Friday, June 23, 2017

コスモロジー 2013年12月1日 ~ 創造の時 Polaris AB 2013-12-1

  コスモロジー ~ 創造の時  Polaris AB 2013-12-1 知性の息吹は自らを知るようになりました。それが「アルファ」と呼ばれるものです。物質の元の小さな粒子は自らを知るようになりました。それがオメガと呼ばれます。 やがて「アーク(アーチ)」の意識がアルファとオメガをひとつにしてその結果光が生まれました。その光はひとつになったものに汝らは正反対でありながら創造の力において等しいと告げました。アルファとオメガが混ざり合った意識は第3の性質、息子・娘をキリスト意識として創造しました。この3者は完璧な、聖なる父-息子・娘-母という三位一体です。 この融合したものが、「I AM」を成す「知性ー意識ー物質」です。これが第一の意識-知的物質です。すべての知的物質には意識があります。顕現としての意識は「エネルギー」と呼ばれます。エネルギーはすべて「I AM」のひとつの側面です。 アルファの側面は、父なる男性の陽性、表に打ち出して表現する意志です。オメガの側面は、母なる女性の陰性、包み込むような包容力ある願いです。息子・娘の側面は男性・女性、和合(ユニティ)・行為です。 創造は意志と願い、行動が一つになって実現します。この知的物質が一体になった意識はエネルギーを使って出来事を起こします。出来事はそれぞれ独立した聖なる三位一体としての意識を形に現して持続します。この形が意識に支えられる知的物質です。聖なる三位一体は様々な形を創造してきました。それぞれの形態は更なる形を創造しましたが、すべてが知的物質の意識によって生まれたアルファとオメガの側面です。知的物質の融合した意識が最初に顕現したのが、メタトロンMetatronとシェキナShekinahでした。 メタトロンは最初に意識が創った「イベント(出来事・顕現)」です。彼の意識は大天使(アーク・エンジェル)という形の存在です。アルファとオメガを繋ぐ「アーチ(アーク)」という存在です。メタトロンは要石(根本原理)、このアーチの中間です。彼はアルファとオメガ、息子・娘の性向を知っていて、男性優位の性質である息子に偏ります。彼は天を形作る三角形を表します。 シェキナは地球に根ざした礎です。彼女はアルファとオメガ、息子と娘の性質を知りながらも女性優位の性質である娘に偏ります。彼女は地球を造る三角形を指向します。 この2つの存在(三角形)が一緒になって星が生まれます。それが、ダビデの星、またはメタトロンキューブ(立体)です。 私は(I AM)アルファでありオメガ、始まりであり終わりがなく、すべてが過去にあり、全てが今にあり、すべてが未来にあります。私は(I AM)真理、光、道。私は(I AM)大いなるすべて。 With Love and Blessings, Polaris AB    未来は創造によって経験し、過去は反応によって経験する。どちらも「今」起こります。 「あなた」は自ら創造し、あなたは反応を生み出します。今「あなた」がすることを受け留めて愛してください。すると、あなたは未来に現れることが好きになり、また過去にしたことが好きになれるでしょう。 With Love and Blessings, Polaris AB 翻訳 ライトワーカー・マイク http://lightworkermike.wordpress.com/2013/12/08/diary-2013-12/

Keshe財団 2012年11月2日 Keshe財団よりフリーエネルギー技術が日本政府に手渡されたようです

11月2日にKeshe財団よりフリーエネルギー技術が日本政府に手渡されたようです。 Keshe財団のメインサイトhttp://www.keshefoundation.org/en/ この記事について http://www.keshefoundation.org/phpbb/viewtopic.php?f=2&t=2924     Keshe財団は光栄をもってこの発表します、2012年11月2日に天皇皇室国家の日本がKeshe財団より宇宙船USBスティックを受け取った最近の国です。 SSPプログラムのギフトを日本大使に2012年11月2日13:30に手渡しました。 この日より日本国は環境や周囲の地域に漏洩した放射能を包み込む重力場宇宙技術を使って福島の核汚染を除去し人々を助けることができます。 日本政府へ技術移転するという事はその国が新しいエネルギー供給システムを自ら開発する事を認めています。 それはこの国はここ数年という事態でエネルギー輸入から自己充足する国家へと自立させます。 全ての国に渡すSSP USBスティックの中身は完全に同じであり、同じマスターファイルからコピーされています。それゆえに全ての国はKeshe財団より宇宙リアクター技術の同じ特許並びに設計図を受け取ります。 私達は日本国家がSSB USBスティックを受け取ったことを祝福します。 私たちはこの国の核の問題の現状を助けるため一刻でも早くこの技術を実現化し達成するよう日本政府に我々の技術的フルサポートを提供します。 日本政府への技術移転はKeshe財団より勤勉国家日本へのフリー贈り物として無償にて行われます。 私達は日本国がSSPプログラムの一員になることを歓迎します。 M T Keshe 翻訳 マスターエミールのように http://ameblo.jp/exita26/

