Warning: Creating default object from empty value in /homepages/6/d785170491/htdocs/clickandbuilds/Japanesedespertandome/wp-content/plugins/accelerated-mobile-pages/includes/options/redux-core/inc/class.redux_filesystem.php on line 29

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /homepages/6/d785170491/htdocs/clickandbuilds/Japanesedespertandome/wp-content/plugins/revslider/includes/operations.class.php on line 2758

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /homepages/6/d785170491/htdocs/clickandbuilds/Japanesedespertandome/wp-content/plugins/revslider/includes/operations.class.php on line 2762

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /homepages/6/d785170491/htdocs/clickandbuilds/Japanesedespertandome/wp-content/plugins/revslider/includes/output.class.php on line 3684
マシューからのメッセージ | 目覚め Despertando.me
Monday, September 27, 2021
Home 愛と光のチャネリング マシューからのメッセージ

マシューからのメッセージ

マシュー君のメッセージ 2019年12月14日

マシュー君のメッセージ December 14, 2019 http://www.galacticchannelings.com/english/matthew14-12-19.html ここにいる全てのソウルから愛をこめて挨拶をします。マシューです。あなたの暦で、また1年の終わりが近づくにつけ、皆さんは、今年もあっという間に過ぎてしまった!?と思っている事でしょう。ご存じのように、月日が経つのがどんどん早くなっていると感じるのは、地球が着々と明るいエネルギーの領域に向かって進み続けているからで、ご存じの通り光は愛と同じエネルギーです。愛は、すべての間違いを修正する重要な要素ですが、その愛の力が世界中に広がっている事に、皆さんも私たちと共に喜んでください! もう一つ喜ぶ理由があります。それは「愛」という言葉がいま大流行している事です。愛が、かつてないほど話題になっていますし、歌詞や書物、ラジオやテレビで何度も使用されています。私たちは以前、言葉は非常に重要だとお話した事がありました。それが音声であっても書かれたものでも。愛、喜び、平和、感謝、許し、親切、希望、同情、寛容、それに正直といった言葉は大量の光を追加します。さらに、こうした言葉の持つ意図は、どの言語であっても高い波動を発します。ですから、愛の波動が高まるという事は、人々全体の光の進歩が倍になるという事なのです。 毎年12月になると、恵まれていない人たちと分け合い、悲しんでいる人を慰める事で波動が高まりますが、そういった行為が年々増えてきている事をメッセージでお伝えしてきました。互いに分け合う事や慰める事は愛の実践です。他の親切な行動には、例えば、通りすがりの人に微笑みかける、見知らぬ人の重い荷物を持ってあげる、他人の為にドアを開けてあげる、隣人を車で送ってあげる、店員さんに優しく挨拶する等いろいろありますが、それらはみんな愛の表現であり、クリスマスの時期だけではなく、一年を通して毎日見られる事です。今例に挙げた親切な行為に光が満ちているという事は一般的には知られていませんが、礼儀正しさや、お互いに助け合う事が格段に増えています。 以前お伝えした事の一つに、伝統的な音楽があります。光に満ちた音色や言葉、例えば‘ハレルヤ’とか‘地上の平和’、‘世界に喜びを’、‘全てが輝かしい’などといった歌詞は、人の最上の感情を湧きたたせますし、このエネルギーはクリスマスの時期に世界中に流れます。ニルバーナに居る百万人ほどの演奏家の弦楽器による、絶え間なく続く雄大な音楽が、宇宙のバランスを保つのに役立つという事を以前伝えましたが、地球の霊界は宇宙にとって最も重要です。あなたも「天球が生み出す音楽」の恩恵を受け取る事ができます。その音色は地球を助ける為に送られ、それを受け取る地球上のすべての生命体の心や体、魂などの健康を保ちます。 それでは次に、これももう長い間多くの国でこの時期にみられる伝統について話をします。それは、電球やロウソク、糸でつなげたポップコーン、鮮やかな吹き流しやリボンなど様々な美しい飾りをつけた木です。飾りつけされた木は、人々の気分を高め、個人の家や、教会、商店、レストラン、それに商店街の歩道や他の場所などで、クリスマスの明るい気分を引き立てます。 木は装飾品を飾るためのものではありません。木は森林や密林や公園に住む無数の生命体の居住地でもありますが、木の重要性はさらにもっとあります。木は果実を生産し、構造物や家具に使われる木材にもなります。また地球の風景に美と気品を与えてくれます。 木は進化を遂げたソウルで、そのエネルギーは人や地球にとってなくてはならないものです。木は大気から炭酸ガスを吸収し、そのほとんどを酸素にして大気に戻してくれます。いわゆる木の集団意識は、人が使うコンピュータより複雑な、植物の交信システムを用いて、世界中に送信されます。 木には古の知恵があり、その知恵は地球上の他の生命体にも伝えられ、そのエネルギーを直感的に利用する全てのものの、意識やスピリチュアルな気付きを高めます。動物たちもこの木のエネルギーを吸収している為、捕食動物の中にはそれまで餌であった動物と仲良くなったり、困っている所を助けてくれた人間に動物が感謝の意を示したりするという事が起きています。やがて、地球上の全てのものが、いま地球がしているように、地球とその住民全てに対する神からの最高の恵みの一つである木に敬意を表する事になるでしょう。 「その昔、根源が眠りから覚めた時に、目を覚ますきっかけになったものが何なのかを私たちは知っていますか?根源には愛が必要なのですか?根源は愛に囲まれたい為にソウルたちを創造したのですか?私たちの宇宙の神は、創造した全てのものが必要なんだと、私は認識しています。新しい思想や行動で考えを広げる事で、宇宙や銀河の数々は長く存続するであろう事は確実でしょう。私は子供の頃、そして成人になってからも最近まで、それが一方通行の関係だと思っていました」 これほど深く考える人はあなたの世界ではほとんどいません。このような質問と直感的な知識を分け合ってくれた質問者にお礼を言います。根源(創造主/創造物)に、よくビッグバンとも言われている自己表現をする事を動機づけたものが何なのかは、私たちは知りませんでした。その完全さを最初に表現をする前に、何が存在していたのかも知りませんでした。 いま私と一緒にここに居るすべてのソウルを代表して、その答えを求めて神に質問しました。すると神は創造主と話をしました。でも、神が答えを知らなかっとは思わないでください。神は創造主が私たちに知って欲しい答えを伝えたかっただけなのです。二つの質問に対する創造主の答えは、神の解釈によると、私(創造主)の存在は共有されるべきだ、との事でした。 それではこの説明がされる前に私たちが知っていた事を話します。「私の存在」とか創造主、根源、ワンネスと言われているものの本質は愛で、愛は光として表現されます。そして、これまで造られてきた全てのものは、このエネルギーで出来ています。ですから、創造主に愛が「必要」なのではなく、創造主自身が宇宙最強の力である愛そのものなのです。 創造主はソウルを創造する事で、その愛を表現しました。そしてその時のソウルである大天使たちに、自由意志と創造する不可分な能力を、ギフトとして与えました。つまり、創造主は、大天使たちが創造主のエネルギーを使用して、想像したものを具現化できるようにしたのです。これは共同創造であり、その時から現在まで、共同創造は続いています。 私の存在は共有されるべきだと言われたことは、創造主はその愛のエネルギーばかりでなく、その知識も共有させてくれていることになります。すなわち、すべてのものはエネルギーとして存在し、エネルギーには意識も含まれています。ですから、ソウルのレベルではこの場所にいる私たちすべても他の人すべても、読者からの質問に対する答えを知っています。私たちすべてが探し求めているのは、意識が認識しているソウルレベルでの知識なのです。そして、この宇宙に存在するすべての人に、その知識を得るための無限の機会が与えられているのです。 そうです、確かに創造主の根源によって創造された全てのものは「必要」です。さらに言うと、創造物一つ一つが創造主とは永遠にそして絶対切り離す事ができない創造主の一部ですし、そうあり続けます。創造主と創造物一つ一つの関係は、この宇宙が拡張し、また収縮する動きが続く事を確かなものにさせているのです。他の宇宙では何が起きているのか分かりませんが、そこに存在しているすべてのソウルたちも創造主の根源に永遠に繋がっているので、彼らもこの宇宙にいるすべてのソウルと同様に、創造主と一つになる動きに貢献している事と思われます。 私たちが知らない事がもう一つ、それはソウルが進化を続けて、自らの起源を思い出せるようになり、創造主のところに戻った時に、いったい何が起きるのかということです。とはいえ、恐らくソウルたちは授けられた自由意志を行使して、また宇宙のどこかで新しい旅を始めるのではないかと思っています。 それでは現実に戻って、また地球での話に戻りましょう。親愛なる兄弟姉妹の皆さん、喜びに満ちた神聖なるこの時期を家族や友人たちと祝い陽気に過ごしてください。実に、一生涯この時期を祝うにあたり、あなたの健康や世界の平和に、愛や音楽や木たちが重要な貢献をしていることを心から感謝してください。  自分に自信を持ち楽観的な見方をもって新年を迎えてください。そしてこの宇宙に存在するすべての光の存在が、無比の力と無条件の愛をもって、あなたたちをサポートしている事を知ってください。 _________________________ 愛と平和 スザンヌ・ウォード suzy@matthewbooks.com よいクリスマスとよいお年をお迎えください。あなたたちの、マシューと私に対する思いに感謝いたします。 訳文:誉田

マシュー君のメッセージ  2019年11月15日

マシュー君のメッセージ  November 15, 2019 http://www.galacticchannelings.com/english/matthew15-11-19.html ここにいるすべてのソウルから愛をこめて挨拶をします。マシューです。読者の皆さんの中にも興味を持たれる方が何人かいると思われることから始めます。「もし、ここでよく言われる黄金の時代というものが本当にあるのなら、なぜ数百万人という人たちを巧妙な方法で身動きできなくしたり、束縛するような、富や権力の乱用が未だに存在するのですか?そうしたものから自由になるために、わたしたちは覚醒した者として、いったい何をしたらよいのでしょうか、例えばこの先20年間にできることは何でしょうか??」 親愛なる皆さん、これまでの進展に対して皆さんはずうっと貢献し続けてきました。皆さんがすべきことは、これまで通りの皆さんであり続けることです。つまり、愛と光の化身になり続け、あなたの本質を放出し続けることです! 報道機関は常に世界中にある紛争地帯の出来事を中心に報道しますので、あなたたちの手助けのおかげで地球の人たちが大きく前進したことを実感することは、非常に難しいことをはわかっています。一般の人たちが知らされている各地の動乱や辛い出来事、苦しみ。それと、一般に知らされていない富と権力の乱用のひどさ、それにその乱用を終わらせること、こうしたものの組み合わせは複雑なものではありません。なぜなら、その目的は明瞭だからです。そこには重要な考慮すべき事項が2,3あります。 自由意志をひどく乱用したすべての人から、まだ残っている影響力をすべて除去し、彼らの力を利用することが一つ目の検討事項です。そうした人たちの多くは政府や銀行、メディアや映画業界、国際的企業、王族、キリスト教の団体、エネルギー業界、医薬品業界、それに農業業界の幹部になっています。そうした人たち全てを一撃で取り除いたら、世の中は無秩序となり混乱状態になってしまうでしょう。ですからタイミングも検討事項の一つになります。精神的にも道徳的にも高潔な人が、とても重要な地位につく準備ができているタイミングです。 地球上の闇の人たちの、長い支配を終わりにするグループの人たちの、リーダー格の人たち同士がよく話し合うことが、もう一つの考慮すべき事項です。彼らは、持ち前の知能や将来を見通した考え、知恵を用いて、今の影響力のある地位を築いてきましたが、彼らの間にも、素早くそして混乱を最小限に抑えつつ、より良い世界に改革する方法に対する意見の相違があります。 さらに考慮しなければいけないことは、一般の人たちの精神に大きなショックを与えることなく、未だに隠されている真実を公表する最善の方法は何かということです。あなたたちは、一般の人たちが疑うことすらしないことを知っています。それは何かというと、すべての宗教の教義は人が作ったもので、大衆をコントロールするために作られたものであること、何百万人の人たちを消し去るために病気を故意に蔓延させたこと、一握りの人たちが世界の経済を牛耳っていること、過去と現在の、政府の要員たちやスポーツやエンタメ業界の有名人などが、そうした闇の行動を行ってきたことなどです。こうした事実は、今まで知らなかった人たちにとって、事実として消化吸収し、受け入れるにはとても膨大な量です。 地球上のすべての人たちが自由にそして平和に、お互い愛しながら生きていく世界が、やってくる日はいつなのか、はっきりした月日を伝えることはできませんが、ひとつ言えることは、地球自身とそこの住民たちに対するガイアの聖なる計画は、間違いなくスケジュール通りだということです。闇の人たちの勢力は弱まり、つま先立ちで持ちこたえている彼らの影響はもう少し続き、罪逃れの取引をしたり、訴追逃れを試みたりするでしょう。でもその責任を避けることはもうできないし、死んで地球を離れても、責任は取らされます。 これまでの私からのメッセージの中で、あなたたちに、闇の人たちに光を送るようにと、強く伝えてきました。なせなら、私たちの宇宙の家族の中で、最も光が必要なのは彼らだからです。戦争や苦しみを広げた原因は、彼らに光が欠けていたことなのです。私たち家族の輪の中で最も弱い部分を非難するのではなく、同情してやることで霊的にも意識的にも成長を促進し、それが地球上ばかりでなく宇宙全体に存在する命を向上させるのです。 そうすることが、決してそのようなソウルがしたことを容赦するという意味ではないし、彼らがしたことの記録を、地球の歴史から消し去ることにはなりません。そうではなくて、それは、個人的な批判をするのではなく、宇宙の仕組みに敬意を払うことなのです。闇の人たちが霊界に移動すると、そこで地球での人生を振り返る事になりますが、その検証の際に彼らは自分が他人に与えたのと全く同じ肉体的、精神的、感情的な苦しみを味わうことになります。その苦しみは正に「地獄」だと言えるでしょう。 「現在起きていることを鑑みると、一般に、人々はより多くの植物由来の製品を要求していて、その要求はますます強まっています。また、遺伝子組み換えされた製品を避けることは不可能だとも言われています。なぜなら、遺伝子組み換え食品なしにすべての人に食物を与えることは不可能だからです。遺伝子組み換え食品は、できることなら避けたらよいのか、それともそれらは本当に人間にも動物たちにも無害なのでしょうか?」 最初に言わせてもらいたいのは、植物由来の食品を食べる傾向ができたのは、それが、人々の健康に良いばかりではなく、地球とそこに住み着いたすべての生命の繁栄に役立つということが知られてきているからです。 植物の遺伝子を組み換えることはかなり昔に、交配による育種で始まりました。そしてその後、接ぎ木でも、同様な方法や別な方法により、新しいタイプの果物や野菜、他の食用植物、綿花、や様々な花を作ることに成功しましたし、害虫による被害を防ぐこともできるようになりました。 遺伝子組み換え食品は健康を害するが、大規模な餓死を防ぐためには必要なことだと言い始めたのは闇の人たちで、人々がそのような食品に対して心配し、低い振動を作るのが目的でした。そして彼らは、そのような誤った情報を、多くの人たちに納得させることに成功しました。ここで気づいて欲しいのは、そのような重大な警告は、腹黒い意図をもってつくられた、種として使えない穀類の実については、一切行われていないことです。 遺伝子組み換え食品そのものは無害です。ですが、殺虫剤に使用している化学物質は害があります。ですから、そのような食品や他の農産物を丁寧に洗うことが大事です。また、加工食品に使われた化学物質や砂糖は健康によくありませんので避けるべきです。 何を食べるにせよ、その食品の源に対し、食べ物になってくれた感謝の念を表することは、体や心や精神にとってより良い結果をもたらします。食べ物を祝福し、その食物の最大の良さを授けてもらうようにと祈ると、栄養価はさらに高まります。 それでは次に、今までのメッセージで扱われた問題について簡単に述べたいと思います。現況と憶測や予測などにより、それらはまた問題となっています: 中近東の状況が、関連諸国の間の第三次世界大戦とか大きな戦争の原因にはなりません。やがてその時が来れば、国内や国同士の摩擦は話し合いにより解決されるでしょう。 気候の異変も、海岸地帯が山の高さまで洪水になることはなく、数百万人ができ死したり、すべての海洋生物が死に絶える原因になることはありません。 カリフォルニアの山火事を広げている強風は、気候異変が原因ではありません。それは天候をコントロールするテクノロジーによるもので、同じことは、激しい嵐や洪水、干ばつ、記録破りの気温などにも言えます。間もなく、そのようなイルミナティの行動は止めさせられ、彼らが隠したり悪用したテクノロジーは一般に公開され、その後は良い目的のためにだけ利用されるでしょう。 あなたたちの太陽系には「悪意を持った宇宙人の文明」は存在しません。事実なのは、地球で問題を起こしている者の中にレプティリアン(ヒト型爬虫類)はいるということです。でもあなたたちの中に住み着いている他のレプティリアンは光に満ちたソウルたちで、闇のレプティリアンや闇の人たちの行動を終わりにするための手伝いをしてくれています。 工業用ロボットは雇用状況を大きく変えるでしょう。でも、満足できる職種への職業訓練をすることや、短期間の休暇だけで30年も40年も仕事をしなくても豊かな暮らしができることで、現在の雇用状態とは、違ったものになるでしょう。 貴重な金属に基づいた、世界的な経済の仕組みには、混乱をおこすことなく、その仕組みが可能な限りまで、徐々に取り入れられていくでしょう。 地球上での人生が、どのようにして現在の状態になってしまったのか教えてほしいという質問もあります。これは世界の歴史の観点から説明する必要があります: 昔から、強者が弱者を支配してきました。そして一握りの人たちが他のすべての人たちを支配したのです。支配された人たちはひどい環境で生活し、それを改善する希望もありませんでした。帝国は何度も興り、衰退しました: 革命や市民戦争、国同士の戦争、それに世界大戦でも、たいていは、支配する人が別の人になったり、国境も変わることもありましたが、ここ数千年の間、 強欲と権力を欲する強い欲望は存続し、世界中のほとんどの人たちには恐怖や貧困、無力感を伴う生活が続きました。それは闇の勢力がしっかり根付いてしまったからです。 少し変化が現れたのは80数年前です。それはガイアの要請によって、遠くに存在する複数の文明が、ガイアの生命を守るために、地球に向かって光を放射したからです。その光が強まり、人々も高い振動を吸収したことにより、裕福な者と貧しい人の大きな格差に対する認識が、「人生とはそんなものだ」というあきらめから、「これ以上もう我慢できない」に徐々に変わっていきました。時を同じくして、政府や大企業や経済界に蔓延する汚職やごまかしが明るみになったのです。 いまでは、大衆による抗議の声が世界中で聞こえています。あなたたちの主要メディアは、その混乱ぶりを強調します、なぜならそれが彼らの仕事だからです。ですがメディアをコントロールしている人も、報道記者も、その広がった騒ぎの原因が何なのかを知りません。変化を求める要求が強まっているのは、大衆の全体意識が向上したのが、その理由だということを知りませんし、人々の自己の力の気付きがどんどん強まっていて、そのことで、すべての人が富を分かち合い、自然と協調して生活する平和な世界になっていく、ということを知りません。 愛する兄弟姉妹の皆さん、すべてのことが順序正しく起きているのです。耐えることができないひどい状態は、十分な混乱を引き起こし、それが次の行動を引き起こしたのです; 政府に対する恐れは、それに反抗するための勇気となり、変化を要求する力となります。そして、あなたたちの貴重な支援をもって、地球の文明は、宇宙でも例を見ないスピードで変化しているのです。 引き続き周波数は増加を続けていて、それが、世界中のすべてのソウルやすべての行動に影響を与えているし、不調和な状態に調和をもたらし、混乱状態に秩序をもたらすことになるでしょう。最上部で行われている努力が、最下部のレベルで次々に起きている成功例と融合し始めると、愛と光が人々の心と精神に行き渡り、自由になった国が次々と出てくることでしょう。 この宇宙のすべての光の存在たちは、あなたたちの地球への奉仕に敬意を表し、無未条件の愛をもってあなたたちをサポートします。 _________________________ 愛と平和 スザンヌ・ウオード Website: The Matthew Books Email: suzy@matthewbooks.com 訳:誉

