Monday, July 24, 2017

“まとわりつくペット” プレアデス人 – ディクリーン 

“まとわりつくペット” プレアデス人 – ディクリーン  動物大好きな皆さん、今回はそういう皆さんへのメッセージです。ここ数週間ペットの様子に変化があったのですが、気づきましたか? ここでは深刻なことを言うつもりはありません。それとは正反対です。そうではなく、ダラダラと怠けているような様子、普通とは違う見えない世界に注意してますます私たちにまとわりついている、そういう状態についてお話していきます。少し “レズってる” ようなまとわりつく仕草なのです。 私の家の中を覗かないでください、でないとオーストラリアンシェパードに追い掛け回されますよ。本を読んだりネットで調べる必要もありません。そのようペットの行動は私のクライアントのところでも見られました。ペットは、エネルギー変化にますます敏感に反応しています。今日は春分でエネルギーが精妙になっており、それが体に入る時は病気のような状態になることがあります。ペットは私たちと気楽にしていたいのです。もう少し注意を向けて欲しいのです。 今日は私のプレアデスチームとファミリーのディクリーンのメッセージを伝えます、彼は今ここに生まれていない私のツインフレームです。彼は子供の時からガイドとして一緒でしたが、彼が誰からだんだん分かってきてから、彼とは長い付き合いをしてきたと思っています。彼は何度も地球に生まれて来て、だから実際ここのことをよく知っているのです。   ディクリーン 小さな動物は生きているうちは沢山の愛情と気配りを求めています。自由に自然の中を歩きまわってガイアと癒しの触れ合いができない動物たちは特にそうです。こういうペットたちは、皆さんが友達として、ずっと仲のいいベストフレンドとしていて欲しいと思っているペットたちです。私は、ペットたちをもっと手助けして行くことが必要だと感じています。ペットたちに対する皆さんの優しさはその小さな体に柔らかなエネルギーになって浸透していきます。 彼らの意識は、間違いなく皆さんの届かない所にありますが、それは本当のことです。だから、このシフトが起こる前から彼らの波動は高く、今もっと高い周波数を取り入れていくのに苦労しているのです。私の言っていることが分かりますか? どんな存在でも重い肉体の中にいること、大変精妙な周波数の中で健康的で居続けることは、非常にまごつくこともあるのです。地球に今そういうエネルギーがやってきています。皆さんの体でも感じると思います。このメッッセージを読んでいる人も感じると思います。 人間の女性にしてあげるようにペットたちにしてください。愛をかけ、甘やかせながら大事にしてください。そうやってペットたちは居心地が良くなって皆さんと親しくなれます。そうやって、彼らは皆さん自身のいろいろな症状を和らげるのにも役に立ってくれます。いわば、ギブ・アンド・テイクですね。一番仲のいい動物たちは、何回もの人生で一緒にいました。彼らは忠実です。いつもそばにいて一緒に宇宙を旅して、戦場にも一緒について行きましたし、神の前にも一緒に立っていました。その結びつきは強いのです。苦しい時も互いに助け合うことになっています。互いの傷を癒し合おうとすることになっています。 ペットたちは非常にテレパシーが発達しています。だから、ただ優しく触っただけで、もう癒され慰められるのです。一方、やんちゃな動物は出来る限り外で遊ばせてください。できるなら、外に連れ出して新鮮な空気を吸わせ、日光を浴びせさせてあげてください。自由になる時と場を作って過剰なエネルギー(波動)を発散させてください。皆さんと同じく、彼らもシフトしているところです。彼らに出来る最良の癒しは、あなたと一緒にいる時間とあなたの関心です。その時に彼らは癒されます。あなたのエネルギーを注いでください。 Copyright©Bella Capozzi.  All rights reserved.  You may copy and distribute this material as long as you do not alter it...

