Tuesday, May 23, 2017

アイシャ・ノース 2014年2月26日 活路の見付け方 パート400

アイシャ・ノース 2014年2月26日 活路の見付け方 パート400 The manuscript of survival – part 400 https://aishanorth.wordpress.com/2014/02/26/the-manuscript-of-survival-part-400/ もう多くの人がお気づきでしょうが、いま到来中のエネルギーによる変動があらゆる形で皆さんに影響を投げかけています。いま身をもって何を経験しているか、説明しようにもできない時もあるでしょう。私達にただ言えるのは、いま皆さんはかつてどんな生き物も経験したことのないプロセスを経過中だということです。皆さんは文字通りのパイオニアです。もうすでに未開の地に踏み込んでいますし、この先もこの未知なる水の中をさらに進んでゆくことになります。このように言うと不安になるかもしれませんが、皆さんは捕まえようのないものを追いかけるといった無謀な旅に出されているわけではありません。これは皆さんを本当の皆さんに戻すための旅です。 こう言うと沢山の人が「またか」と思うでしょうね。この旅に昨日初めて踏み出したところだ、などという人はこの中にはいませんから、ごもっともです。皆さん全員にとって、この旅は大昔前に始まったものです。スピリットが今の身体に入ってからのことしか思い出せないかもしれませんが、ただ言えるのは、これまで皆さんがしてきたことはすべて、このゴールを念頭においてのことだったということです。この旅は皆さんが理解できないくらい長く続いています。この意味を考えるだけで疲れるでしょうから先に言いますが、永遠に続くかと思われたこの旅の最終ゴールに向かって、皆さんは最後の大詰め段階に入っています。 そんなことを言っても慰めにもならない人が多いでしょう、それも十分承知しています。この今の人生だけを取り上げて熟考・検討するとしても、かなり大変なことです。いま、皆さんは振り返る限り自分は少しも変わっていないように思うかもしれませんが、それももっともなことです。このプロセスの慌しさと摩耗により、皆さんは自分どころかこのプロセス全体すらクリアに見る力が落ちてしまうのでしょう。視界はあらゆる形でぼやけ、真実を知覚しようにも他のすべての能力も同じように不鮮明になってまったかのように感じていることでしょう。ですが、これまで何も起きなかったなどと言う人は一人もいないはずです。私達は確信しています、まったく昔と変わらず、手も足も出ないなどという人はいないはずだと。 皆さんが外を見ても中を見ても、昔のままの状態のものなど一つもありません。ですが、「そんなことはないぞ」と言う声が実にたくさん聞こえてきて、皆さんにそう思い込ませようとしています。それらの声は昔のままのメッセージ、絶望・幻滅・無力化させようとする古いメッセージで皆さんを攻撃しようとしています。自分は大変な作業ばかりせざるを得ないスペースにいて、そこで身動きがとれないかのように皆さんが感じている間は、なかなかそのような声を無視することができません。そして皆さんはまたくじけて、確信を失っていきます。そして、これは全部ウソで自分は騙されていたのではないかと考え、足を引っ張ろうとしている見知らぬ存在がいて、彼らが楽しめるよう決して手に入らないものを探究させられているのではないかと考え始めたりします。ごもっともです。そんな考えを持った人がいても、私達は決して責める気はありません。 皆さんの頭はそのようなパターンと精神的なループから出られないように深くプログラミングされています。どこまでいっても失望と希望を繰り返し、挙句にはさらに絶望するというパターンです。ですが、このメッセージを読んでいる人の大半はこの疑念の轍から何とか抜け出してきています。ですから、昔の皆さんがいた所からはかなりの旅路を歩んできているのです。皆さんを引き止めようとする古い制限の糸はまだなお数本残っていて、いま皆さんはそれを引っ張ったり伸ばしたりしているところなのです。 ですが時折、またあの古い轍に戻ってしまったように感じることがあり、希望を失いたくないと懸命に格闘しています。いままで成し遂げてきたことは無駄ではなかったはず、この旅に出た初めの頃とは違うところにいるはずだ、と。皆さん、皆さんはあの頃の皆さんではありません。何が起きているのかというと、この古いプログラミング、いわばコンピューターのバグが血を流しているのです。この亡霊、この揺らめく現実という幻想こそがリアルなのだと皆さんに思い込ませようと最後のあがきを見せているのです。ですがそれはリアルではありません。そのようなわけで、このような過去の亡霊がもしまた皆さんの元を訪れた時にただすべきこと。それはこれまでのプロセスで自分は何かが欠落していると思うたびにやって来たことをただやる、ということです。ただシンプルに焦点を「皆さん自身」に向け直すのです。そしてそんな考えを皆さんの周りに徘徊させないでください。偽りの情報やプロパガンダの古い網に引っ掛かって捕らわれやすくなるのです。 いいですか、この古いゴースト・タウンから聞こえてくる声がまだ聞こえてくるということは、皆さんがその声に耳を傾けようと選択しているからです。そうではなく無視することを選べば、他の声が大きくクリアに聞こえてきます。