Tuesday, February 21, 2017

マシュー君のメッセージ 2014年8月12日

マシュー君のメッセージ 2014年8月12日 Message from Matthew August 12, 2014 このステーションの全てのソウルからの愛のご挨拶 をもって、こちらはマシューです。数多くの読者の内の何人かが”エボラの恐怖”と言われるエボラ出血熱の流行について尋ねてきています。 正にその通りで、恐れを掻き立てる事が最近又ウイルスが放出されたことの理由なのです。エボラウイルスが約40年前にイルミナティの研究者によって研究室で開発された時、その意図は世界的流行を起こすことと、悪性かつ伝染性の疾 病に伴う恐怖を人々に感じさせることの二つでした。 エボラは当時は実に恐るべき病気だったと言って今 日のエボラの厳しさを否定する訳ではありません。エボラは急速に広がり、おさまるまでに多くの生命を奪ったと言われています。そしてこの 病気の流行は多数の死者数、悲しみ、混沌と恐れによって激しいネガティビティーを生み出す結果になりました。今では、この病気に接しても 適切な治療を受けた人は回復可能であり、他の深刻な病気とおなじように、死亡する者は、エボラにかかる前に免疫システムが弱体化し、或い は患者の世話のための疲労で極度のストレスにさらされた医療関係者たちなのです。今回はイルミナティは 意図する ようなネガティビティーの掻き立てには成功せず、地球の人口の減少に対する試みも旨く行きませんでした。 ほんの数 年前には、SARS、鳥インフルエンザ、豚インフルエンザ、N1H1ウイルス事件が順番におこりましたが、それぞれが最初に発見された後で、恐れ を掻き立てる世界的な報道がなされました。そしていつも都合よくそうであるように、ワクチンが即座に用意されました。ほんの僅かな数 の死者の発生の後に世界的な流行に陥ることがなくなるので、ワクチン注射を誘う強力な報道と喧噪は、僅かな間しか続きませんでした。 ライトワーカーである科学者たちはワクチンの中の、病気を防ぐのではなく、拡散が意図されていたウイルスを無毒化して、彼らの目的の 達成である、イルミナティの頂点に立つヘンリー・キッシンジャーが”食料の無駄な消費者”と呼ぶ数十億の人間の抹消を阻止しました。 研究室で エボラウイルスの後に開発されたAIDSはイルミナティの目から見ればもっと旨く行った例です。エボラと上記の四つの 疾病においては症状はただちに現れ、一部は接触で、一部はいわゆる処置によって感染しますが、非常にゆっくりと健康な人の間に広がり ます。ですから、AIDSが人々の間に広がり始めて以来、自然の拡散過程を経てきました。そうしている間に、数百万の人達がAIDSに屈服し、この人達を愛し、世話をする者にソウル契約の中での選択を経験させ ることになりました。 それでも 依然として、このような病気と死の病気であるエボラが制御不能になる程広がり、同じ目的でもっと遅くに開発されたウイルスは広がりま せんでした。これには二つの理由があります。如何なる手段によっても地球上の人間は大量には減らないという選択を自由意志によってガ...

マシュー君のメッセージ 2014年8月3日

マシュー君のメッセージ 2014年8月3日 http://mattthewmessages.blogspot.jp/2014_08_01_archive.html Message from Matthew -- August 3 2014 4 August 2014 - 6:49am | Luisa Vasconcellos Channeler: Suzanne Ward このス テーションにいる全てのソウルから愛のご挨拶をいたします、こちらはマシューです。私たちは米国政府がマレーシア航空の飛行機をウク ライナで撃墜し、ロシア政府に責任をなすりつけているという推測について質問を受けています。ニルバーナにいる私たちの仲間は両方共 に責任は無い、と言っています。これはCIAのイルミナティに支配されている分派の”闇作戦”部隊の仕事でウクライナにお ける親ロシア分離運動を駆り立てている勢力と同一です。 全ての政 府の管理から独立して作戦を遂行するこの分派は、国境を無視します。選挙で選ばれたリーダーたちに不満な市民がいるところならどこで も、エージェントたちは緊張を高めるために反体制派のリーダーたちに適当なあらゆることを巻き込み、蜂起を吹き込み或いは激化させて 武器取得と供給を助けます。”闇作線”要員はイルミナティの残りのメンバーと同じように、ネガティビティーを吹き込み、自分たち自身 を勇気づける事が、ネガティビティーに満ちた混沌、恐れ、死、負傷、悲嘆、及び破壊を創造します。 イルミナ...

マシュー君のメッセージ 2014年7月2日

マシュー君のメッセージ 2014年7月2日 www.matthewbooks.com Message from Matthew July 2, 2014 このス テーションにいる全てのソウルから愛のご挨拶を申し上げます、こちらはマシューです。中東、ウクライナ、香港、及びアフリカ、東欧、 ラテンアメリカのいくつかの国の状況を知らせる読者からのメール:地球に降り注がれ、全てのことを変化させると思われる新しい光とエ ネルギーはどこにいったのでしょうか?私には事態がどんどん悪い方向にいっているように見えます。 光は、地 球と光を受ける住民の最善の関心に役に立たないあらゆることを変えていて、”益々悪化している”ように見えることは、幾世代にも及ぶ 葛藤のイデオロギーが沸点に達しているということです。全ての人がポジティブにもネガティブにも益々増加する光に影響されつつあり、 出来事に対する対応を決める個人の中に起きていることには、高まっている振動の自然の結果です。光が注ぎ込まれ続け、この惑星上のラ イトワーカーがより多くのことを生み出しているので、この沸騰は次第におさまり、最後は水面が穏やかになるでしょう。 地球の活 動の現在の段階では、しかし、”ニュース”で報道される次の事について大きい不一致と心配が見られます。あなた方の世界は情報の波に 洗われていますが、大多数の人達は転生前の合意や契約、闇と光の勢力、カルマと多数の生涯の目的、あるいは重要性とバランスについて 知りません。これらの人達は自分たちの祖先が他の文明から来た者であり、大規模な支援が地球外の存在たちによって行われており、大き い嵐、地震、火山爆発は地球が自分のネガティビティーを振り払う為の手段であることを知りません。彼等は地球がここ70年間も次元上 昇のコースをたどっていたり、惑星の変化の速度と範囲がこの宇宙では前例の無いものであることを知りませんし、地球の黄金時代につい ても何も知りません。あなた方はこれらについてもそれ以上のことについても知らないのです。 ここ10 年の間に私が言った全てのことをあなた方に思い出して欲しいとは思いません。しかし、あなた方は世界の将来についての勇気づけ、熱 意、自信のビーコンなのですから、私たちがお知らせしたものの内、最も適切な情報に気を付けるようにお願いします。誠実さとスピリッ トは一つのもの、同じものであり、創造主の愛と光であって、この宇宙のあらゆるものはそれから生み出され、あらゆる創造には下記のよ うな原則が適用されています。: 光と同じ エネルギーである愛、全てのソウルのエッセンスは、この宇宙の中で最も強力な力です。愛と光は全て紛争解決と平和の鍵です。 愛は自己 から始まり、自己愛は呼吸と同様に自然です。自己を愛することによってのみ、あなた方は愛を受け、与える事が出来ます。愛は伝染性、...

