Tuesday, October 17, 2017

大天使ミカエルとの会話 2012年10月8日 次元上昇とはどのようなものか スティーブ・ベッコウ   

http://www.ashtarcommandcrew.net/profiles/blogs/what-will-ascension-be-like-part-1-2-given-by-archangel-michael#ixzz28kMiyOnC What Will ascension be Like? part 1/2, 2/2 スティーブ・ベッコウ(SB):次元上昇は、瞬間的に起きるのでしょうか、それともゆっくりと起きるのでしょうか? 大天使ミカエル(AAM):扉が開く時がきます。その時まではゆっくりとした現象です。あなた方の心理的、肉体的、情動的な変化、相互接続性、集合的なシフトがおきます。しかし、ある現象が突然現れる瞬間があります。従って、瞬間的な現象ともいえます。次元上昇は、実際には、20~26時間の間に起きる現象です。 SB:どのようなことが起きるのか説明していただけますか?それはポータルが開くのかそれとも振動数に変化が起きるのか、それとも・・・?それは言葉で表せるのでしょうか? AAM:それは地球を初めとしてその上のあらゆるものに共に、異なる振動数であっても生じる、全体の集合的な振動数の変化です。あなた方は、今既に起こっている小さいシフトと考えられる部分である多くのポータルを通過してきています。ある人たちは、これらのポータルの通過に非常に熱心になっています。確かに、地球は、これらのポータルを通過してきました。多くの地球上の要素が自身の仕事を成し遂げてきています。これら全てが全体として調和に至る瞬間があるのです。 SB:三日間の暗黒というのはあるのでしょうか? AAM:それはまばたきと考えてください。まばたきをして部屋が突然明るく感じたようなことはありませんか?これが瞑想中にはいつも起きることです。言ってみれば、それはまばたき以上のものです。それはあなた方の作用がどのようなもので、・・・。従ってそれはまるで一度に清掃チームが仕事をしたような感じです。恐れ、憎しみ、暗黒の名残を含む、あらゆるものがきれいになります。 SB:次元上昇の実際の体験はどのようなものでしょうか? AAM:その瞬間には、選択すべきことがあります。非常に多くの人が基礎を築いているので、それは一瞬のうちに起きます・・・あなた方は愛の心の中に入りたいと思いますか?あなた方は高い周波数の中に入りたいですか?まさに最後の瞬間に、必要な答えはイエスであり、地球を覆いつくすエネルギーの波として考えられるものによって埋め尽くさせます。これが私たちに招かれていることです。(2) この感覚はまるで上のほうに飛んでゆくようなものです。それは物理的な動きの感じです。そしてあなた方が翼を持っていることを、あるいは飛翔する能力を思い出すような感じですので、それはまるで聖なる渦を昇ってゆくような感じです。 又、瞬間又は数時間の間ですが、目を開けていても、床を見ていても、物が、固体ではない、粒子、原子のような粒子、量子的な粒、から成り立っているような感じを受ける時があります。従って物がどのように見えるのかについての感覚、又はイメージを持ち始めます。 それは非現実的な感覚です。され、もしもあなた方は物を固体として把握したいのなら、そのように言えば良いのです。そうすれば、物が物のように見えるでしょう。しかし、あなた方が創造している物は完全意識の中ででできる物です。目を開けようと決めた時には、色、表面の質感、濃さ、空気は非常に違ったものになっているでしょう。自分の感覚として考えていたことは、少なくとも千倍に高まっていることでしょう。 従って少し調整の必要があります。私たちはあなた方とともにいますから、私たちがそれを手伝います。なぜなら、これはすごく楽しい時だからです。これはスピリチュアルなオルガスムスです。それはあらゆるものの統合です。 その後、あなた方はこれらの事が分かって落ち着くでしょうし、もちろん物理的な選択をしなければなりません。しかし又、物理的な世界に留まることを選択するのなら、人間の痛みや苦痛はただちに消失することに気が付くでしょう。しかし最大のシフトは、あなた方がもはや生きていないことです。あなた方は訪問し、物質化しますが、あなた方が聖なる渦の中を上昇しつつあったと思っていた三次元の世界の中では生きてはいません。 これが私に出来る最善の表現です。そしてそれは愛の場です。突然の決定、行動、存在、であり、形は愛であり、愛からのものです。従ってあなた方がこれまでイエスあるいはノー、二元性、極性と思っていたことは全て消失します。これが同調です。この三次元の存在における旅全体が同調点に達し、あなた方は及び、又はの域を超越します。そして、あなた方がこの次元上昇のプロセスの中に行う時、それはまるでローマろうそくのようなもので、消えうせるのです。(3) 人間の赤ん坊の誕生を思ってください。時には誕生は非常に容易であり、時には30時間もの時間がかかります。時には母親は野原で生もうと決心し、時には海の中で産み落とし、時にはきれいな部屋の中でお産をします。他には手術室の中での誕生になりますが、誕生は誕生です。それが次元上昇でも起こる事です。 それは完全で全くの無であり、祝福です。それは肉体的、心理的、情動的、スピリチュアルな統合の感覚です。それは、私は死んだという感じを受ける時です。なぜなら、このような解放と再接続の時だからです。もちろん、あなた方が実際に死ぬわけではありません。(4) SB : 私たちはどの次元に移行するのでしょうか? AAM : 5次元又はそれより上の次元です。(1) 五次元まではエレベーターのようなものです。それからさらに上は、単に上を目指す人もいますが、集合的には、五次元がプランです。(2) 五次元にいる時には、ガイアと地球は、つながっています。なぜならあなた方は地球が無ければ物理的な姿では生きていられないからです。しかし、それが六次元及び七次元へと移行できないという意味ではありません。 