その声が携えるメッセージはまったく異なるメッセージです。こちらの声は光の形をしており真実を伝えます。光の伝えるメッセージはただ一つ。愛のメッセージです。一般の通念では憎悪は愛の反対だと言われていますが、皆さんの多くはもう本当の真実を発見されているはずです。愛の反対は恐怖です。恐怖は焦点を光から外そうとし、そうやって蔓延ってゆきます。するとマインドがまた一人で歩き出して迷子になり、いつもの通りマインドにとって馴染みのある場所へ戻ろうとするのです。覚えていますか、マインドはいかなる形・サイズ・形式であろうと変化を避けるよう定められているのです。未開の領域へ冒険に行くという概念自体、臆病な人間のマインドにとっては荷が重過ぎてじっくり考えることはできないのです。 皆さんのどのパーツについても、信頼を落とすつもりはありません。マインドについてはなおさらです。ただ思い出していただきたいのです。始まった時から皆さんのマインドは生存モードに設定されていました。ですから時間が経過する中で光を表していない他のフォースが介入してきた時、皆さんのマインドはその生存モードをさらに深く刻み込んだのです。そしてこの生存モード強化バージョンが特に一つの衝動を作動させていました。それが恐怖の衝動です。これまで何世紀もの間、恐怖は皆さんの中や周囲でとてもパワフルに振動してきたため、皆さんの内なる力を抑えて優先的に作動していました。ですからまったく新しいものに出会うと必ず皆さんは本能的に恐怖というリアクションをしてきたのです。そしてそのリアクションから一歩身を引くという術をマスターするために皆さんは長い時間を費やしてきました。ですがいまなら、皆さんはこれをマスターできるのです。これまでもあらゆることをマスターしてきましたからね。変化は不可避であると見なす技をすでに会得したのですから、皆さんはすでにマスターです。つまり、恐怖という古い轍から脱却することができているのです。ところがお伝えしたように、過去の亡霊が時折頭をもたげようとします。昔の香りはまだ残存しており、そこから上り立つ過去の幻滅・絶望の香りを皆さん全員が匂っていたのではないでしょうか。 そのようなわけで私達は何でも繰り返し皆さんに「本当の皆さん」を思い出してもらっています。そもそもこの記念すべき変化をなぜ皆さんがくぐり抜けているか、その理由は本当の皆さんのためです。私達や他の創造物を「楽しませる」ためにこのプロセスが行われているのではありません。これは皆さんだけではなく惑星全体をこの深刻な打撃をもたらす古い支配パワーから解放するためのプロセスです。この古いパワーは誰かが古い境界線の外に踏み出そうとするたびに頭をもたげ、恐怖の信号を送り出すのです。 しかし皆さんはこの境界線をすでに破りました。実際のところ、ずいぶん前にこの境界線を越えたのですが、それでもあの古い声は諦めず、皆さんをあの古い襞の中へ押し戻そうとします。ですが親愛なる皆さん、皆さんはもう後戻りできない地点をも越えて遥か遠くへ進んできました。あの古い恐怖の声を聞いて皆さんを雁字搦めにする直感的反応が皆さんの中で起動したとしても、それもまた幻想に過ぎないということをわかっておいてください。もう皆さんはこの恐怖に支配されてはいないのです。多少は皆さんの肉体レベルで反応するかもしれませんが、それ以上の力はありません。ただ以前は皆さんの中で恐怖の匂いを嗅ぎとると反応していましたから、それにならってマインドも反応しようとするのです。もう一度言いますが、皆さんはいま時間を経てはるかに賢明な存在になっていますから、この古いパターンがまた起きたなら、皆さんがやらなければいけないことはただ自分の核の中へ入って安心を得ること、それだけです。 この心強い核の中へ入れば、皆さんは必ず愛を感じます。核の中で愛の振動はどんどんパワフルになっていますし、その振動は内からだけ来ているのではないことも感じられるはずです。これは宇宙の愛の振動、絶え間なく永遠に脈打ち続ける心臓の拍動で、皆さんを待ち受けている未知の領域をもっと進み入ってゆくために必要なものはすべて供給してくれます。ですから皆さんがパワー不足に陥ることは決してありません。愛が底をつくことなどないのですから。皆さんを包みこんでいるこの全能のフォースをまだ信じないでいるための言い訳こそ、間もなく尽きることでしょう。皆さんの身体とマインドは疲労困憊して大声で慈悲を請うかもしれませんが、それでもこの果てしない愛の発電所に問題なくアクセスすることはできます。この銀河を結ぶ壮大な愛のグリッドに皆さんは深いレベルで完全に再統合されたのですから、皆さんがとても欲している愛のお代わりが欲しければリクエストを送り出すことです。そうすれば必ずポジティブな答えが返ってきます。すべてそこにあり、皆さんが腕を広げて迎え入れてくれるのを待っています。どれだけ皆さんの目、耳、マインドを通してあの古い恐怖の声が大声で現れようとも、皆さんが愛を迎え入れさえすれば二度と聞こえてくることはありません。なぜならその本当の姿が見えてくるからです。それは過ぎ去った日々、いまの皆さんではなかった過去の残骸の酸っぱい匂いでしかありません。あの頃は皆さんはただの人間でしたが、今の皆さんはマスターです。ですから、皆さんは本来の姿であるマスターとしてただ存在してください。 翻訳:Rieko

