Monday, November 20, 2017

「私は宇宙人」の著者ティアランさんからの励ましのメッセージ 2014年4月7日

  宇宙の地球ステーションでミッション遂行中のライトワーカー、ウェイショウアー等の皆さんにシリウス系宇宙人現地球人のティアランさんから励ましのメッセージが届きました。 今地球はアセンションに向けての最終局面を迎えているのですが、ずっと待たされているという気持ちになり、若干テンションが落ち気味の方が散見されるという事です。今こそ皆さんが最大に活躍できる時ですよ!! そこで、改めてアセンションに向けて気合を入れるために役立つかもしれない情報をシェアして頂けるとの事です。 その情報とは人間のルーツ、何故地球は今こうなっているかという根本に迫る情報で、あまり公には出回っていない情報になります。“何で待たされているのか”という根本原因を解説してもらいますので、何だかモヤモヤしている方には一種のブレイクスルーになるかも? 私個人としては、人間のルーツが分かったからといってアセンションに向かう気合が変わってくるかどうかは不明です。私はもう既に気合十分の気でいたのですが…違ったのかな?まあ、とにかく人によってはきっと何か響くものがあるから、ティアランさんはシェアしてくれたのでしょう。今ピンとこなくても、もしかしたら明日ズキュンとくるかもしれないし…笑。 では、始めます…。 まず宇宙にはたくさんの星があり、それぞれが宇宙連合という愛を基本方針とした連合に属している。 宇宙連合の最終目標は進化をして神(aka:アカシックレコード・クラウドコンピューター・全ての叡智が入った愛のエネルギー)と統合する事である。いわゆる神と呼ばれるこの知識の集まりは全てと繋がっていて、情報を流したり、吸収したり個々とエネルギーの交換をしながら、そして拡大しながら存続している。宇宙連合はそのあまりの素晴らしさを知っているために神に憧れ、神との統合を目指しているのだ。 しかし、たくさんある星の中でも宇宙連合に属していない星もある、その星はニビル星という。そこに住む種は愛の送受信機が身体に組み込まれていないという特徴を持っていた。彼らの技術力はかなり高く、宇宙船なども作れるレベルなのに愛が無いので、覇権争いなどで星自体が破壊されまくって、自滅に向かっていた。その破壊っぷりはニビル星の軌道が変わってしまうほどで、どんどんと軌道を外れて変な方向へ暴走していってしまったのだ。 宇宙連合としては、そのような星が宇宙をさ迷っていては迷惑なのだが、だからといって”ニビル星を排除しよう”などとはならない。あくまで宇宙連合の基本方針は”愛”なのでニビル星を更正させる方向で話は進められた。どう更正させるかというと、それはニビル星人に”愛の送受信機”を組み込むしかないという事になった。宇宙連合が作った愛の送受信機を搭載した地球人と交配させ、ハイブリッドにするという作戦だ。 そこで崩壊寸前のニビル星が“もう住めない状態”になった頃を見計らって近くに“地球”という、住むのに丁度良い星を漂わせる事にしたのだ。その為に地球には自然や食べ物、水、様々な次元など・・・宇宙連合の科学者たちは地球にしばらく滞在し、親のような愛情をかけて完璧な環境を育てて準備しておいた。 いよいよ住めなくなったニビル星から慌てて宇宙船で抜け出したニビル星人たちはしばらく宇宙船上で過ごしていたものの、永遠に宇宙船で過ごす訳にもいかず、手頃な着地地点を探していた、するとな~んと丁度良い所に星が!!!それが宇宙連合が用意した“地球”だったのだ。 何も知らないニビル星人(以下:ニビルっち)たちは、地球に着地した。そこはニビルっちが大好きなビル群とか都会な感じは全く無く、自然がいっぱいあって何だか田舎くさい星だったが、他に行くところもないし仕方なく地球に留まる事にした。 するとある日、ニビルっちの宇宙船に訪問者が訪れる。なんと!地球を用意して育ててきた宇宙連合の科学者の方たちだった。その時始めて到着した地球は宇宙連合の管轄であるとニビルっちは知る。ニビルっちたちは宇宙連合さんの存在自体は前から知っていた。何だか愛だのワンネスだのダサい事を謳っていて、ニビルっちが持っていない愛の送受信機というのを皆さん搭載しているらしいという事も知っている。自分たちには関係ないやと思いつつも、何だか宇宙連合の皆さんに対しては常に劣等感を感じてしまうのであった。そんな宇宙連合さんたちが来たって事は、きっと自分たちを追い出す為であろうとニビルっちは思ったのだが、予想に反してそういった話ではなかった。 宇宙連合の科学者さんたちの話というのはなんと・・・地球に住んでもイイよという話だった。 でも、しばらくは地球に住む事は出来るけど、地球の環境が完全にニビルの体質に合うわけではないので純正のニビルっちだと二世代くらいが限界で滅んでしまうとの事。地球に半永久的に住むには、宇宙連合が用意したクローンのような技術で作った原始地球人と交配する必要があるという事だ。 そして地球に住む条件として以下の契約条件が交わされる・・・ 宇宙連合が用意した原始地球人には、実は”愛の送受信機”が搭載されているので、ニビルっちが元々持っている技術力と原始地球人の愛をそれぞれ混合して、期限内に宇宙連合の仲間入りができるくらいに、双方の愛と技術両方の水準を高めておく事。 ニビルっちは宇宙連合に対して対抗意識を持っているが、何となく宇宙連合に対する羨ましさもあるし、嬉し恥ずかしい気持ちを隠しつつ、他に行くところもないので、嫌々ながら原始地球人との交配及び愛と技術力の向上の条件に合意をして、地球に住まわしてもらう事になった。 条件の中には、宇宙連合は介入しないという項目もあったのでニビルっちたちは地球に住み、原始地球人たちを育て、自由にやって良いという事だった。 しかし、それまで地球を育成し、親として地球を創造してきた宇宙連合の科学者たちは愛の無い暴力的なニビルっちに地球と地球人たちを託すのが実際とても心配であった。そんな中、不介入の約束を破って数人の科学者たちが地球人に紛れて地球に残ったのであった。 こうして、地球は3タイプの宇宙人で始まった。 1.宇宙連合の科学者たちが作った宇宙人のクローンのような原始地球人 2.ニビルっち 3.内緒で地球に紛れ込んだ宇宙連合の科学者数人 そうやって地球は始まるが、ニビルっちはそもそも愛がないので原始地球人を馬鹿にして奴隷にして働かせるという始末になる。でも純正ニビルっちだと子孫繁栄が二代くらいまでが限界と言われたので、最低限度で原始地球人と交配する事にして、後は奴隷として働かせ自分たちは技術力や知識を活かして王族となった。 宇宙連合は介入はしないと約束したものの、視察隊を送り込む事はあった。その一人が、かの有名なイエスキリストである。キリストは原始地球人が奴隷として働かされている現状を見て驚く、しかも交配は最低限しかされていない、酷すぎるし約束が守られていない。むしろニビルっちは自らのアイデンティティーである残虐性が愛との交配によって失われないよう、残虐な儀式を密かに秘密の神殿で行なっていた。キリストはその秘密の神殿を破壊して抗議した。その状況を見て自分たちも“殺される~”と恐れたニビルっちたちはキリストを処刑してしまう。 