Friday, November 17, 2017
Home 愛と光の時代へのニュース

愛と光の時代へのニュース

シェルダン・ナイドルニュース  2016年6月14日

6月14日:シェルダン・ナイドルニュース http://www.galacticchannelings.com/english/sheldan14-06-16.html Dratzo! いくつかのイベントによって、地球のあり方が変わってきています。現在、この一連の新しいイベントのおかげで、新しい光の財政及び通貨システムの導入が可能になりました。そして、この一連の変化は、闇の手下たちを強制的にその暗闇から抜け出させ、光の前に姿をさらすよう仕向けています。したがって、遅延に繋がるような最後の懸念の残りカスは阻止されました。闇の存在たちはもう既に隠れたり、遅延を作り出す術を失っています。 今回の新しいシステムによって、闇の存在たちはその行いの報いを受けざるを得なくなり、その結果高みから引きずり降ろされました。今は新しいシステムの正式な開始を可能にするべく、様々な資金が計画通りに準備されている所です。その間、大量逮捕及びアメリカのNESARA共和国の立ち上げを指揮している存在たちは、その機会の窓が自分たちのタイミングで開くのを目撃しています。何度かの“挑戦と失敗”を繰り返した末、ようやく成功に近付いていると感じられるようになりました。全能に思えた闇の存在たちは、破滅的な終わりを迎えようとしています。私たちは、地球にいる仲間たちとその素晴らしい計画の進展具合を誇りに思っています。長らく必要とされていた結果の実現に、かなり近付いています! 全てが前進するにつれ、闇の秘密組織はその凶運が現れ始めている事に気が付いています。無数にいる彼らの手下は、光が成し遂げようとする事をもはや止める事が出来ません。従って、多くの計画の最初の支払は近付いており、その受領者となる方々はそれがどれだけ近いかを心で感じています。闇の秘密組織は、彼らが金で買った多くの政府が崩壊に近付いている事を知っています。これらの状況によって、この現実は闇から光への壮大なシフトの入り口にまで来ていると言えます。そして、非常に興味深い進展の数々が現れ始めています。 新しい国庫が多くの機能を吸収すると共に、闇の一番の助けとなっていた連邦準備金が消滅し始めた事に現在の事実上のアメリカ政権は気が付いています。世界中から力づくで合法的に入手していた資金はもうこれからは得られません。更に、新共和国を支持する軍が、かつての事実上政権に正式に従事していた勢力と再び繋がり始めています。これらの出来事は、みなさんが望んで止まない新しい現実をもたらす過程のまさに始まりです!私たちはこれらの新しい統治が実現するのを待っています。そうすれば、いくつかのイベントが起きるのが可能になります! 私たちの望みは、新しい統治の大部分が正式に力を持つ前に、皆さんの前に姿を現すようアガルタ人たちに依頼する事です。彼らをみなさんに紹介する事をきっかけに、アセンデッドマスターたちによって最も重要な真実がみなさんに伝えられます。ここで伝えられる真実は、無数の教師的存在が地球に配置される前に、みなさんが知っておくべき最低限必要な基礎知識です。みなさんはまず、アヌンナキたちの残酷な意図を理解している必要があります。それをご理解頂いた上で、どうやってアヌンナキがこの世界を作りあげていったかの話に移る事ができます。その上で、みなさんの歴史を復習しながら、何百年もかけてどのようにみなさんに嘘の信念を吹き込んだかをお見せします。そして、闇の手下たちがいかにこの嘘の信念を利用しつつ、みなさんに対する支配を維持してきたかを知って頂きます。 こういったみなさんを支配する為のツールは全て破壊され、みなさんはこの世の素晴らしさやみなさんの真の自由意志がもつ可能性を学びます。これに教師的存在たちの助けを加える事で、みなさんはご自身の力を一部取り戻します。これは、みなさんの可能性の内のほんの序の口に過ぎません。 私たちの目的は、まだ残っている可能性の最先端までみなさんをお連れする事。この新しい力は、みなさんが光のクリスタル部屋(クリスタルライトチェンバー)で3日間滞在する間に起こるであろう過程に臨むための準備を整えます。そして、アガルタ人たちも助けてくれます。この新しいアガルタ人たちとの同盟こそがこの星間国家を非常にユニークなものにし、このきわめて重要な過程においてみなさんを助けるのです。このイベントによって、人間の制限された意識に支配されていた今の現実のすべてが変わります。 アヌンナキの残忍さによって、この領域は持つ者と持たざる者に分割されていました。私たちは、すべての方々を元の通りに戻します。これによって気付きを得た光の存在のグループができるので、みなさんはアセンデッドマスターたちと共に4つの水の世界の土地の守護者となります。この新しい星間国家によって、みなさんは鯨やイルカの世界とも再び繋がります。そして、彼らと共に旧アンチャラ同盟の各世界の存在たちがそれぞれのライトボディーの発見/実現の手助けをする、という壮大な役目を担います。更に、みなさんは旧闇の勢力のいとこにあたり、現在は銀河連合に属している存在たちの助けも得ます。このイベントは、この銀河における全ての存在にとって、すばらしき平和の時代のさきがけとなるでしょう! ナマステ!私たちはあなたのアセンデッドマスターです!みなさんの領域は現在、壮大なシフトの真っ只中です。ずっと前にアヌンナキたちは人間を人型ロボットになるように運命付けた世界を作ろうとしました。しかし、多くのアセンデッドマスターが現れた事で、その工程は一時的に停止させられました。その後、数千年を経て闇の存在たちはこの現実を劇的に変えるべく新たな企みを考案しました。 しかし、この惨い企ては1995年にアンチャラの末裔からの突然の宣言によって、またもや停止させられました。この時のメッセージは平和を提供するという趣旨のもので、更にAEONと大天使ミカエルの宣言によって付け加えられました。この突然の銀河戦争の停止は、アヌンナキの計画の前進を不可能にしました。その後は、静寂な時代が続きます。この間に私たちはある計画を練る事ができ、それは即座に天の了承を得る事ができました。それに続く数十年で、私たちは光及び全員にとっての新しい領域を立ち上げる事ができたのです。ハレルヤ!ハレルヤ! 私たちは、地球表面の人類の為の光の領域の開始地点に立つと共に、このきわめて重大な勝利を確実にしてくださった天のやり方に大いに歓喜しています!この美しい地球で人類がガイアの土地の守護者として真にその役目を果たす時に備えるべく、あなたが新しく成長したその意識を活用する様を私たちは見守っています。その役目の一部として、みなさんはガイアの海や土地、空気をきれいにするためのプロジェクトを取りまとめています。闇の秘密組織は、今までそれらを毒で汚そうと懸命に努力した結果、人類のほとんどが病んでしまいました。 しかし、みなさんは力を合わせて、この壮大な勝利を可能にしました。私たちはみなさんの行動力に感謝しながら、私たち自身の集合的な能力を結集して、私たちの共同の念願が叶う可能性を増大させています。みなさんの心からの願いこそが、本当にみなさんがこの現実に望んでいる希望を表しています。それはこの地球に限った事ではなく、銀河全体に対しても全員が望んでいる事です。愛しいみなさん、どうかこのもっともポジティブな道に忠実でいてください!最高の状況が、今あなたの周りで実現しつつあります。 天は、壮大なシフトが起きつつあり、それは止める事が出来ないという事をみなさんにどうか伝えて欲しいと毎日私たちに懇願しています。闇の秘密組織はこの事実に気が付いており、全員が完全意識を取り戻すという勝利がどれだけ近いかを知っています。創造主のエネルギーが物質的創造の領域であるこの世界に注ぎ込んでいます。これらのエネルギーは素晴らしい繁栄、驚くべき自由とスピリチュアルな能力の溢れる領域を創り出しています。宇宙の研究に関わっている存在たちが完全に理解を示し始めると共に、この現実はシフトします。みなさんをイラつかせるのは、終わった権力の最後の時にしがみついている存在たちだけです。そういった苛立ちはもう手放してください。光の中で一体となり、一連のグランドシフトが目の前で繰り広げられるのを見守ってください。これらを、素晴らしき時代の前触れとして見ていてください。そして、みなさんの周りの人たちに自分の知っている事を説明してあげてください。可愛い子供たちよどうかこれ以上、だましやあからさまな不誠実さに屈しないでください。ホサナ!ホサナ! 本日も、私たちは週間レポートをお届けしました。私たちは非常に重要なプロジェクトのいくつかにおける最終地点に近づいています。どうか忍耐強くいて、集中力を維持してください。みなさんに対する多くの贈り物が実現しつつあります。勝利宣言目前のこの素晴らしい時に、ギブアップなんてするはずがありません。私たちがあなたを心から愛しているという事だけは、しっかりと覚えておいてください!愛しい方、どうか知ってください無限の供給と終わる事の無い天の繁栄は実にあなたのものであるという事を!そういう事です!ひとつであれ!喜びの中にあれ! Website: Planetary Activation Organization 訳:JUN