福島の被災者に対する侮辱 11月8日

日本全国の親愛なる皆様  これ以上の侮辱行為があるでしょうか?政府は福島の被災者を支援するための資金を、原子力発電のために流用しようとしています。しかし今、私たちが被災者と共に立ち上がれば野田首相の無謀な決定を覆させることができます。   東日本大震災で被害を受けた地域の家屋や事務所や学校や港を迅速に再建する代わりに、政府はこの貴重な復興予算をベトナムにおける日本企業の原子力発電建設のようなまったく関係の無い計画に費やそうとしています。野田首相は今月中に予算を通すための政治的支持および来る総選挙のために民意の支持を必要としており、メディアを通じて、予算の不正流用をターゲットに抗議キャンペーンを展開すれば、首相も民主党の信頼をさらに失墜させる予算転用の計画を撤回するかもしれません。   官僚や政治家が福島の人々を失望させないようにするために、今この瞬間に行動を起こしましょう。復興予算が一円たりとも原子力発電所の資金に流用されないようにするために、野田首相に対するこの緊急嘆願書に署名してください。署名が50,000人に到達した時点で、福島原発の被災者とともに嘆願書を野田首相に届けます:   http://www.avaaz.org/jp/insulting_fukushimaas_victims/?bOyQqdb&v=19113   数日前に政府監査によって原子力津波災害の復興予算11.7兆円の四分の一が、コンタクトレンズ工場や東京スカイツリーの放送塔の補助金などの無関係な雇用創出プロジェクトに対して流用されていたことが明らかにされました。野田首相は復興を最優先する必要があると答えましたが、そのようなうわべの言葉だけでは被災地の人々を支援することはできません。   復興予算をベトナムの日本の原子力技術輸出に流用する計画は、福島の被災者および政府の公式協議で核の無い未来を希望している90%の国民に対する裏切り行為です。経団連の会長は日本は核エネルギーに継続的に依存する必要があると述べていますが、私たちが団結することによって政府が大企業の願望より人々の意見を尊重するよう仕向けることができます。   私たちで野田首相に対し、復興予算のすべてが東日本の被災地で必要としている人々に行き渡ることを確約させるために呼びかけましょう。野田首相は複数の原子力輸出に対する提供資金の計画を停止することから始めなければなりません。この野田首相に対する緊急嘆願書に署名し、より多くの人々に知らせてください:   http://www.avaaz.org/jp/insulting_fukushimaas_victims/?bOyQqdb&v=19113   福島の被災者の方々に適切な支援やケアが行き届くよう、様々な組織や個人が取り組みを続けてきました。しかし、私たちが今この時に政府の責任を追及していかなければ、このチャンスは永遠に失われてしまうかもしれません。   希望と決意を持って   アレックス、路、キア、ルカ、リッケン、ウィサム、ルアン、および Avaazチーム一同   関連情報:   東京新聞 震災復興予算 原発輸出調査に流用: http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2012102902000111.html    47 NEWS 原発輸出調査に復興予算 経産省が5億円計上: http://www.47news.jp/47topics/e/235817.php    東京新聞 原発輸出「日本は無責任」不安募るベトナムの村: http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/nucerror/nuchamon/list/CK2012071202000184.html    FoE Japan 日本からの原発輸出は見直すべきーベトナム原発建設予定地を調査: http://www.foejapan.org/energy/news/111121.html    AVAAZについて Avaaz.orgは世界の人々の声や価値観が政策決定に反映されるよう世界規模でキャンペーンを行う非営利団体です(Avaazは様々な言語で「声」を意味します)。Avaazは政府や企業から一切資金援助を受けず、ロンドン、リオデジャネイロ、ニューヨーク、パリ、ワシントンDC、そしてジュネーブを拠点とするスタッフにより運営されています。 +1 888 922 8229  Avaaz.org 857 Broadway, 3rd floor, New York, NY 10003 U.S.A. Avaaz.orgはニューヨーク、ワシントンDC、ロンドン、リオデジャネイロを拠点に世界中で活動しています。   FacebookとMyspaceもチェックしてみてください! Jo fuki