マシュー君のメッセージ 2019年10月15日

マシュー君のメッセージ October 15, 2019  http://www.galacticchannelings.com/english/matthew15-10-19.html ここにいる全てのソウルから愛をこめて挨拶をします。マシューです。私から嬉しいお知らせがあります。あのケムトレイルには、もう毒物が含まれていません。この進展は、指揮系統を通過して決まった事ですので、ケムトレイルの散布を行う者たちの、創造主から贈られた自由意志を否定するものではありません。ガイアが神に、地球上の住人や空気、水、土壌にとって危険な状態を終わりにしてくださいとお願いした為、神はあなたたちの中にいる特殊部隊のボランティアに対して、散布物の中にある毒物を地球にとって自然な物質に変化させる許可を出したのです。その結果、ケムトレイルを行うように命令している人たちは、引き続き散布はできますが、空で縦横無尽に散布されたとしても、もはや無害です。 「マシュー、これは素晴らしい事です!だけどケムトレイルを命令している人たちは、何かおかしいなと気付き、調査を行い、また毒物を散布物の中に混入させるのではないのですか?」 お母さん、今お母さんが言った事を記録してください、、、、はい、ありがとう。 読者の皆さんに知ってもらいたい事があります。それは、私がチャネリングされたメッセージを受け取る際に、その情報についてマシューとよくおしゃべりをしますし、そうするのは私たちにとってごく自然な事です。また、以前は読者からの質問やコメントをチャネリングメッセージの一部としていましたが、それではメッセージが長くなってしまうので、やり方を変え、短いメッセージの中で最も重要な情報を伝える事にしました。 話を元に戻しますが、ケムトレイルを命令している者たちは、おかしいと思う状態を超えて、むしろ怖がっています。彼らが怖がる理由は、散布物の中から毒素が除去されたのではと疑っているという点だけではありません。彼らに残されている、わずかな力のかけらさえも失うような状況になっている事自体に恐れを感じているのです。もちろん、彼らは自分たちの手先に調査をさせましたが、その手先たち全員が、もしケムトレイルを散布したのなら、毒物取扱い違反で逮捕すると言われてしまったのです。 多くの方から、グレタ・トゥーンベリは闇の計画を持った人たちの代弁者か、あるいはそうした人たちに操られているのか、という質問を頂きました。いいえ、彼女はそうではありません。そのような思惑は、いや思惑ではなく非難は、私利的な目的を持った人たちによって拡散されたものです。そして、はい、母なる地球には穏やかな天候が戻りつつあります。地球で起きている異常気象は地球のせいではありません。人工的な気象の操作によってもたらされた破壊や化石燃料の発掘及び化石燃料の公害はガイアの努力の妨げになっています。地球や、未来の世代の代弁者として、地球を救うために何か行動をしなければいけないと熱く訴えているグレタの目的の純粋さに、私たちは敬意を表します。 “「創造主」、「この宇宙の最高の存在」と「神」という言葉の間に違いがあるとしたら、その違いを説明してください。私の記憶が正しければ、これらの言葉/名前はマシューさんからのメッセージにも時々出てきます。つい最近ではアーノルドからの優しいメッセージにも使用されていました。このような「呼び名」をはっきり説明して頂けたらとてもありがたいです。” 私が以前伝えたメッセージの中に、神と創造主に関する情報があります。それには、あなたの汚れのない独立した魂の始まりの時の事、またあなたの強力な内在する力がどこから来ているかについての説明もあります。(以下は「新しい時代への啓示」の「私たちの宇宙の遺産」という章からの抜粋です)(訳注:同名の和訳本あり) 私たちの命を理解するためには、宇宙の究極の力である創造主との関係を知らねばなりません。その関係は、簡単に言うと父と子の関係です。だけど、創造主の中にある私たちの魂の起源はそんなに簡単に説明できるものではありません。 「完全性」、「源」または「全てにおけるワンネス」と呼ばれるものの適切な称号としての「創造主/創造物のエネルギーとは、純粋な愛の光であり、宇宙で最も強力な力です。この称号は、究極的な源の本質と創造活動の両面を網羅しているという意味で、最も描写的かつ包括的な称号です。話を簡単に進める為にも、私たちは通常は「創造主」という言葉を使います。 創造主の前には何も存在しておらず、その本質が最初の自己表現をするまでは、創造主の眠っている力しか存在しませんでした。この時の事は、いわゆる「ビッグバン」と言われたりもしますが、その時の創造主の愛と知恵と力の小片が個々の魂となったのです。 ここで使われた「小片」という言葉ですが、それは引きちぎられたとか破壊されたという意味合いではなく、全体を構成するパーツとして、全体と同じ特性や要素を持っているものの事です。そして、創造の瞬間に生まれた最初の魂を始め、宇宙に存在するその他の全ての魂が、創造主から離れる事は決してありません。魂のレベルでは、全てのものが一つで、それは未来永劫変わる事がないのです。 少しおかしな例えかもしれませんが、容易に想像できる方法で説明するには、これが最も適当と思われるので言います。スピリチュアルな世界の階級をパイに例えると、全能で完璧で全ての源である創造主の魂をパイ全体とします。そして、パイの中心部は全知で、全ての知識を含んだ創造主の知能です。その中心部から始まって同心の輪がいくつもパイ全体に重なっている事を想像してみてください。その輪は階級の領域であり、自由に変えられる形で創造主を分割したようなものです。 これを、更に正確に想像するには、一風変わった見方をしてもらう必要があります。このパイを無数のスライスに切り分け、スライスの端の最も広い部分が創造主の無限の知能である中心部に接触するようにします。すると、次々に中心部から遠くのスライス程、広い端がだんだん狭くなっていきます。それぞれの小片は、創造主の魂の一部から創造されたり、実現する形で独立し、それぞれの体験をしている様子を表現しています。すべての小片にはパイ全体と全く同じ成分が等分に含まれていて、決して互いから離れていません。これは全ての創造物について言える事です。 ここで話を創造主が初めて自身を分割した時、つまり魂の起源に戻します。スピリチュアル階級の最初の領域内に存在していた完全な光と純粋さの小片は、それぞれが創造主とまったく同じ力を持っていました。この領域はキリストの光の領域で、これは父系的なパワーを持つ大天使ミカエルや他の大天使たちなどが源を発するところであり、ここでは無限に長い間、純粋な意識だけが存在していました。 創造主は自身の分身の全てに究極のプレゼントを与えました。それは自由意志と共同創造するという固有の力です。「共同創造する」というのは、何かを創造する際のエネルギーの源が創造主であり、何を創造するかを考えるのは個々の魂であるという意味での共同創造です。このようにして、最高ランクの天使たちと創造主が、二つ目の天使の領域を創りました。大天使たちほど「創造主の思考」に近くはありませんが、これらの新しいソウルたちもまた形状物や物質ではない純粋な光だけの形態として存在しています。 長期間の熟考の末、この二つの天使の世界は、生命体になる可能性を持ったソウルたちを共同で創造する事になりましたが、このソウルたちは、今まで通り形状が全くない状態を選ぶ、もしくは体験の幅を大きく広げる為にも肉体を持つ事を選ぶかを選択する事ができました。この3番目の領域における創造物は、宇宙全体に存在する天体や神々と女神たちです。この神たちは形状のない状態で存在するか、男系か女系どちらかの形になるかを自分で選べます。男系か女系、そのどちらを選択しても、神は両性であり、男性のエネルギーと女性のエネルギーを完璧なバランスで保つ事ができます。 私たちの知る限りでは、宇宙を統率する選択をした創造主のソウルたちは、形のない状態で存在する選択をしました。彼らは、目が眩むほどの金色の白い光を放って、その存在を示す事もありますが、それぞれの宇宙に存在する全てのものから、彼らの持つ共同創造する力や考えを感じ取る事ができます。 こうした神々の一人が、私たちがいる宇宙の「究極の存在」であり、この神が創造主と共にこの宇宙に存在する全てのものを創造したのです。私たちの宇宙の神は、地球に存在するいくつかの宗教で神と呼ばれているし、お母さんも、宇宙の神を想う時は単に神と言いますよね、だから私も私たちの宇宙の神をただ神と言う事にしています。神はまた、男性エネルギーと女性エネルギーが完璧に混ざったものです。母/父なる神という言葉は神の本質を正確に表現しています。ですが、地球で神は通常父と呼ばれ、男性の三人称の代名詞が使用されています。これは、あなたたちの時間で数千年前の地球の文明の性質として、男性エネルギーが強かった為、自然に神は父と呼ばれるようになったのです。今は、地球に女性エネルギーつまり女神のエネルギーが大量に注がれているのですが、話を簡単にするために、私も皆さんが使い慣れている男性の呼称を使う事にします。 続いて、経験をさらに深めるべく、原点の魂と呼ばれる神の最初の存在体は、魂の小片とか、神の小片、神の火花などと呼ばれる自身の多くの分割体を創りました。同じ様にこれに続いて、小片たちはさらにその小片と分割していき、その小片がまた、さらに小片へと分割していったのです。このように分割を続けてできた小片たちは小火花とも呼ばれています。小片としてのあらゆるレベルにおけるソウルたちの無数の独立した神聖な人生のそれぞれが、人と呼ばれています。 色々と説明しましたが、他にも説明の仕様はあるでしょうし、これは、創造主の知能から外側に向かって光を放っている無数の領域の系統の順位を示すだけのものです。上記の説明は、ソウルのスピリチュアルな進化度合いを定義するものではないので、単に「ソウル」と呼ぶのでも十分です。何故なら、レベルや順位に関係なく、すべてのソウルの創造主との関係やソウルの構成成分において、違いは何もないからです。強調して言いますが、できたばかりのソウルでも、その生命の力は、創造主の独立した、神聖な自身のそれと、常に同じものなのです。そして、ソウルは神と創造主と決して離れる事なく繋がっています。それは、あなたたちの身体の細胞一つ一つが、生き、独立し、機能しているのと同時にあなたという人の全体を構成しているのと同じで、分離不可能であるという事なのです。 「マシュー、現在の人たちはいろいろある細分化された領域のどこに属しているのですか?」 主に小火花のレベルです。だけどね、お母さん、さっき言ったように、それはソウルの進化の話ではなく、人のソウルが独立した経験を求めて出てきたのがそこのレベルであったというだけの話しなのです。あなたたちの言う「古い魂」は進化度合いの意味があり、生まれた順番の事ではありません。このような表現は決してお互いの関係を示すものではないようです。なぜなら、魂のスピリチュアルな成長度合いは、各魂の自由意志の選択によって決まるものであって、高いスピリチュアルなレベルに到達するのに何度人生を繰り返えしたのかという事で決まる訳ではないからです。そして今、地球上だけでなく宇宙全体において、前代未聞の時間に突入しています!―また、この時の為に非常に“古い魂‘の存在たちが地球に転生してきており、彼らはみなさんを壮大な悟りへと導く手助けをしています。 「ああ、そうなんですね、ありがとうマシュー。創造主は宇宙の究極の存在で、神はそのアシスタントなのですか?」 いいえ、そうではありません。 コスモス(宇宙)とユニバース(宇宙)という言葉は普通、同義語として区別なく使われていますが、ユニバースはコスモスにたくさんあり、一つ一つのユニバースにはそれぞれ神か女神が、そこの最高の存在として存在します。地球の人たちは、他のユニバースのことやそこの支配者とかスピリチュアルな創造物の階級を知らないので、いくつかの宗教団体で創造主のことを神と呼ぶようになったのです。これは公式な名前の一般的な呼び方で、女の赤ちゃんも男の赤ちゃんのことも、ただ赤ちゃんと呼ぶようなものです。そして、神が「私たちの創造主」と呼ばれる事も稀ではなく、それが間違いでもないのです。なぜなら、実際そうなのですから。それがまた、創造主とか神とか別な呼び名の違いが不明瞭である点の原因にもなっています。 呼び名に関する間違いがどの様にして始まったのかはわかりません。古代の初期に使われた別称から始まったかもしれません。当時は創造主/創造物は「源」とか「すべての存在」、「存在者」、「全能者」、「ワンネス」、「完全者」などと呼ばれていましたし、創造主をコスモス全体の究極の存在を意味する、さらに別な呼び名もありました。どちらにしても、呼び名は重要ではありません。創造主のその呼び名に愛と敬意が含まれていて、神という言葉に愛と敬意の意味があれば、創造主と神の立場が変えられたとしても、信仰は十分伝わります。 キリスト教の言う三位一体は次のように解釈できます。父(創造主:コスモスで最高の力を持ち、神とか別な宗教では別な名前で呼ばれているもの)。子(神であり創造されたもの。創造主の「息子」。私たちの宇宙だけでの最高の存在だが、地球では一般に創造主とは違うとは認識されていない)。聖霊(創造主に最も近い範囲または領域。また、最高の存在が光として表現された全ての愛である最初の領域とも言われており、その光が表現されてから以降、ここから出たソウルたちは私たちの宇宙に転生し、大きなスピリチュアルな影響を持ようになった。このような転生をした人たちには、イエス・キリストや仏陀を含む地球上の救世主たちがいる)。 呼び名やその解釈に違いがあっても、この三位一体の順位の相関性は同じです。そして、最高の全能者とか全知の創造主の存在体、これと、これに伴う力の間には、神聖な階級の差はありません。違いは進化とともに変化した呼び名だけです。 「神と創造主には、その管轄範囲以外に何か違いはありますか?」 あります。二つの重要な違いがあります。その前に、念の為に繰り返しますが、創造主のどの部分にも創造主のすべての要素が含まれています。ですから、神は完全で創造主による表現その物です。そして、実際にこの宇宙の創造主です。ですから神の知識と知恵は創造主の知能であり、愛は創造主の心であり、権力と責任は創造主の力なのです。 話を戻して、神と創造主の最初の重要な違いを以下に述べます:創造主の芯の本質は、コスモスのなかの秩序と生命の中心である事、またその本質の重要な機能は活性していない点です。車輪の軸が、動くパーツの支えとなっているのと同じで、創造主の中の固定された力は、車輪の動く部分が常に動き続ける事を可能にします。もし、この固定する力が失われたら、生命そのものが終わります。どんな形の生命体を創るにしても、それに見合った速度のエネルギーの周波数が必要です。それには、固定する部分と動かす部分の創造主の機能が必要となります。 全ての面において神は活動的です。このユニバースに於いて創造主の拡大された活動的な力として、創造主の愛と光のエネルギーの真髄と同様の特質と影響範囲を持つ神は、全ての生命体に命を与え、すべての秩序を創始します。これはコスモスにおける最高で最も力のあるエネルギーが光(つまり創造主の光)であると同様に、このユニバースにおいても光が最高で最強のエネルギーであり、神の真髄であるという事です。光は変動し、拡張し、収縮する事で、愛の許容範囲と愛の感覚をより拡大させるべく、増大を続けています。光の方向性を変える事はできますが、光を捕まえたり破壊する事はできません。そして愛は無限です。愛と光は同じエネルギーですが、ただ単に表現が違うだけです。この愛・光の力は、神と交流する個々の魂の基礎になっています。 私たちの宇宙の全ての生命体の命は神から与えられたものです。すなわち、人は神によって、神の姿に似せて創られたと言えるでしょう。人の姿や人体の構成要素の思い付きは、神の知能から出たものです。 私たちの宇宙で生命を創造した神は、銀河の軌道から、植物の種子がいつ発芽して成長を開始するかなどを決める事までを網羅し、止める事の出来ない法則を発動しました。これが起きてから途方もなく長い間、技術的に光の方向性を洗練させるという事以外は、エネルギーの神聖な目的と動きの本来のコースは変わっていません。エネルギー自体は決して変える事はできないのです。何故なら、エネルギーは創造そのものだからです。エネルギーはその為に使用され、これが創造する為の鍵なのです。 始まりの時に、全ての創造物は完璧で純粋で神聖で愛すべきものでした。全てのものが完全に調和し、融和していました。生命とはそのような状態で生きるものであったのです。創造主はすべての魂に自由意志というギフトを与える事を意図しました。そのため、コスモスの規則により、全てのユニバースの支配者たちには、それぞれの宇宙で、存在する全ての魂に自由意志の選択をさせるという義務があります。しかし、完全に自由に選択できるという、この最高のギフトは、悪用されたり誤用されたりしたので、かつてのように金色に輝く素晴らしいギフトとは言えなくなってしまいました。 宇宙の中には、自由意志が存在しない宇宙もあると聞いています。そして、私たちの宇宙の一部にでさえ、様々な魂たちがこのギフトを吸収したおかげで、自由意志は個人のものではなくなり、無数の魂の集合体として統合された意志という形になっている場所もあります。とはいえ、創造主の規則にのっとり、地球では自由意志が生命の秩序となっており、神は全てを見てはいるが、魂たちの選択を制限したり否定する権限は持っていません。 創造主と神の違いの二つ目はこれです:創造主はコスモス全体に存在する個々の生命体を認識していますが、個々の魂の生き方や彼らと関わり合う為の基準はありません。逆に、神は個々の魂の宇宙における位置情報を把握しているばかりでなく、各個人の心の痛みや密かな夢、悩み、喜び、恐怖など全てを把握しています。神は全てを知っています。 創造主が荘厳な静止状態を終わりにした際の目的は、創造を通して経験をするという事でした。創造主の完璧な表現としての神は、創造主と同様の目的を持っています。そして、肉体を持った存在にも、肉体を持たない存在にも、神が創造した全てのものには、神の感覚という部分が存在します。霊界や物理的な世界で、全ての魂が経験する全ての感情と同じ感情を神は感じます。神は、全ての魂が感じるあらゆる感覚を遮断する事が一切ありません。この事は魂の進化のレベルや自由意志の選択とは関係ありませんし、全ての動物や植物が経験する感覚も同様に神は経験しています。 神はより高いレベルにおいて、地球で起きている混乱や重くネガティブな出来事にまつわる地球の苦悩や、他の全ての天体が感じている感覚も実際に感じています。神とその宇宙に存在する全ての生命体との繋がりというものは切り離す事ができないのだと、何度言っても足りない程です。そして、全ての生命体や全てのソウルたちと同様に、お互い繋がっています。「人格神」という言葉が時には地球で使われる事がありますが、それは全く正しいです。何故なら、そこにいる全ての人が神だからです。そして、全ての動物界や植物界のソウルも神なのです。地球上の全ての生命体の感覚を感じる事、ましてやこの宇宙全体の生命の感覚を同時に感じ取るなんて事は、この宇宙で最高に進化したソウルたちにでさえ、想像するのも無理な事です。 「創造主が私たちの生き方には関与しないという事は、それ(?!)は神のように私たちの経験する肉体的な痛みや感情の痛みを感じないのですか?」 お母さん、創造主に「それ」という代名詞を使用する事は、創造主をさげすむ事にはなりませんよ。このときの「それ」は、存在体ではなく物や状態を指すものとして区別します。創造主を指す事は白色と類似しています:白色とは色がないのとは違います。白色は各種の色を成り立たせるものなのです。宇宙にある全ての色は、白色が屈折してそれぞれの色に分離したものです。別の宇宙では、地球では知られていない多くの素晴らしい色調が存在します。 話を戻すと、創造主は、創造された全てのソウルが感じる事を経験できます。創造主は、第3密度のあなたの身体が感じるよりはるかに強く物事を感じます。ですが、どのソウルとも関与する事はせず、個人的に反応を示す事もしません。それに比べて神は、自らが創造した魂に、人として生まれる前にした契約の内容に従って、あらゆる支援を送る準備ができています。それはあたかも、神の腕が、この宇宙の魂一つ一つを抱擁するようなもので、目の瞬きよりも早く、神の使者は、契約しなかった困難な状態にいる魂に、神が許可した支援を行います。 ******************* お母さん、抜粋したものをここに挿入してくれてありがとう。愛する兄弟姉妹の皆さん、あなたたちは、創造主の愛・光のエネルギーの比類なき荘厳さと力を人格化されたものです。創造主の愛・光は、このコスモスに存在する全てのものとあなたたちを永久につなげています。 ____________________ 愛と平和 スザンヌ・ウォード suzy@matthewbooks.com 訳文:誉田