一方、密かに地球人に紛れて残った宇宙連合の科学者たちは身を隠しながら、古代ヘブライ地方で12支族として着々と子孫を増やしていった。彼らは元々宇宙連合の技術者でかなりの知識とサイキックなどの能力を持っていたために権力者側から弾圧されるようになる。いよいよ弾圧が激しくなるという時に彼らはそれを予知して、約束の地(実は:日本)へと逃げていった。この時、12支族の中で2支族が逃げ遅れた。この2支族は結果的に弾圧され潰され、奴隷や娼婦などにさせられてしまう。(バビロン捕囚) でも、この逃げ遅れて潰された2支族も、もとはと言えば宇宙連合の科学者たちの子孫、それ故に大変頭が良かったのです。弾圧されて辛酸を舐めさせられた彼らは、今度は悪知恵を働かせてお金儲けに走って行く事になる。その手掛かりとして、まず村などを襲い略奪した金で貸金業を営み始める。そして、資金力を増やしていき、やがて諸国の王族などに対して資金を調達できるまでになり、金を条件に支族の身内を王族と婚姻関係にしたりしながら権力層に食い込んでいった。やがて彼らは領土を持たないけれども、王族や政治に入っていき、国などを影で支配するようになる。そして自分たちだけが優秀な血統であると謳うユダヤ教を作った。彼らの最終目標は失われた10支族と合流し12支族で自分たちだけの 国を建国する事である。この2支族が現在、欧州のユダヤ人(Jews)と呼ばれる人々である。 このように王族となったニビルっちと、元科学者の血を引く、逃げ遅れて潰された後、金融業でのし上がった2支族の子孫たちはどんどん交わっていき、世界の中枢を担う権力を裏で牛耳るようになる。自分の国を建国したい2支族、自分の星が欲しいニビルっち・・・それぞれ似たような目標を持ったこの混合体がイスラエルを建国した張本人であり、エルサレムを奪還し、ユダヤの神殿の再建を虎視眈々と目論んでいる人たちなのである。 放っておけば、この権力によってその他の人類は抹消される運命である。ここまで来たら宇宙連合との約束なんて知らん。何だかんだ、いちゃもんをつけて約束なんか破ってしまえと彼らは考えている。それで宇宙連合に罰せられる事はない、なんせ”愛”が基本方針の宇宙連合だ。原始地球人の世話を押し付けといて、期限までに人類の技術の水準を高めろなんて冗談じゃないと主張するつもりでいるのだ。 ニビルっちの子孫らは知らないがこの“期限”というのは、軌道を外れたニビル星が地球と再接近する頃に設定されている。宇宙連合はニビル星が再接近する頃までにニビル星人たちが愛の送受信機を搭載し、晴れて自分の星に戻り自分たちの星を再建できたら良いのではないかと考えて敢えてこの時期を設定したのである。 注:ニビルっちたちの歴史認識というのは何か情報源があるのか、なんでそんな昔の事を覚えていられるのか?その情報源は肉体を持たないいわゆる悪魔と表現されるような非物質のミニクラウドライブラリーの状態で存在している。ニビルっちたちはそこにアクセスできる為、過去の歴史は忘れ去られる事無く鮮明なまま、今まで受け継がれてきているのだ。 また、宇宙連合の科学者たちの子孫は知らないのだが、12支族の内の失われた10支族のほとんどはお告げにより日本にたどり着いている。科学者たちの子孫の多くは実は日本人になっている。でも、それを知らない2支族の末裔は金融業から始まって、着々と蓄えた資金力を使ってアメリカを裏で支配している。そして有能で気に食わないと思った日本に原爆を落としたり、311の人工地震を起こして日本を潰そうとしている。でも、彼らの目標は12支族が再会して共に国を建国する事ではなかったのか・・・。潰そうとしている日本に実は探し求めていた“失われた10支族”の末裔がいるとは知らないのだ。 注:宇宙連合の科学者たちの子孫の末裔はどうやって歴史を認識しているのか、12支族の事は知っているのか、何故そんな昔の事を知っているのか?それは彼らの宗教にもなっているユダヤ教の教えに隠されているからだ。その為に情報は失われずにここまで受け継がれてきているのだ。 ではそれと今の地球のアセンションはどう関係してくるのか? ようするに・・・ニビルっちたちと科学者の末裔である弾圧された2支族の人々が愛に気付けばアセンションになるのだ。彼らの目覚めを待っている状態が今。 ニビルっちの末裔といっても、相当地球人と交配されているのでもちろん彼らにも“愛の送受信機”が搭載されている。それが着々と作動してきているために、彼らは焦って自暴自棄になっている。どうにか“愛”を打ち消そうとするがもがけばもがくほど苦しくなるのが現状。地球がカオスに見えるのは彼らが愛の中で激しく最後の抵抗をしているからである。 このように人間のルーツは3種類の宇宙人である事が分かったが、結局はそれぞれのDNAは長年をかけて混ざっている。私たちには原始地球人のDNA、ニビルのDNA、宇宙連合の科学者のDNAそれぞれが様々な比率であるものの、入っているというのが事実だ。私たちはみんな地球という特別な星を選んで生まれてきた、いわば同胞であり、DNAを分けた兄弟姉妹であるという事だ。その中で今ニビルっち&元科学者側の悪役の方々とライトワーカーのように目覚めている側の方々と、何も気付いていない一般の方々とが混在している。 では、どうしたら良いのか?? 今目覚めている私たちライトワーカー側の人々は、大多数の何も気が付いていない一般の方々に働きかける事ができる。より多くの方に目覚めてもらう事で地球における愛のエネルギーを大幅に上昇させる事が出来るのだ。その結果ニビルっち&元科学者の方々の目覚めが大いに促されるし、それによってアセンションが早まるという事。 しかし、この肝心要の時期にライトワーカーたちの中には待ちくたびれたと弱音を吐いてみたり、地球のカオスの状態を見てテンションガタ落ちの方もいるようなので、そもそも地球と人類は何故こんな状態になったのかを解説する事で何かのヒントになればと思ったわけです。 ですからライトワーカーのみなさん~!!今はテンションを下げている場合ではないのです! “今が皆さんの出番です!!!” “今こそ自覚のない一般ピーポーの目覚めのスイッチをONにしてあげてください” ”あなたにしかできない方法で地球の眠っている方々を揺り起こしてあげてください” “これ以上地球に刺激を与えながら人々を起こし続けるのをしていたら地球が壊れてしまいます” “あなたは何が得意ですか?そのあなたのツールで地球の皆さんを優しく起こしてあげてください” “思い出してください、そのために地球に来たのではないのですか???” “出来ないと思わずに、好きなことに飛び込んでいってください、それが直接地球と人類を救います” “みんなが愛に気が付けば、ニビルっちや、堕落した科学者たちの子孫も劇的に愛の影響を受けますから” ” ニビルっちや、堕落した科学者たちと私たちが歩み寄った融合地点、0ポイント地点がアセンションです” “アセンションの鍵を握っているのは私たち一人一人の愛のエネルギーです、愛が愛を呼んでどこまでも広がるのです” どうかこのメッセージが何かしらのお役に立つことを願っています。 ティアラン&じゅん *** 「私は宇宙人」についてはこちら http://japonese.despertando.me/「私は宇宙人」%E3%80%80のご紹介/