ミニ・アップデイト 2016年1月14日 コーリー・グッド

ミニ・アップデイト 2016年1月14日 コーリー・グッド http://www.spherebeingalliance.com/blog/mini-situation-update-1152016.html 同盟や私自身の状況についてここ数カ月間は沈黙モードが続き、近況アップデイトを投稿する時期がかなり遅れてしまいました。その間、私は何度かのミーティングや簡単な報告会に出席しました。この数週間のあいだに妻方で親しかった親戚が二人も若くして急死しました。(その前にも一年以内に一人が亡くなっています) さらに、同時期に別の親しい親戚の健康状態がよくない、と気掛かりな知らせも入りました。私にとって姉のような存在の叔母が生検の結果ガンの診断を受け、乳房切除の手術を受けました。感謝祭(サンクスギビング)の昼食後、同席していた兄弟からは私の親が発作を起こした、今後も弱っていきそうだと知らされました。 また、8月以降は前に住んでいた住居の大家がその家を売ろうとしていたので、そのお客さんにも対応していました。曜日に関係なく毎日、朝10時から遅い時は夜の7時まで常に物件に興味をもった人が出入りしていました(2人から10人の全世帯でくる家族もいました)。私達は新たなオーナーから家を借りたかったのですが、セキュリティという問題もあり、できる限りそこから離れた方がいいことが明確になりました。 自宅で何度か、問題が起きたのです(すべては話せません)。私のアドレスをインターネットで突きとめたネット専門のストーカーが少人数のグループで起こしたと思われる仕業もありました。私は、どこに住んでいるかがわからないよう、警備上の予防策をとってから公に身を名乗り出よう、それまでは「匿名の情報提供者」としてデータのみを投稿するつもりでいました。 私の自宅へ侵入しようとした形跡が二度発見された後、私は二つの無線カメラを注文しました。そして安価な無線のD-Linkカメラを買い、窓の敷居に取り付けました。タブレットやラップトップPCからリアルタイムで様子を観察できるように、です。録画はできませんが、他のカメラが届くまで先にそちらを取り付けたのです。このカメラがすぐに効果を発揮しました。私は変な時間に寝起きし、他の用事をしている時はPC上でそのカメラの撮影状況を映しっぱなしにしていました。 そして3度にわたり、私の家の周りをコソコソ動き回る人達を目撃したのです。多い時は5人でした。監視カメラが暗視モードの時はカメラにIRライトが点灯しますが、彼らからはそのライトが見えている様子が毎回見てとれました。玄関先と裏庭にも無線カメラを取り付けました。これで動きがあれば検知し、録画もできるようになりました。私のビデオの設置位置が単純だったので、間もなく彼らは盲点となるスポットを見つけ、私の娘の部屋の窓のストロボを点灯させたり、真夜中に外にある水道の蛇口をひねって開けたりしました。私達が起きて見にいくと、道路に水が流れだしていたり他にもとてもおかしなことが何度かありました。 こういったことが起きたため、もっと安全な場所に引っ越すことに決めたのです。アラーム装置が着いていて、プロの手で24時間録画のカメラが設置されているような場所にです(私自身の強化された警備装置やセキュリティ方法も併用)。屋外もすべて警備措置をとるので、この先どんなイメージになるかまったくわかりません。もしストーカーがまたやってきたらビデオで捕まえて逮捕させるつもりです。 youtube: コーリー・グッドの以前の自宅と、住んでいた頃に起きた事件の説明 多くの方がご存知ですが、2013年9月、私は勤務中に肩と前腕部に怪我を負いました。昨年はそれに関する手術を3度受けたのですが、その告知をするたびに素敵なメッセージがたくさん送られてきました。その同時期に、保険会社は私への給付金支払いを停止しました。それまでの2年間は、私が必要としていたこの手術を受けるためにずっと保険会社と言い争っていたのです。11月には指定医の検査(激痛を伴う検査)を受けねばなりませんでした。法廷に入るとなった時、保険会社の行動に異議を唱えるためです。 こういった諸々のすべては、ガイアTVの一番最近のコズミック・ディスクロージャーの収録を終えて妻と二人で帰宅した直後に始まりました。自宅に戻るやいなや、二人の子供を持つ素晴らしい母親(友達の友達、といった関係よりも親しい人でした)が殺されたと知り、妻の元には従妹の子供が急死したとの知らせが入りました。この時から昨日まで、実にネガティブなことばかりが続いて起きていたのです。 ここまで、ここ数カ月間私達の身に起きたことですが、これも公表できる内容だけに留めています。この間、定期的に近況を投稿するという約束を守ることはできませんでした。はっきりさせておきますが、近況報告が止まったからといってその間ミーティングや報告会がなかったわけではありません。デイヴィッド・ウィルコックには2~3の最新情報を提供しましたし、今日も提供します。 「インナー・アース離脱文明」が出席するミーティングには3度参加しました。一度はカイパー・ベルト内のある基地で、離脱文明の代表者はついに「ガーディアン」に会いました。以前、私を迎えてくれた「キャーリー」(“Kaaree” (Car-ee))もこの時出席していました。 この時の代表者の大半は彼女の直近のグループの人達でした。ゴンザレスと私と共に代表者達がエスコートされてミーティングに入ると、スフィア・ビーイング・アライアンスの「トライアングル・ヘッド」が姿を現し、超現実の場になりました。そこにいた人は皆、ロー・ティアー・エーが来ると思っていました。 