ベンジャミン・フルフォードニュース(全文) 2016年6月13日

ベンジャミン・フルフォードニュース(全文) 2016年6月13日 http://www.ascensionwithearth.com/2016/06/benjamin-fulford-update-june-14-2016.html#more Monday, June 13, 2016 Benjamin Fulford Update - June 14, 2016 米国と国連の権力移譲、あるいは敵対的征服 新金融システムに関する交渉は旧システムの管理者が隠れ、あるいは隠れようとしていることによって保留状態になっている。これはこの文章の起稿時点で新金融システムへの平和的な移行が行われるのかそれとも旧システムの敵対的な乗っ取りが行われるのかが不明であることを意味する。 今保留になっている交渉の悪影響は米国、中東、およびヨーロッパにおいて西側の金融システムの社会的、経済的な安定性に影響し始めているので、ますます混沌として来ている状況に至っていることに見られる。 米国における状況は、企業メディアにさえ見られるようになっている強烈な権力闘争において特に重要である。これはニューヨークタイムズやワシントンポストのようなカザリアンが支配しているメディアが、ウオールストリートジャーナルやABCテレビまたは全国的なマクラッティー新聞チェーンのようなメディアとは全く異なる現実を報道していることに見られる。前者は、例えばヒラリー・クリントンが今公式に民主党の大統領候補になっていると報道し、後者は、クリントンファウンデーションに対する犯罪調査などの報道に集中している。権力構造の分割の最も明らかな印は、ホワイトハウスそのものから発せられている。そこでの現役大統領であるバラク・オバマは公にヒラリー・クリントンを大統領候補として扱い、一時間後にホワイトハウスの報道担当官を出場させて、ヒラリー・クリントンは犯罪操作の対象になっていると言わせた。 https://www.washingtonpost.com/news/the-fix/wp/2016/06/06/make-no-mistake-hillary-clinton-will-clinch-the-democratic-nomination-on-tuesday/ http://www.foxnews.com/politics/2016/06/10/white-house-confirms-criminal-probe-over-clinton-emails-shreds-campaign-claim.html https://www.youtube.com/watch?v=sVmuGQE5vyo 5月2日の UNITED STATES OF AMERICA Corporationの破産はますます明らかに感じられるようになっている。例えば、5千万人近くの食糧援助に頼っているアメリカ人の家族にとって、サイバー攻撃あるいは窃盗によって、今月、カードの使用に問題が生じた。もう一つの例では、警察が車を止めて、ハイテク装置を使って車の搭乗者のクレジットカードからお金を盗むといった事態が生じている。また米国中の携帯電話ネットワークとGPSシステムでの障害は大きいサイバー戦争の印である。 50人以上の人が殺害されたと言われるフロリダ州オーランドでの偽旗攻撃はカザリアンマフィア支配を終わらせる作戦から目をそらせ、あるいはリークを防ぐためのものだ、とペンタゴンの高官は言っている。オーランドの事件はまた、米国内の多くの企業メディアがISISの民族的なイスラム主義者による攻撃としているのに対して、インターネットのニュースサイト、諸機関の高官、その他の意識の高い人達は即座にこの事件がカザリアンマフィアの偽旗心理戦争だと認識していることから明らかなように米国内に深い溝があることを示している。 ペンタゴンと諸機関はすでにカザリアンンマフィアがこの攻撃の真の犯人であることと、それがイスラエルとスイスにある世界のカザリアンマファイア本部につながってることを知っている。 この偽旗攻撃はドイツのドレスデンで開催されたビルダーバーグの会合の終了直後に行われた。出席者の公式なリストには見られないが、ロスチャイルドファミリーのソースが確認するには、ナサニエル・ロスチャイルドがカザリアンマフィアのトップに座している叔父のヤコブ・ナサニエル・ロスチャイルド男爵の代理でこの会合を取り仕切ったとのことである。この会合に関する公式のメディア報道は以下に見られる。 http://www.bilderbergmeetings.org/press-release.html 私たち独自のソースからのニュースとしてこれに付け加える唯一のことは、この会合で彼らは金融、および環境破壊と貧困の終了のために必要なこととして、世界中の税金の売却を検討した、ということである。彼らはまた、中国が2万トンの金の13%ディスカウントによる供与を行うが、そのうちの10%は将来計画機関の設立に、その他の3%は、コミッションであるとロスチャイルドファミリーのソースが確認した。 ロスチャイルドファミリーはいずれにしても彼らの募金箱を回していることが明らかである。CIAの高官が言うには、公式の公のロスチャイルドファミリー企業ではだれも電話に答えない、と言っている。彼らと連絡が取れる唯一の電話番号は、ツークにあるファミリーの城である。起稿の時点では、スイスでも誰も電話に答えない。下記のサイトは、ツークにあるロスチャイルドファミリーの館の写真である。 https://www.youtube.com/watch?v=sVmuGQE5vyo また英国でおそらくはロスチャイルドに関連する何かの異常が起きようとしている印がある。今日のロシアによると(あるいはロシアのサイトではないかもしれない)、英軍がロイヤルミント(英国の金の保管場所)の保安任務から外され、私的保安部隊であるG4Sに置き換えられた、とのことである。 https://www.rt.com/uk/345988-g4s-royal-mint-security/ これはロンドンオリンピックの保安業務でスキャンダルを起こした軍事企業である。これはまた一人の人間が起こしたと言われているオーランドでの射撃に使われた企業でもある。 英国、日本などでのロスチャイルド事務所の閉鎖を考えると、英国の金備蓄をスイスへと逃避移管したとは間違った推測ではなかろう。もしもこの推測が当たっているとしたらウオータールーの戦い以後からの内部取引で資産を作ったロスチャイルドにとって初めての逃避である。つまりロスチャイルドはもはや英国の銀行を支配していない、ということである。 これは23日の英国のEU離脱可否国民投票でEUからの離脱派が二ケタのリードを得ている事実に関係している。もしも英国がEUから離脱したら、1066年以来この国は初めて真の独立国になるだろう。イベントが物語るだろう。 私たちがまたドイツ第二次世界大戦終了前後に世界のどこかに植民地を作るためにドイツから離れていったドイツ人がまもなくドイツに戻り、母国の独立を取り戻すと聞いている。彼らはこれまで秘匿されていた多くのドイツ技術も公開されようとしているとも言っている。ペンタゴンのソースが言うには、米軍がドイツのラムシュタイン空軍基地からの撤退を余儀なくされ、そこでのブッシュカバールのドラッグ輸送部隊は閉鎖され、従ってブッシュは資金源を失うことになる、とのことである。 いずれにしても、ヨーロッパの金融システム全体は揺らいでおり、崩壊寸前の状態にある。最近のBISからの報告によれば、国際銀行は最近の四半期でヨーロッパへの借款を2760億ドル減らしたとのことである。 https://www.bis.org/publ/qtrpdf/r_qt1606.pdf すでに破産しているシステムはこのような巨額の資金減少には耐えられないだろう。おそらくは、これが究極のカザリアンのインサイダーであるジョージ・ソロスが米国とヨーロッパでの経済混乱に対処するためのヘッジとして金と金鉱山株に逃げた理由なのだ。 また、トルコのソースが言うには、全国で暴動が起きており、武装警察と軍隊との間でさえも戦闘が行われているとのことである。ペンタゴンのソースが言うには、トルコのインチルリク空軍基地からの米軍の撤退もカザリアンマフィアのブッシュ・ナチ派のドラッグマネー供給の遮断を助けたとのことである。報道では、ドイツ空軍がこの基地を使用したいとの申し出をトルコ政府が拒絶したとのトルコのニュース報道によってこのソースの言うことは部分的に支持される。ドイツはなぜ突然航空機をトルコの基地に派遣したいと思うようになったのだろう? http://www.dailysabah.com/politics/2016/06/13/ankara-dismisses-claims-germany-will-use-incirlik-air-base 悪魔信仰者でイスラエル首相のベンジャミン・ネタニヤフは先週ロシアを訪問し、保護を求め、シリアとリビヤへの空襲の再開の許しを請うた、とペンタゴンのソースは言っている。ネタニヤフには代案として、イスラエルが保護を求めるのならゴラン高原を変換し、そのガス田の支配権をロシアのガスプロムに渡すようにと言われた。ロシアはまた、武装ヒズボラ、シリア、およびイランは確保すると言った。 サウジアラビア政府もイエーメンの児童殺害に対する制裁解除を、との経済的な脅しメールを国連に送りつけたことがわかって、激しい攻撃を受けている最中である。サウジアラビアはいずれにしても資金がないので、そこで働いている9百万人の外国人労働者から資金を集めようとしている。 一方アジアでは、中国の習近平は上海派、共産青年団との一連の権力闘争を続けている。この内部抗争は7月のベイダイヘでの夏の会合で頂点に達するだろう。 日本と韓国では、地下世界の頂点に立つ者たちが白竜会と連絡を取り、ロスチャイルドが力を失ったので彼らはこれからどうなるのか、と尋ねてきた。長い間ブッシュ・ナチカザリアンマフィアと連合を組み、現在の安部政権を支持してきた韓国の統一教会代表がまもなく合法化される日本と韓国におけるマリワナ工業支配のための資金調達をしてもよいか、と聞いてきた。マリワナは北朝鮮では違法ではなく、店頭でアンフェタミンと共に販売されている。この代表は、アンフェタミンのカザリアンマフィアブッシュ派への販売を取りやめたとも言った。彼はまた、新組織の下では北朝鮮の独裁者金正恩はどのような役割を果たすのかとも聞いてきた。 関東を支配するやくざの親分は、新組織でもロスチャイルドから与えられたのと同様の、あるいはそれより大きい分け前がほしいと言った。彼は映画興行と不動産ローンの分け前の形で受けたいと申し出た。 彼らには、合法化される可能性があるやくざビジネスは合法化され、新組織の下では地下で動いていた時よりも動きやすくなると言われた。 翻訳 Taki

