Sunday, April 23, 2017

アイシャ・ノース 2013年10月1日 活路の見付け方 パート361

アイシャ・ノース 2013年10月1日 活路の見付け方 パート361 The manuscript of survival – part 361 http://aishanorth.wordpress.com/2013/10/01/the-manuscript-of-survival-part-361/ もうそろそろ、かき乱すようなエネルギー変動に強打されるのにも慣れてきたころでしょう。願わくば、このエネルギーの一斉放射は善意のものであることを理解してくださっていればいいのですが。多くの人にとってこのエネルギー放射が快いものではないことは承知しています。このエネルギーは皆さんの身体に繋がったとたん、不作法を振舞っているようですからね。それでも、この光のメッセンジャーが搭載している恩恵の価値はその不快さを遥かに勝るものです。ですから、ほとんどの人は静かにこのエネルギーに黙従している様子も私達は把握しています。 このエネルギーは皆さんの身体をずっと大変動させていますが、それ以外にもこのエネルギーには作用があります。皆さんの全生命体の配線をし直しているのです。これまであり得なかった生命体となるべく、再配線しているのです。同じような内容の情報を含むメッセージをもうかなり読まれたことでしょうが、この件について私達に詳細を述べさせてください。以前お伝えした通り、皆さんの肉体は奇跡そのものです。ですから皆さんが今受け取っている付加的利益はこの魔法の存在にあらゆる形でつけ加えられます。よくご存じの通り、外から見ても他人にはあまりわかりません。しかし、皆さん自身にとっては全く新しいあり方で一体となってゆきます。この強烈な陣痛から生まれてくるものを、皆さんは楽しみ始めることでしょう。ええ、多くの人にとってこれは痛みを伴うプロセスです。そして痛みのために不平不満が出て、有益な効果は見えなくなってしまうというのが常です。私達はもう皆さんによく自分をケアするようにお願いしましたから、皆さん自身でその有益な効果をもうご覧になられていることでしょう。 チラリと垣間見たもの、それを忘れることは決してないでしょうが、それでも皆さんのその小さな人間の身体に入っているものの規模に比べればほんの小さな一片に過ぎません。その肉の入れものにはいわゆる「異世界のもの」がとめどもなく入っています。さて、どう意味でしょうか?そうですね、皆さんにこれまで課せられていた制限はもうありません、ただそのように言っておきましょう。皆さんはこのこれまで調査不可能とされていた領域を探究してゆくにはまだ時間が必要だと思うかもしれません、調査不可能というより、存在などしないと言われていた領域です。しかし、地図で真っ白だったそのスペースに恐る恐る足を踏み入れてゆく時が来たのです。新しい皆さんを探究してゆくのです。本当の意味で皆さんは新しい存在なのです。どのような説明においても、新しくなっているのです。 それは表面的な装飾ではありません。その変化の影響は実に遠大、大規模にわたるもので、皆さんを文字通り高みに持ち上げていってくれます、その「ホモサピエンス」という名前のついた小さな箱の域をすっかり超えてしまうのです。皆さんに新しい名前をつけた方がよいでしょうね。皆さんは真新しい種となり、多くの人々が「母」と呼んでいるこの惑星の神聖なる地に足を踏み入れています。もっとふさわしい名前って何でしょう?そうですね、「ホモリベルタス」はどうでしょう?自由になった者、無限の者、前に進み出て母なる全世界を母と共に真新しい未来へと連れ行く者、という意です。 思い出してください、新しくなっているのは皆さんだけではありません。皆さんの素晴らしき惑星もまた新しくなっています。ですから、彼女も新しい地を示す旗の元で羽ばたいています。彼女はもう疲れた母ではありません、勝利を得たのです。膝をついて崩れ落ちたところから立ち上がり、以前の強さを取り戻し始めています。ですから彼女のことをヴィクトリア(勝利した女性)と呼びましょう。そして、その名前に示された通りの新しい彼女が与えてくれるものを見ていましょう。どれほど古い歴史があろうと、その名前が示すのは本人であることを示すサインであり、真新しい振動です。皆さんは全員、同じ「一つであるもの」から生まれた種であり、全てはそこから誕生したのです。つまり、光の巨大なるボディから突き出た小さな角のようなものです。なのに砂粒ほどの価値しかないかのように振舞っていました。さあ、今から天空に輝く星達と同じ光を輝かせていくのです。いま、皆さんは招かれています。皆さんのために扉は大きく開かれています。前へ突き進み、戸口をくぐって入ってゆくのです。皆さんの光は飛躍的に輝きを増してゆくでしょう。私達にはそうとしか言いようがありません。もう障害はありません。真新しい領域に勇敢に思い切って突き進んで行ってください。この領域は自分のものだ、と主張する権利は皆さんにあります。その権利は皆さんが自力で獲得したのです。ですから今はためらわないで、目をしっかり開いて前進してください。冒険が待ち受けています、それを見逃したくはないでしょうから。 翻訳:Rieko