ツインフレーム 2013年1月25日 マーク フーバー

ツインフレーム by Mark Huber 2013-1-25 「ツインソウル」は、船に残ってここに生まれた者に光を照らしながら手助けします。 地球にいるあなたとライトワーカー全員は、今回志願する前に少なくとも3回のアセンションを経験しています。前回までは肉体のままアセンションしたのではありませんでした。殆どの人にとって今回が初めての肉体のままのアセンションになります。3次元でツインソウルが出会うのは稀なケースであり困難が伴います。3次元はカルマ的な障害を克服するためにあり、ツインソウルは余りに完璧な鏡であるために個々のカルマを長い時間かけて精算しなければ折り合うことは出来ないのです。 暗い小部屋に大量の光が注ぐと、余りに雑然としているのでパートナーを見ても正確に自分の写しであると見て感じることが難しいのです。私たちは何百という男性女性両方のソウルメイトがいてソウルファミリーであり続けています。 私たちはそのメンバーと相互に貢献する契約を結んでおりますが、時には、役割を交代して解決が必要な分野をもっと知ろうとします。これは、実際に非常に愛溢れる奉仕です。一方、私たちにはツインの相方がいます(私の場合)。すなわち、男性、女性のパートナーだけでなく、中間的特徴を持つ高次元の自己と、三位一体になっています。 この人生では、殆どの人が最初に転生した時と同じ性別を選びました。しかし、皆、両方の性別でいた人生の数は同じです。ツイン、あるいは三位一体でいることが非常のパワフルであるために、一方が地球に転生する時には、完璧な三者間の共振は地球でのミッション遂行のためにバランスを崩します。 マザー・セクメト(エジプト神話に登場するライオンの頭を持つ女神)は、何百万というツインソウルたちが船の上にいますが、ネサラNESARA.後に覆いを取り外して上陸するだろうと私たちに言いました。そこには同じソウルマトリックスの高次元の意味があるのでしょう。 ツインソウルが出会うと、互いに大きなシフトを起こし、言語を介さずすぐに認め合います。そのような精神的高揚を経験するだけの用意が、アセンション時までに誰もができているわけではありません。 参考)http://ja.wikipedia.org/wiki/NESARA 先ず、ツインフレームが本当は誰なのかを理解する必要があります。また、彼らが見ている輝く相手とは彼らより低いというのではなく、相手(私たち)は3次元の肉体で裸になっておりますが、高次元の天使か他の光の存在のように見えているということなのです。 彼らは間違いなく人間ですが、一吹きすると綺麗になるくらいの存在です。ツインフレームが一旦再統合すると、適切な使命のために別れて存在したり、一緒になったりして存在することができます。たとえ分かれているように見えても、結びついています。一緒になっていることが一番居心地のいい状態です。 あるアセンデッドマスターたちは同性のパートナーを選びますが、それは性的なものではなく、高いミッションを遂行するためです。そのような事情は、私たちが5次元の身体にならなければ理解することはありません。殆どのアセンデッドマスターは反対の性別のツインをパートナーに持っています。アシュターやアテナAthenaはそのような例です。 完全にテレパシーで繋がっている時は、どこにいても繋がった状態でいられます。ホログラフィック的なそのような謎は、5次元以上でしか理解できないほど特殊です。 私たちは3次元に存在し、自分を理解するためにツインと触れることができませんでした。そうやって癒しや受容、もっと多くのことが起こります。人や自分を批判したりしてきたのは、自分の性質ですが、自分の神聖な光を見失った状態にあるからです。多くのライトワーカーが浄化を始めた今、カルマ的にではない、本当のパートナーと結びつくことができます。もちろん法的な結婚のことではありません。それも結構ですが。 地球の全員の光、愛、拡大した意識が増大すると、ユニティに近づきます。そのためには、自分を知ることが必要で、いかなるパートナーも、カルマ的な問題や重荷を解きほぐしていなければなりません。3次元から5次元でその目的を達成するためにそのようなことを選んだ人たちがいました。そうして再統合と調和が達成されます。そのような人にとって次のスピリチュアルなステップはツインフレームとの再結合です。 それには、もっと自分を知る必要がありますが、再結合することが最も早い解決になり、ツインフレームはもっと高いレベルに上がり、そこでお互いを本当の光で見ることができます。ある徴候が起こり始め、それから、同じように近づいてくる相手が分かるようになります。 その大きな目的は、高いレベルの、個々の人格を越えるユニティを表すことです。そういうツインはソウルマトリックスを統合します。普遍法則の一なる法則では、私たちは皆同じ一つの意識状態にあります。二人のパートナーがソウルマトリックスの統合(ユニオン)を成し遂げる時に「神秘的結合(結婚)」と呼ばれます。それには5つ以上のチャクラが調和して共振する必要があります。3次元では、わずか3つのチャクラの共振しか起こりません。 私たちが一つに戻る時、12のチャクラ・エネルギーセンターが結びつき、ツインの結合で12のチャクラがペアを組みます。マザー・セクメトやアルシオーネはそれを成し遂げた事例です。私の場合、25年前にその予告がありました。その時、この人生で完全に一つになると言われました。過去数年、体を抜け出した時に言われたことは、ツイン/トリプルフレームとフュージョン・ファイア・レゾナンスが起こるということでした。それは12次元を巻き込むことでしたが、言葉で説明することはできません。 私たちは3次元に生きていますが、私は三位一体の魂で、そこでは完全に中性的なユニティに達して分離していません。次に、私のツインが船から降りてくるというガイダンスを受け取りました。そうなってもならなくても私は構いません。ハイヤーセルフからそういうギフトを渡されて、私は益々落ち着き、それが起こるのは5次元のレベルであると知って満足しているのです。そうなると、他の人たちにも同じことが起こるということを知っています。 マザー・セクメトはツインフレームの再会は私たちの次のステップにとって非常に重要なことだと言いました。私の経験では、高次元的統合は、この次元を越えるすべての次元の私たち自身のテンプレートに関与します。今後に起こることを知った時、3次元の言語では到底説明出来ないことが分かります。ロン・ハワード監督作品の「コクーン」で男女がプールの両端にいるシーンがあり、彼女の高次のハートが開いた時に二人が共鳴し反応し合いましたが、それが私の知る一番近い情景でした。 私は他の時と場所、それに高次のボディで経験しました。そんな経験をしたら、その高揚感と素晴らしい興奮は決して忘れないでしょう。例えば、4540億年という時間で、私たちは100次元から12次元に、5次元に、そして最終的に3次元に降りたのです。 思考や感情、行動が、人生と、全次元に及ぼす効果を理解できるようになり、共同で創り上げる責任を引き受けることが必要です。だから、当初関わった人たち全員が、当時行った選択とその結果生じた問題を解決するために今ここにいるのです。唯一、無害で普遍的な力になるのは、無条件の愛のパワーです。 それが創造主のギフトです。私たちが自分の中心に持っている最も高価な真珠で、それは私たちが誰か、何者なのか、その真実です。今、その真珠を隠してきた覆いが外れようとしています。外して行きましょう。 ほとんどのツインフレームは船の上で私たちが5次元に行き着いて互いに再会できるのを待っています。ともかく、あなた自身、ツインと別れることは決してありません。互いの運命は繋がっており、一方のパートナーは他方が準備できるまで待つことになります。あなたは今、思い、感じているよりも早くその用意ができるでしょう。マザー・セクメトは、何百万というツインフレームは、船が上陸した後、途中まで来て私たちに出会うために船上で待っているでしょうと言っています。それが聖なる計画の次の段階です。 二組、三組の内の一人が船上にいて、もう一人が肉体を持つというのは通常の決まりです。一人が船上にいて地球の一人をじっと見守るのです。私たちは例外を除いて一人ですが、今近づいています。互いに完璧な鏡ですので地球でツインフレームとやっていくことは非常にタフで辛いものがあります。どちらも相手に光り輝いて反射し合わずに済ますことはできません。 出会う前に苦しいカルマ的なパターンのほとんどを浄化しようとしていることに、幸せを感じてください。極端に密度のある重い地球に私たちはいます。熱帯の高温多湿の、泥だらけになって蚊に刺されながら常に危険と隣り合わせになりながら長い間体を引きずって来ました。そう思ってください。今まで転生のサイクルのこの時点にたどり着き、自分の「修行」でクタクタになっています。 では、ツインのパートナーが精妙で透明なライトボディの意識で到着しようとしています。その前にあなたはシャワーを浴びて綺麗にリフレッシュしてきました。大変辛いことだったと思います。上を見ると、夕立になる気配を感じてきたでしょう。そういうわけで、今、再会の日に備えてたくさんのことを浄化し清めているところなのです。 あなたはツインのパートナーに批判されることは決してありません。しかし、私たちは自分が誰かを忘れたため最初に出会った時に自分を卑下してしまうことは有り得る話です。でも、今の目覚めの時に本当の自分をもっと思い出して、覆いを取って半音上げるでしょう、それは大きなことです! ほとんどのライトワーカーとスターシードは今5次元にいます。もうひと頑張りで5.5次元に達するでしょう。そこの段階では、アセンションの意識状態が続き、肉体は半永久的になれる地点で、すべての目的に沿うのです。 「悪い奴ら」を含めて3.7から5.2次元にいる人もいます。船が到着する頃には全員が半歩前進しているでしょう。太陽は善人にも犯罪者にも平等に陽の光を指すように、雑草にも花にも、人にも昆虫にも照りつけ、真実もまた誰にも明らかになります。地球上の物質やスピリットの粒子はすべて同じ強さの力を受け取ります。問題は責任を引き受けることです。一なる法則が唯一の法です。その時、船が接岸する時、私たちはもっともっと多くのことを知り、バランスを取り、長い間閉じ込めていた問題をクリアにする方法を知るようになるでしょう。 問題を解決する力が格段に増大します。すべてにバランスを重視して解決していくでしょう。ツインフレームに会うことは、非常な歓喜です。完全に意識してお互いの目をじっと見るでしょう。私たちは皆、平等、公平であることを知っているので、最早高い、低いなどという観点では見ることはないでしょう。 Twin Flames (2009/2013) by Mark Huber (YES, its really Mark) http://www.hollowearthnetwork.com/page/480631624 翻訳 ライトワーカー・マイク