ヨセフ・・・2016年6月15日 昨日財務関係発表会で起きたこと

ヨセフ・・・2016年6月15日 昨日財務関係発表会で起きたこと http://inteldinarchronicles.blogspot.jp/2016/06/what-really-happened-yesterday-at.html What Really Happened Yesterday at Treasury June 15, 2016 米国財務省ホールで昨日、外見上は財務関係事項の発表体制をとりながら、オバマ大統領が、発表の内容を、起きたばかりのイスラムテロリスト関係のものにしてしまった時には、正確には何が行われたのか、多くの人達がいまだにいぶかっている。 オバマがこの発表をテロリスト対策費用と結び付けようとして、皆の目が向けられていたものとは全く違った方向に向けられたことに皆が唖然としている。 オバマの発表の皮肉は、新共和国大統領のジョセフ・ダンフォードが、すでに排斥されているオバマのそばに文字通り陪席していたのに、全く無関係なことが述べられたことだ。 実際、このオバマというカバールの人形の脇に立っていた、前米国財務長官ジャック・リュー(これもカバールの人形)を含むすべての者は、オバマが条約に従って、(すでに完全に解体されている連邦準備銀行という違法な私企業の代わりとなる)新共和国の財務省が、再び印刷を管理する、この国の新通貨、USNの流通を発表するものと思っていた。 しかし皆に聞こえたことはほとんど30分間に亘る、金で雇われた危機を演出する外国俳優(今では資金の流れが途絶えたので皮肉にも真の脅威にはならない)による、以前の偽旗銃規制イベントISILについての演説だった。正直に言って、オバマは私たちをバカだと思ったのだろうか?あるいはオバマは一般の典型的な人間と同様に、必死に自己防衛に努めたのだろうか? 通貨交換のアポイントをし、新通貨の公の流通を期待している私たちも、新共和国大統領のジョセフ・ダンフォードも、カバールのエージェントであるジャック・リューも、あまりにもびっくりして口がきけなくなった。オバマの発表はUSNの流通開始という道に全く新しい缶を開けて中に入っている虫を広げたようなものなのだ。 誰が何と言おうと、この発表(もしくはその偽発表)はRVの実施と、米国通貨の評価替えを遅らせると同時に、少なくとも私たちにさらなる苦痛の日々を課したのだ。 さて、ジョセフ・ダンフォード、ポール・ライアンはこれからどう戦うのだ?爺様は?ひい爺様は もしも必要なら、臨時放送システムを通じていつでも放送できるように、ジャック・リューがあらかじめ告知を録音してあることは長い間知られていることだ。しかし、これは公の移行声明および/又は公的な記録にとどめられる告白(これは国際的な合法手段)を要求している中国の長老にとって最適な戦略ではない。これは確かにコップを打ち砕く選択肢なのだ。 オバマにはこれがわかっていて、この歴史的な瞬間につながる何回かの機会と同じように、最後にもう一度中国と新共和国の両方を困らせる機会を作ったのだ。私たちにはバリー・ソエトロが重要な演説ができなくなったように、つまり政治的に永久追放されたように、USN発行告知はジャック・リューに相当する、(ただしジャネット・イエレンではだめだが)トップレベルの官僚によって行われる必要があることが、私たちにはわかっている。 多分、ポール・ライアンが明日の朝、東部標準時間午前11時30分に通常の下院議長としての演説で告知をするだろう。ジョセフ・ダンフォード自身も彼のそばに立つかもしれない。それは疑問だが、確かに面白いことだ。このようなバカな出来事が二度と起きないように世界は新共和国の動きを待っているのだから、何かをしなければならない。 多くの人達がオバマの逮捕を望んでいるが、特に初めて選ばれたアフリカ系アメリカ人である米国大統領の拘束はそう容易なことではない。そして国際的には、だれも現存の米国大統領が、1974年にニクソンが不法にも金本位制度を廃止し、テレビで辞職宣言をさせられたようには、二度と公共の場で辱めを受けるのを見たくはないだろう。 恩恵の、しかし静かなクーデターが行われている時には、穏やかなことの方が良いのだ。 このような高官の強制的な排除は、市民の権利擁護運動の進展の否定と同様に、新共和国にとって有利なことではないし、舞台裏で本当に進められていることについての真実を知らない大都会の人々の暴動を引き起こす可能性さえある。だから、大きい動きが見えないように世界を動かすにはどうすればよいのだろうか? 繰り返すが、USN発行宣言演説をISIL演説に切り替える選択をする前に、オバマにはすべてがわかっていたのだ。そこで彼は不可避のことを遅らせ、テロに対して強硬な大統領としての伝説を強固なものにするために、役にも立たないイスラムテロリストに対する激烈な非難演説をまさに最後の交渉の切り札にしたのだ。 しかし正直に言うと、真実が純粋に幻想であり、欺瞞に満ちた大衆メディアのすべてを通じて、毎晩演じられている現実という幻想の中に暮らしているとはなんと奇妙な世界なのだろう!マクロの経済・金融の舞台で実際に起きていることを知らないとしたら、それは全くマインドが壊れている証拠なのだ。このショーは娯楽のためのものであり、混乱を起こさせるが、いつも面白いことだけは認めなければならない。 良いニュースとしてはジャネット・イエレンが東部標準時間で今日の午後1時に通常の記者会見を行う予定だが、彼女の発表と木曜日の市場の閉鎖の後に新共和国/中国が新戦術を実施すると思われる。そうしたらRVがついに始まる、というのはゲームのやり方としては正しいだろう。いつ、どのように、はいまだに流動的で合法的な手段がとられなければならない。 今日、中国標準時間木曜日の午前8時(東部標準時間火曜日の午後8時)に中国の通貨は完全に金本位になることが分かっている。USNは新たなその世界的基準通貨化と結び付いていることもわかっている。 だから、もしもパリ協定が世界の炭酸ガス放出量の55%を占める55か国が合意した日から13日後に効力を発揮する(気候変動に関するパリ合意は実際には世界環境協定に乗じたRVである)が、そののち、米新共和国を含むすべての195か国はこの協定を100%遵守しなければならない。かわいい新しい虹色の通貨はすでにATMに装填されているので、この新通貨の発行発表が行われていなければならないのだ。遅くとも今晩には、国際的には明日朝早くこの新通貨が見られるようになることが期待される。 米国の東部標準時間午後4時に米国の市場が閉まり、中国標準時間午前8時(米国東部標準時間午後8時)に中国の市場が開かれた後は、事態は本当に面白くなるはずである。従って新共和国が前進するために最善の方法を決めればいつでも、USNに関して歴史的なことが起き、木曜日の夜中前にはRVが開始されるだろう。 なぜ?中国人がいつも言うには、すべての国が前進し、あるいはどの国も前進しなくても、中国はすでに前に進んでいるのだから、アメリカは次について来なければならない。 神は私たちについている。 翻訳 Taki

