Monday, December 11, 2017

アイシャ・ノース 2014年10月31日 11月2日(日)新しいPONDでの第一回目瞑想集会にようこそ 

アイシャ・ノース 2014年10月31日 11月2日(日)新しいPONDでの第一回目瞑想集会にようこそ Welcome to the first Gathering around the New POND, Sunday November 2 http://aishanorth.wordpress.com/2014/10/31/welcome-to-the-first-gathering-around-the-new-pond-sunday-november-2/ 親愛なる光のファミリーへ! またPONDの集会とは、なんと相応しいタイミングでしょう!この日曜日、11月2日 オスロ21時より、この真っ新なPONDでグループとして新しいエネルギーに繋がる瞑想をします。IAMystARの言葉がピッタリですね、” BEAUTY~FULL NEWCLEAR PONDWORLD “. 完全なる美しさと新しいクリアさに満ちたPONDの世界、といったところでしょうか。皆さんからこの素晴らしいPONDへと流れてくるものが見えていて、私のハートは既に歌を歌っています。この集会のあと、このキラキラ輝く愛の光の流れはただただ増幅してゆくと確信しています。私の感謝はどこまでも広がり、とどまるところを知りません。そう、皆さんの愛のように。この集会についてのCC達からのメッセージです。 「まずお伝えしたいのですが、ここ2週間の間に展開した奇跡の麗しさは見ていて実に素晴らしいものでした。私達でさえ、皆さんの共同作業によって私達の内は高揚し、安心し、喜びに溢れ、言葉にしようとしてもとても表現はできません。何度もお伝えしてきたように、皆さんが行っていることは”すべて”のための行動です。集合体としての人類はあのジメジメした澱んだ部屋の中であまりにも長い時間を無為に過ごしてきました。その部屋から足を踏み出すことを自らに許し、さらには隠されていた光の小部屋をも解放したので、光もついに明るみに出ることができます。それは目を見張らせるほど壮麗な形で表面化することでしょう。もちろん、一度にすべてが現れるわけではありません。新たに巣立ちできるほど成長した皆さんという神・女神達が消化していけるよう、しかるべき瞬間に、しかるべき分量でなされる必要があるからです。 いいですか、皆さんはまさに言葉通り、クォンタム・リープ(量子飛躍)を起こしたのです。ですから皆さんの多くはしばらくの間、あてどもなくふらふらするように感じることでしょう。皆さんは水の中でとても歓迎されているようで、それと同時に落ち着かず困惑してしまうような感覚になるかもしれません。それもそのはずです、親愛なる皆さんはいま、一番深い場所に入ったのですから。ですから泳げるというふりをしながら実は片足をしっかり底に固定しておく、などということはもうできません。水面下では死に物狂いで足をバタバタさせて水面に浮きながら、人にはいい顔を見せようとする、そんな見せ掛けゲームはもう終わりです。ここでは荒れた水の中にいるようなものです。浮いているための唯一の方法はもがくのをやめ、この流れが皆さんをさらってゆくがままにただ身を任せること、それだけです。 皆さんの多くはエネルギーの荒海に巻き込まれたかのように感じていますね、わかっています。必死になってパニックに陥り、水で喉を詰まらせ、もう終わりではないかと思っていますね。そうですね、確かに皆さんは終わりに向かっています。このパワフルな水流は古いものの支配から皆さんを安全なところへ運び出すために全力を尽くしているのですから。しかし、いまもなお新しいもの、それがたとえニュー・ワールドであっても、それより馴染み深いものの方に魅惑されるかもしれません。ですから皆さんの中には現段階ではパニックになる人もいることでしょう。そのような人達には私達から申し上げます。自らのパワーに抗うのをやめ、力を抜いて自分のパワーの中で身を任せてください。そう、奮闘しているのです。ですから「あなた」に降伏してください。そうすれば、皆さんの本来のパワーの美しき出現はとんとん拍子に進みます。 そして、もう堂々と、神性というキラキラ輝くガウンに身を包んでまぶしいばかりに誇り高く立ちあがっている皆さん。本来の古い靴を履いてくださり(本来の皆さんへと足を踏み出してくださり)、私達は感謝しています。靴紐をしっかり結んでください、とだけ言いましょう。これからランニングで出発するのですから。親愛なる皆さん、皆さんにはたくさんの仕事があります。再び、真実を伝える古い格言ですが、これはすべて皆さんによってなされるのであり、誰かが皆さんのために行うことはありません。ゆったり落ち着いてやっと手にした成功を味わっている時間はありません。いまは皆さんと「なった」ものすべてを使い、すべてを完成させてゆく時です。いいですか、皆さんの任務は文字通り、このニュー・ワールドを築くことです。ありとあらゆる方法、ありとあらゆる地域から、皆さん一人一人からもたらされる一片一片を元に、多種多様の終わりなき一片一片の供給を元に築くのです。ですから、じき行う集会は牢屋の外でおこなう第一回目のミーティングだと思ってください。そしてグループとして祝福する時間はたっぷり与えられるでしょうが、すぐに行動モードに切り替わらねばなりません。いまや、光として存在しているだけでは十分ではありません。新しさを完全にアンカーするために、そしてこのしっかりと固定したアンカーの上にエネルギーのピース一つ一つを置いて結集させ、まっさらなニュー・ワールドを成すために必要なことはなんであろうと「行動」に移さねばなりません。 これは小さな任務ではありませんが、ひとつひとつのステップを満喫されることでしょう。皆さんが任務にかかれば、皆さんの周りの世界も気づきます。そして一人、また一人と部隊は大きくなってゆきます。ゆっくりではありません、真の光の爆発のように人々は名乗り出てきます。それももっとも闇の濃い場所から、また思いもしなかった場所、影響範囲内から現れます。覚えていますか、皆さんは”すべて”のためにニュー・ワールドへの扉を開いたのです。この入口は誰かを締めだすなどということはありません。どのような行いをした人もどのような成果を出しをしてきた人も、この扉はすべての人が自由に入ることができます-本人さえ選択すればね。 もう一度言いましょう、出発してください。皆さんが前進し続けていれば、皆さんが起こす吸引力が古い闇の部屋にぐずぐず残っている人達にも説得力となって働きかけ、皆さんの後に続くことでしょう。ただ、全員がそうではありません。それについても皆さんが内なる太陽の輝きや新鮮な空気を味わい続けていればハッキリとしてきます。ですから、皆さんは「誰かがいなくなっている」ことに気づくでしょうし、突然、かたわらにサプライズとして新しい人が来ていることもあります。ただ覚えておいてください、傷心や苦痛もあるでしょう。このプロセスには代償が伴います。その代償は、この惑星に住み、呼吸している一人一人の魂の願いにしたがって払われます。新しい世界の恩恵を自らに与えるか、それとも古い世界に残ることを選んでその代償を払い続けるのか、それは一人一人が決めることなのです。 ともあれ、この日曜日はどうぞ参加し、この皆さんが選択し誕生させた素晴らしき新しい世界でのこの先の方向性を設定することに役立ててください。すべての意図と目的において、これは真に壮大なチャンスであり、私達は皆さんを歓迎するのを待ち遠しく思っています。皆さんは達成されたことについて称賛を受けることでしょう、しかしそれだけではなく、これから先の皆さんの仕事についての準備が始まる機会でもあります。 ですから、お楽しみに加わるか、もしくは身を引いて皆さんの後ろに立っている他の人々が前進できるよう道を開けるか。これからは、誰もひとの行く手を塞ぐことはできませんし、個人の意志に反して新しい世界への入口へと誰かを引っ張り込むこともできません。これは集団イベントですが、個人としてのイベントでもあります。参加したいか、参加したくないのか。皆さんの存在の一番奥の部分で選択せねばなりません。」 通常なら私はメッセージにふさわしい写真を自分の写真から選ぶのですが、今回は「新しさ」のエネルギーをとらえていると思える写真が一枚もありません。ですが数日前にコズミック・ベア-がクレタ島にいた時の画像をいくつか送ってくれました。それを見た瞬間、彼に返事をしました。「あなたが送ってくれた写真、今度の集会に使いたいの」と。 コズミック・ベア-、あなたのカメラのレンズを通してニュー・ワールドが私達に語りかけてきます。ありがとう。 まっさらのニュー・ワールドはもうそこにあるのです、「私達」がその扉を勢いよく開いたのです。私達が命を吹き込むのを待っています。忘れないで-皆さんが古い世界から離れて「その入口をくぐる」ためにただすべきこと、それは鏡の中の自分を見つめて、これらの言葉に込められた真実のすべてを受け取ること-「あなたは愛、あなたは愛されている、あなたには愛がある。」 私達はみな、等しい存在です。そこで皆さん全員に会えますように!私達が共同体として成し遂げてきた任務を祝福し、これから達成すべき仕事にとりかかるのが待ち遠しいです。私は存在の核の部分から皆さん一人一人に、全員の方に感謝しています。だって皆さんは神、女神なのですから。そんな愛に満ちた、活気にあふれたキラキラ輝く仲間と共に自分の光を輝かせることができるなんて、なんて恵まれているのでしょう。 永遠の感謝、愛と喜びをもって アイシャ<3 オスロ時間で21時に瞑想集会を行います。現地時間はこちらで調べることができます。 http://www.thetimezoneconverter.com/ いつもの通り、皆さんにとって最善のタイミングで行ってください。ただ座り、この新しいPONDの集会に参加すると意図し、このエネルギーに繋がってください。 翻訳:Rieko

