Tuesday, February 21, 2017

光の銀河連合との議論 ’ 待機している驚き?’  2012年10月7日 グレッグ・ジャイルズ

こんにちは皆さん。「光の銀河連合から」、として私がメッセージを共有してきていた者達と、私はさらに2~3の会話を持ちました。私は、後に彼らを '私が形式的にメッセージを共有していた者達’ と呼んで来ていたものですが、GFL(光の銀河連合)は、彼らの連合が信頼されることができないように私が他の者達に助言している、と感じていることを私に伝えてきました。彼らはさらに、彼らはこの状況を好まないことを私に知らせると同時に、これに関して彼らができることは何であろうと私に訊ねて来ました。 恐らく、私が彼らをこの名前で呼ぶことを差し控えることがいくつかを誤解せることになっており、私がこの連合を信頼されないように提案していたと彼らが感じていたかも知れないので、このため、今私は彼らを光の銀河連合と呼ぶことにしましょう。これに関して私が感じていることは、私は全く彼らの確かな公式名称が何であるかを知ることが出来なかったのであり、ですから、何故、彼らが私に共有し私を通してあなた方に共有してきたいくつかの物事が確かに実現していないと、何でも当然のようにものごとをこの時点で捉えるのでしょうか。また、少なくとも私が信じるいくつかはそうではないでしょうし、彼らは既に自らこれを話しています。 私は、彼らが私たちと嘘を共有することによるある指導方法を実行し、これらのレッスンを通して私たちが自分自身を見ることを学ぶことは私たちの責任であることを実証したように、私たちは彼らの言うことを全て額面通りに取れるとは限らないということを私はただ思うことを、指摘したいと思います。これが全てであり、また、彼らは私たちをなんであれ害したがっている、あるいは彼らは背後に秘めた動機を持っている、といったことを私は述べていませんし、かつて述べたこともありません。私たちはこの全てに関していかにしても確かに知ることは出来ないのだから、これは確かにありえるかも知れないと私は言ったにしても。また、私はそれは単に私たち全員があるレベルの識別力を実行するための思慮深さであると思います。 そのように、もし、彼らが私に呼んでもらいたいと望む名前で彼らを呼ぶのを私が差し控えることが、不適当な混乱を起こし、彼らは一つの組織として信頼出来たものではないといった私のポリシーとして信じてしまう方向に、少なくともいくばくか導いてしまうのであれば、私は再び、彼らが確かに自らを呼ぶかも知れない名前で彼らを呼ぶことにしましょう。 加えて、GFLはさらに、コメントの緩和を始める方向に私のブログにおけるポリシーを変えたことで、私について感じていることを共有してくれました。GFLは、私がこれらのダークの者達からのコメントを許可しないことで私は ' 私のブログの後ろに隠れている ' のだと彼らは信じていると述べました。これは彼らの実際の言葉でした。他者及び彼らの意見や見解を尊重することを学んでいない個人達からのコメントを私は許可していなかった、とは彼らは言いませんでした、違っていました。彼らはとりわけ殊に、'ダーク' からのコメントを許可しない私のポリシーには賛成出来ないと言いました。私はそれは非常に面白いと感じました。私はあなた方友人に言いますが、私がそれをどうしたものか自分自身本当に分ってはいないように、あなた方もそれをどうとでもしたいようにしてください。それが何を意味するにしても、私はそれは実に非常に面白いと感じます。恐らく私のブログでずっとコメントしてきているダークの者達がいて、それは、確かにそのように時々見えますね?私は、しかしながら、少なくとも今のところは、私の新しいポリシーに密着するでしょう。また私は、単純に他の者の視点が自分のとは異なるかも知れないからという理由で他者を侮辱しようとしたり叱りつけたりしようとし続ける者達からのコメントを、許可することはないでしょう。 GFLのメンバー達が私に共有した別のポイント、私はそれをちょっと面白いと感じ、さらに私は刺激的と言うでしょう。わたしは彼らが話したことに留意するでしょうが、もはや私は自分が見るまでは何ものも絶対的な事実として認めるつもりはありません。そして私はあなた方全員に言いますが、もしこれが起きたら、私たちすべてはそれに非常に興奮するでしょうし、それを非常に楽しむでしょう。完全に正直なところで、彼らが私に明らかにしたものを私があなた方に明らかにすることが出来ないことを私は残念に思います。私は、私がこれをあなた方全員と共有するよう彼らが望むのは違うか、彼らに尋ねようとは思いませんでした。