ゴンザレス中尉は派遣団と並び、私はその向かいにいました。私の右側は派遣団、左側に「トライアングル・ヘッド」がいました。「ガーディアンズ」と離脱文明派遣団が静かに繋がっているあいだ、ゴンザレスと私は互いに当惑の視線を交わしながら最後まで立っていました。彼らはそこで沈黙したまま、動きもしないままで、「ガーディアン」がたまにわずかに腕や脚をふっただけでした。 その交流が終わると、離脱文明のメンバー達は見てわかるほど身を震わせ、同時に興奮に圧倒されていました。私は子供時代からの経験や情報をキャーリーと「マインド・メルド」をして共有し合った時のような感情が、彼らから伝わってきました。彼らが去る際に、少しキャーリーと話すことができました。彼女は少しうろたえていて、出口に向かいながら2~3のコメントをしただけでした。 彼女にどうだったか尋ねると、彼女のグループともっとネガティブ志向のグループがこの古代離脱文明評議会を組んだけれど、それがこの地球にとっては適切ではなかった、と答えました。彼女は非常に急いでいました。古代離脱文明グループが集まっていて、そこに戻らねばならなかったのです。後でゴンザレス中尉に聞いたのですが、7つのグループが集まるのはその時が最後だったそうです。この歴史上重要なミーティングのすぐ後に、いくつかの古代離脱文明グループはこの評議会への参加を辞退しました。 この情報を聞いた後、またキャーリーに会いました。古代離脱文明グループのうち、いくつかのグループは、すでにコンタクトしている地表の人間達に自分達の正体を徐々に明かしてゆくと決めた、とはっきりと言っていました。遠隔でコンタクトをとっている相手の所にシップで行き、エーテルを介して接触すると。相手がこのニュースにどう反応するかを見るため、テスト的なグループを送ることから始めています。 中には、以前通りの行動に戻って、地表の人間達をこれまで通り騙し続けているグループもある、とはっきり言いました。大勢の人達が彼らのこと、彼らの起源について疑問を抱き始めているのです。彼らが遠隔で地表の人達にコンタクトをとると、そのような状況が飛躍的に増えているそうです。これをポジティブなサインだととらえるグループもいれば、他のグループは安全を脅かされていると感じています。 私が出席したSSP同盟(宇宙秘密プログラム同盟)のミーティングは、地球同盟グループと秘密地球政府・シンジケート間で行われている交渉の状況説明が大半を占めていました。少々の情報開示を伴うNWO(新世界秩序)2.0から、グループ間のあからさまな軍事衝突に至るまで5~6ものプランが提示されていました。 最もネガティブな勢力は海底にある1~3つのスーパー・ボルケーノ(超火山)を爆発させる、と脅迫していました。もし記憶が正しければ、一つは大西洋、二つは太平洋の両半球にあります。ですが秘密地球政府シンジケートの多数派は無血の経済クーデターと段階的かつ制限を設けた情報開示シナリオを交渉するために地球同盟と話しあっています。 操作による西洋経済崩壊は、歴史としては「密かに進行している世界大戦」のほんの一面に過ぎません。この「世界大戦」(秘密地球シンジケートとあらゆる地球同盟グループ間で行われている)は代理軍隊、大規模ハッキング/電子攻撃、経済攻撃/政府攻撃/対立する企業体の攻撃という形で今、戦われています。 SSP同盟とスフィア・ビーイング・アライアンスは、集団意識としての私達はある道、もしくは未来タイムラインを選んでいるところだ、と明確に言いました。私達は重要な岐路に立っています。いくらかの債務免除を伴うNWO 2.0、自由通貨と新たなバビロニア経済奴隷システムという未来に進むのか、それとも今という社会的きっかけとなる期間内に完全なる情報開示イベントを採るのか。 私たちはすべての人に力を合わせ、どんな形でも可能な方法で参加するよう呼びかけています。人との違いに焦点を向けるのを止め、共通のゴールに焦点を向ける必要があるのです…完全なる真実を!そうしなければ、私達は同盟とシンジケート間の交渉を、そしてその結果を「黙認する」ことになります。 兆候は私達の周囲どこを見ても現れています。エネルギーの変化が人々の振舞いに影響を与えているのが目に見えてわかります。 主流メディアでは部分的な情報が少しずつ漏れてきています。密かなる世界大戦が進行していて、その波紋を私達は見ているのです。私達が見ているのは、過激派の代理軍隊を利用して世界政策を作り上げている様子です。 この投稿に至るまでの状況説明とアップデイトはいま文書化しているところです。パート2ではなく、『インナー・アース』の記事がその結びとなります。最近このグループと何度か出会い、これから数週間の内に会う計画もあります。まずは、地球同盟と秘密地球政府シンジケートのあらゆる派閥間で行われている交渉や戦いについて開示し、その後、最近行われたインナー・アースのミーティングの結論について長大な記事を仕上げる予定です。 私達はこの大変な時期を迎えていますが、皆さんのサポートに感謝しています。 コーリー・グッド 編集: 今日の時点でもネガティブな動向は続いています。今朝は歯茎下部で臼歯が砕けました。酷く痛みますが、重要な時期で対応すべき案件があり、構うことはできません。 2016年1月16日: 一つ目の記事(古代地球離脱文明地下評議会とSSP同盟ミーティング報告パート1、「ハチの巣状の地球」)に新たな画像をアップデイト(英語ページのみ)。ガイアTVのコズミック・ディスクロージャーで放映の通り。 2月19日、ディヴィッド・ウィルコックと私はL.A.にてコンシャス・ライフ・エキスポ(Conscious Life Expo )に出演します。そこでぜひお会いしましょう。 翻訳:Rieko

