Monday, November 20, 2017


DL・ゼタ 2014年12月1日 新しい時へとあなたを運ぶ、「別バージョンの自分」と同調する


 DL・ゼタ 2014年12月1日 新しい時へとあなたを運ぶ、「別バージョンの自分」と同調する http://5dascensionnow.wordpress.com/2014/11/30/dl-zeta-aligning-with-the-version-of-you-that-can-transport-you-into-the-new-time/ DL ZETA: ALIGNING WITH THE VERSION OF ‘YOU’ THAT CAN TRANSPORT YOU INTO THE NEW TIME November 30,2014 
新しい時へとあなたを運ぶ、「別バージョンの自分」と同調する 
近年の加速したエネルギーは、より一層楽に現実化を起こさせるようになっています。このことは私達がさらに新しい時へと入ってゆくにつれて、今以上にそうなります。私達のスピリチュアルな任務を実現することは、多くの人にとってますます強まる願いになっています。もしもあなたがこの世界において困難さを感じているのなら、それはあなたが物質世界にビジョンを投影するというプロセスを試験している最中なのかもしれません。 私達はまずどんな時も、アクセスしたいタイムラインに沿って存在できる自分のバージョンを明らかにすることを求めます。ある意味、私達は実際のところ、現実を創造しているのでも具現化しているのでもなく、私達の今この時に対して既にパラレル(並行的)に存在するタイムラインに同調しているのです。 新しい時と最も強く同調した「あなた」に同期するステップ 自分自身の最高の可能性(ポテンシャル、潜在能力)に到達した時、あなたは自分のビジョンが息づくタイムラインに最も強く同調した『あなた』を受け入れ、そのタイムラインへ自らを送り込みます。私達はここで、あなたが最高の可能性に同調していけるような幾つかの提案をします。 始めるその時は、いつでも今 1)このプロセスを始めるのは、いつも今だということを認めましょう。今この時というのは、常にあなたの真の力の要です。今この瞬間には小さな歩みであっても、将来的に大きく力動的なシフトをもたらすでしょう。そのシフトはいつしか、新しい時の周波数にアクセスするタイムラインへとあなたを運んでくれます。 五次元のタイムラインに沿って存在できる「あなた」を現実のものにする 2)あなたの最高の可能性と同調したビジョンを受け取るべく心を開放すること。新しい可能性に共鳴する時、私達はチカチカとした光を知覚し始めたり、この可能性に関するビジョンを受け取り始めます。こうした光は、この現実がどんな風に見えるか、どんな風に感じるかを内観させ、その現実の糸に沿って出会うかもしれない可能性のタイプや機会への洞察を提起します。この光の兆しはインスピレーションの火花を散らし、あなたの想像力に火を点けます。このビジョンに魅了され、熱中し、あなたはそれをもっと学ぼうと探求の旅に出るのです。そのことを観察する心づもりでいましょう。この意図された創造に注意を向ける時はいつでも、あなたはそれにエネルギーを注ぎ込み、創造のエネルギー場は拡大していきます。 ひとたびビジョンを受け取り、それと同調することを選ぶと、次には、あなたのビジョンに最も密に同調した意識の側面を耕し、強化するプロセスが始まります。これは、あなたの創造性を実在のものにしていける側面です。あなたがこれを読んでいるということは、あなたは高次の波動や五次元のタイムラインに沿って生きることに興味を持っていて、あなた自身を新しい時に完全に入るように支援する『あなた』を実現する意志を持っている、ということですね。この『あなた』は、あなたの最高の可能性を象徴します。最高の可能性のある方向に向かわせてくれるバージョンの自分になる時、この自己は常にその時々で高次の周波数にアクセスする手段を見出します。 まずは、単純に意識の中でビジョンを息づかせる 3)新しいビジョンを単純に意識の中に存在させましょう。この初期段階では、どうやってこのビジョンを物質世界に投影させるのかなどと心配しないで下さい。新しいビジョンが私達の想像力の入り口にやって来たとき、すべきことはただそれに心を開き、可能性の一つとして快く迎え入れることです。新しいビジョンに対して心を開くために、そして強い可能性の一つとしてそれを意識の中で存続させるために、どんな風にビジョンを実行したらよいのかと知る必要はありません。私達がこうしたビジョンを成し遂げるためには、それに足るスキルや経験を得ていなければならないと考えるのは間違いです。これはさらに別のバージョンの欠乏性思考ウイルスで、それが私達にビジョンを実現するのに必要なものを有していないと告げているのです。だから私達は、気まぐれな想像で生み出された『白昼夢(空想)』としての欠乏意識を無視しなくてはなりません。 