銀行家大量自殺の理由 2016年6月13日

銀行家大量自殺の理由 2016年6月13日 http://inteldinarchronicles.blogspot.jp/2016/06/why-are-so-many-bankers-suiciding.html?m=1 Monday, June 13, 2016 Why Are So Many Bankers Suiciding? ニューヨーク、ロンドン、イタリアのシエナではここ17か月間に権威筋が無関係だと認めた40件の銀行家の自殺が見られた。しかし、いずれの場合にも犠牲者は世界的な銀行スキャンダルに巻き込まれていて、彼らの死の状況に関しては明確な回答よりも疑問の方が多い。 2013年3月のデーヴィッド・ロッシの死---世界最古の銀行のシエナのモンテ・デイ・パッシの51歳の通信担当役員であったが、この銀行の瞬時のうちの崩壊に際してのものだった。 ロッシは、彼らの14世紀にたてられた銀行本社三階にあるオフィスの窓の下の道路で死んでいるのが発見された。 監視カメラの映像では、ロッシが落下して背中をビルに面した道路面に打って死んだが、これは窓から突き落とされたときに起きる奇妙な姿勢だった。 彼は自殺したのか?しかし、疑問が残る。これは強制されて起きた自殺ではなかったのだろうか? この状況では三階からの落下だけではロッシが即死するはずはない。約20分間この銀行家は舗装の敷石の上に時々腕や足を動かして横たわっていた。 彼が死に瀕していた時、二人の怪しげな人物が現れた。二人の男は銀行家を見下ろした。彼らは助けも、慰めもせず、救急車も呼ばず、背を向けてその場を去っていった。 ほぼ1時間後に仲間がロッシの死体を発見した。腕には打撲傷があり頭にも傷があった、と地元の医師が報告していて、落下の前にはいさかいがあったことを示唆している。 しかしロッシの未亡人アントネッラ・トグナッツィの不信にもかかわらず、この死は自殺として処理された。彼女はイタリアの新聞で、夫が”知りすぎた”と言っている者、として報道された。彼女は公共の場で声明を出し、弁護士を雇い、夫の死に関する調査を依頼した。 トグナッツィの遺書と言われるものが見つかったが、その中では自分の妻をトニーと呼んでいた。彼は自分の妻を決してトニーとは呼んだことがないのに、である。 彼の妻によると、彼の死の二日前にロッシはこの銀行のCEOである、ファブリツィオ・ヴィオラにメールを送り、”私はこのことで圧倒されないような保証がほしい。明日までに手を引かねばならない。私を助けてください。”と述べた。 死の前に彼を”圧倒する”とはどういうことなのかは謎だが、多くの者は、彼がこの銀行の経理上の問題を言っていると推測している。 ロッシは、多くの銀行アナリストがドイツ銀行の融資によるバンカ・アントンヴェネタの買収に際して、過剰な支払いをしたと言われている、この銀行の前頭取ジョセフ・ムッサリが秘密を打ち明けられる親しい側近だった。 ロッシの死と同じ年に、ヨーロッパと米国の監査チームはライボア(LIBOA)スキャンダルとして知られることになる問題の調査を開始した。この事件ではロンドンの銀行家たちが世界中の住宅ローン、自動車ローン、個人ローンのロンドン銀行間翌日物金利を操作したとの疑いがもたれた。これはまたモンテ・パッシのような銀行がバンカ・アントヴェネッタの買収に関する融資にも適用される金利をも決定する。このスキャンダルは国際的銀行、最も顕著にはドイツ銀行にも、ほぼ200億ドルの罰金という影響を及ぼした。 これに加えて、モンテ・パッシは2008年の金融危機に際して大きい損失を生じたリスクが大きいデリヴァティヴに巻き込まれた。クリストファー・コロンブスが大西洋を渡る20年も前に創立されたこの歴史ある銀行は、ドイツ銀行とメリルリンチが関係したリスクが多い数十億ドルのデリヴァティヴに関わったために死んだロッシの時代に調査を受けた。 2014年10月にはムッサリと他の二人のモンテ・パッシの役員がバンカ・アントンヴェネッタ買収の際の銀行救済を受けたイタリア銀行による融資に関する調査妨害の疑いでイタリアの当局に有罪宣告を受けた。この年の1月に、ドイツ銀行からのドイツ銀行の資産管理担当役員のミシェル・ファイソッラを含む3人の役員が、問題を抱えていたモンテ・パッシと談合して経理操作、市場操作、司法妨害を行った疑いでイタリア当局に訴追された。ファイソッラはこれらの犯罪を否定している。 ドイツ銀行役員のウイリアム・ブレクシュミット58歳は2014年1月にロンドンの自宅でドアに結んだ犬の紐で首をつって自殺した。 2013年3月以降の17か月間に40人の銀行家がロッシ、およびほかの二人の死の状況と類似した世界の銀行スキャンダルの最中に特に目立って自殺とは思えない状況で死んだ。 金融関係紙は死体のそばの犬のベッドわきに家族と友人宛の複数の遺書があったと報じた。一通はドイツ銀行CEOのアンシュ・ジャイン宛で、お詫びのためのものだった。しかしその遺書はこれまで公開されておらず、彼の謝罪の理由は明らかにされていない。 ブレクシュミットの妻が娘婿のヴァル・ブレクシュミット経由での電話を受けたドイツ銀行での高位の同僚である、ミシェル・ファイソッラが身の毛もよだつ現場に着いて、銀行関係の書類と遺書を読んだ。 ”当時彼は父のコンピューターを調べ、少し奇妙に思ったようだ、”とヴァル・ブレクシュミットは語った。 ファイソッラがブレクシュミットの死に関係する悪事に関わった証拠はないが、娘婿が言うには、何かあるかもしれないのに、ファイソッラが探していたものにはいささか疑問を感じたとのことだ。