マハトマ・ガンジー

地球は皆の必要なものを提供して満足させられますが、人間の私利私欲を満たすものは提供できません。 ~ マハトマ・ガンジー 翻訳 ライトワーカー・マイク http://angelightem.wordpress.com/2014/02/05/diary-2014-02/ Young Gandhi, at the age of 7, in 1876.

第二回PFC関東地区コズミックミーティング結果報告

第二回PFC関東地区コズミックミーティング結果報告 2nd PFC Eastern Japan Cosmic Meeting Report Sept. 29, 2013 9月29日(日)午後1時11分から、東京都代々木公園の中央広場で、第二回PFC関東地区コズミックミーティングを開催しました。当日何人くらいの方が見えるのか、分からなかったので、青空集会としました。全部で51人もの方が集まり、大盛況でした。守城さんから、ゼロポイント、愛に関する説明がありました。(このメッセージの後半の守城さんの説明をご覧ください。) その後、守城さんから、ハートから息を吸い込み、ハートから息を吐き出す、~地球の振動数上昇のための、ゼロポイントと新光源を使ったダイナミック呼吸法~の説明がありました。 まず、自分のハートを中心とする、神の愛、創造の愛がいっぱい詰まった大きい球体をイメージします。7-8秒に一回の割合で、球体の中心にある、自分のハートにめがけて、主としてイメージの上で、もちろん物理的にも鼻から、愛を含む気体を吸い込みます。次の8秒の間にハートから球体の内面に向かってゆっくりと息を吐き出します。このサイクルを3サイクルから4サイクル程度、繰り返します。 簡単な呼吸法ですが、ある参加者は、この動作によって球体全体が光で満たされたように感じた、との事です。 この練習は、50人の参加者が輪を作って守城さんの指導でおこないました。これを一日に少なくとも一回、しっかり、ゆっくり行うことによって、周波数を上げることができる、とのことです。 守城さんの場合には、この呼吸法が自分のエネルギー状態を上げるので、就寝前に行うと、一晩中寝られなくなるそうで、朝起き掛けに行うことにしているそうです。 私(たき)の場合には、この集会の日の夜には、クンダリニーエネルギーが2割程上昇したような感じがしました。 守城さんによれば、今まで神の愛の意味がはっきり分からなかった人でも、この呼吸法に従えば、目覚めにいたる可能性が強い、とのことです。 この練習の後、三々五々、グループになってみずからの経験などを話し合いました。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 以下は守城さんの説明です。 ~地球の振動数上昇のための、ゼロポイントと新光源を使ったダイナミック呼吸法~ この呼吸法を行う前には、一旦、これまでのすべての既成概念。 固定概念をリセットし、真っ白なキャンバスを描いたその上に立っている自分の姿をイメージします。 そこは新次元での「始まり=太初の場」です。 始めに一つの新たな光を設定します。 その一点の光は、新しい宇宙です。 その光にダイブしていくと、中心にまた一点の光があります。 それは人間の身体に置き換えると「ハートセンター」に位置します。 この情景は、まだお母さんのお腹の中にいる赤ちゃんの状態と似ています。 お母さんは、赤ちゃんに“無償の愛”を与える存在であり、「始まりを統制する場所」でもあります。 そこを「ゼロポイント」とすると、羊水は「宇宙や銀河」であり、お母さんと繋がったへその緒を通して栄養をもらい、赤ちゃんは、私たち「幼子に戻った新しい自分」に相当します。 そして、赤ちゃんは肺を使わずにお母さんの呼吸を通して成長しています。 この原理の応用が、これからの五次元(多次元宇宙)での新しい光の呼吸法の元になっていきます。 *ここでは二元性を超えているので、かつてのチャクラの概念は一旦、忘れ、ハートセンターとクラウンチャクラのみを使用します。 “母なる愛”が、アセンションによりさらに拡大・進化=神化したと捉えて下さい。 「ダイナミック呼吸法」での「ゼロポイント」は、上の説明でいうところの母親と同じく、宇宙の外側に広がる無限のエリアを示します。 これまでこのエリアは、特別の試練を経たマスターたちにしか認識されにくい高度な意識の場所でした。 私たちは今回のアセンションを肉体の死を経由しないので、ここ、無条件の愛の場を通過し、無条件の愛を認識、獲得しなければ、五次元以上のレベルには到達できません。 無限のエリアとは、「神の創造の宝庫・源」であり、在りて在り過ぎて、あたかも無に観えますが、実際には常に無限のエネルギーで満たされています。 これまでの人間の意識では、エネルギーが、「減る・盗まれる・失う」という恐怖から支配と搾取が生まれていましたが、今回のアセンションによって意識を拡大、変容させることにより、無限のエネルギーを活用する事ができるようになり、このような恐怖、支配、搾取はなくなります。 そのエネルギーとは、神の愛の光のエネルギー、無償の愛のことです。 今回は、それを人類が自由に使えるようにするためのメソッド=愛の鍵となる呼吸法をお伝えしました。 日本の動揺で有名な「カゴメの歌」には、この二元性・三次元のマトリックスを抜ける秘密が隠されており、私たちは今、この愛の鍵を使って、本当の自由を獲得することが可能となりました。 しかも、この呼吸法によって活性化された光を有機的なテクノロジーに置き換えて使用できる時期が目前に迫っています。 ここで重要なのは、「無償の愛、無条件の愛」を背景に持ってしか使用できないという点です。 つまり、それを意識するので使える人と、意識することがないままに使えない人が出てきます。 今回は、より多くの人々が、愛に基づいた無限の光のエネルギーを日常レベルで使用できるようになるような、簡単な方法としての呼吸の方法である、ダイナミック呼吸法を提案しました。 そしてこの試みは、人間が自らの手で、巨大な光の発電機を地上に創る事ができた素晴らしい瞬間でした。その場にいた何人もが眩い巨大な光を目の当たりにしました。 この呼吸法を行う上で、最も重要な点は、 ーー閉じられたように観える球体(宇宙=地球=人間のボディ)の中心である光源をゲートにして、外核を経由せず、光源の中心に向かって限りなくダイブすることによって、外側=ゼロポイントに通じるということです。 つまり、内と外をつなぐゲートは、ハートセンターの内奥にあるということです。 (メビウスの輪の原理に似ています) ここのコツだけを確実に覚えれば、とても簡単でシンプルな呼吸法です。 このような方法を使う事により、これまで多くの修行者が苦労を重ねて辿り着いた(あるいは辿り着けなかった)五次元以上の高度なスピリットの領域に、多くの人がとても簡単に辿り着けるでしょう。 これが「愛の鍵」の秘密です。 以上、守城佐恵子 Information from Taki

