Thursday, August 17, 2017

コブラ・・・2013年11月7日 コンプレッション突破のビジョン

コブラ・・・2013年11月7日 コンプレッション突破のビジョン http://2012portal.blogspot.jp/ Cobra : Visions of Compression Breakthrough  November 7, 2013 (訳者注:COBRAとは、COMPRESSION BREAKTHROUGHの、CO+BR+Aを結合したコードネームです。) コンプレッション・ブレークスルー(光と闇の間に挟まって地球表面の存在に加えられている圧縮の打破)についての理解を促進させるために、私はインターネット上で見つけた、三つの異なる直感的なヴィジョンについてお話をします。このビジョンを描いた人は誰か分からず、無名のままにたいのかもしれません。 第一のビジョン: 幕は取り払われなければならない。幕は終わりで、光が差し込んできます。。 最終段階は、単に幕を引きおろすだけのことです。これは実行されなければならず、イベントがほとんど直ちに後に続くでしょう。 あるものがあらゆるエネルギーを前進させて幕を破壊し、イベントがほとんどただちに駆け込んで来るでしょう。 プログラムの隠し場所、ポータル、装置、その他何も無くなるでしょう。彼らは退場を促され、光明の天候パターンが始まるでしょう。 第二のビジョン: 私の夢の中では、地球全体で、ゴルフボールのへこみのように等間隔にポータルが配置されていました。ポータルは一辺に開かれ、個々のポータルから一種のエネルギーが円周状に広がってゆきました。ポータルの数は多く、球状ダイアモンドの研磨面のようでした。 第三のビジョン: エーテル面の浄化/イベントのプレビュー これを経験したことがある他の誰かがいるかどうかを知りたいと思います。 先週、私はエーテルプレーンが完璧に浄化されている明瞭なビジョンを見ました。数分間の間、私はイベントが今起きているものだとばかり思っていましたが、それがプレビューか、イベントのスパークか、あるいは単なる局部的なものであることが分かりました。 それを畏怖を感じさせるものだと表現しても行き過ぎではないでしょう。エーテルプレーン全体がまばゆいばかりの黄金色/白色の光に照らし出され、私は巨大なトルネードのような渦があらゆるところに口を開いているのを見ました。これらのウワームホールは重力的な真空のようで、エーテルプレーンの全ての数百万の闇の者たちが渦の中に転がり込んでゆきました。これは大規模で、それがあらゆるところで起きていました。私は目を見張り、振動が数オクターブ上がりました。 お断り: インターネット上でイベントが(ベンジャミン・フルフォードのCIAソースがこの日に行われるGridEx2演習を誤って述べたことに基づく)11月11日、又は、1月13日/14日(GridEx2演習が本当に行われる日)に起きるという噂があります。抵抗運動は、イベントはこれらの日には起きず、GridEx2は電力網を遮断したりしないと伝達してきました。GridEx2演習については、 http://etheric.com/electric-grid-blackout-planned-november-13th-14th-2013/ を参照してください。 光の最終的な勝利は近づいています。11月11日には、光の勢力のある作戦が始まり、すぐに実態的な結果をもたらすでしょう。又、11月13日には、太陽を中心として、木星、天王星、冥王星のT型配置が起きます。この天文構成によって、太陽系全体で感じられる大幅な緊張の解放が行われるでしょう。又、ペンタゴンの中には大変化が起きることも確かで、この変化はポジティブな軍部の権力の大幅な増強をもたらすでしょう。そして最後に、私は、ベンジャミン・フルフォードのブログに基づいた、デービッド・ウイルコックスの下記のようなコメントが気に入っています。 ”サプライズ”が起きようとしていることが明らかです。私たちはそれを期待はしませんが・・・。それは、西側世界の全ての人の暮らしを永久に変えてしまうといわれています。プーチンとその連合は上昇傾向にあります。これは非常に、非常に大きいことです。新経済システムについては既に作業が完了していて、全面的な通貨の評価替えが行われるでしょう。これが起きるとドルの価値は低下するにしても、全体的な影響はポジティブなものでしょう。” 翻訳 Taki 