新しいビジョンが成長し、広がるようにする 4)この新しいビジョンがあなたの意識の中で育まれるように仕向け、養分を与えること。一日一日、一瞬一瞬、それがあなたのエネルギー場に存在しているものとして、このビジョンを観察するのです。そのビジョンについて問いかけを発し、それに慣れ親しみましょう。この可能性について学ぶに従い、私達は活発になり、そのビジョンに一番近い意識の側面と繋がり始めます。私達がそのことに注意を向ける度に、私達の可能性はエネルギーを集めて拡大します。そのビジョンの潜在性が実際の物質世界に現れるための臨界点に到達するのは、物質世界に落とし込めるまで培っていける意識の部分と十分なエネルギーで共鳴するほどに可能性が増す時です。 過去のトラウマにとらわれている側面を手放す 5)新しい可能性がそのエネルギー場で強さを増すにつれて、あなたは自分の中に存在する局所的な抵抗に気がつくかもしれません。一般的に言って、こうしたものは抱え込んでおきたい側面ではなく、それどころか、まだ癒されてもなく解決されてもいない感情や、それらに付随したトラウマが居座る過去の瞬間に存在する側面です。これらの側面はこの瞬間を適時『ブックマーク(お気に入り)』するエネルギーを保持しています。ですから、いずれもっと習熟した『あなた』がそれらを治癒して解き放ってあげられるでしょう。新しい可能性を耕し、始動させる準備をするにつれて、癒しと解放を必要とする領域が示されてきます。過去のトラウマの周りを取り囲んでいるエネルギーを解放してやるに従い、実際に働かせたいと願う新しい可能性に向かうべく、このエネルギーに改めてフォーカスし直せるようになります。 内なる寺院にて未来の可能性に出会う 6)内なる寺院を創造し、そこで日がな一日を過ごしてみましょう。新しい可能性との結び付きを強くする方法の一つは、毎日、意識内でその可能性と顔を合わせることです。内なる寺院は将来の可能性と出会い、一緒に働くのに絶好の場所です。この寺院はあなたが望むどんな形にもなれます。海の側にあるコテージにもなれますし、山々にある丸太小屋にも、熱帯雨林のツリーハウスにも、砂漠の中のテントにもなれます。あなたと出会うために、あなたが意図した創造物をここに招き、穏やかさと愛に満ちた雰囲気の中で一緒に時を過ごすのです。この高次振動の空間で、あなたは自分という存在のあらゆる側面を新しい可能性に乗せて簡単に見つけることができます。高次振動の周波数はいつでも、低次振動の周波数を癒し、牽引します。気分よく高揚する状態に日々入ることは、それがたとえ短い間であっても、自然と障害を取り除いて癒し、あなたのビジョンを実現する助けになります。 現実がどのように形を成すのか、その細部にこだわろうとする衝動を抑える 7)宇宙が新しい現実をあなたにもたらす時、それがどのような方法であっても受け入れるようにして下さい。どんな形で現実として現われてくるか、そこに偶然性を持ち込むのは間違っています。ある人達は、まず最初に高次のビジョンに気づくための資金総額を明らかにしなければならないと信じています。これは誤解です。私達の創造するものに偶然性や必要条件を設定することは、物質世界に創造力が到達するまでの道のりに障害と停滞を生じさせるだけです。例えば、あなたが世界中のスピリチュアルな聖地巡礼に着手したいと思っている場合、それを実際に起こすのに必要なお金にではなく、この願望にこそフォーカスして下さい。お金の山を想像するという抽象的で、しかも無意味に思える労働や隷属化をほのめかしていそうなことよりも、あなたの旅の構想がどんなものかということのほうが、ハイヤーセルフに対してもっとずっと刺激的であるのは簡単に分かります。あなたが意図を設定し、日々の生活の中で手掛かりや情報に対して意識して気をつけているならば、望んでいる現実創造へと続くパンくずの小道をきっと見つけることでしょう。 あなたの努力を妨害する思考ウイルスに注意を怠らない 8)「お前の夢など叶うわけがない、非現実的だ」と頭の中で告げてくる声に警戒するようにして下さい。これらは、あなたの子供時代に教え込まれたり、集合意識を通じて吹き込まれた思考ウイルスです。あなたのハイヤーセルフは「あなたは夢に生きることなどできない」とは決して言いません。同様に、あなたの直観も、あなたにとって本物でも真実でもない可能性がある夢やビジョンをもたらすことは決してありません。 「ビジョンを生きるといっても、あなたにそんな準備なんてできてないでしょ」とか「十分じゃないわ」とか「力が足りないし」とか「それほど心が成長しているわけでもないだろ」と言ってくる思考ウイルスによって、あなた自身を機能不全に陥らせるようなことは認めないで下さい。今この瞬間にもアクセス可能な最高の振動周波数と同調すると決めることで、あなたは力を奪ってくるそうした声に警戒網を張り巡らせることができます。それから先へ進むのです。 