Friday, August 18, 2017

イエス 2013年11月21日  目覚めは神の力で計画されました John Smallman 

 目覚めは神の力で計画されました イエス John Smallman  2013-11-21 人類の盛大な目覚めの準備はすべてスピリチュアルな世界で行われます。それを妨げるものは何もありません。膨大な数の人たち、特に憎しみを抱いたり苦々しい思いや怒り、不信感などを抱えたままの人たちは自分のスピリチュアルな起源や自分が誰かなどを全く知らずにいて目覚めることはないのではないかと思え、そのことを心配する人が大勢います。でも、光の所持者、ウェイ・シャワー、愛と善意の魂の皆さんがしてきていることは、そういう人たち全員のためにこのスピリチュアルな悟りという素晴らしい時を準備しています。皆さんはそういう人たちが自分の神聖でスピリチュアルなルーツに気づきはじめられるように絶えず力強く願い、意図してきました。その愛のある意図は神の力の後押しを受けていることは言うまでもありません。愛あふれる源にとってはすべてが永遠に支えられています。神に抱擁されていることを感じないからといって決して神の力や影響力が減るものではありません。人類の目覚めは起きつつあり、皆さんの喜びは超現実、架空のことではなく、「本物」です! 驚嘆すべき、大いなる輝きです。 皆さんは非常に限られた短い人生を送っていてしっかりとそのことを自覚するのが難しいために私たちは繰り返しお話しするのですが、間違いなく皆さんは永遠にして神聖な存在なのです。まだまだ続くように感じられることは知っています。でも、時間は特に、辛い時間がノロノロと進むように感じる時にはそれは幻想であることを知っておいてください。一方、幸せを感じる人がいますが、その人にとって時間は非常に速く進んでいます。一日、一時間、一分、一秒が長い時間に思えますか? それはあなたの経験次第なのです。多分ビッグ・バン以来確かにこのような幻想は長きにわたって存在してきたように思えますが、心のなかでは実際はそれはほんの僅かな瞬間なのです。あなたが目覚める時にはそのことが明白になり、幻想はなくなっていることが分かります。   リアリティ、神、すべての源、愛は、永遠不滅で時間を超越し、常に今があってそこですべての創造が起きています。今の瞬間にあらゆる創造が永遠に存在するということを言葉で説明することは不可能です。したがって目覚めた時には、完全に覚醒した意識で知ってしまい我を忘れてしまうのでびっくり仰天するでしょう。スピリチュアルな世界では、中途半端ということはありません。すべてがとてつもない熱意と情熱が注がれます。単に「それでいいですよ」などというものは何もありません。神の神聖なリアリティ、唯一のリアリティが、どうしてそれでいいよ、になりますか?まして「大丈夫」になりえますか! あなたが目覚める時には消えることのない永遠として感じられる「リアリティ」の不思議さを経験しますが、その時は興奮と期待の坩堝と化しています。あなたの驚きと歓喜が「リアリティ」である私たち全員に伝わって意識という意識が永遠に分かちがたく結びつくのです。時間それ自体は幻想ですが、目覚めて思い出し、真の「あなた」という不思議を経験するまでがどれだけ長く感じるか、私たちはそのことを知っています。また、何度もお話してきたように、失望というものはありません。神は失望を味わわせるような意志はありません。失望というのは、全くの幻想、嘘だったこと、本当に信じがたいことを指します。それは愛に一致しないことです。目覚める時に愛のない断絶、受け入れがたく思えるものは背後で消えていきます。 壮大で非常に不思議な目覚めは、源と別れたその瞬間に神聖に計画され指揮されました。だからその時から本当の自分という意識が分裂しているわけではないのです。同時に一方では、探求と経験に制約が設けられ、その中で過酷な環境を経験してきました。皆さんは希望してそこでゲームをするためにそういう環境を造り上げてきたわけです。制約や限りがあるというのは素晴らしいアイデアだったのです。つまり、限りのない、無限のパワーを持つ神聖な存在たちが実際に自分を縛って限界を設けたらどのようにみえるのかを見るためでした。聖なる父は皆さんを創造した時に何でも与えましたが、ただ喜び楽しむままに自由にやってほしいと願いました。更に、思ったことをする自由によってあなた自身が傷つくことは決してないということになっています。 その時に、非常に限られた環境を造り上げその中で自分を見失うことを決めました。そのために「あなた」は、「自分自身」を小さなバラバラな断片に分割しました。その結果支援のない環境下でバラバラになって競い合う生き物という感覚を持った個人になったのです。地球で生き残るために不相応な物質を求めるがあまり、貧困を恐れ、野望や私利私欲、飽くなき競争などの意識が嘘の環境、あからさまな脅威に満ちた環境を創りあげました。本当に奇異で疲れきってしまうゲームです。だから目覚めが今にも起ころうとしています。 神を知り、神自ら創造したものに対する無限で永遠の愛を知る皆さんは、現在この幻想の中に生きていますが、それは皆さんの自由意志と、熟睡した兄弟姉妹が目覚めるのを手助けしようとの愛のこもった選択によるものです。 自分の中の静かなところいる時間を設けてください。そこは源と永遠に繋がっており、源と別つことができません。なので、いつも皆さんを包み込む源の光は絶えず明るく輝き、その光に気づかないままでいられる人は誰もいません。それが神聖な愛の光です。その光は目覚めよと呼びかけています。もはやそれを無視することも拒むこともできません。目覚めの時はあなた次第です。エクスタシーを期待し、目覚めてそれを味わってください! 愛するあなたの兄弟、イエス http://johnsmallman2.wordpress.com/2013/11/21/your-magnificent-and-most-wondrous-awakening-was-divinely-planned/ 翻訳 ライトワーカー・マイク http://lightworkermike.wordpress.com/2013/11/22/awakening-was-divinely-planned/