アイシャ・ノース 2013年8月21日 活路の見付け方 パート346

アイシャ・ノース 2013年8月21日 活路の見付け方 パート346 The manuscript of survival – part 346 http://aishanorth.wordpress.com/2013/08/21/the-manuscript-of-survival-part-346/ もう皆さんはご存知でしょうが、舞台裏ではたくさんのことが進行中です。しかしその詳しい内容を知る人はほとんどいません。こう言うと皆さんは不愉快になるでしょうが、全て任せてくださいとだけ言っておきましょう。今は強いて沈黙を保つ理由はこうです:何であろうと少しでも弊害をもたらす可能性のあるものに皆さんをさらしたくないのです。そこには超高速スピードで皆さんのそばを飛び交っている情報も含まれています。こう言うと不穏な印象を与えますが、実のところ、これは私達の側にとっての警戒処置に過ぎません。皆さんはまだ人間側の影響を強く受けていますから、いま進行していることは皆さんには簡単には知覚できません。ましてや、それをポジティブなものとは誰も受け取れないかもしれません。 まるで上から見下ろして言っているように聞こえますね、わかっています。しかし、そんなことは一切ありませんので信頼してください。これはこの作戦の開始当初から同意の上で進行させています。皆さんの完全なる同意を得ているのです。つまり皆さんがこの物理的実現の場に来る前に、このプロセス全体が課すであろう全てのことについて皆さんは徹底的な説明を受けてきています。 わかっています、そんなこと本当にあるのかと思っている人がたくさんいますね。もしそうだったら、そもそも自分は一体どうしてこんなことに同意したんだろう?と考えていますね。そうなのです、皆さんは同意したんです。十分わかった上でですよ。この壮大な作戦に参加したいと熱望した志願者が大勢いて、その中から皆さんは選ばれたのです。皆さんは選ばれ、ここにいます。この作戦が貫徹されるのを見るために身体も魂も献身することを誓約をしたのです。そうしてくださったことに対して、私達はどんなにお礼を言っても言い尽せません。ただ、今皆さんが感じているこの「切断」状態、つまり皆さん全員が内なる真の知識から切断され、この状況の実態も知らされないままじっと待つというのは、確かに簡単な任務ではありません。 しかし私達と全く同じように、皆さんもこの複雑な作戦行動の中で自分の役割を果たしているのです。ただ現時点では「疎外されている」と感じることでしょう。でもそうではありません。皆さんが本当の任務に対する集中力を失ってしまうかもしれないので、皆さんを離しているに過ぎません。思い出してください、これは実に複雑な作戦なのです。あらゆるスキルと多種多様なプレイヤーが参加しています。今のところは、皆さんはただくつろいで、この変化のエネルギーの運び手である人間としての役割を果たしていてください。その間に私達はこの作戦に必要不可欠な実にたくさんの構成要素の対処を引き受けます。恐れないでください、やがて皆さんも内情をよく知ることになりますから。ただその時までは、皆さんに付加負担をかけるようなことはしません。皆さんはすでに道を示す者として、またこの新しいエネルギーの世話人としての役割を果たしていますから。 翻訳:Rieko

アイシャ・ノース 2013年12月1日 第8回POND瞑想集会のエネルギーアップデイト

アイシャ・ノース 2013年12月1日 第8回POND瞑想集会のエネルギーアップデイト A short update on the eight Gathering around the Pond https://aishanorth.wordpress.com/2013/12/01/a-short-update-on-the-eight-gathering-around-the-pond/ もうおわかりかもしれませんが、この集会の時にやってくるエネルギーの推進力はすでに強力になっています。皆さん、それぞれに十分に身を浸らせていただけると思います。このエネルギーを強引に感じる人もいるでしょうが、どうぞお忘れなく。この源から降り注ぐエネルギーが皆さんの肉体に入ってきて、皆さんに危害を与えるようなことは決してありません。肉体的不快感は強くなる時があるかもしれません。しかし一時的なものです。その影響が身体から消えてゆけば、もう皆さんを引き留めることはありません。 言い換えるなら、ただゆったりと座って与えられるものを受け取ってください。このエネルギーは源のもっともピュアな部分から与えられます。ですから古いものを取り除き、新しいものが余すところなく入るスペースを作るというこのプロセスで皆さんをさらに遥か上へと上昇させてくれます。これこそ、永遠とも思える長い間人類を地の底に引きずりこんできた古い重荷を手放すチャンスなのです。皆さんは自分の荷物だけではなく、集団レベルの荷物を軽くするチャンスを目前にしています。それがかつてはあり得なかった形で実現しています。繰り返しますが、そもそもこのチャンスを得られたのは皆さんの行動の結果です。皆さんが進み出て、人類を長い年月の間苦しませてきた古く密度の濃いジャングルを開拓し、有害な振動を切り開いていったのです。 ですから今一度、正々堂々と前に進み出てください。いま、皆さんはそれはたくさんの過去の屑を解き放つチャンスを手に入れたのです。この森の中の開かれた地に入るやいなや、皆さんの体内にはかつてない、初めての軽さを感じるでしょう。この地では古いものは退き、新しさが前に進み出るチャンスを与えられるのです。その時点から、皆さんの旅はまったく新しい意味を持つのです。皆さんの存在の中に新しい光が全てのスペクトラムでもって輝き始めます。この光は世界中に広がってゆきます。この先皆さんが旅を続ける中で皆さんが前へ上へと進めば、プリズムから色とりどりの光線が発するがごとく全方向に向けて光が皆さんから放たれるのです。 いいですか、その開かれた地に達して古い重荷を降ろし、テントを張ってそこに落ち着くことがこのプロセスの目的ではありません。これは旅の一段階に過ぎません。皆さんはこれから、まだまだ発見することがたくさんあります。その地に残っていては多くを経験し損なってしまいます。もしそうしたければ少し時間をとってそこに残っていてもいいのですが、そこで落ち着こうなどとは思わないでください。皆さんの荷が軽くなると、皆さんに活力が満ち溢れます。そうなると、その地では物足りなくなることでしょう。古いものが取り除かれるのは新しいものが入る余地を作るためです。よくおわかりでしょうが、母なる自然、全創造物は空虚を忌み嫌いますから、空いたスペースがあれば懸命に満たそうとします。ですから、空いたスペースには近い未来とはいわず遥か遠い将来にわたって皆さんのハートが歌いたくなるような、そんな何かで埋めるためにこの最高のチャンスを使ってください。皆さんが、そして世界中が永遠に喜びを手にするチャンスとなりますように。 —– 以下が瞑想の時間、オスロ時間21時にあたる各地時間です。 ロンドン: 20時 ヘルシンキ:22時 サンパウロ:6時PM ニューヨーク:3時PM エルパソ:1時PM ロスアンジェルス:12時PM シンガポール:4時AM月曜日 東京:5時AM月曜日 シドニー:7時AM月曜日 現地時間はこちらで検索できます http://www.thetimezoneconverter.com/ いつものように、皆さんにとって最善のタイミングで行ってください。ただ座り、この集会に参加する意図をもってこのエネルギーと繋がってください。 翻訳:Rieko