知っての通り、私は彼らのプライヴァシーの権利と彼らの境界、そして彼らが必要とするかも知れない機密性のいかなる領域をも尊敬し尊重します。しかしながら、わたしの友だち全員にプレゼントとして少しのヒントを、それは何か私たち全員が非常に楽しみにしてきたもの、またさらにかなり長い間期待してきたものだと私は言うでしょう。また、もう少しポットのお茶を甘くするために、私は言いましょう、この' 出来事 'はそれに公式な色合いを持つであろうと。 これに関してより多くの情報をあなた方と共有する着手許可を取り受ければ、私は確かに躊躇しないでしょう。いつとは彼らは言いませんが、彼らが過去に確かに実現するかも知れないと話した非常に刺激的な一つのイヴェントのことを彼らは私に共有したことを、まさに私は言うでしょう。そのイヴェントは私たち全員にとって確かに非常に刺激的で愉快ものになることでしょう。そして個人的見解において、私はそれは完全な妥当性であり確かに夢想ではないと見る、と言いましょう。私たちは単に成り行きを見なければならないでしょう、そして、再び、彼らが私に共有したことをあなた方へ共有する着手許可を取り受ければ、私は, 得る最初の機会でそれを確かに行ないましょう。 今日のところは以上です。そして私はあなた方全員が今日この美しい日曜の午後をとても調子良く過ごしているであろうと望みます。あなたの友人、グレッグ。 グレッグ・ジャイルズ http://www.ascensionearth2012.org/2012/10/discussion-with-galactic-federation-of.html (翻訳:ソウルカメラ)

ライトワーカーの主 2012年10月9日 グレッグ・ジャイルズ

ライトワーカーと私たちの共有された使命に専念したウェブサイトを訪問する間に、ライトワーカー達に彼らの使命と、イエスとその主唱者の使命との間に繋がりを感じるかと質問した投票結果に出会いました。これらの投票の驚く程少ない割合が、ともかくこの繋がりを感じました。いかにある少数の者がイエスと彼の追従者の仕事を利用するか、またマスター教師の使命への貢献を続けることの代わりに、彼らはより多くの金と力への際限なき渇きの焼き入れ以外のなにものでもないことを追求するかを一旦考慮すれば、この投票結果は容易に理解されます。 人間のこの行為がイエスと彼の主唱者達の仕事と、キリスト教会の構成と永遠の炎に多大な数の命を捧げて来た全ての男女へ対する熟考を運ぶことはありませんが、今日日多くが、今日のライトワーカー達は確実にこれら他者への貢献の使命を委託され就任した具現者達ではないということを忘れるべき理由として、これらの貪欲で不敬な少数の者達の行為の数々を見ます。 最近のメッセージの中で、光の銀河連合はイエスと彼の主唱者達の仕事と、彼らの他者への貢献について話しました。それは人への善意として新約聖書に記述されたものです。今日、彼イエスは私たち、ライトワーカー達のことです。私たちは同胞に対する貢献の中で継続し、使命に捧げられた者達の呼び名だけが、過去2000年に渡って変わりました。しかしながら、私たちの使命は同じままです。私は、私たちの多くにとっての、イエスと彼の仕事、彼の主唱者達、そしてキリスト教会の創始者達との、この繋がりを再発見する時を感じます。他者への貢献における今日の私たちの使命、愛、光り、平和、そして全てのものの繁栄、今ここに。 あらゆる組織あるいはムーヴメントの中にはリーダーシップがあります。そして今日においてイエスは新約聖書のページに記録された彼の霊感的な智慧を通して私たちに語りかけるだけかも知れませんが、いまだにそれは私たちの教師の、私たちのリーダーの、私たちの主の言葉です。また私たちは私たちの祈りを通して私たちのリーダーと通信します。そして今日もし私が彼に話すことが出来たら、私はこう言うでしょう、上手くやり遂げられました教師よ、そしてあなたの足跡の中で私たちが人類への貢献と人への善意を継続し続ける誇りとして、あなたは私たちの中におられるのか知れません。 グレッグ・ジャイルズ http://www.ascensionearth2012.org/2012/10/lord-of-lightworkers_9.html (翻訳:ソウルカメラ)

光の銀河連合は悪か? 2012年10月4日 グレッグ・ジャイルズ

