Sunday, May 20, 2018
Home 愛と光のチャネリング マシューからのメッセージ

マシューからのメッセージ

マシュー君のメッセージ 2014年6月2日

マシュー君のメッセージ 2014年6月2日 www.matthewbooks.com Mattehw's Message June 2, 2014 このス テーションの全員から愛のご挨拶を申し上げます。こちらはマシューです。まず申し上げたいことは、あなた方の世界で起きているあらゆ る事は益々上昇しつつある振動に対応しており、明らかな進歩と共に、あなた方は闇の解消に引き続いて当然生じる事の残渣を見ていると いうことです。ネガティビティーの鞘から解放され、人々はもはや闇の重苦しい影響の下で行動する代わりに、深く根ざした宗教的、政治 的、あるいは哲学的な信念にそって進み、時には、今一般的である振動によって強化されている混乱した心理的な機能から行動していま す。 今、私たちは大きな関心の対象になっている問題に ついてお話出来ることを幸せに思っています。ウラジミル・プーチンのウクライナにおける行動はこの地域の何を予告しているのでしょうか? 短期的には、一般の混乱とある地域における闘争です。プーチンは他の国家リーダーと同じことを望んでいます。つまり、強い経済、安定した 統治、及び静かな町です。彼はウクライナ人の間の不満の大きさに気がつかず、あるいはクリミアに住んでいて、大多数が心地よい家族的な感 じをもってロシアに肩入れをする投票をした人達の叫びを予想しませんでした。 実際に は、これは再参加の場合です。記録された歴史を通じて、国境は戦争の結果に従って変動し、支配権の取得、喪失、天然資源のニーズが生 じました。権力の座にある少数の者には、このような結果が異なる国家的アレルギー又は一つの旗の下での異なる文化の混合への文化的な 分割という結果に耐えてきた一般の人達に及ぼす影響などは考えも及びませんでした。 この古び たシステムは暴虐の政権が没落し、変化を要求する声が益々高まるにつれて裂け目が広がりつつあります。これらの変化が正確にどちらの 方向に向かうべきか、についての不一致は、一方では、進歩的で未来的なアイディアであり、他方では、現状にしがみつく、あるいは過去 に戻るという意図である、スペクトルの極限にいる人達の中に長い間存在している二元性によります。光が強くなり続けていて、両者を調 和して共存させたいとの希望が益々強くなっているので、この両極端は消滅するでしょう。 ロシアと中国との間の天然ガス取引は米国を経済的 に厳しい制約を課すでしょうか?これらの国々は、米軍を追い越すでしょうか?両方の質問の答えは、”NO”であり、私たちはこの連合がポジティブであると見ます。お互いに利益が得られる合意を経由して、十分なエネルギーを得 れば、 経済はよ り活性化し、統治は安定し、市民はより満足します。これが中国とロシアの首脳が必要とし、望む所です。環境の観点からは、惑星の天然 ガスの採収は、良くはありませんが、オイルが再三再四起こした破壊と同じような問題を起こしはしません。天然ガスは石炭ほどには空気 を汚さず、核エネルギーにとって本質的な危険を及ぼしたりしません。再生可能なエネルギー源が広がるので、化石燃料は次第に姿を消し て行くでしょうし、フォトンが電子より多くなるエネルギープレーンに地球が入って行くので、フリーエネルギーのみが用いられるように なるでしょう。 読者が以 下の事についての私たちのコメントを求めているので、多くの人は別の話題に移りたいと思っています。つまり、米国内の人種差別です。 人種差別は米国に留まるものではなく、ニュース報道で知らされる僅かな数の人に範囲が限られているものでもありませんが、この国で話 題になる事は世界中どこでも問題になり得るものです。この重要な問題はショーケースであり、どこにおいてでも、人種問題の醜さと残虐 さはこの広く広がっている病弊の社会的な克服の必要性を思い出させます。地球上の全ての人は意図されたものではなかったとしても、こ...

マシュー君のメッセージ 2017年12月16日

マシュー君のメッセージ - December 16, 2017 http://www.galacticchannelings.com/english/matthew16-12-17.html ここにいるすべてのソウルから愛をこめて挨拶を致します。マシューです。毎年このホリデーシーズンはあなた方の世界において、持っているものが持っていないものと分かち合いながら、限りない善良さが反映されます。寛大さ、やさしさと思いやりは光を豊かに広めますが、ごく最近の地球はこれまでになく輝いていますね。 以前のメッセージに於いて、2017年は地球上の人々の霊的なそして意識的な成長における10年間の遅れは終わるでしょうと言いました。遅れが出た理由としては、いくつかの魂が、大勢の魂にそれぞれが選択したカルマを経験させるような状況を作り出した上で、光の勢力に加わる約束を破ったという事がありました。では、それも含めて、これから何が起き、この先に何がやって来るかについて記していきたいと思います。 80年前頃、地球が深い第三密度のぬかるみにはまっていた時には、既に気付きを得た人というのはごく少数でした。しかし、他の文明からの豊かな光により、この惑星に居住するすべての人々は、上昇を開始する事ができるようになりました。それぞれの故郷から来たボランティアが、社会の一員として光を起こしました。目覚めて反応した人々は自分自身の光を放射し始めました。この惑星の目覚めた人々が増えるにつれて、他の人々の心と気持ちを開いて動かし続けます。そして数十年を経て、目覚める魂がゆっくりと着実に増えてきました。 今後はその数は急速に増加して、その光が“愛の革命”にまで成長し、世界中にいきわたるでしょう。そして地球の黄金時代は栄誉に満ちて花開き始めます。 最近の E メールの内容で、他のライトワーカーも同じように思っているのではないかという質問を頂きました: 質問: “私は本当に良いライトワーカーになりたいと思っているのに、他人や動物を残酷に扱う人たちには愛と光を送ることはできません。どうか、彼らが愛と光を最も必要としている宇宙ファミリーの一員だなんて私に言わないでください。私は、彼ら自身と彼らの行動を分けて考える事が出来ません。形而上学的なまたはスピリチュアルな意味の愛は家族や友人に対して感じる自然の愛とは違うのですか?” ある意味ではそう言えます。しかし、愛はスピリットや光に帰するものであり、それは更に科学に帰するものであったとしても、一つであり同じエネルギーですから、実際には相違はありません。 エネルギーは“光”と“愛”に分ける事は出来ないものの、双方の方法で表現が可能であり、愛としても、光としても経験が可能です。もっと簡単に言うと、光は視覚的に明るく見る事が可能だし、愛は互いに好いている人の感情として経験する事ができますが、その他の側面も加わります。エネルギーは宇宙の意識であり、その中で存在している全ての魂の行動を継続的に描いています。エネルギーは中立で;それぞれのエネルギーの流れは、考えや感情の中に含まれる意図によって、方向性が与えられます-意図が視覚的な照明である時は、太陽または電気照明器具により発せられた光を視覚が受け取ります。意図が愛であるときは、その感覚がおこり、愛に基づいた行動が自然と続きます。普遍的な引き 寄せの法則は、その意図が何であろうとエネルギーの流れによって、意図したのと同じものをたくさん送り返してきます。そして、愛とは内なる光によって神自身である自分を放射するものであり、それは純粋な愛、光である創造主のエッセンスです。放射される量というのはそれぞれの魂の持つ光の量と一致します。 暗闇の者は暗闇の中で迷っています。彼らは生命力である、わずかな閃光を除いて内なる光が欠如しています。彼らの思考や感情に付随する意図は、そんな深い暗闇から来ており、彼らが送り出す暗闇は、彼らに向かって舞い戻り続けます。光だけが、そんな暗闇を満たすことができ、そこから愛より始まる行動が生成されます。地球上の全ての生命のためにも、そんな彼ら一人一人に対して愛、光を送って欲しいと私たちはあなた方にお願いしてます。暗闇の低振動を愛の高振動に変えることで、暗闇を追い払う事が出来ます。 母と私がやり取りを始めた当初、母は自分に酷い苦しみを与えてきた人に対する思いと、その人に対する自分の感情を切り離せないと私に話しました。私が彼女に話したことは読者や同様な感情を持つかもしれない他の人にも役に立つのではないかと期待しています: お母さんなら、不安で悩んで、暗闇にいる誰かに、懐中電灯で道を照らしてあげる事で、安心して自信が持てる道の方へ案内してあげますよね?彼らの魂は道に迷って、恐れていて、まだ初心者なのです。彼らの行動について考えるのではなく、この世をどのようにしたいかを考えてください!親切心、助け合い、正義、そして分かち合い、世の中の人々が調和して生活し、平和に満ちて愛がある、そんな事を考えて、暗闇にいるソウル達に送りましょう。 親愛なる家族のみなさん、“世界を光輝かせる”事の出来るあなたのパワーを、決して過小評価してはなりません! 質問: “聞いたことですが、教皇フランシスは悪者で彼の親切な態度の下には、イルミナティのために働き、新興ナチ側に立っている裏の姿があるという事です。私はカソリックではないのですが、それを真実と考えることはできません。” それは、真実ではありません。これが真実です:教皇フランシスはイルミナティから酷く敵対されています。というのはイルミナティ最上階級の枢機卿を追放または降格するために最善を尽くしているからです;つまり生贄の儀式を終わらせる為-バチカンは悪魔教の国際本部です;バチカンの不道徳に蓄積された金融資産を貧困層の生活の向上のために役立てる為;大衆を管理するために考案された百年も前にさかのぼる古い教義を終らせる為;彼は宗教の霊的様相の典型になりました-愛、思いやり、共感、謙虚、許し。これら全ては、ルミナティの関心と意志に完全に反対するものです。あと、教皇フランシスがナチに関係があるとすれば、第二次世界大戦中ナチに盗まれて、バチカンの中に隠されてい る芸術作品の宝物を、正規の持ち主に返還したいと願っている点だけです。 質問: “私はマシューがメッセージの中で取り上げられるまで、パラレルワールドや複数の世界が同時に存在し得るという事を知りませんでした。これは何でしょうか、そして何かしらの重要性はあるのですか?” 私たちは地球に関係するこれらの世界に関して、お話をしてきましたが、あなた個人が人生を様々な選択を通して創造していくのと、同様の原理です。そして、それは非常に重要な事であるので関心も高いかと思います。あなたは言わば、ご自分の人生の分岐点で、何か重要な選択をする度に新たなパラレルワールドを開始しています。-例えば、休暇をどう過ごすか、どこの大学に入るか、あなたの才能をある特定の方向に活かすか否か、どんな会社で仕事をするのか、誰と結婚するか、どのくらい稼いでどれだけ貯金するか、居住地を何処に移すか。 例えば良い仕事が二つあって、好きな方を選べたとします。あなたはそれぞれの仕事に就いた場合どうなるかを考えます。そして、どちらがあなたの欲する未来に導いてくれそうなのかを熟考します。あなたは両方にかなりのエネルギーを注ぎ込みます。エネルギーは、破壊する事ができませんので、結果的に“選ばなかった選択肢”の中に注がれたエネルギーも、あなたの決断の前に生じた論理的なコースを辿りつつ、その工程を続けていきます。その工程は、そのあとにあなたが考えた事や持った感情のエネルギーによって更なる方向性と勢いが与えられます。もう一つの仕事に就かなくてよかった、正しい選択をしたのだ、という確信をするような時のことです。もしくは、もしもう一つの仕事の方を選 択していたら、私は海外で働けたし、海外旅行にも行けて、世界についてもっと学べたかもしれない。または、もう一つの仕事はこの仕事のようにストレスが多いのかなぁ、などと考えた時です。あなたが、その“もう一つの仕事”に注いだ全てのエネルギーはあなたの決断の以前と後でパラレルワールドを創り、あなたが生成するエネルギーをそのまま保持します。これは、あなたが出会ってきた全ての岐路における“選択”についても同じ事が言えます。 あなたの創り出したパラレルワールドのどれも、アカシックレコードの中の人生の記録の一部として残る事はありませんが、そうやってあなたが無意識に創造した無数のパラレルワールドが無駄になる事はありません。それは別のシステムに記録され、それはこの生涯においてあなたが選んだカルマの教育課題の助けになる潜在意識として有益に使うことができます。パラレルワールドの応用的な側面は、“未来”の物質的人生において、そこで課題をマスターする事を選ぶのと同じように役立つ事です。そして、その助けがどこに向けられるかについて、混乱が起きることはありません。何故なら、それぞれの魂に特有の記録は宇宙の大衆意識の振動する波動の中にありますが、その魂自身のアカシックレコ ードとそれぞれのパラレルワールドの記録システムに恒久的に繋がっているからです。そして更に、パラレルワールドの記録システムからはエネルギーの流れとして、物質的な人生を経験しているあなたの方に常に絶え間なく流れ込んでいます。 パラレルワールドと実現が可能な世界には二つの大きな違いがあります。一つ目は、実現が可能な世界はあなたの認識の中に完全にありますので、それが実際実現する世界へ進むことができますし、それを確実にする事も出来ます。例えると、あなたが旅行をしようと考えたとします。このことにもっと注意を向けると-何処に行こうか、何時にしようか、そして使える予算はどうなのか-あなたの出発が確実になるまでは、可能性の世界であり、出発すれば実現の世界になります。二番目は、パラレルワールドのエネルギーの流れというのは可能性の世界のよりも、遥かに強いのです。旅をしようかと、ふと頭をよぎっただけで、その弱い流れは漂いながら、似たようなエネルギーのプールに引き付けられる のを待ち、引き付けられた先で方向性を与えられます。 質問: “あなたが言う人間に似たET達は‘特別な力’でその様相を見せているのですか、後で彼らが自らの存在を明らかにする/姿を現す際は、彼らの本当の体に変身するのでしょうか?” ほとんどの人々は、‘私は宇宙から来ました’と言われても、その人たちが他の文明から来たのを信じることは難しいでしょう。なので、最初はみなさんに馴染み深い人間の姿で現れて、その場で自分の故郷の姿に変身/シフトする事で、実際に目の当たりにして頂く形になるかと思います。その後は、その存在たちと働くみなさんが最も居心地が良い形態にすれば良いでしょう。付け加えるとすれば、みなさんが動物や花の姿を受け入れているように、スピリチュアル的に進化するという事は、自分と身体的な見た目の違いを受け入れる事でもあります。 あなたは、地球を訪問する地球外生命体の中には、みなさんと同じ祖先を持っている存在もいるという事を知る機会があるかもしれません。地球を助けている多くの文明の一つのメンバーである女性が言うには、私たちは家族関係にあるという話しでした。かあさん、どうかアグネスが言った事を話してくれますか。 アグネス: 私の文明は、地球の人口を増やす際の初期の種まきにおける一部分に関係しています。私たちはこの大気の中に生きる人間のみなさんをいつも最も大切に思ってきました。そして、それだけでなく、繁殖及び経験を積む為に選ばれたこのパラダイスのようなみなさんの故郷も非常に大切に思っています。それはいつか我々が、栄光に輝き、全てに気付いたあなた方と、再会しようとしていたからですが、そのような再会をする為のお誘いはあなた側からはありませんでした。これはみなさんが恐れ、記憶を失っているからですが、だからといって私たちの関係が変わる訳ではありませんし、私たちの愛と兄弟関係が無くなる訳でもありません。これが、私たちが今この激変の時に何故ここにいるか の説明になったかと思います・・・ 私たちの目的は私たちと同じ起源を持つこれらの魂たちと再会する事です。神の下では、ここにいるすべての魂が貴重な存在です。それで私たちは一つの魂を侮辱したり、又は別の魂を独裁者のように勝手にはさせません。それは地球上の一つの家族が、いとこや叔母や叔父を呼び寄せ、全員が祖父母の家で同じ屋根の下で再会するようなものです。これはごく自然な選択であり、道路の向こう側の通りすがりの人々をすべて招待しなければならないと感じる必要がないはずです。そう、それは私たちの使命と目的です。つまり神の使命と目的であり、あらゆる意味で、常にそうあり続けます。【これらは私が 1994 年に受けとった「アグネス」章の抜粋で、新しい時代の啓示です】 ありがとう、おかあさん、愛する姉妹や兄弟たちへ。私たちはあなたがたと共にいます。無条件の愛と喜びのスピリットで宗教的なお祝いの祝福の季節の間、高揚した音楽で、 そして家族と友達と一緒にお祝いします。祝福に溢れ、慈悲深い出来事に対する興奮、平和な気持ちで新年を感謝で迎えてください-世界の平和は、みなさんの心の内の平和から始まります。 _________________________ LOVE and PEACE Suzanne Ward Website: The Matthew Books Email: suzy@matthewbooks.com 和訳:A.A