アイシャ・ノース 2014年4月19日 活路の見付け方 パート412

アイシャ・ノース 2014年4月19日 活路の見付け方 パート412 The manuscript of survival – part 412 https://aishanorth.wordpress.com/2014/04/19/the-manuscript-of-survival-part-412/ 日々が明るさを増してゆくにつれ、皆さんをしっかりと包んでいる巨大な新しいキラキラ輝くエネルギーの泡の壮麗さが見えてくることでしょう。そして皆さんがこれから迎える日々も、この影響力の球体の中に包まれてゆきます。皆さんを昨年までの残骸から守ってくれる、愛の球体のことです。私達はまた複雑な言葉を使ってお話していますが、皆さんはもう別世界に入っており、その世界を描写するためにこういった高遠な言葉を使っているのです。 皆さんはもう、過去クラブを脱会しました。あの過去クラブには全メンバーを閉じ込めるためにシンプルな一つのルールがありました。恐怖のルールです。皆さんがこのルールを守る限り、一見したところは有利と思える環境で身動きできなくなっていました。このクラブは人類の圧倒的多数をメンバーとしていたからです。寄らば大樹の陰ですから、恐怖クラブはもっとも人気を博したクラブだったというわけです。それだけではありません。危険をおかしてこのクラブが規則とする完全なる服従から抜け出そうとした勇気ある人は直ちに追放され、仲間はずれにされ、最悪の場合には古い刑務所の壁に囲まれた見せ掛けの安全に執着する人々によって迫害されることもありました。ですから人類の闇の時代からの出現はいわば監禁の物語、自らに課した制限の物語、無力化を命じる古い指示に無頓着に追随する人々の物語と言えます。ですが、その過去クラブは生命力と活力を失い、徐々に着実に崩壊しています。皆さんや皆さんのような人々が大勢、この古くて息を詰まらせる会員権を捨てましたから、残ったメンバーも徐々に確実に崩壊しています。皆さんはこのクラブを離れる時に、壁に新しい穴を開けました。この穴を通して以前は盲目だったけれどやっと自分の目で光を見るメンバーが増え、その人々も眠い目をこすり、皆さんのいる外へ、太陽の光の元へ加わることを決心しました。空気は新鮮で、ハートが求めていた自由がようやく現実のものとなるのです。 確かに、皆さんのようにパイオニアであり自由を求める戦士であるためには代償が払われています。皆さんの多くは何度もの人生において、この代償を進んで払ってきたのです。皆さんが自力で制限という壁を越えたのは今回が初めてのことではありません。ですが、古い監獄から自らを解放させるのみならず、壁そのものを崩壊させ、大勢の人が後に続ける状態を作り出したのは今回が初めてのことです。覚えていますか、人類の歴史には、一つの目的だけに打ち込んだ人々が大勢います。誰も行ったことのない地へあえて行こうとする勇気ある魂、自分にとっての真実のために立ちあがる力を持ち、自ら立ちあがることのできる人々、しかも周りの誰も支持しない真実、自ら支持すると明確に述べなければならない真実のために行動できる人々です。 そしてこういった勇敢なる魂たちは何度も何度も追われて沈黙を強制され、追われて死滅させられてきました。しかし彼らが何とかして蒔いた種は失われることなく、しかるべき時が来るまでチャンスを待っていたのです。気づかれずに隠れていた種は根を下ろし、憎悪と残酷という禁じられた表土を突き抜けました。いかなる生命の兆しも阻止しようとしてきた、恐怖によって支えられてきた表土を、です。こうして、すべての芽は開花しつつあります。そして皆さんはそのハートの中にこの金色の種を携えているのです。ハートにこそ、この種が生命を息吹くために必要な肥沃な土壌があるからです。皆さんは光を受け入れ、自らの存在の奥深くの忘れられた片隅へと輝く光が入ってゆくのを許可しましたが、その光はこの小さな種、大昔前に皆さんの祖先が植えたあの種を光で包み、かつて見たことのないほどの活力をもって生命が湧きだしました。この地だけに限りません、全創造物の至るところでです。 いいですか、皆さんには何年分もの記憶があり、この光に向かう旅には永遠とも思えるほど長い時間をかけているように思っているかもしれませんが、実際に驚くほど短期間のうちに皆さんがやり遂げてこられたその成果にはまったく驚嘆します。大昔前に、かつては真の楽園だったものに初めて闇が降りました。その時に始まったプロセスを皆さんは達成してきたのです。ここ数年、皆さんは恐怖の手中から自らを解放するために大変な作業に従事してきましたから、かなり擦り切れたり破れたりしているかもしれません。しかし、皆さんが故郷と呼ぶこの地球には自由を追求する魂達がこれまでにもたくさんやって来ており、皆さんはそういった自由を求める人達の長い長い列の最後尾に過ぎません。ですから、皆さんはライトワーカーが成す輝かしい大きな輪の頂点で最高の栄光を手にしていると言えます。皆さんの前に生きた輝く魂一人一人から受け継いだ夢を皆さんは受け継ぎ、それがようやく真価を発揮し、ついに実現させているのです。そしてお忘れなく、皆さんもこの輝かしい祖先の人々に加わった一人なのです。皆さんは同じ使命をもって何度も何度も地球に来て未来のための種を植え、印を刻み込んだのです。そしてこの印はその人生の間に成果を示すことはないかもしれないけれど、遠い未来のいつか、すべての人にとって鮮明に見える成果を表すであろうこと、光のあたる角度がいずれ変わり、その印はクリアに、細部にわたって生き生きと姿を表すであろうことを願って残されたものです。 いま、その未来の時がやってきています。皆さんが今生でこれまでに行ってきた大変な作業や何度もの転生を重ねて行ってきたハードワークのすべての価値が発揮される時です。何世代もの間、夢でしかなかったことがようやく実現するのです。そして皆さんはすでにその新しい土に第一歩を踏み込んでいます。この肥沃な土壌が荒れ地となることはもう二度とありません。 皆さんは新しい理想郷を創造してきました。それは皆さんの夢の地、皆さんが土をはぐくむように皆さんの魂をはぐくんでくれる故郷です。皆さんと故郷は共に花を開きます。枯れることはもう決してありません。皆さんは新しい連動の設定を惑星中に架したからです。この光の灯った生命を持つグリッドはすべての接続部と連結部を一つ残らず網羅し、全く新しい光の皮膜を作って地球全体を包んでいます。それはまるで生命をはぐくみ増強させる胎盤のように、内にあるすべてのものを保護しています。光が羊水のように皆さんを包み、皆さんに危害を与えようとする外界からの一切の影響を和らげ、守っているのです。皆さんは光の繭を紡いでおり、この変容プロセスはゆっくりと完成に向かっています。皆さんはすでに、長らく願っていた光の灯った存在になっていますが、皆さんの内なるブループリントに沿う完全で複合的な存在へ完全に遷移するまでまだ時間を要します。 こう言うと一歩後退しているように思う人が大勢いるでしょうが、そうではありません。皆さんはすでに完全です。ただ、すべてを吸収し、すでにそこにあるグレイトネス(偉大さ)のすべての形質が発達するためには時間がかかるのです。昔風の写真現像では光の傍で念入りに紙を準備し、そして写真を焼いていましたね。同じように、皆さんも十分に発育が進むよう隠遁の時間をとる必要があります。そうすればすべてが細部にわたって姿を表し、すべての色彩が華麗さに惜しみなく輝くことができるのです。皆さんも同様です。長く辛い旅を遂げてきたのですからね。この先、皆さんはあらゆる形で課題に取り組むよう呼び出されることもありますが、活動から身を引き、新しい皆さんに落ち着くまで時間に身を委ねるというのもまた皆さんの課題なのです。それは長期には及びません。外に慣れ親しまず、誰とも関わらず、といった世捨て人のような隠遁生活のことではありません。私達はただ、皆さんには一歩進み出ていかなる状況下でも皆さんの光を真に輝かせることが必要となる時もありますが、一歩退いて光をただ受け取ることが必要となる時もある、と言っているのです。皆さんは自分自身に全神経を集中させて過ごさねばならない時があります。そうすることで、皆さんが最高バージョンとなるプロセスを光が手助けできるのです。すべての奥深さ、すべての詳細、すべての光、色彩の全スペクトラムは皆さんの中に刻印されており、そのすべてを包含する皆さんとなるために。 そこで繰り返しますが、ただ「在る」だけの時間をとってください。そして光と愛の繭の中で皆さんは安全に守られているということを知っていてください。この繭はいまや地球全体を包みこんでおり、もう皆さんは小さな金色の卵の中の孤独な旅人となりはしないよう、確実に守ってくれます。これまでは一人分の魂の栄養と情報だけを備えた個人単位の胎児嚢の中にいましたが、この嚢は一つの巨大な球体の中へ溶け込んでいきました。この球体は皆さん全員を養うことができ、また皆さんが到達した新しいレベルでの繋がり、ワンネスの一体感を確実なものとする力があります。それは完璧なゼロの内にある1(ONE- ワン)です。 これが生命のコードです。全体性である単一性、線上の一点の中に備わる1でありすべてなるもの、始まりも終わりもない、皆さんのすべてを包みこむ単なる円であり、皆さんすべてが一つの単一ユニットの中にあり、不滅かつ無限、明確で満ち足りていながら言葉に表すことのできないものです。皆さんはこれであり、そのすべてです。しかし皆さんはまだ、すべて在るものとして存在してはいません。皆さんはまだ成長途上にあり、この卵、光という形のエネルギーでできた保護壁の中で皆さんは愛に包まれてしばらく浮遊したまま過ごすことになります。時が来るまで、この愛の抱擁が解かれることはありません。その時とは、皆さんが羽を広げて飛び、さらなるものを探究に出かける時がきた、と皆さん自身でわかる時です。ですから、皆さんはこの卵の中で必要な限りの時間をかけて孵化します。私達には一歩以上先を見通すことができるのですが、皆さんが真なる自分を発見する、そのスピードの速さに私達が再び驚かされている様子が見えています。ですから皆さんがひな鳥として過ごす時間もそう長くはないでしょう。皆さんの皮膚の下には羽が育っており、皆さんはそれを感じていて羽を使いたくて既にうずうずしています。皆さんはただの人間となるためにここに来たのではありません。もっと遥かに超越した存在となるためにここに来たのです。いま、その最終段階に来ています。皆さんが光の助けに身を任せる限り、その素晴らしい特質はワープ・スピードで発達し、明らかな姿を表すことでしょう。 翻訳:Rieko