巨大な水晶のCAVE (メキシコ)

(参考)字幕➡字幕を翻訳➡日本語日本語➡OK caveの広さはフットボールフィールド程であり高さは2階建てのビルディング程 水晶は大きい物では長さ11m、重さが55トンにも及ぶ物もある。

コズミック・ディスクロージャー: 視聴者からの質問パート1 シーズン2、エピソード13 デイヴィッド・ウィルコック、コーリー・グッド

コズミック・ディスクロージャー: 視聴者からの質問パート1 シーズン2、エピソード13 デイヴィッド・ウィルコック、コーリー・グッド Cosmic Disclosure: Viewer Questions Part 1 Season 2, Episode 13 http://www.spherebeingalliance.com/blog/transcript-cosmic-disclosure-viewer-questions-part-1.html DW: さぁ、「コズミック・ディスクロージャー」にようこそ。私は司会のデイヴィッド・ウィルコックです。コーリー・グッドを迎え、秘密宇宙プログラムについて話しています。今回は、エピソードごとに寄せられたコメント・フォーラムに投稿された皆さんからの質問を印刷して持ってきました。それを読んでいきましょう。我々は皆さんの考えに興味があります、ただ私が思いつく質問だけで進行させるのではなくコミュニティ・ディスカッションの場としてゆきたいと思っています。今回はいろんな質問が入っています。あらゆる話題について話しながら様子を見ましょう。コーリー、ようこそ来てくださいました。 CG: どうも。 DW: では初めの質問はbanjoman1437からです。我々のいる星団が高次振動地域へ入域している、ということですが、実際、銀河に高次振動域が元々あって私達の星団は物理的にその中へ移動しているのですか? それとも、私達は3次密度から4次密度、そして5次密度、6次密度へと上昇していて、場所・地点というのはホログラフィックな意味合いなんでしょうか? CG: これはかなり大きな質問ですね。ですが私が話してきた内容ではYESです、銀河の中心から常に大規模な光線が放たれています。ありとあらゆる種類のエネルギーが干満しながらいつも銀河の中心から放出し、地球や太陽系を打ち続けています。 DW: 従来の科学では銀河の中心はブラック・ホールだとされていますが、ブラックホールを見ることはできませんね。科学者達は、途中にある巨大な星団の向こう側に隠れているんだと言っていますが。 CG: ええ。ですがみな知っての通り、銀河は巨大なトーション・フィールド(歪み領域)です。フィールドの一部は黄道面になっていて北と南のように分かれていて、それぞれの領域がそれぞれに異なる方向へ回転しているのです。 DW: 二重反転ですね。 CG: 二重反転です。 DW: 私の著書「ソース・フィールド」("The Source Field")に記しましたが、銀河には実際のところ2種類の星があり、二重反転をしています。一つは時計回り、もう一つは反時計回りです。科学ではそれも判明していますが、何故そうなるか、それが何であるかは説明されていません。あなたの説明の裏付けになりますね。これは宇宙プログラムにいないと聞けない情報でも何でもない。 CG: ええ。こういう情報はいくらでもインターネットにあります。我々の太陽系やここ近辺の星団は言われての通り、この巨大なトーション・フィールド内を回転しています。そして我々は銀河の異なる領域に入っていっているところです。少なくとも1930年代から、高密度の雲、高エネルギー粒子の領域にです。高エネルギー粒子でできたネブラ型の巨大星雲帯のどんどん奥へ進み、この星のフィールドがそのエネルギーと交流し続ける間に、トーション・フィールドのエネルギー場を通してその高エネルギーが星の中に取り込まれます。これが以前話したコズミック・ウエブ効果を介し、惑星のフィードバックという形でエネルギーを放つのです。 DW: そうですね。 CG: この説明でおわかりいただけたらいいんですが。 DW: グレッグ・プレスコット(Greg Prescott )の"In5D”のインタビューの中で言っていましたね、宇宙プログラムの人々はその雲のサンプルを採取してきたと。そのお話しをしていただけませんか、この番組ではまだ聞いていませんので。驚きの内容でしたからね。 CG: 彼らは長時間、惑星間飛行体に乗って移動したんです。我々が向かう先にある、もっと大きくてエネルギーの強い雲のテレメトリー(遠隔測定法)のためです。この過程で彼らは雲の範囲を知り、大量の情報を得ました。その間にもクラフト内で何度か事故があり大変な目に逢った人もいました。何が実際に起きたのかは正確にはわかりませんが。 DW: それで、彼らは雲の中まで飛んで行ったのですか? CG: 雲のフィールドまで、ぎりぎり近くまで行ったんだと思います。太陽系にある地球では、私達の周りには保護フィールドがあるのですが、その辺りにはそういったシールドがなかったんです。 DW: NASAが公に認めましたね。我々は「ローカル・フラッフィー」(ふわふわしたもの)という雲のようなもの中に入っていっていると。NASAは知っているけれど、それによってどうなるかは何も公言していません。 CG: 遅くとも1930年代から、その雲の小さなリボン状のところに入っています。 DW: そうですね。このエネルギー・フィールドに入ってゆくと、人の行動に問題が出てくることは? CG:...

適切にグランディングする方法