イエス  2013年10月24日 愛がクラリオン・コールを響かせる John Smallman

イエス 愛がクラリオン・コールを響かせる John Smallman 2013-10-24 人類は、長い間当てどなく続いた幻想の道の末端に着きました。でも眼の前にあるものは谷底ではありません! 言わば渋滞や工事箇所を抜けてハイウェイの出口に辿り着き、壮大に広がる新しい高速道路に入ろうとしています。驚くような新しい道には最も壮観な光景が広がりますが、ここまで来た皆さんは今までのチャネリングメッセージでそのことを知っています。心ときめく光景がどこまでも続いていることを知っています。この時を願い、祈り、ここまで距離を計算し、突如はっきりと目の前に素晴らしい景色が現れました。いよいよです。 事実上既に入っていますが、それは「ニュー・エイジ」に進む道です。でも、素晴らしくこれ以上ない光景は、今まで縛られて窮屈な思いをし、心配と不安に捕らわれていた意識を吹き消します。源から流れる愛と命の力がクラリオン・コールを鳴り響かせ、あなたの中には間違いなく神聖な遺産があり、神とあなたは永遠に一つだということに気づき目を覚まそうとしています。そのことを知ると、神の存在と意識ある命に対する完全な神の愛、神の神聖な創造について疑う余地はなく、あなたは神と分かち難く結びついており、思いのままに探求しながら成長し、創造することができ、そうやって神という栄光に重なり神の栄光を大きくするのだということを疑うことはなくなります。 あなたがいなくては神は不完全になります。それは不可能なことです。だからあなたは神と分かち難いのです。疑いとか不安は夢、時に悪夢に過ぎず、本当のことではありません。これが自分だと思っていた小さなエゴのあなたは消え、神が叡智と愛の中で未来永劫に存在するものとして創造した真の「あなた」変わります。すると、もう後に引き返すことは出来ず、またいささかもそうしようとも思わなくなります。今まで歩いた道のりを疑い、いろいろと取り組んできたことを疑う時は、きちんと受け留めるべきだった、でも考えを改めなかった結果、健康を損ね、人生が不安定になり、ますます危うくなったのだ・・後になって突然そう気づくのでした。でも、これからはそのような幻想の人生とは全く違います。そのような虚しく酷い悪夢は終わりです、悪夢に勝ちました。もう二度とあなたにつきまとことはありません。 人生は楽しく喜びに満ち、人生の真実に改めて気づこうとしています。あまりに長く幻想に浸かり、数えきれないほどの辛い苦しみを味わうゲームを演じてきました。本当でないものを捨て目覚める時です。でも、人として地球で生きることが唯一の現実だと大変うまく信じこんできたので、それは簡単ではありません。自分は体を持つ人間だと強く信じ、歳を重ね体が弱くなり病気になるともっと体に注意を払い、益々死を回避しようとします。避けられないそのような出来事を免れることなら何でもやろうとします。医療業界は深刻な病に陥った人を鼓舞しようとあの手この手で処置を施しますが、魂が余りに体に囚われているため効果がありません。 人生ではっきりとした時があります。体を捨てる時があります。それを拒んで体を持ち続けることは、自分を更に苦しめ、助けて楽にしてあげようとする家族の苦しみをも大きくします。皆さんは体を持つのは初めてではありません。決めた課題を更に学び深めるためにこの幻想の中にやって来ました。体を脱ぐ時は休暇を取ることと同じです。あるいは、囚われから開放され離脱することです。それは、喜びに舞い戻る瞬間です。当然後に残る人は悲しみ、失う苦しみを味わいます。でもそれは、人生全体と死に対する考え方が極めて歪んで混乱し、誤って解釈しているせいです。この問題について語るチャネリングメッセージをつぶさに読んでください。メッセージの中の愛を感じて、死は恐れるものではないということをもう一度知っておいてください。 もちろん、死に急ぐこともありません! 誕生と生きることと死は幻想の中で経験する学びそのものです。その過程は個々人の人生の非常に重要な部分です。生まれる前に素晴らしい叡智をもって詳細に非常に注意深く計画しました。それからその記憶を失いました! しかし記憶を失うことも計画されたのです。だからエゴは大きくなり幻想という現実を益々信じ、エゴの信念は益々強くなりました。常に注意を反らせ邪魔する事がいろいろあっても、あなたは生きている間に「自分自身」を見つけます。生まれる時に自分を見つけることを知っていました。深い所で今もそのことを知っていて疑っていません。 毎日心静かになりリラックスすることが幸せとスピリチュアルな進化に欠かせません。このことは何度もお話しました。それでもそれがどれほど大切かということを強調し過ぎることはありません。すぐに人と会話のできる時代、ラジオやテレビなどですぐに情報を手に入れられる時代、そのことは益々重要です。人類は、手にしたいと言いながらも、人生の目的から外れる力を驚くほど発達させてきました! あなたは人生の目的を知っています。孤独でスピリッチュアルな人生に関心のある人が周りにいない、意味深い会話が出来る相手がいないと思っている人は、そういう人は大勢いますが、そうであれば、瞑想をし、祈り、源に直接繋がって内なる導きを探してください。天使やガイド、アセンデッドマスター、神秘的な存在から導きを得てください。そうすることは、自分だけでなく人類のために非常に得るものがあります。心の中を静かにして導きや助けになるものを受け取ってください。自然に「愛」が広がって人類全体の役に立ちます。 非常に多くの人が意識的に悟りの道を歩いている理由は、一つに、肉体を身にまとった魂に永遠のスピリチュアルエネルギーが絶えず流れ込んでいるためなのです。長い間殆どの人はこのエネルギーを知りませんでした。極僅かの素晴らしい叡智を持ったウェイシャワーだけが、このエネルギーを失ったわけではないことを示すためにこのエネルギーを取り戻しては大きくすることをしました。この100有余年、愛と思いやりのエネルギーは大きくなり、はっきりとした意図を持って人生の意味を求める人の数は爆発的に膨れ上がりました。そういう人たちは、そのような意図と行動によって自分の態度や行動を変えるだけでなく、人類全体にも変化をもたらしています。 人類が幻想に気が付き目覚めることは遥か昔に計画されました。その目覚めはもうすぐです。長い間幻想によって源と切り離れていたように思えますが、学習にはそれも必要なことだったのです。学びはすべて、ゆっくり始まる期間が長く、すべてが分からず、バラバラに見えます。それからゆっくりとバラバラだった紐が見事なタペストリーとして一つに結びついていきます。それは、単なる個人の紐を辿ってもどうなるか予想もつかないものです。その時は今です。全員で編み上げてきた驚くべきタペストリーが完成しようとしています。このタペストリーを覆うベールが降ろされて、喜んでタペストリーを「光」に晒そうとしてきた人たちの歓喜する姿が表れようとしています! 愛するあなたの兄弟 イエス http://johnsmallman2.wordpress.com/2013/10/24/love-is-sounding-a-clarion-call/ 翻訳 ライトワーカー・マイク http://lightworkermike.wordpress.com/2013/10/25/love-sounding-a-clarion-call-by-jesus/