アイシャ・ノース 2014年7月31日 活路の見付け方 パート422

アイシャ・ノース 2014年7月31日 活路の見付け方 パート422 The manuscript of survival – part 422 https://aishanorth.wordpress.com/2014/07/31/the-manuscript-of-survival-part-422/ 皆さんは舵取りの席につくべく、ずいぶん長い間準備をしてきましたね。つまり、皆さんはこれから、この素晴らしい世界の共同創造主という役割にもう一度つこうとしています。そこで、前述の「創造」というテーマについてもう少し情報をお伝えしましょう。皆さんは明らかにそれとわかるものを見渡せる方向に視線を合わせるべく、ありとあらゆる教えを受けてきました。ですが、もう皆さんのレンズは修正されました。もう一度、その目を核そのものに向ける時がきています。核と言いましたが、文字通り、核のことです。視線の先に騒動、妨害、雑音がもたらされると、重ね重ねそちらに焦点を向けるように訓練されてきました。そのため、その本質を見抜こうと皆さんがたとえ試みても、見透かすことができませんでした。しかし視線のもつれはもう解かれ、煙は外に吐き出されました。皆さんはもう一度、正しい方向に焦点を合わせてゆかねばなりません。 いつものごとく私達は比喩で話していますが、そろそろ皆さんは私達の言葉の本質を見抜き、その奥に潜む真実に繋がってゆくことでしょう。皆さんは何度もの人生をありとあらゆる公然の大騒ぎの渦中に身をおきながら過ごしてきました。そういった大騒ぎは、真実から皆さんの目を逸らすために故意に引き起こされてきました。そのため、皆さんは誰かが指を指して見ろ、と言われると、その指が誰の指であるかを見ずに、その指が示す方向を見る習慣がついています。そうやって、あらゆる形で現象のうわべだけを見て、その奥に在る本質に視線が向けられることはありませんでした。ですがこれからは、いままで通りの方向を見るのをやめる必要があります。そして、明らかなものからは目もマインドも逸らすのです。今後は、虚空を見ていただきたいのです。実に、言葉通りの意味でです。人類は、目に見えるものだけが存在し得るという考え方に慣れきっています。そうやって皆さんの世界はなんとか扱いやすく心地良いものとなるよう、小さく縮められてきました。さらに壁をもうけ、実体のないものは壁の外に追いやってきました。ですが、これからはその間に目を向けてゆかねばなりません。そこには無いように見えていても、すべてを可能にしているのは実にそのスペースなのです。 以前、1 + 1 = 3 という事実に触れました。今回は、この二つの1の間のスペースに着目してください。このスペースが欠けている部分そのものであり、皆さんからすればこれまでは存在しないように見えていましたが、実は有効な成分です。そして事実、すべてはそれを軸として回転しています。おわかりでしょうか、皆さんの脳はサイズや形、質感や構造、色彩や量といった感覚を通してすべてのものを分類するよう教え込まれています。そのため、その体系に適合しないものはすべて存在などしない、それは単なる「空気」 もしくは「何もない空間」となります。そしてそれは重要ではない、興味の対象とはならないものとして片づけられてきました。しかし、これからは皆さんにここに注目していただきたいのです。なぜなら、そこにこそすべての答えがあるからです。この「何もない空間」 にこそ皆さんが知っているあの生命が生じるのであり、そこでこそすべてが一体となって存在を成すのです。そこでこそ黒と白が結合して火がつくのであり、その火花が火を付け、点がつながって線となり、吸気が呼気となり、内が外と出会い、そうして両者の同時存在が可能となるのです。 私達の説明に目が回る人も多くいることでしょうね。ですが、この回転こそが残存している混乱を一掃してくれるはずです。なぜなら皆さんのシステム全体は、推定上からっぽの未知なる領域に入ろうとはせず、まだ昔のままの古くさい道を行ったり来たりしようとしているからです。皆さんは、目に見えるものこそが手に入るものだと考えています。ですが、これからはその逆です。皆さんにはまだ「見え」ないものこそが、皆さんが夢見るすべてを与えてくれます。さらに、それ以上のものまでね。 ですから、明らかなものからは目を背けてください。そして、周りにある昔ながらのわかりやすい形やシンボルに巻き込まれないように。代わりに、その間にあるスペースを見つめてください。そうすれば、皆さんの宇宙の構造の実体が見えてきます。皆さんの目に見える物質が重要なのではありません、真に重要なのは、その物質を取り巻いているものです。これが今日のレッスンです。ですから頭を振って、皆さんの周りを、そして内側も外側もよく見てください。そして見た目とおりのものや推測可能なものの奥を見透かし、皆さんの目やマインドにとっては存在しないものを奥深くまで見つめてください。そうすれば、それだけが唯一の方法なのですが、来たるものの形が見えてくることでしょう。それは想像を絶するほどに素晴らしく、無限で比類なく美しいものです。 翻訳:Rieko

