Tuesday, January 23, 2018
Home 愛と光の時代へのニュース

愛と光の時代へのニュース

創造主からの最終メッセージ 2017年12月30日

創造主からの最終メッセージ 2017年12月30日   ようやく真実がわかりました。創造主の名前がZISOXUMEIYASであることがわかり、この女性の創造主によると、次元上昇は明日12月31日の15時から始まる、とのことです。15時から私たち地球上の全ての人間の肉体が変容を始め、15時半には、平均身長が185cmになります。この時まで意識は3次元のままですが、直ちに高次元の世界へと移動して高次元の意識になるそうです。各自がどの次元に移動するのか、あらかじめ知らされていない場合には、移動後に初めてわかることになります。 The Final Message From the Creator 30 December, 2017 Channeler: Taki Chino Finally, the female creator ZISOXUMEIYAS (another male creator resides on the 28 th dimensional planet Arcturus) informs us...

シェルダン・ナイドルニュース 2017年12月16日19日

12月19日:シェルダン・ナイドルニュース http://www.galacticchannelings.com/english/sheldan19-12-17.html Selamat Balik! かなりの期間が空いてしまいましたが、再び地球のこの神聖な時期に、地球の周辺では何が起きているかについて、しばしお話しさせて頂ければと思います。時には、地球で何が実現しつつあるかを、完全に把握するのは難しい事もありますが、私たち銀河連合の視点から、何が起きたかをちょっとお伝えしたいと思います。私たちはようやく、地球の関係者たちから、みなさんに約束されてきた豊かさの実現の為にも、より積極的に手伝って欲しいというお誘いを受けました。ですので、どうかこの時間を使って共に集まって、ここ数週間のうちに起きるであろう、歴史的な変化に備えようではありませんか。地球の関係者たちは、しつこい闇の存在たちの介入を完全になくす為の、私たちの戦略を活用 する準備が出来ており、やる気は満々です。 闇の秘密組織、及びその無数の仲間たちからの継続的な邪魔によって、何かしらの方針を練るのが難しくなっています。しかし、こういった邪魔にも関わらず、光はみなさんが大いに得るに値する勝利の数々を間違いなく得なければなりません。ライトワーカーのみなさんは、その導き(直感的な叡智)を活用する運命にあり、それによって、勝利という結果を出します。常に光と闇のバランスを取りながら、私たちはやがて勝利を得ようと考えています。 あなたの完全勝利は最重要です。そして、まっさらで新しい銀河を創造するべく前進するには、闇の秘密組織の壊滅も不可欠です。だからこそ、私たちは戦略と慎重さの両方を導入して、地球の仲間たちが、神聖なタイミングで闇を退治できるようアドバイスをしているのです。みなさんに知って頂きたいのは、ほとんどの方が思っているよりも、闇の壊滅はまだ先であるという事です。私たちの計画は、ゆっくりと安定したペースで進む事であり、全ての為に、神聖なタイミングで勝利を達成するという事を固く決心しています。 ナマステ!私たちはあなたのアセンデッドマスターです!本日は自分に優しくする事と、慈悲心についてお話しさせて頂ければと思います。慈悲心とは、あなたの心の底から、そして私たちの神から来る愛の一種です。慈悲心を使って、この世とその複雑さをうまく認識してください。慈悲心の中には、あなた個人としての自己表現を望む内なる望みが抱えられています。更にそれは、世界があなたに対してどのように反応しているかを表現しています。どうか愛しいハートのみなさん、いかなる時もこの世界から自分を切り離す事を知ってください。あなたが、世の中の出来事をどう見るかによって、この世界はあなたの知らない間に反応しているからです。ですから、あなたがあなたである、非常にパワフルな存在として目覚める際には、どうかご自分に優しくし て頂きたいのです。どうか、ご自分のハートと繋がってください。何故ならそこにあなたのパワーが宿っているから。あなたはそうする事で、ハートを転換させ、この世をどう見るかさえも変わってきます。 同様に、慈悲心とはハートの一機能でもありますが、その機能する理由は違います。どうか、ご自分を創造主の愛で包んであげてください。究極の創造主には企みなどありませんし、内なる愛を表現するのに“全員に共通する”やり方などありません。慈悲心とハートのエネルギーと愛の恵みを組み合わせる事によって、自分自身はもちろんの事、あなたの社会が世界を全体的にどう見ているかをより良く理解する事ができます。私たちが気付いた事は、あなたがご自分の力と私たちの力とが繋がるのを許す事で、真のご自分をもっと享受できるという事です。私たちは、あなたの目覚めを手助けしに来ています。あなたはここで、肉体を持つという事を学んでいます。ハートとは、純粋な愛の事で、愛は真の自分でいさせてくれます。この世界が慈悲心と愛の恵みをどのように捉えているかを学んでください。 この世界で共に協力し合う事で、優しさや慈悲心という価値を用いながら、互いに助け合う方法を見出す事が出来ると言われています。こういった価値観を理解する事の出来る人は、その価値を保ちながら、互いに愛し合い成長し、優しさと慈悲心の重要性についてより良く理解するようになります。これらの価値観がどういう風に相互に繋がっているかを理解するのは、今日においては不可欠な事なのです。私たちの多くにとって、慈悲心というのは両刃の剣です。慈悲心が人を手助けする際、世界のあり方を解決する際には、その状況を概念化する事ができます。マスターたちの長の重要な仕事の一つとして、人類がより良くなるために慈悲心がどのように役立つかを説明する役目があります。多くの方は、この世界での自らの条件をより良いものにする為に、‘ご慈悲を’と祈りますし、その一方でその他の人たちは慈悲を願う祈りによって、いかにこの領域をより良くする事が出来るだろうかと考える方もいます。慈悲心というのは、より住みやすい世界を実現する為に使う事の出来るツールでもあります。 慈悲心をどのように使うと良いかを示す、良い例がこの世に存在します。大昔に、ある子供が私たちの元にやって来て、その子は自分の生活状況について今後はどうなるのかと酷く心配していました。そして、どうか自分の祈りが叶う様にと願いました。すると、このような答えが返ってきたのです:自分の事だけではなく、人類の為になる事は何かという視点で、自分なりの知識を基に考えてみなさい。人類とは、ハートやスピリットのあり方を無視する事で、自ら困難な状況を招いてしまいます。成功した、楽しい人生を送る為には、普遍的な宇宙の法則を学び、人生に取り入れる事です。そうすれば、あなたは神の流れに乗る事が出来ます。 本日は、みなさんにメッセージをお届けする事が出来ました。どうか、引き続き忍耐強くいて頂き、内なる輝きを輝かせ続けてください!ミラクルが溢れる、壮大な時間が間もなく佳境を迎えるという事実を、是非受け入れてください!どうか知ってください、無限の供給と終わる事の無い天の豊かさは、実にあなたのものであるという事を!そういう事です!一つであれ!喜びの中にあれ! Website: Planetary Activation Organization 訳JUN

