Wednesday, January 24, 2018

コズミックディスクロージャー: 内部地球の最新情報 シーズン4 エピソード8 デイヴィッド・ウィルコック、コーリー・グッド

コズミックディスクロージャー: 内部地球の最新情報 シーズン4 エピソード8 デイヴィッド・ウィルコック、コーリー・グッド Cosmic Disclosure: Inner Earth Update Season 4, Episode 8 David Wilcock, Corey Goode http://www.spherebeingalliance.com/blog/transcript-cosmic-disclosure-inner-earth-update.html David Wilcock: さぁ、『コズミック・ディスクロージャー』の時間です。司会のディビッド・ウィルコックです。コーリー・グッドをお迎えしております。今回のテーマは内部地球です。以前も取り上げた実に興味深いシリーズです。コーリー、番組へようこそ。 Corey Goode: どうも。 David: 前回は、内部地球の人たちとの最初の会合についてでした。 Corey: ええ。 David: そのあと、また連れて行かれましたか? Corey: ええ。その前にカイパーベルトのSSP基地での会合に連れてってもらいました。 David: それは地底に連れて行かれる前という意味ですか? Corey: 地底に連れて行かれる前です。 David: 二度目の前ですよね?地下都市への。 Corey: ええ。二度目の前です。これはかなり重要な会合でした。私と会話をした内部地球グループはアンシャールと呼ばれていました。あの土星のペンダントをしていたグループです。 David: そうなんですか。 Corey: その巫女の名前はカーリーでした。彼女は使節団を連れて出席することになっていたので、招待された私もとてもワクワクしていました。 Corey: その使節団は彼らの乗り物で到着したと思います。実際は待ち合わせの場所に入ってきたところしか見ていないので、到着の現場は見ていませんでした。いくつかの廊下を通って彼らを会合の場所に案内しました。 ゴンザレスと私は・・どれだけ興奮したか分かるでしょ。彼らも緊張と期待で輝いている様子でした。 David: 彼らがスフィアビーイングとコンタクトしたことはなかったんですね? Corey: ええ。図書館での話によれば、彼らはコンタクトを受けたことは一度もありませんでした。彼らはスフィアビーイングのことをガーディアンと呼んでいますが、これが彼らのファーストコンタクトでした。彼らは非常に興奮していて、それで部屋に案内したとき・・ David: ちょっと聞きたいのですが、基地はどんな様子でしたか?あなたは見ていますが、視聴者は見ていないので・・ Corey:...

コズミック・ディスクロージャー 眠れる巨人 シーズン1、エピソード6 デイビッド・ウィルコック、コーリー・グッド

コズミック・ディスクロージャー 眠れる巨人 シーズン1、エピソード6 デイビッド・ウィルコック、コーリー・グッドCosmic Disclosure Sleeping Giants Season 1, Episode 6 David Wilcock and Corey Goode http://www.spherebeingalliance.com/blog/transcript-cosmic-disclosure-sleeping-giants.html DW: さあ、番組へようこそ。私はデイビッド・ウィルコック、コーリー・グッドをお迎えしています。これからまた”アリスの不思議な世界”、奇妙でクールでびっくりするような、かつて聞いたこともない宇宙プログラムの話に戻りましょう。この番組はそのために作っています。コーリー、あなたは私が聞いてきたことを裏付けるたくさんの情報を持って表舞台に出てくれました。誰も知らなかった情報ですが、それもあなたの背景に過ぎません。それで、時間について。この現実では、私達は時間というものは普通、確固としていて、変わるものではないと思っています。あなたは、相対性理論やアインシュタインはその考えに対し、どのような貢献をしたと思いますか?プログラムにいた時に、相対性理論について議論をする場に立ちあったことはありますか? CG: ええ。アインシュタインの方程式の一部が間違っている、と彼らは討論していました。 DW: 彼らが? CG: ええ。方程式のある部分をひっくり返す必要がある、と。そしてその後、彼の研究が良い方向に向かったところ、抑圧されたそうです。 DW: 光の速度に近づくにつれ、時間も実際に速度を増すとアインシュタインは言っていましたね。ではあなたはシップにたとえば一週間乗っていたとして、周りの人達はみな1000年くらい先に進んでいることになる。 CG: 現時点の私達のテクノロジーレベルでは、そうなるのかもしれません。私が秘密宇宙プログラム(the Secret Space Program)にいてスマート・グラス・パッドを見ていた頃、多大な情報を目にしました。その一つに、地球の地表の下にいる存在を発見したというものがありました。下というのは…山の下、お墓となっている山の下で… DW: 本当に? CG: インドの埋葬塚で、死んではいないけれど生きているわけでもない。彼ら(宇宙プログラム)はそれを”stasis beings−ステイシス(静止)人”と呼んでいました。そして、それにはあるテクノロジーが使われていて、そのテクノロジーはずっとずっと昔から使われていたことがわかったのです。彼らはこのグループを”ancient builder race...