コブラ・・・2013年10月31日  新しい進歩技術

コブラ・・・2013年10月31日  新しい進歩技術 http://2012portal.blogspot.jp/ Wednesday, October 30, 2013 Cobra : New Advanced  Technologies ドラゴンゲートはホワイトドラゴンソサイエティーと並行する姉妹地下組織です。ずいぶん昔に、両方のグループは実際には一つでした。しかし、ロスチャイルドがトライアドに支援されて1912年の辛亥革命で中国の清王朝を滅亡させた後で、二つのグループは地下にもぐらざるを得ず、舞台裏からカバールへの対抗を始めました。その後、彼らの道は離れてゆきました。ホワイトドラゴンソサイエティー(西側のある人たちが今ではこのように呼んでいる)はカバールに対抗してどちらかというと政治、軍事、金融に集中してきました。 http://www.bibliotecapleyades.net/sociopolitica/sociopol_fulford99.htm  同時に、ドラゴンゲートは、進歩技術の開発とエーテルのアルコンの支配からの解放に力を入れてきました。両方のグループは、舞台裏でこの惑星の解放の支援に協力し、お互いの手法は補完し合うものでした。 ドラゴンゲートが開示した新しいヒーリング技術があります。これは曼荼羅 球体レーザーシステムです。今ではドラゴンゲートは人間に進歩したヒーリング技術を紹介することに専念している高度な技術を持つチームであり、この技術を人々の間に広めようととしている私たちのフェニックスグループと連絡を取るようになっています。 曼荼羅球体レーザーシステムは白色レーザーを放射し、純粋なタキオン化結晶球体構造を通じて干渉光の聖なる形状パターンを形成し、独特な光の共振場を形成します。白色レーザーは理想的な色スペクトルを作り出し、心理的、情動的、及び肉体的な効果をもたらします。 この聖なる形状の曼荼羅場は人間のエネルギー場、及び情報場(オーラ)を通じて、情報の共振状態を形成し、心理的、情動的、及び肉体的な効果を発揮します。 曼荼羅球体には、肉体のエネルギー及び情報の発信点に物理的に接触させる光ファイバー結晶ワンドと、携帯型の遠隔操作用プログラム可能結晶と写真撮影カプセルを備えてあります。 この曼荼羅球体には、広範囲の選択が可能な、保護、繁栄、成功、エネルギー付与、幸福、解消、ヒーリング、インプラント除去、DNAの活性化、感情の状態変更、結果へのポジティブな影響、目的の明確化、関係の調和を推進する荼羅コンピューターライブラリーが備わっています。 このレーザー技術の最もすばらしい特徴は、エーテルのインプラントを除去するためのこの惑星上で最も強力なツールだということです。これは、この惑星の表面上で用いることができるものとして、プレアデスの光のチャンバーに匹敵するものです。 この技術と注文については、下記のウエブサイトをご参照ください。 http://tachyonis.org/Laser.html もう一つの面白い新技術は、銀河のメルカバ活性化機 (プレアデスのメルカバ活性化機と似ている)で、地球上で入手が可能なものです。 http://tachyonis.org/Merkaba.html それからタキオン技術は、 http://tachyonis.org/Tachyon.html に示されています。 目に見えないところで、フリーエネルギー技術を大衆に利用できるようにするための多くの開発が行われています。 全てがうまく行けば、まもなく発表になるでしょう。 光の勝利の日は近づいています! 翻訳 Taki

コブラ・・・2013年10月23日 この情報を広めよ! アイオンポータルの活性化(時代の遷移)

コブラ・・・2013年10月23日 この情報を広めよ! アイオンポータルの活性化(時代の遷移) http://2012portal.blogspot.jp/ Cobra : Thursday, October 24, 2013 MAKE THIS VIRAL! AION PORTAL ACTIVATION 今は再び行動するときです!今は私たちの世界の運命を自分たちの手で掴むときです。それゆえ、私たちは、天王星と冥王星が太陽を中心として直角をなす11月23日に、大、小の、一人でもカップルでも、グループで集まるようにしましょう。多くの人たちが集まり、今という時に起きているイベントを視覚化すれば、この惑星の最終的な解放への調和のとれた、明瞭な道筋を作り出せるでしょう。 私たちの視覚化は、可能な限り早期の、非暴力かつ円滑な実現ができるように、惑星の解放プランを支援するでしょう。私たちにはそれができます!それには、それを実現するための臨界となるだけの数の人が集まる必要があります。このメッセージをウエブサイトやブログに掲載してください。代替メディアを知っているのなら、彼らにも送ってください。世界のあなた方の地域で、ローカルグループを形成するためにフェースブックで仲間を募ってください。これについてのビデオを作り、ユーチューブに投稿してください。 アイオンのポータルの活性化の時は、2012年から2015年の時間枠で起きる、天王星と冥王星の直角の時と一致します。これは私たちの時代での最も重要な天文学的な現象であり、その意味はきわめて単純です。つまり、光の革命です。太陽を中心として天王星と冥王星が直角をなす正確な日は11月23日です。この時には、太陽中心の天王星と冥王星以外の非常に面白い星の構成が起きます。水星、金星、木星、土星、海王星、及び天王星が太陽の周りに6点の曼荼羅を形成するのです。 この六つの星は、2003年のハーモニックコンコーデンス(抵抗運動がエーテルのインプラントコンピュータープログラムのハッキングに成功した時)と全く同じで、今年の8月25日の平和のポータル(この時には、私たちは集合的にシリアへの軍事侵略を防止した)におけるものと同じです。アイオンのポータルの活性化は潮流の転換の境目のピークに相当します。グリッド比率に従って、光の勢力は受動的で今までは主として闇の勢力の行動に対応してきました。アイオンのポータルが活性化すれば、それ以降は、光が行動を先導し始めるでしょう。 このポータルの活性化の時には、銀河のセントラルサンは、太陽と、6点の惑星の曼荼羅を通してエネルギーのミニパルスを送ってきます。このエネルギーパルスはイベントにおいて起きるものと似ていますが、今はまだ強さが不足しています。このパルスは調和共振波を太陽系全体に送り、太陽の磁極反転のきっかけになる可能性があります。 この銀河のミニパルスは数百万年前に光の銀河中心文明の形成に向けて大いに貢献する重要な役割を果たした宇宙のツインソウルペアであるアイオンとイオナを通じて伝送されるでしょう。 イオナの今の目的は、銀河中心からミルキーウエイ銀河の外側スパイラルにある未開惑星に向けて銀河中心から女神の意識を広げることです。銀河の神話の中では、この女神は翼を持った女神として描かれています。  アイオンの目的は、銀河の中でのコズミックサイクルが、銀河のセントラルサンの25000年のハートパルスと調和の取れた転換をする監視を支援することです。 http://en.wikipedia.org/wiki/Aion_%28deity%29 アイオンは惑星地球上のアイオンのポータルの活性化を監視します。この活性化は時代の遷移を意味します。 私たちの歴史上初めて、地球上の物理プレーン(三次元)と宇宙のアトミックプレーン(11次元)の間の直接のつながりが得られるでしょう。 この活性化は又、新しいルネッサンスのきっかけになるでしょう。それゆえ、私たちはイタリアのフィレンツェで活性化の瞑想を行います。あなた方は、この瞑想に大いに歓迎されます。 http://portal2012.org/AION.html フィレンツェに行けないとしても、この活性化を世界中どこにいてもグループ、あるいは一人でも祈ることができます。私たちはこの活性化の瞑想を、アイオンのポータルが開く時に同時に行います。これは11月23日ヨーロッパセントラルタイム午後10時11分です。 下記のサイトで各地の時間に換算できます。 http://www.timeanddate.com/worldclock/fixedtime.html?msg=AION+PORTAL+ACTIVATION&iso=20131123T2210&p1=341 指示事項: 1  心と体を鎮め、数分間呼吸に注意します。 2  ハイアーセルフとスピリチュアルガイド、天使たち、及び次元上昇したマスターたちを呼び出します。 3  今、圧縮の突破、イベントのひらめき、惑星の解放が起きている状態を視覚化します。 アイオンのポータルの解放についての情報は、 http://2012portal.blogspot.com/ 今、勝利しています!今解放が起きています! 翻訳 Taki  