精妙なレベルで望む現実と同調する 9)物質世界に過剰投資する気持ちを手放すこと。今この瞬間にあなたが見ている周りの現実というのは、過去の創造を反映しているものであり、しかも流動的で変わりやすいものであることに気づいていて下さい。カチカチの堅固な『現実』なんだと騙されないで下さい。今この瞬間にあってそうしたものを堅固で不動の構造物と考える見方をしている場合、私達にはそれらを変える力がないと感じるかもしれません。確かに、私達は既に存在しているタイムラインを変えることはできません。しかし新しいタイムラインに移動することはできるのです。私達が生きている現実やタイムラインを変えるには、精妙なエネルギーとビジョンおよび意志が同調する中へと入って行かなくてはなりません。創造するというのは、有形のものをあちこち動かすという問題ではなくて、経験したいと望む現実と私達自身とを、生のエネルギーが意図によって成形加工される精妙なレベルで同調し、そして、既に存在している現実のタイムラインへと私達を力強く運んでくれるのを許可する、ということなのです。 望む現実と波長が合うフォーカス・セルフを採用する
(※Focus Self : ある状態に焦点が合っている自分) 10)創造したい現実を今まさに生きている、そういう自分のアイデンティティに同調してみましょう。新しい可能性のビジョンを受け取るとき、そこにはいつもあなたの意識のある面が存在します。それはあなたのビジョンを物質世界に投影するまでに育てることのできる意識であり、それによってあなたは、この新しい可能性が存在するタイムラインへと輸送されるわけです。新しい可能性にエネルギーを与えて促進するに従い、やがてそれが現実世界に投影するためにあなたがなるべき姿を教えてくれるようになります。こんな感じで、あなたは意識のその側面のアイデンティティを学び、それと同調し始め、それを自身の新しいフォーカス・セルフとして採用するのです。もしあなたが過度に今この瞬間のフォーカス・セルフに入れ込んでいるとしたら、あなたの今のフォーカス・セルフに奉仕や無常性や超越性の概念を受け入れるように教える自らのハイヤー・セルフと共同作業する必要が出てきます。あなたのフォーカス・セルフが全ての点において最高のものに従事することを学ぶと、その入れ込んでいる自己は脇へ退きます。それは、あなたの新しい意識の一面が、新しい可能性の存在するタイムラインへとあなたを輸送するフォーカス・アイデンティティ・セルフになる時が来た、ということです。 すべては神の完全性を伴って起きていると受け入れること 11)立ち現われてくる過去の一瞬一瞬は手放されるべきものですから、そうしたことで今の自分を裁くのは控えて下さい。あなたがかつて生み出したこと/きっかけを作ったことは、あなたを育んで賢くさせるための学びとなるようデザインされたことであり、今この瞬間に生きる『あなた』に力を与えるための計画だったのです。 ©2010-2014 DL Zeta, Celestial Vision, All Rights Reserved http://www.celestialvision.org これらのメッセージはシェアされることを意図しています。そうしたいと導かれている気がするなら、あなたはこのメッセージを自由に他の人々とシェアして役立てて下さい。著者および発信元のウェブサイト・リンクを忘れずに入れていただけるようお願いします。 翻訳者:C.I. *** この方は、以前から「新しい時(New Time)」として、今僕らが感じている直線的な時間軸とは異なるタイムライン概念を話されています。
スピリチュアルな世界観では5次元以降になると時間の概念そのものが意味をなさなくなる、ということが言われています。
それは、過去から未来という数珠連なりの時間軸も幻想と化し、様々な方向へと伸びながらも「今」という唯一の世界の中に統合されているとか、並行世界や別の周波数帯域で同時存在しているものとみなされます。また、いわゆる歴史上の「~~時代」と呼ばれる期間にしても、それらと今の私達が生きているタイムフレームとは必ずしも連続しているわけではない、という風にも考えたりします。  そんな感じで、普段の日常的な認識からすると「?」となりやすい形而上的な概念ではあるのですが、それにもかかわらず、シンクロ的に、あるいはデジャヴ的にそうした事柄を経験して、ふっと「ああ、それってこういうことかなぁ」と思ったりすることもしばしばあるものです。 ところで、「新しい時」という言葉が使われていますが、実際にはそれは私達の日常感覚において「新しく」感じるだけで、もともとそれは初めからあったものであり、単にその状態を思い出すとか立ち返るといった性質のものです。でも、「新しい」っていうと、なにかワクワクする感じはありますね。 C.I. http://blog.goo.ne.jp/creative_imagination/e/de19af86 1ec8ef158362acdfa97c0076