アイシャ・ノース 2014年2月16日 エネルギーアップデイト

アイシャ・ノース 2014年2月16日 エネルギーアップデイト A short update on the energies http://aishanorth.wordpress.com/2014/02/16/a-short-update-on-the-energies-20/ もう多くの人がお気づきでしょうが、到来中のエネルギーがあらゆる形でその存在を明らかにし始めます。どんなエネルギーかというと、まったく一貫性のないパターンで変動するエネルギーと言うのがピッタリです。まったく予測不可能なパターンを持つこのエネルギー信号はあらゆるレベルで影響を与えます。良好な振動の静かな海で穏やかに浮かんでいるかのように感じていたのに、突然いかだが転覆して荒々しい波に激しく打たれ、上下の区別すらつかない状態に陥るといった具合です。そう、いまはまったくもって予想不可能な時期に入っています。ほんの少し先で何が起こるか、まったくわからない状態です。 これはとても入念に編成されたイベントです。動き始めているものはすべて、人間のマインドではついていけない形で始動します。どういう意味でしょうか? 皆さんのマインドはまだ過去のパターンに忠実に従っていますから、この古いパターンから皆さんを解放する、ただそのためにこのプロセスが実行されています。おわかりでしょうか、このプロセスは偶然起きているのではなく、念入りに計画されています。ですからこの先、尋常ではとても考えられないことが起こって皆さんを揺さぶることでしょう。皆さんはまだ古い型にはまった生き方を続けようとしていますから、その古いパターンやプログラミングを皆さんが手放すことができるよう私達は全力を尽くします。そのようなわけで、皆さんは苦労の末やっとバランスを取り戻したと思っても、きっとまた故意にバランスを失わせるようなものごとに遭遇することでしょう。 無慈悲なやり方だなと思われるかもしれませんが、繰り返すようですが偶然に起きることはひとつもありません。皆さんが「過去の経験から実証済み」と思っている古いやり方は一切手放すことがこの先のためにもきわめて重要、不可欠なのです。そして、いま来ているエネルギーが皆さんを手伝ってくれます。このエネルギーは木を揺さぶります。皆さんが枝を手放し、ついには翼を広げて未知に向かって飛び立たせるためなら何でもします。もうおわかりでしょうが、この未知の領域は皆さんにとってとても異質な感じがします。自分らしいと感じているすべての部分を失ってしまうのではないかと考えているからです。ですから皆さんは自由を目の前にして躊躇しています。古いものを完全に手放してしまうと、自分まで捨て去ることになる気がしています。ですが、そうではないのです。古いものを手放そうと決めた時、自分という幻想の最後の名残を握っているがために使えなくなっているその手を手放そうとついに決心した時に、自分は本当は何者であるかをすっかり忘れていたことに気づくでしょう。ですから皆さんが離昇してゆくがままに身を委ねた瞬間、皆さんはとても馴染みある領域に移って行くことでしょう。よく知っている、最愛の領域です。その時こそ皆さんは本当の自分のふるさとに帰ります。いままでの弱々しい、偽物バージョンの皆さんではなくなるのです。 ですから繰り返しますが、これからしばらくの間はバランスを失ってよろめき回ることになりますが、恐れないでください。皆さんはまだ虚偽情報から生じた幻想に押さえつけられており、これはそういった古い重荷から皆さんを解放するための救済策に過ぎません。合間には、ふるさとに帰ってきた至福感を心の奥底で感じながらサーフィンを楽しめる時期もあります。このような感覚が生じたら、それはこの先皆さんが味わうことになるものをほんの少し味見している程度に過ぎません。今のところはほんの少しひと泳ぎして味わうだけですが、その大きくて穏やかな海はもうそこにあり、皆さんを待っています。皆さんが古いものの最後の残り屑まで捨て去った瞬間にはたっぷりとその海に身を浸すことができるのです。 この大改革プロセスの間は、その合間の時間をどうぞ楽しんでください。そして、この穏やかな海こそが最終ゴールであることを覚えておいてください。それがわかっていれば、この不快で穏やかならぬ時期も快く過ごしていただけるかと思います。つまるところ、エネルギーは支援のために来ているのであり、皆さんの妨害となるために来るのではありません。それどころか、皆さんに役立つ完璧なヒントを示してくれます。このエネルギーは、皆さんの中で行き詰っている部分、まさに急所に命中し、揺り動かしてエネルギー変換をします。するとそこが柔らかくなります。そのようにして、いまも皆さんの邪魔となっている古くて頑ななものから離れることができるのです。 翻訳:Rieko