第8回ワールドワイド・ファーストコンタクト・テレパシー・イベント 2014年4月13日 午後3時 のお知らせ

  (日本語の字幕➡youtubeで見る ➡ キャプション ➡ Japanese ➡on)   2014年4月13日 日曜日 午後3時 第8回ワールドワイド・ファーストコンタクト テレパシー・イベント が上記の時刻に行われます ビデオの中の「Share ET message」のボタンは このイベントのメインページに設けられています こちらでご覧下さい ☞ http://www.the-starpeople.net/liveus.html *** ETからのメッセージをシェアして下さい。  「Share ET message」には日本語も英語も大歓迎です。   *** Share ET messageからの抜粋  *Message from: Germany ドイツ2014年3月30日 親愛なる友の皆さん、 147という数字を掲げて、アンドロメダから小さな宇宙船がきました。まっすぐに立ったコマのような形をしていて、見えなくなる程の速度で回転しました。イリスィアと言う名の存在で、繊細な女性でした。彼女は彼女の兄弟姉妹と共に、既に地球上にいて、繊細な領域に従事しています。彼女達の任務は神の美を表現する事だそうです。 *Message from: Austria オーストリア2014年3月22日 私の場合はプレアデス人だと言うスィタと二回目のコンタクトをしました。「地球に着陸する予定ですか?」と尋ねると、「もちろんです。私達は抱き合いますよ。」人類へのメッセージは「断固としていて下さい。あなた方はもうすぐ成し遂げます。」でした。このあとの話は個人的な事なので、、、。 *Message from: Austria オーストリア2014年3月22日 ええ私も7という数字を確認しましたが、何の合図もありませんでしたし、何のイメージも会話もありませんでした。別の日の方がよいのかもしれない。 *Message from: Germany ドイツ2014年3月22日 私は宇宙船アウレリアと繋がりました。彼等はオリオンから私達の所にきています。「人類は辛抱強くいるべきです。そうでなければ死者が出たり、もっとずっとひどい事になっていたでしょう。辛抱強くいて、お互いに助け合い、愛を抱いているようにして下さい。私達はやって来ます。それもすぐに、そう長い事ではありません。」彼女の顔も見えました。非常に繊細で、とても明るい色の髪を持ち、そして非常に明るい存在でした。 *Message from: Germany ドイツ2014年3月22日 私の場合も7という数字でした。そしてものすごく強いエネルギーの流れがありました。今回は何のイメージも会話もありませんでした。 *Message from: Austria オーストリア2014年3月22日 全く興奮しました。プレアデス人とコンタクトしました。彼は背が高く、 白くて長い髪をしていました。顔はライオンのように見えました。誰かこのような存在とコンタクトした事がありますか?彼はとても穏やかで優しかったです。 皆さん、お元気で! レナーテより *Message...

サンディーからの迅速な復旧のための瞑想の提案

サンディーからの迅速な復旧のための瞑想の提案 サンディーによって被害を受けた地域の人々の幸せな生活の迅速な回復のための祈りをしませんか? 私たちはこのための集合的瞑想を下記のように提案します。 米国東部標準時間11月2日午後19時、日本時間11月3日午前8時。 深く呼吸をして、静かで平和な瞑想に入り、天から送られてくる愛を頭上から、体の中を通して,約2分間、心臓に受け入れます。 この愛を約5分間、家家と町の光がともり、幸せな顔の人々が通りを歩き、交通が普段の状態に戻っている様子を思い描きながら、被害地域に送り出します。 この瞑想で、被害地域の迅速な復旧を祈ります。 たき

コズミック・ディスクロージャー スクリプト 松果体を目覚めさせる デビッド・ウィルコックとコーリー・グッド インタビュー エピソード10-シーズン1 2015年9月1日 17:40

コズミック・ディスクロージャー スクリプト 松果体を目覚めさせる デビッド・ウィルコックとコーリー・グッド インタビュー エピソード10-シーズン1 2015年9月1日 17:40 Sphere Being Allianceより Transcript of Cosmic Disclosure: Awakening the Pineal Gland Season 1, Episode 10 01 Sep 2015 : 17:40 http://spherebeingalliance.com/blog/transcript-cosmic-disclosure-awakening-the-pineal-gland.html (これは抜粋で、逐語記録ではありません) DW(デイビッド・ウィルコック): 松果体とは何ですか? CG(コーリー・グッド): MILABプログラム*で私達は額に注射をされ 、音波処理を受けました-松果体のあるところです。金属製の機器を使うのですが、松果体に向けて音波を送るんです。 それが私達のIE能力の直感を増大させるのだと言っていました。 (*MILABプログラム:軍部による誘拐・拉致プログラム。数々の”Black Opプログラム”に利用するための洗脳・トレーニングを行っている。通常、6歳かもっと幼い年齢から開始される。) DW:頭蓋骨のなかで音波の振動は感じましたか? CG: ええ、そりゃあ。音波が頭の中の15cmくらいのところまで達するのがわかりました。明らかに松果体に刺激を与えようとしていました。 DW: 「ソース・フィールド(Source Field)」で私が発表した研究で、松果体について書いた章があります。松果体は脳の幾何学的中心にあることがわかっています。豆粒大だということもわかっています。身体のどの部分よりも血流が起きている部分だともわかっています、腎臓を除いてね。でも、科学の主流派は「松果体の正体はわかっていないよ」と言うのです。 松果体には、目の網膜に類似した細胞があるのです。 CG: 杆錐状体ですか? DW: 松果体細胞と呼ばれていますが、同一のものです。さらに、目と脳との繋がり方と同様の繋がり方で、松果体は視覚野に繋がっているのです。だから古代伝統ではそのまま「第三の目」と呼んでいるのです。 松ぼっくりや、そういった図像は世界中の宗教でも伝えられています。 松果体の中で、そういった杆錐状体には何かが見えているとあなたは思いますか? CG: 彼らは、そうすることで「第二の視力」や直感能力への刺激を促すのだと言っていました。かつて古代地球を離脱したグループがいて、そのグループはとても大きな松果体を手に入れたのだとも言っていました。かつては私達は皆、現在よりも相当大きな松果体を持っていたそうです。 彼らは私達の松果体内の活動を促し、起動させるために刺激を送る処置をしていたんです。 DW: かなり興味深いですね。というのも、内部関係者のジェイコブが言っていたんですが、ドラコ(Draco)は現代人の松果体を消滅させるべく現代人を操作しようとしたらしいんです。ところが善意あるETが介入し、松果体を再インストールしたからドラコは怒ったと。 そういったことは聞いたことがありますか? CG: いいえ。実際、これは40のグループから採った22遺伝子の実験をする「グランド・エクスペリメント(Grand Experiment)」の一貫だと聞いていました。実際はこの実験は遺伝子に限らず、スピリチュアルな実験でもあり、彼らは私達を霊的にも高めようとしていました。松果体やライトボディに関連する何かを操作することで私達の霊的な成長を促そうとしていたんです。 彼らがドラコ同盟グループと対立しているのは間違いないですね。 DW: ということは、スーパー・フェデレーション(Super Federation)はまったくネガティブ(な団体)でもないということですね。 CG:...