2019年9月16日:マシュー君のメッセージ 

9月16日:マシュー君のメッセージ September 16, 2019 http://www.galacticchannelings.com/english/matthew16-09-19.html ここにいる全てのソウルから愛をこめて挨拶をします。マシューです。地球を支援する為に地球に行ったボランティアの一人から、私の母に送られたメッセージをここにみなさんにお伝えできる事はとても嬉しいです。 スザンヌさん、こんにちは。私の名前はアーノルドです。私は太陽系を含む銀河から遠く離れた、とある銀河の文明の代表として、この名前を使用しています。今こうしてあなたに話しかけている、見知らぬ人の姿を見てみたいとあなたが思っている事は知っています。私の体は、自分がなりたいと思うどんな姿にもなれます。故郷で私たちが選択している姿は、背が高く、透き通った銀色っぽい青の蟻が直立したような姿です。この姿は、あなたの目には魅力的には映らないでしょうが、これは私たちの体内にある大量の光の表れであり、移動や行動にとても都合がよい形なのです。 私たちの文明について知って頂きたいもっと重要な事は、みなさんと同じように、私たちの仲間の一部も地球に来ていて、地球の人たちにも自分が望む通りの世界を創り出す力があるという事を知ってもらう為の手伝いをしているという事です。私たちの意識的、またはスピリチュアル的な気付きの進歩は、あなたたちと同様に自己発見でした。その中には、高い役職を持ち、政策決定を行う立場にいる方もいます。体を持ったあなたたちと私たちの唯一の違いは、私たちは自分が何者で、どこから来て、なぜ来たのかを知っているという点だけです。 地球の人たちは、自分たちは魂であって、魂を持った人間ではない、という事を知る必要があります。そして、あなたたち一人一人が、この宇宙の「最高の存在」の一部なのです。この「最高の存在」は、自らのそれぞれの部分が、肉体をもって行ういかなる選択をも尊重するように、創造主に義務付けられています。地球上の誰が何をしようと、どんな行動をし、どんな反応を示しても、それはその人の自由意志による選択であり、決して「神の意志」によるものではないのです。地球での人生を終了した際に、すべての人が一時的に行く霊界というものがあります。そこは永久に続くご褒美としての天国でもないし、永遠に続く罰としての地獄でもありません。つまり、皆さんがこれまで教えられ、与えられた情報の多くは、みなさんをだましたり混迷させるものだったという事です。 今私が話した内容は、チャネリングメッセージをよく読む方なら、すでに知っている事だとスザンヌさんは思っているようですが、私たちはそれを承知で話をしています。あなたたちが知っている知識を私たちも知っていると知る事は、とても重要なのです。 低い波動がどこにでも存在する第三密度の世界である地球が、人々に多くの学習材料を提供してくれる、非常に優れた学校であるという事が、宇宙で広く認められているというのも私たちは知っています。とはいえ、基本的な学びは実際たった一つです:それは、全てのものは創造主の光と愛のエネルギーであり、個々の違いはそのエネルギーの表現の仕方の違いだけであるという点です。宇宙家族の一員であるみなさんが、意識的にも霊的にも進化できるように、みなさんが学んだ事をどう解釈するかによって、そのエネルギーが地球にもたらされるという事実を私たちは伝えに来ました。 この宇宙に存在する全ての生命体は、決して離れる事はなく永久に繋がっており、どの魂も創造主のエネルギーを用いて、想像し得るすべてのものを具現化する無限の可能性を持っています。宇宙のこの真理は、魂のレベルでは知られていますが、その力を適切に使用する為にも、何度も転生を繰り返して学ぶ必要があります。何故なら、低い波動の意識のレベルでは、一度の転生で学びきるのは不可能だからです。宇宙的に見ても特殊なこの時期に、地球は前代未聞の「卒業」の機会を与えてくれています。何故なら、地球は今第3密度の学校という長期に及んだ役割を終えようとしているからです。 地球が優れた学びの場として知られるようになったのは、ここが学びの場であると同時に、監獄としてもよく知られていたからです。地球上の古代文明が、闇の勢力の手下の影響に屈し、その後の文明も引き続き闇の勢力の影響下に置かれた為、ガイアはもう長い間悲嘆にくれていました。そこでガイアは、自分の体からそのような影響を取り除こうと、今の時代の人々に対して、監獄から逃げ出そうと働きかけ、他の文明の光の存在たちにも支援を求めました。 その為にあなたと同様、私たちの中からも何人かが地球のいろいろな人種や文化に転生し、そこに住む人々にも変化を起こす為の潜在力があるという事実を認識してもらう為の、手助けをしています。人間に転生する人だけなく、進化の進んだ動物になったり、大木の姿になってテレパシーでメッセージを送っている存在もいます。こういったメッセージを受信できる人は、このメッセージを受け付ける事のできる人々へと更に伝えていきます。私たちはガイアにいるみなさんが、生前に合意した契約内容を実現できるよう支援しています。愛と公正さが満ちた平和な世界では、資源は平等に分けられ、自然と調和した生活が営まれます。 このような世界を実現させるべく、支援をする為の私たちの任務は、多くの素晴らしいパートナーたちによって支援されています。そして私たちは成功を収めました。直線的な時間の概念で創られた世界は、再び連続した世界における神の光り輝く宝石へと戻りました。 親愛なる魂のアーノルドさん、私たちの地球家族への奉仕、ありがとうございました。そしてお母さん、今のメッセージを受信してくれてありがとう。 マシュー、アーノルドが誰なのか知ってますか? ええ、もちろん知ってますよ!彼の謙遜な態度からは、彼の魂の高い進化度や、彼の文明における高い役職、それに彼が地球にとっていかに大事な人であるかは想像しがたいですが、彼は以前にも話に出た特殊能力を持った特殊部隊のメンバーの一人です。 では、先に進みましょう。「プロスポーツの研究では、選手がスポーツをしている場面を想像して可視化する事は、実際にスポーツをしている状態と同じくらい強力であると証明されています。良い事を可視化する事で最強の選手を創り出せるのは何故でしょうか?可視化の機能は何ですか?視覚化された後で何が起きるのですか?視覚化されたものが、実際の物理的な世界でどのように影響を与えるのでしょうか?」 あなたたちのスポーツ界で、自己の力を自身で高める事への理解と、その応用への有効的な第一歩として、可視化が使用されている事を歓迎します。以前より何度も言ってきた事ですが、宇宙における引き寄せの法則によって、あなたの思いや感情に合ったエネルギーがあなたの方に集まってきますので、どうか望む事だけに焦点を合わせてください。望んだ事を頭の中で思い描く事は、思いや感情に実際のイメージが追加されます。従って、望む結果に向かうエネルギーが強化されます。自分が勝利者となる姿を「思い描く事の出来る」選手は引き寄せの法則をうまく利用しているのです。そして、この状態を保ち続けた者が勝利を得ます。 スポーツ競技における可視化の目的は勝利ですが、他の分野でも、可視化は大きな効果があります。自分が健康で活発だと想像する事は、病気やケガからの回復に重要な役割を果たします。銀行の預金額が高額であると可視化する事で収入が増え、その状態を保持する事に繋がります。気に入った仕事を可視化する事で、実際にそのような仕事を得る道が開けます。もし引っ越しを考えているのなら、理想的な家を可視化する事で、そのような家を見つける事もできます。 地球的な規模では、地球が金色がかった白い光に包まれている姿を可視化する事で、環境保護に役立ちます。暴風雨が人口密度の高い場所を避けていく事を可視化する事で、それによる死者の数とか被害を軽減します。人々が友好的で協力的である事を可視化する事で人々の調和がもたらせます。そして、平和な世界を可視化する事で、平和な世界を築けます。 可視化以外にも、他の力が働いているのももちろん本当です。すべての場合に、信念と意図の強さも大事です。そして、地球規模での変化に関しては、地球の波動や他の文明からの支援も大事です。ある好ましい結果をグループの人たちと一緒に可視化すると、可視化の力は飛躍的に増加します。 「良いこと」を可視化している時に「白い旗」 のようなものが見えるのは、その時に創造されたエネルギーの、高い波動のイメージが頭の中で作られるからです。 「私は最近あなたのホームページを見つけました。私が子供の時から信じていて、誰にも話せなかった内容と同じで大変ほっとしました。マシューさんに一つ質問してよろしいでしょうか?マシューさんは、ニューエイジの人たちの中にいわゆるアセンデッドマスターと言われるソウルの層を、人間と神の間に設けたと言いました。もし、そのソウルたちがアセンデッドマスターではないと言っているのなら、そのソウルたちはいったい誰なのですか?そういった存在からの情報は光のものですか、それとも違いますか?」 この件に関しては、数年前ハトンが私の母に伝えた事が、一番適切な答えでしょう: スージー(マシュー君の母スザンヌ):「神に質問するのをいつも忘れてしまうのですが、人々が聞く声としてのメタトロンというのは、神の一部分を表す名前でしたっけ?」 ハトン:「あなたは既に知っている事を質問して、恥ずかしくないのですか?神が自分の声に特別な名前を付ける必要がどこにあるのでしょうか?神があなたに対し、神をメタトロンと呼ぶようにと、言った事はありますか?」 スージー:「ありませんが、メタトロンは、神の話をする神の一部分だと信じている人もいます」 ハトン:「その人たちは間違っています。彼らは、神自身である自分と今認識している自分との間に、必要のない層を作っているだけです。この宇宙における独自の存在であり、自分の声を持つ全てのソウルと同様、メタトロンも自身の声を持った独自のソウルです」 スージー「他のアセンデッドマスターはどうでしょう?彼らに関する情報は正確ですか?」 ハトン:「ほとんどのアセンデッドマスターたちは、自分たちに関して教えられている事に非常に不満を感じています!神に向かう道に関して、案内をし、指導する事をアセンデッドマスターたちに求めるという考え自体が、いかに間違っているかを一番よく知っているのは、アセンデッドマスターたちです! マシューさんが一番進化した状態である時には、彼もアセンデッドマスターと同じレベルにあります。でもマシューさんは自分がアセンデッドマスターであるとは思っていません。それには相応の理由があります。それは、アセンデッドマスターという”名誉”な称号を得た人たちこそ、自分はそのような者ではないと思っているからです! 全ての他のソウルと同様に、彼ら一人ひとりにも名前があり、それぞれの目的があります。それは、神と創造主と一つになる事、またその目的を達成するまでに歩む独自の道もあります。その道を見つける方法はみなさんと同じで、神と直接つながる事です。教会に見られる階級組織は、まさに神をみなさんから遠ざけるために意図的に設置されたものです。アセンデッドマスターという称号も、教会の階級組織とまったく同様な効果があるという事がわかりませんか?でもまあ、その動機は、教会の動機よりはいくぶん高尚かもしれませんけどね」 スージー:「そのような比較は私には考えもつきませんでした。でもアセンデッドマスターたちは光の中での位置としては、他のほとんどのソウルたちより、よほど高いところにあるというのは事実で、彼らには「神聖」な地位があり、彼らの真似をする事も我々の為になるのではないでしょうか?」 ハトン:「ご自分で選択したミッションに関して、自らの意識に送られてくる魂のメッセージを無視する事にご自分の自由意志を使用するくらいなら、いわゆる“神聖”とされている者を真似る方が良いとは、かなり良い点を突いていますね。でも、カルマの学びを通してバランスを保っている状態は、まだ続いているという事を忘れないでください。しかも、それはあなたの知る由もないところで加速しています。ですから、例え、ある行動について、これこそ魂が必要としている行動そのものであったとしても、それが“神聖”であるとは到底思えないでしょう。そもそも、魂が何を必要としているか、本人には分からないのですから!あなたが“アセンデッドマスター”と呼ぶ人たちの“神聖さ”についてですが、確かに彼らの霊は高度に成長しているし、知識も豊富です。それは彼らが第3密度の限界というものを経験した事がないからです」 スージー「マシューは地球に住んでいた事があります。ここは第3密度ですよ!」 ハトン:「スージーさん、それでもマシューさんの魂の進化の状態が第3密度に下がった事はありません!彼は最初から高度に進化したソウルで、何度も人として転生し、いくつかの人生を送りましたが、彼の累積魂の状態は低下しませんでした。とはいえ、「全てが今ここ」にある、全く「時間のない」宇宙においては、その人のある一部分が少し低下したとしても、別の部分が上昇するでしょう。 私たちは、アセンデッドマスターたちから来る真のメッセージが伝える知識や知恵が大事ではないとは言っていません!彼らのメッセージはとっても大事です!ただ、私が言いたいのは、神と接触するのにわざわざ彼らを通す必要はないという事です! 良い意図を持ったチャネラーであっても、メッセージを正しく受信できていない場合は、神と分離しているというチャネラー自らの認識をメッセージの中に刷り込んでしまいます。つまり、それは彼らが神と繋がっている事を確信するべく、深遠な知識を完全に習得する必要性があるからです。彼らは意図的にアセンデッドマスターの言葉を不正確に伝えようとしている訳では無く、ただ他に良い方法を知らないだけなのです。彼らは自分たちが歩んでいる道と同じ道を他の人たちにも見つけてもらいたいと真摯に望んでいます。もちろん、これは最善の方法とは言えません。何故なら、直接神とつながる方法ではないからです。 理性が自我に負けてしまったチャネラーは、光のどの情報源にも繋がっていません。彼らは、低いレベルの情報源とつながり、そこから偽の情報を受信して人に伝えます。時には、このようなメッセージもアセンデッドマスターから来たなどと主張しますので、伝えられたメッセージがどのような性質のものか、しっかり識別する必要があります。 あなたが聞いたり、読んだりした全てに関して言える事ですが、それが本物かどうかを識別する必要があると、もう何度もお伝えしましたよね。どんな情報でも、もし何か違和感を感じたら、それは注意しなさいというあなたの魂からの合図です。その合図を無視しないでください!」 (【宇宙の声:あなたの声が宇宙に影響を与える- 愛をもって見守りましょう】からの抜粋) お母さんありがとう。ハトンにも感謝します。今日はここで終わりにしますが、もう一度彼が指摘したポイントを強調させてください。「神に接触するのに仲介者は要りません。」 あなたは神の一部ですので、あなたは神と離れる事はなく、永久に神とつながっています。 そして、アーノルドが言ったように、あなたの地球の人たちを助ける任務には、多くの素晴らしいパートナーがいます。この宇宙にいる全ての光の存在が、無条件の愛が持つ無類の力をもって、あなたをサポートしています。 _________________________ 愛と平和 スザンヌ・ウォード suzy@matthewbooks.com 訳文:誉田