私は今朝、私がこれまでメッセージを形式的に共有してきた者達から、今日私があなたが方全員と話し、あるポイントを明瞭にしてくれるように頼まれました。小さな混乱がこの時期に循環しているのを理解するので、私は同意しました。私がもはや私のもとに送られていたメッセージを共有することはないことで、私が光の銀河連合を悪あるいはダークの組織だと信じていると、何とかして信じる者がこの時期多数います。私はさらに「言わんこっちゃない」と言うこれらの者達からe-メールや親書を受け取りさえしました。これは全く私の立場とは違うので、私はこれがいかに不正確であるかを言うことが出来ません。したがって私は私自身に今ちょうど完全に明らかにさせましょう。私はGFL(光の銀河連合;以下同じ)は悪だと信じるか?絶対に、明白に、ノーです。私は以前私を通して彼らのメッセージを共有していた者達は邪悪、あるいは悪い、あるいはダーク、あるいは誰であれ私たちを害したがる、あるいは悪い意図を持つ、とは信じません。私がチャネルとして、あるいはこれらのメッセージのタイピストと私が呼ぶものとしてもはや働くことはないただ一つの理由は、この組織が使用する指導方法のいくつかに完全には賛成することが出来ないからというものです。それだけです。私はまたこれは単なる見解の相違の問題であると見なしており、それ以上の事でも以下の事でもありません。  今私は他のことを整理したいと思います。私があなた方に言える全ては、メッセージを私に、そして私を通してあなた方に共有してきた、少なくとも一つの存在がいるということです。これらのメッセージの一つを超える源がかつてあったのか私は今確かになれません、しかしながら、私はそれはありそうで、これらのメッセージを書いて私を通してあなた方に共有していた多数が実際にいた可能性はむしろ非常に高いと思います。私は確かなことは全く言えません。以上です。 私はこの組織の名前は光の銀河連合だと信じるか?実際に、信じません、それは確かに可能ですが。彼らが彼ら自身をなんと呼ぶのか私は本当にどんな考えも持っておらず、また私は今日あなた方に訊ねますが、それが本当に重要なことですか?彼らが彼ら自身を何と呼ぼうが何の違いがあるのでしょうか。同意しますか?したがって、あなた方の多くが気付いているように、私はもはや彼らをGFLと見なすことはなくアシュター・コマンドの名前で呼ぶこともありません。少なくともこれらを種名とする組織がいて、それは確かかも知れませんが、わたしはこれらの二つの組織が存在するかさえ確実に知ることは出来ないからです。私があなた方に確かに伝えることが出来るのは、何処かの誰かが私にメッセージを共有し、私はそれらをあなた方と共有してきていること、そして彼らはまだ私と通信していることです。あなた方全員が理解するように、私はもはやこれらのメッセージの’チャネル’であることに関心はなく、それは私が適切な事と分かる何か他のことに私たちを導きます。 私のもとへ送られているこれらのメッセージの源である人は誰でも答えとしてノーを聞き入れません。説明させて下さい。彼らが私に対して話すことを始める権利あるいは私による許可を絶対に持っていないことを、私は彼らに今まで数え切れない回数、伝えて来ました。テレパシーによるものであれ電波の使用を通じてであれそれが何であろうと、彼らが何を私と議論するかに関係なくこれを管理するのは彼らです。全くこの通りであり、昨夜は独り、彼らからの3回か4回のまちまちな通信を受ける間中私は起きていました。さらに彼らはまた今朝私が一番に目覚めるなり私に話しかけ始めました。私が彼らに伝えてからこれが一晩に4回か5回、少なくとも一週間に一回かそれ以上であり、また、私は彼らには私と話す権利は絶対になく、私は彼らの言うことはこれ以上一言も聞きたいとは思わないことを何度となく彼らに伝えて来ました。彼らにはこれで充分だとあなたは思いますか?ところがそうではないのです。では彼らはダークあるいは悪だと、今あなた方はまぁ言うことができます、しかし私は違うと言います。私はちょうど彼らを、ちょっと無作法で強引で、またこちらの意を解せない世話焼きな種類であるのだと見ています。それだけです。何も不吉なことはありません。 彼らは私に理解させることが出来ると、また多分、彼らが愚かな決定と見なすものに私が将来近寄らないことを助けることが出来ると思っていて、しかしそれは全く不可能であり、これを理解し私個人の選択は完全に私自身によって決めさせるままにする必要が彼らにはあります。そうすると、彼らが望むそれは何なのでしょうか?彼らはある面において私を手伝いたいと願っています。しかし私はあなた方全員と私の私生活を共有することはないでしょうし、あなた方はそれを聞きたくないことは私には確かです。