シャンタ・ガブリエル 2013年4月16日 Mt.シャスタジャーナル

シャンタ・ガブリエル 2013-4-16 Mt.シャスタジャーナル 聖なる山からご挨拶します。春分から多くの人に新しいことが起きていると思います。中には選択肢が多すぎて混乱した人もいますが、それは比較的小さな問題です。今年初めは足を前に出すことも苦労しました。温まったゼリーの中を重い足取りで進むような感じでした。でも今は創造的な可能性と無限の可能性が口を開けています。多くの人には、奇跡が当たり前になっていきます。私の場合、人生がもっと楽しくなるように感じます。だんだんエネルギーに馴染んできています。ここに生まれた目的通りになっていると感じています。人生のほとんどの期間、まるで世界の外にいる思いがありましたが、今は新しい波動で故郷のようです。 4月25日(日本時間26日)からの月食周期が近づいています。この期間は驚くような根本から変わる可能性を秘めています。詳しくは以下のメッセージを見てください。天文学者の中には「ワームホール」と呼ぶ人もいます。その意味は、6月21日の月食サイクルが終わる頃には、何光年も先の新しい形の進化に突入するという意味なのです。今驚くべき時にいます。この時は、自分自身でいて静かに心穏やかにして行こうと思っています。人生の新しい基盤を作りながらも柔軟でいるなら、もっとこのエネルギーの流れの中でダンスが出来ると思えます。 その一つが私が主催する太極拳のクラスです。魔法でパワフルな経験になります。この古代のエクササイズはライフフォース・エネルギーの流れを体から発生させます。「エネルギーは思考に従い、血液はエネルギーに従う」と言う鍼師たちの言葉があります。だからこの太極拳は1000年以上も健康と幸せに貢献し発達して来ました。 木々同士がどのようにコミュニケーションするか知っていますか?太古の地球の叡智が木々に伝わっているかのように思えます。昨日、窓の外の唐檜の木が話すのを聞きました。 「私が高く立ち上がる時は、根っこがますます広く広がり、風が変わっても持ちこたえる」。 「自分の中心で天と地が繋がっている」。 「柔軟でいれば人生の流れの中で踊る」。   とてもいいアドバイスです。落ち着いていること、地に足をつけるがどれほど大切かが分かります。そうしていれば、変化が激しくても苦しさに向き合えるようになり、前に進めます。今地球にいるのが好きです。このエネルギー全体を信じたいと思います。 この時は私には「発見の道」を意味して、生まれ変わるようです。新しい見方で世界を見、驚き一杯の時です。私はハイヤーセルフと会話をしながら感謝をし、疑問を投げかけ、天使たちを呼んでいます。今、もっと直感でひらめくことが増えています。 どうか皆さん、安心してこのワームホールを通過していってください。 Many Blessings, Shanta ♥ 翻訳 ライトワーカー・マイク http://lightworkermike.wordpress.com/2013/04/18/new-realms-of-angels-to-assist-your-ascension/  

2015年7月14日 コズミック・ディスクロージャー 月の運営司令部 シーズン1、エピソード3 デイビッド・ウィルコック、コーリー・グッド

2015年7月14日 コズミック・ディスクロージャー 月の運営司令部 シーズン1、エピソード3 デイビッド・ウィルコック、コーリー・グッド Cosmic Disclosure Lunar Operation Command Season 1, Episode3 David Wilcock and Corey Goode http://www.spherebeingalliance.com/blog/transcript-cosmic-disclosure-lunar-operation-command.html DW : 私は番組ホストのディヴィッド・ウィルコック、コーリー・グッドをお迎えしています。私達は秘密宇宙プログラムについて、たいへん面白い話をしています。もう一度お伝えしておきますが、この題材はかなり物議を醸す内容です。これまでの私達の話を聞いてきた人以外は、まるで聞いたことのない内容でしょう。いま一度、はっきりさせておきます。私はこの題材を長年、調査してきました。内部関係者の人々と20年以上接触してきましたし、それぞれの分野で機密情報取扱許可を持っている人々から話も聞いてきました。何十人もです。そして私としての結論は、私達の太陽系とさらなる領域の産業化が起きている、ということ。政府、軍隊によってです。ではコーリー、今回もよろしくお願いします。あなたのお話では、彼方で行われてる宇宙プログラムや宇宙全般に地球から繋がるために要になっているのがLOC(Lunar Operation Command -月運営指令部)のようですね。では、LOCについてもう少し詳しく教えてください。まず、そこに飛んで行ったらどのような外観をしているのですか? CG: 50年代に建てられてから、どんどん新たな設備が増築されてきたのが見てわかるような外観です。クレーターの中、岩だらけのところに溶け込むように建てられています。岩の中に建てられている部分もあり、地上にはあまり出ていません。 DW: そうですか。 CG: 私は、ほとんどの部分にアクセスできません。図を見たところ地下はベル(鐘)の形になっていて、どんどん降りて行けるようですが、私は上の方の階にしか行けませんでした。 DW: ではベルの形をしているけれど、月の表面にはそのベルの形は見えないようになっている。 CG: 見えません。ベルを上から見たような、もしくはピラミッドの頂点を上から見たような形が見えます。見えるのはてっぺんだけです。氷山の一角、と言いますか。地下で、縦にも横にも広がっています。 DW : LOCをたくさんの宇宙船が出入りしているなら、どうやって私達に知られずに、隠し通せたんでしょう?月の暗い方の面だと言いましたが。望遠鏡で見ている人達には、シップが月に行ったり月から出て行くのが見えなかったんでしょうか? CG : 見えてますよ。月の裏面には、人間の作った基地もあります。Dark...