次元上昇について  2018年1月9日 ちのたき経由創造主から

次元上昇について  2018年1月9日 ちのたき経由創造主から  次元上昇ってどんな現象なのか、皆目わからないよね。とにかく、この3次元の地球からより高い次元の惑星に、肉体と魂が移動する現象らしい。  じゃあ3次元で活躍していた肉体はどうなるんだろうか? 肉体を覆っていた着衣はどうなるんだろうか。  もしも肉体が次元上昇前に、地球上で平均身長185cmと大型の高次元のそれに変容してゆくとしたら、とてもわかり難いのは、着衣だよね。肉体変容のさなかに着衣はキツキツになってとても着たままにはできないだろう。まさか外出中に脱いでしまうわけにも行くまい。   結論は、3次元の地球上で肉体が変容することはなく、瞬時に高次元の惑星へと移動してゆき、瞬時に高次元の肉体へと変化するということのようだ。瞬時の次元間移動のきっかけは、地球が、DNAの次元上昇作用を起動させるダウンクォークの密度が高い宇宙の領域に入ってゆくことなのだそうだ。  そうなると、次元上昇によって、地球上の人間が全て一挙にいなくなるので、例えば運転手が不在になり、3次元の地球の上空を飛行中の航空機はやがては墜落し、運行中の船舶はいずれは座礁するか、陸地と衝突するか、燃料切れになって波間にただようかということになるだろう。  幸いにして高速運行中の列車や新幹線は、運転手が手を離したら停止する、といういわゆるデッドマン装置という仕組みのために次元上昇で運転手が消失しても自動的に停止するので、事故には至らないだろう。  問題は運転中の自動車だが、突然運転手が消えうせるので、必ず、事故の多発、という運命にある。  運転中の原子炉はどうなるんだろう。運転要員が全員消失するので、運転は継続されるが、やがては冷却水の枯渇で炉心溶融の運命になるだろう。  しかし、諸君、安心したまえ。 24次元に所属する6基の宇宙船が地表、地下の全ての人造物質やゴミをきれいに片付け、放射能汚染を解消し、地表を原始の状態にして、7000年後に始まる次の次元降下、次元上昇の開始に備えるんだそうな。  次元上昇がいつ起きるかって?  ーーーーーーーーーーーーーーーー  おそるおそる、そっと打ち明けよう。次元上昇は今年2018年の、1月11日午前0時に起きるんだってさ。 What is the Ascension? The Creator via Taki Chino 9 January, 2018 What is the Ascension? It...

答えはいつやって来るのですか? ジェニファー・ホフマン

答えはいつやって来るのですか? ジェニファー・ホフマン ― 私はいろいろなヒーリングを受けましたが、なぜこうも戸惑い、まだ心が傷つくのでしょうか?前に進もうとしているのですが、結果、遅々として進みません。やっていることが苦痛で飽き飽きしています。他に道があるのでしょうか? モチベーションを高め、情熱が持てるように祈っています。今の状態を何とかわかりたいと思っています。というのは、間違ったことをしはしないかと不安なのです。十分に理解していないと望まないようなことが起きてしまうのではないかと思うのです。そこに落とし穴があるのではないかと思うのです。分かろうとするのをやめて、辛くても希望を持って最善をつくすべきなのでしょうか? ― あなたの質問の中に答えがあります。あなたは自分で知ることができると余り自分を信じていません。ヒーリングを受けるのを止め、自分で自分を癒す、自分のことを個々バラバラなものの寄せ集めだという見方を捨て、完全な一個の存在であると考えるような時が来ます。 それは、前進するには勇気と自信が必要であるということを学んでいるのです。近道はありません、あるのはあなた独自の方法や生き方しかありません。その気があれば、あなたは強くてパワフル、探求するだけのものを持っています。痛い思いをしたくないというのは恐れです。退屈だと思うのは、もう終わったことをまだ繰り返しているということです。 あなたは、本当は何がしたいのかを教えて欲しいと言っています。他の誰か、神でも宇宙でも、家族でも友人でも、大丈夫、前に進んでいいよ、そう言って欲しいわけです。あなたは十分癒されて過去の傷はなくなっている、だからこれからはうまく行きますよ、そう言って欲しいのです。仮にしたい事をして上手くいかなくても、元は取り返せて、悪いことは何も起こらない、それを誰かに保証して欲しいのです。しかし、あなたが求める「許可・承認」は自分で自分に対して行うことなのです。誰もあなたに何をしたらいいかなど言うことはできません。うまくいくかどうかは、どんなに怖く感じても、あなたの手の中にあります。 ヒーリングを受けることは、自分は不完全で、魂や源と繋がっていないという考え方をしてしまいます。エゴは、癒された時点でもう人間でいる必要はないと言います。だから、エゴは、いつまでも傷を癒す旅を続けさせようとします。 そうなると、答は次の問題を生み出し際限がありません。でもスピリットは神聖なパートナーである人間は、人生を歩む所に全てがあるということを知っています。スピリットと繋がり一体になると、人生は完全に違うゲームになるということを知っています。 深呼吸をして、自分の叡智のプールに飛び込んで繋がり、力を手にしてください。自分の神聖さを信じ、そこに飛び込むことが先ずやることです。旅は何もしなくてもひとりでに目の前に展開するのではなく、一歩一歩前進する毎に開けてくるものです。そして一歩一歩進む度に自分を知り、完全だと分かるようになります。今幸せでなければ、今やっていることがもう終わっているからなのです。また幸せになるには、新しいことを始めて、どうなるかを見てください。それには、新しい可能性に目を開き、喜びや豊かさ、愛を実現する意図をしっかり持つことです。 Copyright (c) 2013 by Jennifer Hoffman. All rights reserved. You may quote, copy, link to or translate this article, in its entirety, as a free-standing article that is not included in...