アイシャ・ノース 2013年12月3日 活路の見付け方 パート375

アイシャ・ノース 2013年12月3日 活路の見付け方 パート375 The manuscript of survival – part 375 https://aishanorth.wordpress.com/2013/12/03/the-manuscript-of-survival-part-375/ もうお気づきでしょうが、あの大切な日曜日の瞑想集会にやってきたエネルギーは明らかにそのスピードを増しています。皆さんは過去の屑をたくさん捨てようと懸命に努めましたから、内には大きな穴がぽっかりと開き、以前とは全く異なる形で光が満たされようとしています。ですから、皆さんの中にむかって光はかつてないほどの勢いで流れ込んでいます。繰り返しますが、これは個人的なプロセスですから、内で何が起こっているかについては皆さんそれぞれが感じとる必要があります。お間違えないように。現時点ではあまり大きな変化を感じないかもしれませんが、皆さんもこのイベントの圧倒的な転換のただ中にいます。皆さんはもう、2~3日前とは別人なのです。皆さんはこの真っ白な熱い溶鉱炉の中に入り、過去の記憶はもう思い出されることもなくそこに預けられました。何世代にも渡って皆さんが内に持ってきた古い記憶です。それが今、浄化の祭壇に捧げられました。浄化すると大部分が除去されますから傷が残るような感じがします。そのため、しばらくは多少バランスが崩れているように感じるかもしれません。 自然は空虚を忌み嫌う、とお伝えしましたね。このかつての皆さんを構成していたところが大きな穴となりましたが、ここが広く開いたままでそう長くおかれることはありません。実際のところ、その穴はすでに埋められつつあります。ただいつものように、このプロセスは徐々に進行します。ですから、いまの自分が誰なのか、自分はどこにいるのか、把握しようとすると困惑が生じることでしょう。このプロセスはあらゆる面で信じられないほど速く進んでいます。ただ、ある意味では時間はまだ静止したように感じられます。ですから皆さんは同じ石の下で永遠にすり潰されているような気がするのです。決してそうではありません。ですが、そのように感じてしまう時があるというのもよくわかります。ですが、皆さんは古い層を全て除去するという厳しい試練をやり抜き、信じられないほどの進展を遂げました。それは自分の皮膚をばらばらに引きちぎるかのようでした。実際に、そのように感じた人が多くいるはずです。古い傷、古い不純物は皆さんの内に深く染み込んでいましたからね。ですから、それが取り外されるとそれなりの反応が起こるのです。それらは皆さんにとってとても大切な部分でしたから、それらを根こそぎ除去すれば、皆さんが新しい軸を取り戻すまでしばらくの時間がかかって当然なのです。 さらに、この空虚を満たしに何がやってくるか、それも個々によって異なります。この新しい世界で皆さんは自分の役割をどう定義しているか、それに合ったものがやって来るのです。いいですか、かつての皆さんは皆さんの古い定義によって存在していました。皆さんは将来、誰になりたいのか。いま、それを明確にする必要があります。これは完全に、皆さん一人一人が決めることなのです。ここに到達するまでは、はっきりと定義された役割が皆さんにありました。ですから、今後たどるべきガイドラインは多少あるはずです。しかし、私達から皆さんに強制することはできません。ですから、ここから次にどの道を辿るか、それを決めるのは皆さん一人一人です。覚えていますか、皆さんがここに送られてきたのは何かを達成するためであり、その何かは説明できるかもしれませんが、その仕事を実行する方法はいくつでもあります。全てを拒否し、単純にやめておくこともできます。繰り返しますが、全ては皆さんの手中-そして皆さんのハートの中にあります。自分にとってふさわしい道を見つけたければ、内なる導きに従わねばなりません。 皆さんのハートが歌いたくなるようなことを選択するように、と言いましたね。ハートが歌うなら、皆さんは確かにハイヤーセルフからの呼びかけに応じて進んでいるのです。そうすれば、多大なる後押しが得られます。前もって敷かれた道を辿ることを選べば、皆さんは自分のために設定したゴールに必ず到達します。しかし、これも変えることができないわけではありません。この先、どの道を選択するかは完全に皆さん次第です。このような時に肉体が苦闘しているとなると、幻滅を感じることもあるかもしれません。ですから自分でどのような行動を起こすか決め、それを通して未来に自分は何をもたらしたいのか、と考えているとあまりにもその山は高過ぎて今は登れないと思うかもしれません。ただ忘れないでください、いま全ての計画を立てる必要はありません。そんなことをしても実現可能となりません。いかなる時でも、「いま」の中で明晰なマインドを保つ必要があるからです。さて、ではこれはどう意味かといいますと、この森の空き地から踏み出す時の第一歩を、行きあたりばったりに踏み出さないよう注意していただきたい、ということです。それよりまず初めに時間をかけて自分の軸を取り戻してください。あまりにも疲れきっているから、またはイライラして、もしくは迷ってしまって、そのような理由で軽率に何かに飛び込んだりしてはいけません。目指すゴールに到達したいばかりに風のことばかり警戒してただ目を閉じたまま全速力で駆け出しても、棘だらけの道に迷い込むだけです。もう一度言いますが、時間をかけて内を感じてください。ハートから発する声に耳を傾けていれば、どんな速度でどの方向に向かえばよいか、誤ることなく選びとることができます。忘れないで、これは競争ではありません。ただ自分にとってふさわしい方向を見つけ出す、それに尽きます。それが見つかれば、皆さんにはわかります。無視できないほどハートが震え始めるからです。 ですから繰り返しますが、皆さん自身を新しいもので再編成させるこのプロセスがあまりにも大変だからといって諦めたり自分はもう駄目だなどとは思わないでください。皆さんは正しい方向を向いています。ただ、自分でそれをはっきりと読み取ることができるようになるまで少しの時間が必要なのです。全ては順調ですから信じてください。今は混乱して自分がすっかり空虚になってしまったように感じていても、です。皆さんはかつての自分の大部分を捨てたのです。昔から住んでいた、親しみあるアパートから真新しい家に引っ越して、そこで朝を迎え目覚めた時にとても似た状況です。全てがすっかり別の位置にあり、ここが自分の家だ、と落ち着けるようになるまでいくらかの時間がかかるのです。ですからゆったり落ち着いてこの中を感じ入る時間を自分のためにとってください。そして新しい環境を時間をかけてよく調べてみてください。皆さんは、古くて散らかっていたアパートから新しい住処に引っ越してきたところです。この部屋は遥かに広々としています。いくつかサプライズもあるはずですよ。皆さんがまだ見ていない部屋がたくさんあり、全て皆さんの意のままに使ってもよいのです。 もう一度、私達は創造の全てを代表し、の心からの敬意を表します。皆さんの尽力に感謝しています。実に大規模で重要なことを達成してくださったのです。この旅において、この行動は最も重要な行動の一つとなるでしょう。では、最後にこのアドバイスで締めくくりましょう。時間をかけてください。急ぐことはありません。ただし、待機状態でブラブラと過ごさないようにしてください。時間を賢明に使うのです。皆さんがなぜここにいるか、その本当の理由を知るために時間を費やさねばなりません。確かに皆さんには使命があります。しかし、皆さんがこの世界と何を分かち合うためにここにいるのか。その秘密を明らかにできるのは皆さんであり、他の誰にもそれはできないのです。 翻訳:Rieko