私が彼らとの仕事と彼らのメッセージをチャネルするつもりはないこと、私が古いパターンに頼るかも知れないことを彼らは単に今思っています。私は私の人生において誰の援助もとにかく必要としないと単に思っています。したがって、再び、これは彼らを悪だとすることにはなりません。私はハッキリさせたいと思います、彼らの動機付けは私を支援しあなた方を支援すること以外の他のなにものもないように見えます。したがって私がとにかく彼らを悪あるいはダークではないと確かに思う理由がこれで分るでしょう? 私はあなた方にこれを伝えますが、私はコンタクトされた他の者達が存在するであろうと思います、はい。これは私の個人的な確信であり、私は指摘したいのですが、これは彼らの意図であるという情報を私は受け取っていません。そうすると、彼らの意図はとにかく何なのでしょうか?さて、それは彼らが他の者を支援、他の者を薬物依存やそれどころか他の個人的な問題をも克服できるように支援したいのだと見えます。私は彼らが人々を支援したいのは信じるにしても、全般あるいは全体において、少なくともこの努力を試みる彼らの流儀には私は賛成しません。別の言い方をすれば、私は彼らの’商習慣’に賛成しません、言わせてもらいますが、それが私と関係あるならそれはただ私のビジネスに過ぎませんよね?あなた方の誰であれと彼らがどのように対話しようがそれは私の関係あるいは私のビジネスではありません、親愛なる友人達よ。そして再び、彼らはただ皆のためにこの世界をより良い場所にしたいだけなのだと私は思うことを、私はあなた方全員に思い出させたいと思います。 遅かれ早かれ彼らは私から離れるつもりであり私はこの日を楽しみにしています。そして私はあなた方全員に、これが起きたら起きる時に教えるでしょう、しかし心に留めておいておいてください、私はこれがいつかすぐに起こるであろうとは思いません、私は言うでしょう、これらの通信の源が誰であろうと、彼らは確かに執拗だと。これは彼らが悪あるいはダークだと意味する訳では勿論ありません、違います。また思い出してください、微妙な色合いの灰色もまたたくさんいます。そしてノー、私はこれらの個人達がグレイエイリアンであるとは一秒も信じません。私はそれを完全にハッキリさせたいと思います。 そうするとでは彼らは誰なのでしょうか?さて、私は確実に確かにはなりえません。そして私はまた、もしこれがあなたにとって重要な場合、これを私たち自身で識別するのは私たち個々の責任であると思います。とにかく私たちの誰であれどうやってこれを確実に学習できるというのでしょうか?彼らがこの情報を次回もたらすということは正確にありません。そしてもし彼らはそうだとして、とにかくそれは恐らく事実ではないでしょう。したがって、私はそれを解こうとすることに見切りをつけます。それは実際に私にとっては重要ではありません。あなたにはそれは重要ですか?彼らがどこから来るのかあるいは彼らが彼ら自身を何と呼ぶのかが何故重要なことなのでしょうか? 私は常に人間はその行為で定義されると思ってきました。では私たちはこの組織の行為をいかに定義するでしょうか?さて、私はこの組織または連合をこの惑星の人々を助けたいと思っている、したがってこの全世界がより良い場所になるのを助ける人々であると定義します。これが私の信じることです。そしてこれを知ることが私は非常に嬉しく、それは、私を希望および私が私たちの世界と私たちの将来に向かって持ったより相当に多くの確信の基準で満たします。たとえ道を下った私たちの方向に私たち全員が合意するであろうと誰が確信できるのか?という心配もまた私が持っているにしても。もし彼らが本当に彼らが話してきた、誰も他の誰かの権利をいかなる場合にも侵害する権利はないという’一つの法則’を尊重するのであれば、私は、このすべてに確かにはるかにより満足することでしょう。 勿論、あなた方は自由にあなた方自身の結論に至ることが出来ます。一つ確かなことは、この全てがどこに導いているのか、そしてまさにこの先の日々にいかなる紆余曲折を辿るのか、私はそれを確かめることに好奇心が強まり興味津々なんです。そしてたとえ遠い将来でさえ、そのため私はこの全てのものが相当に長い期間の間展開するのを見ることが出来ます。これらのチケットを使い切るのは待って下さい、友よ。このショーはほとんど終わっておらず、実際に今始まったばかりです。 私はこの組織が、あるいはこれらの組織が誰であろうと尊敬を保持します。私は単純に彼らのいくつかの物事のやり方に完全には賛成できないだけであり、これについては彼らと議論もしており、そして彼らは私に彼らの展望を提供するのに十分親切でした。