DL・ゼタ 2015年1月19日 再度、光に身を捧げることで無限の可能性を呼び覚ます

本文を読まれる前に少し、独特の用語について補足しておこうと思います。 ただし、僕自身も完璧に理解しているとは限りませんので、参考として。

新しい時 : 新たな時。New Time。普段の直線的な時間軸を意識している間は、どうしても首を傾げたくなる概念ですが、これはDL Zetaさんの説明では「垂直時間(バーティカル・タイム)」であるとか、「新たに選んで入っていくパラレルなタイムライン」というほどの意味で使われています。過去から未来へと紡がれる一筋の糸のような時間が今の僕らが認識している時間概念であるなら、この「新しい時」は、「今この時」を中心に放射状に、もしくは任意の関わり方で異なる時の流れを認識できる時空概念ということになるかもしれません。 新しい地球 : New Earth。理想郷のような形で新たに人類が作り上げていく地球、もしくは新生地球などと呼ばれる、通常の五感的知覚では把握しがたい精妙なレベルに存在する地球。ガイア、テラ(ノヴァ・テラ)、シャンバラなど様々な名称があります。後者の場合、西洋カバラーでは生命の樹の一番上にあるケテルに相当するとも言われ、これは、そのさらに奥にある「星間的」生命の樹のルートになっていると考えられています。ただし、今僕らが住んでいる地球とは別のどこかに新しい地球があるという意味ではなく、周波数(振動数・波長・バイブレーション)や次元(密度)の違いから認識または適合できていないだけで、実際には、この地球に重なる形で存在しているとされています。 障壁場 : Obstacle Field。私達の心の成長を促す試練として立ちはだかる壁、または内的な問題といった意味と思われます。悩み、葛藤、スランプ、絶望、恐れ、自信喪失、無気力感などや、それにまつわる個々の状況を象徴しているようです。欠乏意識(何かが必要、何かが足りないという考え、欲求)に代表される思考ウイルスとも関係しています。 信念体系 : Beliefs(Belief System)。思考体系とも。思い込んだ信念により堅固に作られた自分の世界観、または物事の見方。固定観念。凝り固まった価値観。そういうものだと信じきっているために形成される事柄、といった意味合いです。 ライトワーク : Light Work。自分自身が光の使者であることを自覚し、光を届ける働きをすること、といった感じの意味ですが、別にスピリチュアルな活動をしている人だけを指すわけではありません。どの分野で生きていようが何をしていようが関係ないのです。自分自身の価値を信じ、また気がつき、自分の働きを通じて周囲に貢献する、要はそういうことです。世の中を明るくする、人を笑顔にする、心から喜んでもらえるような仕事をする、助けが必要な人や動植物に手を差し伸べる、地球を大切にする、温かい言葉や優しい言葉を使う、心が安らぐ環境づくりをする、素晴らしい文章や音楽や映像、芸術作品などを作る、などなど。そうしたことによって、少しでも自らの心が明るくなり、また他の存在に光をもたらすことになれば、その人はライトワークをしていると言えます。