創造主による次元上昇の日取りの第二次修正  2017年12月28日

創造主による次元上昇の日取りの第二次修正  2017年12月28日 次元上昇の日取りの修正です。次元上昇は、12月29日(金)の午前5時に起きる、とのことです。 2nd Amendment of the Date of the Ascension 28 December, 2017 By the Creator The date of the Ascension will be at 5 O'clock of December 29, 2017. Taki

創造主からのメッセージ・・・次元上昇の日取り 2017年12月28日

創造主からのメッセージ・・・次元上昇の日取り 2017年12月28日 次元上昇の日取りは、12月31日の午前8時に変更されました。28日の15時という日取りが長い間真実だと思わされてきましたが、その期待エネルギーは、5次元の惑星シリウス上に物質、反物質の相互作用によるフリーエネルギー装置が設置されるという事実に利用され、これによって5次元の世界は戦争のない平和なものになる、とのことです。   A Message from the Creator/Date of the Ascension December 28, 2017 The time of the Ascension has been amended to 8 O'clock on the 31 st of December, 2017. The...

次元上昇について  2017年12月24日

次元上昇について  2017年12月24日 24次元における宇宙年齢50億歳のソウルの集合より 2017年12月28日の15時になると、地球は宇宙の中心部の特殊な領域に突入します。 この領域には、多くの反クォーク粒子が満ちていて、これらの反粒子が次元上昇用のDNAを活性化します。 次元上昇のDNAの活性化によって、人間の肉体は、3次元のそれから、各ソウルの波動レベルによって定まるより高い次元のそれへと変容すると同時に、存在の場所もより高い次元の惑星上へと変化します。 従って、3次元の地球上には、当該ソウルの肉体の存在の痕跡としての遺骨は残りません。その代わりに新たな肉体がより高い次元の惑星上に忽然として現れることになります。 より高い次元の惑星上の新たな肉体は、かつて次元降下前にそこに存在していたソウルと肉体の継続であり、当該ソウルは、昔からの生物、物理的な事象に関する記憶を継承するとともに、それまで次元降下をしていた、という意識を持つことになりますが、次元降下中の事象に関する記憶は失われます。 Ascension 24 December, 2017 A message from Soul Group with Cosmic Age of  5 Billion on the 24 th dimension At 15 O'clock of 28 th...

ZAP週央レポート 2016年6月22日

ZAP週央レポート 2016年6月22日 http://www.ascensionwithearth.com/2016/06/zaps-mid-week-update-june-22-2016.html ZAP's Mid-Week Update - June 22, 2016 ハイみんな、 いつものように、予想通りの妨害のたくらみがあったにもかかわらず着実に進歩している。 資金放出活動が何年にもわたって行われてきたが、その間多くのことを学び、資金の支払いに至っている。規制当局は安定を感じ、銀行家たちは指導に従い、資金は今動きつつある。この動きは先週始まり、一連の法規制への準拠がチェックされ、国境を越え、銀行内規をクリアし、法規制機関の安全審査を通り、FEDの監査をクリアし、などほかの多くの関門をくぐって支払いに至った。 これは容易な仕事ではなく、時間がかかり、時には数日間に亘ることもあった。信託や基金の人達はすべての関門がクリアされて満足しており、明日にもこの動きが終結する。これによってプロジェクトが動き出し、私たちは仕事に着手できる。 今週末までにはインフラストラクチャーベースの全ての準備が終わり、最初のプロジェクトへの支払いが開始される。 資金余裕は十分で、如何なるプロジェクトにも対応できる。次の段階はまず初めに子供や老人の支援を行うこと。水処理技術を展開することだが。ほかのすべてのプロジェクトも並行して実施されるが、資金支払いのための手続きが行われなければならないのは言うまでもない。 中国と米国は基礎的事項での合意に達したが、これは改革の前兆になるのに十分である。BRICSと米国は、まもなく移行の細目を決めるだろう。システムが変わり、安定するので、多く変化が起きるだろう。 ロシアのプーティンは改革プロセスに優れたリーダーシップを発揮する用意ができていて、この国は米国や中国と同様に再活性化するだろう。 翻訳 Taki