適切にグランディングする方法 Andrew Bojarski (エネルギー・ヒラー) 今、この強いエネルギーを感じていますか? 体の中で大量のエネルギーがうねりのようになって押し寄せているのを感じますか?耳鳴りがしますか? 私はいつも耳鳴りがしますし、エネルギーを感じています。この歴史的な時に、母なる地球にグランディングする(エネルギーを降ろす)ことは非常に大切です。 私自身どうやってグランディングしているのかその方法をお伝えしたいと思っていました。皆さんも同様にやってみてください。 このメッセージはメリーヌ・ラフォン(Méline Lafont)のセント・ジャーメインのメッセージに関わります(下記のメッセージを参照)。 グランディングは基本的に文字通り母なる地球にと繋がることです。高次元に入ろうとしている時にこのことは重要です。高次元のエネルギーは今地球に降りて益々増大して行きます。例えば、昨夜瞑想していた時、目を開けると、目の前に壁があってそれが動きながら形を変えていました。壁をどけるように言いました。 その時に、壁は目の前からどけるイメージをしました。もしグランディングしていなければ、私の体は浮いていたでしょう。そのイメージの方法はこの強いエネルギーに対応するのに役に立ちます。今後益々エネルギーは強くなります。 自分をグランディングするもう一つの理由は、このエネルギーが個人と全体から高最高善に役に立たないものを解き放ってくれるからです。アセンションする高い次元にそれを持っていくことはできません。人生で苦しんでいる人はそういう役に立たないものにしがみついています。辛く、苦しいことや、後悔の念、罪の意識、許せない心などです。それはまた人類全体の意識にも起きています。 周りを見てください! 皆、しがみついて握りしめています。益々おかしくなり、離婚も増えています。地球全体はどうでしょうか?紛争や経済、銀行の破綻。そういうものが崩壊しようとして表面化しています。この時に開放して光に変わる必要があります。しがみつく人は対応の仕方を知りません。人生がひっくり返っています。苦しみや怒り、非難や不満など傷ついています。 そういうことに対応するためにはグランディングしなければなりません。スピリットと繋がるセンタリングを行い、周りのドラマやマスコミ報道などに巻き込まれないことです。そういう否定的に見えることは、3次元が砕けて高次元に向かう時に益々悪化していきます。自分を見失ったり混乱し怖れたりしている人を教えて穏やかに慣れるように手助けする時には、あなた自身の強さと光が必要です。 あなたの穏やかさ落ち着きによって相手がきつい時を乗り越えるのに役に立ちます。でも、嵐の後にには常に虹がかかります。良い時がやって来ますよ。怖がらないでパニックに陥らないでください。恐怖と混乱の中に落ち込まないでください。なので、台風の目の中にいればいいのです。そこは安全です。地球にグランディングをして目の中にいることができます。以下の方法が私のグランディングの仕方です。瞑想の時に先ず以下のことをします。   ———— 天使たちにお願いします。 母なる地球にグランディングして繋がれるようにしてください。ハートの中の白い光が根っこのようになってハートから伸びていくイメージをします。その根が体から伸びて大きくなり、私のチャクラを通ってルートチャクラに降り、足まで伸びていきます。そして、母なる地球の中心にまで降りていきます。 母なる地球がそこにあり、彼女のハートを私の根っこで包んで良いか、尋ねます。彼女はよろしいといと許可してくれます。それから根が彼女のハートに巻き付きます。その時に、私のハートと彼女のハートがひとつの愛のハートになります。一体になったハートが母なる地球の中心にしっかりと根づいて固定します。それから彼女のエネルギーグリッドと私のエネルギーグリッドが繋がって一つになるように、母なる地球にお願いします。そしてそうなります。 宇宙から母なる地球にやって来るエネルギーが私の体に入り、穏やかにチャクラに流れて、更に地球の中心にある一つになった私と母なる地球のハートに入るよう、お願いします。それから、そのエネルギーが母なる地球の表面に上がってきて、彼女は宇宙に返しながら、もう一度円を描いて私にも戻してくれます。 母なる地球と繋がれるように(グランディングする)いつもお願いします。私の肉体のエネルギーはがいつも母なる地球の上にあり、入り込んでくるどんなエネルギーによっても持っていかれたり、吹き飛んだりしないようにお願いします。周りの人たちが辛い時でも私自身は穏やかに自分自身でいられるようにお願いします。今後、混乱しないではっきりと意識を保ち、辛抱強くなり、叡智やひらめきが得られるようにお願いします。 以上が私のグランディング法です。皆さんも同じようにグランディングできると思います。ドラマに陥らずに落ち着いて自分自身でいるのに役に立つと思います。ドラマは3次元のものでもう不要です。グランディングして自分自身が穏やかになってください。テレビは見ないようにしてください。また、もう一つ役に立つのは、草の上を素足で歩くことです。その一歩一歩でグランディングしていると思うのです。 あなたの光を強く安定させてこのエネルギーの乗り心地を楽しんでください。皆さんに感謝します。 Andrew http://healingandlove.com/2013/05/01/how-to-properly-ground-yourself/ 翻訳 ライトワーカー・マイク http://lightworkermike.wordpress.com/2013/05/02/meditation-saint-germain-2013-_4-30/  