マシュー君のメッセージ August 18, 2018

マシュー君のメッセージ August 18, 2018 http://www.galacticchannelings.com/english/matthew18-08-19.html ここにいる全てのソウルから愛をこめて挨拶をします。マシューです。私たちはみんな、自らを高めるために地球や別な世界でいくつかの人生を経験してきました。そして、他のソウルが非常に困難な状態に耐えているのを見ながら、その原因となった状況に対して、悲しみや悲痛、また怒りの感情を抱かないでいるのが、どれだけ難しいかを知っています。苦しむ人たちの多くが、自ら敢えてこういった経験を選択し、第3密度世界でのカルマの学びを全うし、精神的にも意識的にも第4密度へと進歩しようとしているのだという事を忘れがちです。 私たちは、決して身近にいる、または遠く離れた生命に対して、無関心でいる事を提案している訳ではありません。地球は宇宙で最も優れた「感情を学ぶ学校」のひとつです。何故なら、地球にいる魂たちは学ぶ為の無数の機会を提供してくれるからです。例えば、喜びは生命のあらゆる面を高めてくれます。貪欲は恥辱を生み、寛大な行動は与える側、受け取る側の心を高めてくれます。同情心や許し、それに感謝の気持ちは宝物に匹敵します。笑いは心を明るくし、怒りとごまかしは深刻な結果を生み出します。自らを愛し、敬う事の出来る人は、他人も愛し敬う事ができます。 どうして今こんな事を話すのか?それは、地球での全ての事が現在加速状態にあり、全ての感情が強くなりがちだからです。この様な時に、他人の窮状に同情したって、その窮状の原因を無くし、解決する事には繋がりません。これを解決できるのは、光の力だけです。世界中の窮状に対して人々が起こす感情に光はありません。宇宙における引き寄せの法則というのは、とある感情について、それを人が欲しているか、そうでないかの区別ができません。ですから、「宇宙的な感情のスープ(ごっちゃ煮)」の中から、その人が発している感情に最も近いエネルギーをその人に引き寄せるのみなのです。 だからこそ、親愛なる兄弟姉妹の皆さん、あなたたちがもう長いこと発している光、その今も昔も不可欠とされている光は、地球の人たちを覚醒させ、世界の悪を正そうとする人たち全ての努力を強化しているのです。あなたたちは毎日毎日、地球が運命に向かって進む手助けをしています。その運命とは: 平和で、すべての人が豊かさを共有し、生命が自然と調和したものとなる世界です。時間のない世界ではすでにこういった世界が実現し繁栄しています。 「人種や民族、宗教そして文化が異なる人たちに対する不寛容性が世界的に増している事に危機を感じています。この憎しみや偏見の拡大を止める為に、私たちライトワーカーには何ができるのでしょうか?」 最初に言っておきますが、今政府や多国籍企業、またはそれらが管理する主要メディアを通して、世の人たちの目に晒されている汚職、偽り、または貪欲な行為というのを、みなさんは巨大な非人格的な物体が行っているものだと思いがちです。しかし、こうした行為は様々な違った目的や考え、意見、信念や行動を取る数百万人もの個人によってなされるものです。この数百万の人たちが、集合体として地球に影響を与えています ー地球の生命を管理していると言っても過言ではありませんー しかしながら、ほとんどの人たちは無意識で、これを意図的に行っているのは暗い考えと心を持った一部のトップの人たちだけです。 ここで以前のメッセージの最初の部分を繰り返したいと思います: 地球での人生の中で、文明の進化のスピードを速めるべく、ライトワーカーたちができる何か特別な事はありますかと、質問された事があります。もう長い間、人間が他人や動物にひどい仕打ちをする事によって、地球の進化は逆戻りさせられています。ですからそれの正反対の行為をする事、すなわち、全ての生命体を愛し、親切にし、尊敬する事が文明進化の道につながるに間違いありません。 それに、文明が進化すると、それに伴いその世界も同様に進化しますし、逆に世界が進化すると、文明も同様に進化します。今あなたたちが、いわば最前列で目の当たりにしているのは、かつて精神的にも、意識的にも、技術的にも高度に発達していた地球の文明が、退化し始めたそもそもの原因です。闇の勢力の操り人形たちが、未熟な文明のDNAを操作した時に、「すべては一つ」という知識を取り除いてしまいました。つまり、すべては愛だ、という知識を取り除き、自分と「違う」ものに対する恐れと憎しみの感情を植え付けたのです。あなたの時間の概念で遠い昔にそういった魂たちが地球に転生してきて以来、世代を重ねる度に、この負の感情が世代から世代へとしっかり受け継がれてしまったのです。 そんなわけで、偏見や憎しみが増加し始めたのではなく、偏見や憎しみが原因で起きている事が、世界中で注目の的となり、それがもたらす破壊と人々の分裂が、皆の知る事になったのです。今こそ、暗闇の勢力が人の体に植え付けたこの弱さに光を当てる事で、これによって刻まれた深い古傷を癒さねばなりません。そして、まさにこの癒しが、今起きているのです。つまり、悲劇的な事件に直接襲われた共同体の住民たちは、彼らに向けられた憎しみに対する反応として、愛をもって一つとなっています。そして、世界中の人たちが、そうした彼らと一つになっています。 ライトワーカーの皆さん、愛の光は世界が変わる為の基礎です。そして、皆さんは愛の光そのものでいる事で、人々の癒しの過程に昔からずっと参加してきました。世界は、みんなが変わって欲しいと願うだけで変わるものではありません、人々の中にある愛の光こそが、優しい変化を起こし、促進させるのです。 「地球上の動物の窮状について話してください。特に金儲けのために育てられている動物たちです。このような動物たちは何も悪い事はしていないのに、非常に苦しい思いをさせられています」 このことは、地球の文明が退化を始めた件と密接な関係があります。動物に関しては、もう何度も話しています。そこで、以前述べたいくつかの点を取り上げるよう、母に依頼しました。 意識が高まるにつれ、人々は、魂が進化するのは人間ばかりでなく動物も同じだという事が分かってきます。そして、動物たちにも人と同じように愛情と尊敬を受ける権利があるという事が分かってきます。ある動物は(その場合たいていペットとなる動物なのですが)人の魂の一部であり、動物の体を持つ経験をする選択をしたものです。たとえ人間の魂でなくとも、動物の感情や性格の幅は人間のものとよく似ていて、人間の魂と違うところと言えば、学んで得る機転とか、ごまかしや狡さなどが無い点だけです。動物の中でも特に進化しているものについては、人間と同じように愛を与えたり、受け取ったりする必要があります。多くの場合、こういった動物の方が、人間よりもっと容易に、そして忠実に愛のやり取りができます。あまり進化をしていない動物でさえ、良く世話をしてくれる人とは深い絆ができます。私たちはあなたたちに、すべての魂は神の一部であり、すべての魂は一つだとよく伝えますが、この場合の魂とは動物の魂も含まれます。 *********** 動物たちは魂のレベルにおいて、彼らの為に天使の博愛が与えられている事を認識しています。みじめな生涯を送っている動物たちも、天使の力や影響を得て、不快な状況を緩和したり、過酷な痛みを伴う生涯を終わらす事ができます。ある天使たちは他の天使よりも、多くの動物たちやもっと知力のあるものたちを保護する事がありますが、どの天使たちもその責任の度合いはみんな同じです。何故なら、動物のエネルギーの普遍的なバランスという意味で、すべての動物の命に意義があるからです。 天使たちは、自分が関連している動物たちの種の保存のため、その動物たちに一体感をもたらします。ですが、動物たちの一匹一匹を虐待したり、その種全体を虐待する人間たちを地球上から消し去るなどという役目は天使たちにはありません。誠意を持って行動している環境保護活動家、それはつまり、自己中心的な政治目的や、身勝手な理由や、利益目的で活動をしている訳ではないという人たちですが、このような環境保護活動家は動物の天使によって鼓舞させられています。 *********** 地球がアセンションの過程を進めてきた、ここ70数年間にかけて、光はあなたたちの社会の意識を上昇させ、地球上のすべての生命体のバランスを保つ上で、動物たちが非常に大きな役割を果たしているという事を社会に認識させています。 動物たちには、尊厳と敬意をもって人道的に扱われる権利がある、という宣言がいくつか発せられてからは、その前提を基に行動する団体がいくつも発起されました。そして、数人の勇気ある人たちは発奮して野生の世界に住みつき、特定の種の観察をし、それを記録しました。このような動きの始まりは、やがて枝分かれして、現在の地域的、国家的さらに国際的な、動物や動物の生活地域を守るための組織となりました。その中のある人たちは、ケガをしたり親を亡くした野生動物たちの保護区を創ったり、それを拡張したりしていますし、また非道な扱いを受けた家畜やペットたちの保護施設を管理したり、救済した動物たちのリハビリをしています。また、多くの人たちがこのような保護団体を金銭的に援助するようになりました。 食用動物が非人道的な状況下に飼育され死んでいく事態に憤った人たちは、こうした状況の改善に大きく影響を与えています。動物園では、動物たちに野生に近い環境を創ってあげたり、その環境の拡大を行ったりもしています。園内の動物の繁殖を行うことで絶滅危惧種の保全にも貢献しています。また、サーカスなどでも、動物たちを良心的に、優しく扱って欲しいという人々の嘆願に反応しています。国の法律で自国の動物の輸出を禁止する上での密猟を禁止する法律を実行する過程の一部には、密猟者が他の仕事を生活の糧にできるよう、別な方法を見つけてやる事も含まれています。ペットの繁殖業者には、動物の為のより高い飼育基準が法律で設定されています。 動物の行動や知能やコミュニケーション能力に関する詳細な研究で、動物が人間と近い事が証明されています。また保護された後、生涯の伴侶として受け入れられるペットの数も増え続けており、学校では、生徒がペットの不妊手術の必要性やペットの衛生や栄養について学んでいます。動物の幸福を促進するための署名活動も多く行われています。このようなものに署名すると、光の流れが発生します。種の違う動物同士が友達になる動画や写真がインターネットで多く見られます。異種動物の間の友だち関係は、捕食者とその餌となる動物の間にも見られますし、人間と友達になろうとしている野生動物も見受けられます。 お母さんありがとう。皆さん、今引用されたものの最後の部分に特に注目してください。皆さんから頂く、ここ数年間の動物に関する質問は、絶望感に満ち溢れているからです。親愛なる皆さん、今回の私からのメッセージの初めのほうに、引き寄せの法則について話した事に心を向けてください。動物たちの為に行われた、大きな進歩の方にこそ焦点を当ててください。私たちがこうした進歩の数々を列挙する中、動物の人道的な扱いに関してはより良い変化が多数起きています。 このような改善が行われた事に感謝の気持ちを持つと、その人のバイブレーションは上がり、それが改善の努力をもっと広める助けになり、全ての努力の進歩のスピードを速めます。ライオンやキリン、象、ロバといった、いわゆる人に飼われていない動物や働かされている動物などのすべての動物が、黄金の白い光が注ぐジャングルや森の中、また砂漠や平原や野原や北極圏にいるのを想像してみてください。海の動物たちも澄み切った水の中にいます。同様に、牧草地にいる牛や馬、それに豚や鶏などが農地を自由に走り回っているのを想像してみてください。生涯を共にするペットたちも愛にあふれた家庭で幸せに暮らしています。このような様子を想像する事で、光が大量に作られます! できることなら、あなたの住む近くにある動物保護団体のメンバーになったり、お金の寄付などしてください。国家的、国際的な保護団体にも寄付をしてやってください。ベジタリアンやビーガンになることも確実に動物保護の役に立ちます。ですが、ぜひ知っていて欲しいのは、動物の種の中には、良い飼育条件と慈悲のある処分を前提に、愛をもって人間の栄養源になる事を、魂レベルで人類と契約をしているものもあるという事です。益々強さを増している光が、人々がこの契約の事を知り、この契約にある人としての責任の部分を果たす事ができるように、動物たちを親切に、尊敬の念をもって、感謝しながら世話をすることが、人間が幸福な状態でいるために最も重要である世界的な認識を高めています。 愛する兄弟姉妹の皆さん、皆さんが、地球に住む人間を助けるために自発的に離れた祖国に戻った際には、自分たちがどんなに精一杯、勇敢に、決心を曲げる事なく、地球でのミッションをやり遂げたかを知るでしょう。この宇宙にいるすべての光の存在は、あなたたちの貴重な奉仕に敬意を表します。そして無条件の愛の力をもってあなたたちをサポートします。 ______________________ 愛と平和 スザンヌ・ウォード suzy@matthewbooks.com 訳文:誉田