マシュー君のメッセージ 2014年6月2日

マシュー君のメッセージ 2014年6月2日 www.matthewbooks.com Mattehw's Message June 2, 2014 このス テーションの全員から愛のご挨拶を申し上げます。こちらはマシューです。まず申し上げたいことは、あなた方の世界で起きているあらゆ る事は益々上昇しつつある振動に対応しており、明らかな進歩と共に、あなた方は闇の解消に引き続いて当然生じる事の残渣を見ていると いうことです。ネガティビティーの鞘から解放され、人々はもはや闇の重苦しい影響の下で行動する代わりに、深く根ざした宗教的、政治 的、あるいは哲学的な信念にそって進み、時には、今一般的である振動によって強化されている混乱した心理的な機能から行動していま す。 今、私たちは大きな関心の対象になっている問題に ついてお話出来ることを幸せに思っています。ウラジミル・プーチンのウクライナにおける行動はこの地域の何を予告しているのでしょうか? 短期的には、一般の混乱とある地域における闘争です。プーチンは他の国家リーダーと同じことを望んでいます。つまり、強い経済、安定した 統治、及び静かな町です。彼はウクライナ人の間の不満の大きさに気がつかず、あるいはクリミアに住んでいて、大多数が心地よい家族的な感 じをもってロシアに肩入れをする投票をした人達の叫びを予想しませんでした。 実際に は、これは再参加の場合です。記録された歴史を通じて、国境は戦争の結果に従って変動し、支配権の取得、喪失、天然資源のニーズが生 じました。権力の座にある少数の者には、このような結果が異なる国家的アレルギー又は一つの旗の下での異なる文化の混合への文化的な 分割という結果に耐えてきた一般の人達に及ぼす影響などは考えも及びませんでした。 この古び たシステムは暴虐の政権が没落し、変化を要求する声が益々高まるにつれて裂け目が広がりつつあります。これらの変化が正確にどちらの 方向に向かうべきか、についての不一致は、一方では、進歩的で未来的なアイディアであり、他方では、現状にしがみつく、あるいは過去 に戻るという意図である、スペクトルの極限にいる人達の中に長い間存在している二元性によります。光が強くなり続けていて、両者を調 和して共存させたいとの希望が益々強くなっているので、この両極端は消滅するでしょう。 ロシアと中国との間の天然ガス取引は米国を経済的 に厳しい制約を課すでしょうか?これらの国々は、米軍を追い越すでしょうか?両方の質問の答えは、”NO”であり、私たちはこの連合がポジティブであると見ます。お互いに利益が得られる合意を経由して、十分なエネルギーを得 れば、 経済はよ り活性化し、統治は安定し、市民はより満足します。これが中国とロシアの首脳が必要とし、望む所です。環境の観点からは、惑星の天然 ガスの採収は、良くはありませんが、オイルが再三再四起こした破壊と同じような問題を起こしはしません。天然ガスは石炭ほどには空気...

ETの観点・・・2014年5月15日 現状と今後数ヶ月の間に予想されること

ETの観点・・・2014年5月15日 現状と今後数ヶ月の間に予想されること http://www.ashtarcommandcrew.net/profiles/blogs/information-regarding-the-current-situation-and-whatwill-follow Information regarding the current situation and whatwill follow for humanity in the next months from the extraterrestrialperspective Posted by Luisa Vasconcellos on May 15, 2014...

マシュー君のメッセージ 2014年5月2日

マシュー君のメッセージ 2014年5月2日 Matthew's Message Channeled by Suzanne Ward May 2, 2014 このステーションの全員から愛のご挨拶を申し上げ ます、こちらはマシューです。韓国のフェリー事故でなくなった方達、マレーシア航空の飛行機の海中への墜落で亡くなったと思われている人 達の家族に輝かしい同情の光が世界中の隅々から注がれています。 このようにしてあなた方のハートは多くの人達の悲 劇の時にのみ一つになるように思われるかもしれませんが、そうではありません。あなた方はいつも家族の愛の中で、全ての子供達と将来の世 代が今住んでいるよりも良い世界に住んでほしいという願いの中で一つになっていて、この統一の基礎はあなた方の間の差異よりは遙かに強力 なのです、親愛なる兄弟、姉妹たちよ。無時間の連続体の中でこれが地球のあらゆる文化と種族がお互いに、自然と調和しながら暮らしている 理由なのです。あなた方はこの瞬間のこの世界での挑戦を乗り越えているので、世界を共同で創造しています。 ウクライナにおけるロシアの攻撃的態度に対する関 心を抑えましょう。この問題は戦争には繋がらないでしょう。ウラジミル・プーチンは戦争を望んでおらず、ある部分では、米国による妨害に よって引き起こされている混乱について彼が悪いわけではないのです。世界的に事態を揺り動かしているのは、地方政府ではなく、米国がCIAのふるさとであるからであり、イルミナティの支配下にある分派なのです。そうです、人々が不満を抱き、状況の悪化が見 られる所で彼等の闇の作戦は依然として活発です。 しかし、新しい戦争の局面は過去のものになり、こ の振動はこれ以上長くは戦争体質や闘争による分割を支持しないでしょう。摩擦を折衝によって解決する時代が到来し、究極のものになってい ます。国内外の全ての深刻な差はこれによって解決されるでしょう。話し合いが活発になりますが、未だに戦いが激しく、依然として感情が激 高している場所では特に、なめらかな移行や迅速な結果を期待しないで下さい。 イスラエルとパレスチナの間の数十年に亘る不安を 終わらせようとする話し合いは、平和的に暮らすための住民の合意が得られないからではなく、イルミナティのトップがこの地域を彼等の支配 下に置くまで調和を望まないから挫折したのです。これらの僅かな数の者たちはエルサレムを彼らの本拠地のうちの一つとしながら、世界を支 配するという幻想にしがみついています。地球の次元上昇が始まったので、彼等のプランは現実にはならないでしょうし、やがては振動レベル が永続的な平和という合意として結実するでしょう。 私たちに はアフリカにおけるいくつかの国についてもコメントを求められました。”何故今だに多くの暴力がみられるのか?”ということが共通の...

マシュー君のメッセージ 2014年4月2日

マシュー君のメッセージ 2014年4月2日 http://soundofheart.org/galacticfreepress/content/message-matthew-april-2-2014 Message from Matthew -- April 2, 2014 Submitted by luisavasconcell... on Wed, 04/02/2014 - 08:40 このステーションに搭乗している全てのソウルからの愛のご挨拶を申し 上げます。こちらはマシューです。この前のメッセージのように、私はまず自分についてこのメッセージのことをお話します。飛行機が行 方不明になってかなり時間が経過してからこのメッセージを伝えた理由の説明によって、私は私だけがアシュターにそれについて話しをす るように頼んだ印象を与えたかもしれませんが、そうではなく、この要請はここにいる全てのソウルから出されたもので、真実という高い 振動のみが発せられ、テレパシーで伝えられました。 心配をし ている家族たちが愛する者たちが生存していて他の人達よりもはるかに優れたある形であなた方のものと類似の世界で健康に過ごしている ことを私たちは如何に知らせたいと思っていることか。これらの悲嘆にくれている人々の誰かを知っているとしたら、暮らしを楽しく、快 適なものにしているあらゆる事についてアシュターが言ったことを知らせてほしいと思います。それでもこれらの人達がいなくなったこと に就いての悲しみを終わらせはしないでしょうが、氷のような水の中で死んでいったのではないか、乗員や乗客のうちの誰かがハイジャッ クしたのではないか、のような推測を終わらせられるでしょう。 事実に関しては、惑星外のソースからの何人かの読 者が母宛に送ってきた彼のものであるとするメッセージを含むある情報は、アシュターからのものとは顕著に異なります。これらの読者の疑問...