コブラ・・・2013年10月15日 惑星の状況ニュース:エーテルプレーン

コブラ・・・2013年10月15日 惑星の状況ニュース:エーテルプレーン http://2012portal.blogspot.jp/ Tuesday, October 15, 2013 Cobra : Planetary Situation Update: Etheric Plane ここ数ヶ月間でエーテルプレーンの大規模な掃討が行われ、8月25日の平和のポータルがうまく活性化された後でも、それが継続されました。その結果、全ての重要な半球は9月8日に除去されました。 これからまだ行わなければならない掃討について詳細を説明したいと思います。 再転生プロセスの支配を継続しているエーテルの主要アルコンの非常に小さいグループが依然として存在していて、遠隔操作でエーテルのスカラーインプラント技術を使って転生した人たちの弱点をつつき続けています。 転生した人のエーテル体のオーラ場の中には、三つのインプラントがあります。回転周波数6.666Hzの回転エーテルスカラー電磁場の中に配置された小さいエーテルブラックホールがあります。これは人間の感情と自由意志に基づく行動を規制する傾向にある共振周波数です。 ここに転生した全ての人間のエーテル体の中にはこれらのインプラントの位置が見られます。 エーテル頭脳の前頭葉には自由意志決定プロセスを阻害し、個人のソースとの繋がりを抑制する二つのインプラントが見られます。これはこの二つのインプラントの周囲の回転電磁スカラーチャンバーによって、エーテル超音波スカラー波で行われます。超音波スカラー波の目的は個人のエーテル頭脳のスキャンをすることであり、ファジー論理コンピュータープログラムを通じて多くの思考プロセスを阻害します。又、それはこの個人とポジティブなETとのあらゆる連絡をただちに検知し、その連絡を絶つプロトコルを動作させます。 エーテル太陽叢への一つのインプラントは感情と性エネルギーを抑圧するので、羊化された人間の支配に用いられます。その回転スカラー電磁室は、超音波スカラー波で強化されて、クンダリニーを短絡させる電流を発生します。このインプラントが解消されると、大勢の人間にクンダリニーが上昇し、世界的な解放革命が起きるでしょう。 アルコンはスカラー投影ビーム技術を用いて思考形態と基本要素をインプラントに中に投影します。インプラントの周囲の回転スカラー電磁場が付属ディスクとして機能し、イベントの地平線を通じてインプラントのブラックホールへと基本要素を排除します。 エーテルプレーンの量子泡時空異常がいまだに、回転スカラーエーテル電磁場での蒸発を妨げている小さいブラックホールを隠しています。これらのブラックホールは、量子重畳状態でそこに留まっているレプティリアンを包み込んでいます。スカラー電磁場が除去されると、これらのブラックホールはただちに蒸発し、レプティリアンは即座に光の勢力によって排除されます。 抵抗運動の者たちはエーテルのアルコンのメインフレームコンピューターの中でインプラントを制御しているプログラムのハッキングに努めてきました。これがうまく行くと、抵抗運動はインプラントの周りのスカラー場と、インプラントそのものを無効にすることができ、エーテルの時空連続体の中に重なっている、対応するブラックホールも急速に蒸発し、ついには真の光が惑星地球に到達するようになるでしょう。 抵抗運動は、一度、ハーモニックコンバージェンスの日である2003年11月9日にハッキングに成功したことがあります。 http://www.spiritofmaat.com/archive/nov4/mirehiel.htm その後、エーテルのインプラントは急速に解体され、その結果、2004年にはこの惑星上の大量の女神の存在の目覚めを起こしました。しかし、アルコンは、インプラントのプログラムを作り直し、新しいものが2004年12月25日に立ち上がりました。これは地球周辺のエーテルプレーンに巨大な歪をもたらしました。このエーテル圧力はテクトニックプレートを乱し、ちょうど次の日に大規模なスマトラ地震、および津波を引き起こしました。 2012年12月21日以降、抵抗運動はアルコンのエーテルのメインフレームコンピューターの破壊に成功しましたが、インプラントに関するプログラムにはまだハッキングに成功していません。私たちはこれから先の数ヶ月以内には成功すると思っています。 このプロセスの加速のために抵抗運動はできるだけ多くの人たちに毎週の解放瞑想に参加するよう要請しています。 http://www.youtube.com/watch?v=m6HF4etgNaA http://2012portal.blogspot.com/2013/03/weekly-liberation-meditations-phase-2_9.html ネガティブな非物理的存在から不要な介入をされたら、以下の簡単なテクニックで自分の保護が可能です。これはホワイトドラゴンソサイアティーの中のスピリチュアルグループから直接人間に贈られたものです。: 1  輝かしい白い光の柱が、銀河のセントラルサンから降りてきて、体を包み、さらに地球の中心まで浸透する状況をイメージしてください。 2  光の柱の外側にある鏡があなたを取り囲み、全てのネガティビティーを外側に反射させて、源まで戻し、そこで消滅させる様子をイメージしてください。 光の勝利は近い! 翻訳 Taki 