マシュ―君のメッセージ  2019年7月18日

マシュ―君のメッセージ  2019年7月18日http://www.galacticchannelings.com/english/matthew18-07-19.html ここにいるすべてのソウルから愛のこもった挨拶をします。マシューです。バイブレーションが高まるにつけ、あなたたちの世界の傷をいやすための光を送る速度が速まっています。傷をいやすのは光です。それは愛と同じエネルギーで、宇宙で最も強力な力であり、地球から遠く離れたところにいるソウルや、地球上に存在するソウルたちによって供給されています。 地球にこの光を送ることは80年前に始まりました。高度に発達した文明の人たちが、ガイアの惑星の体の命を救うために開始したものです。何千という数の進化したソウルたちは、地球上で転生することによって、地球上の人々を助けようとし、母国を離れました。彼らは地球の人たちが光の高いバイブレーションにポジティブに反応できるように、さらにもっと多くの光を供給しました。 光にポジティブに反応した人々は、ソウルの契約に書かれた、第三密度での人生を全うするために、つらい経験で受けた傷や、契約にない思いがけない困難でできた傷を癒すことができました。そうした人たちは、吸収した光を射出することで、ほかの人たちを向上させたのです。向上した人たちは光にポジティブに反応し、その人たちも光を射出し始めたのです。このようにして光による癒し効果の過程は次々と拡大していきました。そして地球は力を得ることができ、ガイアの深い傷の癒しも進みました。 光は他からも供給されました。動物界や植物界、自然な暮らしをする人たち、それに元素や鉱物なども、あなたたちの世界の健康や健全さの保持に貢献してきました。文明の意識が成長すると、その文明のほかのすべての生命体の意識や力も、それに比例して成長します。でも地球では違いました。クジラたちや樹木、または動物として一生を過ごす経験をすることを選択した高度に進化したソウルたち、それに自然な暮らしをするいろいろな人たちはみんな、いま多くの人間たちがわかり始めている普遍的な知識を、とっくの昔から知っていました。 でも「地球の人たちには、みんなで豊かさを分かち合い自然と調和のとれた平和な世界を創り出すことはできるかな」と疑うのではなく、「どんなに早くそうした世界を創るのかな」という点に注目しています。意識の向上とスピリチュアルな覚醒の進歩が10年遅れた後、再び前進を始めたときに世界中で精神と心が開き始めました。世界中の人たちは、自分たちの世界は恐怖とか敵対状態、虚偽、貧困、不正、貪欲、それに汚職などがあたりまえの状態であることに気付いたのです。このような状態を、もはや放っておくわけにいかなくなった多くの人たちが、そうしたことを変えようとしました。個人で、この大きな仕事に対して熱意と決意と希望をもって、とりかかる人たちがどんどん増えています。新しい紛争や昔からの紛争を解決したり、すべての悪を是正することは、時には紆余屈折することもあるだろうけど、その意図が光で満ちているものならば、地球が進むアセンションの過程とともに上昇しているバイブレーションによって支援されています。 「可能性という地球のエネルギーの場は何ですか?」マシューさんと今一緒にいるソウルたちにはそこで見えているものをどのように思いますか?そのエネルギーの場と、集合意識や地球での出来事とどのような関係がありますか?」 この件について説明することは、私たちにとって、とても大事なことです。集合意識と、そのエネルギーの場が、地球での出来事を創り出しているのです。 地球のすべての生命体の考えや感情が集合意識となっています。このエネルギーの塊は常に変化していて、その力が、可能性のエネルギーの場にあるすべての活動を「運転」しているのです。私たちは集合意識と可能性のエネルギーの場を、その機能を説明するためにそう呼んでいます。ですが、常に動いている普遍的な引き寄せの法則の重要な部分のエネルギーは、このエネルギーと同じで、共に連結して作用します。 エネルギーの場は、無数の中性のエネルギーの吹き流しとなっていて、吹き流しの一つ一つには付属物があります。付属物とは各個人の考えや感情、動物一匹一匹の感情です。そして付属物は、言わば、吹き流しの方向性を見つけたり連結手となるのです。私たちはその吹き流しを、エネルギーの場で起きている活動と、地球で起きている同様な活動を結びつける糸の役割をしているとみています。糸の両端に喜びや嬉しいときめき、愛情、激励、といった気分を高揚させるような気持ちがあれば、糸はきらきらしたり、ひらめいたりします。ですが、落胆とか復讐、苦悶、怒り、偏見などという低いバイブレーションの気持ちを結んだ糸はほぐれていたり、暗い光がでています。 このエネルギーの場には「意図」が加えられた多くの考えや感情が入ります。そしてすべての意図は「発展する見込みの可能性」を持つ状況を造ります。もしも、そうした状況に同様な考えや感情がいくつも入れば、そのエネルギーは増長し、可能性の発展を開始させます。入ってきた考えや感情の数や力が十分に増えたら、そのエネルギーは一緒になり、それまで「可能性」であった状況を「起こりうること」に変化させます。 そして、もしある考えや感情の数と力が増長し続けたら、その増強されたエネルギーは、状況を「起こりうること」から「確実に起こること」に変化させます。そのエネルギーの場の変化はスムーズに着々と進みます。その状況に対するすべての考えや感情がひとつになった時に、そのエネルギーの推進力は止めることが不可能となり、関連した人々の意図の結果が創出されます。 もしも、違った意図が付随した吹き流しが、大量に、ある状況に突然入り込んできたら、それらのエネルギーは集合し、「起こりうること」に移行しつつあった過程を邪魔します。そのあとに続く動揺した動きは、そのエネルギーの場を大規模な花火大会のようにさせてしまいます。本来の意図を持ったエネルギーは、以前の力を取り戻そうとし、それに対抗する意図のエネルギ―はその場を支配しようとするからです。 その問題となっている状況の重大さや、違った考えや感情の強さと、両方の側の吹き流しの数の増減によって、この綱引きは数日間も、数か月も、あるいは数年間も続きます。やがて一方のエネルギーの塊が十分な力をつけ、それまで実行できなかった行動を開始し、人々が意図していた結果を造り出します。 それでは、エネルギーの場で起きている活動を、地球で起きている状況に合わせてみてみましょう。闇の人たちは、世界を支配しようとする意図を守るための無駄な努力をしていますし、覚醒した人々は光に満ちた意図に基づいて、闇の勢力の長い支配の時代を終わらせようとしています。ですから家族の皆さん、あなたたちはイルミナティの滅亡を目の当たりにしているのです。彼らの滅亡は目に見えないソースによって許可されているのです。 集合意識と、地球の可能性のエネルギーの場について、もうひとつ付け加えますと、それらは、存在するたった一つのものは宇宙の意識だけで、他のすべては存在しているものの無数の見え方だけだという現実の、ミクロの世界の認識だということです。さらに言いますと、どこかで起きるすべてのことは、すべての場所のすべてのものに影響を与えます。高度に発展した文明が、地球の人々が霊的にも意識的にも進歩することを多くの方法で助けてきたのも、それがひとつの理由です。もう一つの理由は、彼らは、私たちや、地球でライトワーカーや道を示す人となっている皆さんと同様に、この宇宙の家族の人たちを愛しているからです。 「アメリカ起きているすべての厳しい天候についてマシューさんに意見を聞いてください。これは多くの人たちが怒りやいらだち、それに恐怖を有意義に放出することができない現状によるものではないかと、私は感じています。アメリカ以外でも、人間の感情が混乱している場所では同様な悪天候があったのではないかと思っています」 すべての意図や行為に受け継がれてきている感情のバイブレーションは、あなたたちの世界にポジティブやネガティブに影響を与えるだけではなく、そうした状況を創り出してもいるのです。質問者が述べた強い感情は、地球上のあらゆる形の混乱の強い要因になる、低いバイブレーションを発するのは事実ですが、天候をコントロールするテクノロジーも、各地で起きる悪天候の原因となっています。 イルミナティには、有益な目的をもって開発されたテクノロジーを押し隠し、そのテクノロジーを使用して、破壊的な天候を創り出す力がまだ残っています。暴風雨、竜巻、洪水、そして記録破りの高温、低温が、人類の低いバイブレーションの感情を大量に生み出す原因になっています。そして、闇の心や闇の知性が存続するためにはそのようなエネルギーが絶対必要なのです。 ネガティブなことが蓄積し、それが闇の人たちのエネルギー補給器となるのを防ぐために、地球はネガティブなエネルギーを地震や火山の噴火として放出するのです。その際、地球は、命や建物などの被害が可能な限り低い場所を選びます。そしてあなたたちの空に駐屯するUFOの乗員たちはテクノロジーを使用して、放出されたエネルギーの影響が穏やかになるように手を貸します。乗員たちはまた、ケムトレイルや企業が起こす公害、それに5Gやその他のテクノロジーが発生する毒素を減少させることもしています。 カリフォルニアで起きた二つの地震について話しましょう。あれは自然に起きたものではありません。あの地震は、イルミナティの、巨大な実験施設と、豊富に物を蓄えた豪華な生活を支える部屋を持った地下施設を爆破して破壊したことで発生したものです。これは秘密社会の世界的な規模のネットワークを消滅させるための大きな一歩です。イルミナティ支配を終わりにするもう一つの大きな一歩は、売春グループのイルミナティのリーダーであるジェフリー・エプスタインの逮捕です。その売春グループの顧客には数多くの有名人がいます。この二つの出来事はアメリカで起きたのですが、その影響は地球規模なものです。 兄弟姉妹の皆さん、あなたたちの光は、地球上での闇を終わらせる道を切り開いています。毎日、日が進むごとに、世界が壮大に変化する日がだんだん近づいています。その日を迎えようとする人々を支援しようと、あなたたちはボランティアしています。この宇宙に居るすべての光の存在はあなたたちに敬意を表し、無類の力と無条件の愛をもってあなたたちをサポートします。 愛と平和 _______________________ Suzanne Ward (スーザン・ウオード) suzy@matthewbooks.com 訳:誉田