マシュー君のメッセージ・・・2013年9月2日  シリア

マシュー君のメッセージ・・・2013年9月2日  シリア http://www.matthewbooks.com/mm/anmviewer.asp?a=169&z=2 September 2, 2013 Mattew's message: Syria このステーションにいる全てのソウルから愛のご挨拶を送ります。以前、地球は、個人の挙動をポジティブとネガティブの両極端の間で動かすエネルギーの中にいると、言ったことがあります。次元上昇の旅の中でのこの地点に至る道に沿って、人々がその思考と感情に作用している緊急性の感覚の上昇に対応しているので、世界的な不安が増しています。 それが、いわゆるアラブの春の背後にある動機でしたし、シリアの内戦を世界の中央舞台に押し上げたことです。この国の中の私たちの兄弟、姉妹たちがお互いに争っているということが私たちに、つまりあなた方に、数百万の難民のの虐殺や苦境によって動かされない人はいないといことを物語っています。この恐ろしいばかりの比率という人道主義的な状況は大きい矛盾を引き起こしています。それは、他の国が加入しなければならない道義上の理由があるのか、と言うことです。介入によって国際戦争にまで発展するのでしょうか? 踏み込むだけの軍事力を持っている政府は、内部事情は前進の傾向にありますが、人々は戦争に飽き飽きしていることに気づいています。リーダーたちは行動に対する抑制は彼らの考慮を遥かにしのぐもであり、あるいはシリアにおける闘争が外見を凌駕していて、世界中の全ての人たちがこのエネルギーの流れに影響を受けるることを知らないでいます。 これは冷静に過ぎるように響くかもしれませんが、この戦争はずっと以前のエネルギーセットの結果であり、この流れの中に突入してゆくのは化学兵器の使用が非良心的であっても、必然なのです。私たちはこの狂気を容赦はしません。私たちはこの戦争における双方が費やしている大きいエネルギーは阻止されなければならず、そのモーメントは解消されるので、戦闘は停止され、そのエネルギーのコースから外れてゆく、と言っているのです。 このような許しがたい状況にあって、”あなた方の世界は罪の無い人々を殺害する化学兵器によって恐ろしいものになっていますが、地球上でこのようなことは二度と起きないだろう。”との銀メッキで飾れるのです。 エネルギーは、それが与えられた方向へと動いてゆくので、日々のシリアの状況を分析するか、これやあれやのグループによって誰に何が行われたのかを推測して、エネルギーを拡張してゆくには、有利ではありません。シリアの人々と世界に遥かに旨く役立つことは、悲しみにくれる人たち、交渉を通じてもたらされる平和、役割に加わっている異なるグループの調停に対する祈りのエネルギーです。 親愛なる地球のファミリーの一人一人に無条件の愛を送ります。 愛、平和、スザンヌ・ウオード 翻訳 Taki 