コブラ・・・2013年10月12日 2013年の機会の窓 

コブラ・・・2013年10月12日 2013年の機会の窓  http://2012portal.blogspot.jp/2013/10/window-of-opportunity-2013.html Saturday, October 12, 2013 Cobra : Window of Opportunity 2013 新しい機会の窓がこの惑星の表面上に開かれるだろう。この機会の窓はイベントが起きるのではなく、起きる可能性が高まることを意味する。この機会の窓の範囲内では、太陽の磁場反転が起きるであろう。チジェフスキー教授による科学的研究では、ソーラーサイクルが最高潮になる前、又は後、2.5年以内に重要な社会的変化が起きる確率が80%であることが決定された。 この機会の窓は、10月18日の半月食とともに開く。この月食は、幾重にも重なった歪エーテル空間からの非物理的なネガティブな者たちの排除の加速のきっかけになり、この排除プロセスはかなり強力である。 11月1日には、もう一つの冥王星-天王星の直角配置が起き、強力な動的緊張が解かれる。これが米国政府の閉鎖が解決する可能性が最も高い時であり、好ましい結果が予期される。 11月3日には、コンゴ上空で完全複合日食が見られる。この日食は1996年のコンゴへのアルコンの侵略時に作り出された異常の解消の始まりになるだろう。 この機会の窓の転換点はアイオンのポータルの、2013年11月23日における活性化を起こすだろう。このポータルⅠの重要性については、別のブログでお知らせする。 その後、11月28日には、彗星アイソンが 太陽に最も近づく近日点に達するだろう。この彗星は空にすばらしい光景を描き出す可能性が高い。アイソンは宇宙船ではない。そのエネルギーは、監獄惑星地球を越えて大衆の意識を拡張させるきっかけとして役に立つ。 機会の窓は2013年12月25日に閉じるだろう。    翻訳 Taki 

コブラ・・・2013年10月7日 イベント前の進展

コブラ・・・2013年10月7日 イベント前の進展 http://2012portal.blogspot.jp/ Monday, October 7, 2013 Cobra: Pre-Event Developments カバールのイルミナツィ分派は、非合理にも、戒厳令の下地にしたいと願って、米国政府の部分的閉鎖を引き起こした。言うまでもなく、彼らのプランは成功を許されるはずもなく、彼らの行動は、大規模な目覚めという重要な波を起こす結果になるだけだった。 10月17日に、米国政府の支払い能力が尽きた状況で何が起きるのかを見るのは面白いことである。10月18日の月食は、今年後半に起きる太陽の磁極反転へと向かう時に、イベントの可能性が増すという新しい機会の窓への入り口になる。 最後に、米国では、大規模な目覚めが経験されているが、これはイベントに向けての重要な必要条件である。 http://digitaljournal.com/article/358989 http://canauzzie.blogspot.com/2013/09/convoy-2013-truckers-roar-to-dc-with.html http://www.usnews.com/news/articles/2013/10/07/truckers-for-the-constitution-plan-to-slow-dc-beltway-arrest-congressmen (訳者注:10月11日~13日予定の、100万人のトラック運転手のワシントンへのデモ) ポジティブな軍部は以下を支持している。(訳者注;10月13日の100万人の退役軍人のワシントンへのデモ) http://2012thebigpicture.wordpress.com/2013/10/06/one-million-veterans-to-march-on-washington-dc-october-13th-2013/ そして、イベントに対する備えをしているポジティブな軍部とつながっているグループがある。 http://oathkeepers.org/oath/2013/10/01/oath-keepers-is-going-operational-by-forming-special-civilization-preservation-teams/ (訳者注:これらのデモが行われる)10月11日から10月13日の間には、イベントを起こさないというメッセージが抵抗運動とポジティブな軍部から伝えられている。    Posted by Cobra at 12:18 PM 5 comments:  翻訳 Taki