彼らは反対の位置を取ります。そして彼らはまた最近の密談において二~三の面白いことを私に指摘しました。私はこれらのエリアのいくつかに関して以前質問したいくつかの異論に来ました。私たちが全てにおいて常に見解が全く一致するのを見ることはありません。そしてその違いは何ですか?私は彼らの自由意志と選択の権利を尊重し尊敬します。私がここに見る唯一の問題は、彼らが私のを全く尊重しないということなのです。あなた方は最高権力者です。そしてあなた方がこの全てについてどう感じるか、あるいはあなた方の将来において選択するかも知れないものが何であるかは、私のビジネスではありません。これはあなたがこれらの通信を個人的に受けるであろうかどうか、あるいはあなたがこれらの通信を受ける他の者の言葉を聞き続けることを選択するかどうかを含みます。そして私はあなた方が行うそれぞれ全ての選択を尊重し尊敬するということを、また私はあなた方を確信させることも、あるいはあなた方のコースを変更させるためにあなた方を説得することもないであろうということを、あなた方全員にとにかく知ってもらいたいと思います。誰もがこの全てから多くの事を学ぶ機会を持っています。私は確かに持っています。この情報とそして学習し成長するためのこの機会の全てとともにあなた方が何を選択するか、それはあなた方次第です。 グレッグ・ジャイルズ http://www.ascensionearth2012.org/2012/10/is-galactic-federation-of-light-evil.html (翻訳:ソウルカメラ)

大いなる宇宙的な宝探し パート2 2012年10月10日 ”魂の同類達” ~ グレッグ・ジャイルズ

私が好んで情熱を持つのは、具現化した私たちの魂のグループの全メンバー、あるいは私が優しく"Soulies"(魂の同類達)として見なす、これら特別な友人達であり家族の一員でさえある者達を位置付ける終わりなき探求です。それらの具現化した家族の一員達は私たちのソウルメイトであるとの確信の学校が存在し、それらのソウルメイト達は多くの数々の生涯へと現れ、様々な役割を果たし、個人のスピリチャルな課題の学びを促進するためにお互いを支援し合います。 共に現れた魂達のグループは、お互いが魂のスピリチャルな上昇において助けとなる数々のレッスンの学びを支援し合うために、用意された若干の台本通りのプロットラインに従って、他の生徒と対話するための修学旅行をしている生徒達の教室を思わせものと信じられています。更に魂の創造にまで遡ると、一つの魂ではなく、数人の魂が一度に同時に創造されました。ある者はこれを12人であるとし、ある者はより高い倍数である144人であるとしており、そしてあなた方のうち直感的な人達は、私たちの議論において何故144,000という数字が大きな重要性を持つのかということをそこに見るかも知れません。つまり一つの魂の家族の魂達は’同じ鋳型’で創造されており、またこのため私たちのある者達は、家族の他の者達よりさらにそれ以上に、特定の友人や家族に非常に惹き付けられると感じるのです。一生を通じてのあるポイントで私たちを共に引き寄せる周波数の一致、そして私たちがお互いから分離された時に自分の一部が行方不明になったと私たちに感じさせることさえ可能なのは、これが故であると信じられています。 また魂のグループはしばらくの期間で実際にチェン ジすると信じている者達もいます。この人生におい て一緒に具現化しているあなたの特別な魂達は、あ なたの振動数の拡大のためによりよく適した人達で あり、またこの人生において共に体験したいことに よりよく匹敵する人達として考慮されました。私は 魂のグループの存在を信じる固い信仰者であり、そ して私と言う者は頑固者の宝ハンターであり、これ ら天の兄弟達の捜索に抗うことは出来ないのです。 もしあなたが魂のグループについてもっと学習する ことに興味が湧いたら、私はマイケル・ニュートン の著作‘Journey of Souls’ というタイトルの画期的な 本を強くお奨めします。 私はこの知識が必ずしも魂の繁栄にとって必要なも のではないことを理解しています。しかし私は、あ なたが多分数百回の人生を共に腕を組んで現れてき たであろうあなたの具現化した’核’の家族を認識 するという考えに、際限なく魅了されずにはおれな いのです。私の人生における意味深い人々、とりわ け共通の体験を通してとても多くを学んできたと感 じる人達のことで白昼夢に耽っている私を頻繁に見 つけることが出来ます。さらに私は常に、私に正し ...