シェルダン・ナイドルニュース 2016年6月21日

<訳者注> 今回のシェルダンナイドルニュースは訳している途中、 部分的にものすごい違和感を感じる部分がありました。こういうメッセージを読まれる際は、内容がしっくりくるかどうか、ご自分の直感と相談しながら注意深く読んで頂くようお願いします。真実は人それぞれあると信じつつ、あとは読まれるみなさんの判断力に任せたいと思いますので、今日もそのまま訳して掲載します。 6月21日:シェルダン・ナイドルニュース http://www.galacticchannelings.com/english/sheldan21-06-16.html Selamat Jalwa! 驚くべきイベントの数々がようやく起き始めています。みなさんの恵みを準備している存在たちは、間もなくそれを拡散できるようになります。アメリカ政府を正そうとしている存在たちは、事実上の政権から正当な共和国へのシフトにも取り組んでいます。このシフトによって、連邦準備制度理事会は崩壊し、ここ30年以上続いてきたアメリカによる戦争にも似た行為を終わらせる事になるでしょう。 以前にも申し上げたように、この過程は当初の予測よりも長くかかっていますが、ようやくこの領域は地球の表面世界から闇の秘密組織とその無数の手下たちをなくす為に一致団結しました。13000年近く続いてきた闇の支配はもう終わりです。みなさんが普通であると思ってきた多くの考え方は、地球の表面の歴史の真実の歩みに基づいた一連の新しい考え方に置き換えられます。 しかし、この過程にはもっと時間がかかります。何故なら、あなたは長らくあなたという人間を形成してきた信念を放棄しないとならないからです。したがって、私たちはマスターから学ぶレッスンの1過程と次の過程の間の間隔を長くしました。何故なら、みなさんはあまりにも長い間、闇に与えられた嘘を深く信じ込まされてきた人たちですから。最後のステップは、マスターたちが教えてくれる事を今までの信念と置き換え、受け入れる事です! これらの変化によって、あなたはやってくる豊かさが適切に使用される事を許可できるようになります。現時点でのお金の概念はようやくみなさんの日常から消え去ります。何世紀もの間、闇の手下たちの支配下にいたあなたたちが、山のようにやってくる新しい概念を受け入れるのは簡単な事ではありません。私たちの役目は、みなさんに全く新しいライフスタイルをご紹介するという形で、アセンデッドマスターたちのサポートをする事です。 私たちは以前に経験しているから分かります、劇的な変化を受け入れ、最も苦痛であろう一連の地球規模のショックから立ち直るには時間が掛かると。アガルタ人たちは、この膨大な量の新しい知識がどれだけ長くみなさんにインパクトを与え続けるであろうかを常に私たちに警告してきました。ですから、みなさんはこの新しい知識を少しずつ活用するという事がとても重要になります。みなさんが新しい在り方に慣れてくれば、最初に感じた不思議な感じは段々と無くなるでし ょう。 あなたが一度これらの真実を受け入れ始めると、新しいライフスタイルが開始可能になります。こうなるとあなたはようやく、真の調和に包まれて共に咲く、小さな蓮の花のような人生を創造できるようになったという事です。この新しいハーモニーによって、自由で豊かな新しい現実の実現が可能になります! この新しい環境は今発展中で、あちらこちらで新鮮な在り方が始まっています。つい最近まで絶対にあり得ないと思われてきたような事が、どんどん普通になってきています。あなたが今しているように、素早く変わるというのは本当は簡単な事ではないのです。この変わりつつある現実は、これから先に待っている事の、真の兆候です。この領域はみなさんの力を前提とした土台の上で成り立っています。したがって、私たちは全員みなさんが何をしているかをしっかりと見て、 その上で地球の表面の現状を評価しなければなりません。 今現在、様々な障害に見舞われて現存のシステムが崩壊しつつあるという事を示す数々のイベントが起きています。政治的、経済的現実において、その障害の度合いは高まっており、この領域の機能を維持している要素全てをねじ曲げています。このように進みゆく崩壊によって、いかにこの現実のあらゆる部分で壮大な変化が起きているかが分かります。したがって、新しい経済、政治システムはすぐそこまで来ています。こういった新しい要素は、完全に新しいシステムの前兆 であり、より自由で豊かな経済や政権への変化を可能にしてくれます。 これは、実際どういう事なのでしょうか? それは古い領域の境界が崩れ、新しい境界に置き換わっているという事です。この全ての変化の要素は単純に、その他の要素が二度と元に戻らない地点にまでたどり着くような変化を促す手段に過ぎません。私たちはこれにより、みなさんのファーストコンタクトに向けた準備が確実に整うという事で、本件を管轄しています。これこそが、私たちの最優先の目的です。私たちは、その他の存在と共にみなさんを完全意識の状態に戻すべく、指導する為に来ています。 この過程には、非常に膨大な努力が必要です。何故なら、あなたは成功の為に必要な意識に到達するにはまだ程遠いからです。天の神聖な介入が無ければ、とても無理です。そこで、天はみなさんが変われるよう、私たちに神聖なプランを提案してくださいました。このプランは、みなさんが今の現実を手放し、喜びを持って新しい現実を創る事を可能にするものです。私たちは、アガルタという場所を使って、みなさんと闇の存在との初期の戯れを正していこうと考えています。 この流れで、みなさんは聖なる叡智を授かりそれを使って、この銀河に存在する残りの闇を喜びを持って転換する事を依頼されます。この壮大な役目こそ、私たちとみなさんとの共同作業における醍醐味です! こんにちは!私たちはあなたのアセンデッドマスターです!ここ最近は天の恩恵もあり、多方面で大きな進展を見る事が出来るという、恵み多き時となっています。新しい経済システムは世界規模で動いており、無数にある欠陥についても解決が図られています。新しい統治に関しても同じで、もう既に発表される準備は出来ており、連邦準備制度理事会は歴史の中に葬られようとしています。こういったイベントの全ては、みなさんのポジティブな姿勢及び新しく転換された現実 をみなさんが共に思い描いてくださったからこそ起きています。私たちは共に、この現実が実現する為のエネルギーの網を提供しています。こういった活動を通して、みなさんは今まで知らなかった人たちと出会います。これらの素晴らしい人々は、あなたの後に続いてこの領域が素早く形になるのを可能にしていきます。 私たちはこういったみなさんの行為によって肉体を得、この新しい領域の一部となれる幸せを許されるのを楽しんでいます。この瞬間にも、みなさんが夢にまで見た全てが目の前に現れます。この多大な贈り物、そしてこの素晴らしい新しいエネルギーを受け入れてください! これらのイベントはほんの始まりに過ぎません。みなさんは、とてつもない一連の素晴らしい出来事の為の準備をさせられています。闇の政権は薄れていき、光及びスピリチュアル/宇宙の家族に置き換えられます。これらの壮大な変化は、私たちの正式な帰還と将来講師となる教師的存在の到着を含む計画の冒頭部分となります。これによって、私たちはみなさんと挨拶を交わす事が出来、それと同時に初めの叡智を伝授する事ができます。 ずっと昔、アトランティス人たちが旅立った後、ガイアはその表面の現実におけるエネルギーを突如大幅に低下させられ、そのまま13000年近くが経過しました。今こそ、低下させられたエネルギーを元の域にまで戻す時です。この活動は、その最終章に入る準備が整いつつあります。それまで私たちは自分たちの能力を使って、みなさんの真の自分を見つけるという旅のお手伝いをできればと考えています。 これからやってくる時というのは、たくさんの新しい経験をする為の機会を得られる時です。私たちの目標は自分たちの能力を使って、みなさんを慈悲心と悪知恵で新しいレベルへと導く事です。この活動は本質的に複雑なものでありながら、非常にシンプルでもあります。多くの方は、私たちが能力を使って、みなさんに起こる強烈なインパクトを弱めて欲しいと期待しているようです。私たちはそうしますし、あなたがより複雑な状況に耐えうるよう準備させて頂きます。 みなさんは豊かさの新しい概念に遭遇し、人間でいるというのはどういう事かの真の意味を知るでしょう。みなさんのグループは今まで存在しないと信じていた存在と出会い始めます。この増加する不思議な感覚は、非日常な経験をより多く創造する為の準備です。これらは、地球の内部へと進む道へと続く前兆です。私たちの役目はみなさんと共にいて、共に素晴らしい未来を創る事です!楽しみはこれからです! 本日は週に一度、世界的に何が起きているかをみなさんにお伝えするという役目を果たしました。この現実は毎日どんどん変わっています。ポジティブな気持ちを保って頂き、今身近にそして世界的に何が起きているかを周りの人にも教えてあげてください。どうか知ってください、無限の供給と終わる事の無い天からの豊かさは実にあなたのものである事を!そういう事です!ひとつであれ!喜びの中にあれ! Website: Planetary Activation Organization 訳:JUN