コブラによる9月のニュース要約 2013年10月1日

コブラによる9月のニュース要約 2013年10月1日 http://theearthplan.blogspot.kr/ Cobra's Monthly Update with Alexandra Meadors ~ 1 October 2013 1  抵抗運動は既に全ての備蓄黄金を地球から持ち去り、それによってカバールの手が届かないようにした。この黄金はイベントの後で国際担保の基礎となるものである。 2  カバールは破産に近づいている。 3  ワシントン近くの外国軍隊の動きに関する情報は、今は秘密になっている。 4  トラック運転手のストライキは米国における大衆の目覚めの良いしるしである。 5  ケニアのウェストゲートモールでの射撃事件はカバールが恐怖を起こそうとしたものであり、世間の注目そのものがカバールの狙いなのだから、あまり事件に注目を集めないほうが良い。 6  フーバーダムの爆破の脅しはイベントを起こさないようにするためのカバールの恐れ掻き立てプランのうちの一つであるが、この爆破の実行は許されない。 7  ペンタゴンはRMの青信号を受けたら動き始めるだろう。 8  金融のリセットの後には、全システムが再構築されるので、M1コントローラーはいなくなるだろう。 9  腐ったカバールの逮捕はまだ行われない。 10 表むき良い顔をしているジェスイットは、それそのものの企てを隠している。 11 証券の償還は金融崩壊のきっかけ(それゆえカバールの破産)になり、イベントへの道を切り開く。 12 OPPTの内なる神聖な尊厳という原則はスピリチュアルな成熟度を持つ人にのみ理解されよう。このような理解はファーストコンタクトの後でなければ、大規模には起きない。 13 ムスリム同胞団は陥落した。 14 キャメロンの状況は、英国においてポジティブなテンプル騎士団が動いているしるしである。 15 カバールのサウディアラビア分派はイベントのあとで排除されるだろう。 16 シェルダン・ナイドルによる、地球がパラダイスになるという銀河”プロジェクト”は、イベントの後でに結実するだろう。これはレムリアの時代には完全にはうまく行かなかったことである。 17 カバールの処置はまだ完全ではないが、彼らは多くの領域を失った。 18 通貨の再評価(RV)はイベントの後の第一週に行われる。 19 イベントは真の覚醒を促し、”空には限界がない。” 20 カバールはファンドを引き寄せる能力をほとんど失った。 21 シリア問題の核心は、シリアが、ロスチャイルドの一部ではなく、独自の専制体制をとっていることからくる銀行システムの支配の戦いであることである。 22 イベントが未熟なうちに始まると、人々のマインドへのアルコンの影響が問題として残る。 23 カバールが起こした地球温暖化の問題では、地球は逆にミニ氷河時代に移行しつつある。 24 ネービーヤードの射撃事件は人々のMK-ウルトラ(CIAによる洗脳)への目覚めに役立った。 25 化学兵器の世界全体からの根絶はシリアから始まる。 26 新しいイタリアア大統領の指名は既にポジティブな結果を生んでいる。 27 エーテルプレーンからの圧力の低下がカバールの手下の勝利側の選択を自由にしている。 28 ベンガジでの武装反乱軍へのカバールによる武器供給は途絶えつつある。 29 ナタニエフとイスラエルについては、化学兵器を廃棄すると核兵器を見せることになる。 30 負債免除はイベントの後で行われる。 31 赤い雨現象は地球上の物質によって起きたものである。 32 セントラルサンの活動が活発化するので、自然現象である、ファイアボール/彗星現象は、増え続けるだろう。 33 黒い水溜り現象は、大気と水の間のプラズマ放電による現象である。 34 パキスタンの三つの新島は自然の成り行きであり、アトランティスのような大きい隆起の始まりではない。 35 チベット僧院のいけにえは、中国の支配に対する反抗として行われている。このようなことは気づきを促進させる。 36 9月の秋分は男性と女性のエネルギーのバランスを新しくするもので、より調和が取れたイベントへの道を開く。 37 ブラックホールは地球温暖化や寒冷化とは無関係である。 38 10月半ば以降の新しい機会の窓では、物事がより面白くなる。(イベント)