マシュー、アシュター・・・2014年3月20日 マレーシア飛行機

マシュー、アシュター・・・2014年3月20日 マレーシア飛行機 http://infiniteshift.wordpress.com Message from Matthew and Ashtar via Suzy Ward: March 20, 2014 〓 Missing  Malaysian Airlines Plane 〓 Golden Age of Gaia このステーションにいる全てのソウルから愛のご挨拶をお送りします、こちらはマシューであり、今は私だけでお話をします。マレーシア飛行の飛行機が行方不明になったとき、私は別の銀河である文明の支援をしていて、三日後になって、母がそれについて聞き、私に何か知っているか、と聞いてくるまで、このイベントについて何も知りませんでした。 それから、私はその飛行機が行方不明になったその日にニルバーナに飛行機が到着する直前に飛行機の中に三人の人がいたということを調べた仲間と連絡を取りました。私の同僚は記録からはこれらの人たちがソウル契約に基づく自然死だということが示されていると言いました。彼はこの人達が問題の飛行機に搭乗していたのかどうか確証出来ませんでした。 それ以来、責任と家族の訪問とが母の考えを占め、それに時間を費やすようになり、今日、私が確認出来る情報を持っているかどうかを尋ねてきた時に、私はイエス、と答えましたが、母が直接アシュターからそれを受け取る方が良いと思いました。 お母さん、彼はあなたとの話を待っています。 スージー:アシュターさんハロー。マシューが言うには、あなたが行方不明の飛行機に付いての情報を持っているとの事です。私がマシューからあなたが言ったことを間接的に聞く代わりに、彼はあなたから直接情報を受け取らせたいようです。 アシュター:そうです、スージー。私は知っています。私たちが話しをしてからだいぶ時間が経ったので、私は一緒にお話出来るこの機会を喜んでいます。マシューが私に知っていることをあなたに話すように依頼してきた時に、私が説明をしたことをお話します。行方不明になった飛行機の機上の全ての人達は空気が地球と同様で地形も似ていて、住民の外観があなた方のそれとかなり似ている小さい惑星に移りました。 この飛行機が回復不能な重大な機能障害を起こした時、私たちはこれをより高い次元に移し、そのための進路を設定しました。乗員や乗客の誰もがこのような冒険をするというソウル契約を結んでいませんでしたが、誰もその時に死に至る契約もしていませんでした。このような場合には、私たちには介入する事が許されています。 全ての者はこの飛行機の突然の展開を目撃したので予期しない経験が現実になり、見たこともない空間を通じて飛行したのでそれも超現実的でした。私たちの通信システムを利用した救助隊が起きたことを直ちに話し、愛に満ちた説明が将来の方向が変化した人達のなかに平和的な受け入れの雰囲気を作り出しました。全ての者が降りた後で、この飛行機は非物質化されました。この人たちは私たちの乗員の内の、地球の人間の外見を持ち、新しく来た人達にとっての新しい土地での最初の時を気楽に迎えられるような装いをした、ある者たちと会い、彼等が言う特別リゾートに連れて行かれました。他の文明に救助された全ての地球のソウルたちにとってそれは始まりの点でしたが、過去には多くのこのような場合がありました。最初の日々には、このグループは、その世界でのみ使われている言葉と人々の基本的な知識のみの”ダウンロード”を受けました。それは簡単な手順であり、コンピューターとの対話のようなものです。オリエンテーションについての説明の後、この領域に関する説明が写真を用いて行われました。各人には種々のタイプの生活様式、個々の輸送モード、環境 、あるいはスクーリングの選択の余地が示されました。それぞれには、希望する全てのイベントへの出席切符のような機能を持つ紙や、物品やサービスを得るのに用いられる多くのトークンが与えられました。 このリゾートから、全ての者が選択した領域へ連れて行かれ、選択した輸送手段、食料、及びその他の全ての生活必需品が与えられました。これは普通に行われる”歓迎ワゴン”サービスのようなものだと考えて差し支えありません。その世界では新人たちの知識、才能、及び関心事が旨く利用され、地球の上と同じように、各人が選択したことですので、そこでの生活は満たされ、意味があるものになっています。 さてスージー、私はあなたの頭の中を駆けめぐっている質問にお答えします。私たちはこれらの人々を地球には戻せませんでした。私たちは迅速に行動しなければなりませんでしたが、あらゆる可能な要素は考え尽くされ、この世界に行くことが最善の選択肢であり、彼等の生き残りを保証出来る唯一の選択でした。 私たちは、目的の飛行場の滑走路には着陸許可が下りなかったので、この飛行機を送り届けられませんでした。もしもそうすれば到着、出発便に混沌を起こし危険を生じた事でしょう。そうなったとして、予定時間の何時間も前に突然地上に姿を表した飛行不能の飛行機をどうやって説明できたでしょうか?どこであろうと、このような突然の出現を説明できましょうか?そう、不可能でしたが、それが決定的な要因ではありませんでした。この飛行機には十分な備えがありませんでした。最も基本的には機上の人達が非常に長い間補給なしに過ごせるだけの水がありませんでしたし、この惑星上には、この飛行機を降ろし、発見されるまでこれらの人々の生存を保証する安全な場所がありませんでした。世界の人達には人々が地球に似ている惑星の上で生存していることを知ってほしいと思いますが、このような声明を誰が発するのでしょうか?誰がそれを信じるでしょうか?特に行方不明になった人達の家族や友人たちなどの親しい人達に今の時点ではあなた方の惑星よりも遙かに良い世界で快適に、幸福に暮らしているということを知ってほしいと思います。 スージー、他に質問はありますか? スージー(S):私が思っていた疑問に多様な答えを下さってありがとう、アシュターさん。これらの人々がこれほど素晴らしい待遇を受けているのは驚くべき事であり、彼等の暮らしには補給品が必要です!彼等と彼等を愛する人達がこの生涯の間に再会する可能性はあるでしょうか? アシュター(A):それは私にはわかりませんが、可能性は低いと思います。愛のエネルギーの繋がりはスピリットにおいては再会を可能にしますが、地球のほとんどの住民は彼等の現実の中で物理的に再会するまでに意識レベルを上昇させるには道のりが長すぎます。 S:メディア、又は読者がここにおいてその惑星上の普通の人々と連絡を取って彼等の家族のために情報を得ることが出来るでしょうか? A:テレパシー通信は宇宙での普遍的な方法ですが、このような繋がりを得る事は困難でしょう。唯一の通信方法は太陽系の外側にある非常に遠くのニルバーナにいるソウルたちの振動に正確に同調する事であり、ここはあなた方の意識の外側に位置するのです。地球上のほとんどの人達は個人的に経験したこと、あるいは教えられたことしか信じず、テレパシー通信は如何なる分野でも広く知られている事はありません。 S: そうですか、OKですが、起きたことに関する事実は多くの宇宙船が着陸し、ここに住んでいるETたちが知られるようになってから知られるようになり得るでしょうか? A: もちろんです。 S:  アシュターさん、これは何時起きるのでしょうか? A: スージー、私に分かっていたら、屋根の上から大声で叫びますよ。実際には分かりませんが、あなた方のリーダーたちには告げますから、多くの者たちが本来の体のまま出現する前に役人たちから知らされるでしょう。それはマシューやハットンがあなた方に話した通りであり、神のみが何時あなた方の文明の集合心理が私たちのような異邦人を受け入れる用意が出来るかを知っているので、神が時刻表に責任を持っています。あなた方はまだお互いに仲良くやれていないではないですか! S: その通りで、非常に多くの人にとってそれが苦痛の種であり、数十億の人が苦しんでいます。これを変えるにはライトワーカーにはさらに何が出来るのでしょうか? A: 親愛なるハートよ、私に言える事は、ライトワーカーが既にしている事だけであり、愛の力を示してそれによって暮らすことです。しかし、あなた方にはもっと宇宙の引き寄せの法則を語れるでしょう。あなた方はそれをそのように呼ばなければならないという事はありませんが、人々は彼等の思考、感情、及び行動が宇宙の不幸な環境に焦点を合わせ、より多くの不幸というブーメラン効果を引き戻します。あまりにも多くの思考が恐れ、戦争、偏見、病気、貧困、絶望など望ましくないことに付いてのものであり、それによって変化が着実ではあるけれども遅くなるのです。 S: 着実よりもむしろ遅いように思われます。さて質問はこれまでです、アシュターさん、お話に感謝します。 A: どういたしまして。ですが、私はこれを酸っぱ味のある遅い調子で終わらせたくありません。私たちはあなた方と一緒になろうとして何年にも亘って準備をしてきました。私たちはあなた方、私たちの兄弟、姉妹たちを愛しており、その点に達したら、よりよくなるために辛抱はしません。真実は、この惑星の次元上昇の間、あなた方の進歩は宇宙全体でも驚くべき光の力を示しているのです。あなた方の忍耐、問題への対処能力、及び将来の世代のためによりよい世界を作ろうという決意は既にそうしているのです。あなた方は未だに時間という概念の中でこれについて働いていますが、時空連続体の中では、それは済んだ事なのですから、あなた方の栄えある勝利にフラーといいながら、この話を終わりにします。 S: そうですか、ありがとうアシュターさん。今はこれでさようなら。 愛と光をもって。 スザンヌ・ウオード 翻訳 Taki 