コズミックディスクロージャー: 天空の年代記  シーズン5 エピソード1

コズミックディスクロージャー: 天空の年代記 シーズン5 エピソード1 http://ja.spherebeingalliance.com/blog/transcript-cosmic-disclosure-celestial-timeline.html David Wilcock: さぁ、『コズミック・ディスクロージャー』へようこそ。司会のディビッド・ウィルコックです。コーリー・グッドをお迎えしております。今回は私たちの太陽系の宇宙史について詳しく聞いてみたいと思います。ここに定住した者たちの実際の年代記をたどり、どんな情報があったか、いままでいろんなことを話してきましたが、全体をまとめたことがありませんでした。始まりから今日まで、コーリーが宇宙プログラムで直接得た体験のすき間を埋めていきたいと思います。 コーリー、番組へようこそ。 Corey Goode: どうも。 David: 宇宙は138億歳であるとすれば、地球は40億年前に形成されました。そして、38億年前に冷めて液体の水が出来ました。その時に微生物がはじめて現れました。私たちの知っていることです。 38億年前の地球は水の惑星でした。となると、理論的にはあの時代でも誰かが地球に降り立ったことも考えられます。しかし、太陽系の中の実際にある居住地はどうなっているでしょうか。具体的に証拠は?知っている中で最も古いものは何ですか? Corey: スマートパッドの情報によると、具体的な証拠は古代遺跡の形として残っています。彼らはこれらの遺跡を古代ビルダー種族遺跡と名付けました。数十億年までとはいわないが、これらの遺跡は数億年も前のものであるため、彼らはその年代を正確に測定することが出来ませんでした。 David: これらの遺跡が見つかって掘り返されたってこと?彼らはどこを掘っていたのでしょうか。 Corey: 金星から遥か遠くのオールトの雲まで、私たちの太陽系の至る所にある様々な天体です。 David: つまり地下に埋められた遺跡もあり、掘り出さないといけないのですね。 Corey: ええ。小惑星を含め、天体の地表にあって破片に覆われただけのものもあれば、地下深くまで掘って見つかったものもあります。 David: これらの遺跡はどういうふうに見えますか。どんなものが見つかりましたか。 Corey: 彼らはアルミに似た透明な合金をいろいろと探していました。それはある種の技術です。彼らはこの合金に他のちょっとした技術を組み合わせることで、ガラスを不透明にしたり、暗くしたり、ディスプレイ(表示)技術まで作ったりしたと思われます。かなり高度な技術でした。大抵の場合、彼らは何を探せばいいのか、初めから分かっていたわけではありません。彼らは時々、石のような人工物を見つけていました。のちにそれがある種の技術であることが分かりましたが、何を探すべきか分かっていたわけではありません。 David: これらが初めて見つかったのはいつ頃でしたか? Corey: ドイツの離脱文明の集団は第二次世界大戦の前には宇宙旅行を始めましたので、戦時中にはもう地球外で見つけていたと思います。 David: 透明なアルミで作られたと言いましたが、実際はどういうふうに見えますか?数十億年も前のものなら、その上空を飛んで見下ろすとすると、実際にどう見えますか? Corey: 地表にある多くの遺跡はまるで何らかの大きな衝撃波を受けたように見えました。曲がったり、反り返ったりしていました。どんなに想像しても、それは原形に見えませんでした。滅茶苦茶でした。地下深くにあるものや、この衝撃波または損傷の原因となる出来事が起きる前に覆われていたものなどは、比較的に原形をとどめていました。 彼らには多くの謎がありました。古代ビルダー種族は誰なのか、どこから来たのか、分かりませんでした。いかなる文字記録も見つかりませんでした。 David: 損傷を受けなかった構造物はどんな感じですか?ドーム状でしたか? Corey: いろいろありました。崩壊したドーム、四角い構造物、塔など、形も大きさもいろいろでした。 David: ピラミッドやオベリスク(石柱)もあると前に言いましたね。 Corey: ええ。 David: それもたくさんありましたか? Corey: ええ。その殆どは地下に見つかりました。 David: 内部地球みたいなところに? Corey: 内部地球に限らず、これらの天体の内部から四角形やピラミッドの形をした施設か前哨基地も見つかりました。 David: ということは、彼ら(古代ビルダー)にとってピラミッドの形は重要な意味を持ちますね。 Corey: ええ、そうみたいです。スマートパッドを読んでいた頃は神聖幾何学などのことを実は理解していませんでした。あなたの Wisdom Teachings (知恵の教え)やその他の番組を見てから、初めて理解しました。だから、あの時はその重要性を分かっていなかったし、彼ら(ドイツの離脱文明)も分かっていなかったと思います。少なくともスマートパッドにはそれに関する情報がありませんでした。 David: リチャード・C.ホーグランドのトップインサイダーであり、私がブルースと呼んでいる人がこんなことを言っていました。「私たちは宇宙の廃品置き場に住んでいる」って。彼なりの表現ですね。 Corey: 確かにそうですね。 David: あなたの今の話を聞くまで、なぜ彼がああいう表現をしたのか、実は分かっていませんでした。地表にあるのはまさに破壊されたものばかりなんですね。 Corey: そうなんです。 David: 目を引くものには見えないでしょうね。 Corey: 役に立つものを見つけるには、彼らはかなり探索しなければなりません。 David: 大変そうですね。ところで、破壊された透明アルミはガラスに似ていますが、焼けたように見えると言いましたね。焦げ跡があるのでしょうか。どんな種類の損傷でしょうか。それでも割れたガラスのように見えますか。 Corey: ガラスに見えるものもあります。ただ砕けやすいし、もはや透明ではありません。 David: 衛星にあるものはやはり衛星のホコリとか表土とかに覆われていたのでしょうか。 Corey: ええ。 David: ホコリに完全に覆われてたの? Corey: そうです。 David: つまり見ていても、ねじ曲げられたり反り返ったりしたものとは気付かないのですね。 Corey: 人工的なものには見えますが、大抵の場合、かなり近くで見ないと詳細は分かりません。 David: さて、ここから話すテーマは、私の新刊本「アセンションの秘密」の後半全体に詳細に取り上げたものです。本を書き終えてその報告をした時に、あなたから初めてその話を聞いて仰天しました。太陽系の外に出たら、何かあるんですね? Corey: 私たちの属するこの星団を彼らは局部星団と呼んでいますが、それは約50の星々から成り立っており、コズミック・ウェブ(宇宙のネットワーク)でお互いにつながっています。彼らはその星団の星々で全く同じものを見つけたのです。 David: その話を聞いてから調べましたが、面白いものが見つかったと言っておきましょう。それについていくつか聞いてみたいと思います。 古代ビルダー種族まで遡ると、この一帯の星団は私たちの歴史の重要な一部です。あなたの話によると、これらの星々は奇妙な相互関係を持っています。それはどんな関係でしょうか。遠くの星々と比べて、この星団はどう違うのでしょうか。その星々は互いに対してどう振る舞うのでしょうか。 Corey: こういうのも変なのですが、彼らはある種の集団意識とまでは言えずとも、お互いに深いエネルギレベルでつながっているようです。それらの星系に住むすべての存在も同じようにつながっています。 また、この局部星団にあるこれらの異なる星系すべては、古代ビルダー種族の保護下にあるようです。ある種の防衛網は作られていましたが、古代ビルダー種族は去って行ってしまいました。その防衛網は何百万年も何十億年もずっと維持されていました。 David: 一つ大事なことを確認しておきたいです。この局部星団は私たちに最も近い星々です。