ファイソッラはコメントを拒絶した。 彼の娘婿から当サイトに送られてきたメールでは、ブレクシュミットは事件の一週間後に予定していたスキー休暇を楽しみにしているとの友人宛のメッセージを見つけた、とのことだった。 ブレクシュミットは”彼が働いていた銀行の当局による調査を非常に心配していた”とのブレクシュミットの精神医からの報告にも関わらず、前年に行われたライボア調査についての心配による落ち込みは解消されたように思われる、と彼の死の一か月前に彼に健康回復宣言を出した医師が言っている、とは娘婿が言うことである。この娘婿は義理の父親の手紙やEメールを調べて、ほかにも気がかりな事実を見つけた。 ”彼は確かに自殺した”、と娘婿のヴァル・ブレクシュミットは当サイトに知らせてきた。”しかし一つ疑問がある。あれは強制され、或いは圧力をかけられて自殺に追い込まれたのではなかろうか。あるいは自殺しなければ何かをするぞ、とおどされたのではなかろうか?疑問点がいくつかある。” 2013年初頭にドイツ銀行頭取のジェインはブレクシュミットを銀行全体のリスク担当役員にしようと計画した。彼は秘密デリヴァティヴ部門の専門家で、ドイツ銀行はこの帳簿にほぼ60兆ドルの価値を計上していた。しかしドイツの銀行管理者は経験不足だとして彼の任命を拒否した。 ブレクシュミットは6月に銀行から離れたが、数か月後に、ドイツの巨大銀行の米国支店としてニューヨークに本社を置く、米国ドイツ銀行トラスト株式会社(DBTCA)のディレクターの地位についた。これはドイツの銀行管理当局との衝突の後での、長い間の彼の貢献に対する報酬だった。 DBTCAはドイツ銀行が1988年に買収した従前のバンカーズ・トラストであり、信託預金として富裕層のお金を預かるほかに、長期投資を行う機関である。 ドイツ銀行の資産管理ユニットは、ドイツ銀行頭取のジェインに直接報告するミシェル・ファイソッラが管理していた。しかし、ほかの役員とは異なりブレクシュミットの自然な好奇心と仕事に対する倫理観によって、ファイソッラによる月例報告会への出席も、小切手の換金も許されなかった。彼は次第に操業に深い探りをいれるようになっていった。 ”私の義父は単に見ているだけでは気が済まなかった。”とヴァル・ブレックシュミットは言っている。 彼の死の一か月前に、ウイリアム・ブレクシュミットが書き物を残した。娘婿の言葉には、彼の怒りが示されている。仲間の役員たちに尋ねて言うには、来る連邦準備銀行によるDBTCAに対するストレステストのような微妙な問題になぜ彼が主導しなければならないのだろうか、と。 彼はまた、銀行がローン損失を少なめに見積もっていることに疑問を感じ、連邦管理官が銀行の損失を帳簿よりももっと多いものとみなし、制約が課されるのではないか、と恐れた。 カロジェロ・カンビーノ、41歳はドイツ銀行の弁護士だが、ブルックリンの自宅の階段の手すりで首をつっているのが、2014年10月に発見された。 “誰がこうしろと勧めるだろうか?私は独立した管理者でこれが私をさらに管理層との同調を進めさせている。”と彼は書いている。 二年前に、銀行家の自殺がニューヨーク市を襲った。カロジェロ・チャールス・カンビーノ、41歳は二人の子供を持つ父親で、ドイツ銀行内の弁護士、11年間、ダウンタウンにある銀行本社で勤務していた。彼はこの銀行のライボアなどの訴追事件の弁護に当たっていた。 2014年10月24日に、彼のブルックリンにある家の二回のバルコニーに結んだロープで首をくくったガンビアーノの死体が妻によって発見された。 遺書はなく、結束の固い家族からは何の話も聞き出せなかった。彼は知りすぎたのだと推測される。 未亡人には多くの手紙がとどけられたが、ドイツ銀行のスポークスマンから未亡人は邪魔をしてほしくはなく、幼い二人の子供がいることを配慮してほしい、との伝言があった、とのことだった。 重要人物の様相で、素晴らしいこの銀行家の経歴は、ニューヨークの成功物語である。セント・ジョン大学の法律学科を卒業し、証券監視委員会に法執行官として二年間勤務した後、彼はシャッデン・アルプス法律事務所に転籍し、4年間勤務し、ドイツ銀行に企業内弁護士として採用された。ドイツ銀行では階級を上げ、執行役員補佐の企業弁護士になった。 ドイツ銀行の企業弁護士として、ガンビアーノは、ミシェル・ファイッソッラやウイリアム・ブレクシュミットを含む多くのヨーロッパの銀行の役員と懇意になった。 直接連絡を取ったのはほとんどの場合企業外弁護士のシンプソン・サッチャー弁護士事務所のマーク・スタインだったが、彼がライボア問題で2012年と2013年にブレクシュミットとファイソッラにアドバイスを与えたかどうかについてはコメントを拒絶した。ドイツ銀行は結局司法省との和解に至り、120億ドルの罰金を支払い、それ以上の責任は問われなかった。 ガンビアーノの死は自殺と裁定された。この場合にもロッシ、ブレクシュミット、いずれの場合にも、捜査員は探索、発見、共通点の捜査は行わなかった。 しかしこれら三人は多かれ少なかれドイツ銀行で仕事をしていた。さらに金融危機以来のドイツ銀行および・またはにまつわるスキャンダルは彼らの捜査の範囲内で交錯していた。 ガンビアーノやブレクシュミットの死につながる事情が再考されるかどうかは分からない。しかし、ロッシの事件では、疑問が提示され、答えが示されるだろう。 昨年暮れに、イタリア当局は彼の死体を発掘し、捜査を再開した。ロッシが自殺したかどうか、あるいは殺害されたかどうかは今月後半に判明すると思われる。 翻訳 Taki