人生の振り返り(ライフレビュープロセス) ローレン・ツィンマーマン

人生の振り返り(ライフレビュープロセス) Lauren Zimmerman その時まで人が亡くなった時にどうなるか聞いたことがありませんでした。心配ではなく本当にめくるめく感じで、興味津々で “その時” を経験しました。 私は「ある空間」に通されました。そこは部屋のようで、ただ、空間になっており言葉で表現出来ません。自分に出会う空間です。「愛を超えた」「慈しみの心を超えた」のエネルギーが充満し私に浸透していました。いつの間にか、人生を振り返るプロセスに入っていました。 「神は誰も、何も裁きません」。辺りはその声でいっぱいになりました。「時間と空間での一人ひとりの旅路は、全時空を貫く神の存在を探求するための個人の選択です。その選択は自分の学びのための選択と経験です。その瞬間の現実を経験してその目で物事を見る時に、その個人の反応に基づいて理解の仕方が決まります。」 「すべてが言い尽くされ、終わり、完全で無限のあなたになって故郷に帰る時、自分の反応を確かめ検証する選択肢が待っており、人生の振り返りが始まります。学びは、学ばずして知ることはありません」。 その声とともに沈黙が訪れ、すべてと一体になっている中で自分が分からなくなりました。私は宇宙、銀河、一本の木、川、星になったのです。同時に全てになりました。その時までそのような素晴らしい輝くような気持ちを経験したことがありませんでした。 今までの経験してきたフィールドは狭くなり、私の意識は原子よりも小さい空間に引きこまれました。その中には地球で送った人生も含まれていました。でも、私は私でなかったのです。私は人生の間に関わった一人ひとりでした。父として、彼の目を通して自分をじっと見ていました。母として彼女の目を通して自分を見ていました。人生に関わったすべての人の目を通して自分を見ていました。ある時、公園で泣いていた女性の方に手を触れたことがありますが、その女性。電車が通り過ぎた時に目の前で電車から振り落とされた男性。私は私でなく、彼らでした。彼らの感情の動きを感じ、心の中で考えていたこと、それを耳にしました。 このようにしてすべての人が私との人生で関わり、反応したのです。彼らが私を見た時の衝撃、私に対する反応は感覚として分かりました。同じ事をそのように知ったことはありませんでした。 私は彼らの感覚になったのです。彼らの考えることを同じく考えたのです。彼らの涙を自分でも味わったのです。驚いた事も一緒に感じました。私は彼らでした。彼らもまた、すべてが終わったら、渡しになるでしょう。 「人生を生きる人すべてにこういう時、このようなことが訪れます」、「声」はそう話ました。「誰も裁かれません。しかし、各魂は自分の気づきを得ます。各魂は存在の中の自分自身が存在に与える影響を知るのです。そして、その存在は、神です」。 Lauren Zimmerman http://www.nlightpress.com http://www.dimensionsbeyond.com Taken from her blog: http://questarchronicles.blogspot.com/ 翻訳 ライトワーカー・マイク

第8回ワールドワイド・ファーストコンタクト・テレパシー・イベント 2014年4月13日 午後3時 のお知らせ

  (日本語の字幕➡youtubeで見る ➡ キャプション ➡ Japanese ➡on)   2014年4月13日 日曜日 午後3時 第8回ワールドワイド・ファーストコンタクト テレパシー・イベント が上記の時刻に行われます ビデオの中の「Share ET message」のボタンは このイベントのメインページに設けられています こちらでご覧下さい ☞ http://www.the-starpeople.net/liveus.html *** ETからのメッセージをシェアして下さい。  「Share ET message」には日本語も英語も大歓迎です。   *** Share ET messageからの抜粋  *Message from: Germany ドイツ2014年3月30日 親愛なる友の皆さん、 147という数字を掲げて、アンドロメダから小さな宇宙船がきました。まっすぐに立ったコマのような形をしていて、見えなくなる程の速度で回転しました。イリスィアと言う名の存在で、繊細な女性でした。彼女は彼女の兄弟姉妹と共に、既に地球上にいて、繊細な領域に従事しています。彼女達の任務は神の美を表現する事だそうです。 *Message from: Austria オーストリア2014年3月22日 私の場合はプレアデス人だと言うスィタと二回目のコンタクトをしました。「地球に着陸する予定ですか?」と尋ねると、「もちろんです。私達は抱き合いますよ。」人類へのメッセージは「断固としていて下さい。あなた方はもうすぐ成し遂げます。」でした。このあとの話は個人的な事なので、、、。 *Message from: Austria オーストリア2014年3月22日 ええ私も7という数字を確認しましたが、何の合図もありませんでしたし、何のイメージも会話もありませんでした。別の日の方がよいのかもしれない。 *Message from: Germany ドイツ2014年3月22日 私は宇宙船アウレリアと繋がりました。彼等はオリオンから私達の所にきています。「人類は辛抱強くいるべきです。そうでなければ死者が出たり、もっとずっとひどい事になっていたでしょう。辛抱強くいて、お互いに助け合い、愛を抱いているようにして下さい。私達はやって来ます。それもすぐに、そう長い事ではありません。」彼女の顔も見えました。非常に繊細で、とても明るい色の髪を持ち、そして非常に明るい存在でした。 *Message from: Germany ドイツ2014年3月22日 私の場合も7という数字でした。そしてものすごく強いエネルギーの流れがありました。今回は何のイメージも会話もありませんでした。 *Message from: Austria オーストリア2014年3月22日 全く興奮しました。プレアデス人とコンタクトしました。彼は背が高く、 白くて長い髪をしていました。顔はライオンのように見えました。誰かこのような存在とコンタクトした事がありますか?彼はとても穏やかで優しかったです。 皆さん、お元気で! レナーテより *Message...