一応、もっと高度な意味での定義付けもありますが、それはその時になって本人に自ずと明らかになることです。その発端となる内容が(今日の本文にも書かれていますが)、自らの感情体験やトラウマもしくは障壁場や思考ウイルスの超克、自分自身および他者への慈愛といったことです。平たく言えば、何らかの悩みや苦しみを体験し、それを乗り越えていく過程そのものが、もうすでにライトワークになっているということです。これを理解することが、とても重要だと考えます。なぜなら、人は自らの苦しみの経験を通じて他者の苦しみの程度を推し量ることができるようになるからです。相手の辛さや苦悩を慮ることができるということ自体が、ライトワークとしての光の種の芽生えだと思います。これは、仏教でいう菩薩行とも言えるのではないでしょうか。 C.I. ***  DL・ゼタ 2015年1月19日 再度、光に身を捧げることで無限の可能性を呼び覚ます http://www.celestialvision.org/2015-channelings-by-dl-zeta/2015/1/19/re-dedicating-ourselves-to-the-light-activates-limitless-pot.html 
Re-Dedicating Ourselves to the Light Activates Limitless Potentials January 19, 2015 by DL Zeta 再度、光に身を捧げることで無限の可能性を呼び覚ます 
私達はその旅路において、これまでの経験の域を超えた境界に立っています。これは地球次元での未経験の事柄という点で、比類なき新しい始まりを示す意義深い時期です。この時期のエネルギーは、新たな地球(New Earth)の周波数に同調したこれまでになく広がった未来を孵化するため、私達に一致団結することを求めています。 個人として私達は、多くの覚醒の瞬間を内的なGPSに従ってきました。ある者は小さな、ある者は大きな覚醒の瞬間に。こうした瞬間は、私達が制限のない可能性を秘めた大きなビジョンに目覚めるにつれて、さらに頻繁に起きるようになっています。この深遠な目覚めが自然と私達の制限されたアイデンティティを超えさせ、新たな地球での素晴らしい経験をもたらす、新しく拡大したアイデンティティを形成させます。 私達は常に自身の内側に新たな地球の周波数を備えています。私達の運命はエネルギーのテンプレートにコード化されています。光の周波数によって起動されるまで、目覚めのコードは私達の内側に眠ったままです。私達が大いなる光の周波数を受け入れて保持するためのキャパシティ(許容度)を広げるのに、そうしたコードの起動には何ヶ月も何年もかかります。 過去数十年に渡る莫大なエネルギーのシフトが私達をこの岐路に立たせ、それが私達自身の内部で光の存在としての運命に関するコードを活性化させるのです。光へ再び身を捧げることで、この活性化が始まります。この光への再献身は、私達が保持しているアイデンティティや現実を作り出すことから得た可能性の場といった要因のテストを伴います。人生に対する私達のあり方の全てが高次のビジョンに基づいているかどうか、また、子供時代の傷をどれだけ癒しているかということは、やはり検査されるべき重要なことです。最終的には、私達は障壁場に向かい合う準備ができているかどうか自分に問いかけなくてはなりません。それが、個々の進化の次のレベルへと向かわせる意志を呼び覚ますことになるでしょう。 意識および潜在意識のアイデンティティをテストする この時期、私達には最高のビジョンを打ち出していける者としてのアイデンティティを採用することが求められています。これにより私達は、最高の可能性が宿るエネルギー場にアクセスできるようになります。光へ再び身を捧げることの一部は、私達が保持しているアイデンティティをテストして、それが最高の可能性と合致するかを確かめることです。もし私達が時代遅れのアイデンティティをもっているなら、それはかつての自分ができると思っていた事柄への可能性を制限しているということです。何ができそうかということを、時代遅れの可能性の場に助言を求める時、事実上、私達は古臭くて制限されたテンプレート(鋳型)からなる未来の現実を作り出しているのです。 私達が、完全に目覚めていてスピリチュアル的に結びついている無限の存在としてのアイデンティティを採用する時、私達は無限の可能性の場に立って物事を選択するアイデンティティを身につけます。 潜在意識レベルで保持しているアイデンティティのテンプレートにアクセスするのは、より困難です。ドリームワーク、瞑想、自動書記、日常生活に表れる象徴を活かすことを通じて、私達は表層意識を超えて存在するテンプレートにアクセスすることができます。何かを考えている時でさえ私達は意識的な決断を行っていて、それは存在の深いレベルで働いている潜在意識のテンプレートを調べるのに役立つのです。それをしない場合、意識レベルで私達が行っている手段は蔑ろにされます。 無限の可能性へと続く目覚めの旅 多くのライトワーカーが同じようなテーマを追求する旅に出ています。始めは物事がうまく行かない時期がありました。病気、意気消沈、それにトラウマもその道中で経験してきたかもしれません。たくさんの試練や困難という道のりに沿って、答え探しが始まりました。当初、そうした答えは外側の世界に見出されたかもしれません。その内、答えの幾つかは本に書かれていたり、他の人の教えや人間関係の中に見出されたり、別の生涯の経験の中に見つけたりもしましたが、そうしたことには限度がありました。そして、もっと深く探求したいとの思いが内的な旅への道を指し示しました。この内側へと向かう旅が深まるにつれて、スピリチュアルな洞察が一つの指令と神聖なパターンに従う宇宙の機構を明らかにしました。最初、この内的な旅はその人自身の苦しみを軽減させるために始められたことでしたが、ひとたび内的な炎が明るく輝くと、この願望は全ての人々へと拡大していきました。一人ひとりが自らに宿る無限の可能性に目覚めると、大いなる光の周波数を保持し増幅できるようになります。こうした拡大した周波数は、新たな入り口と今までにないレベルの可能性をもたらします。 あなたは神聖な存在 あなたは自分の中に全てを備えています。あなたは今すでに聖なる存在なのです。地球次元で長年過ごす間に休眠状態に陥ってしまっているかもしれませんが、あなたの内部では新たな地球の夢が培養され、光の周波数があなたの運命を転がすのに足るその時まで、活発に動き出す日を待ち望んでいるのです。あなたが眠りに落ちたのは、密度の性質と睡眠(不活発な)意識を学ぶ機会だったからです。これを理解することで、新たな時に入ってゆく自分なりの行程に集中できるようになります。 第一楽章は「内なる統合へ」 私達の目覚めの旅における第一楽章は、内的な統合へ向かうこと。