新共和国ニュース 2016年6月14日

新共和国ニュース 2016年6月14日 http://www.ascensionwithearth.com/2016/06/new-republic-update-from-winston-shrout.html#more Tuesday, June 14, 2016 New Republic Update from Winston Shrout - June 14, 2016 ユーチューブヴィデオ(https://youtu.be/DtD2BST_YZk)は一か月前に採録されたものである。これは基本的にはその時点での最新情報だったが、この問題は急速に動きつつある。昨日現在で黒貴族は降伏した。長い歴史を持つ黒貴族は銀河のマスターと連携してこの惑星上の金融を数世紀にわたって支配してきた。私たちの銀河の友人たちは世界から闇の者たちの妨害を排除し、逃げ道をふさいだ。誰も地球に入れず、誰も地球から脱出できない)。この対策によって。この惑星の金融マトリックスの完全改革が今、実施され得るようになった。 2016年5月1日に、プエルトリコに本拠を置くUSA,Inc.はついに消滅し、チャプター11に該当する破産の交渉がうまく進まなかったために数年間は”占拠対象の債務者”として、管財人の管理下に置かれることになった。これはUSA,Incが作り出したすべての虚構が今、解体されつつあるといことを意味する。 聖書に見られるように、目を持つ者は見るであろう・・・ これがなぜニュースにならないのか?あなたが今これを読んでいるとしたら、あなたはおそらく”目が開いている少数者”なのだ。これはWSSICのゴールだった。これは交通違反切符に関するだけのことではなく、第三者の負債回収者に関することだけでもなく、闇による目隠しを私たちの目から外し、真実が見られるようにするものなのだ。この国の大多数の人達はそれがわかるようになるのだろうか?もちろん、しかし、暴露には時間がかかる。悪漢があまりにも急速に暴露されると、不調和がもたらされる。聖書は一行一行繰り返し、ここ、あそこと読まねばならないものなのだ。 各自が自分の速度で学ぶのを防ぐ手段はなく、あなたが望む通りの速度で学べる。 私が扱ってきた連邦政府の告発について、多くの人が質問してきた。それについてあからさまに対応することについて、多くは躊躇せざるを得なかった。人々の関心と善意には評価されるべきものがあるが、私が公開を躊躇することと関連する作戦が行われている。まもなく、適当だと思われる時期になったら、情報を公開しようと思う。 いずれにしても、私が行ったインタビューを誰かがまとめたビデオを楽しんでほしい。あなた方が入手して見るまでには、このビデオはすでに歴史上の過去のものになっているだろう。今の時点では物事は高速で動いているのだ。 翻訳 Taki

ベンジャミン・フルフォード特別ニュース/ロスチャイルドとの合意事項 2016年6月14日

ベンジャミン・フルフォード特別ニュース/ロスチャイルドとの合意事項 2016年6月14日 http://inteldinarchronicles.blogspot.jp/2016/06/breaking-special-update-from-benjamin.html "Agreement" - Special Update from Benjamin Fulford 6-14-16 6/14/2016 08:52:00 AM Posted by benjamin 特別ニュース:ついにロスチャイルドと連絡が取れた。 以下は、アジアの白竜会メンバーに対してロスチャイルドが言っていることである。: ”ここでの時間は今0440である。私は彼らと連絡を取っている。確かに不思議な時刻だ。私はナサニエルの個人秘書と話しをした。この連絡は、ルートがたどられないようにしてきたことには間違いはない。これは彼が言ったことである。「私にはあなた方とあなた方の東京の連絡者が言いたいことがわかっている。私は同意し、これを実施するためにファミリーのほかのメンバーと一緒に作業をしている。私はまた、今起きていることにも気が付いている。ゴールデンリリーには収穫される用意ができている。最初の3つは今準備をしている。彼らが得ると思っているグループは得られないだろう。それは新プランへの切り替えに組み込まれるだろう。各地には新通貨用のそれぞれの備蓄がある。各地方は種々の商品で裏付けされたアジア通貨のバスケットの一部になるだろう。どのようにすれば会えるかはわかっているので、あなた方との面会のために代表を送る。そののち、あなた方と東京での連絡者が希望すれば、ナサニエルと直接会えるだろう。準備をしておくようにしてほしい。」  私には名前もわかっている。少なくとも彼女が私に示した名前だが・・・。彼女は話し方からすると英国人のようだ。 この情報に基づいてどのように動けばよいのか私にはわからない。たぶんその一部を解放し、その部分にxxxという名称をつけて今は戻しておくことだ。 あなたの番号は調べられ、彼らはあなたが毎週発行しているニュースの中で言ってきたことを明らかに意識しているようだ。 だから、別の言い方をすれば、ロスチャイルドはついに貧困を終わらせ、環境破壊を止め、宇宙への人類の指数関数的な拡張のきっかけを作る大規模な作戦の支持に合意した。これはこの惑星にとって実に良い知らせだ。さらなる進展があれば読者のために新たな投稿をしてゆく。” 翻訳 Taki

ベンジャミン・フルフォードニュース(速報) 2016年6月13日

ベンジャミン・フルフォードニュース(速報) 2016年6月13日 http://www.ascensionwithearth.com/2016/06/benjamin-fulford-update-june-14-2016.html#more Benjamin Fulford Update - June 14, 2016 米国と国連の権力移譲、あるいは敵対的征服 新金融システムに関する交渉は旧システムの管理者が隠れ、あるいは隠れようとしていることによって保留状態になっている。これはこの文章の起稿時点で新金融システムへの平和的な移行が行われるのかそれとも旧システムの敵対的な乗っ取りが行われるのかが不明であることを意味する。 今保留になっている交渉の悪影響は米国、中東、およびヨーロッパにおいて西側の金融システムの社会的、経済的な安定性に影響し始めているので、ますます混沌として来ている状況に至っていることに見られる。 米国における状況は、企業メディアにさえ見られるようになっている強烈な権力闘争において特に重要である。これはニューヨークタイムズやワシントンポストのようなカザリアンが支配しているメディアが、ウオールストリートジャーナルやABCテレビまたは全国的なマクラッティー新聞チェーンのようなメディアとは全く異なる現実を報道していることに見られる。前者は、例えばヒラリー・クリントンが今公式に民主党の大統領候補になっていると報道し、後者は、クリントンファウンデーションに対する犯罪調査などの報道に集中している。権力構造の分割の最も明らかな印は、ホワイトハウスそのものから発せられている。そこでの現役大統領であるバラク・オバマは公にヒラリー・クリントンを大統領候補として扱い、一時間後にホワイトハウスの報道担当官を出場させて、ヒラリー・クリントンは犯罪操作の対象になっていると言わせた。 https://www.washingtonpost.com/news/the-fix/wp/2016/06/06/make-no-mistake-hillary-clinton-will-clinch-the-democratic-nomination-on-tuesday/ http://www.foxnews.com/politics/2016/06/10/white-house-confirms-criminal-probe-over-clinton-emails-shreds-campaign-claim.html https://www.youtube.com/watch?v=sVmuGQE5vyo 5月2日の UNITED STATES OF AMERICA Corporationの破産はますます明らかに感じられるようになっている。例えば、5千万人近くの食糧援助に頼っているアメリカ人の家族にとって、サイバー攻撃あるいは窃盗によって、今月、カードの使用に問題が生じた。もう一つの例では、警察が車を止めて、ハイテク装置を使って車の搭乗者のクレジットカードからお金を盗むといった事態が生じている。また米国中の携帯電話ネットワークとGPSシステムでの障害は大きいサイバー戦争の印である。 50人以上の人が殺害されたと言われるフロリダ州オーランドでの偽旗攻撃はカザリアンマフィア支配を終わらせる作戦から目をそらせ、あるいはリークを防ぐためのものだ、とペンタゴンの高官は言っている。オーランドの事件はまた、米国内の多くの企業メディアがISISの民族的なイスラム主義者による攻撃としているのに対して、インターネットのニュースサイト、諸機関の高官、その他の意識の高い人達は即座にこの事件がカザリアンマフィアの偽旗心理戦争だと認識していることから明らかなように米国内に深い溝があることを示している。 ペンタゴンと諸機関はすでにカザリアンンマフィアがこの攻撃の真の犯人であることと、それがイスラエルとスイスにある世界のカザリアンマファイア本部につながってることを知っている。 この偽旗攻撃はドイツのドレスデンで開催されたビルダーバーグの会合の終了直後に行われた。出席者の公式なリストには見られないが、ロスチャイルドファミリーのソースが確認するには、ナサニエル・ロスチャイルドがカザリアンマフィアのトップに座している叔父のヤコブ・ナサニエル・ロスチャイルド男爵の代理でこの会合を取り仕切ったとのことである。この会合に関する公式のメディア報道は以下に見られる。 http://www.bilderbergmeetings.org/press-release.html 私たち独自のソースからのニュースとしてこれに付け加える唯一のことは、この会合で彼らは金融、および環境破壊と貧困の終了のために必要なこととして、世界中の税金の売却を検討した、ということである。彼らはまた、中国が2万トンの金の13%ディスカウントによる供与を行うが、そのうちの10%は将来計画機関の設立に、その他の3%は、コミッションであるとロスチャイルドファミリーのソースが確認した。 ロスチャイルドファミリーはいずれにしても彼らの募金箱を回していることが明らかである。CIAの高官が言うには、公式の公のロスチャイルドファミリー企業ではだれも電話に答えない、と言っている。彼らと連絡が取れる唯一の電話番号は、ツークにあるファミリーの城である。起稿の時点では、スイスでも誰も電話に答えない。 翻訳 Taki