アイシャ・ノース 2013年2月12日・・・活路の見付け方パート267

アイシャ・ノース・・・活路の見付け方パート267 2013年2月12日  The manuscript of survival - part 267     Feb 12, 2013 http://aishanorth.wordpress.com/2013/02/12/the-manuscript-of-survival-part-267/   古いシステムの時間切れが近づいています、動揺が表面化し、その兆しがあなた方にももう見えています。予期されていた兆しもありますが、どこからともなく現れてくる動揺もあります。もう何も、誰も、不変と見なされるものはありません、それを存分に見せられることでしょう。今のところ、あなた方の画面を横切る最新ニュースはこれから起こることの前兆と見なしてよいでしょう。以前にお伝えしたように、突然の破綻、大声での叫び、武器の発射音などが世界の複数地域で現れるかもしれません。しかし、もう一度言います、恐怖に陥れようとする罠に落ちないようにしてください。独裁者達の最後の叫びです、これら独裁者達は何百万もの人の思考を支配し、またはこの地球上の小さな地域を自分達の領土と呼んで支配しています。これらの出来事がメディアを大きく占めようとも、またいつも通り陰々滅滅と希望を持てないようなやり方で見せつけられても、見た目そのままに捉えるといった罠にはかからないでください。以前にお伝えしたように、今は多くが底流で起こっています。あなた方に見えているのは、そこから表面に上がってきた泡のほんの僅かな一部分だけです。ですから、優れた判断力を行使することがここでは重要です。離れて客観的に全てを見るのです。あなた方が見ているのは、あらゆる形で繰り広げられている芝居の最後の上演です、決して忘れないでください、この古い錯覚の幕が下ろされる前のこの展開は、奇想天外な形をとることでしょう。   私達はあなた方を怖がらせようとしてこれを言っているのではありません、最も予期しなかったところから勃発している全ての公然の大騒ぎは、あなた方を本当のニュースから目を逸らそうとする意図で起こっているのだということに気づいていただきたいのです。あなた方がもう慣れ親しんできたこの本当のニュースとは、良いニュースでしかありません。あなた方は三次元の密度の濃い世界での謎解きゲームから完全に分離し始めています、彼らが騒ぎ立てれば騒ぎ立てるほど、その喧騒からあなた方は退いてゆきます。あなた方がこの古い戦いに共有するものは何もありません、あなた方はすでに明日へと足を踏み出したのですから。   ですから、彼らには叫ばせ、いくらでも武器を振り回させておいてください。そして彼らがいくら頑張ってもあなた方には触れることはできない、ということを知っていてください。あなた方には彼らのごまかしが全て見通せます、その実態が見えるのです、崩壊してゆく帝国のお粗末なグループが寄せ集められた惨めなショーに過ぎません。彼らは自らを強力で邪悪な存在として見せようとしますが、公園の遊び場で金切り声をあげているただの不機嫌な小さな子供達でしかありません、もうお気に入りのおもちゃに手を触れることができず怒っているのです。親愛なる人々よ、彼らはあなた方を失いました。もうあなた方は誰のおもちゃでもありません。あなた方は本来持つべき権利を手に入れました、ですから、あなた方を線の中に踏み込ませようと彼らの望み通りにあなた方を操作することは誰にもできません。ですから傍観し、彼らが自己崩壊してゆくのを見ていてください。彼らは遠い昔に、貪欲なために自分達の巨大な樹の芯を食いつぶしてしまいました。彼らはとても熱心にこの巨大な生き物を育ててきましたが、それが倒れかけています。初めはゆっくりと、そして勢いをもって倒れるのです。あとに見えるものと言えば、欲深い、怒った小さな蟻たちが新しい隠れ穴を探そうとあちこちに動きまわるのみです。これは楽ではありません、闇が光の下にさらされたのですから。彼らの選択肢は実に限られています。あなた方は自分のハートにとりいれた光の中にいてください、もうあなた方を覆う影はないということを知っていてください。あなた方はハートから選びました、そしてそれは良い選択でした。その選択によって、あなた方には太陽の内に永久なる場所が既に与えられているのです。  翻訳 Rieko

アイシャ・ノース 2013年3月14日・・・活路の見付け方パート282

  アイシャ・ノース・・・活路の見付け方パート282 2013年3月14日 The manuscript of survival – part 282 Mar 14, 2013 http://aishanorth.wordpress.com/2013/03/14/the-manuscript-of-survival-part-282/   すでにお気づきの方も多くおられるでしょうが、この浄化プロセスはスピード・激しさともにこれまであなた方が経てきたものとは比べものになりません。あなた方の中にある、この先邪魔になりそうなものはすっかり空にしてしまうプロセスなのです、なぜなら身軽に旅する者だけが念願の目的地へと到着できるのですから。おわかりですね、これは試行錯誤のプロジェクトではありません。実に真剣な取り組みであり、偶然起こることなど一切ここにはありません。ですからこの先何時間かの間、または何日間かにあなた方がどんなことを経験しようとも、全ては念入りに計画されたプロセスの一部であり、気まぐれで起こっているのではないことを承知していてください。   私達がこのようなことを言うのは思い出していただきたいからです、このプロセス全体を通し、私達があなた方を注意深く監視しています。そしてこの旅の次なる段階に最善の形であなた方の準備が整うように、本当に必要とされていることの全容を私達はわかっています。親愛なる人々よ、皆さんはもうあと少しのところにいます。そしてあなた方の目前にあるものが皆さんを圧倒してしまうかもしれません。期待が大きい口を開けてあなた方を引き入れそうになっても、あなた方の準備が整ったと私達が判断するまではあなた方はそこに入れません。そう、この全ては完璧に練り上げられたプロセスです。あなた方それぞれにとってしかるべき時に、その機会は与えられます。これは一連の光の投入であり、光が意図を持って向かうそれぞれの「ターゲット」に届くとかなり強力な効果をもたらします。それはまるであなた方がビデオで見かける熱線追尾式ミサイルのようです。このミサイルは不気味に空中で輪を描きながらターゲットに近づき、標的のちょうど真ん中に的中しますね。   これもそのように働きます。私達の言葉づかいが冷たく、恐ろしいもののように聞こえるかもしれませんが、私達の話しているのは最も純粋で深遠な光のミサイルのことです。この光のミサイルはあなた方に魔法をもたらします。その光はあなた方存在の中心を貫通し、そうすると連鎖反応を引き起こします。あなた方の宇宙船の発射前のカウントダウンのようなものです。私達はいま管制センターに集まっています、あなた方が思いもしないポジティブな反応を引き起こすエネルギーの長い長い一連の最後の一斉射撃を打つ準備を整え、始めたくて待ちきれません。しかし外側では、これら「ミサイル」の影響を今思っているほど強くは感じられないかもしれません。ただしあなた方のシステムにこの光が入った感覚がないからといって、効果がないとは考えないでください。間違ってはいけません、皆さんは一人残らずこの「愛の爆弾」に打たれます、これはあなた方が真なる光をもつ存在へと進化するのを妨害するために埋め込まれた全てのものを破壊する効果をもっているのです。全ての古きものはこの光の集中砲火を生き延びることはできません。   古い時代からの廃墟や時代遅れとなったものは黒こげになり、あなた方の目にも明らかになることでしょう。しかし、私達が以前お話しした通り、この灰から新しいあなた方が生まれ、それをとして新しい世界が始まるのです。ですから、あなた方はこれから強く、しかし愛情をこめて打たれますので準備してください。これによってあなた方はを今日、自分としてみている人物とは全く違う何かへと変わるのです。 翻訳 Rieko

