Tuesday, February 21, 2017

ウーテ 2013年7月16日 大天使サンダルフォン 運命を大幅に変えています!

大天使サンダルフォン 運命を大幅に変えています! Ute Posegga-Rudel  2013-7-16 親愛なる皆さん、私は大天使サンダルフォンSandalphonです! I. 私がこの地球に初めて生まれた時から約1000年が経ちました。私のこの転生は、人類に大きなチャレンジの時代が到来することを熟慮して行われました。 しかし私は同時に、今も「火と光」の大天使として存在し、今日のメッセージをチャネラーに届けています。 そして、私のところから見ると、私は神に直接奉仕する下僕として最も高い次元に生き、また人類と同じく神の延長です。だから、時というものは私には重要ではなく意味がありません。したがって「1000年という時間」は、人間の苦しみと困難は現在も史上かつてないほど地球で起きていますが、この時間の長さは、苦しみや困難なことは時を超えても思いを馳せられる、それほど時間の長さは問題ではないということを言わんとしている、そういう意味に捉えてください。 このことをお話する2つの大きな理由があります。一つは、光と意識が大きくなり人間が飛躍的な進化を生み出すこと。2つ目は人間の進化を阻もうと躍起になっている質の悪い存在がいるということ。 人類は、この光と闇の巨大な力の戦いの只中にいます。その戦いは一番奥にあるハートと意識、マインドと感情の中、肉体の内部と環境の中という経験の内側と外側で繰り広げられています。どちらの側につきたいかを決するこの戦いを免れる人は地球に誰ひとりとしていません。 お分かりのように、誰にもで分かる明らかな特徴があります。それは、例えば、何千年も前の壊滅的な出来事だけが人の記憶から消えようとしていること、一見強固な社会が崩れかけようとしている時に、個人も全体も苦しみが増え続けていること、特に地球の元素が汚染され健康上危険で厄介な問題が増大していること、戦争を煽る行為がやまないことなど、切りがありません。 一番問題になるのは、不安や脅威など、特にいまだにこの地球を支配していると考える性悪な存在によって掻き立てられる恐怖心です。 でも心配しないでください!   II. 私が生まれたのは、人類のあらゆる多次元的な面や経験、苦しみ、幻想、また同時に人間が成し得た悟りの程度を学ぶためでした。そのために、私自身にあらゆる制約をかけて自分を変容させ、神聖さと人間の中に立って光を保持し、人間が自分を見失って源から切り離れることのないように、源との絆を維持しようとしました。 また私はたった一人ではありませんでしたが、私は、この大きな役目に携わる多くの神聖な存在の内の一人です。その中には、大天使がいます。大天使もちょうど今、同じような理由で同じ目的をもって地球に生まれ、力強い天使の存在としてその力を表そうとしています。 忘れないようにそのことをお伝えしました。暗い時代の時でも常に源との繋がりがあったのですが、そのことを忘れないで頂きたかったのです。 その絆が、既に感じていることを改めて確認するのに役に立ちます。また、太古から予言されていた大惨事を未然に防ぐ事にもなります。 モノが益々増え続け、悲観論と地球の破壊を唱える古代の予言を知っている人にお話します。 地球が破壊され古い予言が当たることは今後一切ありません。そのような予言は人類を常に滅ぼそうとし、美しい惑星地球を乗っ取り、果ては宇宙をも自分のものにしようと企んだものたちを引き合いに出して語られてきました。占星学は、彼らの破壊的な目標に役立つように誤って使用されてきました。 しかし、そのような計画は「最高の聖なる意志」に打ち負かされました。そして、皆さんは、故郷に戻るために「神聖な創造主の威光の愛の呼びかけ」のサインが空に現れるのを見るようによう求められています。 III. 地球に生まれ、また生まれずにその輝く神聖な意志に従う何百万という光の軍勢がいます。その存在たちは「輝く光」という武器を持っており、闇や無知、そのすべてを照らし出します。 しかし、本物の光と偽の光の違いを感じ取り見分けることが必要です。偽の光は皆さんをテストするためです。それが、ハートで「愛とユニティの存在」を知る過程、光にしか見えないのにそれを分断しようとするマインドの動きを突き止められるようになるための学びの過程です。 無知は聖なるものが完全にない状態です。源から切り離され、「愛と喜びと歓喜」の奇跡の波動である「最高の知性」とは別に生き残ろうとします!   IV. 今皆さんには益々光の周波数が溢れるように押し寄せています。それによって地球と人類が高次元にシフトできるようになります。高次元に不幸はありません! このように光が滝のようになって滴り落ちてきますが、光の存在の情報を広め変化を起こすために、地球に生まれた者によって受信・チャネリングされなければなりません。光の力を受け留める人たちなしではシフトは不可能だったでしょう!  “送り手” だけでなく “受け手” 双方が関わることが必要です。 そういうわけで多くの神聖な存在が地球に生まれ、人間の進化に関して廃れた予言を廃棄する事が必要でした。古い予言は質の悪い存在によって神聖な源から人の進化を絶とうとするものでした。   V. 不安や怖れ、そして皆さんと地球がポジティブな結果を迎えることに対する疑いなど、否定的なもの全てが抜け落ちて行こうとしていることが分かってきます。多くの光の存在にとって故郷になる地球が、最終的に壊滅するとでも思いますか? 皆さんは、益々ハートとマインドが大きくなって喜びが溢れ、自分の神聖さを知り、神聖な光でボディ・マインドを変えていきます。そして、自分は究極的な神聖意識があることを知るレベルにまで意識を高めて行けるようになっていく人が増えていきます。 そのようにして皆さんは大幅に自分の運命を変えようとしています!すべてというユニティは多くの人に理解されようとしています。最高の神聖な源と、またすべての天使、大天使、あらゆる神々と聖なる存在たちと人類との輝く合一(ユニティ)が「輝ける意識」の源で果たされようとしています! VI. 真実、たった一つだけの存在があります。永遠に広がり進化する聖なる存在の一つの意志を成就するために、また低い次元高い次元あらゆる次元を経験するため、光を失ったかに見える世界の中にいる事自体を経験するために、一つの存在から数多くの存在が生まれたのです。 本当に「永遠の神聖さ」を表せるように、そのあらゆるものすべてがあなたの意識の中で一緒にならなければなりません。このプロセスが「ミステリー」なのです!私たちは皆、その神聖なるものの「大切な発露」です。 大きな愛でお役に立ちます。 私は大天使サンダルフォンです! I AM Archangel Sandalphon! Message  conveyed by Ute http://radiantlyhappy.blogspot.com.au/2013/07/aa-sandalphon-you-are-changing-your-own.html 翻訳 ライトワーカー・マイク http://lightworkermike.wordpress.com/2013/07/19/changing-your-own-destiny-at-a-large-scale/    