シェルダン・ナイドルニュース 2016年6月7日

6月7日:シェルダン・ナイドルニュース Selamat Jalwa! みなさんが長らく待ち望んでいた事が、形を成し始めています。人道的そして繁栄のための資金の大部分を解放するよう指示が出されました。闇の秘密組織とその無数のごろつきどものいる現実をなくす為の新たな計画が出来ています。闇の存在らは終わりの時が来ている事、そしてその鍵となる存在たちの一連の逮捕が始まっている、もしくは実行中である事に気が付いています。 新しい資金輸送のシステムが採用されると共に、幾つかの工程に訂正がありました。新しいNESARA政府が正式に宣言される事で、アメリカの選挙が延期される事が期待されています。こういった進展が実現すれば、いくつかの声明が一般に発表されるでしょう。情報を広める為の鍵となる人物たち一人一人が、今何が起きているかに気が付き始めた結果、こういった事柄がインターネット上でドンドンと出ています。こういった情報はみなさんに、何がまだ準備段階で何が実現寸前であるかを知らせる為に広められています。長きに渡った地球に対する闇の影響力は終了間際です。この過程は、私たちが当初予測していたよりも長くかかりましたが、私たちが期待していた事は今現在展開中です! 資金の配布は、地球上にいる私たちの仲間たちによって特別な厳戒態勢の中で行われました。次に目指すのは、闇の秘密組織の主要な人物たちが正式に逮捕される事です。急に逮捕の数が増加したのは、闇の存在らがこのプロセスを可能な限り延期させようとした結果として起きた事です。闇の存在らは私たちの拘束施設を非常に恐れていました。私たちはただ、彼らが所有していた拘束施設のいくつかを手に入れ、私たちの目的に合うように改装しただけです。これらの拘留センターは、私たちの中の教師的存在たちが 到着するまでに彼らを留めておくためのものです。 その後、彼らは完全意識を持つ光の存在へと変わるべく、その準備を進めるのに相応しい施設へと移送されます。制限された意識下での時間というのは実際は“ゲーム”であり、元々はアヌンナキらによって指揮されていました。私たちの目的はこの現実を天の助言を得ながら、神聖なタイミングで変えていき、その上でみなさん全員を完全意識へ移行させる事です。そうなると、現在の“ゲーム”は既にその役目を失い、新しい完全意識に相応しい現実へと置き換わります。何層もある新しい意識というゴールへの到達 が、みなさんにとっての日常となります。  こういった、みなさんの意識の変化というのは、全体がどうなっていくかにとって非常に重要なポイントとなります。みなさんの意識が上昇し成長するにつれて、みなさんの現実がこういった‘層’から出来ていた事に気が付くでしょう。天はアトランティス人とその仲間たちが地球の表面を去った後に、より意識の詰まった存在たちがどのように下降するかのあり方に細工をしました。その結果、人間はアヌンナキらの目的に適わない利用価値の無い構造となっていたのです。そこから天は、今のみなさんの体験へと繋 がるような基礎を徐々に築いていきました。 私たちはアヌンナキらと違って、みなさんが光のクリスタル部屋(クリスタルライトチェンバー)に3日間滞在している間に、この現実をすばやく変える為の必要な鍵を持っています。私たちは、みなさんの意識に新しい‘層’が加わると同時に、それと同じ変化がこの現実の‘層’にも起きているのを目撃しています。そして、この現実が明るく/軽くなると共に、天はガイアの表面現実と内部現実が再会する為の調整をゆっくりと実行しています。 私たちが到着し、私たちの中の教師的存在をみなさんに紹介した後からようやく、私たちによるこの現実の特別な再調整を開始する事ができます。お分かりの通り、楽しみはこれからです! このプロジェクトは始まるまでにも、時間がかかりました。どうか知って頂きたいのは、私たちがこのミッションに携わる事ができたのは1990年代からです。みなさんの太陽系の悲劇は1970年代初頭に始まったので、天は約20年待ってようやく1990年代の初めに私たちの大規模な船団の派遣を依頼したのです。このブランクは、アヌンナキの大君主からのクレームを受けて、天が最初の20年間でさまざまな変更をせざるを得なかった為でした。 私たちが到着した際には、一種の既成事実が存在していました。私たちは特別なミッションのために呼ばれているので、物事のバランスについては深く関わらないようにと、天にハッキリと言われました。その最初の10年間で特筆すべきは1990年代中盤に始まったアンチャラとの和平です。私たちの当初の目標は、地球上に点在していた様々な光の勢力と同盟を組む事でした。その過程で、数十年の間に何度か私たちのミッションをいつ/どのように展開させるかという点に変更を加えなければなりませんでした。どちらにしても、現在このミッションはフル稼動しており、世界中のさまざまな光の存在たちの仕事の手助けをしています!今こそ、全世界的な意識改革の時の到来です! ナマステ!私たちはみなさんのアセンデッドマスターです!私たちの様々な神聖な秘密社会は今現在いくつかの鍵となる逮捕及び、1871年に不法に形成された事実上のアメリカ政府の排除に繋がる予備工作を完了しつつあります。この暴政の終了はNESARAの意図を汲んだ共和国のさきがけとなります。友人のみなさん、この新しい統治は私たちの真の憲法を合法的に取り戻し、一番必要とされている慣習法への回帰を可能にする力となってくれます。 南北戦争以前、アメリカはアメリカの歴史及びワシントン氏、ジェファーソン氏、マディソン氏らの賢明な説諭によって導かれてきました。しかし、南部諸州の離脱そして南北戦争自体の苦悩や苦戦を受けて、それは微妙に変わっていったのでした。アメリカという国家は、のちの1871年に改組運動へと繋がる開拓に関する不公平なシステムを押し付けてきたごろつき集団と偽の愛国者らが始めた、いかさまな運動に無防備にもさらされる事となったのです。 私たちマスターは、闇の秘密組織が行ってきた事を知り、非常にぞっとしました。これは暗黒の時代で、1776年に私たちが設定した計画が完全に無視され始めた時でした。それ以来、憲政の当初の装いを取り戻す為にその影響力を利用した大統領が登場するのに90年もかかりました。しかし、その大統領の暗殺によって、アメリカ政府内の闇とそこに張り巡らされた不正の網を排除できる時代にはまだ到達して無かった事が浮き彫りとなってしまいました。 やがて、NESARAは法となり今この瞬間こそ、それを実施する時がきました。私たちは毎度ながら、この崇高なミッションを大いに助けて下さっている、みなさんの素晴らしいエネルギーに感謝しています。1990年代以降、私たちの所有する繁栄のための資金はこの新NESARA共和国の正式な発表とセットとなっています。私たちの目的は、これらの資金が新しいアメリカ共和国及び地球中の大規模な浄化にしっかりと繋がる事を確かにする事です。ハレルヤ!ハレルヤ!ハレルヤ! みなさんの中で、新しい意識の上昇が起きています。今こそ、長い間闇の存在らがみなさんをだまし続ける為に使ってきた、嘘やごまかしをきれいさっぱり掃除する時です。船団がようやく到着し、あなたがアガルタの歴史を学んだ後からはこのプロセスの次の段階が始まります。こういった新しい情報の開示によってみなさんはガイアがどう誕生したかについて、何故私たちが一人一人が地球の入植者として選ばれ、やがてこの最も神聖な球体である地球の守護人となるに至ったかについての詳細を学ぶと、今まで考え ていた自分の起源とは違っていた事に気が付くでしょう。私たちが長い間持ち続けてきた地球のクジラやイルカたちとの関係性についてはまず最初に私たちから、そして教師たちからみなさんにお伝えする予定です。 新しい統治が始まれば、多くの事が素早く展開するようになるでしょう。こういったいくつかのイベントによって、みなさんの現実に対する認識がどれだけ大幅に変わるのかについては、まだ多くの方が知らないままです。自由にみなさんと過ごし、共に美しく純粋無垢な新しい領域を創造できる時を楽しみにしています。 本日私たちは光の存在たちのおかげで、状況が解決に向かっている件についてレポートを続けさせて頂きました。長い間みなさんにお伝えし続けている変化のきっかけとなるイベントの数々については、間もなくみなさんに目撃して頂ける事と期待を膨らませています。みなさんにお願いしたいのは、この新しい光を抱いて頂き、新しい統治及び終わる事の無い繁栄を歓迎して頂きたいという事です!どうか知ってください、無限の供給と終わる事の無い天の繁栄は実にあなたのものであるという事を!そういう事です! ひとつであれ!喜びの中にあれ! Website: Planetary Activation Organization 訳:JUN