マシュー君のメッセージ 2014年3月3日

マシュー君のメッセージ 2014年3月3日  http://soundofheart.org/galacticfreepress/content/message-matthew-march-3-2014 Message from Matthew March 3, 2014 このステーションの全てのソウルから愛のご挨拶を申し上げます、こちらはマシューです。相反するように見える事かもしれませんが、あなた方の世界の周辺の社会には、着実に幸福が広がっています。コミュニティーレベルから国家レベルへと政府の指導力あるいは政策に反対しての市民の抗議が大きい不満を起こさせてきた問題を解決させつつあります。これがネガティビティーをぬぐい去るので、何時までも現状のままではいられません。ウクライナの騒動は荒れ続けるでしょうが、戦場が拡大するほどには地球のエネルギーのモーメントは十分ではありません。 関係する人達に、まばらな暴力がカルマ経験をさせ、平和的な合意に至るまでには時々政治的、外交的な交渉が頓挫することがあるでしょう。国際的な銀行コミュニティーの中から、より多くの逮捕、解雇、辞職が見られ、ヴァチカンの振動も水平線上に浮上してくるように見られます。このような共通性がない、教会、多国籍企業、市民、教育組織、及び非営利団体が教育、雇用環境を拡大する大きいプロジェクトで協力しつつあります。 より軽いエネルギープレーンへの止めどがない進歩の潮流が日々の活動よりももっと深く考え始めているソウルたちによって支援されています。これらの目覚めつつあるソウル達は地球上に埋められている豊かさにより多くの光を加え、遠くの源からこの惑星上に注いでいて、新しいきらめきで振動レベルを向上させています。あなた方のリアルエステート業界はいつも、”場所、場所、場所”とその大切さを言っています。あなた方の世界とその住民にとって無限に大切な事は、”振動、振動、振動、”であり、振動の上昇こそがあなた方がここにいる理由なのです。 かくして、私たちは他の多くのライトワーカー達の心を揺さぶっている読者からの質問を見てみましょう。生涯契約に沿っているかどうか、どうすれば分かるのでしょうか?私たちのミッションが旨く行っているのかそうではないのか、どのようにすれば分かるのでしょうか?困難な状況に落ちいている数百万の人達に同情しますが、この人達を助けるには何をすればよいのでしょうか?地球を助けるために十分なことができているのでしょうか?私の暮らしに重大な影響を及ぼす決定のような、私の力が及ばない状況にどのように対処すればよいのでしょうか?狭い考えから真実の情報に抵抗を示す人達をどのように助ければよいか、病気や経済的な苦難をどのように乗り越えればよいのかについて尋ねる人達が他にもいます。 これらは極めて難しい問題のように思われるかもしれませんが、これら全ての質問に対する答えは同一の強力なソースから、つまり、あなた方のソウルからもたらされます。 まず初めに、ソウルはいつもあなた方が契約上の選択と同調していられるように意識に対して導きを送っています。ネオンサインのようにあなた方が進むべき方向を示すはっきりとしたこれらの導き は言葉で与えられますが、非常にしばしば強い感覚として現れます。あなた方がソウルのメッセージに気を付けていると、ハート又はマインドの中でまるで流れに乗って軽く流れているように感じられるでしょう。これはあなた方のソウルが”いい仕事だ!”と言っている印です。逆に、自由意志による決定、行動、あるいは対話が契約に反していると、つまり、契約とは異なる選択を望むことに対しては不安や不快を感じます。 明快な軽い感じはあなた方に正しいことをしていることを知らせます。罪、後悔、あるいは自責の念といった感じはそうではないことを知らせます。もしも後者の感じが次々と無視されたとしたら、良心がとがめ、意地が萎え、しらけた感じが自然になってきます。 直感があなた方、愛する者、あるいは見知らぬ人に差し迫った危険な状況に対する自然の反応になり、瞬間的な行動が命を救います。 直感を使うことが”内側に尋ねる”思慮深いプロセスであり、そうすれば、心が静まります。例えば、あなた方はある特定の人が生涯のパートナーとして最善の選択なのかどうかを知りたいとします。あるビジネスに大きな関心があるとします。投資の時期、エネルギーあるいは資金が適切かどうかを知りたいとします。転居、新しい仕事への転換が良いかどうか知りたいとします。この種の状況、あるいは将来についての重要事項について熟慮を重ねるとき、ある考えに基づいてどうしても行動したいという気持ちが強くなったとしたら、あなた方のソウルが関連する行動をとるようにあなた方に声高に促していることを物語っています。もしも次の段階に進むのに気乗りがしないとしたら、あなた方のソウルは”そうはしなさんな!”と言っているのです。 洞察力で同じような結論になるとしたら、それはあなた方がその時に求めている答えなのです。どの情報が真でどの情報がそうでないかについて、あなた方の考えを他の人と共有するのは、話す事よりも沈黙の方がより親切だとしたら、些細なことを分離することが価値ある事でしょう。直感と熱望に基づいての行動は、努力と、ソウル契約の中で選んだ大きい行動を生みでしょう。これに関しては、自分に対して真実であることが、充実感に対しての感謝の念を生み出す結果になりますが、自分のハートが希望することの代わりに誰か他の人が言うことに従って人生を過ごせば、落ち着かず、不満な結果を生む事でしょう。 私たちは何故あなた方が既に知っていることを話すのでしょうか?なぜなら、私たちが愛するファミリーであるあなた方がその知識を十分に利用していないからです。深い内観的なレベルで自己に問いかける事は実に大切なことで、この三次元の密度から脱却する大きいステップが退屈な旅であることは確かです。しかし、次のステップである、自分の内側の答えを見付ける事が、自分に許しさえすれば、容易に、かつ迅速になります。自分のソウルの中では全てが分かっていて、確かな、自信があり、注意出来、知恵と強さがありますが、この生涯では決して必要にはならないでしょう。 さて今、あなた方は自分のソウルレベルの導きに従って”T”へと導かれますが、ハートの痛み、反対、病気、経済的な困難、あるいはその他の障害を感じて満足出来ないとします。親愛なる皆さん、ソウル契約による選択は特にこの種の挑戦を含んでいます。それらなしには、学びはありませんし、ソウルの成長もありません。あなた方が遭遇するあらゆることに対する反応は、あなた方の制御によることなのです。ソウルレベルでの導きに沿うことによって、想像以上に内側の強さが得られ、愛と許しに対する無限の許容度、つまり感謝が得られ、思いやり、忍耐が出来ます。寛容さを示し、名誉ある行動をし、一時的な後退から前進をします。 多くの人達は難しい健康状態、経済問題、あるいはその他の特に他者に恩恵をもたらす厳しい環境を経験するように自発的に申し出たのです。決意と精神的な強さをもって逆境を乗り越え、自分の内側からの力を示すことによって同じような状況と戦っている人々の勇気付けのためのビーコンとして奉仕し、自分の経験と結びつけてこの人達を激励するのです。 各人宇宙の法について責任があるという意味は、困難に陥っているファミリー、友人、仲間に大して冷淡であるということは決して意味しません。この人達が契約からそれているのか、彼等自身としばしばあなた方の暮らしにさえ影響を与えるような方法で文字通り宇宙の法に従っているのかどうかはあなた方には分かりません。無条件の愛の下に結ばれた転生以前の契約は、共通の生涯への参加者全てに恩恵を与えるように組み立てられています。スピリチュアルな進化、及び気づきという点では、ある者は、自分にとって、しばしば他者にとってさえ実に困難な状況を選択しなければなりません。普通は、他の者の行動と決定の結果として導き出される学びをどれだけ得たかは回顧によってのみ分かります。 途方もない環境の下で生き、死ぬ幾百万もの人達の大多数は進化するためのカルマ上のレッスンを完了します。そしてワンネスの一部として、この人達はあなた方の社会に学びとスピリチュアルな進化の大きい機会を提供しますが、それは彼等が絶望的な気分で行うものではありません。引き寄せの法則は常に作用していますがそれ自体には正当化能力がないので、あなた方が望む事と望まないこととの区別を付ける事が出来ません。ですから、引き寄せの法則は、あなた方の絶望的な思考や感情に合致するエネルギーをより多くもたらします。 地域の条件の改善のために大いに必要とされる支援をしている組織に参加し、あるいは経済的な支援を行うことが可能なら大いにそうして下さい。しかし、それが出来ない多くの人達については、苦悩している人達に対する思いやりの感情とあなた方の暮らしに見られる祝福に対する感謝の念は光に満たされ、あなた方の中により多くの光を浸透させ、全てのソウルの向上のために、より多くの光を世界に照射させる事でしょう。 あなた方が親切な行為をする都度、赤子の初めての笑顔を見るような喜び、夕日の美に見られる栄光を感じ、あるいは必要とされる動物になって地球を助けるのです。このような親切行為と感情はガイアの惑星体を数千年に亘る虐待と否定から癒し、地球を常に白金色の光の中にイメージすることが振動を上昇させる素晴らしい方法になります。 ある読者のカルマ的なレッスンとして難聴を選びましたが、この生涯の間に聴力が得られるように難聴から脱することが出来るか、と尋ねてきました。答えは全ての肉体的、及び心理的な障害、器官や四肢の喪失、疾病と同じです。これらの種類の条件は個人及びその世話を焼く者のソウルの進化の機会として選ばれたものであり、変化はソウル契約次第であり、条件の反転が含まれるかどうかによります。もし条件の反転が含まれるのであれば、二つの要因を考慮しなければなりません。この人が若く、生涯ずっとその条件のまま過ごすことを選択したのだとしたら、この惑星がより高い次元エネルギープレーンに達する時まで上昇傾向を取りながら変化して行くでしょう。もう一つの要因はその人の中の光の程度です。