あなたが知っている限りでは、そもそも、あいつら(離脱文明)が乗り物で太陽系外に出て行けたのはいつ頃でしたか? Corey: おそらく1920年代から30年代ですね。 David: ドイツの離脱文明集団でも太陽系の外に出ていけたのですか。彼らの行き先を阻むバリアか技術的な問題はないのですね。 Corey: ええ。技術的な問題はありません。しかし、政治的なつながりを確保せずに、これらの様々な星系の間を飛び回るのはお薦めできません。 David: 見つかると撃ち落とされるのですか? Corey: ええ。ドイツのやつらは関係作りをいろいろと率先して作っていました。 David: あなたは前に言いましたが、カバールが部分開示のタイムラインを狙っています。 Corey: ええ。 David: 私が覚えている限りでは、その部分開示タイムラインの要素の一つに、彼らは解決できない問題に阻まれて太陽系を出ていったことがないと言って、私たちを丸め込めようとしました。彼らの狙いは何でしょうか。なぜ宇宙旅行を持ちかけながら、太陽系を出てはいけないというのでしょうか。 Corey: 彼らのいくつかのシナリオを聞きました。その一つに、古代ビルダー種族は存在していたが、もう二度と戻ってきていないというのがありました。 David: なるほど。 Corey: それで、私たちはリバースエンジニアリングでその技術を開発したというわけです。 David: 肝心なことですが、1930年代から他の星系に行くには、コズミック・ウェブについての理解を早い段階で獲得していないといけないと思います。それとも彼らはポータルでこれらの星々に移動していたのでしょうか。彼らは超光速移動技術を持っていたのでしょうか。どうやって太陽系外に行ったのでしょうか。 Corey: 組み合わせです。最初の頃はポータルで移動していました。それが移動の主要部分です。それから、彼らは宇宙船を開発し、続いてトーション・ドライブを開発し、そして超光速移動技術を獲得しました。 David: 超光速移動が出来たのはいつ頃でしたか? Corey: 彼らは第二次世界大戦の前に超光速移動を獲得しました。ただ、ドイツの秘密結社組織と、これらの技術を開発していたほかの秘密組織に比べると、アメリカは数十年遅れていました。 David: 私たちがいま話している太陽系の歴史はその重要な背景だと思います。それを元に、エネルギのバリアやら、放射能やらを持ち出して、私たちが太陽系外に出て行くのを阻もうとした狙いが、一部の部分開示タイムラインに組み込まれているようです。 それで私たちが太陽系を出て、他の星系に入って、撃ち落とされずに済んだとします。これらの古代ビルダー種族の遺跡はどれだけ見つかったのでしょうか。どこで?惑星とか衛星とかで?周りの人工衛星から? Corey: 私たちがここで見つかったのと殆ど同じものです。私たちの局部星団の他の星系から。 David: あなたの話では、ここでは至る所で見つかりました。衛星から惑星まで、固体の天体すべてに、これらの遺跡がありました。 Corey: ええ。 David: これは私にとって重要なことです。なぜなら、あなたが言うには、私たちの星団に50以上の星があります。その大半かすべては惑星を持っており、どこへ行っても同じです。すべて同じぐらい古いのでしょうか。 Corey: ええ。 David: ここと同じようにどこも破壊されていた? Corey: それは知りません。 David: 私たちのほうはダメージが大きいとか、あっ、あなたは知らないのですね。 Corey: ほかの星系で見つかったものの詳細については殆ど知りません。後で起きたことを考えると、ここと全く同じ状況とは思いませんが。 David: わかりました。これらの星系の惑星は古代ビルダー種族に統治されていました。彼らは実質的に保護されていました。この保護はどのような形で行われていたのでしょうか。あなたがいう防衛網と結びつくなんらかの物理的に測れる技術か人工物があるのでしょうか。 Corey: あります。その保護または兵器のための発射装置は衛星または惑星サイズの巨大な球体でした。その多くは衛星をくり抜いたり、切り出したり、掘ったりして配置されたものです。表面には穴があり、大きいものになると衛星の大きさほどの穴があります。本当に巨大です。 David: つまり、実際に金属っぽい構造物であることを確認できるのですね。 Corey: ええ。 David: 見ただけで分かるのですか? Corey: その報告を見ました。私は実際の映像を見ていません。どこにあるかも知りません。 David: 星団内の一つの星系で、何個ありますか。 Corey: 知りません。 David: 複数はありますよね。 Corey: ええ。 David: どの星団にも複数のデススター衛星があるのですか。 訳注: 話の流れから、ここは正しくは「どの星系」だと思われます。原文通りに訳しました。 Corey: ええ。 David: これは本当にびっくり仰天の発見です。自分が最近まで知っていたと思っていたことをあまりにも遥かに凌いでいます。あなたがすでに答えを知っている質問を、あなたに聞くことの威力をまざまざ見せつけられました。それまではその質問を聞こうと思いませんでした。なぜなら、この古代ビルダー種族の関わりは、私たちの太陽系だけに限らず、ずっと規模が大きいのですね。大量の人口と発展・・・どれぐらいの人口があったか、知りませんか。 Corey: 見当もつきません。非常に大きな文明です。その情報があまりにも少なすぎて、大きなクエスチョンマークです。 David: そうですね。 Corey: そして、それが高度な技術であることを彼らは知りました。最初はそれが技術であることに気付かなかったが、それに気付いた後は必死にその技術を求めて、本格的に探しに出かけました。でも、それを残した正体不明の存在はすでに消えていて、代わりに他の集団が入ってきていました。歴史の真実になる記述もいかなる情報も消されていました。まるで新しい王様が入ってきて、古い王の記録をすべて消し去ったかのように。 David: 次はホーグランドのインサイダーであるブルースから聞いた話です。彼の最新情報によると、月が地球の周りに配置されたのは6千万年前で、恐竜の絶滅した後だそうです。そして、月の内部には巨大な文明があるそうです。 月が6千万年歳という情報を個人的に見たことは? Corey: その情報は・・ David: 月が6千万年前に配置されたという情報です。 Corey: 覚えている限りでは、スマートパッドから読んだ情報で、私が思い出せたのは50万年前までの年代記です。 David: ブルースが言うには、それはつい最近までの通説で、彼らは今新しい情報を入手して、月の6千万年説を唱えているのです。 Corey: 彼の情報はおそらく、私が読んだ情報を更新したものでしょう。 David: ところで、月がアーク(箱舟)と呼ばれたことを聞いたことはありますか? Corey: あります。 David: では、この月の年齢の新しい解釈から、実は月に大勢の生き物があって、彼らは隕石で意図的に地球上の恐竜を絶滅させて、月から命の種を地球に蒔いたとは考えられないでしょうか。 Corey: そうですね。隕石によって恐竜が絶滅させられたのは偶然の事故ではなく、図られたものだという推測でした。 David: それは部分的には、賢くてやっかいなラプトルのような、進化した恐竜が原因とは考えられませんか。 Corey: それは分かりません。でも、地底に移動してラプトルに進化した存在との体験を読んだ私にとっては、そうだとしても驚きませんね。 David: では、その6千万年前の月が箱舟だとして、それがここまで運転されて来たときにはもう年期が経っていて故障した中古車みたいな感じでしょうか。 Corey: ええ、それは数億年前の技術だったので、ほかにもこの技術を知っていてものすごく欲しがる文明があり、彼らはいつもそれを乗っ取ろうと企んでいます。 David: 月はコズミック・ウェブを通り過ぎてきた車みたいなものかもしれませんね。理論的に全盛期の時にはそれを運転して好きなところに持って行けるのでしょう。 Corey: 私が読んだ情報もそんな感じです。 