ZAP週央レポート 2016年6月8日

ZAP週央レポート 2016年6月8日 http://www.rumormillnews.com/cgi-bin/forum.cgi?read=48711 POOFness for JUNE 8: MID-WEEK BY ZAP from 'The Office of Poofness' ハイ、みんな、 大きい恐れ、混乱、期待が見られる。全体に感情が入り混じっていて、大混乱になっている。 絶望感がみなぎり、グルが言っていた期限が過ぎてしまっている。 一つだけ言えることは忍耐だ。そう、今はスタンバイ状態だが普通ではない。恐れを抱いてはならない。驚くようなことが待っているのだ。それには辛抱が必要だ。 今良いニュースを持っているので、喜び以外の感情の必要はない。 私は中国で、ヨーロッパと中国の人たちと話しをしたが、すべてのインフラストラクチャーが設置されたので爺様がこのボタンを押してから一週間が経過した。 これは、人間の富を守るミッションを果たせず、貪欲に走ったキーパーの排除を意味する。彼らは今完全に排除されている。 富を故郷に取り戻す作業は完了している。これによって人間がこの富を利用するための資金放出の準備は整った。すべてのキーパたちには100年前の指示に代わる新たな指示が与えられている。 この配布の新たな管理者が選択され、過去数年にわたってこの人間に恩恵を与えるミッションのための訓練を受けた。 新しい中国のファミリーシステムが完全に配置され動作している。古いコードは過去のものになっている。私に与えられた新システムの番号は確かなものだ。古いコードは5家族、5か国、5組織のものだった。それらは非常に複雑な暗号だったが新しいものはそう複雑ではない。 この前例のない変更は、爺様が腐敗した古いパラダイムの設計をやり直し、機能をさせないようにしたもので、新たに配置された新しいシステムはデバッグされ、今では完全に機能している。 カバールのすべての機構は基本的に今では無効になっている。彼らのシステムは中国のシステム中に取り込まれている。最後の瞬間に彼らがあることを行ったが今では、オットット、うまく動いていない。中国システムの補助がなく、彼らはこの変化に対しての備えをしていなかったので、彼らのシステムはうまく動かなくなった。 ヨーロッパではそのうちに、王族が同じことを行うので、カバールは動きが付かなくなるだろう。 そうこうしているうちに大規模な量の金が今準備中の資金放出と種々の通貨の交換に備えて搬送された。 IMF、世界銀行などの組織の機構がRVや歴史的資産の償還の遅延の原因だったが、これはもう過去のことになった。 RVは今、動き始めていて、歴史的資産の償還も始まっている。ある大量の中国の債券に対しての支払いが行われ、あるディナールプログラムについても一つのグループに対して支払いが行われた。これは確認済のことである。 このすべては人間性回復にとって素晴らしいニュースでこれが世界通貨改革であり、モーメントを増しつつある。 翻訳 Taki

歴史的ニュース/黒貴族(イルミナティ)13家族が降伏した 2016年6月7日

歴史的ニュース/黒貴族(イルミナティ)13家族が降伏した 2016年6月7日 http://www.ascensionwithearth.com/2016/06/historic-news-13-illuminati-black.html#more Tuesday, June 7, 2016 Historic News - The 13 (Illuminati) Black Nobility Families Surrenders To Humanity on June 6, 2016 ヨセフによると、イルミナティ13家族が2016年6月6日に光の勢力に降伏した。これは繁栄と自由という新たな領域へ世界改革を進めさせる最後のパズルピースになるかもしれないと言われている。 http://fcchd.co/DeFL7/j4rUU.mp3 マイケル・プリンスとして知られているジェームズ・キャスボルトは2014年の4月に行われた暴露を主導した。これは少なくとも非常に面白い暴露だった。キャスボルトは地球上のイルミナティのリーダーを”PINDAR”である、とした。 PINDARはイルミナティ13家族のリーダーで、常に男性である。PINDARは、”ドラコのピナックル(頂点)”の略称である。これは象徴的に権力、支配、創造、侵略、拡張、恐怖の頂点を意味する。この称号の保持者は内部地球にいる、純粋なレプティリアンの血統のリーダーを長と仰ぎ、報告する。 ハンク・マイェールはイルミナティのPINDARである。人間の形をしたPINDARがハンク・マイェールであると言われている。下記のビデオを参照されたい。 http://geraldrfordfoundation.org/centennial/oralhistory/hank-meijer/ キャスボルトを操る者はこの情報を公の場に出し、この時点での彼らのキャンペーンを活性化させたいと思ったようである。 このビデオでキャスボルトが述べていることの中には多くの狂ったようなことが見られる。彼はオプス・デイのメンバーによってジェスイットのやり方を教え込まれ、優秀な暗殺者およびスーパーソルジャーになるように訓練された。彼には5歳の時にいくつかの進歩技術によるインプラントが埋め込まれたと言っている。キャスボルトはMI6とNSAにやとわれて活動したと言っている。 下記のリンクにフルビデオが見られる。 https://youtu.be/gKHBqlzz95U 私は、人間が本当にマインドコントロールマトリックスと人間の尊厳の抑圧から逃れているかどうかを判定するための観察事項リストを持っている。私は完全なデスクロージャーを支持する者で、それ以外の何者でもない。人によってはすべての真実を担いきれないので、部分デスクロージャーが唯一可能なことだと信じている者もいる。一つだけ確かなことがある。もしも人間が本当にPINDARおよび以前の支配者であるイルミナティファミリー/ETの影響から逃れられるとすれば、私たち、人間の集合はやっと自分の運命を自分に適するように切り開ける、ということだ。フルデスクロージャーを望むのなら、それも私たち自身の権利ではある。もしも私たちが部分デスクロージャーを望むのなら、それも私たちが受けることができる。支配のマトリックスを暴露させ、情報を受け取り、私たちのスピリチュアル世界が自己奉仕のET、人工頭脳、偽の光の神、権力に飢えた人間、生命のネットワーク全体が悪意の者たちに支配されていたということを知らなかった人達のサポートをするかどうかは私たち次第なのだ。 人間よ、目覚めよ! 私たちを奴隷化することによって権力を求めている者たちからの支配と妨害のない真実を学ぶ時だ。 自由を! 翻訳 Taki