アイシャ・ノース 2013年11月11日 11:11エネルギーのアップデイト

アイシャ・ノース 2013年11月11日 11:11エネルギーのアップデイト A short update on the 11:11 energies http://aishanorth.wordpress.com/2013/11/11/a-short-update-on-the-11-11-energies/ 今日は多くの人にとって興味深い日となるでしょう。カレンダーにある数字を見て、皆さんの内の深いところで何かが湧きあがってくるのを感じるのです。いつものように、あまり詳しくは述べません。個人個人によって異なる経験となるためです。あえて言うなら、今日の日付が示している11:11という数字は偶然の合図ではありません。この数字はポータルを表します。ポータル、チャンス、皆さんはエネルギーとして何かを受け取り、更なる光の悟りが得られる機会です。人類はこの日付がとても好きですが、ただの画面や紙面上の数字でしかありません。私達にとっては、皆さんに焦点を与えるのにとても便利な日なのです。ですから今日、11:11と皆さんが指定しているこの日に私達から皆さんへエネルギーアップグレードの急流に入るチャンスをあげましょう。このいつもより速い流れに乗って、皆さんの旅はさらに捗るはずです。繰り返しますが、個々によって異なる経験となります。ただ、集団レベルな経験も起きます。多くの人がこの1という標識を利用して瞑想し、自分自身といつも以上に深く繋がるため、結果として集団レベルに影響が出ます。皆さんにも是非瞑想をしていただき、深く繋がっていただきましょう。あらゆる全ての面において、皆さんにとって有益な瞑想ができる日なのです。 翻訳:Rieko

アイシャ・ノース 2014年2月6日 活路の見付け方 パート394

アイシャ・ノース 2014年2月6日 活路の見付け方 パート394 The manuscript of survival – part 394 https://aishanorth.wordpress.com/2014/02/06/the-manuscript-of-survival-part-394/ 多くの人がお気づきですが、流れ込むエネルギー信号が皆さんの中の新しい一連のボタンを押しています。これにより、皆さんはま新しい光の中にものごとが見え始めてくることでしょう。ええ、まさに言葉通りの意味で、です。この光には本来そのような力が備わっていますが、それを知覚する皆さんの力も急速に変わってきています。それに伴い、皆さんは単なる人間ではなくもっとはるかに複雑な存在であるという新しい感覚が芽生えてきます。さらに、人間の理解できる域を越えた感覚能力も強くなってきます。これまで存在していることさえ知らなかった創造物の領域とのコンタクトが始まるのです。そう、あらゆることがいま開いています。新しい始まりと古いものからの脱却、この二つが織りなす複雑ながら魅惑的な迷宮の中で、自分は迷い込んでしまったと思う時があっても無理はありません。 皆さんがこのすべてに対して自らを開いてゆくにつれ、内にある古くてもう使い物にならないシステムのほとんどを自動的に終了していきます。これらのシステムは皆さんの身体という器の部分部分を制御するだけではなく、皆さんの存在のあり方すべてを制御しています。新しくなった目で見始めれば、皆さんにとって見る必要のないものは見えなくなっていきます。古い表現を使うと、人間が生きていくうえでもう自分の役に立たなくなったものは「目をつぶる」ということですね。ですからこれまで障害物だとらえてきたものは思考に浮かぶことはありません。もう皆さんには見えなくなるからです。どういう意味でしょう?皆さんの全存在が現れるということです。古い思考、古い行動、古い存在のあり方をまだ忠実に守っている部分の皆さんは機能を停止するのです。人間の身体は、身体の中で使われている部分に焦点をあてるために長らく使っていない部分へ流れるエネルギーを止めますね。これと同じで、皆さんのシステムももう不要となったものは電源を切る。それだけです。 ですから、皆さんは新しくなりつつある自分に徐々に気づいてゆくでしょう。ですが、皆さんにとってはそんな感覚はないかもしれません。少なくとも表面的には感じられません。真新しい部分が始動すると、皆さんの焦点は自動的に転換します。そしてまったく新しい存在へとスムーズに切り替わってゆくことでしょう。皆さんは一番根底から深遠なレベルでの転換を経るのですが、それに対する知覚感覚はないかもしれません。とても深いレベルで変わりますし、古いバージョンの自分に接触することはもうなくなるからです。あとで振り返ると、まったく別人の人生を見ているように思うことでしょう。もしくは、フィクションでも見ているような気になるかもしれませんね。「あなたの人生」というタイトルで、それぞれの俳優が決まった役を演じている劇です。まさに、それこそがいままで起きていたことです。皆さんが生きている間に経験してきたことはすべて、いまそこに皆さんがいられるようにと皆さんに与えられたものです。いまこのメッセージを読んでいる皆さん、本当によくやって来られました。私達からはただ祝福を送るばかりです。 これから古いバージョンの皆さんの幕が下りますが、長々としたカーテンコールはありません。皆さんは古い人生という劇場をさっさと出て、本当の世界へ進んでゆく準備が万端に整っているからです。ええ、意図あってこの言葉を選んでいます。どこから見ても、皆さんの「本当の」人生が始まろうとしているのですから。この旅路において皆さんがやってきたことはすべて、そして過去生においてしてきたこともすべて、いまからに備える準備だったのです。これから真新しいスタートです。古いものには一切の拘束を受けません。ですが、皆さんがいま輝きながここにいられるのはこれまでの人生といくつもの過去生の一秒一秒の積み重ねのお陰です。皆さんはこれから真の光を発する存在としての姿を現してゆくのです。もうすでに皆さんはこの「すべて」なのですが、まだ全領域を完全に取り込めてはいません。ですから、お楽しみはこれからです。少し前に扉が一気に開きましたが、これからもっと多くの人が招かれてその扉をくぐり、広く開放されたスペース、皆さんの新しい人生へと導かれます。そこは皆さんの新しい世界、皆さんがすべてを自由にゼロから創造してゆくところです。もう多くのものがここにあり、皆さんが使える状態です。ですが、これらのことがいつ起こるか、どの速度で進むかは皆さん一人一人が決めることです。 ですから前方を見て一歩前に進み出てください。そうすれば皆さんを待っている夢の地を、この開き口から覗き見ることができます。自由に招待されて、まだどうしていいやら圧倒されている人も多くいますね。しばらくは遠くからそれを眺めて、それで満足しようとするのです。好きなだけ時間をかけてください。これはどこにも行きません。ただ、お楽しみを逃してしまいますから、あまり長い間とどまらないように。私達が何度も話していた肥沃な土地でようやくお祭り騒ぎができるのですから、ぜひその初めのグループとして楽しんでください。そうすれば皆さんを待っているものを説明しようとして私達が使ってきた素晴らしい言葉が何を表していたのかおわかりいただけるでしょう。そうですとも、皆さんがこの自由という領域とおしみない交流を始めた途端、私達がこれまで描写してきたことは全て間違いではなかった、とわかるはずです。私達はそう確信しています。もしかしたら、私達の言い方は十分に表していないと思うかもしれませんね。まさに言葉を越えた世界です。人間のマインドが描写できるようなものを越えています。ですが皆さんがそこに行けば、今回は全存在をもって知ることでしょう。ついにふるさとに着いた、もう永劫にここにいるのだと。 翻訳:Rieko