巨大な水晶のCAVE (メキシコ)

(参考)字幕➡字幕を翻訳➡日本語日本語➡OK caveの広さはフットボールフィールド程であり高さは2階建てのビルディング程 水晶は大きい物では長さ11m、重さが55トンにも及ぶ物もある。

福島の被災者に対する侮辱 11月8日

日本全国の親愛なる皆様  これ以上の侮辱行為があるでしょうか?政府は福島の被災者を支援するための資金を、原子力発電のために流用しようとしています。しかし今、私たちが被災者と共に立ち上がれば野田首相の無謀な決定を覆させることができます。   東日本大震災で被害を受けた地域の家屋や事務所や学校や港を迅速に再建する代わりに、政府はこの貴重な復興予算をベトナムにおける日本企業の原子力発電建設のようなまったく関係の無い計画に費やそうとしています。野田首相は今月中に予算を通すための政治的支持および来る総選挙のために民意の支持を必要としており、メディアを通じて、予算の不正流用をターゲットに抗議キャンペーンを展開すれば、首相も民主党の信頼をさらに失墜させる予算転用の計画を撤回するかもしれません。   官僚や政治家が福島の人々を失望させないようにするために、今この瞬間に行動を起こしましょう。復興予算が一円たりとも原子力発電所の資金に流用されないようにするために、野田首相に対するこの緊急嘆願書に署名してください。署名が50,000人に到達した時点で、福島原発の被災者とともに嘆願書を野田首相に届けます:   http://www.avaaz.org/jp/insulting_fukushimaas_victims/?bOyQqdb&v=19113   数日前に政府監査によって原子力津波災害の復興予算11.7兆円の四分の一が、コンタクトレンズ工場や東京スカイツリーの放送塔の補助金などの無関係な雇用創出プロジェクトに対して流用されていたことが明らかにされました。野田首相は復興を最優先する必要があると答えましたが、そのようなうわべの言葉だけでは被災地の人々を支援することはできません。   復興予算をベトナムの日本の原子力技術輸出に流用する計画は、福島の被災者および政府の公式協議で核の無い未来を希望している90%の国民に対する裏切り行為です。経団連の会長は日本は核エネルギーに継続的に依存する必要があると述べていますが、私たちが団結することによって政府が大企業の願望より人々の意見を尊重するよう仕向けることができます。   私たちで野田首相に対し、復興予算のすべてが東日本の被災地で必要としている人々に行き渡ることを確約させるために呼びかけましょう。野田首相は複数の原子力輸出に対する提供資金の計画を停止することから始めなければなりません。この野田首相に対する緊急嘆願書に署名し、より多くの人々に知らせてください:   http://www.avaaz.org/jp/insulting_fukushimaas_victims/?bOyQqdb&v=19113   福島の被災者の方々に適切な支援やケアが行き届くよう、様々な組織や個人が取り組みを続けてきました。しかし、私たちが今この時に政府の責任を追及していかなければ、このチャンスは永遠に失われてしまうかもしれません。   希望と決意を持って   アレックス、路、キア、ルカ、リッケン、ウィサム、ルアン、および Avaazチーム一同   関連情報:   東京新聞 震災復興予算 原発輸出調査に流用: http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2012102902000111.html    47 NEWS 原発輸出調査に復興予算 経産省が5億円計上: http://www.47news.jp/47topics/e/235817.php    東京新聞 原発輸出「日本は無責任」不安募るベトナムの村: http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/nucerror/nuchamon/list/CK2012071202000184.html    FoE Japan 日本からの原発輸出は見直すべきーベトナム原発建設予定地を調査: http://www.foejapan.org/energy/news/111121.html    AVAAZについて Avaaz.orgは世界の人々の声や価値観が政策決定に反映されるよう世界規模でキャンペーンを行う非営利団体です(Avaazは様々な言語で「声」を意味します)。Avaazは政府や企業から一切資金援助を受けず、ロンドン、リオデジャネイロ、ニューヨーク、パリ、ワシントンDC、そしてジュネーブを拠点とするスタッフにより運営されています。 +1 888 922 8229  Avaaz.org 857 Broadway, 3rd floor, New York, NY 10003 U.S.A. Avaaz.orgはニューヨーク、ワシントンDC、ロンドン、リオデジャネイロを拠点に世界中で活動しています。   FacebookとMyspaceもチェックしてみてください! Jo fuki