イエス

イエス 言っていることとすることが違う場合、人に教えることがどうして出来るでしょうか? 高い真実や叡智、愛やユニティを話す人が多くいますが、言っているその真実通りに生きていません、自分を愛していません。豊かさや宇宙の法則について語る人がいますが、お金に関わることは何も求めません。 自分は光、自分は “ライトワーカー” だと思う人はたくさんいますが、周りの人にこの光があることが分かりません。私たちは光です。あなた自身とあなたが手助けする相手を区別しないでください。分裂が生じるだけです。あなたは一つになるためにここにいるのです。「目覚める」ためにここにいるのです。 皆さんが自分のことを軽んじる時は、高次の私たちは心痛みます。自分自身を受け入れず拒否するように見受けられるのです。あなたであることを受け付けないように見えます。他の人を大切にするのに、なぜ自分の価値が低いと思い、軽く考えるのですか? 自分をみじめにし不幸にするようなことは止めてください。それでいい人になれると思っていますが違います。いい人になりたがるのはどうしてですか? 自分を小さく見せても。それで周囲の人を大きくさせることにはなりません。 あなたはありのままの自分を伝えるのです。エネルギーは隠しようがありません。豊かさはあなたのためにあるのだということを分かってください。求めること、何かを望むことに対して悪いことをしているとか恥だと感じないでください。私たちは皆さんを無条件で愛しています。ハートの望むことを手にしてください。男性、女性の友人を妬んだり嫉妬しないでください。あなたにもあります。手のするものがあります。それぞれ誰もが十分に持っています。あなたは道を切り開くためにここにいるのです。見本になって人を導き役に立ってください。 皆さんをとても愛しています。それは純粋で本当の愛です。私たちの愛が届かず受け入れない人がいる時は心が痛みます。いい人になろうとする人がいますが、そこには自分を大切にし自分を愛そうとしない姿勢が伺えます。あなたは愛されているのです。自分を拒まず受け入れてください。 こころを込めて。 私はイエスです。 Copyright © 2013 by Catherine Victoria. All rights reserved.   翻訳 ライトワーカー・マイク http://lightworkermike.wordpress.com/2013/10/26/diary-2013_10/

