Screen shot 2015-01-30 at 11.18.03 PM

DL・ゼタ2014年11月1日 超越タイムラインに乗って「新しい時」へ

http://www.celestialvision.org/journal/2014/11/1/timelines-of-transcendence-transport-us-into-the-new-time.html

Timelines of Transcendence Transport us into the New Time


November 1,2014 by DL Zeta


各タイムラインを超えて、新しい時へ

この強力な時期、新しいエネルギーは地球平面上に染み出していて、より深い目覚めの時の種まきをしています。先を見越している者や他の光の存在は、窮屈なシナリオに捉えられたどんなものにも目覚めをもたらようデザインされたヴィジョンを受け取っています。超越は、古めかしいアイデンティティを超えて新しい、また往々にして、想像もできないほどの存在領域に移行することを求める私達にとっての主要テーマです。新しいエネルギーは、私達が限定的信念(限られた職業選択・人間関係・アイデンティティ・その他諸々の原因となるもの)を超えてゆくことを後押しします。ある意味、こうしたエネルギーは私達自身を超克するように支援しているか、もしくは、私達が自分の信じる自分になれるようにサポートしているのです。

次の蝕のエネルギーは今まで以上の高みに私達を押し上げます。それは私達の今の限界を超えたところ、各タイムラインを俯瞰できる状態を少し経験できる機会を与えます。これは作り話ではありませんし、子供が寝る前に聞くような「とっても素敵なお話」でもありません。超越への旅を進めていくためのステップなのです。限定的信念を超えようという意志をもつ人々は、制限のない在り方への心構えを確かなものにするために様々な試練に直面するでしょう。私達は孤独な旅人ではありません。あらゆる場面で宇宙が味方し、タイムラインを跨ぎ超えて活動するのに必要なリソースを提供してくれます。私達がすべきことは、私達自身を信じる意志を持つこと、この新しい道での歩みを信頼すること、奥深いレベルで過去を癒して執着を解き放つことです。

超越への意志は障壁フィールドを起動する

制限を越えようとするどんな選択も障壁フィールドを触発します。意志をもつ時はいつでも、実現しようという私達の意志に立ちはだかるあらゆることを刺激してしまうのです。そうして呼び起こされたものは、癒えていない感情や限定的な信念、癖、三次元の人生行路に引き止める人間関係に私達が気づくのを助けてくれます。障壁フィールドの内側で、今も私達が囚われている色々な恐れが動き出し、私達にその仕事を片付ける用意がないことを告げるのです。幾らかの人達はこの重要な節目で尻込みします。しかし尻込みするのではなく、障壁を自らの信念を強めることや私達の精神的なつながりを再確認するチャンスとみなすこともできます。障壁をチャンスに変えることが、これまで私達を濃くて低い振動状態の人生に縛り付けてきた状況を飛び越えさせる力となるのです。

自分を愛すること&自分を許すこと、それが超越(限界突破)の本質

自分を愛して許すことがリミットを超えるに当たって一番重要なことです。障壁フィールドが始動した時、自分のレパートリーにある幼い自己は恐れで一杯になるかもしれません。まだ未解決の感情から抜け出せずにいる自己はブレーキを掛けるかもしれません。この強い影響力のある期間中、あなたはレパートリーの中の自己達と高度なレベルで一緒に活動することで癒しの力を得ます。自分自身と他者に対する無条件の愛がリミットを超えるための秘訣です。無条件の愛に変化していくの合わせて、自分自身にも優しくなること。この変移はあなたに、愛でないもの(憎悪)が愛されて執着がなくなるという記憶をもたらすでしょう。愛でない瞬間に対して感謝を覚える時、あなたは超越がもたらす真の愛に入ってゆく準備が整うのです。

過去のトラウマに囚われている幼い自己の親に、進んでもう一度なる

高いレベルでの気づきは、あなたが遭遇する様々なハードルを過去のものにする助けとなります。また、決め付けることなく自分自身を観察することができるようになります。悲しみを感じたり意気消沈したとき、寂しさや恐れを感じたときには、自分を許してあげてください。抵抗したり後ずさりしても、自分を許すのです。何が起きても決め付けたり責めたりしないで、あるがままにするのです。あなたの思考は、あなたを気分良くしたり打ちのめしたりする力を持っています。トラウマを抱えた感情が動き出したら、自分に愛を送りなさい。若く幼い自分に寄り添うのです。打ち捨てられ、愛されていないと感じている自己達の傍らに座ることです。そうした若い自己達にとっての愛情と理解のある親、およびガイドに進んでなりなさい。あなた自身の若い自己達の親に再度なるということは、内的な統合をもたらします。各タイムラインを俯瞰できるようになるためには、それが必要不可欠なのです。