全般のシフトは五次元へのものです。しかし将来の生涯では違ったものになり、七次元までのシフトには留まりません。いくらかの人たちは、純粋な愛の、キリスト意識の、ワンネスの領域である七次元に留まりたい人もいます。いくらかの人たちとは、マジックの領域にいることを愛する人たちです。 それは問題ではありません。あなた方は移行することは出来ますが、新しいふるさと、新しい次元、新しい現実は、五次元にあります。ここがガイアが定着する次元です。あなた方に言いたいことは、多かれ少なかれ、ガイアは既にそこに着いている、ということです。(4) SB : 次元上昇のプロセスでは、今、地球はどこにいるのでしょうか? AAM : 地球はほとんどの遷移を完了しています。 SB : そうですか? AAM: そう、完了しています。地球の変化の多くの部分は、人間というソウルの集合的な次元上昇を支援すること、調整することにあります。(5) SB : 三次元から次元上昇をする時には、人々は消失するのでしょうか? AAM : 一つはっきりさせましょう。人々は消失します。さて、それについては、次元上昇した人たちの記憶はおぼろげになります。苦痛、悪習慣、あるいはあなた方を深く悩ませていた状況が無くなり、そのうちに数年経過すると、”あーそうだ。以前これについて悩んでいたことがあったっけ。”と思って又苦痛の暮らしに入ります。これと同じようなもので、三次元での苦悩の記憶は消え去ります。 シフトは漸増します。これは世界の人たちの準備次第ですが、今見られていることは、シフトには入るだろうということです。それから先には、階段や戸口があり、ある人たちは、単に通り過ぎて定着し、それからさらに多くの人が通り抜けて定着し、全体のプロセスが完了します。 今回次元上昇を選択せず、現在のような三次元の現実を続ける人たちは、代替の現実へと移行します。人々は、まばたきを一つするだけで思い出しもせず、あるいはおぼろげな感じしか残りません。”私はどこに行っていたのだろうか?”と。 人々は消えうせます。それがトラウマや大混乱を生じることはありません。それは物理領域での死と同じ悲しみを生むだけです。友人の場合には、わずかなシフトを生じるだけです。しかし、夫や妻、両親、子供の場合には、心理的な理解が生じるでしょう。(6) SB : 地球は三次元の世界であり続けるのでしょうか? AAM : 三次元の地球は、宇宙的な変化を遂げ、次元上昇の後にはもはやその場所にはとどまりません。 SM : 今の場所にはなくなるわけですね? AAM : あなた方と同じことです。三次元にいた人と同じで、次元上昇後は消えうせます。その瞬間にあなた方と地球の両方は飛躍するのです。 SB : わかりました。それでは三次元には何か残るものがあるのでしょうか? AAM : いや、残るものはありません。全ては変態し、あるいは上昇し・・・ SB : それではその日以降三次元の地球は無くなるのですね。 AAM : そうです。地球は二重には存在したくなく、そのエネルギーのキャリアであり続けはしません。 SB : 金星はどうでしょう? AAM : 金星には三次元の部分が残りますが、地球はそのような選択はしていません。 SB : それにはがっかりしました。今まではそうは聞いていなかったので、消化の時間が必要です。三次元の地球は無いのですね。”(高次元への移行に対して)ノー”と言った人々は、アストラールプレーンに移行し、”イエス”と言った人は、(五次元の)地球に留まるわけですね? AAM : その通りです。(7) SB : この三次元の地球はどうなるのでしょう?あなたのおっしゃるとおりになるのですね? AAM : そう、その通り。分かってください。三次元の地球は存在しなくなります。 SB : ”ノー”と言った人はどうなるのでしょうか?彼らはこの三次元の地球に留まるのでしょうか、それともどこか他の場所に移るのでしょうか? AAM : どこか他の場所に移ることになります。 SB : 他の場所で赤ん坊として再誕生するのでしょうか、それとも今のままでしょうか? AAM : 彼らはふるさとに帰るのです。彼らは肉体から離れます。 SB : アストラールプレーンにですか? AAM : そうです。そして彼らは、カウンセリングを受け、自身の選択に従って(転生の)割り当てを受けます。(8) SB : 2012年12月21日に次元上昇がおきないことがあり得るのでしょうか? AAM : これは宇宙的な冗談なんでしょうね!これはあまりうれしくない冗談です。冗談は好きですが。私たちの冗談の種類はあなた方のそれとは大いに違うようです。けれども、あなたの冗談は、非常に多くの人を傷つけます・・・。もし・・・なら、ということはありません。もし・・・なら、というのはあなた方が貶められていた恐怖です。私たちはそぐえないような期待を設定しません。それは宇宙の法、愛に反します。もしあるとすれば、今まで言い続けているように、あなた方はスケジュールよりも先に進んでいます。しかし、あなた方は期限と結婚したいのでしょうか?そうではないでしょう。与えられた期限は正確なものであり、重要な意味を持っているといったことがあるでしょうか?答えはイエスです。あなた方が麻痺しているのなら集合としてのあなた方も麻痺しています。あなた方が麻痺しているのなら、祈りを重ね、聖なる実践を行い、瞑想をし、ヒーリングを実行するでしょうが、あなた方には2012年12月21日という期限が与えられています。もしそれが9月に早まったら、逆上しますか?そうではないでしょう。(10) 脚注 (1) “Archangel Michael on NESARA, Opposing the Cabal, and Ascension 〓 Part 2/3,” Oct. 3, 2011, at http://the2012scenario.com/2011/10/archangel-michael-on-nesara-opposing-the-cabal-and-ascension-part-23/ (2)...