イエス Jesus/Jeshua  2013年10月8日 2種類の闇 Pamela Kribbe

2種類の闇 イエス Jesus/Jeshua Pamela Kribbe 2013-10-8 友人の皆さん、私は古い友人のイエスです。今日はお話したいことがあります。愛とユニティのエネルギーを共にしましょう。それは、地球の人生でしばしばさまよい、自分を見失うので、皆さんがとても願うことです。皆さんの魂の中にある真実を思い出していただきましょう。それは肉眼では見えません。日常生活で慌しく、義務や責任に追われている時にはそこに触れることができないものです。 ちょっと静かになって外の喧騒を遮断してください。自分の深いところにある静寂さを感じてください。ハートの静けさは空っぽではなく、普段の喧騒から逃れる時にだけ感じられるものです。今日はそういう忙しいところから身を引いて自分を思い出し、ハートの静けさに入って生き生きしてもらいましょう。そうして改めて進みだすと、もっと楽に、楽しくなります。 人生が戦いのようになる時があります。でも、それは本来の姿ではありません。皆さんは本質的に自分を経験し、光の天使の持つ自分の強さと美しさを思い出し、それを他の人と分かち合うために生きています。そうやって地球で故郷を感じていけます。人生はシンプルになり、楽で喜びに溢れてきます。 私と一緒に自分の中に入りましょう。自分がどこから来たのか、その源を思い出してください。打ち消すことの出来ない永遠の光。なくならず変わりもせず、新たになり、それでも常に分かちがたい一つの光。あなたはその一条の光、流れです。実際、あなたには何も起こりません。今でさえ地球の体でいても完全です。この世界が対立と争いに明け暮れているように見えても安全です。 今日は、光と闇について、そして闇の中に光を入れることについてお話します。では、闇とは何ですか? 人の心はそれを聞いてざわつきますね。誰も闇は経験したくありません。だれも痛みや悲しみ、恐れを経験したくありません。でも人生に闇はあります。そこで、闇はなぜあるのかです? 何世紀も人はそういう疑問を持ってきました。では、始めますが、それはほとんどその疑問、質問の仕方によります。オープンになって考えることが出来ますか?「なぜ闇があるのか、なぜ私に起こるのか? どうしたらよいか?」と。あるいは、恐ろしくなり、怒りを覚えたり、嫌になりますか?「私の人生はなぜ闇なのか、どうしたら闇を退治できるのか?」。後者の疑問には絶望的で逆らう感じがあります。自分の感じ方を確認してください。闇を感じたくない、有害で酷い思いをしたくないという反応が起こるのは人間です。 人間として一番困難なことは、文字通り受け容れ認めたくないという状況に対して “yes” と返事をすることです。何としてでも「はい」と答えたくありません。どんなことでも人生に闇がやって来ても 「はい」と言えるためには、内面的に非常に強くなければなりません。理解できますが、そういう強さがなく、「いいえ」 という場合は、起こることに対して頑強に反対し、闇は益々深くなり、絶望感は大きくなります。 人生に2種類の闇があります。1番目の闇は人生の外側のことです。愛する人と離婚することや、病気、事故などで深く大きなストレスを経験することです。危機、大きな低迷。これを1番目の闇としましょう。 この闇に反発するので、感情が反射行動を起こします。誰もが最初運命に抵抗しようとし、この闇がやって来ないようにします。でも嫌がり続けて「嫌だ」と言い続け起きたことを責めても、闇を大きくし、別の闇を呼ぶことになります。これが2番目の闇です。1番目の闇の周りで大きくなります。 一番目の闇は激しく、深い感情の変化を起こします。悲嘆や恐怖、痛みをもたらし、その時にあなたは生きること自体に非常に鋭敏になります。突然発生した雷のような波が人生を襲います。それを許して応じることができますか? 深く強い感情に打ちのめされ、ショックを受けます。それから、これから自分はどうなるのだろうか、と思い、新たな人生を信じられるか、その強さが自分にあるのかどうか、疑問を持ちます。たとえ起きたことの意味、人生の意味が分からなくても、人生を信じることには意味があります。 このことを強い言葉で言えば、魂が起こした経験を受け容れること、隠れていたものが表面に出てきた、あなたが知らない必要なことを癒すこと、という風に言うことが出来ます。そのような深い感情に直面した時は、選択をする時になります。受け入れ委ねるか、逆らい締め出そうとするかです。 ほとんどの人は「いいえ」と言います。間違いではありませんが、そうすると闇の層が益々厚くなります。私はこの層を「第2の闇」と呼びます。この闇は外ではなく内側から起こります。闇に対するあなたの態度です。「いいえ」と言い続けると感情の動きは止まり、行き詰まって動けなくなります。「それは嫌だ。どうしても認めたくない」。固執すると憤りや怒り、辛さで一杯になります。 このような情緒は実際には感情とは違います。感情が自然に湧いてくるのを阻止する批判的で責める態度なのです。第2の闇は人生の流れを遮断します。壁を作り上げ守ろうとします。結局、それによって深い絶望感や疎外感、欝状態などいろいろな闇を引き付けます。欝的になる時は、ほとんど人生の流れは止まってしまっています。心の中が動かず死んでいるように感じます。 人生は常に変わるようになっています。元々人生はその基本を信頼すれば成長と癒しが起こり、出直せる可能性を持っています。でも「いいえ」と言い張り続ければその可能性を遮断します。人生なるようにならないと思い続けると、自分と人生は切り離された状態になります。こうやって一番深い闇を経験します。外の状況で起こる1番目の闇の最も暗い闇を経験するのではなく、1番目の闇で生じた感情を受け容れまいとする態度によって経験する闇です。それが2番目の闇です。意固地になってしまい、自然な感情、感覚を締め出すことです。   この闇に光を通すにはどうすればいいでしょうか? 1番目の闇に遭遇して、大変な悲しみや不安、落ち込みを経験している人がいるとしたら、あなたはその人に手を差し出すことが出来ます。その人はまだ生きており、体と精神に感情が流れ、起きたことの背後にある意味を探ろうとしています。その人は、たとえ重苦しい状況にいても、まだ心理的に健全でばらばらになっていません。闇に対処する人は、気を楽にして思いやりを必要としています。他の人の愛のある行動や仕草を受け入れ感謝する力があります。まだまだ生きる意欲があります。 でも、「いいえ」と言い続けて認めようとしない人は、愛を受け取ることさえも止めてしまいます。内なる光も、やって来て欲しいと思っているにもかかわらず外から差し込む光も遮断します。それが孤独、自分をなくした状態、地獄です。地獄は心の中のことであることは知っていますね。はっきり分からなくても、ほとんどの人は子供の頃に閉じこもった経験をしています。 子供はのびのびして遠慮することがありません。感情は楽に自然に流れます。全身で感情を表します。壁や垣根がありません。一般的に人生は子供には自由に流れます。もちろんそれに当てはまらない例もあります。幼児期や過去生に重荷を背負った子供の場合がそうですが、私の言っていることが分かると思います。子供のようになることは気持ちが晴れやかになることです。子供は生き生きとして伸び伸びしています。それ以外ありえません。大人のように自分を抑えることを学んでいません。 でもだんだん大人になるに従い、まだ知らない感情を経験し始めます。辛い感情は表さないように社会から教わります。こうして大人はあなたの感情を理解しにくくなります。感情に触れないようにします。ほとんどの人が子供の頃にわけが分からなく混乱してきました。 自分は何かおかしいか、変わっているのかと思い始めます。子供の頃はインスピレーションやワクワクしたり、好きなことがあり夢がありました。その夢が厳しい現実にぶつかります。家族の偏見に会い、家族の心配そうな顔を見たくないので壁を作り始めます。あるいは、学校でも周りに対して同じようにします。ドアが閉じ、無意識のうちにそうなります。そういう昔の悲しい思い出のある人がいるでしょう。 自分の中に子供の自由奔放さがあるかどうか見てください。明るくて思う存分やりたい、生き生きと経験することに対して「はい」と返事をします。喜びや楽しみだけでなく、悲しみや不安、怒りに対しても「はい」と返事をするこの人が分かりますか? 自分の中のこの子は、あなたにもっと自分に近づいて欲しいと思っています。そう考えてください。子供はまだあなたの中にいます。時間と空間は幻想です。内なるリアリティには何もなくなっていません。あなたの本来の人生の流れは続いています。まだあなたと合流して流れています。 笑いながら子供があなたに近づいて来るのを想像してください。その子は「私が誰か知っている?」と話しかけます。子供を見て、その子にしてやれることが何かを聞いてください。そこには、この子がやってみたいという、もう長い間脇に押しやっていた心の願いというものがあります。子供に話をさせてあげてください。その子は、あなたの中の「はい」という返事を表しています。生きたいというあなたです。その子に話をさせてあげてください。 子供は信じるこころがあります。大人のあなたは、怖れや不信感、人生に「いいえ」と言わせる考え方を吸収してきました。そしてそれは、2番目の闇を生み出します。この2番目の闇がどういうものであるか考えてください。人生に反発し、もう辛いことは嫌だ、人生から逃れたいというあなた自身です。そういう凝り固まって意固地になったものが自分の中にありますか、感じられますか? それが形になっていますか? 色はありますか? あなたの中には、疲れきってもう生きていたくないという気持ちがあります。余りに苦しみや辛い思いをしてきたからです。その重さを感じ取ってください。それに対して「はい」と言えますか? それをすぐに変えようとせず、そういう思いをしてきたことを理解するようにしてください。生きたくないからといって誰もわざと命を閉じることはしません。そうすることは絶望からです。だから反射的に締め出そうと、全部閉じようとしてしまい「いいえ」と言っても、まだ他の生き方が残されていることを知らないのです。 最も過酷な出来事や病気、痛み、苦しみなどの闇に対して「はい」とだけ言ってくださいとは言いません。楽しいことだけでなく第2の闇に対しても、辛い出来事を経験した結果人生から自分を締め出した闇、もう生きていたくない、生きることを拒む闇に対しても「はい」と言ってください。そういう自分に触れるには、非常に穏やかになることが必要です。その時に、あなたを強要し無理強いする勢いは生まれません。 それが、光のエッセンスです。その光は闇の中を流れます。この光は隅々にまで広がり、裁くことは一切ありません。「これは酷い状態だ。この壁を壊さなくてはいけない。人生をもう一度流れるようにしなければならない」などと言いません。その光は「分かるよ」とだけ言います。その光は「本当に大変だったね。分かるよ。どんなに締め付けられる思いをしてきたか、それで閉じこもってしまい、自分を小さくしようとして、それで疲れて空っぽになってしまったか分かります」と言います。光は優しく流れます。一番辛く苦しいところにも浸透します。一番頑なになった人の魂にも入り込みます。 どうか、その光に心を開いてください。前向きになれないとしても、「いいえ」を手放す気になれないとしても、その光のなすがままにさせてください。光はいつもそこにあります。どんなに深く失望してもう自分に光はないと思っていても、いつもあなたのそばにあります。辛い状況でも完全に光を見失っていても、もう光は見ることは出来ないと思っても、光はそばにあります。 実は「光」はあなただけのものではありません。「光」は大いなるすべてのものなのです。宇宙全体、「大いなる創造」は光です。すべてが「光」に浸っています。光があると知って人生を信じてください。少しでも信じ委ねて人生を歩けるようになると、扉に風穴が開きます。闇夜の時でも魂はいつもそばにいてあなたに光を差し出して慰めています。ドアが少しでも開くと、「光」はドアの隙間から差し込んできます。あなたはただそれを許し、そのままにさせればいいのです。「光」はあなたと共にあり、人生はあなたと共にあります。結局人生に “ノー” と言っても、それは長続きしません。 どうか光に委ねてください。ここでいう光は「はい」 です。どんな厳しい状況に対しても,問題があっても「はい」 と答えることを意味します。一人ぼっちで丸裸にされて痛々しい思いをしてこらえきれない状況でも 「はい」 と言ってください。もう一度子供のようになってください。生きてください! 何事も 「はい」 と言ってください。自分にもっと思いやりをかけてください。そうする時に人生は流れていきます。あなたには出来るのです! あなたには強さがあります。一人ひとりの中には意識の炎、「光」の明るい炎があります。そのことを思い出してください。私はそれを覚えておいて欲しいためにこうしてやって来ました。 Copyright © Pamela Kribbe – Permission is granted to copy and...