マシュー君のメッセージ 2019年6月14日

マシュー君のメッセージ 2019年6月14日 http://www.galacticchannelings.com/english/matthew14-06-19.html ここにいるすべてのソウルから愛のこもった挨拶をします。マシューです。私たちがこの様にメッセージを送る目的は、宇宙が今だかつて経験した事の無いこの様な時代に、ひらめきやスピリチュアルなガイダンス及び励ましを提供する為です。特に激励が最も必要なこの時だからこそです。 「私はより公平で、安全で、より正しい世界が存在すると信じたいし、あなたからのメッセージを見つけ、それを読むことで希望が湧きました。でも世界の情勢は悪化の一歩をたどっているように思えます。世界の政治情勢や世界のリーダーたち、ワクチン接種の奨励、恐怖、5Gの導入、こうしたすべてのものが、私を混乱させ、これから数年先ははどうなっていくのかにまつわる悪夢まで見ます。この世界には、もう知性が存在してないように思えます。こんな状況で、言われている地球上での天国の実現が、果たして私の生きている間に可能なのか疑わしいです。闇の勢力は相変わらず強力で、止めることはできそうもないように思えます」 この親愛なるソウル以外にも、今の世界の不当性、恐怖、険悪、危険、不安、そして非常識な状態を憂いている人がいます。私たちは、そうした人たちの、将来についての不安を取り除きたいと考えています。今あなたたちが目にしているものは、進化の一つの側面としての変革です。すなわち、目覚めた人たちが、長く続いた不正に対して反抗しているのです。でも、この大変革には、さらなる戦争は含まれていません。 ますます強さを増している光は、闇の目的を持ったすべての活動を世界の舞台の最前列に押し出していますので、闇の活動をする人たちは光の持つ高いバイブレーションにまともに晒されています。大量の光を浴びせられても、その光を拒否続けるならば、彼ら自身も彼らの活動も長続きできません。闇の人たちと彼らの行動には同じ原理が適用されます。地球が着々とアセンションして到達する世界では、活動の意図も人間の体も、光が十分にないと生き残ることはできません 闇の心と闇の考えを持った人たちは、自分たちが生き残るため、あらゆる努力をしたにもかかわらず、それは結局無駄な努力となってしまったので、ごくわずか残された彼らの権力にかろうじてしがみつくために、大きくもがいています。ですから、動乱はもうしばらく続くでしょう。「もうしばらく」とはいったいどの位なのか、あなたたちがそれを知りたいことはわかっています。それが実現する正確な時期はわかりません。時間のない連続の中で地球の直線的な時間を計測するのは難しいのですが、さらに難しいのは、集団意識の中に、無数の自由意志の決断が毎秒毎秒飛び込んできて、可能性のエネルギーの場にある「時間」の目安を動かして、それが実現する時期を早くしたり遅くしたりするのです。 私たちがあなたたちに伝えることができるのは、闇の人たちは、地球の人たちを自分たちの思うままに支配する時代はもう終わりだという事を、少しずつ受けいれているという点です。実際もう終わりなのです!わずかに残った自らの影響力にしがみつこうという、無駄なあがきを目にした際には、私たちが以前あなたたちに伝えた以下の事が、今も昔も真実であると頭入れておいてください: それは、地球のバイブレーションは、地球のためになる行いだけを強化し前進させる。地球とそこに生息する生命体のためにならない事は長続きしない。 努力してようやく手にできた社会の正義への権利と進歩を無くす事はできない。地球の人たちの運命は後戻りする事ではなく、平和や互いへの尊敬、また自然と調和する生き方に向かって迷わず前進を続ける事である。 人間がそのような生き方を始め、地球も健康と汚れのない美しさを取り戻す。そうした世界を直線的な時間で作る手助けをあなたたちは行っている。そうした世界は時間のない世界では既に存在している。(2016年12月9日のメッセージ) とはいえ、すべてのライトワーカーがソウルの時の契約で、今回の転生で、そのような最高に素晴らしい世界に住むようになっている訳ではありません。あなたたちの中には、さらに進化した世界に移行することを選択した方もいます。そこでは地球の黄金時代の幕が開くのを最前席で見る事ができます。あなたは、地球の文明が黄金時代になる手伝いをした満足感を味わえるばかりでなく、このユニークな大イベントにボランティアとして参加した事で、霊的にも意識的にも大きく躍進します。あなたは、今はアクセスできない先天的能力を再発見することでしょう。そして黄金時代が全盛期を迎え、地球がエデンの園の天国になった時に、あなたは地球に戻ってきて、長く、楽しい人生を送ることでしょう。 親愛なる兄弟姉妹の皆さん、地球の将来を祝福してください。時間のない世界ではすでに見事な繁栄を遂げているのですよ。不滅の生命である、あなたたちの次なる章です! 「いったい‘見えないところ’で何が起きているのでしょうか?子供たちが受け継いでいくこの世界に希望は持てるのでしょうか?」 確実に前進できている部分は確かに人の目にはまだ見えていません。ですが、私たちや世界規模での複雑な問題を解決する策を練っているグループの人たちには見えています。その人たちは一致して、散在するイルミナティの影響の名残を取り除き、紛争を和解させ、莫大な世界の富を公平に分配し、全ての人々を平等に治めるシステムを構築しています。簡単に言えば、そのグループは、光の作用によって社会が創造している、転換した新しい世界の基礎を発動させているのです。 「私や私の友人たちは、私たちが妊娠した時に、その子を産むか産まないかの選択肢を失うことを懸念しています。私たちが子供をいつ産むのかは政府や他人が関与するものではありません。でも堕胎そのものが神の規律に反しているのかどうか、それを知りたいのです」 反してはいません。神の規律は、宇宙が整然と運行することに関することだけです。もしも、第8度の密度を持つ文明の人が、私の母に数年前に伝えたことを知っているならば、堕胎は法的にも、宗教的にも、政治的にも問題になることはないでしょう。 それは、ソウルの命には、体は必要がないから。なぜなら、命はすべてのソウルの本質の中に受け継がれているからです。ソウルが、体とか、そのようなものを持つ選択をするのは、そのようなものがないと経験できないものを経験するときだけである。 あなたたち人間には、「命」や魂(ソウル)と体の違いについて大きな誤解がある。あなたたちは「堕胎」と呼ばれることをする。それは人によっては新しい命の破壊だと信じていて、子宮内で作られた体にソウルが入る時期についての論争がある。だが、発達中の体を中止してもソウルの命が破壊されることは絶対あり得ない。体はソウルとは関係なく成長するものであり、各文明が持つ独自の細胞の計画に従って生殖する肉体の自然な仕組みである。 ソウルはある特定の文明だけに転生するとは限られていない。ソウルの霊的進化の状態によって、バイブレーションのレベルが自動的に決まり、その範囲で、さらにそのソウルが発展するに必要な経験を提供してくれる文明を選択する。霊的進化が大きければ大きいほど、光の基地が高くなり、そこで体を作るための文明を選んだり、自由な霊の状態で過ごすかを決める。 成長するために、地球の第3密度の環境か、似たようなバイブレーションを持った場所が必要なソウルは、いくつかの種類の体の中から選択できる。その人たちは自分が受胎される前からでも両親の周りで存在できる。彼らは成長するときの感覚を経験するために、受胎後すぐに胎児の中に入ることもできるし、そのような経験が必要ないならば「体の外」に留まり、生まれるまで外での経験を積む事もできる。とはいえ、発達中の胎児の体は、ソウルの時の契約により「その人のもの」であり、他のソウルたちはその胎児の体には入らない。 もし、ソウルが発達中の胎児の体の中に入った後に、考えを変えたときに、その妊婦は流産する。ソウルが出産直前まで胎児の体の中に存在してから、その体の中にいる決断をやめたときには死産となる。ソウルにはほかにもいくつかの選択肢がある。感情を必要とする経験で、ほかのソウルとの同意を得て、体を抜け出し、二つ目のソウルが体に入り、それが流産や死産か、または無事に出産するまで体の中にいる。胎児の「本来の持ち主」は別のソウルが体内に入ることを許可し、そのソウルに成長と出産の経験をさせてやる。出産後、そのソウルは抜け出て、本来のソウルが体に入り、肉体を持った人生を送る。 こうした様々の状況でも、関連しているすべてのソウルはお互いの関係に同意をしている。だからその両親やほかの家族たちも、もちろん同意していて、その目的は関連しているソウルたちが各自の必要なレベルで経験させることです。受胎以前から無事出産するまでのいろいろな過程と同様に、堕胎も、関連しているソウルたちが堕胎に伴う感情を経験する場を与え、今までになかった経験をすることになるのです。 お母さん、ありがとう。こうした真実は知られていないし、堕胎に関する感情は世界中様々なので、これからも論争の的になり続けることでしょう。最終的には、堕胎は悪だと感じる人たちは、自分たちの信念を曲げるし、自分たちの状況にあった最善の選択をしたいと思う人は合法的に堕胎ができることになるでしょう。ここで付け加えますが、人々が霊的にも意識的にもかなり進化した時には、両親が願ったときにだけ受胎が起きます。いまでも、生殖は精神を統一することやクローニングで行うのではなく、性の合体で生殖を行う進化した文明では、受胎はそう行われています。 「テロリストがユダヤ教会を襲い、大胆な新興ナチ主義の動向を鑑みていて、私はユダヤ人である友人の事が心配になりました。反ユダヤ主義はどのようにして始まり、どうして今それが強まっているのでしょうか?」 反ユダヤ主義は聖書の時代の前から存在し、ヘブライ人商人の成功を妬んだり立腹したことが始まりで、これに拍車をかけたのが、ユダヤ人の裏切りでイエスが十字架で死を迎えた、という嘘とそれを信じたキリスト教信者たちです。以前のメッセージで伝えた通り、イエスの十字架での処刑はありませんでした。こうした理由で反ユダヤ主義は何世紀も続きましたが、現在100年以上も前パレスチナ人と調和しながら、協力的に始まったシオン主義に変化が起きたことも油に火を注ぐことになっています。 イスラエルの統治は、戦争を好むハザール人の子孫たちによって行われるようになりました。ハザール人は凶暴な部族で、勢力を西のほうに広げた際に、ユダヤ教を用いて征服した数々の部族を統一しました。今のイスラエル政府内にも数人、彼らの子孫がいますし、目的を同じくした子孫が政府以外の場所でも活動しています。そうした彼らはイルミナティの幹部です。彼らが、イスラエルやイスラエル以外に存在する、全ユダヤ人の為に何かをした事はありません。彼らの先祖は、ヨーロッパ各地で虐殺を扇動し、ホロコストさえも扇動しました。ですが、パレスチナ人の取扱いに反対する人や、彼らの隣国との争いを扇動する人を「反ユダヤ主義」とレッテルを張ることで、ハザール人の子孫たちは国際的なサポートを得て、力を拡大させました。彼らが絶対到達する事のない昔からの目的の一つは、中東全域を統括するためにエルサレムをイルミナティの本部にすることです。 地球の文明をめちゃくちゃにしてきた他の闇の勢力と同様、反ユダヤ主義の破壊的な影響や、あらゆる形の偏見や抑制は世界的規模で注目を浴びてきました。こうして人の前にさらされたおかげで、イスラム教徒やキリスト教徒、それに無宗教の人たちがユダヤ教の会衆たちと一致団結して結集できたのです。世界中の女性が男性優位の文化を終わらせるための行動を起こしているのもそのためです。イスラム教徒や同性愛者、トランスジェンダー、それに原住民の人たちへの偏見や差別行動が減少しているのもそのためです。こうした態度の変化は計り知れなく重要な事で、社会は悪いものを正す行動をとっているのです。 これは、女性エネルギーが、あらゆる形の抑圧と好戦的なことの原因になっている男性エネルギーのバランスをとる為に地球に流れ込んだ結果です。とは言うものの、私たちは男性エネルギーの品位を落とそうとしたり、女性エネルギーをほめそやそうとしている訳ではありません。男性エネルギーも女性エネルギーも強い特性があります。そしてこの二つのバランスが取れたときには、お互いに補足しあい、強いバイブレーションを作り、それが文明を進化させるのです。今地球では、この二つのエネルギーのバランスが取れようとしているので、ほとんどの人が、彼らが欲する、今よりはるかに良い世界、人間の性質の基本の部分(悪い部分?)が存在しない世界を創ろうと奮起しています。 「私は、修繕しなければいけないものが今の世界にあまりにも多く存在することに絶望しています。ホームレス、飢餓、貧困、破壊された都市、それに痛められた環境など、数えたらきりがありません。お金は地球上での生活を改善するために使われるのではなく、宇宙開発に使用されているのには全く落胆します。マシューさん、この件に関しぜひご意見をいただきたいです」 あなたの世界に対する私たちのアドバイスを、地球のリーダーたちが考慮する事は決して無いのですが、それでも親愛なるライトワーカーたちには喜んで意見を伝えます。 どの文明にも、星空を見上げ「向こう」に何があるか知りたいと思う空想家を必要とします。そのような空想家なしでは、何の発見もないだろうし、悟りも、発明も、革新も、何の発展もないでしょう。確かに、あなたの世界には直す必要があるものが多く存在します。そして、そうした全てのものを宇宙探査と並行して対処する事ができます。いや、確実に対処されます!宇宙探査は、世界中のものを直すことより断然楽しいです。あなた方の宇宙家族のメンバーたちが技術指導者となったり宇宙のツアーガイドとなります。あなたたちが世の中に発している光は、そんな日が来ることを早める手助けになっています。 この宇宙に存在するすべての光の存在たちは、あなたたちに敬意を払い、無条件の愛が持つ絶大な力をもってあなたたちをサポートします。 愛と平和 _______________________ スザンヌ・ウオード suzy@matthewbooks.com 訳:誉田

マシュー君のメッセージ 2019年5月15日

マシュー君のメッセージ May 15, 2019 http://www.galacticchannelings.com/english/matthew15-05-19.html ここにいる全てのソウルから愛をこめて挨拶をします。マシューです。バイブレーションは高まっていて、多くの人が普通より、もっと深く考えるようになり、それは「型破り」ともいえるかもしれません。この新しい経験は、人々をまごつかせています。また、シューマン共振周波数とか、光波、太陽フレア、周波数、氷山の溶解、ミニ氷河期それにポールシフトなどという言葉をよく耳にしますが、こうしたものは地球上の生命体にとってなにかが起きる前兆なのでしょうか。 親愛なるライトワーカーの皆さんは、新しく「自分探し」を始めた人たちに、今何が起きているのか、どうして起きているのかを知らせる為に、自ら進んで、今やっている事をやっています。そうですね、先ずはミニ氷河期は来ないと伝えて安心してもらい、地球の軸はここ80年くらいは元の位置に戻ろうとしているだけだし、太陽や他の天体の活動は、より良い世界を作るための一環であることなどを伝えてやってください。すると、当然ながら「いったいどこでそのような情報を得たの」と質問されると思います。 その時はこう話したらどうでしょう。「それでは、わかりやすくお話しするために、根本的なことから話したいと思います。あなたは魂を持った人ではなく、人間的な生き方をしている魂なのです。すべての魂は永遠で、多次的存在であり、魂(ソウル)の始まりは、宇宙の中で最も強い力である、創造主の純粋な愛のエネルギーです。宇宙に存在する全てのソウルの一つ一つは、神とか別な名前で呼ばれている、最強な根源の光に由来しています。そして、この根源から切り離す事の出来るソウルなどいませんし、ソウル同士の繋がりや、あらゆる創造物からも切り離すことができません。 私たちの一生とは、何度も肉体を持って生まれ変わる経験の中の一つの人生であり、転生と転生の間には、霊的世界での人生もあります。そこでは、再び他の魂たちと共に、次に生まれ変わる際の目的や、いかにバランスの取れた経験を獲得するかについて計画します。また、いわゆるカルマとは、褒美や罰ではなく、協力しながら共に一生を送る全ての人たちが、お互いに進化するための機会なのです。 この宇宙家族に存在する無数の文明の中には、意識的にも霊的にも技術的にも、現在の地球のレベルよりはるかに進歩しているものも多く存在します。そうした高度の文明を持った存在の中には地球人の祖先もいて、彼らは様々な方法で地球や地球の人たちの支援を続けています。彼らは、地球を取り巻く宇宙船の中に居たり、あなたたちと共に生活をしている人もいます。 存在するすべてのものは、無数の違った周波数で振動している意識です。そして、振動数とは、個人の内の意識の目覚めの度合い、集合的にはその文明の目覚めの度合いを示します。光が強力になっている為、地球のすべての生命体の集合的意識の振動数はどんどん高まりつつあります。人同士、または動物たちに対して、優しさや尊敬の念をもって接している人たちは、光の高い周波数を放射しており、それが地球の生命に変化を与え、闇の勢力による長期に渡る支配を終わらせています 以上が、宇宙の真理を新しく学ぼうとしている人たちが知るべき、「必要最小限」の情報の要約です。こういった事を一度に全部話したら、彼らはびっくりして気が遠くなってしまうかもしれませんが、大丈夫です。その必要はありませんから。事前に準備をして、講義を行う大学教授のようにならなければならないとは思わないでください。自分探しを始めた人たちは、あなたが答えを知っている事についてのみ、質問をしてくるでしょう。それに、その人たちが理解することに役に立つウエブサイトとか本があれば、それを教えてあげてもかまいません。あなたを受け入れてくれる人がいたら、直接会ってもよいです。もし、そうしたことを学ぶ勉強会を開いてくれれば、自分は喜んで参加すると、示唆するのもよいでしょう。 私たちが何度もみなさんにお伝えしてきた事は、地球のほとんどの人々が全く知らない、強調して伝えるべき情報であり、それは何故まだ闇が地球に存在しているのかという点です。人が、自分が望むようなより良い世界を作るパワーを自分自信が持っているという事を知った時、望まないような世界に意識を向けて’引き寄せの法則’によって望まない世界を継続させるのでは無く、望む世界を実現させる方にエネルギーを注ぐようになるでしょう。 愛する兄弟姉妹のみなさん、何百万人という人たちがホームレスであったり、極貧状態であることに皆さんは悲しみ、そのため、自らの能力を使う間もないことを私たちは知っています。同様に、銃による大量虐殺への悲痛感、政治的や思想の違いによる内乱が起きている多くの国を心配し、更に、すべての戦いや強欲、収賄が終わらないことへの苛立ちなども、あなたたちが愛の仕事をする妨げになっていることを知っています。あなたたちが持つそのような感情がどんなに自然な感情であったとしても、その感情をいつまでも持つことはぜひ止めてください。そのような感情は、さらに同じような状態を作り出してしまうからです。光の中にしっかりいることは、そのような状態を終わらせるための手段として、また全ての人にとって平和で、豊かで、調和のとれた世界を実現するためにかなり有効なのです。 さあ、それではここから多くの人が要請してきた話題について、喜んで話していきましょう。 パリのノートルダムの火事は、放火によるものという証拠があります。ですが火事の「公式」な原因は、おそらく漏電か「原因不明」とされるでしょう。大聖堂の火災は、フランスの大統領マクロンと教皇フランシスコに対する明らかな忠告として、イルミナティが放火したものです。 政府内にいるイルミナティの主要な操り人形であるマクロンへのメッセージは、黄色のベスト運動を抑圧し、フランスがEUを離脱することを考えることなど絶対あってはならないということです。EUはイルミナティによって作られ管理統制されているのです。 教皇フランシスコに対するメッセージとは、バチカンの金融取引や蓄えられた莫大な財産について何一つ公表してはならない、ということです。バチカンの財産はイルミナティも目的達成のために利用しているのです。教皇へのもう一つのメッセージは、悪魔の儀式を無くそうとする取り組みはやめなさい、ということです。バチカンは悪魔崇拝の国際本部でもあるので、人間のいけにえを行う為の選ばれし場所なのです。人間のいけにえは、最も低いバイブレーションを創り出し、それがイルミナティの存在には不可欠なのです。イルミナティにとって、大聖堂の破壊は、神を打ち負かす悪魔の力の象徴なのです。 ロバート・ミュラーの報告書の可能性が持つエネルギーの場は混乱していて、例えてみれば、花火は次々に打ちあがるのだが、それはただ音と煙にしかならないようなもので、いったい誰が主役なのかが分かりません。この件に関するエネルギーの場は全く不鮮明で、この報告書が弾劾手続きにつながるのか、また、様々な法規に触れた証拠が、誰かを訴追することにつながるのか、私たちにはわかりません。 ジュリアン・アサンジは、真実を告げる人、すなわち「内部告発者」になり、国外に脱出し、そこで味わう様々な困難を経験することを自ら望んだソウルの一人です。でも人間として地球で生まれたら、そうした記憶は意識から消されます。それは人間のはかなかさが充満している第3密度の世界に生まれてきたすべてのソウルも同じ事です。アメリカ政府が公表したくない情報を、公にさらしだす機会がアサンジに与えられたときに、彼は本能的に行動を起こし、ソウルのレベルでの責任を果たしたのです。わたしたちは彼や、地球の人たちに真実を知らせる使命を果たす人たちに敬意を払います。 次は、「ブラックホール」の写真の件です。「ブラックホール」とは、あまりにも高い密度なので、その重力から光さえも抜け出すことができない、エネルギーの場を、あなたたちの天体物理学者がそう名づけたものです。ですから、ブラックホールと言われているものは光なのです。-この宇宙そのものである愛の光のエネルギーです- そして、どんな望遠鏡も望遠鏡のネットワークも、これを写真に撮ることはできません。その「場所」はあなたたちには黒く見えるかもしれませんが、それは無数の違った周波数や帯域幅や電磁波で変動し続けている光であって、あなたに見えている映像は、天体や宇宙のゴミをあなたがどの様に知覚するか、そして望遠鏡のレンズの限られた機能でどうとらえるか、この二つの要素の組み合わせの結果なのです。 「マシューさんはエネルギーは中性だと言いました。中性のエネルギーが、どのようにして付属物を引き付けるのですか?」 それはあべこべです。宇宙には大量のエネルギーがあり、そのエネルギーは例えれば陶器用の粘土で、陶芸家がある目的をもって形を作るのを待っていると考えてもよいでしょう。あなたの思考や感情は、目的を持った形です。思考や感情は中性のエネルギーのたまり場からエネルギーの流れを引き出し、その流れに自ら付着して、その流れに方向性を与えます。これは引き寄せの法則の不可欠な部分です。宇宙は常に膨らんだり縮んだりしているので、中性エネルギーは常に準備ができている状態にあり、すべての新しい思考や感情はそれに付着することができます。 「私はキリストのエネルギーはイエスから来ると聞きました。マシューさんによると、聖書に書かれたイエスのことは、多くの場合、昔の国家や教会のトップの人たちによって誇張されているそうです。もしそうならば、キリストのエネルギーとはいったいどんなものでしょうか?それはキリスト意識と同じことですか?」 イエスと呼ばれるソウルが、その件について話したいそうです。 イエス: マシューさん、この場に参加させていただきありがとうございます。キリストのエネルギーとは、創造主に最も近い領域の真髄に対して、ある人たちがつけた名前です。その領域で、創造主の無限で無条件の愛が光として表現されたときに、いくつかのソウルが出現しました。この光のバイブレーション、それはすべての創造物の中にある究極の力であり、創造主/創造物そのものなのです。宇宙全体に存在するすべてのものの始まりなのです。 創造主が最初に創った個々のものは、あなたたちが大天使と呼ぶソウルたちです。大天使たちは神とか、完全とか、すべては一つ、という領域で、完全な状態で存在し、そのエネルギーを使用して、他のソウルたちを創ります。その一つはサナンダです。サナンダが人間になった一人はイエスとか、イェシュアとか、イエス・キリストとして知られているキリスト意識由来の人です。キリストは神と同一です。宇宙の究極の存在の事を何と呼んでもかまいません。この存在から創られたソウルと、他の存在から創られたソウルとの違いはありません。キリスト意識の強力なエネルギーは宇宙全体に存在します。 キリスト教の基礎は、聖書に書かれた私のこと、すなわち処女からの出産、十字架での磔、そして復活です。そのどれも真実とは違います。それは当時、人々を支配しようとした数人によって作られた物語です。私が語ったことの真実を曲げたり、省いたりしたり、私を「神のたった一人の息子」として、私の価値を高めたりして、彼らは神と人々の間にウソの分離を作り上げたのです。彼らはまた「神の法則」というものを書き上げ、それに従わない者は神の怒りを買い、神の天罰を永遠に受けなければならないと人々に告げました。 聖書にある、神と私への大きな欺きや、キリスト教の真実の歴史は、やがて公にされるでしょう。これはあなたたちの他の宗教についても同じです。その宗教が光の使者によってもたらされた真実によって始まっても、人々を支配するために真実が曲げられてしまったものならば、それは明るみにさらされることになるでしょう。そうした事実が公になれば、地球の人々はスピリチュアルな真実の下に一丸となるでしょう。 この宇宙に存在するすべてのソウルに対する私の無条件の愛は、永遠に続くものです。 マシュー:イエスさんありがとう。イエスさんは私の親友のエマニュエルさんでもあります。それでは愛するライトワーカーの皆さん、これでお別れですが、この宇宙のすべての光の存在が、あなたたちの地球での人生行路をサポートしていることを決して忘れないでください。 ________________ 愛と平和 スザンヌ・ウオード suzy@matthewbooks.com 訳: 誉田