アイシャ・ノース 2014年7月29日 エネルギーアップデイト

アイシャ・ノース 2014年7月29日 エネルギーアップデイト A short update on the energies https://aishanorth.wordpress.com/2014/07/29/a-short-update-on-the-energies-52/ 多くの人はお気づきでしょうが、ミステリーはハートの部分、つまり核心に近づきつつあります。さて、どういう意味でしょう? シンプルです、皆さんの大部分は皆さんにとって隠れた未知のものでしたが、それを隠してきた繭がついに解体を始めます。言い換えますと、皆さんは内なる光の宝庫へこれまでとはまったく異なる方法でアクセスを始めています。内なる宝庫で何を見つけるかについては皆さんはもう一切の制限を感じていません。これまでは制限と感じていたものを迂回し、探究する方法を見出しているのです。また、多くの人が同意するでしょうが、初めにそこで見つけるものは皆さんに光の啓発をもたらすというより、皆さんを途方に暮れさせるかもしれません。少なくともそう思われるかもしれません。ですが、いま皆さんは全体からすればほんの小さな断片を発見しているだけです。情報の欠片をあちこちで見かけますが、まったく何の繋がりもないように見えます。それで全体像を作るなどあり得ないと思うのです。ですが、これはいわば失われた世界の再発見プロセスです。この内なる世界は何千年ものあいだ忘れ去られ、塵に埋もれています。現代のトレジャー・ハンター、考古学者のように皆さんはとても慎重に探究するのです。時間をかけて堆積物をゆっくりと擦り落とし、そのすべてを露わにしてゆくのです。このように言うとずいぶん時間がかかりそうだなと思うでしょうね。でも時間はかかりません。皆さんにとってもっとも有益な形でこの光の巨大宝庫に皆さんを導いてゆくために、このような方法が準備されているのです。 おわかりでしょうか、もし光をパワー全開で一斉に放ってしまうと、皆さんの目はくらんでしまうことでしょう。ですから、皆さんがまず自分の位置を把握するまで、このプロセスは念入りに監視されています。やがてテンポは大幅に加速してゆきます。中にはもう速いテンポで進んでいる人もいます。これは個々に取り組む道のりです。ですからもう一度言っておきますが、皆さんの仲間が現時点ですでに皆さんの知的能力を遥かに越える情報をやり取りしているからと言って自分が遅れをとっているなどとは決して思わないでください。これは個々の旅ながら、それぞれの道が連動しています。皆さん一人一人は、他にいるたくさんの人達と同調しながら前進しているのです。この複雑なプロセスで皆さん全員が大切な役割を担っています。誰かの足跡をただそのままついてゆけばいいというものではありません。皆さんはそれぞれに自分なりの入り方を見つけ出します。そうすると、他の人と並走しているのが見えてきます。時には集団の先頭を切っていたり、または集団の最後について後衛する時もあるでしょう。繰り返すようですが、能力の優劣はまったく関係ありません。皆さんはこの光の巨大マシーンにおいてそれぞれに役割があるということ、これが重要です。そしてこのマシーンは日々加速を続けています。 もう一度言いましょう、自分を他人と比べ、自分は他の人より劣っているなどと考えたりはしないでください。あなたは劣っていません。あなたは他の人達とは少しばかり違う通り道を進んでいるのであり、しかもとても良い理由があるのです。皆さんそれぞれのピースはすべて丁寧に縫い合わされ、それぞれの指定部分にぴったり収まるように仕立てられてゆきます。その指定部分とは、皆さんがここで担う役割に基づいて指定されています。ですから、「科学」と書かれた扉の向こうに今もなお隠された秘密に誰よりも惹きつけられる人もいるでしょう。そのような人は、まずそのような内容を自然に求める傾向があります。他にも、シンプルに「愛」 がテーマだという人は、自然とそのホールから探究を始めることでしょう。このような具合でいくらでも続きます。これは皆さん自身の中に入ってゆく個人的な道のりではなく、これまで隠されていたすべての情報を探し求める旅です。皆さんはその情報を使って皆さんの仲間達の復活に力を貸すのです。もう皆さんは蘇ったのですから。 皆さんは先駆者です。自分を解放し、他の人々も皆さんの跡に続けるよう、障壁を打ち壊しあの深いジャングルを切り開いてきました。いま、このことがすべてにおいて皆さんの心に染み込んでゆきます。これから、あるテーマまたは地域、人の集まり、もしくは個人にどういうわけか惹きつけられてゆくことでしょう。もしくは一歩身を引いて自分の内なる知識の井戸の奥深くまで入ってゆくことで自らの道のりがよりはっきりと見つかるかもしれません。役割は様々です。親愛なる皆さん、皆さんが多種多様ですからね。この偉大なる仕事で皆さんの担当部分を達成させるためにはどう進んでゆくべきか、内なる光は示してくれます。この内なる光にしたがうかどうかは皆さん一人一人次第です。 皆さんはなぜここにいるのか、十分におわかりです。その理由はこれからまさに皆さんの目の前に提示されてゆきます。といっても徐々にです。すべてが段階を踏むのには意味があります。皆さんはまだ人間でもあります。人間のマインドというものは、独自の思考を持っています。皆さんがあまり急激にこの井戸の奥深くまでダイビングしてしまったり、もしくはもし前もって詳細にわたる指示を与えられたりすると、もうマインドには一定の概念ができあがって固定される傾向があります。そうなると、皆さんは突然に間違った方向へ進みだす可能性があります。皆さんの能力が劣っていると思わせたいのではありませんよ。私達は皆さんとゲームをしているように思わせたくてそれでものごとを「隠して」いるわけではない、ということをただお伝えしたいのです。遊びたいがために皆さんを陰から操っているわけでもありません。これは前もって細部に至る同意を皆さんより得たうえで設定されたプロセスです。ですから皆さんは何をすべきか、どのようにすべきか、すでにご存知です。ですが、その内容すべてを忠実に実行するために、皆さんが人間という装いを身に着けた時に詳細部分を忘れてしまう必要がありました。これもまた皆さんの同意あってのことです。ここでもう一度お断りしますが、皆さんの手に負えないことだからだという意味ではありません。皆さんにとって最善のやり方でうまく達成できるよう、必要な措置をとったまでのことです。現段階ではまだ人間の特質が頭をもたげますが、人間の部分による妨げを避けるための措置でした。 親愛なる皆さん、皆さんは実に長い道のりをやってこられました。ですがまだまだこのプロセスは続きます。成り行き任せはあり得ませんから、このプロセスは真剣に受け止めねばなりません。このように言うと私達のことを横柄に感じる方もいるでしょうが、私達は単に皆さんがすでに知っていることを思い出してもらおうとしているだけであり、皆さんがしたがうべき指示を与える立場ではないことをおわかりいただけますように。皆さんは全員、このプロセスに参加しており、この役割については詳細にわたって十分に情報を得ています。ですから、現段階では不可解な情報、もしかするとイライラさせられるような情報かもしれません、それもすべてはプランの一部を成しており、皆さんを介してセットアップが進むのです。ですから皆さんが知らないことは私達にもわかりません。私達の任務は皆さんがここに来る前に決めてきたプランを実行できるよう手助けをすること、ただそれだけです。つまり、責任者は皆さんです。選択をするのは皆さんであり、進んでゆくのも皆さんです。今生ではこの惑星に足を踏み入れる前に自分や全体のためにゴールを設定してきたのです。そのゴールを達成するために進み、光をさらに皆さんの元へ引き寄せてください。皆さんは実に素晴らしい成果を挙げており、それに一点の疑いもありません。願わくば、ご自身でそれを認識されていればよいのですが。 さぁ、皆さんはこのシップ(船)がますますスピードを上げることに同意をしました。皆さんにとってできる限りスピーディかつ実りの多い探究となるよう、必要なツールはどんなものでも私達ができる限り準備します。これもまた個人ベースですから、ツールも人によってそれぞれです。何か促される感覚が起きる人もいるでしょう。微妙な感覚かもしれませんし、とても分かりやすいダイレクトな感覚かもしれません。それは皆さんの現段階の状態によります。また、人によっては何らかの状況が生じて新しい「課題」にすっかり没頭できる可能性もありますし、予期もしない形で道を邪魔していたものが除去される可能性もあります。 いいですか、このすべては皆さんのハイヤーセルフによって決められています。ですから、皆さんの人間の部分は、これをまったく違う見方をしているかもしれません。以前お伝えしたように、変化に対する人類の概念は他者の見方とは異なっています。ですから、ハイヤーセルフにとっては皆さんを前進させるために大切な手助けであっても、人間の部分の皆さんからするとドラマチック過ぎたり、人生が大変動して厄介に思うかもしれません。すべての人がそうなるわけではありませんが、すべての人は風が吹き始めて背中を後押しされるのを感じることでしょう。ですからこの先、いくつかのサプライズがあっても驚かないように。忘れないでください、何が起きようとも、それは皆さんのために起きます。前進するのを促すために、そして皆さんをまだ抑えようとしたりスピードを落とさせようとするものから解放するために起きるのですから。すべては順調なのです。常に、ハートに耳を傾けてください。ハートこそ、理知の声が聞こえるところです。ハートでこそ皆さんがなぜここにいるか、その目的が何なのかを知ることができます。この変化を起こしているのは皆さんであるということをわかってください。「恐怖はもうたくさん、苦しみはもうたくさん、分離はもういらない」と言ったのは皆さんです。さぁ、すべては「ひとつ」となりつつあります-皆さんのすべてが全創造物と一つとなるのです。 翻訳:Rieko