David: 惑星丸ごとの生き物を移動させるだけの空間が月の中にあると思いますか。 Corey: どのような形で運ぶかによります。もしDNAとして運ぶのなら、彼らはそれを目的地でクローン化するだけで済むかも知れません。 David: なるほど。 Corey: 私たちのDNAバンクも、私たちが始めようとしているある種の箱舟です。 David: 確かに。6千万年前に誰かが月でやってきたのなら、トンプソンとクレモの著書「禁断の考古学」に書かれた発見のいくつかを説明できます。2億2000万年前の岩から見つかった鎖とか。 Corey: 可能性はあります。何百万年にもわたって、地球上で多くの古代文明が栄えては衰退しました。 長い間地上で繰り返された栄枯盛衰や様々な変化によって、彼らの人工物の一部が変わった場所から見つかったりします。 David: 年代記の次は内部地球文明になると思います。それはいつからですか。 Corey: 彼らは2千万年近くも前からここに居ました。彼らが最近にそれを主張したまで、スマートパッドには彼らの情報はさほどありませんでした。 David: なるほど。 Corey: つまり、これは割と最近の情報です。  David: 彼らは局部星団の他の星から来たのでしょうか。  Corey: 彼らが言うには、彼らは私たちの惑星で進化しました。すべての惑星は命を進化させています。それは惑星の役目です。それで彼らは惑星の生命創造の賜物です。 David: では、内部地球文明のその後を見ていきましょう。彼らの一番古いのは1800万年前で、でも全員がその時代に現れたわけではありませんよね。 Corey: ええ。彼らは別々の集団です。一番最近の集団は28,000~30,000年前です。 David: そうですね。 Corey: 違う集団が現れ始めたのは25万年前で、それぞれの時期も見た目も違います。 David: それぞれの集団が現れる時期の情報はありますか。それとも特定は難しいですか。 Corey: スーパーアースとマルデクまたは火星の時代までは、それほど特定されていません。 David: そうですか。 Corey: 約50万年前に火星とスーパーアースの対立があったようです。そのうちの一つの集団が、あなたが言うデススターの一つを乗っ取り、もしくはハッキングして、それを兵器として相手側に使おうとしました。それでスーパーアースが爆発して、星団全体の防衛網を降ろしてしまいました。 David: 防衛網が降りたことで何が起きましたか。 Corey: 防衛網は非常に高度の技術で出来たものです。それが降りると、いままでそれに阻まれていた集団は入ってきて局部星団内の文明に干渉し始めました。 David: その爆発は50万年前でしたよね? Corey: 大体そのぐらいです。 David: 最初に入ってきた集団はどれ? Corey: おそらくスーパー連邦の組織が最初です。それは様々な集団でできた組織です。 David: その直後ですね。 Corey: 直後です。 David: で? Corey: 彼らは防衛網を監視していて、降りたのを見てすぐ入ってきました。そして、多分 375,000か 365,000 年前にドラコが入ってきました。惑星を爆発させ、防衛網を落とした大災害の生存者の中から、難民が次々と地球にやってきた頃と同時にドラコが侵入してきました。いろんなことが起きて、ある時点から状況がどんどん複雑になって混迷になっていきました。 David: 爆発させられた惑星から最も難民が早く来たのはいつですか。彼らは太陽系を植民地化しているので、一つの惑星だけに居たわけではないですよね。 Corey: ええ。 David: あちこちに彼らのものがあるので、惑星が爆発したときに全滅したとは思えません。 Corey: ええ。その時の私の情報に対して、月は生存者を連れてやってきたというあなたの新しい情報が問題になりました。 David: ええ。 Corey: 私が読んだ情報によると、それは約50万年前でした。その大災害のほぼ直後です。 David: 地球内部に住んでいる人が居て、地球を訪れる難民がいて、火星とマルデク(の文明)が同時に破壊されました。「一なるものの法則」には、地球の最初の三次密度の生命は75,000年前で、最初の人たちは、火星の破壊された文明からの転生者と書いてありました。 「いちなるものの法則」によると、25,000周期が3回あって、いずれも周期の終わりに大災害が起きていました。つまり、そこには文明が発生しては滅びていくようなシナリオがあります。あなたの見解も同じですか。 Corey: ええ。内部地球のアンシャールの人たちから聞いた話では、これらの周期の中では、大小様々な天変地異が起きていました スーパーアースの爆発からしばらく経ってから、私たちの太陽系には多くの残骸が飛び回っていました。スーパーアースの残骸はオールトの雲まで飛んでいって、また太陽に引き戻されました。天体の軌道がおかしくなり、これらの残骸に追突されていました。そのような混乱がしばらく続きました。まるでビリアードみたいでした。 David: いま年代表を作っているので、皆さんはおそらくレムリアについて知りたいと思います。太平洋あたりにある文明については知りませんか。 Corey: その情報はあったと思いますが、読んだのはもう随分前です。年代記と彼らが探していたものについての情報はかなり書いてありました。 David: 太平洋にあった文明については? Corey: えーと、すべての大陸から文明の痕跡が見つかりました。 David: 分かりました。ではこの年代記から、レムリアはさっと飛ばしましょう。となると次はアトランティスですね。アトランティスの時代に入ったら、情報が増えてたどりやすくなるのでしょうか。 Corey: かつて秘密結社がこれらの情報にアクセスできていた時代には、大量の情報が本に書き記されました。これらの情報は厳重に守られていますが、あなたが話しているのは、ずっと昔の血統情報までもが書かれたものでしょう。 David: ええ。 Corey: これら多くの情報は秘密本に書かれていますが、それらは今バチカンなどの秘密の場所に保管されています。 David: ヒンドゥー教のマハーバーラタに書かれている、交戦する文明の数が興味深いです。ある時期、地球上で高度な技術を持った複数の集団が大っぴらに交戦していたようです。スマートパッドにはそれらしい状況は書かれてあったでしょうか。地球上で複数の入植グループが同時に交戦してやり合っていた時期があったでしょうか。 Corey: 地球だけでなく、太陽系においてです。 David: そうですか。 Corey: ええ。月でさえも、私たちが受け入れた歴史の年代表の中に、割と最近までには戦争地域がありました。それらの地域は戦争を思い出させるための記念場所として残されています。そのような戦争が二度と起きないように合意がなされました。 David: そうですか。 Corey: でも、現代でも上空で戦争と衝突が公然と起きていますね。 David: つまり、これは非常に複雑な筋書きであり、一言で集約できるようなものではないのですね。アトランティスの文明は一つだけで無く、複数の文明の集合体ですか。 Corey: ええ。私が聞いた話では、私たちはアトランティスという名前を複数の文明と重ね合わせていたようです。アトランティスとして最もよく関連づけられたのは、おそらく隕石の衝突で大洪水が起きた頃の文明だと思います。 David: そうですね。アメリカの原住民に関する文献には、善意の神々が多く現れました。その神々は破壊されたアトランティスの再建に携わっていた人々と明らかに通じるものがあります。彼らは何者で、なぜ来たのか。それが大洪水の後で世界各地で起きていたようです。 Corey: 文明を地上に戻した神々は、地球外と内部地球の人たちの組み合わせのようでした。 David: さて、始まりから、一般に知られる従来の研究された歴史まで、それなり把握できたと思います。コーリー、ありがとうございました。みなさんも、ご視聴ありがとうございました。コズミックディスクロージャーでした。ゲストのコーリー・グッドと、司会のデビッド・ウィルコックでした。 翻訳: Shigeru