ある肉体の癒しのメカニズムは光の高い振動によって起動するので、その人のポジティブあるいはネガティブな思考、感情、行動に従って振動レベルが決まります。 さて、聖書の中に述べられているマシューとしての私の生涯についてのメッセージから分かる質問に答えたいと思います。 聖書についての真実がどのようにキリスト教に影響するでしょうか?聖書の情報の発端が明らかになったときには、心が開かれているキリスト教徒は、大衆支配のために考案された教義を避け、自分の信念のスピリチュアルな部分を維持するでしょう。全ての宗教において、急進的な解釈をする者は、道ばたに置き去りにされ、全ての人々はハートの中に記される真の精神性を受け入れるでしょう。 あなた方は古いソウルの古代の知恵について話をします。あなた方はどのくらいの年齢なのでしょうか?あなた方は如何なる人達よりも古くはありません。全てのソウルのいわば調味料は、創造主の愛の光であり、宇宙全体の全てのソウルは同じ起源により、私たち全ては無時間の連続体の中で同一の年齢です。古いソウルとしてあなた方が考える者たちは、新しいソウルよりも共鳴する生涯が多いことを記憶していて、その集合的な経験が古代の知恵として蓄積されています。これは 子供にも、ソウルレベルでより多くの年の記憶を持っている80歳代の人にも当てはまりますが、両親がこれを認識し、その知恵を若者に授けているのを見るのはほほえましいものです。 チューリンの筒の真の物語とは何でしょうか?8世紀のある時に遡ると、ある者が長さが人の身長のイメージである埋葬用の長いリネンを見付けました。誰が見付けたのかは分かりませんし、私が知っていることはあなた方が知っていることよりも少ないかもしれません。そらは、発見以来、学問上の議論の種になり、結論が出ないままに時が経過しました。カトリック教会はそれがジーザスのイメージだとは言いませんでしたが、多くの信心深い教会人達は、そうだと信じ、筒は宗教上の聖像だと考えられるようになりました。 あなた方のステーションにいるソウル達は”ソウルの群れ”なのでしょうか?それは多くの生涯を共に過ごしたソウルのグループにたいして普通当てはめられる表現ではありません。ここにいるソウル達は単に自己発見プロセスを通じて同じ進化レベルに達しているだけです。 遠くから眺めている人達は12使徒のマシューの生涯と捉えるのでしょうか?そうです、それは可能な事ですが、私は、そのための連続性を探すだけの十分な関心を持つ能力を誰にも想像出来ません。最近のメッセージで述べたように、生涯は宇宙的な意味では、少しも注目には値しません。 遠くから見た目でもう少し生涯についてお話をしましょう。線形の時間は連続体の中では存在しないので、何かが舞台を昇っているのか降りているのかは分かりません。一人の遠隔観察者が地球の未来を見て、荒廃し、砂漠化したように見える惑星と見るかもしれませんし、別の観察者は豊かな環境に包まれた美しい惑星と見るかもしれませんが、両方共地球の未来を見ていると考えています。両方共実際の地球を見てはいないかもしれません。並行宇宙が連続体の中には存在していて、実際に見られるものがどのようなものかを判定することはかなり複雑です。 あなた方とあなた方の母親は英語を話し他の者は話さないので、あなた方は全てのソウルに話しかけますか?いいえ。多くのスピリチュアルに進化した文明では、通信のモードある音楽の音調や音色のスペクトルと同様に、私たち全てはあなた方の言葉や方言にも精通しています。又、この宇宙全体の全てのソウルに利用出来る的確な電磁的な翻訳システムがあります。これはソウルレベルで知られていて、ある人達は睡眠中に、そのシステムを利用して通信をしているかもしれません。今どのような言葉を話していようとも、この、あるいは他の生涯で愛の結びつきがあった者との間にあり得る事であったり、種々のタイプの銀河又は銀河間連合又は宇宙評議会の会議への出席であったりします。 あなた方二人が多くの生涯を共にしたのであなたはメッセージを送る相手を母親に選んだのでしょうか?短い答えは”イエス”ですが、それには更なる事があります。私の母親は私の一人称であり、私たちはお互いに寄り添っている無限の円周上の点のようなもので同じ周波数で動作しています。私たちは人間や他の種族として、敵として以外のあらゆる関係で数千回の生涯のほとんど全てを共にしましたが、私たちはこのような役割を演じたいとは望みませんでしたし、生涯を共にした他の者からの非合意もありませんでした。私の母親にメッセージを送ることは、彼女にとって自然の選択で、私たちウオードファミリーの転生前の契約の一部であり、彼女は私と他の全てのもの達が彼女に送る情報を明瞭に受け、本の出版をし、メッセージの配布という仕事をしてきました。 マシューさん、いつ、どのようにして別のソウルになる決断をしたのでしょうか?これに関する知識があり、あるいは、ソースがあなたに呼びかけ、るだけでそうなるのでしょうか?それは全てのソウルにとって全く同じプロセスです。スピリットの世界では、転生の間のこの期間にはソウルは直近の過去の生涯を他の全ての生涯と共に振り返ってみるのです。この振り返りによって知識の蓄積が学びによって旨くなされなかったので、残りの経験を得る必要がある特定の分野が明らかにされます。この選択に関する決定の後で、そのソウルが選択した分野をマスターした者によって導きが実行さて、次の転生が行われますが、支援を受け入れるか、断るかはそのソウルの選択次第です、 この説明をほとんど必ずソウルが必要とし、導きを歓迎する第三密度の意識的な気づき、及びその進化状態のすべてのソウルにとって特に必要なので、感情を処理するレッスンに限らせて下さい。そして、あなた方のふるさとの惑星はこの銀河で最も素晴らしい教室なので、私は例として地球とニルバーナを利用します。 恐れはいつも処理しなければならない最優先の感情です。恐れは人を再三密度に留めておくものであり、恐怖を感じた事の向こう側を見えなくします。さらに、恐れはネガティブな特性と行動の内最も激しいものである、貪欲、怒り、偏見、憎悪、権力欲、嫉妬、暴虐、支配欲、欺瞞、さげすみ、戦争心理、腐敗を引き起こします。恐れという感情を払拭するには、数千の生涯が必要なので、そのレッスンを選択したソウルは恐れから派生する特性である例えば怒りのレッスンをも選択します。 怒りの抑制というコースもあって、ニルヴァーナは怒りの置換と呼ばれ得るコースを用意しています。 時とソウルには、人が怒りを覚える原因になる状況が提供され、このような状況で怒りを抑える事が出来るようになり、怒りの状況を別の感じ方から見られ、静かに、穏やかに、建設的に受け取ることが出来るようになります。そのソウルとアドバイザーが、実践のセッションが新しい人に対して適切な準備が出来ていれば、ソウルは契約の他の部分を選び、両親、兄弟、仲間、友人、導師など生涯を共有するソウルとの転生前の契約へと入ります。ソースとの唯一の関係は全てのソウルの目的で、神との再度の一体化とその後にくることの全てです。 簡潔にするために詳細を省くと、準備についての私の説明は罰を与えるように聞こえるかもしれませんが、決定的にそうではありません。あらゆる事は愛と感受性をもって、全てのものの一体性のうちに行われていて、アドバイザー達は新しい人達にも他のソウルと同じように成功を願っていますし、実践は強力で厳しい短い期間には限られず、数年に亘り、セッションはソウルが希望すればいつでも行われ、アドバイザーはいつでも利用可能です。 そして、ソウルがニルバーナに居住しえいる間、ソウルは如何なる輸送形式であれ、どの領域の周辺の旅行のようなものから選択した多くの活動活動が出来ます。ソウルは選んだあらゆることの実践を学ぶことが出来、その領域で友人や家族の一団と楽しみ、意味のある地位で働き、望む事なら何でも学び、コンサートに出かけ、マスターを訪問して講義を受け、アートやスポーツに参加し、テレパシーで愛する地球上のあるいは他の世界のソウルと通信出来ます。ニルバーナのより高い次元における暮らしは卓越しています。 集合的な生涯の反省はもう一回の地球での生涯の選択と言う結果になるかもしれません。もしもあるソウルが第三密度のスピリチュアルで意識的な気づきをマスターしたのであればアドバイザーは同意し、その次の人格として第四密度の文明へと更なる進化の学習のために転生出来ます。あるいはその人格は地球に転生して、より高い振動をその惑星に加え、眠っているソウルを気付かせ、あるいは第三密度の気づきの異なる文明で同じ奉仕を果たします。いずれにしても、ソウルの成長における進歩です。又地球上での光への奉仕に生涯を捧げた高度に進化したソウルは、成長を続けるための次の目的を選択する前にしばしばふるさとに戻ることがあります。 あなた方はそれでもニルバーナにとどまるのでしょうか、それともどこか他の所に転生するのでしょうか?私はニルバーナに住んではいませんが、それでもそこを、時々戻って行ってこの銀河や他の銀河の中の物理的な文明への訪問をする短い間のホームベースだと考えています。過去15年間における私の奉仕は、地球のニルバーナと同等の所であるスピリットの世界を評価し、向上の支援をすることでした。どこに行こうとも、私はそこの人達に適合する形を取ります。ある文明では体が必要ではない周波数で暮らしますし、第三密度の世界では、私は低い振動の中に張り付いてしまわないような出来るだけ高い周波数で体を作ります。 私の第三密度の世界、最近第四密度に達した世界への訪問の間。私はしばしば一般の文明よりも振動数が高いソウルと共にいました。私たちの目的はいつも人々と彼等のふるさとの次元上昇プロセスを助けることであり、私たちの存在はいつも宇宙の法に則っての招待によるものでした。地球上の多くの人達がしている事も同様です。あなた方はガイアの支援を要求する叫びに応じて自分たちの世界を後にしてきているのであり、内側の質と強さの力を例示することを含む種々の方法で支援を行っているにも関わらず、高い振動がいつもこの惑星とその住民の次元上昇への道を助けています。 あなた方の生涯の旅全体で、交わり、無条件の愛、この宇宙全体の光の存在の尊敬と賞賛があなた方と共にあります。 愛、平和、スザンヌ・ウオード 翻訳 Taki