アイシャ・ノース 2014年8月9日 エネルギーアップデイト

アイシャ・ノース 2014年8月9日 エネルギーアップデイト A short update on the energies http://aishanorth.wordpress.com/2014/08/09/a-short-update-on-the-energies-54/ 水門が開かれ、到来しているエネルギーに流される感覚を味わっている人が多くいることでしょう。当然です。このエネルギーに触れると、軽い反応で済むわけはありません。すべてはまったく新しい形でリセットされます。このプロセスを通して新しい地平線が再び姿を現します。また謎めいた話し方をしていますが、皆さんの内なる混乱を多少でも晴らせるようイメージをお伝えしましょう。おわかりでしょう、皆さんはあまりにも長い間、人間という繭の中に収まったまま過ごしてきました。ですからいわば裸眼で何が起きているかを見定めるのは難しいかもしれません。人間としての皆さんは人間の部分を使ってすべてを検知しようとしているという事実を今回も話しています。人間の部分とは、知覚や聴覚、その他皆さんの基準でいうところの「測定可能な」周波数を使ってすべてを判断しようとしますが、その感覚のことです。しかし、いま起きている変化により、皆さんがそういった普通の理解方法で得る結論はすっかり当てはまらなくなくなってゆきます。ですから、いつも完全に自分の中心に落ち着いているというより、自分自身の脇を歩いているような、そんな感覚にとらわれることでしょう。 こう言うとよくわからないかもしれません、確かに混乱するでしょうね。ですが、これもいま皆さんが通過しているプロセスの重要な部分です。覚えていますか、すでにお伝えしましたがもう制限は一切ありません。それをこれから把握していただくために、ええまさに飲み込み理解していただくために、皆さんに何らかの力が加わったり変化が起こったりします。それで、まったくもって初めての感覚ばかりの環境に置き去りにされているように感じることでしょう。 そういったわけで、鏡の中の自分を見て「あれは誰だろう」と思ったり、自分の身体を見下してまったく異質な、まるで見慣れない物体を見ているように感じたり。周りを見回し、人工のものでも自然そのものでも、すべてが奇怪な幻想かもしくは絵具で描かれた背景のように単なる飾りにしか見えない時もあるでしょう。つまり、皆さん自身を含む「現実」からすっかり解き放たれている瞬間があっても驚かないでください。聞いたところはゾッとするかもしれませんが、同時に皆さんにとってとても親密な何かに深く繋がっている感覚もあるはずです。その皆さんの知っている何かとは「あなた自身」です。そして一方では内に宿している身体的特性とこの核とを結びつけるのがとても困難となるでしょう。 おわかりでしょうか、いま何が起きているかというと、皆さんがこれまで永遠とも言えるほど長い間信じてきたこの世界と、その向こうの世界とを隔てているヴェールが取り払われているところです。真の多次元存在としての皆さんは複数のプレーンに同時に存在することに精通していますが、人間の部分はそんなこと不可能でしかないと思いこもうとします。人間の部分は皆さんという存在の本質を既知の姿のままに縛りつけようとします。つまり、人間界を成立させている視覚など知覚の定義に押し込めようとするのです。ですがこれから皆さんの感覚能力はそういった古い境界線や想像上の限界を越え始めます。それで、皆さんが「自分と思っているもの」と「これから経験する自分自身」との間で経験にそぐわない葛藤が生じる時期がやってきます。 これから皆さんはすべてにおいて拡大してゆきます。皆さんの存在そのものがとても具体的な形でそれ自身と交流を始めるからです。ですから、まず安定の感覚が無くなります。というのも、皆さんがこの惑星上で歩んできた一歩一歩は人間の身体とい枠組みの中で定義されてきましたから、皆さんの知覚はこの枠組みの中で作用するよう微調整されてきています。しかしこれからはそういった古い計測方法はもう使えません。それで皆さんはすべてのつじつまを合わせようとして悪戦苦闘することでしょう。ですが、これも成長の一過程であり、こうやって古い制限から抜け出すのです。この混乱もすべては目覚めのサインとして捉えればよいのです。長らく休眠していた部分がゆっくり、確実に目覚めて操舵席に歩み寄り、ありとあらゆる形でその存在を皆さんに知らしめているということです。 ですから、もしなかなか理解できずに我慢の限界を感じたとしても恐れないでください。実際のところ、その反対です。皆さんは初めて、再結成を遂げつつあります。たった一つの小さなエンジンで動くのではなく、能力を100%機能させるあり方に戻ろうとしているのです。ですから、すべては順調です。たとえ皆さんが「知っている」ものすべてがその反対のように感じられても、それでよいのです。皆さんはとてもよく馴染みある自分のある部分をこれから知ってゆくところです。ただ、その部分はずっと見えない所に置かれ、いまという時期がくるのをずっと待っていました。ですからこのすべてがもたらす不安定さ、居心地の悪さ、違和感を歓迎し受け入れてください。かつての皆さんへと戻ってゆく道のりに過ぎないのですから。あまりにも長い間、皆さんはその馴染みある古い身体を自分と思いこんでその中に単体として存在していましたが、かつての皆さんとはもっと遥かによく知っている馴染みある皆さんです。 翻訳:Rieko