ウーテ 2013年6月7日 素晴らしい仕事が待っています グレート・セントラルサンのエロヒム 

素晴らしい仕事が待っています グレート・セントラルサンのエロヒム  Ute Posegga-Rudel 2013-6-7 私たちは皆さんのファミリー、兄弟です。 皆さんのように宇宙を旅することは私たちの目的ではありません。宇宙は永遠に私たちの中にあります。私たちは皆さんの元々の故郷、源を思い出せるようにここにいます。したがって、宇宙はあなたの中にもあるということを思い出せるようにしています。 私たちは「輝ける光」です。皆さんにも分かります。私たちは「光のキーパー(守護)」、創造の神々Creator Gods、いわゆる「グレート・セントラルサンのエロヒム」です。 今、あなたの魂が生まれた時の記憶を呼び起こしています。あなたの意識は、意識が魂と結びつくことに同意した後、その創造が行われた様子を見ました。あなたの意識は純粋なユニティコンシャスネスでした。その後、意識は魂と結びついて分割しました。 私たちは光ですが、形がありません。それほどまでに完全に自由です。いつでも形になることが出来、セントラルサンの純粋な光でいることができます。この非常に重い世界にいる皆さんにとってそのことを想像することはできませんが、魂の記憶を信じてください。魂は、私たちの話す真実を思い出すとすぐに理解出来ます。 その記憶が今、徐々に表れようとしています、すると皆さんは益々光に還り、また「光」になります。 それが、光の言語、唯一真実の言語です。それはまた、愛のもう一つの顔でもあります。それは歓喜。私たちは歓喜。思い出してください! 光しかありません。すべては「愛の光LoveLight」から生まれます。この光が本当の実体です。光がなければ何も存在しません。光は存在の構成要素です。光があるから、存在することが現実になります。光のない存在は、認められません。光だけが認知され、その結果知られるのです。皆さんはそこからやって来ました。そこが「意識」のレベルです。あなたはそこに戻ろうとしています。 あなたが宇宙の旅を開始する時に、私たちの輝きが、あなたの無意識という深い所にあるこの「輝ける光」を点火します。 皆さんはこの旅で学びました。皆さんが旅で知ったことと、創造時における創造主の自己認識の価値その両方が素晴らしい宝ものなのです。この宝は永遠にあなたの意識の中に、あなたの遺伝子とDNAに蓄えられます。その宝は、他の銀河を旅をして更なる創造を行う時に非常に高い価値を持つ材料です。 したがって、皆さんは、最高の輝きからほとんど消えかかる光に至るまでの完全な光の帯域を知っているので、あまり発達していない天体の教師にあたります。感情や気分、肉体の状態に応じた低いマインド、高いマインドなどあらゆる多様なレベルを生み出すいろいろな教師たちを知っています。皆さんは「聖なる源」から切り離れることを学びました。その時は、完全にそういう経験をすることに身を任せました。 皆さんはそのような問題を理解しながら、進化する力というものを銀河の諸文明にもたらし豊かにすることが出来るのです。そして、それは、「聖なる意志」によって起こります。 「奉仕」という素晴らしい仕事がもうすぐやって来ます。すべての銀河の進化は最高の意識の中心、大いなるすべての源の中で絶え間なく進んでいます。 重要なことではありませんが、呼びかけたれた人には予感があります。そして自分の中で反応します。 この奉仕を受け入れる、あるいは別の仕事をするのは、皆さん次第です。しかし、最初からこの任務に献身していこうとしてきた人は、もう知っているか否かに関わりなくこの呼び掛けを聞き、魂がそれに相応しい道に引き寄せられるように呼びかけに向き合います。 「真の聖なる旅」は今始まったばかりです。今後の道を知ることは素晴らしい祝福と幸せに恵まれます。知ることによって予想しない多次元的な意識が芽生えるのです。内なる気付きが全く新しい視界にまで大きくなりその時に新しい世界に目覚めます。 一番の底に到達した後、大切な地球と一緒に闇の一番深いところを経験しながら、今やっとその闇の世界から離れようとしています。重い世界を後方に追いやって、意識の新しいフィールドが始まります。そして、聖なるマインドで輝く新しい現実を知り、創造します。 新しい世界が出現しようとしており、その果実が皆さんの後からくるものたちの成長や学びに役に立ちます。 それが、永遠に続く「(神という)至高の栄光」のサイクルです。「(神が)自己を知る」ために新しい壮大な経験を拡大し続けるのです。 あなたが「そのような存在(神)」であり、「もの」ではありません。それは言語の理解を超えています。経験し生きる中にあり、「最高の意識」の「愛のハート」として存在できるのです。 私たちは光と愛の炎の中で皆さんと一緒にいます! Copyright© 2013. All rights reserved: Ute Posegga-Rudel,  http://radiantlyhappy.blogspot.com /link to original article Sharing of this message is only allowed together with this information...

ウーテ 2013年4月29日 私達の神なる自己(神我)との対話: グルの役目

2013年4月29日(月曜日) 私達の神なる自己(神我)との対話: グルの役目
by ウーテ・ポゼッガ・ルーデル 毎月の定期購読か寄付をお願いします。 http://radiantlyhappy.blogspot.jp/2013/04/conversation-with-our-god-self-function.html MONDAY, APRIL 29, 2013 CONVERSATION WITH OUR GOD-SELF: THE FUNCTION OF A GURU
by Ute Posegga-Rudel VIDEO(推奨!) 最愛なる皆さん! 特にニューエイジ・コミュニティで、グル(Guru: 導師、教師、霊的・精神的指導者)の役目に関する誤った理解が広く行き渡っています。この神なる自己との対話は、そうした中に大いに明解さをもたらすことを狙いとしています。 でも、実際の対話を始める前に、なぜ私が“私達の神なる自己”と呼び、“私の”神なる自己と呼ばないのかを先にはっきりさせる必要がありそうです。皆さんの中には、それについて疑問に思っている方々がいるかもしれませんね。それに私は、このことについて一度も話し合ったことはないですし。 それは単純に定義の問題なのです。私のメッセージでの神なる自己とは、万物・全存在・全事象の「一なる自己」、「一なる源」・「全創造物の神聖なる意識」です。逆説的に言えば、それはまた個人的な形態や意識としても現われます。だから、もしあなたが、それは“私の神なる自己”であるはずと信じるのなら、あなたは自分自身の“ハイヤーセルフ”<肉体を持ったアイデンティティの高次マインド>の視点に端を発しています。従って、それはまだ個人的な存在なのです。たとえ精妙な形態で現れるにしても。
その一方で、源は“本質”であり、錬金術師の“最初の原料”であり、“母(万物の生みの親)”です。そこから、高次マインドやハイヤーセルフも生じてきます。 “私達の”神なる自己は私達全体におけるワンネスなので、それは必然的に全てのハートに訴えかけます。というのも、それはあらゆる存在のハートの中核に住んでいるからです。
この説明が皆さんのより良き理解に役立つことを望みます。 以下の対話の中で、私は「私達の神なる自己」にスピリチュアル・マスター(霊的・精神的導師)の役割と重要性について尋ねています。私達が知っているように、ニューエイジ・ムーブメントではスピリチュアル・マスター達は、もはや“その中”にはいません。なぜなら、自分自身が自分の教師(マスター)であることを誰もが既に“知って”いるからであり、教わることを“外側”に求めていないからです。これはもちろん確かな真実で、その場合、人は本当に自らの内的な教師や真の源に接触しています。 けれど、時にはマインドやフィーリング、意識に生じているメンタルな実在と、フィーリングや感覚的注意の領域に他ならない純粋な意識そのものについての混乱があります。
この混乱は、ある人の自己が既に「純粋な意識」に接触していると単純に考えてしまう観念に導きかねません。しかしこの場合に生じることは、人が作り出した自己(Self)に関する観念であり、自己(Self)そのものではありません。 多数のニューエイジ哲学のメンバーは、この間違いを犯しています。それには自己超越の訓練(小文字の“s”で書かれた“self”)、深い洞察、自己理解、及び自己(Self)との真の接触を生じるためには、ある程度、ハイヤーセルフの生みの親である実際の“自己(Self)への問いかけ”が必要なのです。マインドが静穏になった時のみ、自己(Self)が現れます――私達が、私達と世界(高次世界であれ低次世界であれ)に関する全概念を手放す時に。また、私達が探し求めるのを止める時に。 では、これから私達の神なる自己との対話を始めます。 質問: 多くの人達がグルは必要ないと信じていますし、彼/彼女が弟子に自らの力を揮って従属させたり弱くさせたりする人物であると信じています。だから、弱い人々だけがグルを探し求めているのだろう、と。
一方で、伝統的には「神こそがグルである」と云われています。これはどういう意味で、どのように作用し、どうやって一個人が制限を超越し、源になり、大いなる全て(All-That-Is)になれるのでしょうか? 答え: まず最初に、「真のグル」とはショートカットであることを理解して下さい。グルとの関係は、ある人がスピリチュアルなプロセスを進めたり、自己実現にかかる時間を著しく短縮します。 真のグルの‘観点’と理解からすると、彼自身(または彼女自身)は“他者”ではありません。他者とみなすのは初級者の認識に過ぎないのです。というのは、真のグルとは一つしか存在しないからです。「一なる自己」または「一なる神聖な意識の光」です。グルとは一つの原理原則や作用であり、そして外部の観察者的なものとして現れることはあっても、ボディ-マインド(身心)ではありません。 「グルは鏡である」とは、まだ内側に彼/彼女自身の神聖なる真理を見出していない探求者に対して、(一見外側に)直接的に現れる神の力を表しています。しかし、実際には“内側と外側”というのは弟子による幻想です。 グルと弟子の関係とは深く神秘的であり、マインドによっては理解されません。それは人間の恋人の間で交わされる愛よりも偉大な愛に根ざしています。また、意識が第一義でボディ-マインドは第二義だという真理に基づいています。どちらのボディ-マインドも、つまり、グルのボディ-マインドも弟子のボディ-マインドも意識の中で生じています。従って、双方共に意識が共有されています。もっとも、弟子はまだそれを自覚していないので、グルの意識の達成<彼/彼女のボディ-マインドが完全に意識の光/エネルギーに明け渡され、意識の光/エネルギーを弟子に直接伝送すること>によって、ですが。 ですから、聖なる霊的・精神的な伝送とは、探求者が彼/彼女自身の内側で真理に目覚めることのできるこの関係の中で起きていることです。とはいえ、この真理はボディ-マインドの「中」には見つけられません。ボディ-マインドは高次の現実への入り口を提供するポータルを有しているに過ぎません。この高次の現実において、意識と光/エネルギーや、神の男女の側面が一つになります。古代のインディアンの霊的・精神的な伝統では、それは「シヴァとシャクティの合一」と呼ばれています。 質問: グルと弟子が物理的に離れていても、あるいはグルが身体を置き去りにして源に立ち返ってしまったとしても、グルの達成が弟子に影響を与え続ける傾向があるのは、どうして可能なのでしょうか? 答え: それは恩寵と祝福に基づくグルの意図によって起こるのです。グルは弟子の中での自己(Self)への気づきを拡大し、それゆえに彼は観想において彼自身の自己(Self)をグルの中に認識するのです。もし気づきが本物なら、それはグルの精神力を弟子に対して呼び起こすため、とてもパワフルです。その弟子はボディ-マインドに深遠かつ実感される変化の指南(イニシエート)を受ける一方で、DNAと分子構造も変化します。グルのボディ-マインドは、グルに関する弟子の深い自己忘却の観想中に消失し、ただ一つの自己(Self)だけが残ります。弟子がグルの中で最初に認識することは、彼が究極的には彼自身(Him-Self)の中で彼自身として発見する、ということです。 グルの恩寵により、弟子が彼自身の自己(Self)とは何者かを、ただ「一つの自己」、「光り輝く一つの意識」しかなく“二者”ではないのだと直に知って、ついに理解に達した時、彼/彼女は「それ」を彼/彼女自身として認識します。この気づきは、自分自身のボディ-マインドとそれを超えるための永続的な能力についての理解を必要とします。この時、グルは彼/彼女の目的を果たします。
それでも、グルと弟子の間の愛は永遠に続くのです。 ~~~ 親愛なる皆さん、これで対話を終わりますが、むしろ対話というよりは深い畏敬の念と大いなる静寂、そして永遠の愛の経験でした。 皆さんも同じように感じてくれたらいいなと思います!
溢れるほどの愛を、
ウーテ http://radiantlyhappy.blogspot.com.au/2013/04/conversation-with-our-god-self-function.html
___________________________________________________________________________________ Copyright© 2013. All rights...