アイシャ・ノース 2014年2月18日 活路の見付け方 パート398

アイシャ・ノース 2014年2月18日 活路の見付け方 パート398 The manuscript of survival – part 398 https://aishanorth.wordpress.com/2014/02/18/the-manuscript-of-survival-part-398/ もう多くの人はいま来ているエネルギーが強く引っ張ってくるのを感じていることでしょう。まだ、何としてもしがみつこうとしている人々はフラストレーションを募らせていて、私達にも感じられるほどです。おわかりですね、これは簡単な作業ではありません。解放のプロセスをとても上達させ、うまくできるよと自負している人でも今回はどのような形にせよそうはいきません。皆さんの気力を削ぐわけではありませんが、この謎の抵抗について少し掘り下げてお話したいと思います。いま、皆さんが身をもって経験していることですから。 私達は皆さんが飛行できるよう、それを助けるためにいることは覚えていますね。その唯一の方法は、皆さんがその飛行船を留めている古い砂袋を手放すことです。その砂袋は皆さんをまだ地上に繋ぎ留めていて、皆さんが激しく揺れたりもがいたりすればするほど、その古いロープに絡まるばかりです。そして思いとは裏腹にどんどん窮地に追い込まれるばかりです。ですが、それはこのプロセスのパラドックスです。手放そうとあがけばあがくほど、どうしても取り除きたいと思っているものに益々はまり込んでゆくのです。ええ、とてももどかしいです。ええ、苦しいです。罠にかかった動物が逃げようともがいたり押したりしている様子に少し似ています。ですが、結局はさらに強く押さえつけられた感覚だけが残ります。 だからこそ私達はここにいます。皆さんは真の自由を獲得するまであと少しだと伝えるために。この自由は皆さんが呼吸できる新鮮な空気をもたらし、さらには完全なる解放感をもたらしてくれます。まさに文字通り、皆さんは息をのむことでしょう。ですが皆さんを邪魔しているものがあります。ずっと昔からあった、同じ障害物です。皆さんがこの障害物を置ける唯一の場所、それは内です。皆さんの外的環境がどうであれ、経済的にどんなに苦しい状況にあれ、さらに皆さんがどんな人間関係にあろうと、すべては皆さんの想像の産物に過ぎません。これこそ、皆さんが監禁されていると思っている本当の原因です。皆さんが内なる自由をいったん手にすれば、外的なものは皆さんを引き留めることなどいっさいできません。内なる自由があれば、一切の労力をかけずにいかなる山も登ることができるのです。まだ皆さんを引き留めている抑制を皆さんが手放した瞬間、皆さんは山頂まで飛んで行けるのですから息を切らすこともありません。 この抑制というのは、あの古い、もう皆さんはよくご承知の概念、自分はただ手放すことができないと思い込んでいるその概念のことです。こういった概念は、ただ皆さんの一部になっています。これまでずっと皆さんの一部でしたから、今後もそうあろうとします。ですから、他の人達、もっとラッキーな人達が彼らの抑制を手放してゆくのを脇から眺め、それで自分は満足するしかないと思っています。その人達は、あなたよりも自由を得る資格を有しているというのですか? それは偽りです。ですが、手放すためにそうやって奮闘するのはもう自分には無理だというなら、そういった幻想も都合がよいのでしょうね。そうやって皆さんは自ら退却してゆき、以前にもまして失望するのです。繰り返しますが、そのために私達はここにいます。いま、この時点で多くの人がこう自分に言う段階を迎えていることを私達はわかっているのです。 「もうたくさんだ。もう何年も何年も自由を手にしたくて解放したし、格闘を重ねてきた。でももう、これ以上やり続ける気力がなくなってしまった。私は失敗したんだ! 」とね。そうやって身を引き、傷を舐めようとしています。ですがどんなことをしても、傷の痛みは増すばかりです。いいですか、皆さんが力不足などということはあり得ません。ただ疲れきっているだけです。それで自分の強さが見えなくなり、すべては皆さんから遠ざかってゆくかのように見えます。残るは、皆さんがどうしても排除したいあの古い荷物だけです。 かくしてすべてが大きな音を立てて崩壊してゆき、皆さんも共倒れになっているかのようです。床に崩れおちた瓦礫の山にとり残され、立ち上がるどころか跪くことすらできない状態です。そこで私達から言いたいのですが、皆さんは道から外れてはいません。ゲームを脱落もしていません。一時的に息切れしているだけです。どうぞ座って、この激しい揺れの中で崩壊したかのように感じている「自分」にリダイヤルし、繋がってください。覚えていますか、このエネルギーはまだ皆さんにまとわりついている古い荷物を皆さんが振るい落とせるように全力を尽くして何でもします。ただプロセスの間は、あらゆる「ずれ」が生じるのです。つまり、皆さんはもう永遠に切断され、コミュニケーションは永久に止められてしまったかと思っていますが、これはちょっとした停電でしかありません。皆さんのシステムと、このとても役に立つけれどもやや手荒なこのエネルギーのソース(源)の間を行き来している流動的な信号が激しいために停電が起きただけです。 ですからどうぞ時間をとってもう一度繋がってください。内からのサインはクリアでピュアな状態でちゃんとそこにあります。皆さんが再び繋がれば、迷子にもなっていなければとり残されてもいないことがわかります。皆さんはただ、自分のスペースに散らかっている古い荷物の小さな山につまずいただけなのですから。いいですか、このがらくたの山を片付けるために時間やエネルギーを費やす必要はありません。ただ脇へ退いて、その山を避けて通り過ぎればいいのです。それだけです。それこそが、本当に捨て去ることができる方法なのですから、心配するのはもうやめてください。このがらくたは皆さんのものではありませんし、過去に皆さんに属したこともありません。ただ皆さんは道すがらそれを拾い、それは本当に自分のものだと思い始めたわけです。でも、違うのです。ですから、どうぞ自由にそれを道端に置いて立ち去り、余計な荷物はいっさい無してもっと軽やかな足取りで旅を続けてください。 私達はとても単純なことのように話していますが、実際にシンプルなことなのです。皆さんのマインドの中でだけ複雑化しているのですから。多くの人がこのシンプルなことを戦いへとエスカレートさせていますが、実際にはマインドの中でそうしているのです。この古い荷物をどうにかしようと自分の体重をその上に押し乗せ、行ったり来たりするので皆さんのハートはフラストレーションでくたくたです。がらくたの重みが手に負えないからです。ですが、その腕を放し、この重荷をどうすれば克服できるかと思案するのをやめればよいのです。ただすべきなのは、それはもう自分のものではないのだと気づくこと、それだけです。実際に皆さんのものではないのですから、ただ立ち去ろうと思った時、自由に立ち去ればよいのです。 翻訳:Rieko  