マシュー君のメッセージ 2013年6月11日

マシュー君のメッセージ 2013年6月11日 http://www.matthewbooks.com/mm/anmviewer.asp?a=164&z=2 Matthew Message, June 11, 2013 このステーションにいる全てのソウルから愛のご挨拶を申し上げます。こちらはマシューです。読者が最大の関心を示している問題に取り組んでいるので、二元性のスペクトルのネガティブな終末が頂点達しており、そのエネルギーは、一旦動き出すと、そのコースを走破することに留意してください。世界には、暴力的な傾向を持って、暴力を振るうようにとの、統一のない行動、あるいはリーダーに強いられた行動による、強い促しに従い、世界中の種々の状況の中でエネルギーを発散させる個人の組み合わせが見られます。 表面的には、公園を保全しようとしているトルコにおける混乱は、CIAの”秘密作戦”によって引き起こされたもので、スンニ派とシーア派の間の紛争を〓き立て、戦争に至らしめようとの狙いを持っています。世界の他のすべての国と同じく、トルコは全ての市民を満足させる政策をとっていませんが、経済的には健全で、進歩的であり、イルミナティが破壊を希望している国です。イルミナティの世界的ネットワークは亀裂を生じていますが、いくらかの頂点にいる者たちは中東全体を掌握し、残りの世界も支配下におさめるとの妄想に陥っています。このようなことは起きようもないことは確かですが、トルコの騒動が間もなく落ち着いたときに、改革が行われ、この国は更なる強化の方向に進むでしょう。 人々が専横な、あるいは王朝系の支配者を追い出した中東諸国では、自由が得られてはいますが、リーダーシップと統治について混乱が見られます。いずれはそれぞれの国の中で合意が得られ一種の民主的な統治が行われるようになるでしょう。 シリアは共通点のないグループがアサド政権と戦っており、彼らの目的は同じでも、グループ毎に、いわば、もくろみが異なっています。勝利が得られたときには、常識と智恵が支配的になるまでは、グループの中で最も激しい者たちが先導する激しい衝突の時が来るでしょう。その後、連合が形成され、この国は平和的な安定に向けて動くでしょう。 中国の関心は、”米国を経済的に征服すること”にあるのではなく、その深刻な内部問題の処理にあります。経済的に言えば、世界の主要国の中で、中国と米国は最大の内部問題を抱えています。 はっきり言えば、その権威主義的な性状によって、中国政府はその問題分野の解決の為に動いていますが、外交政策にはねじれが見られ、米国の行動は、問題分野においても比較的安定しています。 次の話題は、多くの読者が持っている疑問に触れる意味で適当な問題です。つまり、オバマ大統領はどうして国家安全保障局(NSA)による市民の電話やインターネット記録からのデータ収集を擁護しているのでしょうか?彼は何故、モンサント保護法に署名したのでしょうか?議会の行動は世間に知られていますが、閉じられたドアの向こう側で何が進行しているかは知られていませんので、私たちがこの二つの疑問に関連することをお話しましょう。 オバマ大統領は、ジョージ・W・ブッシュ政権時代に成立した愛国者法によって正当化されている、多くのテロリストによる計画を発見し、事前回避するためのNSAのデータ収集を擁護しています。大統領が言えなかったことは、そしてブッシュが決して行わなかったことは、イルミナティの支配下にあるCIAによる最も激しいテロ攻撃を失敗に終わらせ、より小さい企ても事前に回避した、と言うことです。 まして、ETがこの国のNSAや他の部局、及び他のいくつかの国の内部で働いていることを、オバマ大統領が言うことは出来ません。彼らは世界中のイルミナティの活動に関する情報を収集、分析していて、それを用いてイルミナティの作戦を弱体化させ、訴追の為の証拠を得ているのです。 これが旨く行って、イルミナティの時代を終わらせることが出来れば、愛国者法も国内安全保障局も終わりになるでしょう。 モンサント保護法に関しては、イルミナティの代弁者が、大統領に、もし彼が賛成に回っても、議会は無効にするだろう、と言ったのです。さらに、彼らは健康管理法否決の為の努力を強化し、移民問題を緩和する法の成立を妨害し、交戦による闘争ではなく、合理的な話し合いによる国際紛争の解決の試みを排除する、と言ったのです。 これが、現実の理由であり、オバマは法案に表向きは署名しましたが、イルミナティ一派が知らない局面があります。彼らの脅迫にも関わらず、大統領は法案には署名しませんでした。彼に近いETが署名しないように忠告したからです。彼らの高度な支援では、市民のこの陰険な法案に対する怒りがその無効化に向けての動機付けを必然のものとするということでした。人々は彼らの権利と責任を実行に移し、選挙で選ばれた役人に頑固な連携を終わらせ、ロビイストのお金による投票支配を終わらせ、国の最善の利益に役立つようにさせなければなりません。 これはどう見ても米国だけのことではありません!地球の黄金時代とソウルの進化にとってのまさに心臓なのですから、どの国の政府も人々のニーズに応え始めなければなりません。 以前のメッセージで述べたように、地球の住民は面積比で四倍も密度が高すぎますが、多くの人は、意識的又はスピリチュアルにこの密度に達していません。地球の次元上昇があらかじめ運命付けられているように、地球の黄金時代もそうですが、あなた方の線形の時間での時代が栄光の全開まで花咲く時は、人々の集合的な想念、感情、及び行動に依存します。社会の意識とスピリチュアルな気づきの進歩を助けるためには、あなた方の光が如何に大いに必要とされるかは、強く強調しすぎることはありません。 宇宙の引き寄せの法則は、進歩の基本的な部分です。統治システムの不正や極悪な活動に対する不満に集中することによって、住民が終わらせたいと願う状況の延長をさせるエネルギーを送っているのです。人々は実現したいと願うことに集中することによって、それを実現するエネルギーを生成することを知る必要があります。人々は全ての源からの情報を自分に尋ねて、何が事実か、作り話か、真実又は偽であるかを峻別する必要があります。 2008年の米国の選挙以前にバラク・オバマについて始めて、彼が大統領に選出されるだろうと、お話をしました。それ以来、私たちは彼について何度となくお話をしましたが、この中には2012年の選挙前に、彼がオフィスに残り、それが何故であるか、も含みます。オバマに関する私たちのメッセージの発信の都度、私の母親には、いくつかのメールが寄せられました。これは、民主党のイデオロギーの主唱者が私たちの彼についてのメッセージを激しく非難するもので、オバマの支持者達は、彼が直面する恐ろしい反対に打ち勝つことが出来るかどうかを知りたがりました。あるものは、”彼はまだ光に満ちた存在なのか?”というものです。そう、彼は光に満ちています。 それについて少し付け加えたいと思いますが、それよりもまず、幾世代にも亘る地球の人たちを戦争の恐ろしいまでの死者数と破壊にさらし、膨大な富の非良心的で一方的な配分をしたのは、政治であることを言いたいと思います。私たちは宗教が果たした役割について見逃すことはなく、信者達を戦場に駆り立てるのは、教会と国を支配している者たちなのです。 世界の政治システムの基礎は、長い間、征服の狂気と流血、腐敗、及び欺瞞でした。やがて、それは地球上の生命そのものが危険にさらされる大規模なネガティビティーを作り出しました。あなた方の惑星を形成しているガイアは自分の体とその上のあらゆる生命体の死を望んではいませんでした。 こうして、ガイアの要請と神の祝福に応じて、はるか遠くの文明の者たちがこの惑星に生命を救う光を持ってやってきて、宇宙の最高評議会は、地球の黄金時代として知られる新しい時代の為のマスタープランを作り出しました。彼らは、高度に進化した文明からのある一人のソウルに、最も困難な仕事である、世界の政治を変革させる役割である、米国の大統領職に就くように要請しました。 そうです、バラク・オバマは、この国おける不正を正し、世界に平和をもたらす先駆者になるミッションを引き受けた時以来、絶対的に光で満たされています。彼が大統領の執務室に入って以来、世界中の生活に衝撃を与えるあらゆることを支配しているイルミナティのネットワークを解体しようと、舞台裏で熱意をこめて働いてきました。彼の努力をむなしいものにさせ、あるいは完全に目的からそらせようとするイルミナティの力は恐ろしいものであり、大いに成功を収めましたが、議会内部、及び議会を超越した影響が薄れる時には、オバマについての私たちのメッセージの真実性を見せてあげましょう。 さて、ネガティブティーな話題を天候と地球物理的なイベントに移しましょう。あなた方はこれを変化の証拠であるとは考えていなかったかもしれません。地球の生命を救った強烈な光は、地球に多くの死者と破壊をもたらした、強力な地震、火山噴火、及び激しい嵐を通じてネガティビティーを解消し始める強さを与えました。 最後の古いネガティビティーはほぼ六ヶ月前に解消されましたが、それによって地球は第四密度に入ることが出来ました。暴力の続行による新しいネガティビティーは、あったとしてもわずかな死者数又は土地の破壊しか起こさなかった一連の地震を通じて解消されましたが、同じことは火山噴火についても言うことが出来ます。ある地域における激しい降雨、山火事、その他を通じて、より多くのネガティビティーが解消されました。水と火は、自然の洗浄剤なのです。 二度と再びこの惑星上にはネガティビティーははびこらないでしょうし、予言されていた天災も起きないでしょう。長い間地球を覆っていた闇は消え去りましたが、目覚めに至らない者の解消作業は、暴力がなくなる点に達するまでは続くでしょう。地球はそこには来週、あるいは来月までに達しようとは思っていませんが、地球の内、外、及び地球外の光の勢力に支援されて、この宇宙でも独特の速度で進んでおり、この道に沿って、暴力は低減し、嵐、地震、火山活動も同じく低減するでしょう。 さて、読者が質問してきている別の話題に移るとして、数年前に日本で損傷を受けた原子力設備からの放射能の放散は、新たな健康被害が発生しない程度にまで無害化されました。やがては、全ての原子力発電プラントや、蓄積された廃棄物及びそのほかの毒性のある公害は技術的に非物質化されるでしょう。ところで、宇宙船の乗員は、使用中の核設備の防護をするために船上にある技術を利用しています。 核兵器を軽率に作動させようとする国や、急いで開発し、又は購入しようとしている国については、これから先の発射は不可能です。創造主の指令と神の承認によって、意図的あるいは偶然の核攻撃の防止能力を持つ文明は引き続きそうするでしょう。 ビルダーバーグ会議の間、イルミナティはどの程度長い間、世界中の銀行、貸付、投資を支配できるのかについてのますます深まる心配をほとんど偽装できませんでした。彼らには、資産を手付かずのままで残しておける手段をほとんど失いました。以前お話したように、NSAの内外の個人は、イルミナティがこれらの資産を不法に、非倫理的に取得した証拠を収集してきましたが、密封したケースに入れられた全ての証拠文書が各地の裁判所に届けられ、正当な裁きが下されるまでは、資金はイルミナティの手にあります。 カナダの国防相が地球外文明の存在を認めたと聞くのは喜びの至りです!これが着陸とあなた方の間にすんでいるETが姿を現せる時にどの程度影響するかはまだわかりません。お母さん、どうか、ハットンのこれに関する質問への回答を挿入してください。 ”この認知には励まされますが、それは、明日着陸するまでには十分ではありません。私たちが聞いたことは、家を建てるには順序良くしなければならないということです。誰も自分だけでそうはできません。それが私たちがここにいる理由なのです。 スージー、友よ、私たちは世界を乗っ取ろうというのではありませんが、ほとんどの人たちはそのように思っています。彼らは私たちがものめずらしいのに、私たちの着陸が人々の助けになるとは思っていません。彼らは、私たちが何世紀にも亘って地球の為にしてきたことについてヒントを持っていません。人々は、何故ETは私たちに興味があるのか、と思っているようです。 人々が、事態が良い方向に向かって進んでいると見て、確かに変化していると感じる時、見知らぬ者が降りてきても疑うことはないかもしれません。しかし、ETは、友好的に見えるが、あなた方を奴隷化しようとしている、というイルミナティの宣伝がインターネットに出回っています。 いずれにしても、最低線としては、神が担当しています。神は、あなた方が何時私たちを歓迎するようになるのかを知っており、評議会にGOサインを出します。スージー、私たちはあなた方よりもはるかに強く着陸したいと思っているのです。” 有難う、お母さん。”宇宙の恩人”と会える日までの時間を加速するエネルギーを増す短いビデオのリンクアドレスをコピーしてください。このメッセージを世界に広げようとしているグループに励まされます。 http://www.youtube.com/embed/b3RYMb9uoZ0 親愛なる地球のファミリーよ、数十億のソウルがあなた方と同じように、全ての者のニーズが十分に満たされ、指導者達は賢く、名誉を大切にし、生命は自然と調和する平和な世界に住むことを望んでいます。しかし、彼らには、世界をそのようにするためにどのように支援してよいのかが分かりませんので、あなた方が道を示す者として、ここにいるのです。 ハートから生きることによって、周囲の全ての人たちに、彼らとあなた方が望む世界を作り出す方法は愛であることをあなた方が例として示しているのです。永続的な世界平和、喜び、美、親切、相互の尊敬、豊かさ、素晴らしい冒険は既に私たちのものであることを忘れないでください。                                 __________________ 愛、平和、スザンヌ・ウオード suzy@matthewbooks.com