イエス  2013年9月2日 年人生で出会う人は正しい時に現れる

イエス 人生で出会う人は正しい時に現れる John Smallman 2013-9-2 中東の紛争地域に多くの関心が集まっています。そこで苦しむ人を慮る心が流れるので十分理解できることです。でも、問題を引き起こした人を批判するのではなく、いつも愛の心でいることを忘れないでください。なぜなら、問題を引き起こした人もまた苦しみ同じようにあなたの愛が必要で愛されるに値するのです。絶え間なく愛が流れて初めて状況が解決します。このメッセージを読んでいる人は、地球上で軍事紛争や、他の原因によって苦しむ人たちに愛を送れるように今この時に地球にいることを選びました。 苦しみは幻想の中に深く引き入れる大きな力を持っています。愛の心でいようと思っていてもそれどころではなくなります。対立に巻き込まれ、関わる人たちは、自分や愛する人の苦しみによって取り乱し、本当に必要としている精神的手助けに繋がり、平静でいる時が片時もありません。苦しんでいる人に愛を送ることは非常に効果があり、不幸な環境で狂わんばかりであっても心静かなひと時を経験させてあげられます。お分かりのように、すべてが永遠に存在する神聖なエネルギーの場は愛で成り立っています。だから、存在するものは全て愛で成り立っています。幻想の特徴である限界というものは愛を持たずに、愛から離れて生きようとする結果です。愛の力は無限です。あなた自身の神聖な源から離れて幻想の中に生きようとすると、たちまち力を失い、使えるはずの大きな命の力(ライフフォース)がなくなります。例を挙げると、電力源から膨大な量の電気が流れているのですが、たった一つの裸電球しか灯せないほど電気がなくなる、そういう選択をするということです。そういうわけで、目覚めることはあなた自身の利害に関わる最大のことなのです。目覚めることを選ぶ時は、常に流れ続ける愛のパワーレベルが下がることを抑えることになります。愛のパワーなしでは生きようとしても生きられません。愛はいかなる制約もなく流れていきます。その時は本当のあなたという人間が大きな影響力を持った、大きな光であることが分かるでしょう。 幻想の中で人生を経験し、人生というものが分からなくても、目覚めてください。十分に意識的でいてください。人生は理解を超えています。でも、皆さんは恐怖心を抱きながら人生は分からないと思-込み、人生には恐怖と不安がつきものだと考えています。体が死に絶えるとそこで終わりだと信じている人が数多くいます。神が創造するものは死にません。死は幻想の考え方です。死は一つの移行です。今の人生のもつ意味については極めて限られた経験しかできませんが、それを越えた状態へと進むことです。恐れることではありません。人間が肉体をなげうつ時というのは行き当たりばったりではありません。事故や病気はあなた自身が計画した人生経験です。あなたに起こることは、すべてあなた個人の計画によるものです。肉体を持っている間はそのことは分かりません。もちろん直感で将来どうなるかが分かる人もいます。気づいてほしいことは、一人ひとりが「リアリティ」という故郷に帰る道の上にいるということです。無限の力と喜びが感じられ愛に溢れる場所。あなたが生まれたところ、そこでは自分は永遠だということを知っていところ。   皆さんは永遠の神の存在の中、すべての創造の愛の源の中で永遠の喜びを味わえることが決まっています。あなたの帰郷の旅は個性的であなた個人の旅路です。生まれる前にまさに正確に経験できるようにあなたが選び、学びができる旅路です。他の理由は考えられないから偶然だと感じていても、何も偶然に起こるものはありません。しかし、偶然に起こるものはないことを受け入れたら、人生に表れるレッスンについてもっと楽に知って学べるようになります。そうなった時、人生はストレスがなくなりもっと楽に流れるようになります。そういうわけで、どんな不運や不幸に見舞わられようと、そのことで人と、あるいは神!と争ったり非難したりすることなく効果的に状況を認め受け入れられるような選択をしたのです。   地球のどこで生きようと、そこが、経験をしレッスンを学ぼうと自分で選んだ場所なのです。どこで誰のもとに生まれ、どこに生きるかは、たまたまあなたに起こる出来事では決してありません。人間として地球にいる間はそのことを理解するのは不可能です。また、他の人生を知ることは有り得ません。その必要はありません。人に会ったり知り合って手助けできる時はそうしてください。それもレッスンのうちです。でも手助けしようと探しまわる必要はありません。そうする時があるでしょうが、人生で出会う人は、互いに学び合い教え合うためなのですが、そういう人たちは正しい時に現れます。人生はいつも計画通りに展開します。それが不満だとか楽しいとかはあるかもしれませんが、その事実が変わることはありません。できるだけ今にいてその時々に注意を払ってください。そうすることが、嫌な思いをせずに自分の人生をうまく生き、学ぶ方法です。人生を計画した時には、あらゆることを考慮に入れ、どんな状況になろうとその中で数多くの選択ができるように、それも含めて計画したのです。瞬間毎にできる選択を考えてください。また、当時まだ先が読めず選択したことも考えみてください。従ってその時には、別の迂回路があったはずです。一番効果的に進むには、自分には道が開けていることを信じてください。そして愛を持って思いやり深くなって進んでください。それが故郷に真っ直ぐ通じる道です。  愛するあなたの兄弟 イエス http://johnsmallman2.wordpress.com/ 翻訳 ライトワーカー・マイク http://lightworkermike.wordpress.com/2013/09/03/the-right-moment-by-jesus/  

イエス

イエス 多くの人が一番深いところにある源の光に繋がりたいと願っています。源の光になってこの世界を照らし出したいとを思っています。自分の中で源を感じてください。その光はすべての細胞に流れています。見えないけれどもあなたのすべてを結びつけています。どうか感じてください。その生きた流れがあなたに流れ、あなたの中にあると感じてください。 人生はあなたの居場所を知っています。あなたの役割が何かを知っています。最高のあなた、天使の光である本当のあなたになろうとしてください。あなたは時間や空間とは別なのです。一時的にその体の中にいますが、そうやってそこにいて光を持って来れるのです。地球はあなたが愛するところです。好きな場所です。彼女を感じてください。深いところで地球のハートに繋がっているのを感じてください。 地球の人生が辛いですか、その思いを手放してください。人間社会の暗いところが面倒だ、手に余るという思いがあればそれを手放してください。地球自身の、惑星の素晴らしいエッセンスに繋がってください。地球に広がる森や海、大きな空を思ってみてください。豊かな動物の世界、樹々、植物、花々の世界を思ってみてください。地球に繋がって、完全に永遠の宇宙の中にある、そこでこそ地球自身の生きる道があることを感じてみてください。 ~ Jeshua through Pamela Kribbe http://www.jeshua.net/ 翻訳 ライトワーカー・マイク http://lightworkermike.wordpress.com/2013/09/01/diary-2013-09/  