マシュー君のメッセージ April 14, 2019

マシュー君のメッセージ April 14, 2019 http://www.galacticchannelings.com/english/matthew14-04-19.html ここにいる全てのソウルから愛をこめて挨拶をします。マシューです。 「文明の進化速度を加速させるために、ライトワーカーが地球での生活において、特別な事何か一つに注意を注ぐとしたら何ですか?」という質問を受けました。 地球の文明が計り知れぬほど長い間衰退してきた理由は、人間が人同士及び動物たちに対して非人道的な扱いをしてきたからです。従って、その正反対である愛や親切、すべての生命を大切にすることを実行することが、文明が進化するための道に繋がると言えます。 親愛なる家族の皆さん、まさにその通りなのです。光の高いバイブレーションは、人々の思いや心を開かせ、地球上のすべての命に慈悲心を持つよう、社会を動かしています。また、その動きは、地域によってかなり遅れを取っているのも事実です。これに関連した質問がある読者から届いています。 「私たちの監獄と法体制について、マシューさんの滞在している領域のソウルたちはどのように考えているか、そしてそのシステムが地球や人のアセンションにどのような影響えお与えているのかを知りたいです」 監獄に閉じ込められるということは、それはカルマ上の選択であったかもしれません。とはいえ、牢獄に入っている人がいるということは、地球における最大の難点の一つです。 私たちは、あなたたちがすることを見ています。弾圧的な体制では「反体制派」の人たちは法的な保護なしに牢屋に入れられ、しかも拷問がよく使われます。捕虜も同様な扱いを受け、「少数派」と呼ばれる人たちは、少しの違反をするだけで長い刑期の判決を受けて牢獄に送り込まれます。しかもその牢獄は定員以上の囚人が押し込められているケースがほとんどで、そこで社会復帰に向けての助けがされることはほとんどありません。しかも、問題がある法組織や、退廃した法組織の下では、無実が明らかな人でも罪になってしまうこともあります。いわゆる「ホワイトカラー」(知的労働者)の人たちが犯罪者になったときは、重罪でも刑期は短く、普通に快適で利便性の良い場所にいられます。精神的疾患を持った人は、適切な治療がなされる医療施設ではなく牢獄に入れられることもよくあります。 このような不公正さは広く見られますが、地球のアセンションには何の影響はありません。地球は5次元の密度に向かっての道を、着々と進んでいます。 しかし、個人のアセンションについては、かなり事情が違います。個人のアセンションとは、その人の生涯の選択が、どれだけ自分のソウルの契約に沿っているかどうかであり、これは、その人が生まれる前に一生を共にする他の人たちと共に合意した契約の一部となっています。このように考えた場合、まず思うのは:牢獄に入ることもその合意の一部なのだろうか? もし合意していたのなら、裁決は、それが公正であろうがなかろうか、関連する全ての人を成長させたり、第3密度での学びを完結したり、合意した仲間の成長を助けるという経験になります。人生を変えるような経験を、前向きな姿勢で、直観に従って行えば、望んでいた通りの成長が得られます。もしも裁決が合意したものでなくとも、裁決の公平、不公平にかかわらず、囚人や裁決に関わったすべての人々にも同様に成長する機会が与えられます。しかしながら、ソウルの契約にはなかったような困難な状態に落ち入った人によくありがちなのですが、不公正さに対する苦々しさや怒りや混乱が長引くと、大きく成長するせっかくの機会を認識できないこともあります。 全ての囚人に共通するその他のことも契約の範囲外である可能性があります。例えば、他の囚人や監視員たちに対する行動、牢獄内での過ごし方、仮釈放された場合の行動、態度、旧知の人や新しく知りあった人たちとの付き合い方、などです。こうした状況下での反応の度合いは、収監される前に選択していた事情にも影響を受ける為、だからこそ、世界中の囚人たちのアセンションの状態は様々で、第3密度の人や第4密度の状態の人もいるし、他の文明からボランティアソウルとして地球に来て囚人になった人はもっと高い密度の状態です。 欲と汚職は、逮捕をちらつかして力を行使する権力者に付き物であり、それに対する社会の対応の仕方と、牢獄に入れられた数百万人の人たちの将来は、地球の文明の進化の速度に大きく影響します。そして、あなたたちは捕虜収容所にいる人たちや、圧制体制の国のリーダーたちに暴政をやめさせるよう愛の光のエネルギーを送っています。しかし、あなたたちがこの様な行為を行っている事を知る人はほとんどいません。それでも、広く知られていることがあります。それは、このような悪行を減少させるには、その原因となる要素を無くす必要があるということです。貧困による絶望感、麻薬や武器が簡単に入手できること、教育や指導の不足、低賃金と雇用機会の無さ、それに様々な偏見などがこうした要素です。 歴史を振り返ってみると、このような事態の改善策やその他の事に大きな影響を与えるスタートは地域単位から始まり、そこからどんどん広がっていき、やがて国レベルでの犯罪を防ぐための対策や、公平な裁判や公平な刑期、囚人に対する教育や職業訓練、釈放後の就職支援、前科者や「少数派」の人たちへの差別を禁じる法律ができるものです。民間企業による監獄を無くす必要もあります。民間人が経営する監獄は、犯罪者が増えれば増えるほど儲かりますので、監獄の所有者と裁判官の間に金銭的な協力関係ができる可能性があり、実際にそのような関係ができています。 あなたたちのすることに嬉しい進歩も見られます。牢獄や法体制の中には、前記の改善策を取り入れたところもあり、「ホワイトカラー」の犯罪者が有罪になるケースが以前より増加しています。また、死刑を廃止した国の数も増えています。バイブレーションが高まっている結果として、公平で公正な裁判や判決、すべての囚人に対する丁寧な扱い、それに捕虜収容所や死刑制度文化の廃止などがますます増えてくることでしょう。地球の黄金時代が真っ盛りになったときには、世界中から牢獄が無くなっていることでしょう。 「菜食主義やビーガンは、DNA再生の役に立ちますか?」 こうした食事の目的が、動物の工場生産を止めさせることにあるのならば、ある程度は役に立ちます。このような目的で、食事を選択する一人ひとりに対し、私たちは敬意を表します。しかし、個人の態度や信念、行動などの総合的なエネルギーによってその人の体が吸収する光の量は決まります。炭素に基づいた細胞をクリスタルに基づいた細胞に変化させるのは光であり、それによって休眠しているDNAの螺旋が活性化されます。 「もしも、高度に進化した人間の細胞を現在の研究室で検査したとしたら、炭素系の細胞とクリスタル系の細胞の区別はできますか?もしできたとして、人体で起きたこの『原因不明』の変化を科学者はどのように判断するでしょうか」 かなり高度な感度を持った検査方法があるとしたら、炭素系とクリスタル系の細胞からなる組織のわずかな違いを検出する事ができるかもしれませんが、たとえ違いが分かったとしても、その原因を現在の科学者が知ることはないでしょう。地球に住んでいる人間は進化し続けているし、進化した人間がまた生まれ変わってくるので、クリスタルに基づいた細胞は「新たな常識」となることでしょう。このように進化した人の中にいる科学者たちは、光が細胞の構造にどのような影響を与えているかを知る事になります。 「人体にエーテル状の器具を移植する、ということに対して何かコメントを頂けますか?誰がそんなものを移植するのか、その理由と目的、そして最も大事なのはどのようにそれを取り除くか、その方法をどうか教えてください」 あなたが「エーテル状の器具」と呼ぶものは、たぶん細胞の記憶を持続させるようなDNAコードのことだと思います。このコードは、様々な文明で肉体をもって転生を繰り返して生きてきたソウルが、自分たちの原点と先祖代々の伝統の知識を失わないようにするためのものです。 それとは別に「物理的」な移植もあり、中には人を操作するためのマインドコントロールの役目をするものもあります。でも古代では、恐怖を植え付けるための策略でしかありませんでした。闇の勢力の手先たちは、初期の文明をすべての分野において弱小化するために、人々のDNAの螺旋を不活性化した上で、人々のマインドコントロールが可能で、しかも子孫代々受け継がれるような、取り除くことの出来ない物質を移植したと人々に告げたのです。人々に恐怖を植え付けるのに、これ以上巧妙な方法はあるでしょうか?恐怖を抱いた人々のバイブレーションは下がり、そのために闇の勢力の力は促進され、増強し、彼らの存続を確定する事ができたのです。 各地の文明が進化するとともに、移植をしたという主張は忘れ去られました。そして直線的時間の観点から長い年月が経過した後に、闇の勢力の人たちは、マインドコントロールを実践し始めたのです。彼らは捕まえた人たちを肉体的、精神的、感情的にひどい虐待をして抵抗力を弱めてから、その人たちをコントロールするための器具を移植しました。その器具の「スイッチを入れる」と、その人は言われた通りの仕事をしました。男たちは銃を乱射した後に自殺するようにプログラムされ、女性は秘密情報を特定人物に運んだり、言われればセックス行為を行い、その後はすべてを忘れるようにプログラムされました。 とはいえ、このようなプログラムが開発されるかなり前から、既に宗教の教義や学校教育を通じて人々のマインドコントロールは成功していました。このような闇の勢力によるマインドコントロールは、知られたら困るような事の全てを、人々に知られないようにする事を可能にしました。闇の勢力にとって都合の良い「敵」を殺すことは愛国主義であり、国を愛する証拠であるとか、「権力者」がすることはすべて人々のためになると思い込まされました。古代においては、アリーナやコロシアムでの戦い、数千年後の現代では映画やゲームの暴力は人々のための娯楽である、などという概念を刷り込む事に成功しています。また、闇の勢力の様々な悪行が明るみに出てしまった際は、コントロールされた主要なメディアは、それを単に陰謀論の一つに過ぎないとして片付けてしま、この陰謀論という言葉自体が真実の情報の信頼性を損なう事に繋がっています。 強さを増している光が、次々と暗闇に光を当てていくにつれ、闇によるマインドコントロールは次第にその効果を失ってきています。個人にスイッチを入れて行動を起こさせるプログラムは、すでに彼らによって放棄されました。闇はもはや、人々が政府や宗教団体、メディアや経済界、企業、医療機関、スポーツ業界、エンタメ業界、それに法律や裁判関連の権力者たちに疑いを持つことを止める事ができなくなりました。彼らは、人々が闇の勢力の支配から脱出するのを止めることはできないし、親愛なる皆さん、そうしたことが、地球の文明の進化の底支えになっているのです。 「すべての億万長者や大富豪たちはイルミナティなのでしょうか?『貨幣の再評価』を行うことは、そうした人たちのお金を奪い去り、一般の人たちに分配することにつながるのでしょうか?」 いやいや、世界のトップ級の金持ち全員がイルミナティであるわけではありません。イルミナティが違法に、もしくは不道徳に取得した富だけを回収するのです。そのお金は世界中の貧困を終わらせることに使用されます。 『貨幣の再評価』は世界の経済の仕組みを貴金属に基づいたものにするのが目的です。ドルは元々貴金属を元にしていました。それをイルミナティが世界の金の供給をコントロールするため、また通貨の貿易や、国の国家資源を支配下に置いたり、株式市場を操作したりして大儲けできるようなシステムを作ったのです。そうしたことのすべてが、世界中で『持てる者』と『持たざる者』の格差を拡大させたのです。地球に住んでる人達も、そのうち進化した人たちがとっくの昔に学んだことを学ぶことになるでしょう。それは、物と奉仕の交換や、その惑星に住むすべての人たちが繁栄するように助けあうことが、すべての人が豊かな生活をし、平和な世界で調和を保って生きていくことを可能にするということです。 「マシューさんや別の光の使者たちは、イルミナティは世界規模の政府を作ろうとしたが、その為の力を失ったと言いました。最近私は、統一された世界規模の政府に関する記事を読みました。それはイルミナティの計画のように聞こえます。この件についてマシューさんに質問をしてください」 その記事が、統一された政府をどのように描いたか知らないので、私たちが知っていることのみをお話しします。「新世界秩序」と「一つの世界政府」とは、イルミナティが、戦争や疫病、毒性の公害物質、それに飢餓を用いて世界の人口のほとんどを消滅させた後に、設定するよう計画した独裁支配にまつわる二つの呼び名です。彼らの目的は、自らの食事の材料を育て、それを調理し、医療や教育を担当させ、自らの家や公共の建物を掃除させ、交通機関を提供させ、電気、衣類、建設、造園、それに修理をさせるのに十分な数の人たちだけを生き残らせることです。要するに、イルミナティが必要とするものを提供してくれる召使いのみを残すのが目的なのです。 こうしたイルミナティの計画と実際の地球の将来の間には大きな違いがあります。あなたたちの現在の統治哲学の最善の部分のみを抽出し、それを統合させ、それを世界中のすべての人々のために使うことになるでしょう。それは、普遍的な法則と自然を尊ぶことを基本とし、知恵や分別があり、その道徳的な整合性が国際的に認められた人がリーダーに選ばれます。このような形の統治方法は、直線的な時間の現在においてはまだ話し合いが行われており、計画段階ではありますが、連続した時間においては既に見事に成就しており、喜びに満ちた人々は繁栄しています。人が作った宗教の教義や不公平な法律は、進化したスピリチュアルや意識の気付きに取って代わっており、弾圧や敵対などはもはや過去のものとなっています。また、カースト制度や人々を表面的に分割するその他の様々な制度も過去のものです。今後は、すべての人類が地球の豊かさを分け合います。 愛しいライトワーカーの皆さん、あなたたちは、究極的にこのような世界を作り上げる事となる強い動きの最先端にいます。この、地球の人々への奉仕活動において、あなたが一人になることは絶対にありません。神と、この宇宙に存在する光の存在たちの無条件の愛が、あなたたちがたどる道の一歩一歩をサポートしていますよ。 _______________________ 愛と平和 スーザン・ウォード 訳:誉田