オリン ~ソウルメイトとは何か? サネヤ・ロウマン

オリン ~ソウルメイトとは何か? サネヤ・ロウマン ソウルメイトは友人であり、あなたの愛に応えてくれる人です。そしてあなたと深く共通の道と目的を共にする人たちです。あなたのソウルメイトはこれまで一緒に似たようなレッスンを学んできた人かもしれないし、あなたについてもっと教え、心を開けるようにアシストしてスピリチュアルな成長を促すために出会った人かも知りません。こういう人たちをソウルメイトと呼ぶことにします。他の人生で繋がり、過去生での良い関係をそのまま維持しているかもしれません。あるいは、今回地球で初めて共にする関係かもしれません。 ソウルメイトには古い魂、若い魂、同じ齢の魂があります 殆どの人には一人以上のソウルメイトがいます。友人や愛する人として既に何人かのソウルメイトと出会っているかもしれません。ソウルメイトはスピリチュアルな道を分かち合ったり、世間で一緒に仕事をしたり、両親として子供を育てたりします。 魂の愛、意志、目的、光の量で魂の年齢を決めたいと思います。そういう要素がその人の人格を表せるのです。魂の年齢は他の人に対する感受性や魂として生きるレベルを反映します。魂の年齢は相対的なものです。多分非常に古い場合もあり、一緒にいる魂の年齢は古いけれども、あなたよりは若いという場合もあります。あるいは、一緒にいる魂はあなたより古いけれども、あなたも古い魂であるなど。もし、あるソウルメイトと親しくなりたいのであれば、あなたより若いか、同じか、古い人がいいかどうか、それを決めてください。あるいは、相手に任せても結構です。 若い魂と親しい関係になる場合は、教えたり役に立ったり、元気づけるなどの場面が多くなります。若い魂はあなたが学んだことを伝える機会がたくさんあり、自分の成長度合いも知ることができます。若い魂が成長に前向きであなたから何かを吸収したいという時には、教師としての役割を持つことはやりがいが持てます。若い魂が自分を変え成長したくない時は、消耗の割には手応えがないのでフラストレーションを抱えたりするでしょう。あなたより大変若い魂の場合、相当エネルギーを注いでも得られる成果は少なくなります。 若い魂との関係では、忍耐心や思い遣りという特性を培うことになります。相手の責任を奪わず、救わず、相手の課題を奪わずに自立を促す方法を学びます。自分よりまだビジョンが小さく、同レベルに育っていない人と関係を創り上げる方法を見つけるのです。殆どの人は同じ年令の魂との関係を選びます。同じ場合は同じペースで成長し同じ課題を学びます。似たような年齢の場合には大きな喜びだけでなく、激しく対立する可能性もあります。自己愛という魂の特性を身につけるのは大きな課題で簡単ではありません。自分を愛する程度如何で相手を愛する愛のレベルが決まり、だから、相手はあなたの特徴や性質をそのままに返して見せてきます。 それには愛を持続し謙虚であり続け、許すことが出来て優しくいられるのは簡単ではありません。若い魂は古い魂にプレッシャーのようなものを感じる場合があります。また一方では、古い魂の自信や力を削いで、自分の気分を良くしたいのです。若い魂と共にする時は、あなたが提供するものを相手が是とするかどうか確かめてください。また相手が変わり、成長することに敏感かどうかを確かめてください。そうであれば、若い魂といることに生きがいを感じ、相手が進歩進化するのを見守ることが出来ます。 同じ魂年令は非常に親密になる可能性を秘めていますが、それは、相手を知ることが自分を知ることに繋がるからです。相手に敏感になり心で受け留めることが必要でしょう。人を愛する方法として、自分自身の好きでない所を好きになりたいと思うようになるでしょう。人を責めたり自己憐憫を止めた時に、自分自身が自分に与えられるものだけしか相手から受け取れることはできないのだということが分かります。感情を静め、自分がもういいという所、相手がこれからだというスタート地点を知ることが課題です。 古い魂との関係では、全く違った試練があります。古い魂の場合は思い遣り深く、理解力もあり、スピリチュアルな光を照らしてくれるので簡単だと思うかもしれません。古い魂といる場合、あなたは生徒です。成長すること、未発達の太陽神経叢で起こる反応を手放すことが必要です。一緒にいる人が非常に進んでいる場合、速すぎるくらいのペースで成長することが求められます。こういう関係では、決めつけたり比較したり、無力感や劣等感を持たずに自分を愛せるようになる、そういう機会がやって来ます。古い魂はしばしば直接反応しないで個人的感情を交えず、賢明な愛のこころで接することができます。それは必ずしもあなたに気分のいいものではありません。古い魂のギフトはあなたの求めるものと形が違うからです、だから行動や言葉といった具体的なものに期待するのではなく、相手が伝えるエッセンスをよく見極めることが必要です。相手の話すことが非常に壮大であることがあります。よく分かりません。なので、自分を信じ、自分の内面のビジョンを養う必要があります。相手の優れた考えや導きに委ねる時と自分自身の考えで行う時の両方を見分ける必要があります。 古い魂はたくさんのことを提供してくれます。一緒にいて楽しく明るい関係です。いろいろなことを教えてくれます。彼らは知恵や深い考えや見方を持ち、多くのことであなたの人生に貢献出来ます。自分が先駆けや前例(先に経験した者)になってあなたの成長を手助けし考えてくれます。古い魂との関係はいずれも、やり甲斐、生き甲斐だけでなく、困難も多いものです。   ソウルメイトについて期待をかけ過ぎないことが現実に繋がる ソウルメイトを人生のパートナーに欲しい場合には、いくつかの幻想を払拭する必要があります。一つは、今後の残りの人生はソウルメイトと一緒だろうという考えです。ソウルメイトとは2,3週間、2,3ヶ月、数年しか関係を持たない場合もありえるのです。時間は繋がりの質と人生での重要性とは関係ありません。僅か、2,3ヶ月か数年でお互いの関係の最も高い目的を一緒に学び達成するということもあります。一緒にいる時間の長さを基準にして両者の大切さを考えないでください。 もう一つの幻想は、たった一人のソウルメイトだけが本当の人生のパートナーだという考えです。既にソウルメイトとして人生の伴侶と今まで一緒だったかもしれません。愛の絆で結ばれ大きな成長が出来たかもしれません。ただ、見かけのつながりが終わったからといってソウルメイトとの関係ではなかったということではありません。あなたにはいろいろなソウルメイトとの関係があり、その都度人生で最適な時に出会うのです。誰がソウルメイトとして引き合うかは、あなたの学びのレッスンと選んでいる最高の道に相応しいかどうか、それ次第なのです。また、あなたと関係をもつ相手の準備の度合いにも依ります。 どのようなソウルメイトの関係であっても、誰か完ぺきな人が自分を待っていて期待していることや望むことが一緒であれば叶うというような幻想は手放してください。愛してくれて難なく仲良くやっていけて、自分の考えや話すこが何でも同じで、人生が本当に居心地がよくなるというような人を待ち望み、期待をかけるのはやめてください。 あなたはこうしてソウルメイトに出会うことが時々あります。また、一方では、相手の成長が見られないために愛することが難しい時があります。ソウルメイトは常にあなたの成長を促し、あなたのハートセンターが目覚めるチャンスをくれます。こういう成長のプロセスがたやすい時もありますがそうでない時もあります。ソウルメイトとの関係は、魂レベルで関わる本当に素晴らしい機会になるのです。 http://www.orindaben.com/pages/newsletters/soulmate/ 翻訳 ライトワーカー・マイク