マシュー君のメッセージ 2018年4月15日 

マシュー君のメッセージApril 15, 2018 http://www.galacticchannelings.com/english/matthew16-04-18.html マシューです。私たち全員から愛する皆さんに挨拶をいたします。地球が良い方向に向かっている事が分かるような内容を一覧にして下さった、ある読者に感謝します。彼女は「そんなわけで、私たちが道をそれないようにしてくれたり、楽観できるようにしてくれたり、達成可能な世界に向けて行動を続けられるようにしていただいていることに感謝します」と書いてくれました。楽観的なものの見方は光に満ちていますので、楽観主義というものは社会の進化に重要な役割を持っています。世界を混乱した恐ろしいものとして見ている人々にとって、楽観的な将来は感じにくいでしょう。そういう人たちは、低い波動と高い波動が衝突した結果として混乱が起きるのだが、やがて高い波動が優位に立ち、波 動の高い世の中になるということを知らないのです。現在の言わば「静けさの前の嵐」という状態には目的があり、これから世界中に大きな変化をもたらしてくれるものだということを知らないのです。皆さんはそれを知っていますので、今起きている大きな変化の真相について人々に話すことは、あなたの楽観的な光をその人たちの人生に差し込む為の素晴らしい方法です。 インターネットやある出版物には心温まる話が載せられています。そのような話は皆さんの身近なところにもあります。近くで困っている人たちの生活向上を支援したり、その地域の将来性に向けてのサポートをする団体の数も増加しています。親愛なる皆さん、世界の変化というものは政府が上から少しずつ行うものではなく、皆さんや、皆さんの友人、近所の人たちが始め、そこから大きく広がるものなのです。 「ポジティブなことが起こり始めているというサインがいくつかあります。ところがメディアのニュースをプーチンとその一味がコントロールしたりしています。一体プーチンは何を企んでいるのでしょうか?マシューが、プーチンは闇の秘密組織の一員ではないと言ったことがるのは知っています。でもプーチンは人を殺すことを何とも思っていない冷酷な人です。とても、良い人とは言えません!その点についてマシューにコメントをもらえませんか?」 確かにプーチン大統領は非道徳的なことを何度かしました。でも、イルミナティが共謀を拒否されたことの仕返しとして流布した件のいくつかは、プーチン大統領がしたことではありません。プーチンがしたとかロシアがしたと言われているほとんどの件は彼の手先がしたことです。そのような最近の例としては、他国の選挙への介入とか、イギリスで父と娘に毒が盛られたことです。プーチンが関与を否定したのは正当です。世界の意見ではすべてプーチンがその犯人とされていますが、これはイルミナティが行った判決なのです。人の意見に影響を与え、人々の間の亀裂を悪化させているのはロシアの一味だと言うことで、イルミナティが政治家や腐敗した主流メディアやソーシャルメディアを通じてして いることを、ロシアとその一味の仕業としているのです。 プーチンは冷戦をしたくないし、西側が望んでいる、ロシアとイラン、そしてもしかしたら北朝鮮も含む戦争などことさら望んでいません。でも複数国家による協議がもたらす平和な結果を、西側は何としても防ごうとしています。戦争を起こす事で、配下の会社が製造する兵器が必要になるというばかりでなく、彼らの存在自体を維持する為の暴力と恐怖という低い波動が必要なのです。そのため、イルミナティが自分たちの指示に従わないロシアの大統領に対する嫌がらせが、あたかもプーチンが嫌がらせを行っているかのように話がすり替えられているのです。実際プーチン氏は、世界で起きている様々な悪行を終わらせ、その法的責任を負わせ、世界に平和をもたらすための秘密会議の重要なメンバー の一人なのです。 個人的なアセンションを理解することは大事なことですが、今までのメッセージでお伝えした情報は、さらなる質問を生み出してしまいました。 「私たちの中にガイアとともにアセンションする人がいる一方で、家族の中でアセンションすることを拒否する人がいたら、その人たちに起きる物理的な違いはいったいどんなものでしょうか?私たちはパッとこの世からいなくなるのでしょうか?」 地球と共にアセンションするという事は、誰かが突然いなくなって、家族が戸惑うなどといった状況とは程遠い事です。アセンションとは、この惑星から突然別れを告げて荘厳な物理的な環境に行くというわけではなく、地球での生涯の内に第3の密度から第4の密度に変わるだけなのです。光の吸収が徐々に変化し、光の二つの効果が同時に起こります。ひとつは霊性と意識の成長で、もう一つは炭素を主要元素とした細胞をクリスタル化して、地球がヒーリングするレベルの波動に肉体が耐えられるようになることです。光を吸収する人は、決められた生涯の間地球に残り、その後第4の密度のままニルバーナに行きます。 アセンションをするかしないかは個人が意識的に選択するものではありません。それは魂が契約した内容に、自由意志がどれほど固執するかどうかに関わります。その契約は生まれる前にその人の魂が同意したもので、地球上での一生に大きな影響があります。そのような契約は無償の愛のもとに結ばれ、その契約に関するすべての人たちに成長の機会を与えるものとなっています。 「もしアセンションするはずの人が、第4の密度に達する前に死亡したとしたら、その人のニルバーナでの生き方や再び生まれてくることに何らかの影響はありますか?」 今まで通り同じでしょう。人がエネルギー的に導かれて到達するニルバーナの部分は、その人の生涯に生じた思考や感情、行動によって決まります。その人が行くニルバーナの部位でその人の魂が必要とすることを学ぶことができます。カルマから学ぶべきことをほぼ全部学んだ人は、残り全てをニルバーナで学べます。またそこでは次に生まれるときの人物像の準備ができます。次に生まれるときは地球の「黄金時代」の真盛りかも知れないし、同様に刺激的な一生を他の第4の密度の世界で過ごすかもしれません。 「私たちの愛する人たちがアセンションするかどうかを知ることはできますか?私たち自身もアセンションするかどうかはどのようにしたらわかりますか?」 あなたが愛する人や、ほかのだれもがアセンションるるかどうかを知る方法はありません。その人の行動も、信頼できる手掛かりにはなりません。冷酷な人であっても、冷酷にされる人とする人同士が生まれる前に契約したことを忠実に実行しているだけかもしれません。世に広く知られた慈善家も、不当な方法で蓄財し、名声と称賛が欲しいだけで寄付をしているのかもしれません。だから私たちが送る光からのメッセージでも、「人の批判をするな」と伝えているのです。寿命の長さもアセンションに全く関係ありません。短い人生でも魂は急成長し意識のレベルも高まりますし、100歳を超えた人でも、魂や意識の成長がまるでない人もいます。 あなたたち自身のアセンションに向けた進展を知ることに関しては、ご自身の人生や他人の人生に対して、自分の判断がどのような影響を与えてきただろうかと振り返ってみた際に、どの程度、真の平穏を感じたり、心がさわやかになったかによって、それがあなたの進展度合いを示しています。でも何かミスをしたしたからアセンションできないなんて決して思わないでください!ミスのない完璧な人生を目指すことは尊敬に値はしますが、完全さというものは創造主の純粋な愛の光のエッセンスにしか存在しません。 「マシュー君、悟りを開いたソウルたちは第二の地球とか別の次元に上昇し、悟れない人は苦難を耐え続けると、よく言われています。これについての意見を聞かせてください、その時期についてもお願いします」 悟りを開いた人たちが行く第二の地球なんて存在しません。でも、地球とともに進んでいく、より波動の高い次元は存在します。そして、人は契約した人生を終えた後で、悟りの程度に応じたニルバーナの部位に行きます。 「悟れなかった人」例えば、誰にでも与えられる光を、常に拒否してきた人たちは、ニルバーナで、送ってきた人生を審査され、契約から大きく外れたことがわかったら「苦難を耐える」ことになります。進化するために必要な、バランスが取れた経験をすることは、全ての魂が肉体を持った生涯で選択し目標とするものなのです。これには別な要素も関係しています。ニルバーナも地球とともにアセンションしてます。地球がクリスタル化された細胞でなければ生存できない波動のレベルに達したときに、魂は第3の密度の文明の霊界に移行し、その文明の一員として生まれていく準備をすることになります。 個人のアセンションの時期は魂によって異なります。個々の違いは大きいので、アセンションの時期を推し量るのは賢いことではありません。さらに言うと、魂にはアセンションをしようとしたり、アセンションに向かった道で進歩を遂げる機会は無数にあるばかりでなく、先例のない今の地球の状況でさらなる機会も存在します。それは契約の延長を魂のレベルで申請できることです。契約延長の申請は、多くの人の生まれる前の契約に影響を及ぼすので,申請の承諾や却下は全員一致でなければいけません。時間を延長することによって、その人のアセンションへの進展が進むと判断された場合は申請が承諾されます。 アセンションの時期について言うと、10年続いた、社会の発展の遅れが終わったので、人々は覚醒し、世界で起きている「愛の革命」に参加しています。愛の持つ無類のパワーが平和な世界を創るカギなのです。そして自然と調和のとれた社会や、愛がにじみ出た様々なものが、新たに来た人たちを光で照らすと同時に、昔からのライトワーカーたちにその任務を再認識させるのに役立っています。(2,012年5月1日のメッセージに光の愛に関する詳細な記述があり、2015年5月23日にはその一部の記述あり) 「地球や人のアセンションについて何も聞いたことがない人はどうなるのでしょうか?」 地球に住む75億人の人たちでアセンションについて聞いたことがある人はほんの一握りの人たちだけです。大勢の人たちが知らなくても、軽いエネルギーの領域へと向かう地球のアセンションは続きます。そして地球で神のような人生を送っている人たちは、アセンションのことを知らなくてもアセンションの道を進んでいます。アセンションを知っているかどうかという話は、人の顕在意識でのことです。人はみんな魂のレベルでは地球のアセンションを知っています。魂のレベルでは、各個人は自分が進化をしているかいないかを知っています。遅かれ早かれ、人は皆、地球や個人のアセンションについて顕在意識でも知ることになります。 私たちの前回のメッセージで、アメリカの全米ライフル協会はイルミナティによって創設されたことを伝えました。そのことを正確に説明をしますと、地域レベル、国家レベル、国際レベルで建設的な目的をもって創設された銃器の団体はいくつかあり、全米ライフル協会もそのうちの一つです。でもイルミナティはよからぬ目的をもって参入し、協会を腐敗させたのです。彼らは他の有益な開発事業でも同様な工作をしました。その主な分野はワクチン関連、農業方法、情報源、ITなどです。イルミナティが、どのような分野で支配することに成功したとしても、その影響は直ちに解消されます。闇の意図の持つ低い波動は、地球が到達しようとしている強い光の中では生き残れないのです。 「私たちのグループ内で韓国でのオリンピックに関して、意見の相違があります。マシュー君の側から見た意見を聞かせていただけたらありがたいのですが?」 喜んで意見を述べさせてもらいます。参加国の人たちが到着し、そこを去るまでの期間、平昌から発せられているエネルギーは大量のダイヤモンドから出ている光のように輝いていました。その輝きは、素晴らしい選手たちの参加の感動や、メダルを勝ち取った喜び、対戦相手への尊敬の念、開会式や閉会式で見た感動的なパフォーマンス、会場やテレビで観戦した人たちが競技とエネルギー的につながった称賛と感動、そうしたものからから出た高い波動の結果でした。 このオリンピックでもそうでしたが、今までのオリンピックでも気になるのは、オリンピックには多額の資金が必要だということで、そんな大金はもっと一般市民全体に恩恵が行くようなことに使った方がよかったのでは、という思いがあることも認識しています。でも、オリンピック開催地に選ばれたというプライドや自国出身の素晴らしい選手を誇る気持ち、それに開会式や閉会式の見事さからくるプライドを持てるということがあるので、開催を考える価値はあると思います。特に今年のオリンピックでは、閉会後にも特徴的なことがありました。これまで開催されたオリンピックのエネルギーが宇宙にある中性のプールにゆっくり流れ込んでいったのです。平昌で発生したエネルギーが、地球の歴史で 最も強い光と合流したのです。 親愛なる家族の皆さん、宇宙の光の存在体たちは、地球に住む人たちを常にサポートをし続ける皆さんに敬意を表します。そして私たちはそのような皆さんを無償の愛の力をもってサポートします。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 愛と平和 スザンヌ・ウォード 翻訳:誉田