アイシャ・ノースより 2013年5月9日・・・癒しの水

アイシャ・ノースより・・・癒しの水 2013年5月9日 The healing waters May 9, 2013 http://aishanorth.wordpress.com/2013/05/09/the-healing-waters/   愛する光のファミリーの皆さん! 集会後数日間は、私達皆にとって特別な日々となっていますね。私は何時間もかけて皆さんのコメントを読んでいます。こんなに喜びの涙を流したことはありませ ん。たくさんの人々にとって集会はとても深遠な経験となりました。さらに、集まったことにより私達みんなの奥深くの何かに火が灯されました。その後何日かはこのエネルギーの繋がりの残響を私達は感じていたのです、この深い経験、人生を変えてしまうこの経験の効果は続くのです。一歩引きさがり、起こったこと全てを受け入れなければいけないと感じたのは私一人ではありません。私には、もう少しの時間が必要です。ノーマッド、あなたは「あなたの天の恵みを融合させる」という美しい描写をしてくれました。そう、私達はみな天の恵みを受けています。しかし、その恵みもある人々にとっては変装した恵みとなって見えることもあります。CC達が「集会についてのメッセージ」の中で言ったように、私達のハートの扉はただ開いただけではなく、扉の蝶番はかなぐり捨てられたのです。もう扉は二度と閉まることはありません。 それが私達一人一人に何を意味するか、たくさんの人々がすでにそれについて詳しく伝えてくださいました。そこには溢れんばかりの喜びがあり、また涙がありました。私達の核そのものへの扉が本当に開いたのです。そこに私達が見出したもの、それは痛みを伴うこともあるでしょうが、癒しをもたらすものです。私達は一つですが、この全ての中にいるあなた自身を忘れないでください。私達は今も、これからも永遠に深く結び付いています、しかし一人一人が時間をかけて自分自身と本当に繋がらなければなりません。だって、あなたのハートの中には何が隠れていましたか?私達はみな傷を持っていますが、そこには見たことのない真珠も持っているのです(エイミー、ありがとう!)。ですから忘れないで、それを探し出す許可を自分自身に与えてください。そして私達がこのプロセスに自分を委ねる時には助けが必要となりますから、助けを求めることも忘れないでください。このPOND-池の水は中に入って遊ぶだけではなく、癒しのためでもあるのです。助けを求める方法は色々あります、皆さんがコメント欄でシェアしてくださる内容を読むととても心温まります。この池からたくさんの愛が溢れ出し、また注ぎ込まれているのです。 マギー、あなたがアレックスに今日書いたコメントの一部をここで紹介したいと思います。あなたはとても大切なことを書いていました: 「アレックス、私の美しく最高で勇敢な光のシスター、あなたの書いたことに私は感動して何もかもをやめました・・・最初はただ愛とエネルギーをあなたに送るというシンプルな意図で遠隔セッションのようなことをしていたのが、池を通して繋がるという経験につながっていきました。私もあなたに、そして池にありがとう、と言いたいのです、この池での経験は信じられないほど素晴らしかった!一度にあんなにたくさんの愛が私の身体をかけ巡るのを感じたことはありません!私はみんなを池に連れてきましたが、他の人達が手助けしようと表れてくれたのがわかりました・・・そして私達は集団としてお互いを癒しあい、自分達を癒しているのがわかったのです!そう気づいた途端、私の手に急増したエネルギーが流れ、それが身体をかけ巡っていました。私は同時に二か所にいました・・・私は深い愛を感じ、それに圧倒され、涙が止まりませんでした。私の声にみんなの声が加わり、一斉にチャントができ、それは私にとって素晴らしい贈り物でした。とても感謝しています。みなさん、一人一人が織りなしてくれた光に何千ものありがとうをおくります!!!」 私達は一つとなりました、そして私達は無限のパワーの一部であることを決して忘れてはいけません。この池は溢れんばかりの愛のエネルギーに振動しています、それを起こしたのは私達なのです。でもこの池の水を飲むのも忘れないでください、私達が創造したこの天の恵みを私達は受け取らねばなりませんから。CC達はこう言いました:「皆さん全員生まれ変わったのです、その身体はまだ傷んであざが残っているように感じるかもしれませんが、その身体は完全に再プログラムされています・・・ですから落ち着いて、新しい靴で伸び伸びと歩けるようになるまでゆっくり時間をかけてください。その新しい靴は大き過ぎるように感じる時もあるかもしれませんが、皆さんはそれにぴったり合う能力を持っています。」 皆さんがここに持ち寄って下さった全てに感謝します。ただ、覚えておいてほしいのは、皆さんもそれぞれに受け取るというギフトを自分に贈ってほしいのです。私達は本当に生まれ変わりました、新生児のように私達は傷つきやすく、心もとありません。でもこの動画に見る赤ちゃんのように、私達は愛に満ちた手の中に抱かれています、私達はその愛の中に安心して身を委ねることができるのです。 愛と感謝をもって、 アイシャ 翻訳 Rieko