銀河の心・・・2013年6月16日 入来する高いエネルギーへの対処方法

銀河の心・・・2013年6月16日 入来する高いエネルギーへの対処方法 http://soundofheart.org/galacticfreepress/content/greetings-galactic-heart-current-energies Greetings from Galactic Heart.... Current Energies 06/16/2013 - 17:02 この惑星に溢れるほど入来している光エネルギーに対処する方法はどのようなものでしょうか?先週は、私たちにとって眠たい時でした。私たちは一日の間に何回も眠りに就かなければなりませんでした。たとえ、一回が15分だけでも。起きたまま何かし続けようとするとしても、あまりにも眠いので、横にならざるを得ませんでした。 私はスパーさん(アルクトゥルスのライトボディーで、銀河連合の医療チームの専門家)に周波数の加速に対応する方法があるかどうか聞いて見ました。彼女は、私たちに電解質(レモン水、又は海の塩を添加した水)の補給を勧めてくれました。結局、私たちは電磁的な生物なので、振動パターンの流入に対処するには、電解質を消費するのです。以下は、スパーさんのお勧めです。 1  できるだけ多量の水を飲む(水のボトルには、愛の言葉を書くことを忘れないように)。 2  電解質を補給する。 3  自然の中で時を過ごす(考える以上にこれが大切)。 4  バナナを食べる。 5  スピリチュアルなガイド、及び銀河のガイドに耳を傾ける。 6  ビタミンB類の摂取量を増す。 7  毎日、短い時間で良いから瞑想をすることが助けになる。 私たちの体は五次元のライトボディーに変化しつつあることを知れば知る程、変化が楽しくなる。 セラマト・ジャー! Colleen   翻訳 Taki 

コズミック・ディスクロージャー:火星の植民地化 シーズン2、エピソード9 デイヴィッド・ウィルコック、コーリー・グッド

コズミック・ディスクロージャー:火星の植民地化 シーズン2、エピソード9 デイヴィッド・ウィルコック、コーリー・グッド Cosmic Disclosure: Colonizing Mars Season 2, Episode 9 David Wilcock, Corey Goode http://www.spherebeingalliance.com/blog/transcript-cosmic-disclosure-colonizing-mars.html DW: さあ、『コズミック・ディスクロージャー』へようこそ。私は司会のデイヴィッド・ウィルコック、今回は火星の植民地化について話しましょう。植民地化はドイツ人が着手し、アメリカの軍事産業複合体によって進められた「と言われて」います。コーリー・グッドのインタビューで進めましょう。コーリー、今回も番組にようこそ。 CG: どうも。 DW: ドイツ人が火星に行った話をしていましたね。前回、色々話しましたが中でも面白かったのはバブルタイプのスターゲイトシステムを利用しているということ。初めの頃は、まったくの自然現象をそのままテクノロジーとして使っていたんですね。この現象は大気中にも、地球の表面や地中にも現れ得るとのことでした。そしてこれがどこに現れるか、ドイツ人達は地球外生命体のサポートでわかったと。もしこれが自然現象だというなら、どうしてもっと広く知られていないんでしょう?すでに利用方法を知っている人が他にもいそうなものですが? CG: 過去の文明では他にもこのポータルの利用方法を学んだいた人達はいましたし、実際に使ってもいました。私達の現在の文明は封じられ、コントロールされた文明で、一定のことだけを信じてあとのことは信じないようにずいぶん操作されています。何が可能で、何が不可能かもね。ですから主流メディアや政府が「これは不可能だ」と言われたら、それが学校や日々のニュース、社会、周囲の人々にまで叩きこまれ、皆の現実にも叩きこまれます。だから不可能です。 DW: 竜巻の物理学では奇妙なケースがありますね。竜巻は一つのエリアを吹き荒らします。するといろんな奇妙なことが起きる。牛の半身が納屋に埋め込まれたり、鍵をかけていた車のトランクを開けたらお風呂にあった石鹸類が中から出てきたり、水入れの中に雄鶏が入っていたり。これは、竜巻がポータル現象を起こしているのですか? 竜巻は一種のポータルなんでしょうか? CG: すべて、ねじれ物理学に基づいていますから。ええ、ねじれの物理が大きく関与していますからね。 DW: ということは空気の回転がポータルの原理の一部となると? CG: ええ、空間の空気の粒子がねじれ領域の中で回転しているんです。 DW: ではこのポータルはいつでも好きな場所に起きるわけではない。いつ現れるか、という時間のファクターもあるんですね。 CG: ええ、自然現象のポータルに関してはそうですね。 DW: なるほど。 CG: ペーパークリップ・オペレーション後、ハイジャンプ・オペレーションについても話しましたが、その後ドイツの離脱文明が現れて、アイゼンハウワーやトゥルーマンと協定を組み、軍事産業複合体と合併しましたね。このすべての団体にはドイツの高位の科学者・エンジニアが潜入していました。こういった航空宇宙会社や技術系企業が秘密宇宙テクノロジーを築き上げていったわけです。 軍隊や政府ではこうはいきませんでした。こんな技術を築く力はありませんでしたから。インフラもありませんでした。ですがドイツ人達はこのインフラを切望していた。すでに宇宙に出ていたからです。インフラを発展させる必要があったんです。彼らには技術はあったけれど、大きな計画があった-- 足掛かりはもう宇宙にあって、それを発展させたかった。もっと大きな計画のために。 ドイツ人達は航空宇宙会社に情報を渡しました。彼らはすでに小惑星帯に行ったこと、その小惑星全体が貴金属でできていてすでに採掘をしていたことを知らせた。するとアメリカの資本家は金儲けができる!と。そこで資本家達はこのドイツ人達の大計画を全面的に後援し、宇宙に巨大インフラを築き上げようということになった。 これらのグループはまずアメリカ政府や他国政府の初めの宇宙プログラム、つまりソーラー・ウォーデン(Solar Warden)の結成を手伝った後、自分達の秘密宇宙プログラムを立ちあげました。それを惑星間複合企業( Interplanetary Corporate Conglomerate)と呼ぶようになりました。初めに航空宇宙技術を築いたところに集まった、世界中の企業の複合体なんです。1950年代以降、このあらゆる企業はドイツの後を追って月から火星へと小さなインフラを築き、偉大なる企業の力を使って月などに数々の小さな基地を巨大基地に作っていきました。そして月運営司令部( Lunar Operation Command)が始まりました-- それは少し地下階もある、スバスティカのような形の小さな基地でした。 DW: 小さいって、何人くらいが勤務できたのですか? CG: 正確にはわかりません。常時、数十人が勤務していました。小規模な運営でしたから。 DW:...