オリン ~ソウルメイトとは何か? サネヤ・ロウマン

オリン ~ソウルメイトとは何か? サネヤ・ロウマン ソウルメイトは友人であり、あなたの愛に応えてくれる人です。そしてあなたと深く共通の道と目的を共にする人たちです。あなたのソウルメイトはこれまで一緒に似たようなレッスンを学んできた人かもしれないし、あなたについてもっと教え、心を開けるようにアシストしてスピリチュアルな成長を促すために出会った人かも知りません。こういう人たちをソウルメイトと呼ぶことにします。他の人生で繋がり、過去生での良い関係をそのまま維持しているかもしれません。あるいは、今回地球で初めて共にする関係かもしれません。 ソウルメイトには古い魂、若い魂、同じ齢の魂があります 殆どの人には一人以上のソウルメイトがいます。友人や愛する人として既に何人かのソウルメイトと出会っているかもしれません。ソウルメイトはスピリチュアルな道を分かち合ったり、世間で一緒に仕事をしたり、両親として子供を育てたりします。 魂の愛、意志、目的、光の量で魂の年齢を決めたいと思います。そういう要素がその人の人格を表せるのです。魂の年齢は他の人に対する感受性や魂として生きるレベルを反映します。魂の年齢は相対的なものです。多分非常に古い場合もあり、一緒にいる魂の年齢は古いけれども、あなたよりは若いという場合もあります。あるいは、一緒にいる魂はあなたより古いけれども、あなたも古い魂であるなど。もし、あるソウルメイトと親しくなりたいのであれば、あなたより若いか、同じか、古い人がいいかどうか、それを決めてください。あるいは、相手に任せても結構です。 若い魂と親しい関係になる場合は、教えたり役に立ったり、元気づけるなどの場面が多くなります。若い魂はあなたが学んだことを伝える機会がたくさんあり、自分の成長度合いも知ることができます。若い魂が成長に前向きであなたから何かを吸収したいという時には、教師としての役割を持つことはやりがいが持てます。若い魂が自分を変え成長したくない時は、消耗の割には手応えがないのでフラストレーションを抱えたりするでしょう。あなたより大変若い魂の場合、相当エネルギーを注いでも得られる成果は少なくなります。 若い魂との関係では、忍耐心や思い遣りという特性を培うことになります。相手の責任を奪わず、救わず、相手の課題を奪わずに自立を促す方法を学びます。自分よりまだビジョンが小さく、同レベルに育っていない人と関係を創り上げる方法を見つけるのです。殆どの人は同じ年令の魂との関係を選びます。同じ場合は同じペースで成長し同じ課題を学びます。似たような年齢の場合には大きな喜びだけでなく、激しく対立する可能性もあります。自己愛という魂の特性を身につけるのは大きな課題で簡単ではありません。自分を愛する程度如何で相手を愛する愛のレベルが決まり、だから、相手はあなたの特徴や性質をそのままに返して見せてきます。 それには愛を持続し謙虚であり続け、許すことが出来て優しくいられるのは簡単ではありません。若い魂は古い魂にプレッシャーのようなものを感じる場合があります。また一方では、古い魂の自信や力を削いで、自分の気分を良くしたいのです。若い魂と共にする時は、あなたが提供するものを相手が是とするかどうか確かめてください。また相手が変わり、成長することに敏感かどうかを確かめてください。そうであれば、若い魂といることに生きがいを感じ、相手が進歩進化するのを見守ることが出来ます。 同じ魂年令は非常に親密になる可能性を秘めていますが、それは、相手を知ることが自分を知ることに繋がるからです。相手に敏感になり心で受け留めることが必要でしょう。人を愛する方法として、自分自身の好きでない所を好きになりたいと思うようになるでしょう。人を責めたり自己憐憫を止めた時に、自分自身が自分に与えられるものだけしか相手から受け取れることはできないのだということが分かります。感情を静め、自分がもういいという所、相手がこれからだというスタート地点を知ることが課題です。 古い魂との関係では、全く違った試練があります。古い魂の場合は思い遣り深く、理解力もあり、スピリチュアルな光を照らしてくれるので簡単だと思うかもしれません。古い魂といる場合、あなたは生徒です。成長すること、未発達の太陽神経叢で起こる反応を手放すことが必要です。一緒にいる人が非常に進んでいる場合、速すぎるくらいのペースで成長することが求められます。こういう関係では、決めつけたり比較したり、無力感や劣等感を持たずに自分を愛せるようになる、そういう機会がやって来ます。古い魂はしばしば直接反応しないで個人的感情を交えず、賢明な愛のこころで接することができます。それは必ずしもあなたに気分のいいものではありません。古い魂のギフトはあなたの求めるものと形が違うからです、だから行動や言葉といった具体的なものに期待するのではなく、相手が伝えるエッセンスをよく見極めることが必要です。相手の話すことが非常に壮大であることがあります。よく分かりません。なので、自分を信じ、自分の内面のビジョンを養う必要があります。相手の優れた考えや導きに委ねる時と自分自身の考えで行う時の両方を見分ける必要があります。 古い魂はたくさんのことを提供してくれます。一緒にいて楽しく明るい関係です。いろいろなことを教えてくれます。彼らは知恵や深い考えや見方を持ち、多くのことであなたの人生に貢献出来ます。自分が先駆けや前例(先に経験した者)になってあなたの成長を手助けし考えてくれます。古い魂との関係はいずれも、やり甲斐、生き甲斐だけでなく、困難も多いものです。   ソウルメイトについて期待をかけ過ぎないことが現実に繋がる ソウルメイトを人生のパートナーに欲しい場合には、いくつかの幻想を払拭する必要があります。一つは、今後の残りの人生はソウルメイトと一緒だろうという考えです。ソウルメイトとは2,3週間、2,3ヶ月、数年しか関係を持たない場合もありえるのです。時間は繋がりの質と人生での重要性とは関係ありません。僅か、2,3ヶ月か数年でお互いの関係の最も高い目的を一緒に学び達成するということもあります。一緒にいる時間の長さを基準にして両者の大切さを考えないでください。 もう一つの幻想は、たった一人のソウルメイトだけが本当の人生のパートナーだという考えです。既にソウルメイトとして人生の伴侶と今まで一緒だったかもしれません。愛の絆で結ばれ大きな成長が出来たかもしれません。ただ、見かけのつながりが終わったからといってソウルメイトとの関係ではなかったということではありません。あなたにはいろいろなソウルメイトとの関係があり、その都度人生で最適な時に出会うのです。誰がソウルメイトとして引き合うかは、あなたの学びのレッスンと選んでいる最高の道に相応しいかどうか、それ次第なのです。また、あなたと関係をもつ相手の準備の度合いにも依ります。 どのようなソウルメイトの関係であっても、誰か完ぺきな人が自分を待っていて期待していることや望むことが一緒であれば叶うというような幻想は手放してください。愛してくれて難なく仲良くやっていけて、自分の考えや話すこが何でも同じで、人生が本当に居心地がよくなるというような人を待ち望み、期待をかけるのはやめてください。 あなたはこうしてソウルメイトに出会うことが時々あります。また、一方では、相手の成長が見られないために愛することが難しい時があります。ソウルメイトは常にあなたの成長を促し、あなたのハートセンターが目覚めるチャンスをくれます。こういう成長のプロセスがたやすい時もありますがそうでない時もあります。ソウルメイトとの関係は、魂レベルで関わる本当に素晴らしい機会になるのです。 http://www.orindaben.com/pages/newsletters/soulmate/ 翻訳 ライトワーカー・マイク