意識/自我(エゴ)が叡智と結合したり、私達の覚えている魂やハイヤーセルフの願望と一致するなら、その時の私達はまさしく無限です。この記憶の想起は、問いかけという名の燃え盛る火の嵐を誘発し、答えを探す旅へと私達を向かわせます。その答えはあなたの内面にありますが、私達は経験を求めて出発します。それが私達の内なる智恵という宝物庫に収められている宝物にアクセスするのに役立つのです。私達が最初に求める経験、真っ先に取り組むべきこととは、私達の心(ハート)と結びつくことです。 この培養期間は、あなたの中を流れる、宇宙で最高のバイブレーションである愛をベースにした周波数にあなたが気づき、着手し始め、エネルギーを注ぐのに役立つよう意図されたものです。密度を進んでゆく際、私達は時々こうした周波数から外れてしまいます。周囲に渦巻く密度に対して私達が示す反応は、自分に引き寄せる経験を調整するというものです。こうした経験は、自らに宿る高度な智恵に達することを目標にしなさいと教えています。そして、その智恵は私達の傷に対する真の癒しとなります。そうした傷は私達の人生の旅全体を通じて癒され、エネルギー補填されるわけですが、そのルーツは、この生涯のために用意された我らが地球という学校のカリキュラムにあるのです。 子供時代の傷が魂の意図を明らかにする ほとんどの方は、この人生に対する魂の意図が刻印された子供時代の傷を抱えています。この傷は、あなたという存在の真の本質に目覚めさせる様々な経験を引き寄せます。あなたは何年もかけて多くのヒーリング・テクニックを学び、それでこの期間の不安を和らげているかもしれません。やがて、ヒーリングに向けるあらゆる努力は私達を素晴らしい愛の経験と理解へと導きます。つまり、唯一本物で永続するヒーリングは、私達の内なる統合という本質的な状態に立ち返ることで見出される、という理解です。 内的統合がワンネス(Oneness:一体となったもの、全体の調和)の喜びをもたらす 内的統合というのは、それがどんな方法であれ、魂に接触した時にあなたの意識の中で起きますが、大抵は思い込み(信念体系)や不安、誤解に向き合うという経験を通じて、それがなされます。魂とのコンタクトが果たされた瞬間、あなたはワンネスの喜びを経験し、「魂に繋がって生きるなら、どんなことでも可能だ」という深く高尚な叡智を受け取ります。信念体系が変容する前に、あなたは幻想の迷宮の中で数え切れないほどの事実として、自分の魂との出会いを体験しているかもしれません。忍耐強くあって下さい。そして、統合の道に沿ってさらに前進することを受け入れるのです。内的統合は新たな地球の要です。新たな地球を培養するために内的に統合した存在達がワンネスの中で結びつくと、このことに関する外的な反響が生じます。 再度、光へ身を捧げる(ライトワークに専念する) 個人レベルでは、あなたは統合化プロセスを開始する手はずを整えることができます。これにはあなた自身に夢中になることも含まれます。とはいえ、これはナルシスト(自己陶酔)的な愛ではなく、あなたの傷、あなたの過失――あなた自身に対して抱いていることの全て、他の人があなたに対して抱いていることの全て――を包み込む愛という意味です。今やそれら全てを愛して光へと返す時です。そうした意志を持って、心底からあなた自身を愛し、支え、癒しへ向かう動きを支援することに専念するためのセレモニーか儀式を催しましょう。これは愚かな行為ではありません。自分自身を癒し愛するとき、あなたは他の人達とも大いに共有しています。もしあなたが自分を裁いているとしたら、その時は他の人をも同じように裁いているのです。自分自身の癒しに取り掛かって下さい。あなた自身のために、他の人々のために、そして宇宙(万物)のために。 癒しと内なる統合の孵化作業を通じて、あなたは過去を手放せるようになります。あなたの光を薄暗くする覆いや上辺は、癒されていない過去の経験で作られています。愛をもって傷を癒すことにフォーカスすれば、こうした覆いは溶けてなくなっていきます。 治癒するという意図が障壁場を引き起こす あなたの意図が障壁場を引き起こす、と私達は言いました。ここで私達は、障壁場の異なる形状や度合いをさらに区別することにします。小さめの障壁場は、例えば新しい車や他の物品などを現象化させようとする意志のために生じます。この障壁場の中で、あなたは価値や豊かさ、意識の幼い側面により確保される諸々の事柄に対して疑問を投げかける経験をするでしょう。さらに複雑な障壁場は、あらゆるレベルで深い癒しをもたらそうとする意志により活発化します。この意志は全ての思考、感覚、経験、感情、信念――あなたの内的な傷の問題に関する全て――が、あなたを癒すのを助け、それと連携するべく持ち上がってくるのです。これは、人によっては何年もかかる広範なプロセスになり得るものです。しかし、現在のエネルギーはあなたと連携しており、抵抗(阻害)するものを手放したり、波動を上げたり、内的に統合した人生行路を歩んでいる自分のタイムラインを培養する、といったことへの大きなステップをあなたに踏ませています。 この癒しの旅への取り組みを進めながら、新たな地球のタイムラインに生きる新しい人生への夢を思い描いて下さい。本当のあなたはどんな人間か、そのビジョンに心を開くのです。そして知って下さい、あなたは癒されていて、内的に統合したワンネスであることを。この無限で、癒され統合された『あなた』は、あなたの持つ可能性の場の中に既に存在しています。もしそれがあなたの真実の一部でなければ、あなた自身のこの新しいビジョンは見られないでしょう。 今は新たな時に入る動きを強めるのに最も適した時期です。食生活のアルカリ化、瞑想、運動、光を定着(アンカー)させて自分の波動を上げるような習慣を作り出しましょう。光を送って時を過ごしましょう。あなたの知っている人達に、自分のハイヤーセルフに、存在する全て(all-that-is)に。光を食べ、体を動かし、生きとし生けるものの息吹を尊重しましょう。あなた自身を愛しましょう。毎日、ワンネスであることと、あなたが愛であることを再確認しましょう。そして、再び光に身を捧げることで、無限の可能性を駆動させる練習を定期的に行って下さい。 ©2010-2015 DL Zeta, Celestial Vision, All Rights Reserved
www.celestialvision.org これらのメッセージはシェアされることを意図しています。そうしたいと導かれている気がするなら、あなたはこのメッセージを自由に他の人々とシェアして役立てて下さい。著者および発信元のウェブサイト・リンクを忘れずに入れていただけるようお願いします。 翻訳:C.I. http://blog.goo.ne.jp/creative_imagination/e/8f27dc beccf759dc062657b29d1d2b94   
   