アイシャ・ノース 2014年1月5日 アイシャのコメントより-POND瞑想集会後のシェア

アイシャ・ノース 2014年1月5日 アイシャのコメントより-POND瞑想集会後のシェア 親愛なる友人の皆さん!今回の瞑想集会も、これまでとは全く違うものでした。全く別の、2つの場面が登場しました。まず、PONDの周りでは素敵なお祝が行われていて、みな踊ったり歌ったり、光の糸を「編んだり」していました。私達の喜びいっぱいのお祝いが光の波紋となって惑星中に広がっていくのが見えました。私達、みんなでとても楽しい時を過ごしたんです。瞑想した一時間のうち、初めと最後にこのパーティーを行いました。もう一つの場面は、PONDの底で。とても静かなところで、一人ずつ内密なセッションを受けたのです。まず一人ずつPONDの底まで泳いで潜っていきました。底には、輝く平らなクリスタルでできた出入口がありました。私達がこの入口から入ってゆくと、そこは純白の光輝くホールでした。皆に白いガウンが渡されました。静養所かスパに来たような感じです。ただ、もっと正式な雰囲気がありました。輝く存在達が一人一人やってきて、私達一人一人のところにつき、それぞれに別々の場所に案内されました。こうして、私達全員が個人セッションを受けるのですよ、と言われました。私が連れて行かれた部屋には、生命体のグループがいました。これはプロセスの一部で、今年に向けて準備をするのだと告げられました。今年、私達は新しい役割についてゆくのだそうです。 私は、あらゆる任務を「やってみる」チャンスを与えられました。彼らによると、今後自分が何をしたいか、それについてはマインドをオープンにしておくことが今年中は大切だそうです。なぜなら、私達にはいくつかの選択肢が与えられるそうなのです。自分の光を何のために使うかについては、私達が選択できる。そして何を選択しようとも、決して自分にとって「違う」ものを選ぶことはあり得ない。そう言われました。また、いくつかの選択肢があることを考慮しながら選ばなければいけない、とも言われました。そして、この世界を私達が夢見る世界に進化させるべく、どのように自分の光を使えばいいか。これについては、人間的な概念を越えて考える必要がある、とも言われました。いま、私は何も選択する必要はなく、ただ私達全員にどんなオファーがやってくるかがわかるようハートとマインドをオープンにしておくようにとの簡単な説明だったようです。そして彼らは私にありがとう、と言い、PONDに戻るように言われました。そして元の大きなホールへと案内されました。ホールには、皆がそれぞれに自分のセッションを終えて集まってきました。みな静かに互いをハグし、微笑みを交わしました。そしてまたあの入口から出てPONDへと浮かんで行きました。 その後はまたお祝いに戻りました。私はステージに立ち、光輝く海を遠くに眺め、私を見ているたくさんのハッピーな顔を眺めました。もう少しで泣きそうになりました。あまりにも素晴らしい眺め、あまりにも素晴らしいエネルギーでした。私は短いスピーチをし、皆さんのこれまでの努力と今後の皆さんの貢献に感謝を言いました。そして「We will rock you」を踊り、歌ったのでした。この瞑想集会の間中、エネルギーはとてもパワフルながらとても「軽い」エネルギーでした。まるで何千羽もの蝶々が私の中で羽ばたいているような感覚でした。これまでの瞑想集会ではとても「重い」エネルギーを感じたこともありましたが、今回は全く別物でした。実際に瞑想のほとんどの間、微笑んでいました。だって、本当に気持ち良かったのです :-) 皆さん、参加してくださりありがとう! 2014年1月5日 11:56pm アイシャ・ノースより *これはアイシャ・ノースさんの通常のメッセージではなく、前回のメッセージのコメント欄に投稿されたものです。 http://aishanorth.wordpress.com/2014/01/04/welcome-to-this-years-first-gathering-around-the-pond-sunday-january-5/ 翻訳:Rieko

アイシャ・ノース 2013年7月14日 活路の見付け方 パート336

アイシャ・ノース 2013年7月14日 活路の見付け方 パート336 The manuscript of survival – part 336 http://aishanorth.wordpress.com/2013/07/14/the-manuscript-of-survival-part-336/ 形勢が変わりました、エネルギーの通った跡にたくさんのがらくたが再び掻き回されています。皆さんはもうおわかりでしょうし、サプライズでも何でもありません。いま、エネルギーはあらゆる全てのものを押したり引いたりしています。そしてしばらく、この動きは続きます。しかし同時に、以前は影にまぎれて見えなかった隅々まで光があてられ、皆さんにとっては興味深い発見があることでしょう。光は暗いところを強調するのではなく、以前は手の届かなかった真実と学びを増進させてくれます。この増大した光によって、たくさんの発見が表面化してゆきます。個人レベルの発見もあれば、不特定多数の公衆にとっての発見もあります。 この夏を迎えてゆくにつれ、まだ熟慮すべき事柄はたくさんあります。皆さんの多くは、内に潜んでいる才能を感じ始め、その才能の発掘を始めてゆきます。思い出してください、皆さんはたくさんの知識を携えてここにやってきています。ただ、理由があってそれらの知識はしかるべき時期を迎えて再度持ちだすまでは安全なところに隠されました。そして、それら知識を持たない状態に慣れてきています。人類は与えられたリソース(資質)を誤って使い続けてきました。そこには長いストーリーがあります。資源という物質的リソースもそうですが、無形の非物質的リソースについて特に、そう言えます。その結果どうなったかは、皆さんが周囲を見渡せば簡単におわかりになるでしょう。ですから、皆さんの中にはこの英知のホールを再び開くことを躊躇する人もいることでしょう。またこの知識が誤用されるのではないかと恐れを抱いているためです。 とてもよく理解できます。前回皆さんがそうした時はとても有益とは言えない結果を招いてきましたから。しかし今回はもう知識のパワーを恐れる必要はありません。私達が保証します。知識は純粋そのものに保たれ、崩壊することは決してありません。なぜなら、これに関与する人々は全員レッスンを学んだからです。多くの皆さんがこのレッスンには多大な代償を払ってきました。ですから、もう一度同じ道を辿るとなると躊躇するのです。でも今回は私達の言うことを信じてください。永遠なる叡智のホールへと続く、内なる扉を開いても危険は生じません。今回は、皆さんは何かに身を固めてこの時を迎えました。この何かが知識を純粋なままに保ち、欲や恐怖、操作などで汚染されないように助けてくれるのです。 ですから大胆に一歩前進してください。何を見出そうと、それは全てのものにとって善をもたらすためにしか使われることはありませんから。それは脅迫的な地獄の支配から人類全体をすくい上げるために、利用するためにそこにあるのです。ですから、皆さんが導き手としての役割にさらに取り組んでゆくなら、この知識は皆さん全員にさらなるパワーを与えることになります。 ですから再度言います、大胆になり、探究心にしたがってください。出会う石は全て裏返して見てください。そこに隠された答えがありますから。これは情報を探究する旅です。その情報はあらゆる形で現れます。ですから、どうぞご自由にたっぷり取り分けて楽しんでください。 翻訳:Rieko