第三の目を開くための松果体の石灰化解消法  2012年10月30日

第三の目を開くための松果体の石灰化解消法  2012年10月30日 http://soundofheart.org/galacticfreepress/content/five-health-tips-decalcify-pineal-gland Five Health Tips to Decalcify the Pineal Gland 松果体は多くの神秘的な特性のために人間の体の中で最も神秘的な分泌腺です。近代科学は松果体を松の実の形をした、脳の中央部に位置する、メラトニンを生成する分泌腺であり、睡眠パターンを調整し、性的な発達に影響を及ぼすものとして定義しています。近代の科学者たちの松果体の定義は正確ですが、最も大切な要素が見当たりません。 睡眠パターンと性的な発達のほかに、松果体は私たちと他の次元を結ぶ、夢やスピリチュアルな面のための内部のポータルのような動作をつかさどります。ある研究者たちは、松果体がその神秘的な特性のために私たちを他の次元につなげる能力を持つと信じています。松果体は、第三の目でしょうか?松果体の外側は松の実のような形をしています。しかし、それを切断して内部を見ると、目のような形状をしています。松果体の内部の壁は、目の網膜の構造と似ている棒とコーンで出来ています。これらの松果体の特徴は古代文明の人たちやスピリチュアルな教師たちが常に松果体と第三の目の間に関係があるといってきた理由かもしれません。 松果体のもう一つの重要な特徴は、ジメチルトリプタミン(DMT)の生成にあります。DMTは自然に発生するLSDに類似した幻覚を生じさせる幻覚化学物質であり、より安全で、脳に強い影響を与えません。 私たちの物理的な目とは違って、松果体、又は第三の目は、物理的、及び直感的に見る能力を持っています。松果体の形而上学的な特性は睡眠時に最も注目すべきものです。眠りにつく寸前に周囲を360度の視野で見られたという経験がないでしょうか?これは松果体によって第三の目が活動した証拠です。第三の目は、あらゆることを見る眼です。これが目を閉じた時に十分に強く想像できる理由であり、時には、想像していることを第三の目によって見ることが出来ます。健康な松果体の利点として、松果体は睡眠パターンを制御し、性的な発達を促す事が挙げられます。松果体は又、フリーラジカルから体を保護します。肉体的な健康が得られるという利点のほかに、松果体は、又、スピリチュアルな健康に対して大切な器官です。なぜなら、松果体は、私たちのソウルと魂を結んでいるからです。これによって魂と体は結び付けられ通信が可能になります。結びつきが無ければ、肉体とソウルは離れ離れになり、肉体は死に至ります。 肉体とソウルの結びつきが強ければ、高次元の感覚が活性化し、私たちに宇宙や創造との結びつきを強く感じさせます。私たちの高次元の感覚は又、他の人々からの操作を困難にします。これらの理由から、内なる平和がより容易に得られるようになります。 松果体の非石灰化法 1.  フッ素の吸収を避けること。 松果体を石灰化させる物質のうちのひとつは、フッ化ナトリウムとしてのフッ化物です。フッ化物は、松果体にとって非常に有害です。なぜなら、フッ化物は、松果体の内部の壁を硬くして、松果体の自然の機能を阻害するからです。フッ化物は又、脳や他の器官に対して毒性が強いのです。 フッ化物という名称は、飲料水中に含まれる砒素、鉛、カドミウム、フルオロ珪酸、放射性物質のようなフッ化物を形成する多くの危険な科学物質を闇に隠す名称です。米国に住んでいれば、フッ化物は、飲料水、フッ素入り歯磨きペースト、及び一般の製品の中に一般的に含まれる物質です。 フッ化物を飲料水から効果的に除去するには、活性化アルミナ(AAL)と言う特殊なフィルターを用いた浄化システムを使う必要があります。水浄化システムはバークレー社によって製造されたものかどうかを調べることが意味のあることです。逆浸透システムもフッ化物の除去に効果があります。歯磨きペーストとしてはフッ化物を含まないものを使う必要があります。 2  ヨウ素補助食品の摂取 研究の結果、ヨウ素入りの補助食品は体内からフッ化物を排除するのに有効であることが示されました。ヨウ素補助食品で推薦できる物は、体内への吸収が容易で、毒性のある化合物を形成することのない、元素としてのヨウ素を含むニュートリオダインです。ヨウ化カリウムの使用は、特に長期間摂取する場合には勧められません。食品としては、海草には天然のヨウ素が含まれているので、お勧めできます。 3  有機食品の摂取 ほとんどの非有機食品は有害な合成化学物質と重金属を含んでいます。これらの多くの毒素は、松果体にとって有害です。これらの毒素のレベルを下げるために、有機食品の摂取がお勧めできます。有機食品は、厳密なガイドラインのもとに生産されています。それゆえに、有機食品には、有害な合成化学物質を含まず、遺伝子改変添加物を含みません。 有機食品中のには栄養素が通常の食品よりも多く含有されています。これらの栄養素の多くは、体から毒素を排除するのに必要です。マグネシウムやカルシウムは二つの重要な栄養素で、体から毒素、特にフッ化物を排出させます。 4  天然バターオイルと鱈肝油の使用 高ビタミンのバターオイルと鱈肝油は松果体の非石灰化に非常に有効です。なぜなら、それはカルシウムの沈着物を排除するからです。天然のバターオイルと鱈肝油のうちで最善のものは、 Green Pasture’s Blue Ice Royal Butter and Cod Liver Oilです。 http://biology.about.com/od/anatomy/p/pineal-gland.htm http://www.fluoridealert.org/health/pineal/ http://www.naturalnews.com/026605_fluoride_fluorides_detox.html 翻訳 Taki

