのエネルギーを放出する時は、同時に高いオクターブが生まれる余地を創っています。そして、感情エネルギーを表現する導管として、人間は自分自身の感情の周波数、そのレベルと波動を決めることによってその変換のプロセスを手助けできるのです。しかし地球のグリッドから放出される時、それは言わば周りに漂い、同じような周波数を持つ人にくっつきます。だから、その時にもっと高い波動・周波数に変えることができます。

こうして皆さんはこの時に地球のためのエネルギーに “なる” ことができ、非常に高い周波数にまで穏やかに移行を進めることができます。神聖なスピリット、多次元な人間としての可能性を受け留めてください。その時です。アセンションのこの時にここにいるために一生懸命やって来ました。待ちに待った時は、今です。ここまで来た時に、期待し、ワクワクするような合図を告げるファンファーレが鳴った訳ではないかもしれませんが、その時は今なのです。

瞬間毎に、感情を知る度に、十分に今にいてください。その感情エネルギーを高い可能性に変えてください。新生地球の共同創造者として現実を多次元的に経験する意図を持って、そこに地上天国を創ろうとしてください。そうやって地球と一緒に新しい周波数のスペースを共同で創り上げ、他の人たちや地球と一緒になって癒し、学び合い、成長し合い、変えていくのです。そして、その生まれたスペースを使って随分昔に始めたアセンションの旅を遂行して現実にしてください。

Copyright (c) 2013 by Jennifer Hoffman. All rights reserved. You may translate, quote, link to or mention this article, on free, non-donation based and non-commercial websites only, in its entirety, as long as you include the author  name and a working link to this website. All other uses of this article are strictly prohibited.

翻訳 ライトワーカー・マイク

http://lightworkermike.wordpress.com/2013/07/15/archangel-uriel-2013-07/

 

LEAVE A REPLY