マシュー君のメッセージ 2014年2月3日

マシュー君のメッセージ 2014年2月3日 http://lightworkers.org/channeling/195832/message-matthew-february-3-2014 Message from Matthew Channeler:Suzanne Ward February 3, 2014 このステーションの全てのソウルから愛を持ってご挨拶を申し上げます。”12使徒マシュー”のメッセージに対する感謝のほとばしりが、ここでの祝賀の原因です。私たちはソウルが望み通りに信じる権利をいつも尊重し、選択が真実の受け入れを推進する時には元気づけられます。あなた方は何が真実で何がそうではないかをソウルレベルでは知っていると私たちは何回も保証してきましたが、あなた方の個人的な経験は、ソウルの知識が意識的な気づきに達しているという反駁出来ない証拠です。 昨年の地球の闇の鞘からの解放の最初の年にさらに増して、今年の入来エネルギーとこの惑星上に生じたエネルギーは豊富な光を作りだしたので、ソウルは意識とスピリチュアルな成長へと飛翔することが出来、世界中に指数関数的な効果をもたらしています。光が増すにつれて、あなた方の鉱物、植物、及び動物の王国全体の振動レベルも上昇しています。この惑星上のあらゆる形の意識は地球の次元上昇の継続につれて拡張する事が出来ますが、唯一人間だけが上昇するか抵抗するかの流れに乗る選択をすることが出来ます。 あなた方の社会に最も大きく影響を及ぼしている深刻な問題である分離主義は光が非常に強くなって極端な行き方がもはや平和な解決に向けての建設的なものではあり得なくなるまで続くでしょう。合理的な話し合いが進んでいて、時には動きがとれなくなる事もありますが、全体としてはモーメントが得られるでしょう。まだ全ての者にとってそうではないのにあなた方が”常識”と呼ぶ事がやがては安定的あるいは不安定な状況の中で浮上してくるでしょう。 ソチでの冬のオリンピックとの関連でテロの恐れが喧伝されていますが、それは必要がないことです。いつも恐れは不必要であるばかりでなく、地球が処理するにはネガティブなことを創り出すので、非生産的です。宇宙船上と地上の宇宙ファミリーはいつも活発で潜在的なホットスポットについて通信をし合い、ガイアの希望に従って深刻なテロ攻撃を防止する権限を与えられています。小規模の努力が障害又は死を生じる結果になったとしても、他の場合と同様に、それらは関係するソウルの契約の範疇の問題でしょう。 私たちは又、福島原発における状況についても安心してほしいと思います。この惑星を取り囲んでいる宇宙船上に搭載している技術は放射能を含んだ土壌や水の毒性を希釈し、熱心な乗員が破壊された反応炉の更なる損傷を防止するためのあらゆることを実施しています。この設備で起きている事はこの惑星のあらゆる場所でのエネルギー源を終わらせる説得力のある理由になり、原子力と化石燃料を廃止することによって地球のヒーリングを大いに助け、更新可能なフリーエネルギー源に向けての前進を促します。異常な嵐、記録的な高、低温、洪水、干ばつ、山火事、地震、及び火山爆発は地球表面と内部、及び大気をきれいにし、地球全体の天候を穏やかなものに導きます。 私たちは又、月面の大きい二つの影についてコメントを求められました。実際には、月の上には何も無く、これらの影は、消失してしまう、移動性のものである宇宙船の影です。地球のものとは別の文明が近くに存在しているが、彼等は平和的な目的で滞在しているのであって、大衆の恐れと心理的な衝撃を無くすためのオリエンテーションプロセスの最中にあるに違いありません。 さて、先月のメッセージはここ10年間の他のメッセージに比較して遙かに大きい反応と質問をもたらしましたので、今は私自身の事についてお話をするのが適切だと思われます。まず、私は母親に感謝の念を捧げます。読者がポジティブな反応だけを示したのはこれが初めてで、誰一、人として下品ではないものでした。これに対する回答があなた方の暮らしとこの宇宙での生命にとって多くの示唆になるので、私はまず質問への回答から始めたいと思います。非常に多くの人達は私の聖書時代の生涯又は関連する話題について、誰もが感じる質問をしてきていますので、あるものについてはここで、残りは次のメッセージで回答を示します。 最後の晩餐が無かったとしたら、聖杯とは何でしょうか?最後の晩餐の物語は、最も神聖で地球上の何よりも大きい力を持っていると考えられるものである、キリストの血が入っている聖杯を求める人達を刺激しました。このようなものはありませんでしたが、地球上の何よりも強力なある聖なるものがそこにはあります。聖杯とは魂なのです。この宇宙の何物もソウルたちの愛と光のエネルギーよりも強力ではありません。 キリストが2000年前と同じ人物として戻ってくるとは思いませんでしたが、彼は地球上に転生し直したのでしょうか?いいえ、しかし、キリストの愛・光のエッセンスはいつも地球上、宇宙の他のどこにでも存在しています。 多重、多次元の生涯が同時に行われていて、あらゆるものが他のあらゆるものに影響を与えている時間が存在しない連続体は、漠然としたほとんど把握することが困難な概念なので、転生が、あなた方の線形の時間枠に適合し、光からのメッセンジャーがこのプロセスを記述できる最も近いものです。しかし、アルバート・アインシュタインがこの人あるいはあの人として転生する、と言うようなものではないので、私が現実を説明するために最善を尽くしましょう。 この宇宙全体で無限に存在するソウルの誰もが同時に、ユニークで独立した、汚れのない永遠の存在であり、エネルギー的に他の全ての者と相互に繋がっています。全てのソウルの始まりは創造主がその愛・光の自己を瞬時に発散させた・・・ビッグ・バン・・・事によるものであり、あらゆるものはソウルたちがそのアイディアを動きと形にするために創造主のエネルギーを使って存在に至らせたのです。 たとえばソウルAが始めて転生したいと思うとします。そのアイディアをソウル契約に書き込み、合意が成立します。私たちはこれを生涯を共にしたいと願う他のソウルと共にする再生契約と呼びます。その後、死する者としての経験を望む者に適合する人物のための本体を設計し共同創造します。その上に、ソウルAが独自の永遠の自己を残したまま、ソウルの塊になり、新しい人物のソウルに全ての知識を授けます。ソウルAが別のソウルの物理的な生涯を始めるのであって、それが魂の経験の始まりなのですから、塊と言う言葉は、ソウルAのものです。 この最初の人物をソウルBと呼ぶ事にしましょう。ソウルAが与えた全てのソウルBの個性と生涯経験、知性、才能、体の形、特徴、人格、アイディア、関係、教育、習慣、プラン、達成、失望、ハートの痛み、喜び、疑念、失敗、興味、恐れ、などはソウルAのデータベースに、ソウルBが経験したものとして付け加えられ、体が死に至ったときには、ソウルBによって全てが保持されます。 ソウルAが異なる種類の物理的生活に入りたいと思う時には、同じプロセスを踏みます。今では当初の知識だけではなく、ソウルBの生涯経験もその第二の人物と共有されます。