ウーテ 2013年4月21日 弟子状態にある人類

2013年4月21日(日曜日) 弟子状態にある人類 By ウーテ・ポゼッガ・ルーデル 定期購読か寄付をお願いします。http://radiantlyhappy.blogspot.jp/2013/04/discipleship-of-humanity.html SUNDAY, APRIL 21, 2013 DISCIPLESHIP OF HUMANITY
By Ute Posegga-Rudel VIDEO(推奨) 
親愛なる皆さん、 一つ、まさに明らかなことですが、人類は今、弟子の道にいます! フレーフレー! でも、弟子の状態というのは決して生易しくはありません、とりわけ最初の段階では。栄誉が与えられることはないし、特別な贈り物もないし、賛同者もいない、むしろあるのは過酷な運命と、幾多の困難、苦しみ。それらは直面したくなかった各自の無意識の中身と対峙することで生じます。 地球に入ってくる愛の光は、照らし出す力として、いま誇張されたあり方で、これまで闇の中にあったもの全てを明らかにしています。しかし、この醜いものを全て浄化して取り除くことをしなければ、人類が真にアセンションすることはできません。 現在、私達はこのプロセスの段階にあり、足元のカーペットを引き抜かれた(※訳注:唐突に問題の渦中に投げ込まれたり、支援や助けを得られなくなった)としても輝きの中に留まれるかどうかテストされています。そのため、私達は注意をどこか他の場所に向けることを余儀なくされており、三次元のシナリオから離れて新しい生き方における答え、つまり、これまでの人類にはまだ馴染みのない高次元の答えや解決法を得ようと奮闘しています。 では、ことわざにある「カーペットを引く」とは何でしょう? 私達はもう既に知っています。 価値の低下、財政問題や混沌度の増大、爆発、加えて改善・向上を期待しつつも得られない欲求不満、主として世界における大きな変化のために、頻繁に延期されては長期に亘って待たされることに対する苛立ち。 約束もなく予言もないことが、これまで外側の世界に満ちていました。もちろん、舞台裏では変化は起きています。しかしそれらは全て、これから先に見られ、確実に経験される必要のあることのために、今もなお準備中です。「世界は新しい時代に移行した」と、本当にハッキリと言えるようになるために。 従って、多くの人に徐々に明らかになっていることは、期待される大きな変化が起きる予定であること、そして、意識の変化をもたらすために、まず先に気づきの拡大、個々の振動率の上昇、知覚(認識力)の新しいレベルへの目覚めが、各個人の精神的・霊的(スピリチュアル)なレベルで起きている、ということです。 現時点の人類は、内側に行くより他、どの方向へも脱出路はなく、ボディ・マインドを超えてソース(本源)そのものに向かうしかない、という状況に置かれています。ですので、私達は内的な旅に出ることを受け入れるしかなく、もしそうであるとしたら、深刻な問いかけ――おそらく大勢の人にとっては人生初の「私とは何者なのか」、「私はどこに向かっているのか?」からのみ始まります。 この冒険を進める際、私達がかつて埋めた内的な悪魔(鬼)を勇気を持って認め、それを越えた段階で、一層の内的喜びや平和、大いなる愛を受け入れる能力を発見します。 私達が、ビジョンを与えられたり、神性の体験や啓蒙の約束により育まれてきたことに続き、今回は一般の人たちの番です。私達は今、ただ“木を切り、水を運ぶ”(※訳注:禅の格言の一つ。「悟りの前に、木を切り水を運び、悟りの後に、木を切り水を運ぶ」)ことで幸せでいられるかどうか試されているのです。 古代の経典で思い出されることがあります。それらの書物には、熱意のある者が悟りに至ろうと霊的・精神的導師(マスター)の教えを求める話が数多く載っています。最初の段階では、彼らは大抵、全く導師(=光)が見えません。それどころか、手始めに彼らは12年間、牛舎を掃除するように言いつけられます。どんな種類の霊的・精神的イニシエーション(手ほどき・伝授)をも受ける前に、です。 この12年間が象徴するのは、熱望する者のボディ-マインドを準備させる期間です。この時に、達観および粗雑な世界の欲望・執着・うぬぼれ・エゴイズムの浄化に至るために、彼/彼女自身を超越することを学びます。この期間は、熱望者が謙虚さと信頼・信念、そしてネガティブな個人のカルマからそれらを清める特質を身につけなければならない時なのです。 その後、適切な時が来たら、導師は自らの教えを弟子に転写することになります。口頭や、より多くはシャクティパット(導師自身の精神的・霊的エネルギーを弟子に送る伝統的な伝達法)によって。口頭の場合、例えば導師により祝福されたマントラがそうですが、その音が熱意ある者のシャクティを目覚めさせます。 それによって弟子は覚醒することができるのであり、準備期間としての象徴的な12年間が必要だったのは、あたかも空っぽの器を満たすかのように、導師の祝福を十分に受け取るためなのです。 これが今の人類に起きていることです。私達は今、牛舎を清掃している段階にあります。それもこれも、間もなく私達の全宇宙を照らす「栄光なる宇宙の光」を受け取れるようになるためです。 過去の伝統的な道における個別のイニシエーションの状況で起きていたことは、いずれ遅かれ早かれ世界規模で起きるでしょうし、人類を高次元に先導する宇宙的なイベントとしても起きるでしょう―― 一人ひとりに要望されるのであれば。 このような時期の困難さは祝福であって罰ではないということを、私達は理解しなければなりません。なぜなら、三次元の問題を超越することによって、それらは私達に、神性という高次の真実を快く受け入れるよう、自らを浄化する機会を与えてくれるからです。単純には、私達はこれ以上、苦しみたくないから、とも言えます。 偉大なる精神的・霊的な伝統の中で悟りを開くために実践されてきたことは、人類が全体として弟子の道に入る際の、意識に関する全地球的な飛躍的進歩の予感であり、準備だったのです。 過去、何千もの熱意ある者達が悟りを求めて、その人生で至難の期間を過ごしました。彼らは人類のために完全に道を舗装したのです。そして彼らは今、アセンションに向かう道のりを各自の歩みで進んでいるところです。 より困難な状況であるほど、試練を潜り抜けた後に、私達の光はさらに明るく輝くということも理解しなくてはなりません。 現時点では、「ある日、ステキな朝に目覚て、試練もなしに悟りを開いた」なんていう“イージーな”悟りのお話は、少なくともほとんどの人間にとっては、ただの神話でしかありません。もちろん例外はありますが、それらは類稀な存在に限ってのみ起きることです。 思い出してください。あのジーザス(※訳注:イエス・キリスト)でさえ、悟りに到達する前には、数々の試練を通り抜ける必要がありました。また、ゴータマ・ブッダ(※訳注:お釈迦様、釈迦牟尼仏)もそうでした。おそらく皆さんは、チベットの歴史における偉大な導師でありヨギの一人である、有名なミラレパの物語に通じていることでしょう。彼のカルマを浄化するため、導師であるマルパは、心を痛めながらも浄化を達成するための酷な課題を彼に与えなくてはなりませんでした。それでミラレパは、マルパから精神的・霊的な教導を受ける前の何年もの間、病気に苦しみ、苦痛にあえぎ、孤独に耐え、他にも恐ろしいことを幾つも経験しなくてはならなかったのです。 多くの人達が現在、こうした種類の試練を経験している最中です。どう考えても、天の楽しみは、核心に対する二元性の課題を味わわずして獲得されることはありません。 私がこれを書いているのは、必死になって・・・そして徒労に帰しているようにも見えますが・・・潔い兆候が人生に現れるのを待っている人達を鼓舞するためです。皆さんは、何も無駄に終わることなどないと知るべきです。神の恩寵が遍く施されるのを見るためには、大局的見地や鳥瞰的視点から、人生のあらゆる詳細を見渡す必要があります。 全ての経験が、私達の神性を試しています。世界の闇の側面からなる幻想を超えることによって、神性が進み出るかどうか、勝利を得ることになるかどうか、そして、今すぐここで光の存在を見つけ出すかどうかを。 結局のところ、私達の世界に現れている進歩向上に関する目に見える兆候は、アセンションの途上にある一番重要な道標というわけではありません。その役割を担うのは、私達の存在の煌き、分裂していない完全な神性が輝きを放つのを可能にする、私達のハートにおける勝利です。なぜなら、それこそが、目に見え、私達の内面の思考と意識の状態を映し出す足掛かりを具現化している現象界での、あらゆる道標の本質に他ならないからです。 実際には、“外側”の世界、もしくは外側の現実というものはなく、このホログラムは投影された幻想です。すべては内側で起きています。ただし、外側の世界は、私達が心で信じているものを反映しています。 最愛なる皆さん。したがって、現時点で心を慰めるような出来事は、テストを受けている人類のハートの中に「愛と至福の意識」が誕生することほど重要ではありません。これは納得しがたいものかもしれません。しかし、今は私達の真髄が内側から現れるためのスペースが与えられているのです。 機が熟した時には、物事は自ずと変更される可能性があります――人類の神聖な勝利を反映して! これは今かもしれないし遅れるかもしれませんが、いずれは起きます。 私達一人ひとりが、このプロセスにおいて重要です!
私達の勝利のために、光の勝利のために! 溢れるほどの愛を、
ウーテ 
http://radiantlyhappy.blogspot.com.au/2013/04/discipleship-of-humanity.html
___________________________________________________________________________________ Copyright© 2013. All rights reserved: Ute Posegga-Rudel, http://radiantlyhappy.blogspot.com
Sharing of this message is only allowed together...