コブラ・・・2013年9月29日 惑星の状況についてのニュース:新金融システム

コブラ・・・2013年9月29日 惑星の状況についてのニュース:新金融システム http://2012portal.blogspot.jp/ Cobra : Sunday, September 29, 2013 Planetary Situation Update: The New Financial System 国際担保勘定については、舞台裏で作業をしている人たちにさえ、多くの混乱が見られます。 この混乱を解消させてください。 国際担保勘定は、第一次世界大戦後にカバールが、多くの国を説得して、独立した強力な国家銀行を持ち、金の裏付けがある金融システムでは、第一次世界大戦のような事態を導くとの言い訳の下に、保有金を各国に拠出させ作り出したものです。国際決済銀行(BIS)はこの理由から、1930年に設立されました。BISの創設の後、カバールは中国に(時には穏やかに、時には脅迫的に)赴き、偽の証券との交換で彼らの金を拠出させました。カバールはこれらの証券の償還をするつもりはありませんでした。彼らの作戦の次の段階は東方社会の残りの黄金をゴールデンリリー作戦によって盗み出すことであり、フィリピン(山下の黄金)とインドネシアに埋蔵しました。 この黄金はブレトンウッズ協定の下に、西側の金融システムの裏書に用いられました。カバールは目に見えるものであって、中央銀行の交易プログラムに大規模な資金を投入して生成し、隠してあった黄金を投資の裏づけに用いる陰の銀行システムを隠して保有していた表向きの不換金融システムを支配していました。これらのプログラムは、すぐに、陰の銀行システムの一部(例えば、ホワイトスピリチュアルボーイ口座は仮想の10の15乗ドルのオーダー)だったので銀行から除去できない天文学的な額の仮想資金を作り出しました。カバールと繋がっていない者は誰もこれらの繁栄プログラムには近づけず、プログラムのほんの一部でさえ、非カバールの人たちを含めようとすればただちにカバールに捕まえられ、あるいは射ち倒されてしまいました。 カバールは着実に盗んだ黄金を利用して1953年から2004年までの間に、地下基地と秘密の宇宙プログラムを構築しました。 2012年の2月には、抵抗運動は全ての黄金をカバールの手から奪取しました。これが、ベンジャミン・フルフォードがアジアのどこにも金貯蔵庫の証拠を見つけられなかった理由です。この金の奪取は輝かしい成果でした。それ以降、この惑星の表面には、本当の不換金融システムが見られるようになったのです。この種の金融システムは、非常に不安定で、カバールにとっては経済的な策略の遂行には十分な注意が必要になりました。人間の歴史上初めて金融システムが金の裏づけのないものになりました。このような金融システムは自身に信用の裏づけがなく、真の基礎がないために、非常に長い間は存続できず、やがては崩壊するので、イベントを加速する動的な緊張を生み、これがイベントが起きる最後の瞬間になるでしょう。 今は、カバールは不安定な金融システムを世界的に略奪した不動産で裏づけをしようとしていますが、これが非常に多くの住宅の差し押さえの理由なのです。 1930年以来カバールが発行していた証券については多くの誤解があります。カバールが長年にわたって盗み続けてきた金を今は持っていないので、これらの証券は償還されることはありません。彼らは又、流動性のある現金の不足に悩んでおり、このような小額では、これらの証券のほんの一部でも償還をはるかに遠いものにします。 これらの証券の目的は、カバールから価値あるものを引き出そうとすることではなく、それらを道具として用い、時が来たら彼らの腐敗した金融システムの破産を強制することにあります。 これら全ての金と証券の歴史的な所有者は、中国人でも、キーナンでも、ホワイトドラゴン社会でもなく、指名されたM1(貨幣制御人)でもありません。M1の機関はカバールが作ったものです。所有者と真の雇用人は人間全体で、イベントの後では、国際担保勘定は、全部が人間に移管されるでしょう。 イベントの後では、抵抗運動は、人間に黄金を変換し、この黄金は、この惑星の地上のどこかに保管され、新金融システムの裏づけになるでしょう。それゆえに、この黄金は、公開市場では取引されませんが、一方で個人所有の金は、取引され、自由に交換されるでしょう。 この新しい金融システムの構造化は、2011年8月のモナコ合意において東部連合の57のメンバーの間での秘密合意の一部です。 新しいM1には誰も指名されないでしょう。カバールのメンバーは誰も国際担保に近づくことを許されないでしょうし、新しいジェスイットの法王もそのほとんどの部下もいずれにしても逮捕されるでしょう。 金融システムをカバール(ホワイトドラゴン、キーナン、OPPT)の手から開放しようとして働いている種々のグループが勧告の役割を果たし、イベントのあとでは、民主的に選出された、政府高官の評議会が国際担保勘定の信託人になるでしょう。システム全体は完全に透明でこの透明性は抵抗運動によって監視されるでしょう。 通貨の再評価(イラクディナール、ベトナムドン)は新金融システムへの移行が光の勢力の監視下での金の裏づけのあるシステムへの移管であり、投機的な通貨再評価ではないので、金融システムのリセットにおいては小さい役割しか果たしません。 真の貨幣なしの社会が、銀河連合の進歩したスピリチュアル技術の裏づけによって、ファーストコンタクト後のこの惑星上に作り出されるので、この新しい金融システムは一時的な方策にすぎません。貨幣なしの社会では、転生した人間のソウルたちの真の価値が認識され、彼らには、物理的、およびスピリチュアルな豊かさが与えられるでしょう。 多くの人々はなぜイベントが起きていないのかをいぶかっています。それは、イベントの作戦遂行にあたる鍵となる地上メンバーが調和して働けるように、エーテルの全てのネガティブな者たちがイベントの前に排除されなければならないからです。イベントの時に負傷が予想される者の統計的な平均値はほぼ10万人です。しかし、イベント作戦の遂行に当たる表面にいる人たちのうちの鍵になる人たちの死傷については、もしも悪い方向に進むと、もっと多い数になり容易に数千万という数に達するので、光の勢力が負いたくないリスクです。いわゆるライトワーカー又は光の戦士はエーテルのアルコンの影響を受けるので、我慢の限界を超える行動を示すことがありました。あなた方はフランス革命をご存知でしょう。この革命は非常にうまく始められ、どのように終わったかはあなた方が良く知っています。 イベントは起きるときに起きるでしょう。それが起きるまでは、私たちの力の範囲内の全ての、可能な限り調和が取れたことを実行します。光の勢力にとって大切なことは一致し、通信し、情報を集め、戦略を練ることです。 次回の惑星状況ニュースが今から、一、二週間先になりそうです。  翻訳 Taki