ソウルBがそれ自身のアイディアを行動に移したいと思う時には、ソウル契約を結ぶなどの手続きを踏みます。ソウルBhは、ソウルAのように、その知識を分け与えながら、個人的な経験や、その最初の人物のソウルと共に、ソウルAによって与えられた経験から、ユニークなソウルとしての自己を保ちます。 ソウルAとソウルBの経験、知識、及び知恵は彼等のそれぞれが独特、独立の汚れのない永遠のソウルである人物によって積み増され、その複合は、宇宙全体のあらゆるところで新しい人物と共に成長する、多様で相互に絡み合った生涯の力の場になります。ソウルは契約条件を選択し、全ての生涯のバランスを取るために累積的に経験している分野のギャップを埋め、強化します。こうして、無限に拡張する気づきの積み上げが全ての多様なソウルについて行われます。 人物が意識的に累積した経験を探り、新しく学ぶものがないことがわかると進化が進みますが、進化は、初めからソウルレベルでは知られていることを思い出しながらの、自己発見のプロセスですそして、あなた方はこの瞬間に生きているのですが、あなた方が過去あるいは未来の生涯であるものとして考える全ての存在もそうなのであり、あなた方も他の独特なソウルたちも時空連続体の中の今に生きているのです。 三次元の文明における私の生涯から、私には 参照出来る意識枠が無い何かを理解小とすることが如何に難しいかが分かるので、私の説明は多次元的な生涯について明らかになるよりも、むしろ混乱を加えることになるかもしれません。ですから、私が描く事の全てはある人たちが自分で見るように、単純に聖的に起きるのです。 もしも磔と再生が起こらなかったとしたら、彼の追従者たちがかくも恐れることなく、熱意を込めて広げようとした、キリストが遭遇したことの本質は何だったのでしょうか?私は自分自身には確信をもって語ることが出来ます。恐れが感じられた事はありませんでしたが、キリストは常に愛を持って真実を語ったので、私は以前のメッセージで述べたように、彼の教えを人々に語れる十分な機会を得ました。しかし、私が学んだ事は、聖書の時代の私の生涯以来、カソリック教会の絶え間のないキリストの死と再生の強調が、キリスト教徒の遠く広い範囲での増加の理由だったのだ、ということです。 あるチャネラーたちがなぜ磔が起きたかを説明し、別のチャネラーは説明しないことをあなた方は説明出来るでしょうか?私はこの矛盾についての理由がわかりますが、一つは、磔が平行世界で起きた、という説明です。個々の人は起きると考える方向にエネルギーを打ち出すので、決定しなければならない段階になると、意識的な自己が選択した方向に進みます。しかし、この道に閉じられる強力なエネルギーは止められず、その本来の方向に進み、その道にそって個々の人が決定以前に考えていたことに従って論理的な状況が出現します。 磔の場合には、キリストの追従者たちの数の増加につれて、国や教会のリーダーたちは彼の教えが人民の掌握にとって脅威になることについて関心を持つようになりました。リーダーの内のある者は、キリストを殉教者に仕立て上げるよりも国外退去を好み、他の者たちは彼の殺害を望みました。こうしてエネルギーは両方の方向に向けられ磔に集中したエネルギーが平行世界における結果へと進行しました。事実としてのイベントが起きる世界としての連続体の中に、これらの世界が存在するので、一つ一つを区別するラベルはなく、ある伝達情報は平行世界でのイベントを伝えるものであるかも知れません。 (以上たきの翻訳による) もうひとつの可能性としては、イエスの十字架への磔やその復活のホログラムがイエスとメアリやその側近達によって構想され、地球に投影されたという可能性もあります。その残忍な処罰方法は当時生きた人々の中でも血に飢えた多くの者を満足させ、イエスの復活は当時の過酷な生活から息抜きを必要としていた人々に希望を与えました。 思考の力と関係のあるもうひとつの可能性というのもあります。もしチャネラー(皆がエネルギーの受信者なのでレシーバーの方が実は正確な表現)がイエスの磔と復活が間違いなく起きた事実であると信じていた場合、その信念が受信する情報より優位になってしまう事があります。思考の力というのは、事実とどれだけかけ離れていたとしても、常に人生の全ての状況に影響を与え、その人の信じる事がその人の現実になってしまいます。 あなたは言いました、12使徒のマシューであった当時はそのメッセージに書いたその他の事は意識的には知らなかったと。それは何故ですか?どうやってそれを知ったのですか?では、当時意識的に知っていた事と、脳内の記憶庫の中の全ての内容とを比べてみたらどうでしょう―もし記憶の全てが一度に脳内に流れ込んできたらとても受け止めきれないでしょう。それは自分の全ての過去生の記憶の積み重ねが一気に意識内に流入するのと同じ事です。 私―私たち―は“成長する参考図書館”というようなものを持っていて、そこに行く事を選択さえすればいつでもあらゆる情報を得る事ができます。その選択ができるように訓練する事は以前にも触れた自己開発であり、魂が知っている事を思い出す事です。その一つ一つを発見するごとに得られる疑いの余地もなくそれが正しいという強烈な“正当性”の感覚によって、人はそれが紛れもない事実である事を自身の存在全体として知るのです。 それは全ての人に共通な事ですが、魂のレベルにおいて、全ての人が“最初”からの全ての知識を持っているということを思い出す事が容易なのは、より進化した文明にいる人々や精霊界においてであり、低いバイブレーションの高密度に身体が拘束されていない状態の人々です。特に三次元意識の文明においては、その身体の密度によって魂の知識の認識が妨害されます。 あなたがそのステーションにいる魂たちを代表して発言をするのは、彼らがあなたの過去生だからでしょうか?ここにいる何百万という魂たちの一部は確かに私の過去生ですが、その他の殆どは違います。このステーションに繋がる”リンク”は進化の一つの過程です。何年か前にこの事についてはメッセージで話しました。 ステーションというものは特定の“場所”や文明に関係しているわけではありません。宇宙のどこからやってきたとか過去生を何度経験したなどとは無関係に、魂が得たスピリチュアルな進化レベルです。私が“このステーションにいる魂たち”と言う時は全てにおけるワンネスに気付き、無条件の愛と同調できるまでにスピリチュアルな明瞭性が進化した仲間たちのグループのことをいっています。これはより大きな意味合いで共に悟りを分かち合い、無数の魂自身の人格が一つの“ハイヤーソウル”として融合しているという意味で“グループマインド”や“魂の集合体”とも呼ぶ事ができます。 あなたのいる場所の発言者として“指名された”というのは正しい表現ではないかもしれませんが、どのようにその立場を得たのですか?その場所の他の魂が発言者になったとしたら、その発言はあなたと全く同じものになりますか?“指名された”より“選ばれた”という方が正しいかもしれない“候補者”に投票して選ぶというわけではなく、ある特定の魂がそのグループ知識の一定の要素を一番良く表現できるであろうという満場一致の思いによって決まります。 