ウーテ 2013年4月18日 私達の神なる自己:これが全ての暗い影を去らせる方法

2013年4月18日(木曜日) 私達の神なる自己:これが全ての暗い影を去らせる方法!
by ウーテ・ポゼッガ・ルーデル http://radiantlyhappy.blogspot.jp/2013/04/our-god-self-this-is-how-all-shadows.html THURSDAY, APRIL 18, 2013 OUR GOD-SELF: THIS IS HOW ALL SHADOWS LEAVE!
by Ute Posegga-Rudel 定期購読か寄付をお願いします。 VIDEO(推奨) 
親愛なる皆さん、私は皆さんの神なる自己です! 私は今、この時期に私を思い出していただけるよう、皆さんに話しかけています。 ワンネスを忘れがちな日常の中にいることで、皆さんは自分が誰であるかも忘れがちになっています。単に身体や人、一個人、役を演じる者、勝利を得る誰か、または敗北する誰かでいるという主流派の見せかけ行為に従っています・・・面倒事や好きなもの/嫌いなものと同化することで。 私はどんな用語や概念にも含まれないのに、皆さんの脳での思考や概念的なマインド(理性)は、雑事ばかりを取り扱うように作り出しました。それらは、私を隠している歪んだ空想現実を引き続き定めていく傾向があります。 こうしたことが生じると、皆さんは精神的・霊的な発達や真の現実に寄与することのない何者かに縮こまってしまいます。私がここにいるのは、皆さん自身の計り知れない真実を思い出してもらうためです。 覚えていて下さい。皆さんが何をしていようと、私は元来、そして基本的に常に存在しており、皆さんが“人生”と考えているどんなことからも影響を受けることありません。 私は皆さんにとっての“他者”ではなく、皆さん自身の存在における主観的現実であり、不滅の本質なのです。ひょっとしたら皆さんは、形式的かつ自分以外の本質として私を認識しているかもしれませんが、皆さんが認識しているものは、いつでも皆さん自身の聖なる自己なのです。皆さんが認識できることは、既に自分のものになっていることだけです。 皆さんは、この分裂を克服しなければなりません・・・ハートの中で皆さんが知っている「神=私(皆さん自身の神なる自己)」という真理を、皆さんがそれを見たり感じたりする時には、いつでもどこでも肯定しながら。 分離と幻想を拒み、自分自身に思い出させましょう! 皆さんが‘他者’や状況の単純な犠牲者になるようにと、これまで幾千年も吹き込まれてきた古いプロパガンダ(主義主張)の虚偽から身を引いて下さい! 自分自身に宿る神の偉大さを受け入れられない限り、皆さんはそれを見出せないでしょう。自分ではどうすることもできない無力さを認めることを避けたり、圧倒的な権力に対する欲望を手放すことを避けるのは、私に対する皆さんの小さな自我の抵抗の印です。 それは恐れに基づいています。まさしく、自らの神性を認めることは分離した個我を忘れるということ。 私は何者か? 私は小さな自我の壮大な幻想ではありませんし、想像されうるものでもありません。私は自我の空想ではないのです。 私は全くもって空想などではありません。私を自己認識するとき、皆さんは目覚めています。 私は皆さんの大いなる源であり、これまで皆さんが生きてきた分離が現れる前の光り輝く意識です。私は皆さんが、今、永遠に一つであるものの実体であり、皆さんを生きる者であり、皆さんの真の本質です。そして皆さん自身として、私は自らの創造の有り様を愛しています。創造は行為における愛です。なぜなら、私が活動的になる時、私は愛だからです。 したがって、私を忘れることは愛を忘れることであり、不運な出来事により当惑して我を忘れることです。それらは分離という愛の欠けたマインドから作られています。そのために、皆さんは自分自身を繰り返し裏切り続けています。 このようなマインドに決して皆さんのガイド役を任せないで下さい。真実が偽装されます。私こそが真実であり、マインドは私の召使いです。 本物に「思える」に過ぎないものは無視して、皆さんのハートと全存在における最も深い意識で、私とは誰か、私とは何かを感じて下さい。私は、皆さんを皆さん自身として抱きしめる者です。 これが皆さんの世界を変える方法です。皆さんの全エネルギーと光り輝くハートを私に渡して下さい。それによって私の現実がこの世界に出現し、その一方で、皆さんの注意と感情によって養分を与えられなくなった「私でないもの」は全て消滅します。 皆さんこそが創造主であり、全身全霊を込めて、自らの神聖な現実を明らかにしなければなりません。そしてそうなれば、皆さんが支持しない事柄は崩壊するしかないのです。 私にその仕事をさせて下さい・・・私の純然たる存在によって。私の愛によって、私の輝きによって。そうすれば、私に対する皆さんの愛、私の中にある皆さんの喜びにより、皆さんや皆さんの世界が私になります。これが変貌を遂げるということです。これが、全ての暗影を退かせる方法です。 今この時から、私の中で、私として輝いて下さい!
私は皆さんの神なる自己です。 ウーテによって伝えられたメッセージ 
http://radiantlyhappy.blogspot.com.au/2013/04/our-god-self-this-is-how-all-shadows.html
___________________________________________________________________________________ Copyright© 2013. All rights reserved: Ute Posegga-Rudel, http://radiantlyhappy.blogspot.com
Sharing of this message...