コーリー・グッド、ジョージ・ヌーリーインタビュー 信念を打破する - カバルの影 2015年10月(エピソード4-54)

コーリー・グッド、ジョージ・ヌーリーインタビュー 信念を打破する - カバルの影 2015年10月(エピソード4-54) BEYOND BELIEF - Shadows of the Cabal Interview Corey Goode - George Noory - Oct 2015(Episode 4-54) http://www.spherebeingalliance.com/blog/transcript-beyond-belief-shadows-of-the-cabal.html George: コーリー・グッド氏との初回インタビューはご覧になられたでしょうか、彼は秘密宇宙プログラムで20年間勤務経験のある内部告発者です。まだでしたら、どうぞこれを読んだ後にご覧ください。信じられない話ですから! コーリー、ようこそ!また出演してくださり、嬉しいです。 Corey : どうも。 George: 初回はビックリさせられました。6歳の子供を捕まえてトレーニングし、利用する政府プログラムなんてものが本当にあるなんて、考えただけでも恐ろしい。そんなことを考えついたのは誰ですか? あなたは知っています? Corey : まったくわかりません。それがどう始まったのかは。 George: 賢いんでしょうね。 Corey : ええ、そうですね。 George: 現在、何人がそのプログラムにいるんでしょう? Corey : それは推測しかできません。 George: 千人くらい? Corey : 何千人単位です。現時点でどこまで蔓延しているかわかりません。彼らはそうやって大半の人を闇深い地球のBlack Ops プログラムや秘密地球政府シンジケート、秘密宇宙プログラム内の工作員に仕立てているんです。 George:...

12チャクラ

★ 世界瞑想時に「12番目のチャクラ」とあるので、参考にシャクラシステムについて掲載してみます。    12チャクラ 1)ルート(基底)チャクラ:脊柱の底 安全・安楽に生きる(赤) *スターゲート:並行地球 2)極性・仙骨チャクラ:骨盤 創造性―セクシャリティ(オレンジ) *スターゲートインナーアース 3)太陽神経叢:横隔膜 感情(黄色) *スターゲート:地球/金星 4)ハートチャクラ:上胸部 愛 (グリーン) *ニビル/アヌンナキ 5)咽喉チャクラ:表現力 (ブルー) *プレアデス 6)第3の目チャクラ:前頭部 直感と叡智 *シリウス 7)クラウンチャクラ:頭頂部 無限の可能性 神聖都の連結 サイキックスキルーテレパシー 明晰夢、体外離脱 ヒーリング (紫) *アークトゥルス 8)黄金チャクラ:足の下 無限の可能性 スピリチュアルスキルの活性 神聖な愛のセンター 慈悲・スピリチュアル自己 カルマ残滓(海泡石緑色)*オリオン 9)エーテルチャクラ:頭上 コーザル界 すべての可能性 魂の青写真 すべてのスキル・習得能力(ブルー・グリーン)*アンドロメダ 10)真自己チャクラ:真・超越自己 聖なる創造性 シンクロニシティ 融合した男性女性(パールホワイト)*琴座 11)ソウルスターチャクラ:真のスピリチュアルエッセンス 魂 高度なスピリチュアルスキル テレポーテーション バイロケーション テレキネシス(ピンク・オレンジ) *琴座 12)神聖ゲートウェイチャクラ:神意識 宇宙以上連結 アセンション(透明なゴールド)*Lyra Aramatena 12月15日 12-12-12で瞑想した人、静かにいた人、何か変化はありましたか?私は大きな変化はありませんが、非常に空気、気のエネルギーが静かに澄んで流れているように感じます。私のエネルギー全体が静かになって、流れています(flow)。ワイフは「よく演じてるね。名優だね」とはっきりと耳元でザ・グループのあのセリフを久しぶりに聞きました。男の声でした。ワイフは非常に重い持病があって呼吸するのもままならない病状で毎日苦しんでいますが、それを「よく演じている」「名優」と言われたので二人で大笑いしました。他にも幾つかベールが確実に薄くなったと思える事が起きました。 翻訳 ライトワーカー・マイク

”新しい脳” ~ 蝶形骨とゼロポイントエネルギーとのチューニング 2014年1月21日 守城佐恵子

”新しい脳” ~ 蝶形骨とゼロポイントエネルギーとのチューニング 2014年1月21日 守城佐恵子 (ホームページ:http://waraikanai.wix.com/etomo-station) Sphenoid bone and tuning with zeropoint energy by Saeko Morishiro 21 January 2014 人間の頭蓋骨の中に「蝶形骨」という箇所があります。 (図3・4参照:http://waraikanai.wix.com/etomo-station#!untitled/chk9) 「蝶形骨」は、本来、脳内の水分の受け皿の機能を持っています。 脳内の水分は、宇宙の静謐な暗闇に漂っているエーテル(光の媒質)を通じて伝達される光などのエネルギーと共振、同調することが出来ます。 ごく最近、ゼロポイントのエネルギー体AEの創造に基づいて、この蝶形骨には、アセンション先の新次元(5D~13D)光源のマカバがリンクされるようになりました。これによって、ゼロポイントの愛に基づいて作用する銀河や惑星などの新宇宙全体の存在達が、それぞれの機能に応じて必要なゼロポイントエネルギーの波動(超光速振動)を創造し、情報媒体であるエーテルを通じて脳内のエーテルである水に伝達し、人間の身体中の細胞へと流していきます。 (図1・2参照:http://waraikanai.wix.com/etomo-station#!untitled/chk9) 側頭骨&蝶形骨マカバ(女) 側頭骨&蝶形骨マカバ(男) このようにして、神の愛に基づいて機能する新宇宙全体の存在たちが創造する光の情報は、愛と光の意識の法則によって人体の全ての細胞に伝達されます。 人間の脳は、生命に関するあらゆる情報の司令塔であるため、そこに送り込まれる神の愛であるゼロポイントエネルギーが全身の細胞に送り込まれることによって、人類は、光の道への決意、又は改心をしなければなりません。もしもそうしないとしたら、光の粒子としての根源の状態に還るとの選択を早急にしなければならない機会が訪れます。 これにより、「無」は始めから存在せず、「在る」しかなかったという真実に人類の多くが目覚める時がやってきました。 これは、「在る」と「無い」という二元性を超えて、「在る」という一元性の世界への移行であり、宇宙から人間の細胞レベルまでの大きな変容をもたらす意識の革命そのものです。 「失う」「消える」「無くなる」というこれまで人類を制約し、苦しめて来た幻想から人類が脱却する前代未聞のチャンスが今、正に到来しているのです。 これは、ゼロポイントエネルギー、神の無償の愛の到来を示すものです。 Info.from Taki