私達こそが、新しい期間が存在するという‘証拠’ 2013年3月23日

2013年3月23日(土曜日) 私達こそが、新しい期間が存在するという‘証拠’ http://www.celestialvision.org/journal/2013/3/23/we-are-proof-that-the-new-time-exists.html We are ‘Proof’ that the New Time Exists By DL Zeta 新しい期間は、愛と思いやりと奉仕の周波数に入る全ての人達がアクセス可能なエネルギー場です。私達が惑星上に流れている拡張した光を取り入れると、自らの意識の内側に新しい期間を培養するべく、そうした周波数と連動することができます。今の生涯のための計画と目的に従い、このビジョンを孵化させ実現させるのは各々の責任です。新しい期間のエネルギー場にアクセスしようと意図を設定し、そこにある周波数に意識的に気がついて同調する時、私達はこの進路上での最初の一歩を踏み出します。 新しい期間への「道を示す者」の架け橋意識 より多くの魂がオンラインになるようにと、このエネルギー場の影響が広がっています。この時期、三次元のタイムラインから新しい期間の周波数へと他の人達を橋渡しする目的でここにいる人々が大勢います。ライトワーカーは定義からして道を示す者です――彼らは前方を明るく照らし、こうした周波数に同調する新しいアイデンティティを構築する中で他者を支援する余地を備えています。各人は、点火されるのを待っているとはいえ、永遠の炎をその身に宿しています。 あなたが架け橋の意識として役立つ目的でここに来たなら、新しい期間に対して抱いているビジョンに従って人生を歩みます。日一日、瞬間瞬間、将来のためにこのビジョンを養うことは、あなたの言葉や行動を通して、他の人達に彼らのハイヤーセルフと会う機会を与えます。ここにいる一人ひとりのハイヤーセルフは、新しい期間に対するコードとキーを持っています。それらは意図とエネルギーの共鳴によって作動します。他の人達についてのエネルギーとビジョンは、こうした潜在力への覚醒を呼び起こします。 感謝は、新しい期間にとっての門番 意識の目覚めの位相に入る準備をする際、私達は特定の結果に対する執着を手放し、感謝の状態に生きることを学びます。新しい期間では、各自が現実への対応に責任があることを理解していると共に、たとえそれが好ましくない結果であるとしても、自らの行動の結果に感謝の気持ちを表します。自覚的な存在は、一つ一つの経験が新しい期間とその平和の進路に従って更なる一歩をもたらすこと、しかも愛と調和が、その道に沿って存在する周波数であることを理解しています。その意味で、今の現実に抵抗している私達の状態では愛と調和の周波数にアクセスすることはできないため、感謝は新しい期間への門番なのです。 私達こそ、新しい期間が存在するという‘証拠’ 新しい期間のエネルギー場にアクセスして、個人的なビジョンを培養したり実現させるために、そこにある周波数と関わり合うかどうかは各自の判断に任されています。新しい期間が存在するという‘証拠’が現れるのを何もせずに待ち侘びている人は、思い違いをしています。私達こそが、新しい期間が存在することの証拠なのです。私達の拡張した意識が、私達を過去に引き止めていたもの全てを洞察して、最高の潜在力が存在するタイムラインへと舵を取れるように私達を助けてくれます。最高の潜在力を現す時、私達は高次元の現実を反映した新しい世界を創り出すことに貢献します。 このエネルギー場にアクセスせずにただ手をこまねいている人は、今ある現状がそのまま続くでしょう。彼らの経験は、彼らの信念に従うのです。どんな性質の信念を帯びるかに関わらず、私達は常に環境の中で自らの信念が実証される“証拠”を見つけるでしょう。もし私達が「我々は哀れな犠牲者だ」と信じることを選ぶのなら、その信念を裏付ける証拠を沢山見つけることになるでしょう。(逆に)もし私達が「我々は、最高かつ最善を求めて無限の宇宙の中で活動できる神聖な存在だ」と信じることを選ぶのなら、私達は同じようにその信念を裏付ける証拠を大量に見つけるでしょう。 信念体系は自己検証の現実を紡ぎ出す 意識の目覚めた位相に入る時、私達は各自の信念体系がそれ自体を実証するのに必要な現実を紡ぎ出していることを理解します。また私達は、自分の意識の中で作用している信念を観察できると共に、どの信念が私達に役立たないかを決めていることも理解します。目覚めた存在として、私達は、外的現実がいつでも私達の信念を何らかの方法で実証してゆくことを理解します。目覚めた見地から、私達は、いわば自分の人生の裏側に迫ることができ、どの信念が私達のスピリチュアルな成長に最も寄与するかを見分けるのです。 一生涯を越えて培われている目覚めた才能 多くのライトワーカーが毎日、新しい期間のエネルギー場を知覚し、アクセスしています。これらの魂は、そこに息づいている才能と潜在力を目覚めさせるべく新しい期間の周波数を使っています。ある場合には、こうした才能は一生涯を越えて培われています。