USN(米国の金本位新紙幣)情報 2016年6月16日

USN(米国の金本位新紙幣)情報 2016年6月16日 http://inteldinarchronicles.blogspot.jp/2016/06/wsomn-intel-highlights-from-big-call.html WSOMN Intel Highlights from The Big Call for 6-16-16 6/16/2016 07:47:00 PM Conference Call, Intel, Q&A, The Big Call, Thoughts, ジャック・リューは昨晩公式の一般発表を行った。声明は録音され、今朝Cspanで再生された。 この声明の中でジャック・リューは米国と中国は金本位通貨の発行についてのパリ合意を発効させると告知した。パリ合意は公式には気候変動に関するものだが、世界的な金取引と改革についての骨組みにも及んでいる。 この合意では、すべては6月15日までに完了すべきことが定められている。 ポール・ライアンはオバマケアが見直されると宣言した。 ライアンと共和党は新しい租税規則を提案した。彼の提案ではIRS(国内歳入庁)が廃止され、付加価値税に代えられる。新しい製品には消費税が課せられるが中古品、食料品、医薬品のような生活必需品には課せられない。所得税は消費税に置き換えられる。 新システムでは旧システムでの抜け道はふさがれ、すべての人は平等な支払いをする。 ヨセフが言うにはIRSは抜け殻に過ぎなくなった、と。その代わりに財務省が担当官庁になる。 USA,Inc.は、事前交渉による恩赦パッケージに基づいて債務不履行状態になるが、告知はしない。オバマは別の機会に告知を行うだろう。これは強制的な展開のきっかけとなる。オバマはそれに対して代償を支払うことになるだろう。 選挙が済むまでは連邦準備制度とIRSの解散については一般告知は行われない。両方ともすでに改革されている。 最終交渉チームが北京とレノで合意事項を詰めている。ごく近い将来での実現を祝福しよう。 水曜日の真夜中に中国は砂の上に最終タイムラインを描いたが、事態は完全な終結に至った。 Cセクションが今朝始まった。中国の金本位制度は子宮から取り出された。 昨日、中国は金本位制度の開始を告知し、パリ合意は履行にいたった。 ブラジルとヴェネズエラも加わって、すべての最終的な軍事、外交上の決定事項が実行された。 事態は進んでいるが、予言されたものよりもはるかにゆっくり行われている。 ヨーロッパと米国に残っている悪役共には中国がすべての債券とエキティーマーケtットを制御していると告げられた。 長老たちはゲームを終了した。中国市場が開く前にRVがいつでも実行に入ると期待されている。 7000か所のオフサイトセンターに人員が配置され、今日午後4時から歴史を作る準備をするように告げられている。これらのオフサイトセンターには人員が二組配置されていて、今発足の体制に入っている。 ウエルズファーゴなどの償還センターでは高いレートがスクリーン上に表示されたままになっているが、チェースマンハッタンを含むその他のレンガ・モルタル銀行では低いレートが表示されている。 パリ合意ではRVを至急実施するようにとのことだった。私たちは今実施寸前の状態にある。 翻訳 Taki