アイシャ・ノース 2013年6月18日 活路の見付け方 パート325

アイシャ・ノース 2013年6月18日 活路の見付け方 パート325 The manuscript of survival – part 325 http://aishanorth.wordpress.com/2013/06/18/the-manuscript-of-survival-part-325/ 親愛なる皆さん、解放はもう手の届くところにあります。皆さん一人一人が神聖なる真実、あなたである真実へと足を踏み入れるのです。深い絶望にもがいている人々にとっては僅かな慰めにしかならないでしょう、古いドラマや残留物から自分を解き放つことができずにいるようですね。しかし、多くの人がこれまで証言した通り、それは一番暗く濃い雲を突き抜ける太陽の光線のように突然やってきます。荒れ狂う嵐が消え、皆さんの目の前に真新しい世界が現れます。その理由はというと、皆さんの内に真新しい皆さんが現れるからです。古さの残存物を全て捨て去り、一挙一道まで制限していた汚れた皮膚を捨て去った皆さんのことです。そして皆さんはその気楽さに喜び、笑うのです。パズルの最後の1ピースがはめられると全体のイメージが変容し、皆さんの古いイメージからかけ離れた何かへと変わります。安心のあまり、笑ってしまうはずです。 その時にこそわかることでしょう、全ての闘いや苦闘は本当は光に目覚めてゆくための前進の一歩に過ぎないということを。三次元意識の古い皮膚の中で身動きがとれず、罰を受けているかのように感じるものですが、罰などではありません。今はこの皮膚が痒くて不快、痛みすら感じるのは、あなたが内に携える「あなた」が急速に成長し始めたからです。ですから古い制限は防御の牢獄のようになってゆきます。スペースに閉じ込められ、日に日に閉所恐怖症になってゆくのです。 そこでもう一度言います、呼吸をしてください。もうスペースの制限がきつ過ぎてほとんど息もつけないと感じても、その窒息感を越えようとしてください。そして皆さんの内側、もうきれいにになったあのスペースに繋がってください。そうやって内に繋がれば、広がりのある小さな窪んだ場所が見つかり、そこで少なくとも一度は呼吸できます。また繰り返しますが、それが密度の濃い外側の層を突破する唯一の方法です。まるで槊丈であるかのようにドラマや騒動というレンガの壁に自分を何度も強打させても、解決にはなりません。ただ内に入り、皆さんの中にある解放されたこのスペースに繋がれば、外を覆うあの厚い鎧は粉々に崩壊します。これは簡単なことではありません。皆さんの本能は壁を壊して自由になろう、と言ってきますから。しかし、それに抵抗を示さないという形で本能に対抗してください。ただ座り、内ではすでに安心を得ている本当の皆さん自身に身を委ねるのです。 今は私達のメッセージは同じことを繰り返してばかりに見えるでしょうね。しかし、私達には皆さんの多くが今の段階のどこにいるのか、よく見えているのです。私達がたった今お伝えしたことをすれば、もう打ち破って姿を表す寸前のところにいるのです。ですから、戦っても更に血を流し傷を受けるだけですから、戦うのはやめて皆さんが内に携える自己の叡智に身を任せてください。そうすれば、皆さんは再び真実を目撃することでしょう。太陽が現れ、皆さんも輝き出し、皆さんの存在の周囲に永遠に留まっていた嵐雲はその輝きによって消え去ります。 翻訳:Rieko

アイシャ・ノース 2013年9月7日 活路の見付け方 パート351

アイシャ・ノース 2013年9月7日 活路の見付け方 パート351 The manuscript of survival – part 351 http://aishanorth.wordpress.com/2013/09/07/the-manuscript-of-survival-part-351/ ここ数日はよくおわかりでしょうが、変化の風はまだ止んでいませんし、止みそうな様子もありません。多くの人々が苦しみの声をあげていますが、どうぞ安心してください。このプロセスは皆さんを勇気づけ、サポートするものであり、破壊やカオスをもたらすものではありません。皆さんはずいぶん前にエネルギーに向かって自らを開くことで自分の運命を選択しました。今吹いている風は皆さんの帆をはらませ、皆さんを目的地に向かって進ませてくれます。つまり、この風は幻想を選んでいる人々にとっては壊滅的な打撃となりますが、皆さんにとっては背中を押してくれる強力なサポートとなります。 ですからこのパワフルな風をただあるがままに大切に受け取り、風がもたらしてくれるものも大事に受け取ってください。古きものは根元がぐらついて不安定になってきているのですが、まだその古いものに繋がり、しがみついている人々にとってはこれは吉報とは言えません。これを限りに、その根はついに崩れてゆきます。その手を外し、皆さんが掴んでいるようなもっと頑丈な何かにつかまっていなければ、すっかり見放されたように落下してゆくことでしょう。このプロセスにおいて、全ての人に選択権があります。未だ決心できていない人々にとっても選択肢は開かれています。ただ忘れないでください。最終決定まで永遠の時間枠がもうけられているわけではありません。必ずターニング・ポイントがやって来て、YESかNOかを問われる時がきます。「YES、古いもの、昨年までの崩壊しつつある世界にしがみつくのを断念します」と言うか、「NO、このパワフルな光に向かって目とハートを開きたくはありません」と言うかのどちらかとなります。 そう、今こそ皆さん全員が行き先を選択する時です。古いものにしがみついている人々は、不安定な根元がほどけてゆきます。これが最後です。このパワフルな光は注がれ続け、古きものはもう生き残ることはできません。高次の振動がこの惑星全体の新しい源となりつつあり、過去のものはこれほどの高振動の中を切り抜けることなどできません。母なる地球は、皆さんのために以前とは全く異なるメロディをハミングし始めています。彼女に合わせてハミングできない人は、あらゆる形で自分が調和していないことを感じとることでしょう。ですから、耳を塞いで「いま」の音を遮断したままでいる人々はこの先、実に困難の時を迎えることでしょう 。ただ覚えておいてください、誰でもこの新しい天国の振動に合わせて歌うことができます-そう選択しさえすれば、ですが。このプロセスから除外されている人など一人もいません。ただ耳を開き、ハートを開くだけでよいのです。そうすればこの歌が身体から溢れ出てくることでしょう。 ですから再度言いますが、これは人類全ての人、一人一人が自分のために選択するか否か、です。この選択は表面的にではなく、魂のレベルで行わなければなりません。そうすれば、そうしてこそ、皆さんはハートから耳を傾けるのです。それが、この人間の声による高揚のコーラスに参加できる唯一の方法です。天上と地球によるこの美しいメロディを歌うコーラスはもうすでに始まっています。 翻訳:Rieko