その例としては、新しい期間の周波数を自らの作品に取り入れる芸術家や、覚醒のエネルギー帯域に沿って音を符号化して作曲する音楽家、参加者をその最高の潜在力に目覚めさせるために組んだワークショップを構えた教師などが含まれます。 これからの数週間・数ヶ月・数年において、科学、芸術、著作、音楽、あらゆる分野で想像し得る新しい概念が、新しい期間を通じて世界に贈られます。組み込まれたこうした概念が、私達とは集合的・個人的に何者であるのか、なぜ私達はここにいるのか、ということに対する私達のビジョンを新たに作り直すのに役立つことを理解します。 未来ビジョン:愛に基づく社会と、それぞれの魂の育成 新しい期間によって盛り上がったムーブメントの一つが人間の成長を育むでしょう。愛と思いやりに根ざした社会では、人間の形で呼吸するそれぞれの魂は大事にされ、愛され、養われます。他のムーブメントでは、環境を含めた全ての生命体への敬意を育むでしょう。人間の歴史の間には、あらゆる生命体への愛と思いやりの道を提唱した人達がいました。これらの賢明な者達は、新しい期間での開花を目指して種を蒔くための下地を作ったのです。 私達の魂との関係を反映する他のもの全てを、どのように扱うか こうしたムーブメントは、囚われの思考ウイルスから人間の意識を解放するように自然と展開するでしょう。私達自身をどのように扱うか、お互いをどのように扱うか、動物達をどのように扱うか、環境をどのように扱うか――これらは全て一つのものであり、同じものであり、一緒になって各自の意識マインドと魂の関係性の明瞭な反射を示しています。私達が他の生命体に行うことが何であれ、それは私達自身にすることなのです。私達自身を隷属させることなしに、他の存在を隷属させることは不可能です。思考ウイルスは、「これは事実とは違う」と私達を説得します。(しかし)私達の意識マインドが魂と強く同調している時、私達は思考ウイルスによって増殖された幻影世界を見透かします。主流の現実とみなされていることの多くは、思考ウイルスによって酷く汚染されています。主流ウイルスからなる幻影世界に入れ込む度合いに応じて、各個人は隷属させられています。 未来ビジョン:人類は囚われの思考ウイルスから抜け出す この欠乏のウイルスが、苦しみと暴力のはびこった古いタイムラインの根本原因です。この思考ウイルスは、「愛・平和・豊かさは行き渡るほど十分にはないので、それらを幾らかでも得るために私は戦わないといけない」という思考形態を即座に信じるよう、私達に促します。欠乏のウイルスによって助長された別の一般的な思考形態は、「不足という私の経験に対して責任のある人達を罰しなければならない」というものです。この信念は多くの破壊行為と暴力行為を正当化し、この惑星の生命というタペストリー(織物)に闇の糸を編み込んでゆく愛のない状態を強化します。 私達自身に価値を置いて真価を認めることは、愛のない状態を癒す 愛の欠如した周波数上に存在する時、私達の言葉と行動は他の人に対して次のように告げます。「愛され、価値があると感じる必要のあるものを見つけようとする、私の絶え間ない探検の中で、あなたが私を支援してくれないのなら、あなたは私にとって価値がない。」と。実際、私達は自分自身の価値と自己評価を見出そうとして外的状況に関心を向ける時、いつも私達につかまらない何かを探しているのです。愛の欠如は欠乏の思考ウイルスに基づいています。それは地球に根ざした現実の多くのエリアに充満しており、結果的に、あらゆるレベルで全ての生命形態~人間、動物、植物、鉱物~の価値を引き下げています。私達が愛の息づく意識の空間に入るためには、思考ウイルスを止め、スローダウンして、私達自身に価値を置いて真価を認めるしかありません。愛の欠如と過小評価を感じる時はいつでも、自らの癒しのために、この新しい期間のエネルギー場にアクセスしてもいいのです。 スピリチュアルな自由は、私達のナチュラルな状態 愛に身を置き、自分自身を尊重する時、私達はそれを他の人々と分かち合うことができます。仮にある人があなたに対して憎しみを表す態度を取っていても、あなたは心の内でその方達を愛し、尊重することができます。あなたは愛の周波数の上に留まり続け、何があろうと、静かにそれを他の人達に広めることができるはずです。ある人がネガティブな方法で振舞ったり話すとしたら、その人は思考ウイルスの罠に陥っているために、周りの世界と交流を図る別のやり方を思い付くことができないのです。あなたが自分自身に沢山の愛を注ぐほど、より多くの余剰が生まれて、古めかしく隷属的な三次元のタイムラインから抜け出し、他の人達をも同じように抜け出させるための空間を意識の中に持つことでしょう。スピリチュアルな自由は私達の天性の状態であり、新しい期間の高次波動のタイムラインへと自然に私達を運ぶものなのです。 
タイムラインとアイデンティティのシフトに関する更なる情報は、Timeline and Identity Shifts: the New Science of Reality Creation by DL Zeta をご覧下さい。 五次元の現実についての更なる情報は、The Future...