シェルダン・ナイドルニュース  2016年6月14日

6月14日:シェルダン・ナイドルニュース http://www.galacticchannelings.com/english/sheldan14-06-16.html Dratzo! いくつかのイベントによって、地球のあり方が変わってきています。現在、この一連の新しいイベントのおかげで、新しい光の財政及び通貨システムの導入が可能になりました。そして、この一連の変化は、闇の手下たちを強制的にその暗闇から抜け出させ、光の前に姿をさらすよう仕向けています。したがって、遅延に繋がるような最後の懸念の残りカスは阻止されました。闇の存在たちはもう既に隠れたり、遅延を作り出す術を失っています。 今回の新しいシステムによって、闇の存在たちはその行いの報いを受けざるを得なくなり、その結果高みから引きずり降ろされました。今は新しいシステムの正式な開始を可能にするべく、様々な資金が計画通りに準備されている所です。その間、大量逮捕及びアメリカのNESARA共和国の立ち上げを指揮している存在たちは、その機会の窓が自分たちのタイミングで開くのを目撃しています。何度かの“挑戦と失敗”を繰り返した末、ようやく成功に近付いていると感じられるようになりました。全能に思えた闇の存在たちは、破滅的な終わりを迎えようとしています。私たちは、地球にいる仲間たちとその素晴らしい計画の進展具合を誇りに思っています。長らく必要とされていた結果の実現に、かなり近付いています! 全てが前進するにつれ、闇の秘密組織はその凶運が現れ始めている事に気が付いています。無数にいる彼らの手下は、光が成し遂げようとする事をもはや止める事が出来ません。従って、多くの計画の最初の支払は近付いており、その受領者となる方々はそれがどれだけ近いかを心で感じています。闇の秘密組織は、彼らが金で買った多くの政府が崩壊に近付いている事を知っています。これらの状況によって、この現実は闇から光への壮大なシフトの入り口にまで来ていると言えます。そして、非常に興味深い進展の数々が現れ始めています。 新しい国庫が多くの機能を吸収すると共に、闇の一番の助けとなっていた連邦準備金が消滅し始めた事に現在の事実上のアメリカ政権は気が付いています。世界中から力づくで合法的に入手していた資金はもうこれからは得られません。更に、新共和国を支持する軍が、かつての事実上政権に正式に従事していた勢力と再び繋がり始めています。これらの出来事は、みなさんが望んで止まない新しい現実をもたらす過程のまさに始まりです!私たちはこれらの新しい統治が実現するのを待っています。そうすれば、いくつかのイベントが起きるのが可能になります! 私たちの望みは、新しい統治の大部分が正式に力を持つ前に、皆さんの前に姿を現すようアガルタ人たちに依頼する事です。彼らをみなさんに紹介する事をきっかけに、アセンデッドマスターたちによって最も重要な真実がみなさんに伝えられます。ここで伝えられる真実は、無数の教師的存在が地球に配置される前に、みなさんが知っておくべき最低限必要な基礎知識です。みなさんはまず、アヌンナキたちの残酷な意図を理解している必要があります。それをご理解頂いた上で、どうやってアヌンナキがこの世界を作りあげていったかの話に移る事ができます。その上で、みなさんの歴史を復習しながら、何百年もかけてどのようにみなさんに嘘の信念を吹き込んだかをお見せします。そして、闇の手下たちがいかにこの嘘の信念を利用しつつ、みなさんに対する支配を維持してきたかを知って頂きます。 こういったみなさんを支配する為のツールは全て破壊され、みなさんはこの世の素晴らしさやみなさんの真の自由意志がもつ可能性を学びます。これに教師的存在たちの助けを加える事で、みなさんはご自身の力を一部取り戻します。これは、みなさんの可能性の内のほんの序の口に過ぎません。 私たちの目的は、まだ残っている可能性の最先端までみなさんをお連れする事。この新しい力は、みなさんが光のクリスタル部屋(クリスタルライトチェンバー)で3日間滞在する間に起こるであろう過程に臨むための準備を整えます。そして、アガルタ人たちも助けてくれます。この新しいアガルタ人たちとの同盟こそがこの星間国家を非常にユニークなものにし、このきわめて重要な過程においてみなさんを助けるのです。このイベントによって、人間の制限された意識に支配されていた今の現実のすべてが変わります。 アヌンナキの残忍さによって、この領域は持つ者と持たざる者に分割されていました。私たちは、すべての方々を元の通りに戻します。これによって気付きを得た光の存在のグループができるので、みなさんはアセンデッドマスターたちと共に4つの水の世界の土地の守護者となります。この新しい星間国家によって、みなさんは鯨やイルカの世界とも再び繋がります。そして、彼らと共に旧アンチャラ同盟の各世界の存在たちがそれぞれのライトボディーの発見/実現の手助けをする、という壮大な役目を担います。更に、みなさんは旧闇の勢力のいとこにあたり、現在は銀河連合に属している存在たちの助けも得ます。このイベントは、この銀河における全ての存在にとって、すばらしき平和の時代のさきがけとなるでしょう! ナマステ!私たちはあなたのアセンデッドマスターです!みなさんの領域は現在、壮大なシフトの真っ只中です。ずっと前にアヌンナキたちは人間を人型ロボットになるように運命付けた世界を作ろうとしました。しかし、多くのアセンデッドマスターが現れた事で、その工程は一時的に停止させられました。その後、数千年を経て闇の存在たちはこの現実を劇的に変えるべく新たな企みを考案しました。 しかし、この惨い企ては1995年にアンチャラの末裔からの突然の宣言によって、またもや停止させられました。この時のメッセージは平和を提供するという趣旨のもので、更にAEONと大天使ミカエルの宣言によって付け加えられました。この突然の銀河戦争の停止は、アヌンナキの計画の前進を不可能にしました。その後は、静寂な時代が続きます。この間に私たちはある計画を練る事ができ、それは即座に天の了承を得る事ができました。それに続く数十年で、私たちは光及び全員にとっての新しい領域を立ち上げる事ができたのです。ハレルヤ!ハレルヤ! 私たちは、地球表面の人類の為の光の領域の開始地点に立つと共に、このきわめて重大な勝利を確実にしてくださった天のやり方に大いに歓喜しています!この美しい地球で人類がガイアの土地の守護者として真にその役目を果たす時に備えるべく、あなたが新しく成長したその意識を活用する様を私たちは見守っています。その役目の一部として、みなさんはガイアの海や土地、空気をきれいにするためのプロジェクトを取りまとめています。闇の秘密組織は、今までそれらを毒で汚そうと懸命に努力した結果、人類のほとんどが病んでしまいました。 しかし、みなさんは力を合わせて、この壮大な勝利を可能にしました。私たちはみなさんの行動力に感謝しながら、私たち自身の集合的な能力を結集して、私たちの共同の念願が叶う可能性を増大させています。みなさんの心からの願いこそが、本当にみなさんがこの現実に望んでいる希望を表しています。それはこの地球に限った事ではなく、銀河全体に対しても全員が望んでいる事です。愛しいみなさん、どうかこのもっともポジティブな道に忠実でいてください!最高の状況が、今あなたの周りで実現しつつあります。 天は、壮大なシフトが起きつつあり、それは止める事が出来ないという事をみなさんにどうか伝えて欲しいと毎日私たちに懇願しています。闇の秘密組織はこの事実に気が付いており、全員が完全意識を取り戻すという勝利がどれだけ近いかを知っています。創造主のエネルギーが物質的創造の領域であるこの世界に注ぎ込んでいます。これらのエネルギーは素晴らしい繁栄、驚くべき自由とスピリチュアルな能力の溢れる領域を創り出しています。宇宙の研究に関わっている存在たちが完全に理解を示し始めると共に、この現実はシフトします。みなさんをイラつかせるのは、終わった権力の最後の時にしがみついている存在たちだけです。そういった苛立ちはもう手放してください。光の中で一体となり、一連のグランドシフトが目の前で繰り広げられるのを見守ってください。これらを、素晴らしき時代の前触れとして見ていてください。そして、みなさんの周りの人たちに自分の知っている事を説明してあげてください。可愛い子供たちよどうかこれ以上、だましやあからさまな不誠実さに屈しないでください。ホサナ!ホサナ! 本日も、私たちは週間レポートをお届けしました。私たちは非常に重要なプロジェクトのいくつかにおける最終地点に近づいています。どうか忍耐強くいて、集中力を維持してください。みなさんに対する多くの贈り物が実現しつつあります。勝利宣言目前のこの素晴らしい時に、ギブアップなんてするはずがありません。私たちがあなたを心から愛しているという事だけは、しっかりと覚えておいてください!愛しい方、どうか知ってください無限の供給と終わる事の無い天の繁栄は実にあなたのものであるという事を!そういう事です!ひとつであれ!喜びの中にあれ! Website: Planetary Activation Organization 訳:JUN