イエス 2013年7月26日 日常生活にスピリチュアルな序列はない

イエス 日常生活にスピリチュアルな序列はない  John Smallman 2013-7-26 全世界のライトワーカー、光の所持者、ウェイ・シャワーの人たちが神聖な愛のフィールドに完全に繋がろうと益々その意図を大きくしています。全員がその神聖な愛に包まれて人類全体のハートは見事に開いています。まるで、人類全体の愛のグリッドが急速に地球上で形成され、長年の目覚めという願いを実現しようとして神聖な愛で結びつき、神聖な愛に完全に集中しているかのようです。そしてそれはまさに必要な動きであり、皆さんが打ち立てているものです。 人類が大変熱心に「愛」を受け留め、益々勢いづいて愛に取組もうとしている様を見る時の、このスピリチュアルな世界の私たちの喜びようは留まる所を知りません。私たちには見えて皆さんには見えないからと言って心配するには及びません。皆さん自身の聖なる中心に入れば、そこでは光が激しく永遠に燃え続けているので居心地が良くなり、文字通り、すべては聖なる計画通りに進んでいるという感覚を味わうようになります。従って、皆さんの目覚めは必定だということが分かります。それは、多くの愛ある存在たちによって何度も語られてきた通りです。 今までしてきたことを続けてください。普段の生活で常に愛ある態度を持ちながら自分の光を真摯に高く掲げる意図を持っていてください。それが皆さんに必要なことです。他にはありません。非常に簡単ですが、極めて効力があります。が、多くの人はそのことでいまだに苦労しています。限られた意識状態では気分が高まるようなフィードバックが得られないのが大きな理由です。 そういうわけで、多くの人は自らメッセージをチャネリングするか、他の人が伝え公にするメッセージを読むことに惹かれるかどちらかです。そのメッセージの目的は、皆さんを向上させ啓発することにあります。チャネリングする時や読む時には、メッセージに込められた愛が振動して皆さんを包み込みます。そこから強さを感じて意を決し、自分が契約した神聖な役目を果たしていこうという意識が高まります。目覚めのプロセスは、そうやって、私たちの父が意図する通りに滑らかに流れることができます。 そのように気品よく、また決意を持ってやっていることは、このプロセスには不可欠な要素です。座って自分を静め、移ろう、心配するマインドを透明にする時は、救われようとただぼんやりと待っているわけではありません! 瞑想し、聖なる計画と思われることに集中したり、ガイドや天使、メンターからメッセージを受け取ることは、決して怠惰にしていることではなく少しも無駄なことではありません! 人生の契約を履行し、このスピリチュアルな進化の時に地球に生まれた様々な動機や意図を叶える最も効果的な方法なのです。 スピリチュアルな進化を進めるためには、スピリチュアルな面で気づき実行するようにならなければなりません。たとえ人に役立つことをしていようと、一人静になる時間を決めて繋がることも必要です。その時に、本当にスピリチュアルな動きが発生します。もちろん、日常生活の何においても、その時に愛のある態度を示そうとすることはできますし、またそうした方がいいでしょう。しかし、覚えておいて欲しいのは、普段やっている物事にスピリチュアルな序列はありません。しかし、その静かで重要な時間を確保するようにしてください。手を休め、自分の中で燃え続ける愛の炎と一つになってください。本当の仕事はそこで行われます。 お分かりのように皆さんは「リアリティ」を目指す聖なる帰路にいますが、幻想が目の前に絶え間なく頻繁に現れて数々の誘惑によって注意を逸らし邪魔し続けます。そのような時にはそのことを思い起こしてください。そうすれば、意識と注意をやろうとしたことに素早く戻すことができます。 そういう時には私たちはいつでも手伝うことができます。ですから頻繁に呼んでください。言わば、スピリチュアルなバランスを回復できるよう喜んで手伝います。それが私たちの役目、仕事、天職です。皆さんの呼びかけに応じられることに非常に満足を覚えます。他のことをしているので忙しいということはありません。いつでも手助けできます。待ちぼうけにするようなことはありません! 助けが必要だと感じる時は、即座に呼んでください。返事をします。 一人ひとりにはスピリチュアル・ガイドがいます。その存在たちはソウルファミリーに当たり、常に皆さんを見続け導き、護っています。いつも皆さんのことを知っており、いつも希望や願いに気づいています。ガイドたちの存在を感じさせ、直感的に分かるようにお願いすることを忘れないでください。すると合図があるでしょう。彼らはいつもあなたと一緒にいることを知って欲しいのです。 鍵や小切手、あるいは、駐車した場所などを急に思い出す場合には、その内の誰かが合図を送っているのです。ありがとうと言ってください。認めてもらうのが好きなのです。感謝されるのが好きなのです。感謝することは周波数を上げてあなたを囲む神聖な愛の場に同調する、非常に効果的な方法です。 愛するあなたの兄弟、イエス http://johnsmallman2.wordpress.com/author/johnsmallman/ All Rights Reserved©2013.Lightworkermike 翻訳 ライトワーカー・マイク http://lightworkermike.wordpress.com/2013/07/26/jesus-2013-07/