第6回ワールドワイド・ファーストコンタクト・テレパシー・イベント 2014年3月23日 午前2時 のお知らせ

       (日本語の字幕➡youtubeで見る ➡ キャプション ➡ Japanese ➡on)   2014年3月23日 日曜日 午前2時 第6回ワールドワイド・ファーストコンタクト テレパシー・イベント  が上記の時刻に行われます ビデオの中の「Share ET message」のボタンは このイベントのメインページに設けられています こちらでご覧下さい ☞ http://www.the-starpeople.net/liveus.html *** 前回のこのイベントでは 401人とのコンタクトがあったとETからの返答がありました  是非ご参加ください  

福島の勇気ある母親たちが私たちの助けを必要としています。

福島の勇気ある母親たちが私たちの助けを必要としています。 県は家族を放射能のホットスポットから避難させるための必要な援助を打ち切り、彼女らの将来の安全と健康への希望を打ち砕こうとしています。下記の請願に署名をし、佐藤知事に対して福島の子どもたちを見捨てないように声を上げましょう: 日本全国の親愛なる皆様 子どもたちへの放射線の影響に関する不安が増す中、福島県の母親たちは永遠に希望を打ち砕かれる新たな挫折に直面しています - 差し迫る県外自主避難に不可欠な支援の打ち切り。しかし私たちが今、これら勇気ある母親たちと共に立ち上がれば、彼女らと子供たちに再び、明るく安全な未来をもたらすことができます。  福島県復興の為に数十億円が割り当てられたにも関わらず、県外移転への支援を打ち切ろうとする計画は、何千という家族に今住む家から直ちに立ち去るか、または子供たちの学年を終了するまで留まるかの難しい選択を迫っています。3月の学年末まで留まれば、家族を救う為に不可欠な支援の対象外となります。  私たちに残された佐藤知事を説得するための時間はあと僅かです。彼は世論の圧力に敏感です - 昨年12月、市民が抗議の声を上げ、佐藤知事はこの重要な支援打ち切りを撤回しました。クリックしてこの緊急の請願に署名をして、お知り合いの皆さまにも転送してください。五万人分の署名が集まりましたら、巨大なカードに「新年に福島の子どもたちを見捨てないで」のメッセージを書いて、知事室に送付します。  http://www.avaaz.org/jp/fukushima_new_year_a/?bsfuVcb&v=20134  福島県近辺で採取された土や水のサンプルからはチェルノブイリを上回るレベルの放射能が検出され続け、子供たちの甲状腺にも以上が見つかり始めています。政府による地域の除染は大気中の放射線を30%減少させただけでした。  子供を持つ福島県民の多くが一刻も早く、危険な地域から離れたいと思っていますが、子どもたちは学年の途中であり、子どもたちの成長を妨げたくありません。佐藤知事の12月28日を持って県外への借り上げ住宅の新規受付を終了する計画によって、福島に残って勉学を修了する予定であった数千人もの子どもたちが勉強の中断を余儀なくされて将来のキャリアを妨害されてしまいます。  経済が低迷する中、ホットスポットに取り残された家族を支援する余裕はないのだと政府は言います。しかし、最近の監査では、復興予算の四分の一が復興とは関係のない事業に流用されていたことが明らかになりました。佐藤知事の今回の決定は被災者へのさらなる侮辱であり、被災者の傷口に塩を塗るような行為です。  時間はありません。私たちの気持ちは、常に福島と共にあるのだと伝えましょう。佐藤知事宛の嘆願書に署名し、今すぐ支援打ち切りの決定を撤回するよう訴え、署名をお知り合いの皆さまにも広めて下さい。  http://www.avaaz.org/jp/fukushima_new_year_a/?bsfuVcb&v=20134  私たちは初期の段階から福島県のお母さん、子どもたちと共に取り組んできました。Avaaz コミュニティーは福島の原発災害直後から、子供たちを守る為に何もしない政府に対し、共に抗議活動を続けてきました。福島のお母さんと子供たちは再び私たちの助けを必要としています - 希望に満ちた新年を迎えさせてあげましょう。  希望と決意を込めて  路、キア、アレックス、リッケン、エマ、およびAvaazチーム一同  関連情報: 東京新聞 原発・自主避難 救う方途はないものか? http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2012112702000135.html  レイバーネット日本 報告:「原発事故子ども・被災者支援法」を活かして!復興大臣に要請 http://www.labornetjp.org/news/2012/1128hokoku  日テレNews 24 福島県外避難者6万人下回る 減少傾向続く http://news24.jp/articles/2012/11/13/07217623.html  福島民報 県内の自主避難 家賃補助宙に浮く 県「県外避難と同じに」国「賠償金で賄うべき」 http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2012/08/post_4793.html  MORE SOURCES (in English):  Citizen's Movement for Establishing the Rights to Evacuate (Friends of the...

第6回PFCコズミック会議/スケジュール及び内容 

6th PFCJapan Cosmic Meeting 06 Dec. 2013 ▼第6回PFCコズミック会議/スケジュール及び内容                  ■場所:AP渋谷道玄坂 渋東シネマタワー11F(I+J room)     http://www.ap-shibuyadougenzaka.com/     〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1丁目2-2       TEL 03-5728-3109 ■日時:2013.12.15(日)PM1:00~5:00 ■定員(81名)  ※参加連絡先   松田裕一yuichila@hotmail.com   (緊急の際のみ:09017168367松本愛花/softbank)      ■会費:2013縁(円)※会場費・茶菓子・諸経費含  ★お釣り銭のないよう準備いただけると幸いです!      ■内容(スケジュール) 13:00受付 13:10(20分)  ・ご挨拶(たきさん)  ・メッセージ最新情報 13:30(30分)  ・PFC活動方針(さえこさん)  ・地球の現状  ・PFC-Jポータルサイト報告(今道英俊さん代理⇒松本愛花) 14:00(10分)  ・PFCJの体制について(たきさん)   ⇒皆さんが心配されている体制づくりについての「見える化」    コアチーム、翻訳、各チーム、リーダーを紹介    ※参加グループをそろそろひとつに絞りこむ方向で 14:10 《10分休憩》  14:20(30分)※各Gごとに席移動   ・リーダーを中心にグループ方針を発表  ⇒当日までに各活動についてGメンバーで討議してくる  ・各メンバーの得意分野を紙に書いて自らができることを     無条件の愛で差し出す   ※HP作成や管理その他、ご自身の提供できる分野を    名乗り出てください。    14:50(約30分)   動画試聴(マイクさんの動画を予定)    15:20(10分)   瞑想(音楽) 15:30~17:00   懇親会 ※16:50~   終わりの挨拶   片付け・解散 Info. from Taki