マシュー君のメッセージ・・・2013年5月12日

マシュー君のメッセージ・・・2013年5月12日 http://www.matthewbooks.com/mm/anmviewer.asp?a=163&z=2 Message from Matthew -- May 12, 2013 このステーションにいる全てのソウルから愛のご挨拶をお送りします。こちらはマシューです。暴力が依然として世界にはびこっている時に四次元の中にいる地球と言う存在についてあなた方が誇りに思うのは難しく、どこに約束されている黄金時代があるのかをいぶかるのは良く分かります。 地球が、ほぼ六ヶ月以前に第四密度の安全な場所に入った時に、地球は、黄金時代への閾を越えましたが、多くの住民たちはそのスピリチュアルな気づきの密度には到達していません。ですから、あなた方が平和的な世界への進歩がほとんど見られないことによって落胆するとしても、それは理解できることです。 そうです、私たちはこれらの感情について以前申し上げたことがありますが、今でも批判なしにその通りです。あなた方がすることだけを見れば、本当に同じように感じますが、私たちはこの例外的に有利な地点から地球を眺められるという決定的な有利さを持っています。 たったの七十数年以前の地球の次元上昇の始まりにおける条件と比較すると、今日の世界には驚くべき差が見られます。昔のエネルギーポータルが再び開き、入来する光がこの惑星全体に定着しているのが見られます。地球がより高い振動へと移行し続けているので、ソウルの覚醒の光の数多くのきらめきが見られ、黄金時代のあらゆる栄光が既成事実になっているのが見られます。 あなた方は励ましを感じるだけでなく、この全てを見られるとしたら歓喜に酔うことでしょうが、私たちはこれを大いに望んでいます。しかしあなた方はそうはできないので、この瞬間に起きたこと、これから起きることについての私たちの知識であなた方が感じるかもしれない落胆を払いのけさせ、その低い振動であなた方の光を曇らせないようにしてください。あなた方の光の中での着実な歩みはいままでそうであったようにあなた方個人にとっても社会にとっても非常に重要であり、あなた方は、新しく目覚めるソウルの探求者たちに対しての道を示す者なのです。 暴力の広がりは、闇がいまだに地球を掌握していることの証拠ではないでしょうか?手短に言えば、このことはある読者が私の母親に書いてよこしたことですが、これらの読者の関心は他のライトワーカーも共有しています。この惑星を数千年の間取り囲んでいた闇は、地球が第三密度から離れた時に解消されました。 地球が確実に第四密度に存在しているのに、何故暴力が広まっているのかを説明するために、私たちは少しあなた方の時間枠を遡ります。次元上昇の道筋に沿って、地球は多くのエネルギーレベルを通過し、少し前には、あらゆる特性と挙動を増幅し始めるレベルに達しました。二元性の反対側の末端が強化されたので、人間の最善を反映する行動が増しましたが、最悪を反映する行動についても同じように増しています。 二元性はその頂点にあり、誰もが自分の中で増幅された声に反応しています。つまり暴力傾向にある人は暴力的に行動するような衝動の高まりに従っているのです。 しかし、あらゆる事がそのように見えるわけではありません。イルミナティに支配されているCIAの分派はいまだに活発なテロを行っていて、時には、知らず知らずに、犯人を捕らえるよりも扇動してしまう法務執行官を巻き込んでいます。まだ残っている、いくらかのイルミナティがプログラムしたマインドコントロールを仕込まれた者を使いまわすことに加えて、この分派は、テロリストの活動だと矛先を向ける、それらしい人物のリストを持っています。彼らは選び抜いた事実の周辺にまことしやかな基礎をでっち上げ、この物語をメディアに流します。 ボストンマラソンにおける爆破は彼らCIAの手仕事です。爆破犯だといわれている二人の兄弟は、この分派が必要としていた、この場合にぴったり合った者たちだったのです。彼らはこの若者たちが簡単な爆弾の組み立て方に関心があることを知り、彼らの急進的な宗教的確信と、兄のチェチェンとダゲスタンでの数ヶ月を結びつけ、大衆が信じる可能性が高い容疑者を作り上げたのです。 暴力的な事件がいまだに地球上での暮らしの一部になっている事はあなた方にとっても私たちにとっても悲しいことです。このような事件は愛する者を失ったり、重症を負ったりする経験をする全ての人たちにとって実に悲劇的です。失われた者たちが、暮らしが活発で、広がりを持ち、喜びに満ちていて、全てのもののワンネスの一部であるニルバーナに入ったことを、悲しみにくれている家族が知るように切に望みます。 主流メディアがテロリストの行動とそのほかの憎むべき犯罪の攻撃的な報道をしていますが、恐れのエネルギーは消散しつつあります。ソウルレベルでは、全ての人は、数年以前と比較するとこの惑星が数百倍も毒性の軽減を達成したことを知っていて、エネルギーの高まりが地球をますます高い振動へと移行させ続けたので、この知識は意識の中に浸透し始めました。以前はメディアの恐れを書きたてる報道に深い影響を受けていた人たちが今はもうそれに対して敏感ではなくなっています。 シリアの内戦が導くところについての正当な考え方がある一方又、戦略的な奇妙な噂があります。本格的な世界戦争はもう起こらないでしょうし、核兵器を使おうとのたくらみは旨く行かないでしょう。結局、シリアにおける自由の戦士たちは勝利を収め、専制支配者たちが市民に追い出されたほかの国と同様に、この国も又、社会とリーダーシップの安定性を得るまでに不安定な時期を通過することになるでしょう。 イスラエルの執拗な闘争は、もう一つのイルミナティの絶望グループであるシオニストのたくらみです。シオニストは自分の征服という関心だけの為に動いています。彼らが信じたいこととは逆に、シオニスト運動は、イスラエル又は世界中のユダヤ人の意思を代表してはいません。やがては、この運動は以前の堅固な同盟でさえ好意をなくし、信用と影響を完全に失うでしょう。 多くのソウルが法的、健康管理、教育、経済及び政治の質を否定され、不公正な法律、監視方法、及びそのほかの活動があなた方のプライバシーを犯し、自由を削いでいます。ケミトレールは依然として、ある地域の空を覆い、そのほかの空気、水、及び土壌の公害が続いており、森林の破壊、海洋動物、地上動物の虐待等々も同じです。 政府はこれらの分野や、他の有害な状況の改革要求をこれ以上無視できなくなります。世界中の人々の活動と草の根運動から良い変化が立ち上がり、急速にその数と効果を増すでしょう。全ての既存の、あるいは審議中の地球上の生命に負の衝撃を与える法律、政策、制約、製品、及びシステムがますます多くの反対を受けるようになるでしょう。 独立した出版物、インターネットサイト、テレビのドキュメンタリー、及びインタビューで報道されるポジティブな発展の点をつなぎ合わせる人々は感動的です。最近の国際的な問題での点は米国に見られました。メディアの代表と幾人かの前議員たちによる知的地球外生命体の明白な証拠に関する会議が開催されました。(4月29日から5月3日まで、ワシントンのプレスクラブで階差愛されたUFOデスクロージャーに関する市民公聴会) 12年前にこのグループは同じ目的で同じことを試みました。この短い会合は、政府は言うに及ばず、メディアに完全に無視されましたが、この五日間の公聴会も世界中のトップニュースからははずされました。この公聴会はある新聞が取り上げ、多くのインターネットサイトに投稿されました。 しかし、この一週間に亘るイベントははるかに大きい意味を示しました。イルミナティの最後の拠点である米国における彼らの影響は顕著に弱まったので、彼らはこの公聴会の開催を阻止できませんでした。あなた方の政府は私たちファミリーの存在をこれ以上隠蔽し続けることは出来ませんが、どうか、今地球に住んでいたり、来週着陸する乗員との握手を期待しないようにしてください。宇宙のほかの文明の存在、あるいはおそらくは、存在の可能性についての公式声明は、慎重な大いなる段階であり、告知計画に関係していたあなた方の指導者たちは依然として人々が何時これを聞く用意が出来るかについて議論をしています。 これらの指導者たちは、決定が彼らによってなされるものではないことを知りません。天の無限に大きい智恵のなかで、神は、何時宇宙の最高評議会にゴーサインを出すべきかを知り、この惑星を取り囲んでいる数千の乗員たちがあなた方に面会することになるでしょう。彼らはあなた方の科学者たちが何年も前に開発したのに、イルミナティによって隠蔽されていた技術に自分たちの技術を加えますが、彼らの支援の必要がなくなった時には、これらのファミリーメンバーたちはふるさとに帰還します。 多くのライトワーカーが共有するもう一つの関心事について述べるのに、この場はちょうど良いようです。大量着陸が起きなかったという事実は、宇宙ファミリーの中の善意の者たちがあなた方とその文明を放棄し、今のように奴隷状態にしたままにする、と言う意味ではありません。上空に滞在している者は光の戦士だけであり、彼らはあなた方にとって非常に必要とされることに役立っています。 宇宙船上の技術は大気中の公害を低減し、戦争兵器を不能にし、大規模なテロリストのたくらみを防止し、光を海洋生物の生命維持に向け、地球に害を与える可能性がある宇宙に存在するあらゆる小物質を爆破又は蒸発させる支援をします。大きく強力な複数の文明が遠くからこの惑星に向けて光を照射していますし、あなた方と共にそこにいて影響を与えようとしているETは改革の努力を推進しています。 進められている議論が無益であるもう一つの分野についてお話をさせてください。人間の意図的な軽視、無視、否定による”地球温暖化”は絶対的に真実ですが、極地の氷の溶解、記録的な極端な気温、及びそのほかの天候異常は、地球全体の穏やかな気候の回復への段階なのであり、かつてこの惑星全体が”エデンの園”であった時のあり方への復帰の段階なのです。 スキーヤーや冬季スポーツの愛好者たちは雪に覆われた山がなくなると悩む必要はありません。雪がなくなるようなことがないことは確かなことです。地球の壮大な山岳地帯や、ダイナミックな隆起と強力な水の力で形成された峡谷はこの惑星の形成の初期にできましたが、これらの自然美の壮大さはあなた方も地球をも喜ばせています。 おかあさん、読者はニルバーナにいるソウルからの気候についてのメッセージの一部を楽しみにしていると思います。このメッセージと、彼女のあなたとの最近の短い会話を挿入してください。 この時点での私の役割は天候異常やその大気への影響の緩和の機構に関する研究です。ここで、私たちとは、あなた方と私たちのことをさします。私たちはあなた方と大きく変わっているところはありませんし、更に、私たちのあなた方との関係は非常に近いので、私たちは多くの点であなた方と同じです。私たちの密度は軽いので、それに対応する天候も軽いのですが、それでも私たちとあなた方の天候について研究を進めています。 ほとんど信じがたいほど奇妙でしょうが、私にとって最も話しやすい方法があります。それはここでお話をしている方法とは少し違いますが、私が私たちの言い方をした時には、私が何を言っているかわからないことでしょう。このプロセスについては、同じ意味を表す言い方、あるいは同じような表現がありません。すぐには助けられませんが、長い目で見れば、私がしていることは良い差を生じることになるでしょう。 私は地球の風を利用したり、大きい嵐の時に傘の役割を果たすことは出来ません。私はエネルギーが集中して爆発するのではなく、分散できるようにエネルギーを閉じ込める方法を研究しています。私は言い方としてエネルギーを分散させ、速度を鈍らせ、長い間居座ってやがてハリケーンやトルネードにさせないようにする、と言っておけばよかったと思います。 この研究が効果を示すようになるまでには少し時間がかかります。意味を生じるまでにはまだ多くのことを成し遂げなければなりません。洗浄、浄化、光の増加、地球のネガティビティー負荷の軽減、次元上昇プロセス、などですか、それは皆、同じ目的に向けられます。つまり、多くの地球物理学的な活動がまだまだ之から先にかなり大きい被害を伴って起きるでしょう。 これから逃れる手段はありません。エネルギーはエネルギーであり、”邪魔だからあっちへいっといで”とは言えません。雨が必要な時には雨が十分なだけ降り、振り終わったら次に必要になるまで、どこかに行ってしまう、と言うような処置が取れるまで研究を進めています。リズム、パターンも設定できるようにしたいものです。 上空の乗員たちはいらいらしています。彼らは何年間も着陸をし、あなた方を助け技術を利用するための用意を済ませて待っています。あなた方は自分たち自身の技術を開発済みであり、ほんのわずかな数の人たちだけがこれと、自分たちに出来ることを知っていますが、ETの技術が到来するまで待っていてください。 又、天候と自然災害について二、三言わせてください。長年に亘って天候と自然災害は、イルミナティが支配していた技術の組み合わせによって作られて来ました。そう、それは今急速に終わろうとしています。実際に、既に大幅に低減しており、これらのいずれもがすばらしいものではなく、インターネットで噂が飛び交っている天災的な隆起は必ず起きるでしょう。栄光の世界、地球の黄金時代のみに注目し、大変化を恐れないでください。それらは全ての者の善のために起きるのですから。 グレースよ、天候と将来についてはどうなるのでしょう? 素晴らしくなりますよ!私たち全ては地球が全てのネガティビティーを排除した時に主眼を置いています。その時には、私たちは地球の選択に基づいて、あらゆるところで温和な天候が見られるようにします。砂漠が緑の菜園になるまでには長い時間はかからないでしょう。 有難う、お母さん。さて、親愛なる地球のファミリーよ、あなた方は、ニルバーナで人々があなた方に愛のビームを追っている以上のことをしていることが分かるでしょう。あなた方がスピリットの世界で暮らしている者たちが実行できることを想像もしたことがない方法で彼らは役に立っているのです。 多くの国は、この日に母親たちを讃えていますし、全ての国は何がしかの方法で大きい貢献をした個人を讃える特別な日を設定しています。毎日を神の家族としてこの宇宙の中の自分と他のすべてのソウルを讃える時が来たら、何とうれしいことではないでしょうか。 愛、平和を! スザンヌ・ウオード suzy@matthewbooks.com 翻訳 Taki  