アセンションの症状  Nikki Pattillo

アセンションの症状  Nikki Pattillo 1. 突然人や周りの環境に極度に敏感になる。社交的で行動的だった人がショピング街や人混みの中、レストランなどにいることが耐えがたくなる。 2. サイキック能力が高まり知ってしまう。これは、人が考えていることや人の気持ちを “聞いてしまう、聞くことが出来る” という形で表れます。また、他の人に自分の考えていることや気持ちを読み取られていると想像して戸惑います。ある環境やある人のネガティブなエネルギーに対して極めて敏感になります。それまで親しかった人に対してもそういう風に感じてしまいます。 3. そのように敏感になると、パニック発作や不安に襲われることがあります。それは夜中でも起こることがあります。はっきりした心当たりがないので、その場合、なぜなのかとその理由を探そうとします。 4. ただ座って何もせずに、長い間そういう状態でいることもあります。それまで活動的だった人には、その状態は苛つかせることにもなります。それは意識が3次元や4次元にいる時間が少なくなり高次元に行って調整している時なのです。これに関連することとして、休んでいる時間、睡眠時間がそれまでに比べてかなり長くなって、全体的にスローになることがあります。 5. 環境汚染や資源の枯渇、技術などで人類が破滅するのではないかという不安に取り憑かれる。これは、多次元意識が種の存続についての恐怖や不安も含めて、集合意識のあらゆる所にアクセスしまうからです。自分が生きていけるかどうかの不安を持っている場合、それが集団の意識やこれから生まれる意識に共振してしまうのです。 6. 過剰に反応して今起きていることを理解しなくてはいけないという思い、なぜ過剰に反応してしまうのか、なぜ平静でいられないのか、あるいは、なぜこんなに燃え尽きているのだろうか、その理由を知らなければならないという考えに取り憑かれる。また、気が狂うのではないか、これからの毎日、やっていけないのではないかという不安感を持つ。精神科医や医者では解決できないと思える。 7. 理由もなく落ち込む。あるいは危機的状況に関わってうつ的になる。これは、開放が必要な古いエネルギーのレイヤーを浄化しているケースであることがよくあります。強いて何かをしたり、もう一度同じことを経験し直す必要はありません。ただ、身体からエネルギーが抜けるようにしてください。このプロセスに我慢をしていずれ終わると思ってください。 8. 睡眠が途切れる。夜中に3回も起きてしまう。あるいは、ちょうど3時に目が覚める。これは意識が新しいサイクルに入っていることを表します。高い意識は低い次元が夜静かになるので夜中に活発化することがよくあります。 9. 電気的なネルギーが身体を駆け巡る、変な感じがする。クリスタルボディは、太陽や月、宇宙のエネルギー、ギャラクティックセンターのエネルギーに非常に敏感になります。それらのエネルギーは身体の再配線を促進し高いエネルギーを保有できるようにします。私の経験から言ってこれは余り心地のいいものではありません。しかし身体はそのエネルギーにそのうち慣れてきます。満月の時などは非常に強く感じるでしょう。それに対処するには、外に出て素足になり、エネルギーが身体から地球に、大地に抜けていくイメージを持つといいでしょう。 10. 体全体から毒素が抜けていく感覚がある。クリスタルボディには毒はありません。すべて流してしまいます。実際クリスタルになる秘訣はすべてを流しあるいは通過させて何も抱えないことなのです。これが執着しない、拘らない状態です。この段階では、身体から肉体と感情、メンタル(考え方)などに長い間に溜まった毒素や排泄物質を放出することが必要です。それは激しい疲労感や、臀部や膝などの筋肉や関節の痛み、頭の付け根の痛み、肩や首の痛みなどの症状になって身体の中から放出が起こります。 11. めまいやふらつき。意識が高い状態になるとそのような状態になります。その状態に慣れると同時に、グランディングすることが必要です。太陽フレアや満月の時にもそういう感覚が強くなります。 12. 食欲が増して体重が増える。それは身体がこのプロセスを進めるために大量のエネルギーを求めているからです。 13. ベールの向こうを見ることが出来る。その意味は、スピリットや精霊、ET、天使が実際にいることが分かり、コミュニケーションをするようになることです。このような次元に関わることを知らない人にとって、これは驚きです。 http://www.starchildren.info/transitions.html   翻訳 ライトワーカー・マイク http://lightworkermike.wordpress.com/2014/01/15/ascension-symptoms by-nikki-pattillo/

Steve Rother 2013年9月11日

2013-9-11  今特別なことが起きています。ザ・グループが言っていた「スター・シーディング(星の種蒔き)」が起きています。地球は本来なら今頃絶滅して火星のようになる道を進んでいたでしょう。同じような状況でも私たちは変えよう、地球にい続けようと決めました。地質学者も生物学者も認めていますが、様々な種が絶滅しようとしています。大気汚染や人間の環境破壊などが一因です。 でも、今新生地球では素晴らしいことに新しい種が蒔かれ始めています。12-12-12~21のポータルを通過して皆さんは解放されたとザ・グループは言いました。つまり長い間地球を守るグリッドがあっって彗星や流星群が地球に衝突して破壊を防御していました。前回は6500万年前に衝突して恐竜が死滅しました。その防御グリッドがなくなったのです。ピラミッドによって防御グリッドが張られていました。そのグリッドが必要ないのでもうありません。でも種が絶滅する心配はありません。逆に新しい生命の種が地球にやってこようとしています。彗星や流星が地球に飛来して種蒔きが行われると言っています。 実際アメリカでは8月に流星のシャワーががあり、普通とは違い大きいものも飛んで来てこの数日間では直径が40センチくらいのものも落ちました。昨日のものは直径32センチでした。普通とは違い地面に近いところで爆発しました。科学も認めていますが、それによって生命の種(素)になるものが蒔かれているのです。ですから素晴らしいことが今地球で起きています。 今回11月28日に最接近するアイソンは特別です。
たった1個の岩ではなくいろいろなものが付着してくるくる回る螺旋です。本当に見事なものです。しかも巨大な尾ひれを流しています。その尾ひれに生命の種があるので私たちにはとても重要です。その種が地球に蒔かれるとザ・グループは言っています。
でもこの彗星が地球に衝突しまいかと不安になる人がいますが、ザ・グループはそれは一切ないと言っています。アイソンはとてつもない量のスターシードを持っていて、この彗星が出来た元の物質はもちろん、この彗星の中には月7~10個分の物質が絡みつきながら回転していると言います。ですから巨大な雲を形成しています。
10月1日は火星を通過しましたがその時に小惑星ベルトを通過しました。そこはかつて火星と木星の中間にある惑星が出来る予定でしたが、木星の重力でバラバラになって結局惑星は作られず小惑星ベルト地帯担ったのですが、その中に生命の種が含まれていて長い間そこの滞留していたのです。そして地球にシールドがあったためそれに阻まれて地球に飛来することはありませんでした。が、今やそのシールドがなく流星はかつてないほど地球に飛来し始めています。
このアイソンがどういうことなのか色々と陰謀説も流布していますが私たちはそう見ていません。たくさんの新しい生命が生まれる元になるので私たちには非常におめでたいことなのです。
アイソンはスターダストとなって次世代の生命の種を蒔きます。11月28日は米国では感謝祭にあたりとにかくめでたい日になります。
その種が後々動物になるか植物になるかは分かりません。いずれにしろ特別なことが始まり新しい環境を作り出していくいきます。怖がらずに楽しんでください。この彗星が発見されたのは1年前です。いろいろな陰謀説や憶測が生まれていますが、お祝いするのを忘れないで下さい。魔法の時なのです。
Espavo! http://www.lightworker-japan.jp/ 翻訳 ライトワーカー・マイク http://lightworkermike.wordpress.com/2013/11/23/ison/