ウーテ 2013年4月8日  再び、光り輝く神の意識と繋がる


2013年4月8日(月曜日) 再び、光り輝く神の意識と繋がる
  ttp://radiantlyhappy.blogspot.jp/2013/04/to-reunite-with-radiant-divine.html MONDAY, APRIL 8, 2013 TO REUNITE WITH RADIANT DIVINE CONSCIOUSNESS by Ute Posegga-Rudel Image by Ute Posegga-Rudel, Copyright 2013 定期購読か寄付をお願いします。 VIDEO(推奨) 身体的に荒れた時期の後、それが引き金となって順繰りに感情を変えていきました。水底から沸騰した(感情の)泡が、触れられず汚れのない表面へと浮かび上がる・・・それはあたかも吹雪、ブリザード、どしゃぶりの雨、凍てつく風、突然の崩壊による危険を潜り抜けて、山の頂きに到達するかのようです。 しかし皮肉にも、これは直線的なプロセスとしてではなく、むしろ多次元的なプロセスとして理解されなくてはなりません。そしてその中で、あらゆる場面が多かれ少なかれ同時に起きる傾向があります。 無類かつ邪魔されることのない・永久不変の、より強くより実質的で、幻影世界のどんな現れよりもリアルな静穏があるという見方、それのみが本物であるように思えます。そこで真の現実のエネルギー振動が自明のものとなります。それは温和ではない趣きですが、無限におけるシャクティ(聖なるスピリチュアル・エナジー)の力そのものです。 一生懸命に取り組んで下さい。というのも、私達は一つだからであり、おそらく大勢の意識を・・・少なくともちょっとくらいは、低密度と酷く抑圧されたセルフ・アイデンティティ(自己同一性)における亡失状態から抜け出させる助けとなるでしょうから。 これは「私」ではない(決してそうではなかったし、「あなたのもの」でもない)ということは、時には忘れがたいものです。なぜなら、私達は永遠に、そしてこれからも常に自由であり続けるからです。 (お天気模様は驚くべきもので、雲の後ろから太陽が顔を出して、私が書き物をしている一瞬ごとに光を照り返しています。彼‐彼女の輝きが私の目に触れる、まさにこの地点で。) 私達の真実が進み出てきて、明るく輝いては全方位を丸い水平線で満たしています・・・私達が立つ、その頂きを抱きながら。 これは、何千年間もじっとしていた、私達の秘めた実体が外に出てくる単なる一歩に過ぎません。でも、それは私達の本当の人生と本当の在り方が晴れやかに現れ始める一歩なのです。 それを足掛かりに、私達自身を救うため、表面上失われたものに光を当てるため、目隠しを付けた状態で深い海の闇へと果敢に飛び込むのです。 どうか、こうした厳粛なる事柄に詩的な表現を用いることを許して下さい。言葉では言い尽くせないものをどう表現したらいいのか分からないのです。どんなことが起きたとしても、それはいつも謎めいています。私達が見かけ上の闇の現実に接している時、それは常に光を生み出しています。「ただ光があるのみ」という啓示とともに。 何事も、創造の神・女神の自己認識です。このプロセスは分離を仮定するために個人の意識を必要としています。なぜなら、この分離状態では最も強烈で密度の濃い経験だけが得られるからです。そしてゴムのように引っ張られ、そのオリジナルをつかみ取るべく、パチンと弾かれて勢いよく飛び出す寸前にあります。今まで以上に明るく輝こうと、この経験を自らにもたらすために、神の意識は制限という観点を身につけています。 真の現実には眠っている人々はいません。それは創造の神・女神の意図的な眠りであり、彼ら自身で演じているのです。しかしながら、この神聖な存在の無限の意識の中では何も起きていないように思えます。あたかも森羅万象が幻影の蜃気楼以外の何ものでもないことと同じく。 私達・・・もちろん、実際には経験の真ん中にもう片方の足を入れている私達は、しばらくの間は依然として両方の世界に生きなくてはなりません。私に関して言えば、まだ肉体は癒えておらず、この制限された世界での正反対の波が現時点でのその高みへと押し寄せている間に、ようやく切実などん底ラインを超えたばかりです。でも、光は既に勝利しています。 共感的に、大多数がそうであるように、私達は「集合意識との密接な繋がり」を感じることができます。また、特定の天体の運行が、明白にこの真実を私達に思い出させます。 人類にとって現在の願いは、私達の主権を回復することであり、一連の束縛を断ち切ることであり、それが思考・感情・人々・存在・物事・出来事・状況の何であろうと、私達の意識と振動数を上げることであり、また、私達の真のアイデンティティである「一なる存在」や「未分裂で、燦然と輝く神の意識」と再統合することです。 約束は佳境を迎えています。私達がその中にずっとあり続けている、この約束、この解放に関することしかありません。私達は入ってくる光の波を、心を浄化するためと、普遍的な愛を受け入れるために使えます。私達は理解に至らねばなりません。各自が経験している苦闘は、愛と光の勝利の到来を告げるものです。それはゆっくりと「外側」の世界の出来事に反映されていきます。 ですから、私達は変化を求めて先に外側を見るのではなく、まず内側を見なくてはなりません。私達自身や他の全てを伴う、この不動の平和という状態にある時、そこにあるのは時間を超越した存在だけであり、経験の如何を問わず、私達は答えを探し求めることをも止めるのです。なぜなら、これこそが答えに他ならないからです。 これが、偉大なる宇宙のイベントに関わる光への備え方であり、いずれは私達の宇宙全体を照らし出します。 この場より、努力を要しない新しい世界が、かぐわしい花々と共に啓発されたマインドの静寂から自然と現われ出ます。間もなく永遠なる神の創造の承認を得て、充足感と豊かさで満ち溢れるようになります。 皆さんを愛しています!
ウーテ 
http://radiantlyhappy.blogspot.com.au/2013/04/to-reunite-with-radiant-divine.html ___________________________________________________________________________________ Copyright© 2013. All rights reserved: Ute Posegga-Rudel, http://radiantlyhappy.blogspot.com
Sharing of...