マシュー、アシュター・・・2014年3月20日 マレーシア飛行機

マシュー、アシュター・・・2014年3月20日 マレーシア飛行機 http://infiniteshift.wordpress.com Message from Matthew and Ashtar via Suzy Ward: March 20, 2014 〓 Missing  Malaysian Airlines Plane 〓 Golden Age of Gaia このステーションにいる全てのソウルから愛のご挨拶をお送りします、こちらはマシューであり、今は私だけでお話をします。マレーシア飛行の飛行機が行方不明になったとき、私は別の銀河である文明の支援をしていて、三日後になって、母がそれについて聞き、私に何か知っているか、と聞いてくるまで、このイベントについて何も知りませんでした。 それから、私はその飛行機が行方不明になったその日にニルバーナに飛行機が到着する直前に飛行機の中に三人の人がいたということを調べた仲間と連絡を取りました。私の同僚は記録からはこれらの人たちがソウル契約に基づく自然死だということが示されていると言いました。彼はこの人達が問題の飛行機に搭乗していたのかどうか確証出来ませんでした。 それ以来、責任と家族の訪問とが母の考えを占め、それに時間を費やすようになり、今日、私が確認出来る情報を持っているかどうかを尋ねてきた時に、私はイエス、と答えましたが、母が直接アシュターからそれを受け取る方が良いと思いました。 お母さん、彼はあなたとの話を待っています。 スージー:アシュターさんハロー。マシューが言うには、あなたが行方不明の飛行機に付いての情報を持っているとの事です。私がマシューからあなたが言ったことを間接的に聞く代わりに、彼はあなたから直接情報を受け取らせたいようです。 アシュター:そうです、スージー。私は知っています。私たちが話しをしてからだいぶ時間が経ったので、私は一緒にお話出来るこの機会を喜んでいます。マシューが私に知っていることをあなたに話すように依頼してきた時に、私が説明をしたことをお話します。行方不明になった飛行機の機上の全ての人達は空気が地球と同様で地形も似ていて、住民の外観があなた方のそれとかなり似ている小さい惑星に移りました。 この飛行機が回復不能な重大な機能障害を起こした時、私たちはこれをより高い次元に移し、そのための進路を設定しました。乗員や乗客の誰もがこのような冒険をするというソウル契約を結んでいませんでしたが、誰もその時に死に至る契約もしていませんでした。このような場合には、私たちには介入する事が許されています。 全ての者はこの飛行機の突然の展開を目撃したので予期しない経験が現実になり、見たこともない空間を通じて飛行したのでそれも超現実的でした。私たちの通信システムを利用した救助隊が起きたことを直ちに話し、愛に満ちた説明が将来の方向が変化した人達のなかに平和的な受け入れの雰囲気を作り出しました。全ての者が降りた後で、この飛行機は非物質化されました。この人たちは私たちの乗員の内の、地球の人間の外見を持ち、新しく来た人達にとっての新しい土地での最初の時を気楽に迎えられるような装いをした、ある者たちと会い、彼等が言う特別リゾートに連れて行かれました。他の文明に救助された全ての地球のソウルたちにとってそれは始まりの点でしたが、過去には多くのこのような場合がありました。最初の日々には、このグループは、その世界でのみ使われている言葉と人々の基本的な知識のみの”ダウンロード”を受けました。それは簡単な手順であり、コンピューターとの対話のようなものです。オリエンテーションについての説明の後、この領域に関する説明が写真を用いて行われました。各人には種々のタイプの生活様式、個々の輸送モード、環境 、あるいはスクーリングの選択の余地が示されました。それぞれには、希望する全てのイベントへの出席切符のような機能を持つ紙や、物品やサービスを得るのに用いられる多くのトークンが与えられました。 このリゾートから、全ての者が選択した領域へ連れて行かれ、選択した輸送手段、食料、及びその他の全ての生活必需品が与えられました。これは普通に行われる”歓迎ワゴン”サービスのようなものだと考えて差し支えありません。その世界では新人たちの知識、才能、及び関心事が旨く利用され、地球の上と同じように、各人が選択したことですので、そこでの生活は満たされ、意味があるものになっています。 さてスージー、私はあなたの頭の中を駆けめぐっている質問にお答えします。私たちはこれらの人々を地球には戻せませんでした。私たちは迅速に行動しなければなりませんでしたが、あらゆる可能な要素は考え尽くされ、この世界に行くことが最善の選択肢であり、彼等の生き残りを保証出来る唯一の選択でした。 私たちは、目的の飛行場の滑走路には着陸許可が下りなかったので、この飛行機を送り届けられませんでした。もしもそうすれば到着、出発便に混沌を起こし危険を生じた事でしょう。そうなったとして、予定時間の何時間も前に突然地上に姿を表した飛行不能の飛行機をどうやって説明できたでしょうか?どこであろうと、このような突然の出現を説明できましょうか?そう、不可能でしたが、それが決定的な要因ではありませんでした。この飛行機には十分な備えがありませんでした。最も基本的には機上の人達が非常に長い間補給なしに過ごせるだけの水がありませんでしたし、この惑星上には、この飛行機を降ろし、発見されるまでこれらの人々の生存を保証する安全な場所がありませんでした。世界の人達には人々が地球に似ている惑星の上で生存していることを知ってほしいと思いますが、このような声明を誰が発するのでしょうか?誰がそれを信じるでしょうか?特に行方不明になった人達の家族や友人たちなどの親しい人達に今の時点ではあなた方の惑星よりも遙かに良い世界で快適に、幸福に暮らしているということを知ってほしいと思います。 スージー、他に質問はありますか? スージー(S):私が思っていた疑問に多様な答えを下さってありがとう、アシュターさん。これらの人々がこれほど素晴らしい待遇を受けているのは驚くべき事であり、彼等の暮らしには補給品が必要です!彼等と彼等を愛する人達がこの生涯の間に再会する可能性はあるでしょうか? アシュター(A):それは私にはわかりませんが、可能性は低いと思います。愛のエネルギーの繋がりはスピリットにおいては再会を可能にしますが、地球のほとんどの住民は彼等の現実の中で物理的に再会するまでに意識レベルを上昇させるには道のりが長すぎます。 S:メディア、又は読者がここにおいてその惑星上の普通の人々と連絡を取って彼等の家族のために情報を得ることが出来るでしょうか? A:テレパシー通信は宇宙での普遍的な方法ですが、このような繋がりを得る事は困難でしょう。唯一の通信方法は太陽系の外側にある非常に遠くのニルバーナにいるソウルたちの振動に正確に同調する事であり、ここはあなた方の意識の外側に位置するのです。地球上のほとんどの人達は個人的に経験したこと、あるいは教えられたことしか信じず、テレパシー通信は如何なる分野でも広く知られている事はありません。 S: そうですか、OKですが、起きたことに関する事実は多くの宇宙船が着陸し、ここに住んでいるETたちが知られるようになってから知られるようになり得るでしょうか? A: もちろんです。 S:  アシュターさん、これは何時起きるのでしょうか? A: スージー、私に分かっていたら、屋根の上から大声で叫びますよ。実際には分かりませんが、あなた方のリーダーたちには告げますから、多くの者たちが本来の体のまま出現する前に役人たちから知らされるでしょう。それはマシューやハットンがあなた方に話した通りであり、神のみが何時あなた方の文明の集合心理が私たちのような異邦人を受け入れる用意が出来るかを知っているので、神が時刻表に責任を持っています。あなた方はまだお互いに仲良くやれていないではないですか! S: その通りで、非常に多くの人にとってそれが苦痛の種であり、数十億の人が苦しんでいます。これを変えるにはライトワーカーにはさらに何が出来るのでしょうか? A: 親愛なるハートよ、私に言える事は、ライトワーカーが既にしている事だけであり、愛の力を示してそれによって暮らすことです。しかし、あなた方にはもっと宇宙の引き寄せの法則を語れるでしょう。あなた方はそれをそのように呼ばなければならないという事はありませんが、人々は彼等の思考、感情、及び行動が宇宙の不幸な環境に焦点を合わせ、より多くの不幸というブーメラン効果を引き戻します。あまりにも多くの思考が恐れ、戦争、偏見、病気、貧困、絶望など望ましくないことに付いてのものであり、それによって変化が着実ではあるけれども遅くなるのです。 S: 着実よりもむしろ遅いように思われます。さて質問はこれまでです、アシュターさん、お話に感謝します。 A: どういたしまして。ですが、私はこれを酸っぱ味のある遅い調子で終わらせたくありません。私たちはあなた方と一緒になろうとして何年にも亘って準備をしてきました。私たちはあなた方、私たちの兄弟、姉妹たちを愛しており、その点に達したら、よりよくなるために辛抱はしません。真実は、この惑星の次元上昇の間、あなた方の進歩は宇宙全体でも驚くべき光の力を示しているのです。あなた方の忍耐、問題への対処能力、及び将来の世代のためによりよい世界を作ろうという決意は既にそうしているのです。あなた方は未だに時間という概念の中でこれについて働いていますが、時空連続体の中では、それは済んだ事なのですから、あなた方の栄えある勝利にフラーといいながら、この話を終わりにします。 S: そうですか、ありがとうアシュターさん。今はこれでさようなら。 愛と光をもって。 スザンヌ・ウオード 翻訳 Taki 

マシュー君のメッセージ 2014年5月2日

マシュー君のメッセージ 2014年5月2日 Matthew's Message Channeled by Suzanne Ward May 2, 2014 このステーションの全員から愛のご挨拶を申し上げ ます、こちらはマシューです。韓国のフェリー事故でなくなった方達、マレーシア航空の飛行機の海中への墜落で亡くなったと思われている人 達の家族に輝かしい同情の光が世界中の隅々から注がれています。 このようにしてあなた方のハートは多くの人達の悲 劇の時にのみ一つになるように思われるかもしれませんが、そうではありません。あなた方はいつも家族の愛の中で、全ての子供達と将来の世 代が今住んでいるよりも良い世界に住んでほしいという願いの中で一つになっていて、この統一の基礎はあなた方の間の差異よりは遙かに強力 なのです、親愛なる兄弟、姉妹たちよ。無時間の連続体の中でこれが地球のあらゆる文化と種族がお互いに、自然と調和しながら暮らしている 理由なのです。あなた方はこの瞬間のこの世界での挑戦を乗り越えているので、世界を共同で創造しています。 ウクライナにおけるロシアの攻撃的態度に対する関 心を抑えましょう。この問題は戦争には繋がらないでしょう。ウラジミル・プーチンは戦争を望んでおらず、ある部分では、米国による妨害に よって引き起こされている混乱について彼が悪いわけではないのです。世界的に事態を揺り動かしているのは、地方政府ではなく、米国がCIAのふるさとであるからであり、イルミナティの支配下にある分派なのです。そうです、人々が不満を抱き、状況の悪化が見 られる所で彼等の闇の作戦は依然として活発です。 しかし、新しい戦争の局面は過去のものになり、こ の振動はこれ以上長くは戦争体質や闘争による分割を支持しないでしょう。摩擦を折衝によって解決する時代が到来し、究極のものになってい ます。国内外の全ての深刻な差はこれによって解決されるでしょう。話し合いが活発になりますが、未だに戦いが激しく、依然として感情が激 高している場所では特に、なめらかな移行や迅速な結果を期待しないで下さい。 イスラエルとパレスチナの間の数十年に亘る不安を 終わらせようとする話し合いは、平和的に暮らすための住民の合意が得られないからではなく、イルミナティのトップがこの地域を彼等の支配 下に置くまで調和を望まないから挫折したのです。これらの僅かな数の者たちはエルサレムを彼らの本拠地のうちの一つとしながら、世界を支 配するという幻想にしがみついています。地球の次元上昇が始まったので、彼等のプランは現実にはならないでしょうし、やがては振動レベル が永続的な平和という合意として結実するでしょう。 私たちに はアフリカにおけるいくつかの国についてもコメントを求められました。”何故今だに多くの暴力がみられるのか?”ということが共通の 質問です。歴史的にこの大陸は抑圧と流血の地域でした。お互いの情け容赦の無い殺戮とともに、より強い種族が比較的弱い種族を捕らえ て服従させ、あるいは奴隷商人に売り払いしました。数世紀に亘る虐殺と奴隷化、及び後のアパルトヘイト、内戦に至ったネガティビ ティーは、地球の次元上昇の間に次第に緩和されてきて、この土地における低い振動の残存は住民を騒動に対して敏感にさせたままにしま した。母なる自然による、地震、火山噴火、強烈な嵐などの根絶、ネガティビティーの解消手段はアフリカでは一般的ではなく、いわ ば、”やり直しの機会”は他の地域よりもゆっくりと進んでいます。 社会の意識の向上と共に、一般に見られる振動が他 の効果を生んでいます。おそらく長い間の戦闘、性的虐待のような肉体的虐待、心理的異常のようなトラウマに耐えている人達は脆弱です。こ れらの経験が制御出来ない怒りや圧倒的な絶望に変わったときには、この人達は安定を欠き、しばしば他者や自分自身を殺害したりします。子...