科学者が光の物質への変化を確認 2014年9月 17日

科学者が光の物質への変化を確認 2014年9月 17日 http://www.rumormillnews.com/cgi-bin/forum.cgi?read=316781 Sceintists are turning light into Crystal 17 September 2014 光に結晶を通過させるのは簡単なことですが、プリンストン大学の研究者たち は光の結晶に変換させつつあります。これはいわば”固体の光”に相当します。 ”それは今まで見たことも無い現象です。”とは、電気工学助教授のアンド リュー・フク博士がこの大学が発行した論文集の中で言っていることです。”これは光の新しい挙動です。” 光の新しい挙動。幾世代にも亘って物理学を学ぶ者には光を構成する微粒 子であるフォトンは相互に作用しない者と教えられてきました。しかし研究者たちはフォトンを非常につよく相互作用させることに成 功しました。 この現象を起こすために、研究者たちは1000億個の 超伝導物質を組み立てて一種の人工原子を作りました。”それから彼らはこの構造をフォトンを含む超伝導ワイヤの側に配置しまし た。この結果、量子的な複雑な事象が生じ、フォトンが人工的な原子のような特徴を示すようになりました。 ”私たちはフォトンを混合し、フォトン同士で強力な相互作用をさせる装置 を用いました。”この大学の博士課程卒業後の研究者であるダリウス・サドリともう一人の研究者は声明の中で述べたことです。”こ れらの相互作用はその後濃縮物質物理学で研究されている液体や結晶のような物質の相に類似している完全に新しい光の集合的挙動に 繋がりました。” 確かにかなり複雑な現象です。しかし、この進行中の研究の正確な焦点は 何でしょうか? 一つの焦点は室温超伝導物質を含む異種物質の開発に向けての研究だとい うことです。これは科学者たちが超感覚センサーや前例の無い高速コンピューターの創造に利用出来ると考えられる仮想的な物質であ り、世界のエネルギー問題解決の助けになる可能性もあります。 ”この研究はライトセーバーにつながるようなものではありません。”とはフク 博士の冗談ですが、”タウンタウンを透過するライトセーバーのような無視のベールを切り抜ける比喩的なツールにはなるでしょう。” この研究、”結晶を作る光”は9月8日に journal Physical Review Xに掲載されました。 http://journals.aps.org/prx/abstract/10.1103/PhysRevX.4.031043 翻訳 Taki