アイシャ・ノース 2015年3月24日 エネルギーアップデイ

アイシャ・ノース 2015年3月24日 エネルギーアップデイト A short update on the energies https://aishanorth.wordpress.com/2015/03/24/a-short-update-on-the-energies-88/            もうお気づきでしょうが、いま進行しているエネルギー塊の再分配はまだまだ止みはしません。これは一時的なものではありません。古いものからまったく新しい領域への不変の転換です。新しい領域は、皆さんがこれまで経験してきたものより遥かに高いのです。したがって、この転換によって皆さんの足を支えている地盤そのものが他のすべてと同様に非永久的なもののように感じることでしょう。それもそのはず、これは単なるうわべの変化ではありません。中心まですべてが変容を遂げているのです。 皆さんのエネルギー環境全体の劇的な転換がいま進行しています。それは皆さんが外側から見ているよりも遥かに深遠に起きています。ですから、皆さんが歩いているその地面そのものが不安定になっているようなものです。皆さんの惑星上には新たな大地電流が復活しているところで、皆さんの物理的乗り物はまだこの大地電流に対応できるまで微調整はできていません。この電流はすべてを覆っています。表面だけではなく、皆さんが住んでいる星の核の部分まで、すべてを覆っているのです。 皆さんが住んでいるこの惑星は周波数を変えました。それがすべてに影響します。これに一番気づいている人々、それは易々とこの周波数に同調する人々、そしてこの新たな周波数から一番遠くにいる人々です。つまり、一番最初の段階からこの新しい周波数を吸収すると選び、新しいエネルギーの地勢に自分も整列しようと決めた人すべてにとっては大いなる恩恵をもたらします。皆さんは準備の合図がやってきた時、それを聞き入れました。ですから、これから間もなく皆さんの地に到着する波の頂点に乗ってゆく準備が整っています。一方で、休眠から起こすための目覚ましコールが鳴っても無視することを選んだ人々には不協和音が生じることでしょう。その人々の基本周波数と皆さんの惑星がいま振動している基本周波数に大幅な食い違いがあるからです。 ですからもう一度言いますが、不測の事態を予測してください。不測の事態はありとあらゆる形で現れます。そして、それは在皆さんのこの小さな星に行き渡っているエネルギーの全帯域幅に含まれる微細なニュアンスにまで至ります。いま、周波数は土台から最上部まで変化していますから、ありとあらゆる周波数の数は互いに干渉し合っているかのようで、全体について一定した見通しを得るのは難しいかもしれません。ですから、嵐から身を守るべきときを心得ておいてください。そしてしっかり足を踏ん張るときを心得てください。いついかなる時も、皆さんはあの着実なゆっくりとしたリズムを見つけることができますので、そのこともわかっておいてください。着実な時間をとって内に行けば、いつでもあの真のビートを示してくれますからそれに乗ってください。 そこにこそ、真北が見つかります。皆さんはいつなんどきこの荒々しく変動する周波数の連なりにさらされ、針路から外れそうになるかもしれません。ですが、あの内なる針路に繋がっている限りは決して自分の位置を見失いはしませんし、失速することもまずありません。この先、いずれかの段階で前進する推進力も一切ないまま、顔を水面から立ち泳ぎするのがやっとだという場面が出てきます。ですが、実はそうではないということを知っておいてください。それは単に、周波数の層が重なりあっているがための当然の結果なのです。 ですから集中力を保ち、穏やかでいてください。そして皆さんはいつでもこの新しい周波数に完全に繋がっていることをわかっていてください。皆さんの個人領域で生じる混乱や崩壊は、すべて一過性のものに過ぎないということもわかっていてください。それは皆さんの周りで死にゆく古い周波数がうねっているだけです。あの新しいビートの呼びかけには従ってください。そうすれば皆さんの足も、皆さんという存在全体もさらに加速するばかりか、前に向かう新たな道を見つけ出すことでしょう。到来する風は皆さんの帆を満たし、他の人々は激しくかき回され続ける水の中で浮いていようと必死になっている間にも皆さんは高みへと持ち上げられてゆくことでしょう。 ただし、支配的なこの新しい風に対抗しようものなら、皆さんの旅は余計な課題を抱えて困難なものとなることもわかっておいてください。これは風にただ逆らおうとするどころではありません。皆さんはすでに精密にバランスのとれたエネルギー振動レベルまで引き上げられてきていますから、自主的に密度の濃い振動へと縮小するのはまるで精緻に調整された時計にスパナを入れるようなものです。ですから皆さんがここにいる目的を果たしてください。つまり、やってくる光の洪水が皆さんをもっと高くへと持ち上げてゆくのを許すのです。そうすればこの惑星での皆さんの本当の任務は成功します。それは自らをできる限り速く上昇させることによって「すべて」を引き上げること。そのためには古いものにしがみつくという概念の一切を放棄することです。古いものを全面的に降参すること、それだけが皆さんのこの作業の達成を助けます。ですから古い残骸ではなく、どうぞ皆さんを待ち受けている水平線に視線を定めていてください。古いものはすでに皆さんが通った跡で消滅し始めています。 おわかりいただきたいことはこうです。皆さんはこの真新しい振動を携えて世界へと出てゆくことができます。皆さんはどこへ行こうとも、常に地球から皆さんへ向かってエネルギーの応援がお返しとして送られてくることでしょう。と言っても、それは皆さんが他の人々のエネルギーに合わせようとして自分のエネルギーをどうしても下げようとしない限り、です。皆さんがここに来た目的は大衆にもっと溶け込むためにエネルギーの体裁を変えるような、そんなカメレオンになるためではありません。いいえ、皆さん自身の光がフルパワーで輝く中で、はっきりと輝いて際立つためにここにいるのです。ええ、人の目をひくことでしょう。ええ、最初は怖気づくかもしれません。ですがそれでも、皆さんはそうするためにここにいるのです。ですから堂々と、そして他人の気分を良くさせるために自分を小さくするなどといった古い概念からは離れて立っていてください。そういった考えに惹かれるかもしれませんが、そのような考えで起こす行動は皆さんのためにも他の誰のためにもなりません。むしろ、すべてに弊害をもたらすことでしょう。 そこでもう一度繰り返しますが、皆さんの光が最も重要であることをわかっていてください。いま、皆さんにとって初めて新しいエネルギー環境が整っています。この環境は皆さんの一歩一歩をサポートしてくれます。ですからこの先の旅で皆さんが何かに不足する必要はもうありません。ただしこのエネルギーのサポートは皆さんが自分のエネルギーのメロディを真のままに保ち、一切の手を加えたりしない限りにおいて上昇の力となってくれます。皆さんの惑星はいま優勢となっているこの新しいメロディに合わせてハミングを始めています。もし皆さんが自分のメロディに干渉すると、新しいメロディとの間で耳障りな音が生じてしまうのです。 ですから皆さんがもし何であろうと衝突しているのを感じる時は、どうぞ内にいってくださいというのが私達からのアドバイスです。そうすれば、すべては進行中のエネルギー運動の衝突への表面的な反応に過ぎないことがわかるでしょう。もしくは、皆さんがいる新しい水準から降りようとしているがための深いレベルでの反応かもしれません。その違いは実にはっきりと明瞭です。これらの相反する運動のせいで皆さんは困惑する時もあるかもしれませんが、いついかなる時でも皆さんには反応と原因を難なく区別することができることでしょう。なぜならもう皆さんは自らの内なる声に十分チューニングが合っているからです。 ですからよく耳を傾けてください。旅は新しい段階に入っていますが、もし皆さんやこのプロセスで先駆者となる任務を選んだ他のすべての人々のためにガイダンスとして設定されている境界線を踏み越えるように、との呼びかけを無視しなければ、この段階はそれほど大変なものではありません。皆さんにとって、その内なるガイダンスをいまほど必要としている時はありません。皆さんこそ事態の推移を明敏に見つめておかねばならず、それができる唯一の方法とは外界の混乱を無視し、いつどんな時でも混乱が生じたときは内なるガイダンスを求めることです。そうしていれば、いまや荒く波立っている水の中を必ず舵取りしてゆくことができます。そうすれば、有り余るほどの喜びの元を見出すことでしょう。到来している波はどんどん皆さんに推進力を加勢し、皆さんはすべての歩みをサポートされていることがわかるようになります。皆さんのすべての決断は神のようにインスピレーションを受けた決断となるからです。その時、皆さんが内で「知っていること」が針路を決めますから、皆さんは自分の役割を果たしてゆくことになります。つまり、短期間だけの話しではなく、長い目で見て最も利益となることを選びます。そうすれば永劫に計画されてきたことのようにすべてが実現することでしょう。 あの内なる光が皆さんの道を照らしますので、それを許してください。ただそうしていれば、いついかなる時も皆さんはしかるべき方向に進んでいるのだとわかっていてください。内なる呼びかけに従えば、たとえそれが驚くような方向へ導くものであっても一歩一歩がふさわしい歩みとなります。すべての皆さんにサプライズが訪れるでしょう。ですがよく耳を傾ければ、そこに驚きなどないということがわかります。その時になれば、何をすべきかがきちんとわかります。自然にわきあがるのです。つまるところ、それは皆さんから「すべて」への贈り物です。つまり誰もかつて足を踏み入れたことのない所へ行く能力、そしていくら呼び止められようとも決して受付けたりはしない内なる知識をもってそう行動する能力のことです。 皆さんはもう自分が何者であるか、そして何をすべきか、十分にわかっています。それを知って前進してください。いまや皆さんにはこれまで以上のサポートを必要となれば自由に利用することができることも知っておいてください。とはいえ、すべてのサポートは皆さんの内に見出すことができます。皆さんはすでに完全です。これからはここに来た目的を完遂させてゆくのです。しかも、一切の臆測を寄せ付けない方法で、です。皆さんはすでにその優れた腕前を証明して見せました。不動であることも証明して見せました。さあ、これからウイニング・ランの始まりです。誤りを正し、長らく消えかけていたものに光を灯すという壮大なる作業の最終部分です。言葉ではとても言い表すことができませんが、それでも全創造物を代表して私達からこの言葉を捧げます。ありがとうございます。 親愛なる光のファミリーの皆さん! 明日から私と姉は一カ月の旅に出ます。ですから4月5日日曜日のPOND集会を控えている来週後半までCC達からのメッセージを受け取ることはないと思います。皆さんがPONDに惜しみなく振りまいてくださる光、愛、洞察力、喜び、思いやりに感謝しています。こんなにキラキラと輝いているのは皆さんのお陰です。皆さんがいてくださり、そして私と旅を共にしてくださり、本当に恵まれています。私が何処へ行こうとも皆さんは傍にいます。私がここを離れている間も、PONDで私の存在を感じてくださいますように。皆で一体となってのこの旅のこれからの段階に幸運あれ。素晴らしき光のブラザー、シスター達へ! すべての愛をもって-永遠に アイシャ<3 <3 <3 翻訳:Rieko