イエス  2013年7月12日 幸せそうに悪夢から目覚める

イエス  幸せそうに悪夢から目覚める John Smallman 2013-7-12 人間が目覚めて「リアリティ」を知ると、それは避けられないことですが、その「リアリティ」では、よく知っているものとは全く違った環境を経験します。簡単に言えば、頭で考えると全く収拾がつかない状態になります。目覚めの時は数多くの人生で祈り願ってきた瞬間です。天国の父と離れ離れになってからずっと根気強く目指してきた、そんな瞬間です。 自分の中心では、目覚めが起こる、そういう人生になることはいつも分かっていました。結果として目覚めが終わるのを待っている間、多くの人は待ちきれんばかりにそわそわイライラし、気難しくなり動揺します。 そのような感情が確実に目覚めへと導き、皆さんには心地の良いものではありませんが、コースを外れないでいられるようにしてくれます。ですから、混乱するのではなく、有難いと思ってください。大きな変化を受け入れる必要を感じて、それでお互い同士、また地球とも調和を保てる生き方を理解し始めるのです。そのような感情があるために、調和した生き方をしようとしていけるようになるのです。 それは、今までにない障害物にぶつかって進むのがきつくなり、揺さぶられて長年歩いてきた道から外れるのに少し似ています。だから、もう一度スムースに進めるように道を修復し直す必要が出てきます。怒りっぽくなっている自分に対抗したり、感情を抑えつけようとしないでください。流して通り過ぎるようにしてください。でないと、過度にのめり込みます。そして、エネルギーのエンジンである愛の心でいる意図は、ギアが外れて動かなくなります。その時に、愛ではなく怒りやフラストレーションでいっぱいになり、エンジンは空回りをしてオーバーヒートを起こします。 たくさんのことが起こると言われ続けながらも、ほとんど現実に現れないので、今、フラストレーションを起こしている人がたくさんいます。進捗が見られないのは、当然、幻想が加担する限界によるものです。でも皆さんはそれを受け入れています。ただ、今はその幻想や制約、束縛などに関わらないで離れようとしています。殆どの人が、幼い時から子供時代、学校、職場、家族、社会の中でずっと人生に対する不満や愚痴をこぼしてきました。「自分には出来ない」「してはいけない」と際限なく自分の自由を制限して来ました。 しかし、当然の事のようにやって来ました。人に干渉されずに、邪魔されずにいようと、他の人を束縛するのは自分にとって非常に都合がいいのです。そのような決め事や制約は、神聖な兄弟姉妹である仲間を怖れ、不安になり、信じることが出来ないことの上に成り立っています!何度も何度も繰り返しながら、危険で予測不能な世界ではそれが当たり前で正当な態度、重要なことになったのです。そうしなければ、間違いなく混乱に陥るというのです。 今や、非常に長い間不公平に皆さんをコントロールし抑えつけて来たそのような昔からの不信と怖れという縛るものから自分を解き放とうとしています。でも何も不公平ではありません。誰もが、そういうことをして、幻想の中にいようと選択したのです。人類全体が目覚めようと決めた場合は、一見必要なそのような自己防衛の態度は放棄しなければなりません。愛が不安や怖れに置き換わる必要があります。そうするために、ハートを開き、真心で考え、話し、行動するようにしなければなりません。 不安があると前に進めません。しかし、経験から言って、知らない人でも本当に信用できると信じることは気違い沙汰に思えます。多分そういう時もある、でも、いつも信じられますか? あり得ないですね! それが、目覚めるのを一番妨げているのです。信じるかどうかは別に、皆さんはそのことを手放すことに非常に大きな進歩を見せています。この数年、ここ数ヶ月の間に、普通であれば怒りだしてしまうような状況で、訳もなく、はっきりした理由もないのに、全く予想に反して親切にされたことがありますが、その時は気分よくびっくりしましたね。その時には些細なことで重要でないと思えても、そういう時があれば思い出してください。そのような経験を振り返って、驚くべき変化が世界中で起きているということを改めて知ってください! 皆さんは否定的なことや暗いことに目が行き過ぎているために、自分の見方を変えることが難しいのですが、それは出来ますし、変えなければなりません。で、そうするでしょう。自分の深い所では、あなたは愛の権化なのです。そうやって世の中を変えていきます。否定的なことをポジティブに見ようとすると、物の見方も変わります。そして、至る所が脅威や敵がいると見なさないで、人が自分と同じように、不安な時もあり、心配もあるけれども、人も愛の心でいることを選択していく、そう見る時が益々多くなります。 一人ひとりの皆さんは、1回で周りの人一人を変えています。大勢の人が同じことをすると、世界中が深いところで早く変化していきます。成功は避けられません。だから、手放して自分自身になってください。皆さんは、愛が溢れ、ウキウキした明るい神の子です。もう記憶から消えようとしている悪夢から幸せそうに目覚めてください。 愛するあなたの兄弟、イエス http://johnsmallman2.wordpress.com/author/johnsmallman/ All Rights Reserved©2013.Lightworkermike 翻訳 ライトワーカー・マイク http://lightworkermike.wordpress.com/2013/07/26/jesus-2013-07/  

イエス 2013年7月7日 どこにどんな状況でいても神の意志です

イエス  どこにどんな状況でいても神の意志です John Smallman 2013-7-7 ここスピリチュアルな世界では、人類の目覚めのためにすべての準備が整っています。用意万端整い、皆さんと同じく私たちは聖なる瞬間をワクワクしながら待っています。人間の皆さんは、このワクワクする出来事が近づき、楽しくなるにつれ、今まで例のないほどの支援を受けていきます。そうなってほしいという願いと意図は、過去2~30年で驚異的に強くなりましたが、その意図が力強く大きくなった結果、皆さんの意図が実現するその瞬間を決めたのです。その時がもう間近にきているのでそれが感じられ、同時に、このスピリチュアルな進化が実を結ぶ約束の期間を長い間待ち続けてきたので、もう待ちきれないという気持ちになっています。待ちきれない気持ちがだんだん強くなり、そのために自分の目的に気づく勢いが増していきます。なので、少なくとも、毎日1度、3回、4回、少しの間でいいので、自分の意図を新たにすると申し分ありません。 意図の力は自分では分からないほど非常にパワフルです。だから、自分のために、それと人類が目覚めるために意図を更新することがとても大切です。新たにした意図が実現していきます。このメッセージや、他のスピリチュアルなメッセージを読む人たちは、生まれる前に、この人生で目覚めようと決めました。そして、その通りになります。それでも、皆さん自身が愛を示し、信じる姿を見せて他の人の目覚めのプロセスを手助けしようとここにやって来ました。もし、毎日意図を新たにする場合には、意図は強くなります。人を手助けすることも、人類がスピリチュアルに進化するこの今時点に生まれようとした理由の一つでもあるのです。皆さんはガイド、光の所持者、ウェイシャワーとして地球におり、目覚める意図を新たにして自分が神の子であることを自覚することが毎日の生活に欠かせないのです。あるいは、欠かさず日常行うことの一つなのです。 スピリチュアルな道を行く人を他に知らないので、誰も歩かない道をどこまでもたどたどしく行く自分は孤独だ、ほとんど意味のないような荒野を歩いているようなものだと思えても、そうではありません。あなたは、聖なる導きの助けを借りてこの不思議な時期に人類を手助けしようと自分で選んだのです。したがって、あなたがどこにいようと、神があなたにそこで自分の能力や資質を最も生かして欲しいという場所に寸分違わずにいるのです。あなたは神聖な存在であることをしっかり信じ、その意図を実行することに失敗はないのだということを十分に知って神の意志に委ねてください。 この人生で何が起ころうと、何を経験し、どんな状況にいようと、自分の意志で予め決めて知っていた結果なのです。それが、あなたに対する神の意志だったのです! 神の意志であれば、あなたの意志でもあります。幻想の中でそれを理解し受け入れるのは非常に難しいことですが、愛の神聖な炎が永遠に燃える中心、あなたの聖なる静止地点では、まさにそのことを知っています。また、あなたは父なる神とスピリチュアルな世界から自分が愛され常にサポートを受けていることも知っています。引き受けた仕事に失敗することはあり得ません。生まれる前に必ず成功するという意志を固めていたのです。その意志と意図は余りに強固なために、幻想の世界で経験する、現れては消える意味のない誘惑や雑念、何らかの脅威などに負けることも打ち砕かれるもありません。 疑いや不安な気持ちが生じる時は、自分自身が神の完璧な創造で生まれたことを思い起こしてください。また、この幻想の世界ではその起源を思い出すことすら出来ないことも予め知っていた、ということも合わせて覚えておいてください。喜んでそのことを了承したのです。スピリチュアルな世界の助けによって失敗は不可能、神の意志を実行するので、どんなことが起きても失敗は不可能である、ということを前もって知っていたのです。そして、常に神の意志は達成されます。忘れることもここで実行する事の一つでしたし、本当の自分の素晴らしさも忘れることも仕事の一つでした。本当の「リアリティ」の中に戻る時にはすぐにその素晴らしさが分かります。 落ち込んだ時や動揺した時にこの自分の神聖な真実を思い出そうとするなら、またスピリチアルな存在の手助けを求めるなら、気力が湧くでしょう。助けを求めることには、本当は受け取るに値しないものを何か物乞いするようなイメージがありますが、助けを求めることはいいことなのです。元気になり元の自分に戻ります! 皆さんは誰もが助けを受けるに相応しいのです。皆さんは何事においても一番いいものを受け取るに相応しい、神に愛された子です。 http://johnsmallman.wordpress.com/ All Rights Reserved©2013.Lightworkermike 翻訳 ライトワーカー・マイク http://lightworkermike.wordpress.com/2013/07/26/jesus-2013-07/  