アイシャ・ノース 2015年2月14日 愛のメッセージ

アイシャ・ノース 2015年2月14日 愛のメッセージ A message of LOVE https://aishanorth.wordpress.com/2015/02/14/a-message-of-love/ 皆さんの地球中で愛のお祭りがお祝いされているいま、私達は皆さんにさらなる愛を投与しに戻ってまいりました。今日は情熱エネルギーの渦が皆さんに行き渡っています。そのフレーバーはただ一つ、愛のフレーバーです。このお祝いの席で皆さんに供されるケーキにどうぞこの愛のクリームも乗せてください。今日は歓喜のダムが決壊しています。光が洪水となって無尽に噴出し、皆さんのハートの奥深くにある安全な停泊地にさらに深くまで根づくことでしょう。皆さんはあまねくこの光の停泊地を探し続けてきました。すでにここ、目の前にあるというのに確かなものとして感じることができませんでした。ですが皆さんという存在の奥深くで静かに待っていたのです。これこそが皆さんのホームです。ハートはいつだってそこだと知っていました。このなかなかとらえることのできないターゲットを探し続けようという皆さんの気持が通じた今、光が急上昇してパワフルに過去という土手から解き放たれました。もう皆さんの探究は終わりです。 皆さんは自らという存在の内なる仕組み、つまり自分のホームへ入る方法を見つけたのです。永遠にここに住むのです。この先、皆さんはこの自分との深い繋がりを感じられずに困る時があるかもしれません。ですが大丈夫です。ここは一旦繋がれば、決して離れることはありません。 この先皆さんが「変化」という強風に吹かれることになってもこの光のアンカーが非常に役に立ってくれます。あの安全な港に着くまで、最後まで皆さんはやり通してきました。まだ皆さんは古い制限を感じるかもしれませんが、その港から皆さんはその制限を越えて拡大・探究し続けてゆくことでしょう。この光の停泊地は中継地ではありません。そこは安息の港であり、そこから皆さんは人類の素晴らしさ、まったく新しい形の人類、すべての密度の濃い層に愛を浸透させようと決めた新たな人類を探検し続けるのです。層を一枚一枚外してゆき、唯一の真実が残るまで。それは、「皆さんは愛であり、愛されている。愛のある存在である」 と言う真実です。 これからこの真実が皆さんを上昇させ、皆さんは新しい風に乗って青い空の彼方へ飛翔してゆきます。もう皆さんを引き止めるものは何もありませんから、どんな望みの高い夢でもそれを越して高く舞い上がってゆくことができます。皆さんは間違っていたものを正してきました。そうして皆さんと「ハートにいる皆さん」とを隔てていた大きな亀裂を修復したのです。皆さんは内で「ひとつ」となっていますから、もう分断はありません。そして再び、外側でも「ひとつ」となってゆくのです。そう、永久に。 翻訳:Rieko