ケッシュ財団 2012年11月15日 スペースシップのプログラムを受け取る一番新しい国、アメリカ合衆国

スペースシップのプログラムを受け取る一番新しい国、アメリカ合衆国 今日、2012年11月15日にアメリカ合衆国の人々がKeshe財団の原子炉プラズマ宇宙船技術のすべての特許と青写真を含んでいるUSBスティックを受領したと発表したことを、私達は誇りに思います。 私達はアメリカの兄弟達をケッシュ財団のスペースシッププログラムのファミリーに歓迎致します。アメリカ政府とNASAが私達のファミリーになる事によって 確実に新しい視野が開かれる事でしょう。   書簡 10月下旬にベルギーのUSAの大使へスペースシップのプログラムを贈呈したいという意向の私からの手紙に対して、2012年11月6日 午後3時45分に ブリュッセルのUSA大使館から、この友好的な申し出に対しての返答をe-メールで受け取りました。 大使館からの電子メールの内容は USAがケッシュ財団の原子炉プラズマ宇宙船技術のギフトを受け入れる準備ができている事、そして直ちに送りかえされて来た電子メールの日付けは、大使館によって提案されたように同意された事を確信させました 本日、2012年11月15日 午後3時に指定された場所にてケッシュ財団の責任者とアメリカ大使館の上官が 友好的に誠意を持って会合しスペースシップの技術のUSBスティックはアメリカ合衆国の政府に手渡されました。 私達は米国とNASAにこのテクノロジーの開発と配備に対して全面的なサポートを提供します。 私達はこの会合と核テクノロジーの交換で、二国間の明らかな憎しみを終わりに至らせる事を望みます。 私達は全ての国々の空間に平和をもたらす為にこの進展を築いていきます。 私はケッシュ財団の責任者として、そしてイランの核の科学者として、アメリカ合衆国大使館にこのような行動の任務をお与えになられたことを、オバマ大統領閣下に感謝致します。 この会合で私達は 私達の側からアメリカ合衆国の国民へと平和の手に到達し、その手を差し出しました。 この事にオバマ大統領閣下が同じ様に報いて下さいます様に私は望んでおります。今はもうこの新しいスペースシップのプログラムとテクノロジーの配備によって、ボーダー(境界)は、意味がなくなりました。 最も丁寧に取り計らい下さいましたアメリカ大使のガットマン閣下に感謝致します。イランの願いが形に成った様に両国間の平和に向けての第一歩だと確信しています。 平和を望む全ての方々に心を込めて ケッシュ財団の責任者 M T ケッシュ   http://www.keshefoundation.org/phpbb/viewtopic.php?f=2&t=2983  翻訳 Koh  

サンドラ・ウオーター・・・2014年12月3日  新しい地球のモーメント

サンドラ・ウオーター・・・2014年12月3日  新しい地球のモーメント http://lightworkers.org/channeling/207853/momentum-new-earth The Momentum of New Earth 3 December 2014 - 8:35pm | Whimsey Nimble Channeler: sandra walter 親愛なる 皆さん 12月に は二つのゲートウエイが開きます。第一は12月4日~11日に、第二は12月25日~29日に開きます。それぞれの目的について説明 しましょう。 12月4日~11日 このゲー トウエイの焦点は人間のハートグリッドを含む地上のグリッドシステムと統一意識及び五次元/六次元の新地球の結晶グリッドとを繋ぐこ とです。明らかに融合が起こりますが、これは古いグリッドを二年間新しい光に曝した後で私たちのグリッドが今古い光の周波数よりも多 くの新しい光を照射するので、素晴らしいしるしです。12月7日には宇宙波という引き金をきっかけにして、私たちは、2015年の大 きい向上とエネルギーの準備として、新しい目覚めた人間と新地球の黄金の結晶ダイアモンド光を点灯させます。惑星の融合は加速し、こ の10月のタイムラインシフトは急速、かつ効果的に作用しつつあります。この融合を視覚化して下さい。 12月25日~29日 この期間 での焦点として、二つのイメージが示されています。第一は、このチャネラーが宇宙船に乗船し、宇宙船上で周囲の雲を引き込み、まるで ゲートウエイが地上に渦を巻いて降りて行くように、DNAの二重らせんの輝く黄金のスパイラルを覆い隠す方法を学んでいるビジョンです。第二はDNAのらせんがより高い次元のガイアへのはしごとして機能している有様です。ゲー トキーパーの皆さん、私たちはこのゲートウエイが開いている間にポータルとスターゲートを開いて大きい聖なるサイトの中の黄金の種族DNAのテンプレートを完全に活性化するように、あなた方に呼びかけます。シャスタ 山の主I AMテンプ レートと自由に繋がって下さい。 あなた方のために光を働かせて下さい。 強力な太 陽宇宙キリスト光の到来が月の終わりまでに期待されます。天の愛、純粋さ、内なる調和としてのこの成長しつつある振動を私たちは経験 します。この光によって外部的な傾向が生じ、収縮し、或いは混乱が引き起こされ、磁気のバランスを取るために古い極性の振り子が反対 方向に振れるようになります。しかし、この振り子はポジティブなことのバランスをとるためにネガティブな方向に物事を振り向ける程に...