イエス 2013年6月5日 ~罪と罰は幻想です

イエス ~罪と罰は幻想です John Smallman 2013年6月5日 ニュー・エイジが到来しました。その時を知らせるものは至る所ではっきりしています。神聖な愛の場は地球に広がり続け、地球はすべてを愛の道で包み込んでいます。その「愛の道」にいない人もいます。愛が強くなり愛で包み込まれるこの地球に心動かそうとしない人には、そうしたくないと決めるだけの相当の努力が必要です。人間が苦しみ悩みを断ち切るのは神の意志です。人間が苦しんでいる時も長い間神の意志に包まれていました。人類は今神の意志と繋がることを選びました。それが、「ニュー・エイジ」なのです。神の意志と繋がることなのです。そして、自分を一時的にくるんでいた恐怖と分裂した儚(はかな)いベールを切り裂くことによって繋がろうとしています。 過度に閉じているのは止めようと決めてハートの愛を抱く時、見ず知らずの人とも明るく繋がり合います。目覚めに向けて愛の流れに乗っています。なので、喜んでリラックスし、感謝し、すべて神聖に守られている、これまでもそうだったということを知っていてください。愛に包まれ分かち合う時の愛の暖かさに浸り、愛のフィールドの中にいる時に、新たな友人や知人が出来ると期待してください。 「予め決まっている」などというものはありません。それは、恐怖に基づく考えです。神の意に反した人間に対して神によって課せられた苦しい報いだと言わんとするためにでっち上げられたのです。したがって、神に背くと、「神の意志に従順」であり救われる人とは正反対に、地獄に落ちるというわけです。救われ天国に行くか、地獄に落ちるか前もって決まっている、だから何もそれを変えることは出来ない、という考え方でした。明らかにナンセンスです。すべて意識を持つものは、神のハートにとって大切です。いかなる犯罪でも「悪行」にも関係なく、誰もが神の愛という無限の不可思議さを経験していきます。 愛だけが本当です。だから永遠です。愛のない、どんな苦しみ痛みに見えることも本当ではありません。はっきりと手放そうとすると消える幻想なのです。皆さんは今そのプロセスの中にいます。足元の幻想を振り払って前に進み、いつも愛をもとうと決めて前に進んでいます。 そのような意図を持を持ち続けられるようにガイドやメンターに手助けをお願いすると、皆さんは故郷への道を歩きます。何ものも行く手を阻むことはできません。わざと愛をもたないようする場合は道から外れることはあります。が、すぐに道から逸れたことが分かります。そして、愛のない思いを手放して、愚かにも批判したり責めたりした人や、自分をも許せるようになります。 愛があなたの本質です。幻想によって迷うことがだんだん少なくなります。だからそのためにあなたは目覚めて後戻りはしないと決めたのです。聖なる神の意志に繋がろうとする愛の決意から逸れても一時的、短い期間です。ハートの中にある愛の炎は、日毎に益々燃えています。自分の中で神が絶えずいることに気づかず、感ぜずにいようとすることは不可能です。 故郷(天国)に導く光、一人ひとりが持つ愛の炎は強くパワフルです。永遠に隠し通し、拒否し、知らないでいることはできません。その炎は輝きます。それを拒否する人生があったとしても、愛がなくなる時は片時もありませんでした。逆に、あなたの態度が変わり、またその愛に気がつけると信じるのを辛抱強く待っていました。その時が、今なのです。だから、恨みや憤りを抱え続けることは誰にとってもますます難しくなっているのです。以前なら、多くの人が恨みを抱え苦みに満足していました。傷つけられ攻撃された相手に仕返しをし、元を取り返そうとしました。そのような自己満足の感覚が、今はかすんでなくなろうとしています。そしてそうなっている自分に驚くのです。 これが、目覚めの初期の合図です。あなたにそういうことが起きていれば、喜んでください。辛い時期は終わりです! 以前は、恨みつらみ、懲らしめてやろうとする悪意にしがみついていることに気づかなかったかもしれませんが、そういうことで決着をつけようとする感覚がだんだん消えている今、自分の意識が変わってきているのが分かるようになっています。これには驚くこともあるでしょう。自分は親切で優しく人を受け入れる人間だ、恨みを抱えないのが自分だと思っていて、その点に納得していました。ところが、今改めて、実は、恨みを抱えていたということに気づいて驚くわけです。 あなた自身を許してください! 自分を責めることや後悔、罪悪感を持つことに何ら利点も救いもありません。間違いをしても、それが分かって修正しました。そうやって自分の中に愛が大きくなれるスペースを作り、自分の愛の無いところを手放したのです。事実、あなたは非難されませんし罪もありません。 罪と罰はあなたを縛る幻想です。この幻想によって、自分は神を知らないという思いにさせ、まして、神の永久の愛のぬくもりに預かる事もできないと思わせます。逆です、あなたは神の愛に浸っているのです! そこでこそあなたは永遠に存在するのです。幻想の中にいたので、一時的に忘れていただけです。「リアリティ(真の現実)」の中で永遠に完全な創造を行うところ、つまり、故郷に戻る準備をする時、もう、本当でないお遊びの時間は終わりになります。 あなたの愛する兄弟、イエス 翻訳 ライトワーカー・マイク https://lightworkermike.wordpress.com/2013/06/06/jesusbyjohnsmallman/ http://johnsmallman2.wordpress.com/2013/06/05/blame-and-guilt-are-illusory-concepts-which-tie-you-to-the-illusion/