2012年11月11日の夜11時11分 今から最終の瞑想に参加しませんか?

2012年11月11日の夜11時11分 今から最終の瞑想に参加しませんか?   できれば水晶を手にしながら、まず水晶にヘルプをお願いして下さい。 そして何時もの様に瞑想の準備を初めて下さい。 このビデオの中の11分11秒間のこの音楽に合わせて 完全にリラックスしてハートチャクラの瞑想を行って下さい。   まず、 完全にリラックスした中で大きく呼吸をして下さい。 呼吸をするごとに緊張が解き放たれていきます。 ハートとのどのチャクラの中間に位置する8番目のチャクラに集中して下さい。 あなたの8番目のチャクラのあたりにあなたの宇宙のハートである金色の光の玉を描いて下さい。 このポータルの光はあなたをソウルエネルギーのフィールドにつなぎます。 あなたがあなたの体と心の奥深くに繋がり、あなたのハートのエネルギーが柔軟に開くのを感じるでしょう。 あなたはワンネスの愛に溶けています。 そして愛し愛される事を妨げるどんなバリアをも解き放ちます。 あなた自身に8番目のチャクラを通って入って来る愛の光を吸収し始めさせて下さい。 あなた方が回復され,あなた方の最も深いレベルに治癒された事を感じて下さい。 あなたが純粋な宇宙の愛のエネルギーに満たされて、 あなたは自然に愛を放射し伝送します。 あなた自身を愛のエネルギーで照らし,あなた自身からそれを自然に放射させて下さい。 呼吸しながら愛のヒーリングの光を吸収し、愛を伝送して下さい。 そして宇宙のハートの旅を楽しんで下さい。 参考) この瞑想は本日中のみに留まらず、覚醒の数字である 「11時11分」に焦点を置き、日々繰り返し瞑想なさると良いと思います。   翻訳その他 Koh  