マシュー君のメッセージ 2019年3月15日

マシュー君のメッセージ March 15, 2019 https://www.galacticchannelings.com/english/matthew15-03-19.html ここにいる全てのソウルから愛をこめて挨拶をします。マシューです。最近起きた、同じ型式の飛行機が2機墜落した件について説明するよう依頼を受けています。ニルバーナにある地球の監視隊を通してみても、最近の墜落事故と2,3か月前に起きた墜落事故が、「普通」の故障なのか、それとも遠隔操作などの不正が関係しているのかはわかりません。そのどちらの可能性かはエネルギーの場を見ても不透明なのですがー光の進化をくいとめるために、闇の人たちが激く反発する事で、それが低いレベルのエネルギーのいわば吹き流しのようになり、これが唸り声をあげているようです。 とは言うものの、両方の墜落事故に関連する二つの要素があることはわかっています。それは、操縦士の過失ではないという点と、亡くなった人たちのほとんどは、今この時期に、このように突然死んでしまうことを契約していないという点です。人生の契約内容にかなりの幅がもたらされていたとしても、今回の事故はそれに含まれていなかったという事です。ですから、この二つの事故は誰かの故意による妨害行為である可能性が強いです。恐らく、一人か複数の特定された乗客を殺害する為、もしくは飛行機の製造元を困難な状況に陥れる為、または今後飛行機を利用しなければならない人々に恐怖感を植え付けるなどの目的があったと考えられます。 「たくさんの違った言語が存在しますが、それがどの程度人々のコミュニケーションを難しくしたり、互いへの敬意に欠けた関係になってしまうことに関連しているのか、マシューさんに質問してください」 たくさんの言語や方言が問題になるということは、闇の力の手先が企んだことで、様々な言語を作る考え方を、人々の頭に植えつけるなどして、若い文明の遺伝子構成を劣等化したのです。その結果、闇の勢力の思う通りの人口構成が地球にできたのです。つまり、誤訳や意図に誤った翻訳をする事などでコミュニケーションがうまくいかず、誤解が生じた結果、人々の間に不快な関係が生まれたのです。 でも、私たちの目から見ると、互いへの敬意に欠けた関係が生まれるのは、言語の多様性というよりも、自分の考えと違う考えを受け入れたがらないという個人レベルの問題です。人々が話し合う際によくある「私は正しい、あなたは間違っている」という態度が問題なのです。コミュニケーションする際のそのような態度は、宗教的、政治的、そして哲学的な様々なグループがある事でさらに強化されました。様々な違ったグループは闇の人たちが発明したものであり、それは違った考えのグループ同士で戦わせる為のものです。あなたたちの歴史を見ると、彼らのこの企みは見事に成功した事がわかります。 闇は、怒りとか不和とか暴力のエネルギーによって繁栄しますが、家族愛や自由や平和や繁栄への愛、それに全ての人にとっての公正さが一つにまとまる気分の概念の方が勝った時に、闇は力を失います。そして今、その気分は高まっています。今地球にやって来てる女性エネルギーの高いバイブレーションが、地球で長く続いた男性エネルギーの優位を終わりにしようとしています。 これは男性エネルギーを悪く言っているのではないし、男性エネルギー、女性エネルギーと言っても、それらは性別とか性指向とは無関係であることをご理解ください。実際のところ、すべてのエネルギーは中性で、思考や感情、それに行動のバイブレーションによって、力や方向性が与えられ、男性エネルギーになったり女性エネルギーになったりします。そして、男性エネルギーを持ったものは強い肉体や成功への願望、闘争的な競争心、革新、厳しさ、それに全ての状況をコントロースしたいという決意を持っています。女性エネルギーは優しさもありますがそれと同等に強い側面を持っており、それには養育する、同情、繊細さ、協調、芸術的表現、それに自然と同調して生活することなどが含まれます。 文明の進化とは、男性エネルギーと女性エネルギーが互いに影響しあって、愛の光が存在するバランスのとれたエネルギーであるアンドロジニーにむかって昇進することにより起きます。そして、愛の光の力は、第3密度の文明が愛の光が欠如し、闇に根を下ろしたエネルギーを持つ人たちによる世界支配を終わらせるための原動力なのです。親愛なるライトワーカーの皆さん、こうした世界を変革する手助けをするのが、皆さんが地球にボランティアとしてやってきた理由なのです。 それでは、話をまたコミュニケーションに戻します。論争の的になる話題に限らず、何かについて語るときは、言葉の選択を慎重にしてください。言葉の力は大変強いのです。お母さんこの件について以前私が話したことを挿入してください。 存在する全ての物と同様に、すべての言語の言葉もエネルギーなのです。言葉は話されたり、聞かれたり、思われたり、書かれたり、読まれたりしますが、そんなときに言葉は波動を発します。波動は光とか平和や愛に関するものが最高です。ほかに高い波動を持った言葉には親切、同情、寛容、感謝、許し、信心、正直、希望や楽観主義があります。あなたが言葉を賢明に選択することはとても大事なことなのです。言葉は直近の物に影響を及ぼすばかりでなく、かなり遠くのものまで影響を与えるのです。普遍的な引き寄せの法則もあるし、「類は友を呼ぶ」ということで言葉の波動は「同様なもの」と融合し、あなたの世界に入り込みます。波動の高い言葉は光と融合し、低い波動の言葉は闇につながる エネルギーの流れに引かれていくのです。言葉が発したエネルギーは、融合した他のエネルギーと合流し、さらに強まるのです。 この言わば「言葉の戦争」において重要なのは、それを発する際の意図であり、その意図がまた波動を発するのです。暴力とか、あざむき、束縛、はく奪、大惨事など有害な状態や破壊状態を表す言葉を使用する際の意図が、忠告をしたり教えたりする事であれば、その意図の持つ高い波動が優勢になります。こういった言葉やその他の言葉を恐怖生み出す意図をもって使用した場合は、最も低い波動を発信します。 (2018年5月16日のメッセージから抜粋) お母さんありがとう。私はその部分を書き損ねていましたね。それは、気分を高揚させたすべての言葉やポジティブな行為、他人が感じる感情に繊細な気遣いができることなども高いバイブレーションを発します。たとえば、共感、優しさ、喜び、思いやり、親切、信頼感、それに忠実などといった言葉がそれになります。もう一つ付け足したいことは、困っている人を助ける時には言葉の違いは壁にならないということです。非常に困難な状態にいる人を支援したいという切望はすべての心優しい人類に共通した思いなのです。 「ワシントン州のバンクーバーで、はしかが発生しました。ワクチン接種をしたほうが良いかどうかマシューさんに聞いてください」 この質問をちょっと考えてみましょう。はしかのウィルスは皆さんの空気中で何年も生きることはできません。それではなぜ、アメリカでは完全に壊滅したはずのこの病気が突然発生したのでしょうか?これには二つの答えが考えられます。あるはしかのワクチンの中に含まれたウィルスの強さが、摂取した後長い時間をかけて強力になり、免疫の弱い子供にこの感染力の強い病気が発生することが一つ。もう一つの可能性のある答えは、ある地域に散布したケムトレイルの毒素の中に、はしかのウィルスを付け足したということです。その地域に住んでいる子供で免疫力に問題がある子供ははしかを発症し、他人にはしかに感染させることになります。 ちょっと歴史を振り返ってみると、もっと分かりやすいかもしれません。歴史は闇の勢力の手先にまでさかのぼります。文明発達初期の人たちを肉体的、霊的それに意識的に弱めるようにDNAを操作した時に、彼らは同時に病気を起こす微生物も創ったのです。そして、弱められた人間のある者たちが地球に住みついた時に、闇の手先たちは地球にそのような微生物を持ち込んだのです。小さな生命体の中には人間の健康体に不可欠なものもありますが、あなたたちが病原菌と呼ぶものは様々な病気を引き起こすように作られたものなのです。何千年か後に、医学者たちは奮起して感染する病気が社会に蔓延するのを防ぐためにワクチンを開発したのです。 善良な目的で始まったものでも、それは逆に悪用されてしまう可能性はあります。闇の人たちは、まさにワクチンを悪用したのです。彼らはワクチンを病気を防ぐのではなく病気を起こすために使用したのです。ですから私たちはもう長い間予防接種に反対してきているのです。学校に入学するさいに、「市民の健康管理」のためとして、予防接種を義務付けることを奨励している保健関係者たちは、真実を知らないだけなのか、そうでなければ様々なワクチンを製造する会社に協力しているのです。そしてこの事実を知っている医師の中には、それを裏付ける証拠がないと言い、奨励されているワクチンを子供に受けさせない両親たちは、子供のためを思って反対しているのです。 ここに3つの大事な要素があります。その一つ、やがてワクチンに関する事実が人々の間に広く知れわたり、ワクチン接種は廃止になるでしょう。闇の心を持った人たちが、40年前にエイズを起こすウィルスを開発し、人々に感染させました。これは世界の人口を減らすための彼らの計画の一つでもあったのですが、あなたたちと共に暮らしているETの科学者たちは、研究室で人工的に作られたすべてのウィルスの毒性を弱めるために、神の権威を与えられました。闇の人たちが流行させようと企んだ新しい病気も、免疫力がかなり低下していた人たちだけしか感染しなかったのも、ETの科学者たちのおかげです。その新しい病気は主要メディアも「大流行の恐れがある」と報道し、みんなに早急なワクチン接種を促したものでした。新しい感染性疾患のケース、たとえばサーズ(SARS)とか鳥インフルエンザ、豚インフルエンザ、N1H1の発症ケースが一つか二つ報道されたときに、すでに数百万人分のワクチンがすでに用意されていたことは、何かおかしいと思いませんか? 二つ目の要素は、ケムトレイルが人々の健康や環境に害を与えれことが一般に知るようになるにつけ、人々がケムトレイルをやめるように要求し、それがこの災難を終わらせることになることです。三つ目の要素は、光が、病気になりやすい炭素を基礎にした細胞を、病気にならないクリスタルを基礎にした細胞に変えることです。これにより人は充分光を吸収し、その結果免疫力が増します。そして病気の進展状態に応じ、体自身が持つヒーリングの仕組みによって病気の進展を止めたり、健康な状態に逆戻りしたりできます。 「マシューさんにポルノについて質問したいと思います。人類や地球それに宇宙のエネルギー場に与える影響です。ポルノはイルミナティによって作られその仕組みを発展させられたものだということは確実だ思います。自由という名の独裁的な旗にくるまれて」 ポルノの製作にはイルミナティは大いに関わっています。それに間違いはないです。いろいろな人が大変好んでいます。でもその人気についてはイルミナティの責任はありません。第3密度の非常に下劣な制作物や映画や写真など、だまされたり誘拐されたり、誘惑されたりして売春の世界に入った子供や女性を食い物にして作られたものは、自分の価値を見失った人や、愛による絆を結ぶことができない人や、性的に満たされていないか性的な中毒になっている人たちや、そのいくつかの要素を複数持っている人たちにとても魅力的なものなのです。 ポルノはイルミナティにとって金銭的な利益をもたらすばかりでなく、別な面でも彼らの役に立っているのです。そのような気晴らしにのめりこんでいる人は、光がその人の意識に届くことを妨げているのです。そのため意識も鈍いものになってしまうのです。それが、レイプとか、家庭内暴力、それに殺人へとつながってしまいます。そして、このような暴力が、イルミナティの持つ闇の精神や心を増長させるエネルギーを創り出すのです。 ポルノは、イルミナティが仲間に入れたい人とか、知られてしまった秘密を隠しておきたい人たちを、イルミナティが脅迫する格好の場を与えています。個人の秘密はその人のコンピュータとか交信機器をハッキングすることによって得られます。さらに、影響力がある立場の人を、自分たちの要求通りにさせるために、その人とかその人の家族を殺すと脅したりもするし、その人がしたこともない行動を、その人がしたかのような写真や動画を作り上げることなどをイルミナティはするのです。 ポルノに関連したことを思ったり、感じたり、行動をするエネルギーは、集団的意識の中に存在します。引き寄せの法則が、そのようなことに興味がある人に、それに合うエネルギーを供給し続けるため、ポルノは存在し続けます。そのエネルギーはしっかりと普遍の大衆意識の一部となります。しかしそのエネルギーの流れが地球から離れていけばいくほどその強さは弱まりますし、その影響力も同様に消え去っていきます。バイブレーションが上昇を続けていますので、すべての他の闇の源の意向が弱まり、やがて消え去ことになります。ポルノもやがて地球の恥ずかしい歴史の一章となることでしょう。 愛すべき兄弟姉妹の皆さん、第3密度の世界に受け継がれてきた困難を経験しているときでも、皆さんは決して一人で孤立してませんよ。この宇宙のすべての光の存在はあなたの、地球の人たちへの献身的な奉仕に敬意を払っています。そしてあなたたちを無条件の愛の比類なき力でサポートしています。 _________________________ 愛と平和 Suzanne Ward Website: The Matthew Books Email: suzy@matthewbooks.com 訳:誉田