各人生(転生)の間にあるバリアーを超えること

数多くのライトワーカーが過去の関係を終了させる目的でこの人生に入ってきました。そのことは、<新しい地球>への移行を支援するという私達のスピリチュアルな目的に気づかせる下地になっています。それぞれの人生間のバリアーを弱めることで、過去の生涯における関係が、次元拡大した存在としてのあなたを自覚させるのに役立ちます。

新しい地球へのシフトは、他の全てのものと自らの内面とのワンネス(一体性)のヴィジョンの上に築かれています。ヴェールを透かして個別の様々な人生を見るとき、色々なタイムフレームにわたって同時に転生しているパラレルな自己達との意識的な結び付きが明らになります。私達が自分自身のパラレルな局面とのワンネスを確立するとき、多くのレベルでスピリチュアルな理解を深めて完全なものにするのです。この内的な統合に関する概念は、新しい種類の自己愛へと導きます。その愛は、今の私達が自分だと思っている自分に向けている愛を超えるものです。自分自身のすべての側面と内的な結び付きを作ると、あなたは新たにフォーカスした自分を迎え入れ、意識内のパラレルな側面の全てを抱き込んで一緒に働けるようになります。この転換の際に、最初、あなたは今焦点化している自分から抵抗される経験をするかもしれません。でも、穏やかに愛をもって、この移行を粘り強く進めてください。

道を示す者(Wayshower)の役割をこなしてゆく

超越タイムラインの内部で、あなたは無限かつ神聖な存在として、自分自身と他者と環境、そして全ての生き物と交わります。超越タイムラインは多くの強力なブレイクスルー(現状打破)をもたらします。創造性が増大し、あなたの認識力も広がります。あなたは輝かしい健康を体験します。皆を支援したいという願望が強まります。他の人達がどんな形で制限された人生に縛られていようと、彼らがそれを克服するのをサポートしようと模索するとき、あなたはあなた自身の限界を突破するのです。このことがあなたに、より一層、道を示す者としての役目を果たさせ、新しい時に導くことになるのです。


©2010-2014 DL Zeta, Celestial Vision, All Rights Reserved www.celestialvision.org

これらのメッセージはシェアされることを意図しています。そうしたいと導かれている気がするなら、あなたはこのメッセージを自由に他の人々とシェアして役立てて下さい。著者および発信元のウェブサイト・リンクを忘れずに入れていただけるようお願いします。

タイムラインとアイデンティティ・シフトについての更なる情報は、以下をご覧下さい。

Timeline and Identity Shifts: the New Science of Reality Creation by DL Zeta

五次元の現実についての追加情報は、以下をご覧下さい。

The Future is Here Now: Steps to Accessing Fifth-Dimensional Consciousness By DL Zeta

未来の自己と協働することについての追加情報は、以下をご覧下さい。

Messages from the Future: Adopting Your Future Self as Guide and Mentor by DL Zeta

過去を癒すことについての追加情報は、以下をご覧下さい。

Traveling Time to Release Energetic Bookmarks by DL Zeta


翻訳: C.I.

 ***

障壁フィールドとここで訳した「the Obstacle Field」は、禅で言えば「関」(修行の進展を阻む何か)に当たるかもしれません。
人間、生きている以上は様々な葛藤やら悩みやら問題やらに直面しますが、社会一般の制約的要因に限らず、自ら作り出したストッパーやレッテル張りが逆に障害物として高くそびえ、あるいは幅を利かしていることがよくあります。

いわゆるエゴ(自我:本文中の「若い・幼い自己達」?)、思い込みや固定観念、何かや誰かに対する先入観、プライド、劣等感や優越意識、損得勘定、差別や批判、怒りや恐怖、不寛容や無理解、無関心、執着、怠惰、誤解、錯覚、無知など、バリエーションは実に様々です。

こうしたものが関門として、また障壁として心の成長を阻害しているわけですが、そろそろ人間は「人類全体」として、この大命題に真摯に向き合っていかなければならない時期に来ていると思います。

C.I.

http://blog.goo.ne.jp/creative_imagination/e/b61a7dd7a9c909

bffe8badce0251f033

LEAVE A REPLY