アイシャ・ノース 2014年5月3日 5月のPOND瞑想集会にようこそ-5月4日日曜日

アイシャ・ノース 2014年5月3日 5月のPOND瞑想集会にようこそ-5月4日日曜日 Welcome to the May Gathering around the Pond, Sunday May 4 http://aishanorth.wordpress.com/2014/05/03/welcome-to-the-may-gathering-around-the-pond-sunday-may-4/ 親愛なる光のファミリーの皆さん!この日曜日、オスロ時間21時からPOND瞑想集会を行います。私達で初めてグループ瞑想を初めてからちょうど一年が経ちます。私達、今回は祝福するべきですね。だって、これを実現させているのは私達なんですから。私達がこの光にすっかり身を浸すことに同意し、世界中にこの光を溢れさせているのです。私達がこの瞑想集会を行い、このPOND(池)を活気と愛に満ちた光のソースへと育んできたのです。親愛なるブラザー、シスターの皆さん、ありがとうございます。どんな困難に遭おうとも皆さんは光を絶やすことなくここまでやってきた、そして皆さんの愛をたっぷりとわかち続けてきたのですから、皆さんは立派なお手本です。私はこの瞑想集会の間に、そしてこの先も皆さん一人一人と繋がれるのをとても楽しみにしています。皆さんも力の限り光を輝かせてくださることでしょう。 これがCCのメッセージです: 「もうおそらくお気づきでしょうが、皆さんが毎月共同で行っている集会は光を与えるソースであり、このソースはどんどん豊かになっています。それはこの光のシャワーに参加している皆さんにとってのソースであり、皆さんの惑星にとってのソースでもあります。何度でも繰り返しお伝えしますが、皆さんの存在を介して作られているこの素晴らしいグリッドに皆さんが共に繋がると、それは壮大な成果を遂げるのです。なぜならこのグリッドと皆さんの肉体を通し、光を携えた粒子がパワフルに流れ込むためです。この粒子は繋がった人やものすべてに影響を与えます。ですからこの2〜3日間、皆さんはダウンロードされるくるものからダイレクトに恩恵を受け取り続けることでしょう。さらに、この先々もこの天からのメッセージから間接的な恩恵をずっと受け取り続けることになります。 水面に波紋が広がってゆくように、この光の波紋は皆さんの小さな集会の場から外に向かってずっと広がってゆくことでしょう。ですから、皆さんが集まり、エネルギーを溜めているこの小さなスポットは実際には皆さんが思っているよりも遥かに大きいのです。以前もお伝えしましたが、皆さんが影響を及ぼす領域は広がっていて、いまや実質的には世界を包んでいます。これが始まった頃は針の先ほどの小さな光が惑星上に複雑な形で集まっていたものが、いまや巨大でパワフルな光のウェブにまで成長し、皆さんすべてを、そしてそれ以上のものを包み込んでいます。  なぜなら、皆さんは自分のためだけではなくすべてのためにこれに関わっているからです。私達は感謝してもしきれない程です。皆さんは自身のすべてを全創造物に捧げてきました。これは、皆さんは光の供給者であり、この惑星にいる何百万もの魂に光を繋いできたということです。皆さんがいなければこの惑星上の光の分量はかなり弱々しいものとなっていたことでしょう。他にもたくさんのグループが他の機会、開催地で同じようなことを行っていますが、皆さんが定期的に行っているこの集会はそういった他のグループとも調和しています。他のグループと力を合わせ、皆さんは難攻不落の光の要塞を成し、それが既に皆さんの仲間の人々に魔法のように作用し始めています。この惑星で皆さんがずっと取り組んできていることなど知りもしない人々にも功を奏しているのです。皆さんが広い心でもって送っている光は広範域に達しています。そして皆さんが時間をとって瞑想し、この毎月の集会でやっているように光に焦点を合わせるたびに、その効果は何倍にも増幅するのです。 お忘れなく、皆さんの厚意によってやってくる光の壮大なるシャワーの恩恵は皆さんも受け取ることになります。ですから、天からの寄与を皆さんは他へ与え続けていますが、皆さん自身も同じ寄与を受け取り、感謝をすることでしょう。到来するエネルギーと皆さんの故郷、スペースを旋回している青い惑星との間に立ち、接続ポイントとなるのは皆さんです。つまり、この惑星が長い間取り戻せなかった完璧で壮健な輝きを取り戻すために、大きな前進を遂げられるのは皆さんあってのことです。この惑星はそうして美しい、平和の喜びを生み出しますが、惑星と共にその喜びに一番に身を浸すのも皆さんです。皆さんはすべての形においてパイオニアですから、皆さん自身のためのみならず、他のすべての人のために行ってきた厳しい作業の成果を一番に味わうのも皆さんなのです。これは集団レベルでの努力であり、皆さんはまた今回もグループ集会に参加することに同意されましたから、この愛のエネルギーのいわば醸造酒に皆さん個人個人のフレーバーが加わります。ですからあらゆる形で皆さんはこの機会に皆さん自身の印を押すのです。ライトワーカーが成すこの人間グリッドの一部として集まっているすべての魂に、皆さん一人一人は深いレベルで繋がっています。ですが、皆さんは単一の存在でもあり、他の誰からも異なっています。皆さんの周波数の特徴はそれぞれに異なった方法で到来するエネルギーと交流することでしょう。ですからもう一度言いますが、皆さんの貢献は一人一人まったく異なります。したがってイベント中に皆さんはそれぞれに独自の経験をすることでしょう。後で記憶していることについて話しあう時、いつものように多くの人が同じものを見たと言うこともあるでしょう、それでこの集会が真にグループとしての作業であることも理解できることでしょう。ですが皆さんがこの集会に持ち寄るものはそれぞれに全く別のものですから、集会に参加する皆さんはご自身にどうぞ必ず感謝してください。天秤の光の側に皆さんという錘を乗せたこと、光の方向へ天秤を傾ける手助けをしたことに対し、ご自分に感謝してください。 皆さんは自分自身だけではなく世界の全体をまっさらに輝かせるためにここにいます。そしてこの集会に参加すると意図する、それだけで既にこの行程に大量の電力を注ぎこんでいます。さらに、この光の粒子の寛大なるエネルギー交換から皆さんも恩恵を受け取りますから、皆さん自身が枯渇することは決してありませんからご心配なく。皆さんを介して地球中に広がる光はまず皆さんを通過しますから、皆さんの光の渇望は常に満たされることでしょう。 ですから、できるだけたっぷりと光をくみ取ってください。皆さんが飲み込めば飲み込むほど、このグリッドはますます輝きを増して燃えます。私達は全創造物を代表し、聖なる務めとして私達より歓迎いたします。どうぞこの非公式ながらたいへん公式でもある集会におこしください。ここでは皆さんをめがけて光を運ぶメッセンジャーがたくさんやってきます。どの光も、歓迎してくれるオープンなハートを発見したくて仕方ありません。きっと、いつも通り、皆さん方のどこかを選んで行くことでしょう。この日曜日、天からのメッセンジャーに会うために座って瞑想する際は、皆さんが光を存在の中に引き入れるという課題に取り組む間、私達も畏敬の念を抱きながらそこに立ちあいます。皆さんの中に光の粒子が入ると、次にはそれが美しく活気に満ちた世界へと流れ出してゆき、やがてもう一度満開の花を咲かせることでしょう。」 愛と喜びと感謝を持って アイシャ オスロ21時にあたる現地時間は以下の通りです: ロンドン: 20:00 ヘルシンキ: 22:00 サンパウロ: 04:00 PM ニューヨーク: 03:00 PM エルパソ: 01:00 PM LA: 12:00 PM シンガポール: 03:00 AM 月曜日 東京:...