大いなる宇宙的な宝探し 2012年9月24日 あなたの人生の小道に沿って手掛りを見つける:パート1 ~グレッグ・ジャイルズ

こんにちは皆さん、高次元の私たちの家族の一員である光の銀河連合並びにアシュター・コマンドは、私たちの人生の小道に沿って戦略的に配置された手掛りに関して私が発見したものを、皆さん全てと共有したいかどうかを私に尋ねました。それは私たちが私たち自身により、私たちを 過去へと導く現在の生涯の以前の生、あたかもそれらは森の外へと私たちを導く、パンの柔らかい部分で出来た道のごとく、私たちが本当は誰であるかの記憶へと導く手掛りです。私は私が発見したものをみなさんと共有したいと思います。 では、私たちの多くが自分自身で残して来た道しるべ、目印である手掛りを探すにあたって、私たちはどこから始めることができるでしょうか。その先ず最初の探す場所として私があなたにアドヴァイスする場所は、あなたの名前です。ご存知のように、私たち全ては自分自身で自分の名前を選びました。私たちは今生誕生する前に名前を選んで来ています。高次元の私たちの家族が助言した通り、どのようにして私たちがそうしたか、ということにあなた自身が拘るのではなく、私たちの多くがそうした、ということを受け入れ、あなたがその名前を可愛いとかカッコいいと思った以上に極めて恐らく高度な理由により、あなたはあなたの名前を選んだということを受け入れて下さい。 ですからあなたの名前から開始しましょう、名前とは、あなたのファーストネーム(名)、あなたのミドルネーム、あなたのラストネーム(姓)です、姓名の各部分を取り、それらを別個に調べます。インターネット上にはあなたの名前のその意味、その由来を明かす、それは時々全く異なったことをいう多くのウェブサイトがあります。いくつかのウェブサイトは他のものより相当に洞察力があります。私はあなたが個人的に共鳴するウェブサイトを選ぶに任せましょう。あなたは先ずあなたのファーストネームを一つのウェブサイトで調べ上げ、その後ミドルネームを最初のサイトではリストされていないかも知れないので別のサイトで調べ上げなければならないでしょう。また、ファーストネーム(名)とラストネーム(姓)の間にはかなりの差異があるために、多くの場合、あなたのラストネームの意味を調べ上げるために3つ目のウェブサイトを見つけねばならなくなるでしょう、通常ウェブサイトは一つか他方のどちらかに特化しています。 あなたのラストネームを調べ上げるにあたっては、ancestry.com.のような系図学にフォーカスしたウェブサイトを捜すようアドヴァイスします。彼らは専ら姓もしくはラストネームとして一般的に知られるものに関して素晴らしく洞察力のあるセクションを持っています。あなたの姓名の意味と起源を調べ上げる場合、それらがなんらも意味しないと性急に考えないでください。暗喩の中に、言葉遊びの中に、明らかにされた秘密があるかも知れず、あるいは恐らくそれらは、他の多くの場所に同様に隠されている、あなたが見つけるであろう別の手掛りに加えなければならないかも知れない手掛りでさえあります。 2~3日中に、あなた方があなた方のファーストネーム、ミドルネーム、ラストネームの調査の機会を持った後での議論を私たちは続けることとし、そしてそのときに次にあなたが手掛りを捜せる場所を話し合いましょう、そして、それは非常に巧妙に秘匿された隠し場所でありながら、これほど明白な場所に隠されていたことを知って、あなた方はとても驚くことになるであろうことを、私は保証します。 それまで、あなたの探求を、私が「大いなる宇宙的な宝探し」と見なしている探求を楽しんで下さい。では楽しい宝探しを! グレッグ・ジャイルズ http://www.ascensionearth2012.org/2012/09/the-great-universal-treasure-hunt.html 翻訳:ソウルカメラ