障害を祝福(恩恵)に変える 2012年12月1日

障害を祝福(恩恵)に変える 2012年12月1日 by DL ゼタ  2012/12/1
Channelings By DL Zeta Transforming Obstacles into Blessings   最近の(訳注:11月末の)月食のエネルギーは、あらゆるレベルでの清算と解放をもたらす、今後数週間および数ヶ月に亘って広がるエネルギーの波を引き起こしました。また、このゲートウェイは、課題を祝福に、感情のバリアを無条件の愛に、まだ気がついていないビジョンを加速度的に実現していくように変える新たな機会をもたらすでしょう。このポータルの可能性は私達を引き止めているもの全てを、自己実現の燃料に変えられるようにしてくれます。 ・月食のエネルギーと細胞のトラウマの清算 月食のエネルギーには、あらゆるレベルでの癒しと清算をもたらす力があります。清算に関して真っ先に挙げられることは、過去のトラウマから来る長引く未解決の感情でしょう。こうした未解決の感情は過去のある時期に由来していて、その時の課題や通過儀礼が、十分に理解されていない深い感情と当時のプロセスを誘引したのです。これが起きた時、エピソード(挿話)や未解決の感情が私達の存在の織物の中に入り込み、癒しと解放に関する新しい機会を私達に提供するべく、それ自体の新しいバージョンを時間をかけて引き延ばしているのです。 ・癒しの流れに抵抗するものを解き放つ 新しいレベルの癒しと解放に私達がアクセスするのを助けようと、切実に感じられる全ての「聖なる傷」に対して効力のあるエネルギーが影響を与えます。もしこの清算のエネルギーに抵抗する場合、私達はその生きる途上で、新たに、ますます乗り越えられない障害を経験することでしょう。 このようなことが起きてしまったら、その瞬間には単純な解決法があるのみです。すなわち、スローダウンして、深呼吸をして、それから指導や援助を求めることです。冷静な観察者の立場から目の前の状況を意識してよく調べて下さい。現在の潮流に逆らって泳いでいるかもしれないと気がつくために、その瞬間に存在している象徴を読み取って下さい。 今起きている抵抗の放棄や感情の清算を好意的に受け入れることによって、あなたは、こうしたエネルギーが与える最大限の機会を利用することができます。 ・日記をつけることやドリームワーク(訳注:目覚めている時に夢の内容を思い出したり、夢に含まれる深い意味を発見しようとする作業)をすることが、『夢見(空想・白昼夢)』を明瞭にする。 現時点で、あなたについて尋ねられていることに思い当たる節がないのであれば、日記をつけたり、夢を書き留めて解釈することが有力な手がかりを提供することになるでしょう。日記をつけることは、その中でドリームワークをすることに似ています。それはあなたの「夢見」に対する視野を広げ、洞察を得るのに役立ちます。 内面の空間は古いものが刷新され、淀んだ感情は、眩いばかりにずらりと並んだ新しい可能性があなたの意識に溢れかえることを歓迎するでしょう。こうしたビジョンから、あなたは、自分を変化力のある時期の前線へと運んでくれるビジョンを構築することができます。これらの時期は、あなたの新しい夢とビジョンに適う現実を創造することを可能にする新しいアイデンティティを形作る努力の中で、あなたを飛躍的に進化させてくれます。 あなたが古いエネルギーを清算する土台を据えたり、将来に対する新しいビジョンを築くなら、月食のエネルギーは、こうした新しいビジョンを実現するための燃料を供給するでしょう。 ・促進された創造性と顕現力のポータルにアクセスすること エネルギーは今、促進された創造性と顕現力へのポータルを開いています。この最も重大な変化と顕現の時を作り出すために、進んで自分のハイヤーセルフを呼び求めて下さい。新しくてよりスピリチュアル的にも適う、促進された、創造的なアイデンティティになるために清算の波に意識して乗って下さい。このアイデンティティは、まだ私達の存在の中で気がついていない才能や潜在能力を呼び起こすでしょう。もしあなたが新しいアイデアや可能性を探索したくなっても驚かないで下さい。 ・千里眼(透視能力、天眼通)と次元間のスキルを開くこと この拡張的な時間の間、多くの人が新しいスピリチュアルなスキルを開発させています。千里眼や次元間旅行のようなものです。ある人々は、この世のものとは思えない環境にいたという夢から目覚めたり、進んだスピリチュアルな知識の「記述」を取り込むでしょう。こうしたエネルギーは、バランスと安心感を維持するのに使われてきた、どんな愛着や精神的支柱に対しても気づきをもたらすでしょう。この気づきはまた、現時点で利用しやすい新たなレベルの可能性を明らかにするでしょう。 ・祝福があなたを包み込んでいることを信じる この期間は通過儀礼として役立つでしょう。ここで、あなたは目の前に現れる全てのものを祝福と見るか障害物として見るかという機会を得るのです。あなたが祝福に包まれていることをかつてないほど信じやすくなったと気づく、大きな発展のためのエネルギーがこの期間に用意されるのです。しかし、人生に登場してくる全てを祝福として見ようと選ぶことは、あなたの道すがらに現れるどんな障害をも効果的に消滅させることになるでしょう。 高度なレベルの気づきを維持することによって、あなたは一日中、克服できない課題の重圧で重荷を背負っていると感じるかどうか、それとも、無条件の愛に輝く光の中で、出会うもの全てを変化させるために能力を増幅させながら、あなたを通して流れてゆく拡張的なエネルギーに従っているかどうかをチェックできます。 ・普遍的(宇宙的)な愛のための強い力になること 障害を祝福に変えることに熟達する一つの方法は、無条件の愛に捧げる強い力になることです。恵まれない人々や感覚ある生物、および環境の利益になるように奉仕的に活動して下さい。あなた自身と同じくらい強くもなく力づけられてもいない人々に対して、愛と奉仕の立場から行動することが、あなたをこの宇宙の中で、もっと強力で愛に溢れた力になれるようにしてくれます。 私達は、この重大な変化と変容の期間を最大限に生かすための16のステップを提案します。 1)自然の中で時を過ごす――植物、木々、花々、夜空の平和と完璧さと繋がること。 2)毎日10分から15分間の日光浴を行う。太陽光があなたの体の細胞を満たす場面を視覚化する。 3)日々あなたを滋養してゆくような時間の過ごし方をする。新たな健康管理(養生法)を始め、自分自身のために健康的な食事を用意し、温泉治療やマッサージを受ける、など。ホメオパシーやエッセンシャル・オイル、およびフラワー・エッセンスは、この時期に有益であると分かるでしょう。 4)あなたの環境内のエネルギーを綺麗にすること。ガラクタ(散乱した物)を片付けて、元気付くような、または気持ちが高揚するような方法で空間をアレンジして下さい。 5)生み出されるもの(結果)よりもその過程に焦点を合わせつつ、創造的な遊びのための時間を作ること。 6)意識内の旅路へとあなたを誘う想像を受け入れること。あなたの想像力は高次意識への戸口です。 7)ヨーガ、太極拳、その他のマインド・ボディ・スピリットを整列させる動きの型を練習すること。 8)感謝リストを作って、あなたの人生の全てに感謝を表すこと。これには現時点であなたの前に出てきているかもしれない課題や「テスト」も含まれます。 9)動物や環境や恵まれない人々を助けるために寄付をしたり、慈善事業のために自分の時間を進んで費やすこと。定期的に困窮している人々に与えることは、あなた自身のハートとの連携を保ってくれます。私達は誰もが地球上の天使であり、神の支援を実行する呼びかけに応える能力があるのです。 10)あなたがストレスやネガティブさに遭遇する度に、無条件の愛をもって思考と感情を一直線に揃えること。これは、あなたを存在の中心に意識を合わせたり接地させて、ポジティブさに留めてくれます。(訳注:または、ポジティブさへの集中と安定) 11)これまで以上に、今は清浄で健康的な食事を摂ることが重要です。優先リストは根菜と濃い(緑の)葉菜です。 12)その時々で受け取るガイダンスとメッセージに気を配ること。メッセージは夢や瞑想の中に現れます。日常生活での「夢見」の価値を見過ごさないで下さい。あなたの環境の中にあるもの全て、あなたの認識の中に入ってくるもの全ては象徴を携えています。それは、あなたの旅路にとって価値のある情報を含んでいます。 13)感情の引き金になるものに注意を払い、そこに込められたメッセージを活用すること。人々と状況は、あなたが抱えている未解決の感情の誘引として多くの方面で現れてきます。 14)どんな不完全さ(欠陥)に対しても、自分自身と他の人達を愛し、許すこと。私達は莫大な数の存在と魂の契約をしており、私達が自己認識の旅を進める中で手助けすることに彼らは同意しており、その逆もまた然りなのです。 15)あなたは賢くて力強い存在であり、あなたが出会う全てに対して祝福を贈る能力があるということを認めて、受け入れること。 16)あなたが最高の夢とビジョンに生きて、宇宙の中での愛に貢献する強い力として瞬間瞬間を生きているタイムラインを知覚し、始動させること。あなたの最高のタイムラインは、あなたが知覚できるもの全てが可能性の領域の中に息づく潜在力であるということを、あなたが受け入れて信じる時に実感されます。 
さらに多くのタイムライン・シフトを見たければ、 Timeline and Identity Shifts: the New Science of Reality Creation by DL Zeta をご覧下さい。 http://www.celestialvision.org/journal/  - Translation: C.I.