コブラ・・・2013年9月11日 惑星の状況についてのニュース

コブラ・・・2013年9月11日 惑星の状況についてのニュース http://2012portal.blogspot.jp/ Cobra : Wednesday, September 11, 2013 Planetary Situation Update Part 1 予想されたとおり、9月から、光の勢力の大規模な作戦が始まりました。 東方連合は行動へと飛び込みました。東方連合は、BRICS(ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカ)の政府、インターポール要員、中国とロシアの軍事勢力、及びこの惑星の解放のために抵抗運動の直接の導きによって動いている白竜会とポジティブなテンプル騎士団の緩やかな結合のグループです。 BRICSグループは新しい金融システムのブロックの一翼を担う新しい世界的銀行の設立を宣言しました。  http://rt.com/business/russia-brics-bank-g20-468/ 東方連合のスポークスマンであるウラジミル・プーチンは現在のシリア危機の間に大衆に対して行ったカバールの行動を暴露するステップに踏み込みました。 http://www.raymondibrahim.com/from-the-arab-world/putin-puts-obama-in-hot-seat-what-will-you-do-if-rebels-are-ones-using-chemical-weapons/ http://rt.com/news/putin-g20-syria-meeting-511/ 舞台裏では、カバールの降伏交渉が続いています。ジェスイットの大部分とロスチャイルド分派はイベントの時点で降伏を受け入れる意思を示しています。 これが、現在のジェスイットの法王フランシスが友好的な顔をしている理由です。彼は自分自身とカソリック教会の恩赦を望んでいます。 しかし、ロックフェラー分派(イルミナティを束ねているキッシンジャー/ブッシュ/チェニー/ラムズフェルド犯罪シンジケート)は降伏を望まず、最後まで戦いを希望し、核による第三時世界大戦への道を突き進んでいます。言うまでも無いことですが、光の勢力はこの戦争の発生を許しはしません。 又、彼らのシリアへの軍事介入は、まさにエジプトにおいてポジティブな軍部の行動のきっかけになったムスリム同胞団によるシリア紛争への介入の決定が、米国内のポジティブな軍部の行動のきっかけになったのと同じように、シリアへの軍事介入が米国のポジティブな軍部の行動のきっかけになるかもしれません。 私の情報源によるとカバールのシリアへの軍事介入は起こらないでしょうが、カバールは物事を限界まで推し進め続けるでしょう。これは人間大衆に対する彼らの姿の暴露を加速し、没落を早めるだけでしょう。 ペンタゴンにおけるポジティブな分派とネガティブな分派との間の静かな戦争が続いています。 ポジティブな面では、アノニマスが再び活発になっています。 http://goldenageofgaia.com/2013/09/did-anonymous-penetrate-the-military-email-system/ 一方、ネガティブな分派は核兵器を使用する、と脅しています。繰り返しますが、これは許されることではありません。又、軍部内でのポジティブとネガティブな分派の間の緊張は、軍人の司令構造に対する信頼を失わせています。 http://www.presstv.ir/detail/2013/09/06/322306/us-deployed-nuke-force-before-syria-crisis/ 今では、全ての人がロックフェラー分派に反対しています。東方連合は世界全体の彼らに反対する公衆の意見を集約して、ポジティブな軍部の行動の準備をしています。降伏交渉の間、ジェスイットとロスチャイルド分派のメンバーさえもが、ロックフェラー分派の破壊支援の申し出をしました。又、エーテルプレーンからの影響は大幅に低減しているので、中、低レベルの手下たちの不服従が大きく増すでしょう。 抵抗運動の情報源によると、もしもイベントが今起きれば、カバールとその手下たちの降伏前の最後の瞬間の破壊努力によって、世界中では10万人の死傷者が予想され、その結果大衆の暴力的な機能破壊行動、特に帝国維持のためのオメガプログラムによるマインドコントロールをきっかけとする犠牲者が出ると予想されます。しかし、この数は、多くの要因がふくまれるので、予想が困難であり、数が前後する可能性があります。 この数は緒過ぎて容認できず、抵抗運動はそれを減らすあらゆる努力をするでしょうが、同時にこのプロセスを可能な限り早めるでしょう。 惑星の状況についての第二部は来週お知らせします。 光の完全な勝利は近い! 翻訳 Taki