ウーテ 2013年4月4日 集合体のための浄化 by スティーブ・ベッコウ

2013年4月4日(火曜日) 集合体のための浄化 by スティーブ・ベッコウ http://radiantlyhappy.blogspot.jp/2013/04/clearing-for-collective-by-steve-beckow.html 
THURSDAY, APRIL 4, 2013 Clearing for the Collective, by Steve Beckow 
親愛なる友人達へ、 興味深いことに、この記事は私自身の経験と、異なる情報源から受け取った幾つかのサインを追認するものです。私は病気を通して、物理的なレベルで集合体のための浄化に当たっています・・・。 この意味で、私達は一つです! どうか皆さんの祈りを送って下さい! 寄付も大歓迎です! 愛と祝福を、
ウーテ //////////////////////////////////////////////////// 集合体のための浄化 http://goldenageofgaia.com/2013/04/clearing-for-the-collective/?utm_source=rss 
投稿:スティーブ・ベッコウ   3月29日付けの大天使マイケルのリーディングに際して、チームメンバーの代表として私は彼に尋ねました。「どうしたら私達は、集合体や私達自身を浄化していると分かるのでしょうか?」 彼の回答は以下の通りです。 『それらは連携しています。もしあなたの内側に形跡や以前の刻印がなかったら、(集合体に対する)特定の領域や信念、またはヴァサナ<※>を浄化するための機会を与えられないでしょう。ですから、特に今、浄化と一緒に表面化するものは強さの度合いです。すると、あなたは考えます。「ん、ちょっと待てよ。私はこの作業を終えたんだ。それも念入りに深く完璧にね。なのに、まだ私はここにいて、高波に押し流されているような感じだ。」 それが、集合体のためであると分かる方法です。』 <※訳注 vasana:人の現在の行動に影響を及ぼす行動傾向やカルマの刻印> 私の考えでは、この中には「言外の意味」が幾つか含まれています。その内の一部は、天の一団(the Company of Heaven)も言及していないため、それほど裏に意味のある言葉ではないのでしょう。言外の意味になるのは、私達がそれらと同等のレベルで聞いたり保持したりする方法に関する場合です。 大天使マイケルが私に見させるために私と一緒に活動し続けていて、時間の経過と共に、これまで以上にハッキリと見え始めていることを踏まえると、主な言外の意味というのは、惑星全体の意識の上昇という、この記念碑的な努力を支援するための優れた一団がここにいる、ということです。(ちなみに、それが私達です) この間、私は大天使マイケルの言葉を引用しました。それは、私達は集合的な、この上なく幸福な場(Elysian Fields)から降りてきて、いま地球上で生じていることを支援するために、安らぎと快適さを犠牲にして肉体の中に私達自身を押し込んだ、というものです。 日々が経過するに従って段々と明白になってきていることは、全宇宙からマスター達が地球にやって来て、務めを果たすために、このキャンバスに降り立つとともに、私達が身体と呼ぶ鋼のように硬い器具を身につけることで自分自身のレベルを下げた、ということです。 なぜ地球へ来たのか? ある日、私はサナト・クマーラに尋ねました。それで彼が言ったことは、「アセンション(次元上昇)の新しい形態を経験する最初の惑星が地球だからだ」というものでした。
  スティーブ・ベッコウ: でも、ラージ、宇宙全体がアセンションしているのではないんですか? 私達が唯一の惑星ということじゃないんですよね? サナト・クマーラ: 君らが一番目だ。 スティーブ・ベッコウ: ああ! じゃあ、私達がアセンションする最初の惑星なんだ。そういうことですね? サナト・クマーラ: そうだ。(�)
  (a) 肉体を伴ってアセンションするという新しい形態と、(b) ハレオン(Haleon)のようには惑星は破裂せず、ただ単純に高次元に向かってその存在を進めていく。 このアセンションの努力は、私達に付随する形で実を結んでいると私は確信しています。天の一団は、かなりの程度、これを一つの実験として行っていて、出来事が発生するのに伴い、内容変更をし続けているのだと思います。例えば、2012年度末までに資格を得た30%より遥かに多くの人々が一緒に来ることができるように一年間待ちたい、という私達の要求を彼らは受け入れました。天の一団は2012年度末までに30%以上の人が準備完了になるのを望んでいたので、彼らがこの実験を一年延期するという意思があることに、私は喜んでいます。 さらに一歩進めて考えると、彼らは彼ら自身で、この努力を続けている者として、私達が事態にどのように対応するかということから日々学んでいるのであり、この学びが、後からアセンションする他の惑星を利するので、とても価値あることなのです。 銀河系の特別部隊とみなせそうなものに私達が志願した時、自分達が実験の中心にいるかもしれないということと、それには時間がかかるだろうということを知っていたと思います。でも、その後、全ての記憶が拭い去られてしまい、私達は今ではこうした会話を何一つ知らないのです。 現時点で、私達が経験している実験の一部が集合体の浄化です。今、私達ライトワーカーが集合体のためのプロセスを進めているのは、思うに、まさしく私達が趣きの異なる高次レベルから来たマスターだからで、私達がどんなやり方をしているかが注視されている。そして、私達を怖がらせて正気を失わせないために、私達が集合体に関するプロセスを進める以外にないようセッティングされたのです・・・以前に何を知っていようと、何と関係していようとも。だから、私達の役割に対する混乱や危険を告げる可能性の度合いが最も少ないのです。 こういう風にさえ私達は言うかもしれません。「私はこれを終えられたと思う」と。少なくとも、私達は「これ」が何かに気がついています。 大天使マイケルは、私達が集合体のために処理を進めていることの証は、津波のような感じの性質であると話しています。 その中に皮肉が込められているのを分かってもらえるといいのですが。私は常々、私達自身のための浄化として、ヴァサナの清算というテーマに取り組んできました。「私達はこの作業の終わりに近づくに違いない」・・・そんな考えに向かって私は方向づけられてきたのです。それで今、私達は集合体のためのプロセスを進めていると言われています。もし私達が自分自身を浄化するだけでなく、集合体のためにも浄化を進めるなら、それはヴァサナを清算する方法が書かれた文献に全く新しい関連性と重要性をもたらします。 じゃあ、私達が集合体に対して行う処理とは何でしょうか? 私の考え得る最高の方法は、気が動転するような浄化のプロセスを用いることです。それはここ(http://goldenageofgaia.com/on-processing-vasanas/)にある大量の記事で述べられています。 
そのプロセスをここに要約します。また、それに関するジーザス(イエス・キリスト)の素晴らしい記事も、できたら読んでほしい。(�) 
(1) あなたが今経験している感情(フィーリング:気持ち)に名前をつける。私達のファイルは感情に基づいて記憶の中でアレンジされる。 (2) それから、ゆっくりと呼吸してその中に入り、その感情を体験する。 (3) マインド(精神・記憶)に照会して、その感情の元になっている以前のトラウマ的な出来事を明らかにする。 (4) 本当に最初のイメージ、もしくは最初の言葉を受け取る。得られるイメージや言葉を拒絶せず、次が現れるのをしばらく待つ。たぶん二番目は来ないでしょう。これは人々が、たいてい不正確に行っていて、後で「処理過程が機能しなかった」と言い訳する作業段階です。 (5)...