アイシャ・ノース 2014年9月22日 秋分エネルギーのアップデイトと私からのアップデイト

アイシャ・ノース 2014年9月22日 秋分エネルギーのアップデイトと私からのアップデイト A short update on the Equinox energies and a short update from me http://aishanorth.wordpress.com/2014/09/22/a-short-update-on-the-equinox-energies-and-a-short-update-from-me/ 惑星全体が均衡の中に吊り下げられるあのポイントに達するまであと数時間のところに皆さんはいます。どこにおいても、光と闇が均等に分配されているかのように見える、あのポイントです。時間や皆さんが静止するように感じるこの時、巨大なる光の到来が起こることでしょう。秋分がチャンスをもたらします。今回は前回を遥かにしのいで広範囲に影響を与えることでしょう。 ですからもう一度思い出していただきましょう、内にフォーカスを保っていてください。そして昼夜にわたりもたらされるサインに注意していてください。光の使者が皆さんの元にやってきてノックします。皆さんはこの使者をもてなす宿主となっていただきます。すでにお伝えしたように、今回皆さんはとても特別な方法でこの使者たちと交流していただくことになっています。皆さんの元に光のメッセンジャー達は大きな高まりとなってやってきますので、チューニングできるよう目を覚ましたままでいてください。目を覚ましたまま、と言いましたが必ずしも何時間も眠らずにいるという事ではありません。今もすでに皆さんの元には大量な光の注入が始まっており、その前兆となる微細なサイン、もしくはわかりやすいサインもあるかもしれません、これらのサインに注意を払っていてください。 ——- 親愛なる光のファミリーの皆さん! 私はここ数日間、山の上で過ごしていますが、まるで泡の中に浮かんでいるような感じです。ここのエネルギーはとてもパワフルで、山そのものが揺れている感じがします。私達は7月に訪れたのと同じ場所へゆくようにと導きがありました。ただ今回は、セレモニーはしません。今回はただ、ちょうどこの時にここにいるようにとのメッセージでした。それと、ビディン湖から拾ってきた2つのクォーツを持ってゆき、前回私達が水を汲んで来たあの泉にそのクォーツを置くようにとのことでした。一つは淡い黄色の石で、小さな卵くらいの大きさです。その2つの石を小さな泉の中に置いて、私達は谷を降りて行き、谷沿いに流れている川に出ました。川のところまで降りて初めに目に入ったのは砂に埋もれていた石で、それは泉の中に置いてきた石とほとんど同じ石でした。色も同じ、淡い黄色です。なんてパワフルなサインでしょう!昨日はビディン湖の上の地点まで戻りました。2ヵ月前に「月のポータル」を開く儀式をしたところです。そこに魔法使いの杖のような古い樹の根が前回はあったのですが、まったく同じ場所にそれがありました:) 今日は泉に行ってきました。これで秋分のための「グループ」としての準備が完了したようです。今日はこれからオープニング・アップ(開放)をし、CC達の言っている「光の使者」を受け取ろうと思います。この魔法の山にはあと2日間滞在しますが、家に戻るまでは「お会いする」ことはないと思うので、いまお伝えしておきます。この素晴らしい経験の一部となってくださり、そして皆さんのパワフルなエネルギーをこの旅、POND、秋分に添えてくださり、ありがとうございます。 愛と光と感謝をもって アイシャとsister より 翻訳:Rieko

Rieko様より 瞑想会@大阪のお知らせ

Rieko様より 瞑想会@大阪のお知らせ   ハートに繋がる瞑想会@大阪 に来ませんか? 日時:6月21日(土)13時~ 場所:万博記念公園 どなたでも参加いただけます! Riekoも参加します。 個人としての瞑想ではなく、皆で共にハートを通じて地球に繋がり、  光のポータルを通して愛を送るためのグループ瞑想です。 主催:PFCU http://pfc-u.info/ 東京よりフリーエネルギーチューニングに来ていただきますので、 500円の会費制とさせていただきます。 宇宙ゼロポイントエネルギー体(絶対愛)のET(ウォークイン) Saeko Morishiro開発の「AENA」と繋がり、 愛と光と150%の電池充電人間に。   「 ①愛は人に分ければ分けるほど増える ②周波数がますます高くなる  ③人類未踏の体験が増える 」 ≪映画アバターのツリーのイメージ≫ 参加くださる方は love.light2014@yahoo.com むらかみ  までご連絡ください。 愛と感謝をもって   Riekoより http://rieko-gotterfunken.blogspot.jp/p/blog-page.html    

アイシャ・ノース 2015年3月14日 エネルギーアップデイト

アイシャ・ノース 2015年3月14日 エネルギーアップデイト A short update on the energies https://aishanorth.wordpress.com/2015/03/14/a-short-update-on-the-energies-87/ 皆さんのシステム内にメッセージをお伝えするために、またやって参りました。ええ、入念にこのような言葉を選んでいます。これらのメッセージはありとあらゆるフレーバーで伝わります。私達は人間のマインドがとてもよく知っている言葉をお伝えしているかもしれませんが、実際のところはその言葉と言葉の間にあるものが原材料、つまり振動で、皆さんに一番影響を与える部分です。ですから皆さんに「見えている」ものは何であれ氷山の一角に過ぎません。いまの段階ではそんなことに驚きもしないかもしれませんが、人間という見せ掛けの背後で起きている事のすべてを何度も繰り返し思い出していただくことが大切なのです。皆さんだけではなく、すべての人間のことです。 光のプールはいまのところ比較的穏やかに見えているかもしれませんが、実際は超伝導エネルギーが強烈にチャージされた深いポケットになっています。このお陰で皆さんは山を動かすどころか、皆さんが目指す道に散らかっている障害物を飛び越えて上昇してゆくこともできます。どのような方法かというと、この先に新たなルートがあることを見せてくれるのです。ざっと見たところでははっきりとは見えないかもしれません。ですが長い目で見ればずっと遥かに現実的な選択肢として現れることでしょう。 また曖昧な表現をしているように思うでしょうか、ただこう言っておきましょう。皆さんが実際にどこへ向かっているかを知るためには、皆さんが内にいって見るべきです。何度もお伝えしてきたように、この先の道のりは石に刻まれてはいません。これから、それはますます明白になってゆきます。いまやすべては流動的です。実に文字通りの意味でね。動いている氷河がある日パックリ割れて開き、また次の日には閉じてしまいますが、皆さんのこれからの旅もそのようになります。つまり、皆さんの計画にしたがってこの旅の次の段階がどう「なっている」か、などという概念にこだわらないでください。これから先はできるだけ流動的でいなければなりません。そうすれば皆さんの元に予期もしなかったチャンスがやってきやすくなり、それをうまく活かすことができます。昔から繰り返しているように、マインドに邪魔させないようにといのがいま再び最も重要なアドバイスです。いま到来している光は、繋がり合ったたくさんの古い経路を焼きながら浸透してゆき、新たな経路を作っています。以前は何もなかったところにエネルギーレベルで連携を構築しているのです。 ですからどうぞ流動的にいてください。オープンでいてください。何よりも大切なのは、「自分」に繋がっていることです。皆さんはこの旅の全体性を深い所で知っています。ですがこの旅をいまのその人間として生きたまま実行してゆくためには、その情報を知ることが皆さんにとって有益となるまでその情報にアクセスすることはできません。いつものように、何か新しくて好奇心をかき立てるようなものがチラリと見えて皆さんの想像力を作動させても、先を読むとなるとこれまで通りワンパターンな型にはまりがちなものです。 何度もお伝えしてきたように、いま来ているものは皆さんが今まで一度として見たことのないものです。それでも皆さんの人間の部分がどうしてもその全体の意味を理解しようとするものです。皆さんがいつも通りの物事の感じ方でピッタリあてはまるようなアイデアを思い描いて理解しようとするのでしょう。そうしてそれに従って行動しようとします。ですが、いま皆さんはいかなる過去の習慣、行動や反応、感じ方まで古いやり方から脱け出すようなんとしても努めなければなりません。 いまはオープンでいなければなりません。ええ、言葉通りの意味でです。この旅の行き先や、近い未来もしくは遠い未来に自分はこんなことをしているだろうなという以前に抱いていた概念そのものに対しても、オープンでいなければなりません。いま、そういった古い考えもすべて消えてゆくがままに許す時です。そうすれば皆さんのための選択肢は大幅に広がる余地ができます。 覚えていますか、人間のマインドというものは既に馴染みのあるものをとても心地良く感じます。ですから既成の枠組みにとらわれない考え方・生き方が素晴らしいとは思っても詰まるところは多くの人が身を引いて絶対に失敗のない既成枠の制限の中の方がずっと心地良く感じることでしょう。ですが、皆さんの夢や憧れを定義していた古い概念と完全に決別するとは真の意味でどういうことか、そしてそういった古い概念をすべて手放し、自分の元にやってくる「NEW」を何であれ十分に受け入れることができる状態を受け入れるかどうか、真剣に受け止めて考えるのは皆さん一人一人です。それはやってきます。ですから、質問するならこうです。あなたはその準備ができていますか? ですからもう一度言いますが、時間をかけて自分と共にいてください。それも、あなたの想像の一番遠くまで行き、さらにそれを超えていけるくらい真実の状態で自らと共にいてください。いいですか、現段階の皆さんが考えているよりも皆さん自身はもっと大きな存在です。ですから自分の前にあると思っているものと決別できないがために自分自身を閉じ込めるようなことはいけません。自分を自分自身から解放してください。皆さんのハートにはもう莫大な可能性が湧いてきていますから、その可能性を許してください。そうすればついにわかることでしょう。見れば見るほど、皆さんは事実として無限であることがね。 ですから、自らの制限の概念が溶けてゆくのを許してください。これまで抱いてきたすべての期待もです。そして何が起きるか見ていてください。皆さんがこの後どこに行くことになるか、いくらたくましく想像しても皆さんは決して予測することはできません。言葉であれ想像であれ、いまの皆さんの語彙ではとても言い表せない方向へ進んでいるのですからね。ただしお忘れなく。途方もない夢をさらに超えて想像したいのであれば、その夢が溶けてゆくままに受け入れることです。そうして初めて、皆さんの「NEW」の真実がついに実体化し始めることでしょう。 しばらくの間、自分自身と共に座ってください。そしてすでにもうやったと思っているかもしれませんが、「大きく」考えてください。いま、これまでよりももっと大きく考える必要があります。かつて考えてきたことすべてを超越して考えてください。そうして皆さんが共になってのクリエイティブな想像力がフルとなって皆さんをさらに先へ進ませますので、そのまま委ねてください。そうすれば皆さんはその旅の完全なる真実に少し近づくことでしょう。そして実際に皆さんが行っていること、そもそもなぜ皆さんはそれを行っているかという理由を本当に初めて味わうことでしょう。もう一度、皆さんの旅の次の段階、おそらく一番ワクワクする部分に私達より幸運の祝福を贈ります。これまでの期待よりももっと遠くへ進む気になられますように。 翻訳:Rieko