天使とエネルギーを変える 2013年2月19日 ダイアナ クーパー

天使とエネルギーを変える Diana Cooper 2013-2-19 コスミックイベントでエネルギーが弾けた後、物事はまだ落ち着いていません。揺らいだ結果、個人も国も、世界も、その影の部分が試されようとしています。私も含めて多くの人にとって大変厳しい時を過ごしました。でもそれも過ぎ去っていきます。過去2,3週間完全に行き詰まっていた仕事や人間関係が今、一時的に前進を開始したかのようです。 粘り強く落ち着いてリラックスする時です。自分のインナーチャイルドがまた別の癒しを求めて顔を出しています。明らかに整理が付いていない所、きちんと治まり切れていない所をきれいに片付ける時であることは間違いありません。一つ言えることは、この大変な時に愛溢れる天使に助けを求めることが必要です。その場合、次のような3つのケースで手助けを求めることができます。   平穏な家庭や職場にする 『天使の新しい光』で穏やかな空間の作り方を説明していますが、この本を読んだ10代の若者の話をよく話してきました。彼女は家の中の空気を変えようとしたのです。彼女の兄弟と両親は喧嘩を止め家の中の空気が変わりました。できるだけ穏やかで平和な考えを持ち続けて1分または1時間、次のエクササイズをしてみてください。平和の天使たちがあなたの思いを感じ、あなたを包み込むでしょう。   1)家の中で静かな場所を選んでください。椅子でも小部屋、静かに座れるところならどこでも結構です。 2)その場所に一日2回座ってください。 3)平和の天使を呼んで一緒にいてくれるようお願いしてください。 4)そこにいる間は平和、穏やかなことだけを考えてください。 5)リラックスして、黄金の柔らかなエネルギーがその場所から家の中、あるいは職場に流れ込み、他の人たちはそのエネルギーに感化されていきます。そう思ってください。   変わります。   インナーチャイルドを癒す 自分のインナーチャイルドを癒すために本当に多くの人が長い旅を続けて来ました。でも、未解決のレイヤー(エネルギーの層)が、こっちを向いて欲しいと今叫んでいます。殆どの人の心は、大切にされ、愛され、認められ、支えられる必要があります。自分のインナーチャイルドと次のエクササイズをしてください。また、他の人を手助けすることもできます。必要ないと思っていてもやってみてください!   1)邪魔されない場所で、出来ればろうそくを灯してください。 2)目を閉じてリラックスしましょう。 3)ガーディアンエンジェルの黄金の翼であなたを包んでもらうようにお願いしてください。そしてあなたはその中にすっぽりと入ります。 4)自分が赤ちゃんか幼い子供だと思ってください。その幼さに驚くかもしれません。 5)赤ちゃんの場合、自分が抱きしめられて小さくなっているのを感じてください。囁いたり、歌を歌ってあげたり、赤ちゃんに必要なことをして上げてください。その時、ガーディアンエンジェルはあなたを通じてあなたの赤ちゃんを癒しているのです。 5-b) 幼い子供の場合、目を見てその不安な表情を感じ、受け留めて愛して欲しいという気持ちを感じ取って上げてください。呟いて、歌を歌ったり、必要なことをしてあげてください。あなたのガーディアンエンジェルがあなたから愛を注いで、その子を癒していると思ってください。 6)赤ちゃんか、その幼い子供が安心して愛されているように見えたら、黄金の光をその子のオーラに注いでもらうようにガーディアン・エンジェルにお願いしてください。 7)あなたの黄金の子をハートの中に入れてあげてください。      大天使ミカエルと断ち切る   断ち切ることは、自分にとってもエネルギーをクリアに保つ上でも最も大切なことの一つだと感じています。無意識に人や家族と一緒にいると、相手は意図はないにしてもあなたにコードをくっつけます。そのコードを断ち切ることで、もっと高い視点に立て、明確な意思決定ができ、はっきりとした考え方が持て、上手く対応したりもっと精力的に動けます。相手が人生からいなくなるということではなく、低い感情的なもつれを消すのに役に立つということです。自分で次の事をしてみてください。「カルマ開放CD」も役に立ちます。そのCDで大天使ミカエルがあなたのコードの切断を手助けしてくれます。   1)静かな場所に座って、出来ればろうそくを灯してください。 2)大天使ミカエルを呼んでください。 3)断ち切りたいと思う人を呼んで目の前に座ってもらってください。 4)お互いがコードでつながっているイメージをして感じてください。そのコードは互いの別々のチャクラに繋がっています。 5)相手の人に、あなたは今、その人を自由にするので、自分に帰れますよと伝えてください。 6)大天使ミカエルに彼の剣でコードを切断し、根本から消してもらうようにお願いしてください。 7)その通りのことが起きているイメージを持ってください。あるいは感じてください。 8)相手の人に協力してくれてありがとうと伝えてください。それから、その人が黄金のゲートの中を歩いて最も高い彼ら自身の道に進んでいるのを見届けてください。 9)大天使ミカエルにお礼を申し上げ、それから目を開けてください。   © 2012 Diana Cooper 翻訳 ライトワーカー・マイク http://www.thecrystalgateway.org/apps/blog/show/23858712-angelic-help-with-the-shifting-energies  