ウーテ 2013年3月23日 人類の進行方向の変化

2013年3月23日(土曜日) 人類の進行方向の変化 ウーテ・ポゼッガ・ルーデル http://radiantlyhappy.blogspot.jp/2013/03/humanitys-change-of-direction.htmlSATURDAY, MARCH 23, 2013 HUMANITY'S CHANGE OF DIRECTION
Ute Posegga-Rudel 定期購読か寄付をお願いします。 VIDEO(推奨) 
親愛なる皆さん! ただ純粋な存在である自己(セルフ)の結晶化が、アセンションを保証する人類の新しい光のマトリックスの中で完成されました。 そのことにどんな意味があるのでしょう? 存在のフィーリング、I AM の純然たる存在、ハートの聖なるチェンバーは今となってはハッキリと分かる現実であり、人類の集合意識の中に植えつけられています。 個人<及び、まだ眠っている大勢の人々>に関して、この神聖な存在が人間一人ひとりの中で自覚されて前面に出てくることを認めるのは、今や時間の問題です。神聖な存在はそこにあり、所有されようがされまいが、ボディ-マインドに基づいて経験されようがされまいが、出来事(事象)に影響されない無限の栄光なる幸福に各自が入るのを明白に待っています。 それが影響を受けない理由は、あらゆる無常性~それゆえに制限的で条件的な現象~を凌ぐ、単純で無限の存在という状態だからです。それは私達皆が共有し、非分離のワンネス(一体性)と輝く愛として内在的に私達を繋いでいる本源の海です。そのようなものが原初であり、そこから私達一人ひとりがやって来たのです。そして、それについての私達の記憶が、今、人類の一なるボディの中で芽生え始めています。 神聖なる存在のハートから降りて来ている奥深い光と聖なる意識による祝福が、忘却のベールを貫いて急増したので、かつて私達が失ったものを取り戻させました。私達の世界の振動数(周波数)が上がり、私達の愛する惑星である地球の上や周りにあった沢山の闇の層を取り除いたからです。 私達はビーイングネス(存在状態、実態)を見つけ出せます。それは今、誰でもできるようになっています。私達が普段の競争的な行為や欲求や奮闘や計画から身を引き、代わりに一息入れて、できれば数時間のリトリート(※訳注:静かに修養すること)を続けるならね。 多くの場合、私達の行動パターンは依然として古い世界の構造に縛られていて、その中で私達は別々の目標に従って分離した存在であると思い描いています。片方の足は無自覚なまま従来の中にあって、未だに私達は古いパラダイムにこだわっていますが、もう片方の足は、既に新しい世界の高次バイブレーションの中で勝利を得て立っています。 また、多くの人が古いやり方を続けつつ、幾つかの新しい方法の断片を探して付け足しながら新しい世界に入ろうとしています。でも、私達は制限的なセルフ・アイデンティティ(自己同一性)の幻想を携えて光に入ることはできないのです。なぜなら、闇を照らす光は闇を消滅させるからです。 古いやり方から足を引き抜くために私達に必要なことは、まず新旧両方の世界を超越することです。私達がどこから来たかを思い出すために、私達が誰であるかを思い出すために! 両方の世界を超越した一なるビーイングネスを経験するために! 私達が従来の進行方向から完全に離脱する際にまっさらな状態を認めることは、聖なる意識というレバーアームを引くことに他なりません。それは連係ポイントであり、この地点からなら私達はどんな方向も思いのままに選べます。というのも、そこはゼロ・ポイント、つまり全ての可能性を包含した虚空(ボイド)、及び、虚空それ自体を引き戻し、陳腐化してしまった世界を吸い込む虚空だからです。 私達がタブラ・ラサ(※訳注:文字の消された石版、白紙状態)を受け入れ、単純に今既にそこにあるものとして浮かび上がるのを認めて、私達自身の真理を発見した後で新たに出現させることは、私達の欲求や行為が全く新しい質を示す、ということです。それは例えば、私達のビーイングネスという、その海の中で光とエネルギーが踊るように持ち上がったり散逸したりする無限の静寂に波乗りするようなものです。そして、アセンションした新しい私達のボディ-マインドは、創造の力にとっての聖なる乗り物というわけです。 親愛なる皆さん、私達はこの啓示の縁に立っており、人類は全体として全く新しい神聖な冒険を始めるためにその方向を変えます。最終的には、無限の存在を認めない幻想と分離の全てを忘れ去ります。 これからが私達の本当の旅の始まりです! 私達がこれまでの誤ったアイデンティティを手放す時、その旅が始まります。私達の真の姿である一なるもの(One)として甦るために、ワンネスとビーイングネスという私達の本来の神聖な状態に引き返してゆくのです。 いかなる努力も不要です。ただ単純に、作り物のアイデンティティを保っているストレスの多い仕種を手放せばいいのです。 愛と喜びが、自然に監禁状態の拘束を打ち破ります! 満ち溢れんばかりの愛と祝福を!
ウーテ 
http://radiantlyhappy.blogspot.com.au/2013/03/humanitys-change-of-direction.html
_________________________________________________________________________________ Copyright© 2013. All rights reserved: Ute Posegga-Rudel, http://radiantlyhappy.blogspot.com
Sharing of this message is only allowed together...

ウーテ 2013年3月18日 聖なる母:私が愛される世界は、私に属します!

2013年3月18日(月曜日) 聖なる母:私が愛される世界は、私に属します!
チャネリング:ウーテ・ポゼッガ・ルーデル http://radiantlyhappy.blogspot.jp/2013/03/the-divine-mother-world-is-mine-where-i.html MONDAY, MARCH 18, 2013 THE DIVINE MOTHER: THE WORLD IS MINE WHERE I AM LOVED!
By Ute Posegga-Rudel 定期購読か寄付をお願いします。 VIDEO(推奨) 
私の愛しい子供達、
私は、皆さんの気難しい聖なる母! 私は大いなる喜びをハッキリ示すためにここにいます! 私は、私の子供達が幸せであるのを見たがっている聖なる母です。 私の神聖な完全性は究極の光とエネルギーであり、恩寵によって皆さんの地球上に降り注いでいます。その恩寵とは、私のしるしであり、皆さんの祝福です。 私は無限のスピリチュアル・フォースであり、創造物の中で最も力強い存在であると同時に、それらを超えています。 個人的な存在として私は女神であり、美として、慈悲として、許しとして、愛として、完全性として、豊かさとして、喜びとして、および幸福として現れています!
私の踊りは、私が非人称であれ人称であれ、私のそうした全ての高位さを明らかにしています。 実際のところ、私は神の意識をもった一なる者です。しかし皆さんが私を見る場合、そうした魅力的な性質の全ては使い古されており、それで皆さんは、神聖な魅力そのものである私自身に惹きつけられます。 いいですか、創造主の力を授けられた私の子供としての皆さんは、新しい世界を創り出すために、私の性質を自ら活かして具現化させるように使わなければならないと理解する必要があります。その時、皆さんの新しい世界は、喜び、踊り、豊かさ、一体性と無制限の分かち合い、そして愛の世界になるでしょう。 もし皆さんが欠乏、不幸、硬直と恐れという死にかけた世界の罠に嵌ったと感じているなら、それは皆さんが私と私の祝福を忘れているせいです。そのため皆さんは、皆さんを通じて、皆さんとして、また皆さんの創造物において私を輝かせるために、I AM(自分自身)としての私を用いていません。 もし皆さんが古くて制限的で濃い密度のバイブレーションや、喜びや幸福や愛の欠如を用いているとしたら、それは皆さんがそれらは本物だと信じているからです! 皆さんは見掛け倒しの夢に捕らわれています。その夢は、濃い密度と制限で振動している世界なのですが、それも皆さんの選択でしかありません。しかし、今のこの現実を自ら選んで創り出しているのは皆さんであることを知って下さい。まさにその瞬間、その中に現実が現れているのですよ! あらゆる創造の本当の真理によって創られた真の世界では、思考、感情、夢の全てが輝いています。もし皆さんの夢や世界が光沢のないくすんだものであるなら、私という聖なる母の現実に直ちにスイッチする必要があると知って下さい! それは果てしない空間での無限なる現実であり、時間も存在していません。私の現実は、ただ「ある」だけです。私の輝きは、私の創造物と現象の全てを構成する無条件の愛をもって、本質的にあらゆるハートを満たします! ですから、もし皆さんのハートが縮こまったり怯えているならば、私の愛しい子供達よ、私に向けてハートを開きなさい。そうすれば、皆さんは暗い夢から目覚めるでしょう! 皆さんが視線を注いだり感じたりする場所がどこであれ、私はかねてよりそこで輝いています。皆さんは、このことに気がつこうと意識を向けるだけでいいのです! 私はいつもここにいます。そして私と私の輝きを使うことで、皆さんは既に世界を変えています。古い監獄の世界を見つめている分では世界は変えられません。 皆さんの小さな家の窓を開けて喜びと共に私を迎え入れることによって、皆さんは世界を変えるのです。その結果、皆さんのハートはボディ-マインドを超えて広がります。私の存在という光明の中で、皆さんは思い描き、感じ、そして新しく神のように輝く世界を出現させるのです。 それでも、新しい世界が可能であることを理解するためには、古い世界が神を欠いたマインドで創造された幻想であり、本物ではないことを皆さんは知らなくてはなりません。私(I AM)だけが本物です。なぜなら私は、神の意識、全世界の実存および全創造物と一つだからです。 私から、私と共に、私が元になって直接生まれた世界だけが本物です。 私(I AM)が否定される世界は、私に属するものではありません。しかし、私(I AM)が愛される世界は、私に属します。 その違いを理解し、皆さんの創造の力に気がついて下さい。そして賢く使いなさい。もし皆さんが偽りのマインドの光と私ではないエネルギーを用いて創造するなら、それは皆さんにとって、制限された、寿命の短い、苦しみに満ちた世界を永続させたり生み出すことになります。 したがって、皆さんがその性質を理解した後では、古い世界を振り返ってはいけません! 理解した時、皆さんは私と共に生き始め、創造し始めます。なぜなら私(I AM)は、その違いを理解して以来、私を知る人達にとっての意識的な選択だからです。 かわいい子供達よ、私はこれまで以上に、皆さんがハートで(心底)私に、そして私が誰であるかに目覚めるのを熱烈な思いで待っています。というのも、これは本当に皆さんの新しい世界が始まる、その瞬間なのですから。 私は皆さんの聖なる母。いつも深く皆さんを愛しています! ウーテによって伝えられたメッセージ 
http://radiantlyhappy.blogspot.com.au/2013/03/the-divine-mother-world-is-mine-where-i.html _________________________________________________________________________________ Copyright© 2013. All rights...