アイシャ・ノース 2015年3月20日 春分のアップデイト

アイシャ・ノース 2015年3月20日 春分のアップデイト An Equinox update https://aishanorth.wordpress.com/2015/03/20/an-equinox-update/ 再び、このように皆さんと心を通わせる機会を持ててとても嬉しく思います。喜びのメッセージをお持ちしました。山頂に立ち、皆さんの領域だけではなく、私達の領域すべてに向かって読み上げるものです。水が分かれ、復活が生じます。「NEW」が現れ、古いものは消滅し二度と戻ることはありません。光は誰もかつて経験したことがないほど発展しています。皆さんはようやく、蒔いたものを収穫するのです。光をその地に運んできたのは皆さんですから、一番にその恩恵を受けるのも皆さんです。ですが皆さんを通してこの恩恵は大衆へと均等に分配されてゆきます。受け取りたい人々には等しく与えられることになるでしょう。 今回も、現れ出たのは謙虚な人々です。より偉大な栄光など考えてもいない人々、もう一度ONEとなりたい、ただそう願っている謙虚な人々です。この唯一のゴールがすべてを高みへと持ち上げます。皆さんは富という外界のうわべの罠を捨てると選んだのですから。皆さんこそが富める者です。ただそうあろうと選択しました。騒々しい叫び声の流れに抵抗するマントを身に付け、誰もかつて足を踏み入れたことのない領域へ行くという仕事を引き受けました。そのために皆さんはもっともシンプルなガイダンスだけを携えていました。それは皆さんという存在の核から発するガイダンスです。 そして皆さんは無なる荒れ地へと歩みを進めたのです。生気のない、なのに対立が起きている数々の谷、差し込もうとする光を遮っている深い谷。ですが皆さんはすべての谷を通り抜けて谷の向こう側へと出てきました。勝ち誇っています、ですが優雅さを湛えています。勝利を収めながら善意に溢れています。謙虚さという優美をもって出で現れたのです。皆さんは自らの達成を自慢することもなく、単にそのように存在しています。皆さんは言葉ではなく、徹底して行動そのものでした。その行動によってこそ皆さんは闇の渓谷を見事に登り、全身に光の聖別を受けたのです。こうして登ってゆくことを皆さんが選択したからこそ、皆さんは「すべて」を持ち上げたのです。皆さんは数多い人々のうちの一人ですが、その数多い人々の中の巨人です。海を分かち、以前はただの砂だったところに確かな土台を見つけた人々です。その土台は運命の行方を、そして皆さんが住む惑星の針路を変えたのです。 かつては不毛な闇の土地でやむなく耕作することを強いられていましたが、その闇の地から皆さんは初めの一歩を踏み出しました。その時から皆さんを待っていた肥沃な土壌に、皆さんは根を下ろしました。いまやその根からは生まれたての苗木が芽生えています。この苗木はあっという間に大きく育ち、全人類がこの果樹園の豊かな大枝の下に住めるほどになるでしょう。大昔前に皆さんが蒔いた種はすでに豊作をもたらしています。その種達はすでに新たな成長をし、あの境界線を踏み越えることを選ぶすべての人々を持続させるほどになっています。あの境界線とは、古い境界線を踏み越え、まっさらな土地を持つ権利を求めて皆さんが作りだした境界線です。そのお陰でかつては選択肢もなく我慢するしかなかったところに、いまや再び息吹を返すという選択肢があります。その選択肢を見いだし、それに基づいて行動することでね。 そのように事が起きています。皆さんが壮大なる存在となるためにここに来たからです。くじけることなく、そして過去という地に落ち着くことを拒否し、自らの土台にしっかり足を据えました。そして存在のすべてでもって前進し、古い幻想をバラバラに引き裂き、鉄のカーテンをずたずたに破り、その外にある自由という新鮮な空気の中へ出てきました。そこは豊富なる地、永久なる地です。いま、この豊富なる地はそれをハートから歓迎する人々すべてのための地となります。彼らもこの壮大なる新たな領域に参加する権利を持しているのですから。これは全員のためにあるのですが、その人々がここに加わると選択するかどうかにかかっています。 ですが今日のところはただ喜んでください、とだけ言っておきましょう。自由は皆さんのものです。この先、感嘆と喜びの風景が皆さんを待っています。この風景も皆さんのものです。皆さんはもうなりたかったものになることができます。はるばるここまで、そのためにやってきたのですから。きっと太陽の輝きに勝る光を放ち、永久を超越することでしょう。皆さんはそうなることになっているのですから。真に自らや「すべてなるもの」とONEとなることを選んでくださった皆さんという存在に感謝を申し上げます。これからはONEこそが皆さんがあるべき最後の姿です。このメッセージを、皆さんを新生として歓迎して締めくくりたいと思います。新たに再選択をした人々、自らの選択でもって離れて立ち、しかるべきものを元に戻すために退いた人々なのですから。さあ、皆さんはここにいます。「すべてなるもの」が内に抱いている夢を実現させるために一番にYESと言うという極めて重大な初めての決心をした皆さんの跡に、何もかもすべてが続くことでしょう。いま、そしてこの先も、然りです。 翻訳:Rieko