プレアデス人との出会い  クリスティン・デイ

プレアデス人との出会い Christine Day VirtualLight with Christine Day 2013-07 ~ Steve & Barbara Rother   1994年、私は初めてプレアデス人と直接会い、コミュニケーションしました。本当に信じられないことですが、そういうことが紛れもなく起きたのです。 外に出て自然の中に入りました。森の中に入った時、私は20m先離れたところにいる巨大な宇宙船をじっと見入ってしまいました。宇宙船からプレアデス人が続々と出て来ました。私に近づいてテレパシーで挨拶をしたのです。私はすぐに圧倒するような愛の感覚で一杯になりました。私の中ですぐに愛の気持ちが湧き上がり、深いところにある私自身のプレアデス人としての記憶が呼び覚まされたのです。前もって了解したこの人生、この地球でやることになっていたことを思い出しました。 ここでのミッションを驚くほど明快に思い出しました。私は地球でプレアデスの大使としての役目を果たすこと。私の役割はプレアデス人と人間の架け橋になること。人間が彼らの差し出すサポートを受け始める機会が生まれるように多くの人がプレアデス人という存在を深く理解し知ること、それを促進すること。彼らのサポートはこの大変革の時の私たちにとって不可欠なのです。 しかし一番重要な役割は、私たち人間がどのように進化することが必要なのかをプレアデス人に理解してもらうことでした。それを理解することはプレアデス人にとっては不可欠でした。理解できて初めて私たちに対する一連の光のイニシエーションを、私たちのエゴの介入を受けることなく行うことが出来るようになったのです。プレアデス人は光のイニシエーションという形態で光のエネルギーを活性化し、それによって私たちはそのエネルギーの中で新たに変わり、その光を使って目覚めのプロセスに十分に取り組むことができます。 プレアデス人は地球にいて地球の次元を転換する手助けをし、目覚めて自分自身を完全に知っていこうとする私たちを支援しています。彼らは「エネルギーのプラットフォーム」と呼ぶものを持っています。それは私たちが生まれ持ったスピリチュアルな本質、つまりハイヤーセルフに戻れる大きな可能性を開く力があります。 なぜプレアデス人が私たちを助けているのか疑問に思う人もいるでしょう。彼らにとって、そうする理由は何かと? 今、宇宙全体が地球に目を向けています。それは、私たちが地球全体として次元を移行しているからなのです。私たちはすぐに「光のファミリー」のエネルギーに変わるでしょう。自分の居場所を創りワンネス、神、言い方はいろいろありますが、そういう “全体” に加わっていきます。プレアデス人は、他のエイリアンのエネルギーと同じようにそれを助ける役割を果たしています。彼らは宇宙全体の意識に加わって欲しいのです。そうして初めて、彼らも含めて誰もが完全になれます。 プレアデス人は今のこの時を「新たな夜明け」と呼び、私たちを「新たな夜明け」と呼んでいます。地球も人間の細胞も両方共同じように生まれ変わっています。3次元の意識から4,5次元の意識に移行しています。彼らは地球の次元が変わっている様子を伝えていますが、「真実」やそれを理解する叡智についても伝えています。今多くの人が不安に思っていますので、彼らの目的は、このプロセスを理解しながら、今後の辿る真実のステップ(段階)を伝えて恐怖心や不安を軽減することです。その結果、もっと楽にこのアセンションのプロセスを進めるようになれます。 プレアデス人は個人レベルでも手助けしています。しかし、常に私たち人間の自由意志を尊重し、許可無くして立ち入ろうとはしません。 中でも最もパワフルなメッセージに、私たち人間は自分のスピリチュアルな本質(ハイヤーセルフ)に戻っていく過程にあると言っていることが挙げられます。私たちは「完全なる不完全」だと、不完全であるからこそ弱さや傷つきやすさがありますが、それはとても重要なことだと言っています。だから、自分の人間らしい所を愛し、思いやり、そういう自分に対して辛坊強くなることが大切だと言っています。私たちはスピリチュアルな本質を引き出しながら人としての経験をしているのだということを理解するのが重要だと言います。 プレアデス人は私たちも地球も新しい意識になろうとしており、ハートは新しいレベルの光を繋げようとして変容しています。また2011年の新しいエネルギーについて言及しています。この時のエネルギーでは、違った生き方が要求されます。地球での生き方に責任を持つ様になるというのです。表裏のない正しい行動をすることが重要で、それは自分を大切にし、どんなことでも自分の真実に生きることを意味しています。 背筋を伸ばして、日常生活で宇宙に手助けを求めるように勧めています。私たちは一人ぼっちではありません。そこのメンバーでもある宇宙の光のファミリーに加わる時です。仲間入りをし、自分たちに正しく相応しいものに心を開いて受け取る時です。必要なことは自分から始めることです。普段から手助けを求めること、ハートでそのエネルギーを受け取ることです。 この時の変容、変革に向かって進む用意ができているので、今、一人ひとりに変化が生じて来ました。多くの人がこの時に居合わせる事前契約をしていました。エネルギーとしては、私たちは他の人とすべて結びついています。3次元では分からないかもしれませんが、スピリチュアルな光は、この今の地球にいる大切さを知っています。自分の光を一つ一つ輝かせていくでしょう。が、お互いに意識して行うと、人類全体として光のシナジー(相乗作用)効果を上げ地球全体に影響を与えていきます。この事前契約を思い出すことはそれほど重要なことではありません。大切なのは、あなたがここにいること、ここにやってきたということです。 プレアデス人は今ここにいる皆さんを尊敬し感謝しています。今あなたが自分の道を生きる勇気に敬意を評しています。 http://www.christinedayonline.com/index.php?page=the-pleiadian-story 翻訳 ライトワーカー・マイク http://lightworkermike.wordpress.com/2013/07/25/pleiadianstorybychristinday/