コブラ・・・2013年7月30日のインタビューの要約

コブラ・・・2013年7月30日のインタビューの要約 http://galacticconnection.com/all-interview-transcripts/cobra-and-alexandra-meadors-transcription-and-listeners-q-a-for-july-30-2013/ Cobra and Alexandra Meadors Transcription Abstract  for July 30, 2013  第一のメルカバ配置は、7月29日に起きた。第二のメルカバ配置は8月25日に起きる。8月末には、強烈な変化が起きる。8月25日以降に光の勢力の動きが始まる。 地球が二つに分かれ、一つは三次元にもう一つへより高い次元になる、という噂は偽情報である。(訳者注 : 一つの地球の上が、四次元と五次元の世界に分かれるという、大天使ミカエルからの情報は別にある。) 次元上昇には、光を受け入れた者は、誰一人として取り残されない。光を受け入れれば、より良い生活に入れる。カバールはこれまでになかった問題にさらされる。まず地球が次元上昇し、その後、地球上の住民が次元上昇する。 短期的には、心理的な時間の感覚が短縮する。毎日時間が縮まってゆく。長期的には、時間は急速には加速しない。もちろん時計で測定した時間には変化は無い。 2012年12月21日には、幾つかのタイムラインが統合された、全てのネガティブなタイムラインは消滅した。核戦争、FEMAキャンプ、戒厳令のようなネガティブな事件は起こらない。 イベントそのものはある程度の人数のライトワーカーの集合意識が無ければ起きない。逆に変化が起きると、これが安定化される。 金融システムの変化から事が始まれば、人々は最初にUFOとのコンタクトが始まるよりもポジティブに受け止め易い。 バーナンキが9月1日に辞職するということだが、9月1日は最終期限で、ネズミが船から逃げ出すようになるだろう。彼一人が辞職する唯一の者ではない。例えば、連邦準備の支配人のジャネット・ナポリターノがそうだ。 全ての秘密機関のトップは、ジェスイットに繋がっている。これがマトリックスなのだ。良い者がたくさんこれらの機関に潜入して光のために働いてもいるが。 ロックフェラーの支配下にあるサウジアラビアでは大勢の光の者がカバールを倒そうとして働いている。ムスリム同胞団とサウジとの繋がりはポジティブな光の勢力によって断たれつつある。 エジプトは大きい出来事で、これまでに得られた記念碑的な成果だ。ポジティブな軍部が大きい役割を果たした。ムスリム同胞団は、シリアに介入しようとしていた。 ジェスイットの私的軍隊のブラックウオーター(今はアカデミアと呼ばれている)が狙撃手をエジプトに派遣した。アカデミアは世界中で問題を起こしている。シリア、イラク、セルビア、ボスニア、及びエジプトでだ。エジプトの軍部は民間人を標的にはしていない。エジプトを内戦に導こうとするたくらみは成功しない。 米国のABC(政府関係の)機関の誓約を立てた者たちが前面にでてきているが、これはイベントとの繋がりがあって、その時が来るのを待っている。ポジティブなメディアがカバールに殺害された時があった。これによって、これらの者たちが自分の身を守るために立ち上がっている。民衆の集合意識が多数を占めるようになれば、米国でもエジプトと同じようにポジティブな軍部が民衆の意思を代表して行動するようになるだろう。人々はまだその意思を示していない。 9月1日以降は、ポジティブな軍部による行動が見られるようになるだろう。しかし、まずは人々が意思をはっきり示すことが必要になる。 ジェスイットの全てが悪いわけではなく、わずか10%、17000人が本当の悪なのだ。彼らは表向きは善人だが、状況に合わせて悪いことをする。 福島は、小さい核爆弾の爆発を起点に大地震を発生させた、カバールのたくらみの結果だ。彼らは地球の色々な場所に放射線源を埋め込んでいる。福島では、この一部から放射線を発生させて、あたかも福島から出ているように見せかけた。実際には、福島から出た放射線はイベントの後で、GFLによって浄化されるので、問題は無い。 私には情報源がある。物理的、非物理的両方だ。私は頭を使い、メンタル体を使う。自分を訓練している。情報のネットワークを構築している。チャネリングはしない。 スペインでは、光発電は許されていない、と言うような馬鹿なことが地球には起きている。これは最後のカバールのおろかな、絶望的な行為だ。 スマートフォーンの全てはNSAに盗聴されている。スマートフォーンは全てがマトリックスに繋がっていて、最もマトリックスの影響を受け易いデバイスだ。 無人攻撃機はカバールの支配下にあるが、イベントの後では、不能化される。核装置は、GFLが無能化した。 法廷闘争には誰も勝てていないようだが、これは判事がカバールの支配下にあったからだ。これからカバールが弱体化するので、判事が自分の内側の声に耳をかたむけるようになるので、法廷も、より民衆の側に立った判決を下すようになる。 アルコンのインプラントには多くの種類がある。地球上の全ての人間には生まれる前から、寄生虫のようなインプラントが施されていて、アルコンのコントロール下にある。あなた方の意思決定にこのインプラントを影響させるかどうかは、あなた方の自由意志次第である。前頭葉が影響を受ける。意思決定プロセスは、全ての人間についてこのインプラントの影響を受ける。人間にとって最も大切なことはこのインプラントの影響に対してノーと言えるかどうかだ。自分自身の意思で決定することが大切だ。恐れを排除して自由意思を働かせることが大切。 地球の周りは、タキオンの膜で覆われているので、ある種の信号が地球に届かないようにされている。これが除去されると光子を受けるようになるだけでなく、タキオンも受けられるようになる。空は以前のようでは無くなる。今は見られない母船のようなものが見えるようになる。 オバマについてはコメントできないが、彼はイベントの後で大きい役割を果たすようになる。イベントの後では新しい統治体が統治を行うようになる。選挙が新たに行われ、世界中の議員は完全に入れ替わる。 ニブルは偽情報だ。 地球の磁極の変動は起きているし、まだ移動中だ。 新金融システムはカバールが創始するのではなく、民衆の手で設立される。 次元上昇は大きい意識の飛躍なので、人間単独での次元上昇は困難である。したがってヒーリングと支援の為に光の部屋が必要になる。 フリーエネルギーの分野では、今の社会に多少の進歩が見られる。小さい家庭用の装置が無料で配布される。これがスタートして良い試みで、人々がそれに慣れるようにする。技術供与は急速に行われる。ファーストコンタクトの後には、食料生産機械が供給される。私たちが希望すれば、製造するか、複製するかして、それが手に入る。 ファーストコンタクトの前に技術に関する情報が入手できる。ファーストコンタクト以前に情報が与えられる人たちがいて、技術を受け取る人たちにこの情報を伝達する。 大変化は9月に入ってから起きる。人々には、イベントに備えるグループを作って欲しいと思う。ウエブサイトで署名するだけではなく、実際にグループを作って定期的に集まり、実際の準備行動を行って欲しい。 翻訳 Taki