アイシャ・ノース 2015年1月12日 エネルギーアップデイト

アイシャ・ノース 2015年1月12日 エネルギーアップデイト A short update on the energies https://aishanorth.wordpress.com/2015/01/12/a-short-update-on-the-energies-78/ 過去を見せ掛けている霧が散り始め、多くのものごとがありとあらゆる形で表面化し始めています。皆さんはもう新鮮な空気を取り入れていますから、皆さんの人生の見通しはこれから詳細化することでしょう。説明しましょう。何度もお伝えしたように、皆さんはそれぞれに何らかの種を内に携えています。その種を蒔きにここにいるのです。この種というのは、皆さんとこの惑星全体が完全な輝きを放つために必要な情報のことです。皆さんはすでに完全な存在ですから、あとは生来備わっている潜在力のすべてを可能にするだけです。そうして皆さんだけではなくすべてのものを以前の破滅的なバージョンとはかけ離れた、もっと別の何かへと変えてゆく必要があります。皆さんには知識という形のすべての潜在力にアクセスできるばかりか、神聖を汚され再創造を必要としているものにもアクセスすることができます。以前お伝えしたように、すべては振動です。振動とはあらゆる周波数のエネルギーのことです。エネルギーですから常にいかようにも適応性があります。「変えられないこと」は一つもありません。すべては可変です。皆さんと「皆さんの夢」を遮っている命を持たない物体のように見えているものさえ、変わります。この意味は少しずつ理解されることでしょう。そして古いルールをすべて書き換え、シンプルなルールに置き換えてゆくのです。シンプルなルールとはつまり、愛から由来する限り何でも可能だということ。それがすべてです。皆さんはただ自分自身を変えてゆけば周りのすべてが変わります。皆さんが変わり変質すると、それが周りにあるものすべてを起動させ変化が起きてゆくのです。 覚えていますか、この深遠なる変化は原子より小さなレベルで起きていると以前お伝えしましたね。ですから、その頭についている「目」という名前の開口部を通して「見る」のは不可能かもしれません。確かに目にも使い道はありますが皆さんご存知の通り、目には限界があります。ですから皆さんは見る角度を変え、いつも五感を通して使い慣れている表面的・計測可能レベルを超越せねばなりません。回りくどい言い方をしていますが、つまりこの深遠な変化はすべてを変えることでしょう、ということです。ただし一度で途轍もなく大規模なレベルで変えるので、その変化は全創造物すべてに行き渡ります。ですが同時にとても小さなレベルで起こるので、皆さんの最先端の科学技術機器をもってしても完全に見抜くことはできません。ただ皆さんの中で頭脳明晰な人が何とかしてこの超常的イベントのような底知れぬ深い穴をどんどん深くまで覗き込むことでしょう。この超常的イベントが皆さんという存在の根本原理、つまり物質発生の裏に隠されたメカニズムです。皆さんもすでに多くをご存知です。これについては学術者達が今までに何万ページにものぼる研究を重ねてきました。ですがその大部分は推論に過ぎません。完全なるプロセスや最後の小さなピースはまだ未発見のままです。 学術者達がこれまで見てきたものにはすべて、まだ疑問の余地が多く残されています。しかしたとえそうでも、切実に求めている捉えどころのない答えを見つけるために最小レベルの粒子の中まで十分に深く掘り下げるという課題が彼らを引き止めはしません。そうですね、答えは見つかるでしょうが、彼らの思っている形では見つからないでしょうし、ここだろうと推測しているところにも見つかりはしません。とだけ言っておきましょう。これらの答えが現れるとすれば、それは皆さんのような人々によります。このメカニズムは計測可能であるばかりか果てしなくシンプルかつ高度に複雑なもので、皆さんはその生きた証です。皆さんは自らの情報回復・送信装置の再調整の方法をまさに学び直しているところで、そうやってこの大規模な変化の結果を表に示し始めています。皆さんにこれができるのは何故かというと、その肉体という乗り物全体の昔の素粒子設定を交換したためで、それで創造物の中に存在する遥かに進化した二重のエネルギー・ハイウェイに適合するからです。これまでの皆さんの歴史において、このハイウェイは使えないように隠されていたのです。 皆さんは横道や回り道をずっと使ってきました。その迂回の回数は数えきれないほどです。皆さんは高度に帯電されたダウンロード情報を取り込む力がなかったので、そうするしかなかったのです。何千年もの間皆さんは自分自身の存在の全レベルから切断されていましたが、ダウンロード情報はいつも皆さんの存在の全レベルを通過していました。おわかりでしょうか、皆さんは複合プレーンの存在形態が相互接続しているスープの中を文字通り泳いでいるのです。すべては同じスペースに共存しているのですが、真にこれを理解するのは難しいことでしょう。ですがすべてを素粒子レベルで見分けることができるようになれば完全に筋が通ることでしょう。いいですか、スペースは現段階の皆さんが想像するよりも豊かで便利なものなのです。皆さんが物体を見る時、皆さんはそれは塊だと思って見ています。しかし実際には回転する粒子の大群が集まったもので、それが塊のように見えているのです。実際にはエネルギーで満たされた粒子が、一見したところは空っぽに見える壮大なスペースの中を動いています。ですからすべてを圧縮するととても小さな塊が皆さんにも見えることでしょう。それ以外は単なる「空っぽのスペース」ですが、実際のところ空っぽではありません。そのスペースはもっと捉えどころのない粒子で満ち溢れています。このもっと小さな粒子は皆さんの周りや皆さんの内側にある他のすべての次元で「塊」を成しています。 創造物の「皆さんの」部分として皆さんが定義しているスペース内で、指定通りに組み合わされて存在しているすべてのものはここ、このありふれた風景の中に潜んでいます。皆さんの目の前だけではなくありとあらゆる所、内にも外にもあるのです。ですから皆さんには自分しか見えていなくとも私達は皆さんと同じスペースにいます。ですがこれから皆さんはこれまで捉えどころのなかったこの「相対物」と少しずつ意識的に交流できるようになっていきます。それは存在の秘密の部分で、これまで皆さんはそれに気づくことも説明することもできず、それどころか想像すらできずにいました。ですが皆さんに内在する「超伝導体」を使い、これからそれと繋がる方法を皆さんは学ぶことになります。実はそれが皆さんのその物理的乗り物の統合された部分のことであり、これほど深いレベルで可能となったのはここ最近の皆さんの集団としての能力の成果です。つまり、この目的のためだけに送信されていた点火のための振動に皆さんでチューニングを合わせたからです。 覚えていますか、潜在力はすべてのためにあります。今までは隠されていた意識の流れの中を皆さんはもう泳ぎ回っていますが、ここにすっかり吸収されるためには皆さんが思い切ってそこに飛び込まねばなりません。皆さんのうち大勢の人がすでに飛び込んだので、この惑星でこれほどとてつもなく大きな内なる変化がすでに生じています。あらゆる面においてこれは連鎖反応のようなものです。飛び込む人が十分な数に達すれば、つまり今のような場合ですが、皆さんは分子レベルで途轍もなく大きな爆発的なエネルギー運動を生み出すことになります。この運動は皆さんの惑星の核まで、そして全人類の核まで達することでしょう。 私達の説明は皆さんの科学者が一生懸命に探究しているかの名高い粒子よりも捉えどころがないかもしれませんね。わかっています。ですが、シンプルな事実を理解していただきたいのです。つまり、皆さんは全人類にとって非常に重要な変化をすでに成し遂げました。それは人類の存在のごく初期から始まった種としての進化、古代の皆さんの祖先が初めて陸地に足を踏み入れて以来辿ってきた全プロセスを合わせたものよりもっと深遠な変化です。この重要な変化はまだ皆さんには見えていないかもしれません。それは、これが真のクォンタム・リープ-創造そのものの始まりと同じレベルで起きています-が最小レベルの粒子単位で起きているためです。この粒子が、すべての存在の土台なのです。このレベルで皆さんは途轍もなく大規模な変化を生じさせたのです。可視スペクトラムの一番端から反対側の端へと移行したようなものです。これを説明するとなると、私達の言葉では十分に伝わりませんね。皆さんは自分で自らの新しい振動にチューニングを合わせる必要があります。そうすれば、私達の大まかで効率の悪い言い方で何を伝えようとしているかおわかりになるはずです。チューニングを合わせれば、皆さんという存在の内なる視界が変わっていることがわかるでしょうし、その変化によって皆さんがこれから着手しようとしている偉業を以前の皆さんなら成し遂げ得なかったこともわかるでしょう。そして皆さんはスペクトラムの新たなスペースへの完全な移行に成功したこと、さらに新星の下で皆さんという存在全体が展開してゆくことを自らに許可したこともわかるはずです。 皆さんは新しい入口を開いた上に、明らかに見えているものを超越して見るために皆さんを遮っていた天井を取り外したのです。まさに文字通りの意味でね。これから開けてゆく眺めは皆さんが長らく見てきた景色よりも遥かに先進的で快適です。皆さんは自らの変化を受け入れたので、それによってこの惑星全体の変化が皆さんのお陰で可能となりました。二者が共になり、完全なる統合を成し遂げた皆さんがどれほどクリエイティブになれるか、これから皆さんは探究してゆきます。そしてこの探究の基盤は愛の方程式に基づいています。愛がドラムとなって拍子(ビート)を決め、それがすべてのハートの新たなリズムとなります。そしてその音が皆さんのハートを完璧な調和の美しさをもって歌わせるでしょう。共に皆さんはシンフォニーの最高傑作を創造するのです。それは皆さんだけではなく全創造物が長い間待ち焦がれていたシンフォニーです。 翻訳:Rieko