マシュー君からのメッセージ 2013年2月18日

マシュー君からのメッセージ 2013年2月18日 http://www.matthewbooks.com/mm/anmviewer.asp?a=160&z=2 Matthew Ward ~ February 18, 2013 Power, responsibility for world changes Posted on 18 February 2013    こちらはマシュー、このステーションにいる全てのソウルからの愛を込めてご挨拶いたします。12月の冬至以来、地球上の大多数の人々は各自の責任で自分の関心事を追求する傾向がありました。マヤ歴の終わりに結び付けられた終末理論の信望者達は少し愚かさを感じているものの、真実が話されれば楽になります。 これら信望者は誰も、あなた方がしていることを知りませんが、数週間前のあの光の殺到の間に、地球は第四密度への第一歩を踏み出しました。目に見える変化が何も起こらなかったので、いまだに、あなた方の多くは失望しや、落胆さえ感じています。そして、特に私たちが向上させ、あらためて自信を取り戻させたいのは、こうした親愛なる人達です。 特殊な才能、スキル、興味、独立した考えやゴールとともにやって来る、生まれたての赤ちゃんのことを考えてください。その「可能性のパッケージ」は、幼児期の早期には全く明らかではありません。しかし、この小さな人が成長すると、生来の能力が表に現れ始め、適切に育てることで、さらに大きな創造性と輝きが開花します。 極く最近生まれたばかりの地球の黄金時代と、その「可能性のパッケージ」は全く同じプロセスです。あなた方の世界の光の強さは、この幼小時代を並外れて「肥沃に」した、と言うことが出来ます。今では以前にも増して、あなた方の骨折りの成果の発揮を容易にしています。 今は、ポジティブに、楽観的に、熱心に、勝利したように、感じる時です。 あなた方は、地球の次元上昇の難しい段階を乗り越えたのです!地球の第三密度からの退場は、定められた運命でしたが、程度によらず眠っているあなた方の間の膨大な数の人達は、それに成功しないかも知れません。 でも彼らは成功しました。そしてそれは、冬至の間の光の流入とあなた方からの光の放射のおかげです。当時は、あなた方の光が必須でしたし、それは、あなた方が世界共同創造プロセスを進めている現在においても、同じく必須なものです。 あなた方はずっと、どんなお望みの世界でも造る力ばかりではなく、その責任も持っていました。時空連続体においてその素晴らしい世界は既成事実ですが、線形時間体ではあなた方のミッションは続きます。そして次に来るものは、地球とその居住者達への平和、健康及び調和の、きわめて十分で満足な回復です。あなた方は、幻滅して自分の光を暗くさせることによって「勤務中に脱落」してはなりません! 実に、あなた方の宇宙的な家族は、地球の次元上昇プロセスの全体を通して大いなる支援を行いましたし、僕たちが列挙した多くの点で、そうし続けます。冬至の間の地球の第四密度への入場は定められた運命だったように、その地球外生命体の支援もそうだったのです。 両方とも、地球に対するガイアのビジョンとの調和によって確立された黄金時代のマスター・プランの大目的でした。 あなた方の家族の光はあなた方のものより強烈で、彼らのテクノロジーはあなた方のものよりはるかに進んでいるので、彼らの支援はあなた方の現在の能力を超える方法で行われるでしたし、そうあり続けるでしょう。しかしながら、社会の進歩のペースは、常に惑星の集合的な住民によって決定されてきました。 あなた方の世界なのですから、その他の方法はあり得ません。 しばらく、いくつかの最近の進展について話しましょう。最初に、ベネディクト法王についてです。確かに非常に異常な出来事です、法王の辞任、そして発表された理由「高齢」は、ある点では真実です。 公に見られるローマ法王は、クローンです。そのクローンが急激に年を取りそのエネルギーは衰えつつあるので、もうそれほど長くは機能することが出来ず、また、この頃では、替りのクローンは入手が難しいのです。そういうわけで、クローンより健康そうで若く見える司教自身は、隠遁中に留まります。彼の寿命とクローンについての真実が前に出て来るタイミングによっては、彼はすっかり若返った様子で現れるかも知れません。 この辞任の重大性は、衰えつつあるクローンよりもはるかに影響が大きいものです。 それは、聖職の小児愛が1500年間に亘って横行してきたというような、何世紀も隠蔽されて来た真相への扉を打ち破ります。 バチカン、このイルミナティ傘下の一流の世界プレーヤーは、サタニズム(悪魔崇拝)の国際的な牙城の本丸であり、その計り知れない莫大な富には、第二次世界大戦の間のナチスとの協力で盗取した重要美術品も含まれます。巨大な詐欺、良心なき振る舞い、また富の蓄積に対しての異議を唱えた全ての法王は、短命でした。 それでも、恐らく最も衝撃的な意外な事実は、かなり昔に、聖書が如何に戦略的に書き換えられたかを示す、古代の記録の暴露です。 最も特筆すべきは、カトリックの民衆に対する教会の支配力を与える、イエスの磔と復活に関するでっち上げの物語です。 それの全てが公の知識になる時、バチカンの長い支配は終わります。その崩壊はカトリック教徒達にとって、きわめて悲愴で困難なものになるでしょうが、全ての信心深いキリスト教徒達は、自らの人生の基礎が嘘の上に築かれたことを学ぶことによって、大いに影響されます。 それらのソウル達すべてに対する共感によって、イエスの生涯と教えに関する真実は彼らが教えられて来たものより、はるかに価値があるということの受け入れを助けることでしょう。教義よりもむしろ精神性に基づく彼らの信条は消えることなく耐え、虚偽に基づく儀式は消滅するでしょう。 また、世界中のメディアは北朝鮮の核実験について騒然としました。ミサイルの発射と、弾頭の爆発は、全く別の話であり、発射のテストは、彼の国が世界に考えて欲しかったほどの効果はありませんでした。しかしながら、イランのように、北朝鮮は、核戦争を導きかねなかった「ごろつき」であり脅威であると考えられてしまいました。 あなた方は、そのような戦争はないということを知っていますし、宇宙で核弾頭を爆発させる試みは成功しません。でも、他の人たちはほとんどそれを知りません。そこで、それらの二カ国が示威する切迫した脅威をどのように低減するかが世界的な問題であって、アメリカ合衆国における、銃暴力とともにスポットライトを浴びています。 直接影響を受けた人達全ての個人的悲劇を超越して、暴力は世界的な良心を掘り起こします。意識的で精神的な気付きが拡大し続けると、暴力はより多くの暴力しか生まず、調和も協力も尊敬も生まないということを、全員が理解します。一部散在する好戦的な騒ぎはしばらく続くでしょうが、結局は違いについての話し合いを強調することが国際的な軍備縮小に帰着するでしょう。 交戦と散発的な暴力を止めるよう鼓舞すれば、広範囲にわたる死や嘆きの終焉をしのぐ結果になるでしょう。戦争のその他のコストである、土地と天然資源の荒廃、家屋、企業、インフラの破壊や、無差別暴力のその他のコストである、法の執行、法律および法廷訴訟、刑務所 にかかるコストは、途方もない総体的な出費になっています。 戦争で捕えられたか、不公平な法律、不正な司法制度、軽犯罪に対する極端に辛辣な処罰、不当な有罪判決あるいは精神障害によって投獄されたので、世界中至る所で、膨大な数の人々が刑務所の中で苦しんでいます。あなた方の歴史上のこの恥ずべき汚点は、精神病が生涯の一つの側面であるものとして取り扱われる段階に至るので抹消されて行くでしょう。 暴力を続けたり、暴力に対抗して防御するための、不要な資金は、教育と健康管理、エネルギー技術、革新的なビジネスの成長、道路、レール、橋の修繕と維持、環境開発などのような非常に必要な分野に振り向けられるでしょう。 それらや他の種類の改善に対する市民の要求が、政府に行動を起こすように強要します。現在は戦争用の機械を生産している産業は、彼製造プロセスを他のタイプの生産用に変更し、自分が選んだ分野のトレーニングを必要とする従業員はそれを受けるでしょう。 僕たちの以前のメッセージでは、女性の平等な権利に触れ、多くのメッセージで、第三密度文明におけるソウルは、第四密度に進化することが出来るようにバランスの取れた生涯を達成しなければならないと述べました。女性を下級の地位へ追いやることが、地球の第五密度から第三密度の深みへの螺旋状の下降と、そこへの定着の主要な要因でした。 カルマのメリー・ゴー・ラウンドは、ある生涯で虐待された女性が別の転生で圧政者になることによってバランスを取る機会を与え続けました。そのようにして、教育を得、投票し、組織化し、社会的な汚名にも拘らず自らの心の内を話すための闘いの結果、ようやく女性達が永続的にじわりじわりと進み始めるまでに、何千年も経過しました。 今日大部分の国では、女性は、当然、欠くことの出来ない社会への貢献者として認められています。もはや家庭作りや母であることは、推奨されている役割ではなく、結婚しない、あるいは子供を持たないという選択も、平等に尊重されます。何百万もの女性達が、大学への進学、あるいは仕事と家庭生活をうまく両立させています。 エンジニアリング、科学、電子機器や研究といった、以前は男性の職分と考えられていた分野において、女性達が名を馳せています。そして彼女達は政治的なオフィスを構えていたり、中小企業を所有していたり、会社を率いていたりします。 世界中の多くの改革運動は、女性達によって始められました。女性達の公民権および神から与えられた権利がまだ否定ている国々では、勇敢な個人はその冷酷な不条理性を終わらせるように、大胆な処置を取っています。その結果、社会は、彼女達の断固とした努力に世界的な支持を与えました。 同じことはゲイの人々にとっても真実です。彼ら/彼女らもまた、異性愛者が享受する尊敬、尊厳、機会および権利を長く与えられませんでした。そのような機会、権利がまだ男性だけに与えられる文化においては、ゲイの人々の権利は、女性達にとっての権利と同じように、急速に尊重されるようにはならず、ゆっくりと実現して来ます。同性愛は、女性性と男性性のエネルギーが異性愛者におけるよりもよりバランスが保たれるスピリチュアルな成長の進んだ段階であるということを、結局誰もが知ることになります。 全ての市民のための平和と完全な権利は、対立と圧制が絶対的な地域においては、達成が遅れます。特に中東、アフリカ諸国の一部、アフガニスタン、パキスタン、インド、北朝鮮。それらの国々の多くは、種族、宗教、カースト、性、文化的、政治的な違い、並びにそれらのグループの経済格差による争いを解決しなければなりません。 暴力低減と女性及びゲイのカップルの権利を求める叫びがアメリカ合衆国で喧伝されましたが、それでも、その国の主流メディアは他の「自由な」国々で報道されていることを省くというのは、皮肉であるとあなた方は思うかも知れません。実例として、ヨーロッパにおける多くの銀行家と他の有力な個人達の逮捕について何も報道されませんでしたし、宇宙船の明らかな存在については一言もありません。 ロンドンとバチカンから、その帝国を統治したイルミナティのロスチャイルド派閥は、世界のその部分における他の力とともに、メディアの足場を失いました。ワシントンD.Cとニュー・ヨークに本部を置いたイルミナティのロックフェラー派閥の一部は、ウォール街と同様に米国における主要なメディアに対する影響力をまだ持っています。また議会での彼らの未練がましい足場は、その非妥協性のゆえに、明白に進歩を滞らせています。 そう、ほとんどの部分で、僕たちが話して来たことは新しい情報ではないことは承知しています。それでは何故、あなた方がよく知っているそれらのことを僕たちは繰り返すのでしょうか?地球の次元上昇が始まってから、如何にあなた方が進歩したかについて考える必要があるからです! 70年前に遡ると、「敵」を殺すことが愛国的な義務であるという信念が見られました。多くの膨大な数の人々が、士気と戦争機械製造の両方で、彼らの市民によって支えられ、熱心に闘いに出向きました。今日、世界中の圧倒的多数の人たちの願望は、流血沙汰を終えて、一緒に平和に暮らすことです。 1930年代後期に、暗闇の重い手が、地球上の生命に影響を持つ全てのものを支配しました。政府、経済、商業と工業、教会や学校の教え、法律と司法制度、メディア、環境など、極めて少数の人達しか、それらの権威団体のどれによってなされる決定を疑いませんでした。 現在、当局の動機についての広範囲にわたる問い質しと、公益に反する決定と行動に対する抵抗があります。あなた方の努力が「明るみに出した」、膨大な量の腐敗、詐欺、そして堕落について考えてください。あなた方が如何にして、かつては黙って辛抱された残忍性と不正に世界の注意を喚起したかについて考えてください。 あなた方は、元気づけられて劇的な進歩に感謝すると感じる必要があります、そしてあなた方が行った貢献のために自分自身に賞賛を与える必要があります。成果を認めることは傲慢ではありません。それはインスピレーションの素であり、任務が完了するまで続けるための動機付けです。あなたは進歩的な瞬間の最前線にはいないかも知れませんが、あなたの思考と感情の力をどうか決して忘れないでください! 僕たちの最後のメッセージから引用すると、 地球の居住者達の旅行は、常に、一人一人が行う選択に依存します、そして累積的な選択が集合的意識を作り上げます。集合意識を形成するものは、今後の地球のペースを設定するあなた方の思考、情熱と行動です。それが第四密度を通して幸せそうにハミングしているか、ワシのように急上昇しているかどうかにかかわらず、ガイアは喜び叫んでいます。次元上昇のことのほか困難な部分は終わりました! あなた方が自分達の世界において、欲しくないものではなく、欲しいものに集中することが、以前と同じくらいに、現在では必須です!どうか、悲惨な状況を嘆いたり、あなた方の展望を共有しない個人達を見くびったりしないでください。その代わりに、あなたの思考と感情が、自然との調和における生活や、皆に対する豊富な優しさについて湧き上がるものであるようにしてください。 光における不動心が、時空連続体においては既存の、健全な、美しい、穏やかな世界の方に向けて、地球のペースを急き立てます。あなた方の共同創造の壮大さを、僕たちが見るようにあなた方も見ることが出来たらと、どれほど僕たちは願っていることか! この宇宙全体を通した光の存在達の無条件の愛と名誉は、今、そして常に、あなた方とともにあります。 (翻訳 ソウルカメラ)