私たちを代表して発言するのは私だけではなく、私がこのグループを代表してメッセージを伝えているのは母だけで、その他の魂たちはそれぞれ独自の受信者に情報を発信しています。このレベルにおいては、真実しか存在しないので私たちが伝える内容について意見の不一致などはありません。かと言って完全に同じ情報を発信しているわけでもなく、その違いは、それぞれが持つ総合的な体験に基づいています。例えば、カイロンの例では、私を含めた他の魂たちと比べて、彼の多くの過去生は宇宙的にも優れた科学知識により精通しています。もう一つ違いを生む要素としては、受信側のボキャブラリーがあります。私の母は、科学的知識の教育を受けていないのでその分野の用語を話したとしても理解してはもらえません。 あなたが今いる場所に一緒にいる魂たちは12使徒のマシューだった頃のあなたを知っているのでしょうか、それとも互いの過去生については知らないのでしょうか?宇宙的規模でよく知られた過去生であれば互いに知っていますが、それは大概数が多くないので、全部合わせれば私たち全員の過去生というのは、想像もつかない数になってしまうし、その姿形も様々だし動物も含まれているので、今のあなたの意識的思考では想像しがたいでしょう。 ここにいる魂たちの中には、同じ時代に生きていた者もいますが、その当時相当緊密に繋がっていなければ恐らく互いを知らないはずです。当時については、イエスとの貴重な友情関係と教師としての充実した経験がマシューとしての人生をとても実り多きものにしましたが、私が宇宙で経験した無数の人生と比べれば卓越しているとは全く言えません。当時の人生は私が書いた日記のメモがきっかけで“12使徒マシュー”に繋がった事で、その何百年後に地球で破格に有名になっただけです。 このメッセージのお蔭で、今ここに一緒にいる魂たちとその過去生たちは私の人生について知る事が出来、私たちの誰かが情報を発信するとその情報はグループ知識の一部となり、私たちの系統の誰もがアクセスできる保管庫に追加されます。だからと言ってそのマシューの人生が何か特別な重要性を帯びるという事はありません。重要な事は聖書に盛り込まれた内容に限って、真実が共有された事です。どの魂に関しても、その人生が誤って発表されていたり、不当に悪く書かれたり、そのような悪意のある行いというのは光にさらされることになります。 聖書上のマシュー以外の私の過去生について話す事で、読者の皆さんの疑問がいくつか晴れるかもしれません。しかし、私の地球でのいくつもの過去生の知識が意識的にも魂のレベル的にも地球の未来やイベントや個人的な未来を知る由はありません。ここにいる他の魂たちと同様、“全体像”は見えますが、一人一人の魂の細かい詳細や状況を知る者はいません。神のみぞ知るです。神はその全てであり、神の知識というのは今常に起きつつある無数の変化と共に継続的に成長しています。 どちらにしても、私たちは経験した人生以外にも情報源はあり、神は一つです。私たちは地球のエネルギー領域の活動におけるあらゆる可能性の気運を見守っています。地球を見守るニルヴァーナ(ここと同じような他のステーションにいる進化した文明の魂たち)の存在たちと連携しつつ、地球の集合意識や、宇宙の全意識にアクセスしています。 大天使ミカエルの宇宙における最初の転生として、スピリチュアル的に進化した文明に誕生する為に私が“装備”されました。そして、その選ばれた者はあなたからは最も離れた天の川銀河の端の優美な水の世界に住んでいます。私の幾つかの過去生はあなたの時空の過去100,000年の間地球に住んでいましたが、それよりも前の過去生やその間の数千年の間はシリウスやプレアデスや銀河内のその他の場所やそれ以外の場所で過ごしました。 古代地球に生きたものとしてパラダイスであった地球のテラやシャンと呼ばれた時代の成長過程を覗いてみて、何百年も掛けてガイアがその起源である五次元密度から徐々に深く三次元の泥沼へとはまっていく際のストレスを考察してみましょう。 私には進化した強力な文明が、より弱い文明の人々のDNAを操作して二重螺旋にまで減らしたのが見え、地球の古代の人々が三次元密度から抜け出して上昇するための天体整列の機会を逃すのが見えました。私の幾つかの過去生はその暗黒の時代を地球で過ごし、その一人はガイアが滅びないように、地球上の陰性を取り除こうとして全ての生命が失われた時を経験しています。その時代については、私の一人の過去性という狭い範囲の知識としてだけでなく、宇宙の集合意識内にある情報を通して知っています。あなたも魂レベルでは、同じ情報にアクセスする事ができます。その中には恐らくあなたの多くの過去生の情報も含まれているでしょう。 私は、地球の黄金時代のマスタープランをデザインした宇宙評議会内でも最高のデザイナーとして、その情報を直接お教えする事ができます。そして一部の魂たちが光の勢力に加わるという当初の約束を破ったために、社会の発展が100年分遅れたという事もお伝えします。評議会はガイアが選び、バラク・オバマとして生まれた魂の事も知っています。そして彼を長年見守ってきた間に、彼が光に奉仕する事に関して揺るぎない貢献をしてきている事や、政府内やそれを超えたところに存在する彼の強力な敵についても知っています。 私の過去生の中には有力な立場にいて、闇から抜け出そうとする人々を支援する組織を率いる者、見事な成果を出した者もいれば、そうでない者もいました。過去生の中には職人、立法者、顧問、医者、農場労働者、役人、ミュージシャン、商人、教師、行商人などがいて、それぞれがそれなりの意義深い人生を達成してきました。その他には偵察隊だったり、あとは小人数ですが静かな人生を懇願する戦士もいて、その中には非常に制限された精神状態の中で、回復不能なほどに精神が分裂してしまった者もいました。私は健康で長寿を全うし、愛しい家族、親しい友人と楽しく過ごし、努力して名誉や豊かさを得た事もあったし、その反面短命、獄中生活、貧困、病、裏切り、孤独、孤立なども経験しました。要するに、皆さんと同じく長い間を掛けて様々な事を経験して来たのです。どうしてそう断言できるかって?だってあなたもそうだからです。 このメッセージを読みながら、あなたは自分の直感に従いつつスピリチュアルな悟りを求め、自己を発見しようとしています。 累積した魂たちの間では、全ての過去生は同等に扱われ、その名声や権力、財力などで評価される事はありません。それよりも、魂の契約において交わした内容と、自由意思で選択した内容がどれだけ一致したかが評価の基準です。それぞれの過去生が宇宙のどこに存在しようが、その契約は累積経験値にバランス良く反映されるよう調節され、そのバランス内で高波動を生む事が全ての魂たちの目的です。このステーションにいる全ての存在たちは、あなたやその他の魂たちと全く同じです―私たち全員はそれぞれの道を共通の目的地に向かって進んでいます。それは神との再統合であり、それが達成されて始めて、次に何がやってくるかを知る事ができると神は言います。 私たちの無条件の愛とあなたの地球と魂自身への光の貢献に対する賞賛はあなたが旅を続ける間、常にあなたと共にあります。 翻訳 Taki  (後半は、JUNの翻訳による)