新しい光の副作用  2014年1月24日  Sandra Walter

新しい光の副作用 Sandra Walter 2014-1-24   この強いエネルギーの波の副作用に拘り、捕らわれるのは好ましくありません。ゴールは、意識を拡大し次元のシフトを起こすことです。そのことを心がければ身体はこの旅を続けることにお礼を言ってくれます。 非常に多くの人がいろいろな症状を訴えてきました。 アセンションの副作用には目的があります。 心身に起こることは、 ・もっと前進するために解放することを教えています。 ・身体の中で感情を溜め込んだところは直に病気や加齢、肉体の衰えを教えています。 病気は感情に起因しており、行動や習慣、思い込みを通じてマインド・エゴで大きくなります。解放とは関係ない症状がアセンションの副作用だと考えられます。 人類全体の副次効果 私たちは人類全体の意識を形成しており、地球に降り注ぐ新しい光の作用に晒されています。中には地球の意識にシンクロして地球の修正や調整作用を感じる人もいます。また、太陽の動きに同調し、太陽系に流入する銀河の周波数の影響を感じる人もいます。それでも活性化や質的な向上が人類全体で起きており、同じような影響を受けている人が多くいます。 人類全体で起こる身体の修正は、意識拡大の副次的な結果です。一般的に意識の拡大に前向きになればなるほど副作用があります。それは多次元的に動き始めていることです。私たちと高次元、スターファミリーやガイドたちとが協力しあっています。高次元の存在はガイアの上でアセンションできるように働きかけています。 先月は磁気バランスの調整が起きたために多くの人がめまいを感じました。大きな磁気的修正が起きました。地面がぐるぐるまわるように感じた時は銀河のチームと共同するハイヤーセルフが修正を施したのです。今の局面は磁気の調整の時です。今年の春に人類全体の磁気バランス調整が強く発生するでしょう。 太陽活動は先ず心血管系に影響し、その結果胸腺の動きが不規則になり、胸がズキンとしたり胸を突かれたりするように感じられ、重たいものを放出します。委ねればそれだけ解放が進み楽になっていきます。瞑想や手放すことがこのエネルギーの高まりでは大切です。自分の中に溜め込まないことです。オープンになってください。 今、松果体―脳下垂体の動きが活発になっています。たくさんの新鮮な水を摂取して回路のバランスを維持して体を動かしてストレッチをしたりしてください。頭痛は活性化であれ解放であれ生体にとってストレスになりますので自分をコントロールし十分気をつけてください。 身体のテンプレートと意識が拡大している結果、その副作用が2箇所に表れます。腹部と頭部の拡大です。 腹 部 光の波が増幅して腹部の腺を成長させます。そこはブッダの腹というところです。ここ何年もそういうことが進行してきましたが、光に意識的に関わる人にはそれがはっきりしてきます。 横隔膜の下、へその上下左右で新しい腺が新しい光の周波数を取り入れようとします。古いボディテンプレートは大量の光を取り込めなかったので、神経系や器官、リンパなどに化学変化を起こします。多くの病気は新しい光が身体に入ると先ず最初に上の身体諸器官に影響を与えます。 新しい腺は、物質化する前は一定期間次元を超えていますが、その後、身体の所定のところで大きく成長します。それから活性化する時に体液と血液が入り込みます。光のワークをする時には、私の腹部は肋骨から臍の下にかけて非常に膨らみます。 お腹が非常に大きくなる時があるかもしれません。ある時ぷくっと膨れて次の日にはまた凹むという具合です。不快な気分になりますがいつまでも続くわけではありません。砂糖を控えたり古い食べ物、アルコール、カフェイン、加工食品を控えてダイエットし、大量の水分を補給しエクササイズをしている場合、お腹が膨らんできます。女性は特に敏感で、またシリウス系統(縁のある人)の人もそうです。 私は妊娠6ヶ月くらいにまで大きく膨らみ、ある時急に元に戻りました。そんな感じです。理想的な身体に拘るのはやめもっとフロー状態になってください。水を補給しゆったりした服を着てどんどん動いて行きましょう。エネルギーを貯めこむのは病気のもとです。身体は追いつきません。 頭部の膨張 これは副作用の素晴らしい所です。頭骨の前と後ろが線状に盛り上がります。それからその線状の間が埋まっていきます。最初微かですが、だんだんはっきりしてきます。 頭がだんだん凸凹してきたり、波型になったりします。それから凸凹がなくなります。頭のてっぺんと後頭部は、今の家系とは関係のない古代の系譜を表しています。頭骨の形の変化は銀河の遺伝に依ります。それがあなたのスター・ファミリーを表します。 頭蓋骨の形が変わり骨そのものが成長しています。頭部全体が大きくなっているわけではありません。それはゆっくりしていますが、知らぬ間に隆起しています。自分で触ってなぞってみてください。また親しい人に見てもらうのもいいでしょう。 頭骨が成長する理由・目的 ・大脳の活性化 眠った細胞が繋がってもっとスペースが必要になっているのかもしれません。また再配線が起きています。半球間の膜組織が消えている。 ・大脳の周りの新しい腺が活性化していて高い意識状態になるのを促進している。頭骨内で大脳がよじれるような感覚がする時があるかもしれません。 ・テレパシー 高いレベルのコミュニケーションを行うスペースが生まれている。 私の場合はこの2年間頭蓋骨が大きくなりましたが、不快で変な感じがして痛みもありました。時々王冠をつけたような感じがするかもしれません。でも、私の場合、ここでの自分の役割が再編成していることが理由であると分かりました。 見分ける レベルアップするというのは症状にこだわるのではなく、変化することの意味や目的に注意することです。自分の中で生じていることを十分に感じてください。 でも、アセンションの副作用かどうか、医者に行く必要があるかどうか、ハイヤーセルフ以外教えてくれる人は誰もいないでしょう。ずっとひとつの症状が続いている場合には何かを教えているのだと思います。一般的なものであるとは決められません。見分けてください。 http://www.sandrawalter.com/side-effects-of-the-new-light/     翻訳 ライトワーカー・マイク http://angelightem.wordpress.com/2014/02/04/seid-effects-of-new-light/  