マシュー君のメッセージ  2018年2月13日

マシュー君のメッセージ February 13, 2018 http://www.galacticchannelings.com/english/matthew13-02-18.html ここにいる全てのソウルから愛の挨拶をします。マシューです。早速、読者のみなさんの感情を代表しているような、このコメントをご紹介したいと思います。 「マシューやその他のチャネラーたちは、光が世界を変えつつあると言っていますが、私はこれを裏付ける証拠を見出せません。」  そう思う根拠として、取り上げられた状況:対立する国々、政府の政治的な内紛、富裕層と貧困層の格差、残忍な政権、無作為なテロリズム、サイバースペースと核戦争の恐れなど。 これらの状況がまだあなた方の世界の一部として存在するのは、それぞれのエネルギーがその全コースをまだ走り切っていないからです。私たちには見えている数々の証拠がみなさんにも見れたとしたら、どんなに素晴らしい事か。光が確実にネガティブな状況と、それに付随する勢力を光のエネルギーの流れを使って、消失させているのがみなさんにも見えたとしたらどんなに良いか。愛するファミリー へ、私たちは第三密度の病魔が終りを迎えている事が間違いないという兆候を見たい、と願うみなさんの熱心な気持ちを知っています。あなた方はその兆候を確実に見ます!光は暗闇に基づく全てを少しずつ弱めて、あなた方の世界から追い出します。あなたがライトワーカーとして揺るがない事こそが、地球の助けになるのです。 「人種や宗教上の偏見が増えているのは何故なのかをマシューに質問してください。光が 強まる事で、本来ならば減少するはずではありませんか?」 それは、以前より増しているという訳ではありません。長期間に渡って続いてきた破壊にようやく‘光が当てられる’事で、文明に対する損害が癒されるのです。人は偏見を持って生まれてくる訳ではありません。- それは何世紀にもわたって、ある世代から次の世代に徹底的に教え込まれてきたものです。こういった類の分裂は、大衆を支配する上で暗闇の人たちにとって大いに役に立ちました。偏見とは、違って見える人々に対して優位的な態度を示す事で起きるものですが、実際は異なる宗教的信念、異なる社会的、文化的または民族的遺産、異なる哲学などの、違いから生まれる恐怖による不安感というのが大きいのです。でも、人々の態度は変化しています。そしてバイブレーションが高まり拡張する事で、意識や精神の覚醒の拡大が起きます。そして、誰しもが前世等で劣等的に見えるような生涯を送った過去の経験がある事実を知ります;その上で、人はすべてが一つである事を理解し、人々は共通の願望、夢、全員 に共通する家族の愛によって統一されるでしょう。 「私はもうこれ以上は平和集会には参加できません。また、そういった組織に寄付するお金ももうありませんが、平和のための重要な尽力に対して、祈りで貢献する事はできるでしょうか?」 はい、もちろんです!あなたは祈りという概念を、宗教の本の中の言葉を繰り返すとか、或いは何とかという名前の神様にお願いをする時や、特別なものに感謝する時、何かを得た時などに、ある言葉を繰り返す事が祈りと教えられてきたかもしれません。しかし、祈りというのはそれよりも遥かに 広がりのあるものなのですー祈りとはあなたの全ての思いであり、感情そのものです。 思いや感情はエネルギーであると、私たちは度々言ってきました。あなたの思いは、引き寄せの法則によって、集合意識の中の同じ様なエネルギーとつながり、あなたに返ってきます。みなさんが平和について祈る時、そのエネルギーは同じようなエネルギーをたくさん集めて戻ってきて、地球に平和をもたらす多くエネルギーの集合体にも加わります。世界平和とは、あなたの内側から始まりますと私たちは言ってきましたー 高いバイブレーシがあなたから流れ出し、同様のエネルギーと混ざる事による波紋効果は果てしなく広がります。 世界各地で瞑想の会合を行っているグループの数が増えていることに言及したいと思いま す。心と精神が平和のエネルギーに(動物に対するやさしさ、国際的な調和、相互尊重、環境保全、全てに対する繁栄、あなたがどのような世界になって欲しいかを望むかに焦点を当てる事など)集中すると、エネルギーは未知数に拡大され、刻々とこれらの理想が実現へと近づきます。祈りと瞑想グループに遠い処から参加することへの意義は、決して過小評価することはできません。 また私たちは別の問題で集合エネルギーについて尋ねられました。 「北朝鮮の核脅威や核兵器を持つ他の敵対国、米国政府の兵器拡大計画等に関する世界的な懸念というのは、発射された核弾頭の爆発を防ぐ ET の能力よりも、もっと強力ではないのか?」 いいえ、地球の住民が互いに自然と調和して生きたいと願うことは、ガイアの願望の光であり、核兵器や戦争に関する誇張された思考のエネルギーを総まとめにしたものよりも、国民の安全で平和な世界に対する願望の方が遥かに勝ります。したがって、そのような戦争を開始する意図などはどこにもありません。とはいえ、創造主は宇宙に於いて核は爆発させないようにと命令したので、万が一弾頭が発射されたとしても、あなた方の空の上の仲間が発射と同時に誤動作を引き起こせる技術を使うので大丈夫です。核弾頭が惑星上のどこに貯蔵されてあったとしても、それを阻止する事が出来ます。 「すべての諜報機関にイルミナティのスパイ(二重スパイ)はいるのですか?その場合、その人たちは何故そのような危険な仕事をするのでしょうか?」 すべての国の諜報機関の中にはイルミナティの人員が潜り込んでいます。それは、イルミナティの上位にいる個人に正しい情報を提供する為、もしくは指示された場合に、騙したいと思う相手に対して虚偽の情報を送ったりする為です。そんな人員の中には、もちろんスパイもいます。しかし、役目を負わされているだけで、本当はイルミナティではない人もいます。二重スパイになる人たちについて本当のことを話すと、彼らは賄賂の為、もしくは脅迫を受けて家族の安全が脅かされてやむなく役目を果たしているという人も大勢います- これらはイルミナティの典型的な求人戦術です- 中には、自国政府の政策にとても不満を持っているので、他国の政府に協力するという人もいますが、その他の多くの方は自分の国を愛する気持ちから行動しています。しかし、これからスパイ行為をはじめとする- 私生活の監視等があなた方の歴史書の過去の一章になる時がもうすぐやって来るでしょう。 どうかマシューに質問してください: 「神がもし私たちに自由意志を与えたのであれば、なぜアヌンナキや闇の存在たちがわれわれの自由意志の選択肢を大きく制限するのを神は許し、私たちは自由を制限されて、彼らの経済的な奴隷にされたのですか?」 中には、自らの自由意志を用いて、他人の行動を制限する人がいるかもしれません。しかし、誰もあなたが何を思い、何を感じるか、またある状況にどう反応するかに対して干渉したり、制限する事はできません。 その上で、創造主は宇宙における全てのソウルに、自由意志の贈り物と先天的に備わった思考を通じた創造の力を授けました。そして、神様と他の宇宙の支配者はこの宇宙の法則を守っています。それぞれの宇宙において、全てのソウルの自由意志が尊重されます。有史以前からこの宇宙の魂たちは、自由意志という贈り物を使って、無数の人々の自由と経済的余裕を削減する事を選択してきました。わたしの母が、神はなぜこんなことを許したのですか、と尋ねたところ、神は彼女にこう話しました… <神>創造主の自由意思の法律は、全ての上に存在します。ですから、もし誰かがそれを使って他人を傷つけたとしても、私は干渉することができません。したがって、私は最初の者の傷つける行為を正確に経験するだけでなく、相手の者が傷ついた感情も正確に経験します。私は、どんな人間の苦しみも、または宇宙のどこにいる他の生命体の経験からも逃れることはできません。それと同時に、人々の大いなる喜びも感じない事は出来ません。だからこの自由意志の行使は私が“許可”するとかいう問題ではないのです。ご理解頂けますか・・・ <神>あなたの政府は、宇宙の真実における地球本来の進化度合いを相当に遅らせており、その結果として、この期間に様々な生命体が霊的に開花し、満開に花咲く事を阻止しているのですから、この点は本当に恥じるべきです。要するに、政府が多くの真実を隠しているせいで、みなさんが学習する為の選択肢が不足しています。みなさんの教会の指導者も同じです。地球が全体として、住人であるみなさんの個々の進化の遅れによって、悲しんでいます。特に人間同士や動物に対する接し方に関して、地球にいる魂たちの霊的な進化には相当な遅れが生じています。 という事は神様あなたでさえ、少数の力を持った人々の自由意思の決断により、文字通りに何十億の魂たちが犠牲になっていると言っているのですね! <神>いいえ、私はそうは言っていませんし、そういう意味で言ったわけでもありません!私が話し終わる前に、あなたがあなたなりに感じた印象を書きつづり始めてしまっただけです。ここで重要なのは肉体のあなたの進化では無くて、あなたという魂の進化という点です、スージーさん。 確かに、今起きている事の多くは最初に合意された事ではありません。でも、これについては、魂レベルでの調整が行われています。あなたの言う、“他人を犠牲にしている人たち”とは、私に言わせれば “最初の合意通りに生きていない人たち” であり、実際彼らは“自分自身”の魂の進化を犠牲にしているだけという事になります!少数の暴君たちの自由意思の行使おかげで、最初の選択した学習を進められていない人々、あなたが“犠牲者”と呼んでいる人たちは、魂の成長においてはさり気なく、大飛躍をしているのです。それが惑星上であろうと、それを超えたところであろうと、地球での肉体を去った後の事であろうと、大飛躍に変わりはありません。もちろん、本人はこの事には気が付いていませんが![1998年の新しい時代のためのイルミネーションの章からの抜粋] お母さんありがとう。では、神様は神に許されている事を行っているのですねー 地球がその体の上のすべてのソウルが自由に生き、地球の豊さを平等に分かち合う事を促すというガイアの自由意志の選択を神は尊重しているのですね。この達成を助けるために、神は強力に霊的に進化した文明に対して、地球に向けて膨大な光を放射してもらう様お願いし、更にそれらの文明からボランティアを地球に送り込んでもらい、惑星に転生する権限を与える事で、人々が目覚めるのを助けられるようにしました。ガイアが時間でいうと80 年以上前にその選択を表明してから、地球上の光はどんどんつよくなり、増えています。そして、目覚めた人々はその自由意志と創造力を使って、自らの望むものを創造しています-自由と、公正とそして全てのための繁栄がある、平和な世界です。それは時に、カタツムリのペースで進んでいるように思えるかもしれません。しかし、地球文明の霊的そして意識的な進化というのは、この宇宙では前例が無い程、迅速に起きているのです。 「’闇の存在’とは、4 次元以上の高次元に於いては存在することが出来ないとしばしば言われていますよね?もしそうならば、語られている銀河戦争はどのように解釈すれば良いのですか?そして、堕天使ルシファーの存在はどうなるのですか?」 これらの戦争の場合、位置的な次元に言及しており、霊的な進化の状態を表している訳ではありません- 個人と文明は知性と技術発展において非常に進化しているかもしれませんが、彼らは生命力である煌めき以上の光は持っていません。時間の無い連続体の中のエネルギーレベルにおいて、それらの戦争はまだ行われています;他のレベルでは戦いが終わりつつあり;さらに他のレベルにおいては、前者の元戦争家たちは平和に生きており、その中でも平和は暫くの間だけだったり、他のものはあなたの時間の概念では永遠に平和に暮らしていたりもします。 無時間の概念によって、ルシファーについての理論に一見矛盾があるように思えるかもしれません。大天使ルシファーは、創造主が自分自身を最初に表現する時に出てきましたが、今もその最初の純粋な愛と光のエネルギーのままです。それと同じ‘時’に、彼と他の天使の存在は創造のエネルギーを使って生命体を作る材料を開発する考えを思いつきました;そして異なる星の空間で彼らはそれらの物質で実験を開始しました。これが密度の導入です。同時に、他の空間では、彼らは知的で感情的な半動物、半人間の生物を作ったりもしています。そして陸地と海中に生きる猛々しく又は慈悲深いドラゴンも作りました;そうすることで、高密度エネルギーの中に”落ち込む“事を考案したのです。光の中の 彼らの最初の始まりからは、いっそう遠くなる一方です。みなさんの神秘的な伝承の中にも一部伝わる、これらの長寿の惨めな生き物を作ることの喜びを続けることで、ルシファーと彼の従者たちはこれらを創造しながら、ますます高密度化するエネルギー中に落ちていきます。それは、時に「ルシファーのエネルギー」と言及されます。そして上記の事が、多くの空間領域の異なったエネルギーバイブレーションにおいて同時に起きる中、ルシファーと彼と一緒に「堕ちた」天使たちの何人かは、自分たちの過ちに気が付き、光に戻る様々な段階にあります。 愛する姉妹と兄弟たち、この宇宙には、一方の道しかないとか、ある時に何かが起きるとか、違う時に何が起きるなどの事象は何一つ無いのです- すべては、今在るのみです。そして、すべてのものが、いつどこにいようが、他のすべてに/あらゆる所に影響を与えますーあなたの思考、感情、行為とは、それだけ遠くまで到達するものなのです!しかし、宇宙の働きは簡単です。人が自由意志によって、複雑さと、混乱を作り出して自らの贈り物を乱用するのは意識が低いレベルにあるときだけなのです。みなさんが進化するにつれて、創造主がすべてのソウルを産んだ時に考えたような、人生を体験するようになります。-聖なるもの!- あなたが単純に自分でいる:それは、愛と光のエネルギーから創造された、独立しているが、宇宙の他のすべてのソウルとは分ける事の出来ないユニークで神聖な永遠の魂のあなたの事です。 ______________________________ LOVE and PEACE Suzanne Ward ...