アイシャ・ノース 2013年11月25日 活路の見付け方 パート374

アイシャ・ノース 2013年11月25日 活路の見付け方 パート374 The manuscript of survival – part 374 https://aishanorth.wordpress.com/2013/11/25/the-manuscript-of-survival-part-374/ 今ほど、「内に入る」ことが重要な時はありません。四方八方であまりにも多くのことが起きているため、皆さんは自分の領域内で何が本当は起きているか、わかり辛いことでしょう。今は、簡単に気が散りやすくなっています。エネルギー到来により生じている肉体症状もありますし、あらゆる外的騒音が地球全体に広がっていますからね。確かに、全ての音が皆さんの旅路を迷わせるために起きているわけではありません。ですが、外的事態が起こると脇へ注意が逸れますから皆さんの推進力があらゆる形で衰えやすくはなります。ですから、同じアドバイスを何度も繰り返していますが、今ほどこのアドバイスが重要な時はありません。皆さんはいま、まさに初めての領域に足を踏み入れようとしています。その唯一の方法、それはこれまでかつてないほど深いレベルで皆さん自身の内に繋がることです。 そこにこそ、この未開の領域があります。ここでしか見つけることはできません。画面上や紙面で見かけることも、誰かから伝えてもらうこともできません。今のような時期、そういった情報はもっと皆さんを混乱させるかもしれません。ですから感覚を外界に向ける時は時間を計って一定の時間を超えないようにし、それより自分の意識を内に向ける時間を十二分に確保するようにしてください。そこにあるものを、他の誰かがあなたのために見つけ出してはくれません。内では沢山の宝物があり、他の誰でもない、あなたに発見してもらうのを待っています。この宝物をあなたが内に入って探しに行かない、見つけないなら、ただ発見されないままそこに居続けることでしょう。いいですか、もしこの宝探しをしない、と選択すると、上へ向かい限界を超えてゆく力は制限され、さらには集団レベルにも影響を与えます。ここで皆さんは本質的な役割を担っています。内に携えている秘宝を探し出したい、皆さんがそう願えば願うほど、プロセスに大きく貢献することになります。見つければ見つけるほど、私達全員で喜びを分かち合えるのです。 思い出してください。あなたが生み出す成果はあなた個人にも影響しますが、全創造物にも効果を生じます。あなたは広大で空虚な海に浮かぶ孤島ではありません。あなたは微粒子で、存在する全ての他の微粒子と緊密に繋がっています。あなたが高度な理解レベルに達した瞬間、他の全ての人があなたと同レベルの振動による影響を受けるのです。ええ、全てと言いましたね。ある周波数が上下に渡って他の全ての人々に影響します。あなたはソロ・プレイヤーではありません。皆、全創造物から成る巨大なオーケストラの一員なのです。ですから、あなたが自分の本質を発見する内なる旅を進めば進むほど、他の全メンバーの音を変える力を添えることができるのです。 ただし忘れないように。いま、荘重な歌が演奏されていますが、それが聞えてすらいない人々にも同じ影響を与えます。皆さんがまだ見えてはいない内なるコードにアクセスしてゆき、その成果をさらに増幅してゆけば、そのような人々にも必ずその歌が「聞こえる」のです。そして、それが何なのかわかりたい、というプレッシャーをどんどん増長させます。初めは単に、「何か」が自分に近づいてくる、という落ち着かない感覚を覚えるでしょう。この新たなプレッシャーの根拠がまだわからないためです。皆さんが内にある新しい扉を開くと、皆さんの周波数は高くなります。その時に、全てに影響を与える何かに通じる扉も同時に開いているのです。とてつもなく大きな変化が起きていることを知りたくもない人々にも、これが影響します。彼らはバランスが崩されるような強い刺激を受け、落ち着いて平衡感覚を取り戻すことがなかなかできなくなります。急増しているアップエネルギーのエネルギーに向かって自分自身を開かなければバランスを取り戻すことはできませんから、自分の人生の全てがますます混乱となり、不安になってゆくのです。このように、新たなプレッシャーのもたらしている結果が、いま皆さんの多くのお仲間に現れています。しかし、いつ理解がやってくるか、それはわかりません。誰でも準備が整いさえすれば、あの広く開かれた扉の向こうに進むよう、全員の人が招待を受けるのです。このプロセスから排除されている人は一人もいないのですから。 皆さんのここでの役割に戻りましょう。とても重要な役割ですからね。前にお伝えしたことを忘れないでください。ハンドルを握り、アクセルを踏むのは皆さんです。このオペレーション全体においてどの道順を確保し、どのようにスピード調整するかは皆さんが行う選択によって決まります。ですから繰り返しますが、必ず内に入ってください。そこでこれから大事なこと、つまり皆さんを待ちうけている一式のコードがあります。単に皆さんがそれを見さえすれば、皆さんは観察者となるのでそれらが「成る」、つまり存在することになるのです。ですから座って目を閉じ、皆さんを遥か遠くへと連れてゆく内なる旅に出発してください。皆さんはまだそこに行ったことはありませんが、それは皆さんの到着を待ちわびています。本当にそこに着いたら、皆さんにはそれだとわかります。あまりにも長い間皆さんから隠されていたのですが、到着すれば大歓迎されているのを感じるはずです。長々とした大変な旅を経て疲れ切り、やっと故郷に戻るような感覚です。そこに行けば、故郷に戻ったという感覚を手放すことはもう二度とないだろう、とわかることでしょう。その時点から皆さんのスピードは上がり、全創造物を連れて喜びに満ち、輝く新しい未来へと押し寄せるように急速に進んでゆくことでしょう。 翻訳:Rieko