コズミック・ディスクロージャー: 視聴者からの質問パート1 シーズン2、エピソード13 デイヴィッド・ウィルコック、コーリー・グッド

コズミック・ディスクロージャー: 視聴者からの質問パート1 シーズン2、エピソード13 デイヴィッド・ウィルコック、コーリー・グッド Cosmic Disclosure: Viewer Questions Part 1 Season 2, Episode 13 http://www.spherebeingalliance.com/blog/transcript-cosmic-disclosure-viewer-questions-part-1.html DW: さぁ、「コズミック・ディスクロージャー」にようこそ。私は司会のデイヴィッド・ウィルコックです。コーリー・グッドを迎え、秘密宇宙プログラムについて話しています。今回は、エピソードごとに寄せられたコメント・フォーラムに投稿された皆さんからの質問を印刷して持ってきました。それを読んでいきましょう。我々は皆さんの考えに興味があります、ただ私が思いつく質問だけで進行させるのではなくコミュニティ・ディスカッションの場としてゆきたいと思っています。今回はいろんな質問が入っています。あらゆる話題について話しながら様子を見ましょう。コーリー、ようこそ来てくださいました。 CG: どうも。 DW: では初めの質問はbanjoman1437からです。我々のいる星団が高次振動地域へ入域している、ということですが、実際、銀河に高次振動域が元々あって私達の星団は物理的にその中へ移動しているのですか? それとも、私達は3次密度から4次密度、そして5次密度、6次密度へと上昇していて、場所・地点というのはホログラフィックな意味合いなんでしょうか? CG: これはかなり大きな質問ですね。ですが私が話してきた内容ではYESです、銀河の中心から常に大規模な光線が放たれています。ありとあらゆる種類のエネルギーが干満しながらいつも銀河の中心から放出し、地球や太陽系を打ち続けています。 DW: 従来の科学では銀河の中心はブラック・ホールだとされていますが、ブラックホールを見ることはできませんね。科学者達は、途中にある巨大な星団の向こう側に隠れているんだと言っていますが。 CG: ええ。ですがみな知っての通り、銀河は巨大なトーション・フィールド(歪み領域)です。フィールドの一部は黄道面になっていて北と南のように分かれていて、それぞれの領域がそれぞれに異なる方向へ回転しているのです。 DW: 二重反転ですね。 CG: 二重反転です。 DW: 私の著書「ソース・フィールド」("The Source Field")に記しましたが、銀河には実際のところ2種類の星があり、二重反転をしています。一つは時計回り、もう一つは反時計回りです。科学ではそれも判明していますが、何故そうなるか、それが何であるかは説明されていません。あなたの説明の裏付けになりますね。これは宇宙プログラムにいないと聞けない情報でも何でもない。 CG: ええ。こういう情報はいくらでもインターネットにあります。我々の太陽系やここ近辺の星団は言われての通り、この巨大なトーション・フィールド内を回転しています。そして我々は銀河の異なる領域に入っていっているところです。少なくとも1930年代から、高密度の雲、高エネルギー粒子の領域にです。高エネルギー粒子でできたネブラ型の巨大星雲帯のどんどん奥へ進み、この星のフィールドがそのエネルギーと交流し続ける間に、トーション・フィールドのエネルギー場を通してその高エネルギーが星の中に取り込まれます。これが以前話したコズミック・ウエブ効果を介し、惑星のフィードバックという形でエネルギーを放つのです。 DW: そうですね。 CG: この説明でおわかりいただけたらいいんですが。 DW: グレッグ・プレスコット(Greg Prescott...