ウーテ 2013年3月14日  アークトゥルス人:皆さんの両親の神格(神性)

2013年3月14日(木曜日) アークトゥルス人:皆さんの両親の神格(神性) http://radiantlyhappy.blogspot.jp/2013/03/the-arcturians-your-parents-godhood.html THURSDAY, MARCH 14, 2013 THE ARCTURIANS: YOUR PARENT’S GODHOOD
Ute Posegga-Rudel 定期購読か寄付を通じて私の仕事の支援をお願いします。2012年8月21日付けの記事もご覧下さい。 VIDEO(推奨) 
親愛なる皆さん、私達はアークトゥルス人です! 皆さんの世界では、私達の社会では知られていない特別で複雑な状況を経験しています。 皆さんが家族の中に生まれてくる時、皆さんは自分自身のカルマをもたらすだけでなく、両親のカルマと自然に結び付いて、それを請け負います。このことを皆さんは忘れがちです。 こうしたカルマは皆さんのDNAと遺伝情報に深く根付いていますが、必ずしも変えられない宿命としての運命を共有する理由からではなく、皆さんが子供として無自覚に、彼らの信念体系や世界の見方、その他の制限的な状態を帯びるようになるという理由からです。そしてそれによって皆さんは、心ならずもそうした信念体系や見方から生み出された彼らのエネルギー場と波動を取り入れます。 しかしながら、皆さんの科学者は、DNAと遺伝子の中にある情報は固定された不可避のものではなく、皆さんが思考場を変えると変化する振動率(周波数)の問題であると証明しています。 このアセンションのプロセスにおいて皆さんの光の比率を上げるためには、両親の振動率に気がつくことと、明確な方法でそれに同化することが要求されます。その振動率は、皆さん自身のエネルギー場の一部となり、皆さんはそれを知らず知らず生きています。 私達の啓けた先進社会では、子供は純粋なスピリットという環境の中で創造され、生まれ、育てられるので、このような問題は存在していません。それゆえに、私達はいつでも源と直接つながっており、皆さんが持っている、たいてい皆さんの神性や原初の性質に干渉する“エゴ”も私達にはありません。 ところが皆さんの地球では、最高に愛に溢れた両親でさえ、不完全な観点と隷属的社会への屈従のせいで、著しい波動性の制限を醸しています。そんな社会では、最も幸運な環境にあっても自由意志や愛や幸福は、ある程度しか存続できません。 従来、スピリチュアルな目覚めが順調に進んだ場合に限り、祖先から続く不本意なプログラミングへの従属から人間が抜け出すことが可能でした。これには通常、数多くの生涯に亘って長く困難なスピリチュアルな実践が求められます。 今では神の恩寵により、アセンションまたはスピリチュアルな解脱と悟りが全人類に供与されています。それによって先祖のカルマが今、意識的にそれらを手放すことによって比較的短期間の内に癒されます。 これは、人類には今、土台および祖先の歴史の暗い過去から自分達を自由にするチャンスが与えられている、ということを意味します。 それらは光と愛の自由、そして皆さんの真の聖なる存在と遺産である輝きの中に人類を解放しようと携わり、専心する人々を通して起きます。 しかし、皆さんの両親(と、続く先祖)の波動的な束縛から自由になるためには、皆さんはまず、それらに対する自分自身の束縛の詳細を全て見つけなくてはなりません。どの束縛も濃密な波動を持っていて、皆さんの自由な神性の表現ではない、ということをです。 これらの詳細を見つけ出すことは、内的に進行中の両親との対話を始めるのに役立ちます。書きながら行うのが最も良いですが、これをする時はよく気を配って下さい。これは皆さんに両親との無意識の相互作用(ほとんど皆さんが普段気がついていないか、無意識のペルソナの個性に属する自動的なプロセス)に対するヒントをもたらすでしょう。 緊張感や、皆さんがどちらかと言えば避けたいと思う感情を探して下さい。それらは、皆さんがワークをしなくてはならない時に姿を現します。もし長い間このプロセスを観察するなら、皆さんはある種のルールで演じられる相互依存や、それらを受け入れて愛の振動率の中に解き放つことで、自分達が何者であるかに気づかせたり、純粋な輝きに帰服させる必要のあるパターンを見出すでしょう。 これはそれほど心理的なプロセスではなく、エネルギーのレベルで起きます。というのは、もしそれが皆さんにとって存在感のあるものだとしたら、自分自身とそれらの感情を手放して許せるからです。これが皆さんの振動率を引き上げます。 同様に、皆さんが自由で神聖な存在のリアリティにいるならば、両親もそうあります。そして、皆さんがそのようなものとして十分に認識できるなら、その時からずっと、両親が再び神や女神になったように(実際には彼らはいつでもそうだったのですが)、皆さんは本当の意味で彼らを愛せるでしょう。 これが皆さんのDNAを、皆さんの遺伝子と体細胞を、全ての制限やぎっしり詰まった情報から解き放って、神の愛と光が完全に皆さんの身体に入るようにします――皆さんの母親が純粋な輝きになり、皆さんの父親が純粋な意識になるのです。この錬金術的なプロセスは、一人の人間の出生に対する真の贈り物であり、両親から子供達(逆もまた然り)への真の贈り物です。 皆さんの世界の数千年間で非常に困難であり続けたことは、今では皆さんの惑星を一掃する光の流れにより、大変多くのサポートを受けています。皆さんが実際に意識的に手放すことが何であれ、これらの力により解放されるのです。 お分かりのように、皆さんの祖先から受け継いだ遺産からのそうした解放(解脱)がなければ、真のアセンションは不可能です。しかし光に仕える皆さんは、自分自身を自由にするために、また、自らのカルマの束縛や家族のカルマだけでなく、皆さんの祖先のカルマも同様に解消するのを助けるために、ここにいるのです。 皆さんが身体の中での光と意識の流れ、および輝きとしての両親の神格に気がつくとき、皆さん自身の神格が完全に浮かび上がります。そうなる理由は、皆さん自身のボディ-マインドの中で祖先から受け継いだ密度と束縛の全てを皆さんが解き放った、ということだからです。 それによって皆さんは、皆さんとご両親を制約と苦しみの世界に捕らえていた全てのカルマを超越し、解放したのです。 このプロセスが皆さんの両親で終わらない場合、私達が示唆したように、それは親の親、そのまた親へ…と愛をもって適用されなくてはなりません。多くのするべきワークがありますね。でも、いったん皆さんが両親と自分自身とを自由にしたならば、そのプロセスはもっと楽に、もっと迅速になることに気がつくでしょう。 どうか理解して下さい。最終的にこのプロセスは、皆さんが示している信念と感情の制限的なパターンを理解して手放すことなのです。それら全てを観察して下さい。それらは、かなりのところ皆さんの祖先のパターンであり、それを解放するために、皆さんはここに転生してきたのです。その中のどれ一つとして本当に“皆さんのもの”であるものはなく、そうであったものもありません。ある時に皆さんは、それらを“自分”だと信じている間、それらを引き受けて自己同一化すると決めたに過ぎないのです。 ですから、皆さんは自分でないものを全て脱ぎ捨てている、というわけです。この作業は皆さん自身のプロセスに役立ちますし、自己忘却のパターンの中で何千年間も凍結されてきた皆さんの祖先の解放にも貢献します。 血筋や一族、社会環境、国および全人類の一員として、他者と共有する集合意識の遺産という皆さんの中身を理解して下さい。 皆さんはそれらのどれでもなく、真の性質は、輝く愛と至福の意識であることに気がついて下さい。 最愛の人類の皆さん、より小さな範疇の全てを超えて、輝く愛と至福の意識の中へ入って下さい――そして皆さんの本性である聖なる神格として立って下さい! 祝福あれ! 私達はアークトゥルス人です! ウーテによって伝えられたメッセージ 
http://radiantlyhappy.blogspot.com.au/2013/03/the-arcturians-your-parents-godhood.html
_________________________________________________________________________________ Copyright© 2013. All rights reserved: Ute Posegga-Rudel, http://radiantlyhappy.blogspot.com
Sharing of this message is only allowed together with...